• 関連の記事

「異常気象」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「異常気象」に関する情報が集まったページです。

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
トンガの「大噴火」が、パンやパスタの値上げをもたらす? 過去の冷夏を振り返る
トンガの大噴火は、パンやパスタといった生活必需品の価格にも少なからず影響をもたらしてくることになるかもしれない。1月14日、南太平洋にある島国のトンガで発生した大規模な噴火の噴煙は、高度20キロメートルにまで達したという。宇宙からもはっきりと見えたその噴煙によって、今後懸念されるのが“冷夏”だ。(2022/1/21)

グリーンDX:
PR:サステナブルでレジリエントな物流が、コロナ禍を支え社会課題を解決する
コロナ禍とECの普及によって発生した需要の急増と人材不足の板挟みによって厳しい状況にある物流業界。さらに今後は、脱炭素への対応も求められるようになる。富士通のオンラインイベント「Fujitsu ActivateNow 2021」では、サステナブルでレジリエントな物流の実現に向けたデジタル技術を活用した取り組みについて、富士通とDHL、Autofleetの3社が講演を行った。(2022/1/14)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スタッドレスタイヤはどうして氷上でもグリップするのか
雪道ではスタッドレスタイヤやタイヤチェーンなどの装備が欠かせない。スタッドレスタイヤに履き替えていれば、大抵の氷雪路では問題なく走行できる。しかし、そもそもスタッドレスはなぜ氷雪路でも走行できるのか、考えたことがあるだろうか。(2022/1/4)

テレワーカーのBCP【前編】
災害時は「発電機」と「衛星インターネット」が必要? 在宅勤務のBCPが進まない理由
テレワークは普及したものの、こうした状況の変化に合わせて事業継続計画(BCP)を練り直した企業はどれくらいあるだろうか。テレワーカーのBCPの整備が進みにくい理由とは。(2021/12/28)

きらら史に残るラスボス「日常系部活ものに呪われた卒業生」が生まれた理由 『ステラのまほう』完結記念くろば・Uインタビュー
「日常系」の青春が終わったあとの物語。(2021/12/25)

トップバリュの食料品:
イオンが“値上げしません”宣言 日用消耗品1800品目追加で期間を延長
イオンが、プライベートブランド(PB)「トップバリュ」の食料品の価格据え置き期間を2022年3月末までに延長すると発表。また日用消耗品など1800品目を追加する。(2021/12/21)

ICT:
IoTセンサーと3D都市モデルを活用した防災サービスの開発をスタート、応用地質ら
東京海上日動火災保険と応用地質は、IoTセンサーで取得したデータと3D都市モデルを活用し、台風や集中豪雨などによる浸水被害を見える化する防災サービスの開発をスタートした。今後は、高度な流体解析技術やリアリティーのある可視化技術を取り入れて、データ活用の高度化を目指す。さらに、自治体から地域住民への効果的な防災情報の伝達や企業からステークホルダーに対する災害リスク説明を効率化するリスクコミュニケーションツールの開発を進める。(2021/12/21)

産業動向:
災害時に病院の機能継続をサポートするシステムの開発に着手、戸田建設ら
戸田建設は、バニーホップとともに、病院の機能継続サポートシステム「ききみエール」の開発に着手した。ききみエールは、地震などの自然災害で、病院が事業を継続することが難しい際に、インフラや施設への被害状況、エレベーターの運行制限といった情報を院内スタッフが保有するスマートフォンに共有するもの。今回のシステムは2021年度中の開発完了を目指している。完成後は、新築病院での導入を行い、病院に限らず、BCP対応が重要な教育施設や事務所ビルなど他用途の建物に対しても導入を進めていく予定だ。(2021/12/20)

【まとめ】もしものための災害対策Webサイト、Twitterまとめ 家庭での備えや災害情報発信SNS、ハザードマップ検索など
情報は随時追記していく予定です。【12月10日13時00分更新】(2021/12/10)

TechTarget発 世界のITニュース
IBMが“環境インテリジェンス”アプリケーションスイートを発表 何ができる?
IBMが、環境インテリジェンスのアプリケーションスイートを発表した。同社は「AI技術、気象・気候リスク分析、炭素会計をまとめたサービスだ」と説明する。実態は何ができるのか(2021/12/9)

Google、日本の公式Anroidアプリストアの「ベストアプリ 2021」と「ベストゲーム 2021」を発表
Googleは「Google Playストア」における2021年のベストアプリとベストゲームを国別に発表した。コロナ禍の影響もあり、ベストアプリはマンガアプリ「ピッコマ」が獲得した。(2021/11/30)

導入事例:
第一園芸が独自に算出した「植栽ボリューム指数」と「緑視率」を三井デザインテックに導入
三井不動産グループの第一園芸は、オフィス機能に応じた適切な緑のボリュームを算出し、緑の配置を検討することができる独自の「植栽ボリューム指数」を開発した。加えて、人の交感神経と副交感神経のバランスを整え、リラックスした状態を作る適切な緑視率も算出した。(2021/11/22)

約半分の規模で、他システムの1.77倍:
富岳、機械学習処理能力でも世界1位を獲得
理化学研究所と富士通は2021年11月18日、スーパーコンピュータ「富岳」が機械学習処理ベンチマーク「MLPerf HPC」の1つで世界第1位を獲得したと発表した。MLPerf HPCは、単位時間あたりに深層学習モデルをいくつ学習できるか(スループット性能)を測定するもので、今回、富岳の約半分の規模を用いて計測した結果、他システムの性能と比較し約1.77倍の処理速度を達成したという。(2021/11/19)

アヲハタ、ジャムやホイップなど2022年2月出荷分より値上げ
果実原料の高騰や食用油価格の高騰などが主な理由。(2021/11/16)

アヲハタ、9年ぶりに家庭用ジャムなど35品目を値上げ
アヲハタは2013年以来、9年ぶりに家庭用ジャムなどの値上げを発表した。全35品目となる。果実原料の高騰などが要因だという。(2021/11/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安いだけじゃない 「トップバリュ」「みなさまのお墨付き」の隠れたヒット商品とは
イオンの「トップバリュ」や西友の「みなさまのお墨付き」といった低価格PB。単に安いだけではなく、独自商品が支持されヒットにつながっているケースもある。どのような商品が売れているのか。(2021/11/16)

ワークマン、4〜9月の決算発表 PB好調、客層拡大で純利益79億円
ワークマンが、2022年3月期第2四半期(21年4〜9月)の決算を発表した。(2021/11/9)

磯部孝のアパレル最前線:
宣言解除でアパレル業界の復活なるか 秋冬商戦で問われる企業の力
コロナ禍で人流に変化がおきて生活者のライフスタイルも変わった。生活者のライフスタイルの変化に対応できた企業と出遅れた企業とでは業績に差が生まれたように思う。アパレル業界が打破しなければならないポイントや対応策について考えてみたい。(2021/10/27)

企業が抱える3つの気候変動リスク:
AI活用で気候変動リスクはどこまで低減できるか
世界経済フォーラムの「Global Risks Report 2021」が今後10年間で起こる可能性の大きい企業にとっての3大リスクとして「異常気象」「気候変動対策の失敗」「人間による環境破壊」を挙げるように、気候変動リスクへの対応は企業にとって大きな課題だ。ツールの活用でリスクはどこまで低減できるか。(2021/10/19)

ユニクロ事業が回復:
ファストリの8月期決算は過去最高益 来期は「値引依存からの脱却」図る
ファーストリテイリングは10月14日、2021年8月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。(2021/10/15)

巣ごもり需要に対応:
セブン&アイ、上半期の連結決算を発表 ネットコンビニ取り扱い店舗を今年度中に約1200店へ
セブン&アイ・ホールディングスは、2022年2月期第2四半期(21年3〜8月)の連結決算を発表した。国内のコンビニ事業ではどういった戦略を打ち出していくのか。(2021/10/9)

自動運転技術:
「幸せの量産」に向けて、自動運転からウーブンシティーに広がるトヨタの試み
2021年9月8〜10日にオンラインで開催されたイベント「オートモーティブワールド」で、トヨタ自動車 先進技術開発カンパニー プレジデントの奥地弘章氏が「モビリティカンパニーへの変革」をテーマに講演した。(2021/10/5)

たばこ、小麦、マーガリン 10月から値上げの一覧
年度の後半が始まる10月からは、国などの制度変更や商品の価格改定が相次ぐ。特にたばこ税の増税や原材料価格の高騰などで、幅広い商品で値上げが予定されており、多くの人の財布を直撃しそうだ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い19都道府県に発令中の緊急事態宣言は今月末をもって解除されそうで、自粛の反動による?リベンジ消費?への期待も高まるが、相次ぐ値上げが消費意欲を下押しする可能性もある。(2021/9/27)

製品動向:
室内の換気と湿気の排出が同時に可能なルームエアコンを発売、ダイキン工業
ダイキン工業は、室内を換気しつつ不快な熱や湿気を屋外に排出できるルームエアコン「うるさらX(Rシリーズ)」の新タイプを開発した。(2021/9/24)

ワークマン、空気で保温するエコ防寒着「ポンプウェア」に新製品投入 2900円から
同社は地球温暖化対策のため、地球環境への負荷が少ない事業モデルと製品開発を強化する。(2021/9/22)

世界初の木造人工衛星が宇宙へ 狙いは「完全燃焼」
京都大が2年後に世界初となる木造の人工衛星「LignoSat」を打ち上げる構想を進めている。まずは木材を宇宙に飛ばして耐久性を確認する実験を始める予定だ。主流のアルミニウム製人工衛星は大気圏突入時に大気汚染を引き起こしており、突入時に完全に燃え尽きる木材に着目して問題を解決しようという試み。環境に優しい木材が解決の一助となるか、注目されている。(2021/9/22)

蓄電・発電機器:
定置用蓄電池の世界市場はコロナ禍でも成長、2020年は120億ドル規模に拡大
矢野経済研究所が定置用蓄電池の世界市場に関する調査結果を発表。2020年の同市場はメーカー出荷容量ベースで前年比142.7%で3万3692MWhと予測している。(2021/9/15)

生活防衛意識の高まりを受け:
イオン、トップバリュの食料品 ”年内価格凍結宣言” マヨネーズや小麦粉など
イオンは9月13日、同グループが展開するプライベートブランド(PB)「トップバリュ」の食料品の価格を12月31日まで据え置き、値上げを実施しないと発表した。(2021/9/13)

戦略とデザインで実現するサステナビリティ
ビジネスにおけるサステナビリティを実現するためには、社会課題やサプライチェーン全体を考慮した経営戦略と、エンドユーザーへの理解やお客さま目線でのコミュニケーションデザインの両軸をしっかりと考える必要がある。(2021/9/13)

どこまでも増殖していく「家」と「家族」―― YouTubeの見すぎで狂った母親が、家族を無限に増殖させてしまう漫画
恐怖か狂気か、それとも感動を感じるのか?(2021/9/12)

企業努力の限界:
敷島製パン(Pasco)、和・洋菓子の値上げを発表 10月1日から
敷島製パン(Pasco)が和・洋菓子の値上げを発表した。10月1日納品分からとなる。どのような商品が対象なのだろうか?(2021/9/9)

平均8.4%の引き上げ:
フジパンが和洋菓子値上げ 「スぺースアポロ」や「パンケーキ」など
フジパンが一部の洋菓子や和菓子製品を10月1日納品分から値上げする。(2021/9/2)

NECの「IoT街路灯」、杉並区が実運用スタート 水位センサーで水害を検知し区職員に通知
東京都杉並区が、各種センサーやカメラを取り付けた「IoT街路灯」の実運用を始めた。神田川や善福寺川沿いなどに計5基のIoT街路灯を設置。冠水や浸水の有無を水位センサーで検知し、異常があったときは区職員のPCやスマートフォンに通知する。(2021/8/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
食用油、大豆、小麦、肉、卵の「値上げ」が連鎖! 背景にある中華料理の“爆食い”と不作
食用油、大豆、小麦、コーヒー、卵、肉などの値段が上がっている。食用油は今年に入って3度目の値上げとなっている。背景に何があるのか?(2021/8/27)

三菱重工「仮想発電所」とは? AIで製造業のCO2削減にどう貢献するのか
三菱重工がCO2排出量削減を狙った製造業向けの電力需給調整システムを開発した。設備の詳細データを基に「仮想発電所」を構築し、AI制御で拠点をまたぐ制御を実現し、エナジーサプライチェーンの最適化を目指すという。(2021/8/24)

山崎製パンが一部の和洋菓子を値上げ 「まるごとバナナ」など対象
出荷価格が平均7%の値上げとなります。(2021/8/18)

企業努力を超えている:
山崎パン、和・洋菓子製品の値上げを発表 まるごとバナナなど全8種類
山崎パン、和・洋菓子の値上げを発表した。対象商品は、まるごとバナナや串団子たれなどを含む全8種類。(2021/8/18)

明治、マーガリンなど値上げへ 油脂類の価格上昇により
雪印メグミルクも同様の発表をしています。(2021/8/13)

企業努力を超えている:
雪印メグミルク「ネオソフト」を約10%値上げ 原材料の国際価格が大幅に高騰
雪印メグミルクは家庭用商品(バター群、油脂群、クリーム)の一部を10月1日の出荷分から値上げする。マーガリンや植物性脂肪ホイップなどの主原料となる油脂は、原材料の国際価格が大幅に高騰している。(2021/8/12)

熱海市の土石流災害から見えた、テクノロジーと災害対策 VR空間で視察して分かったこと
危険な状況でも3Dデータがあれば、VR空間で現場に足を運ぶことができる。そこで考えたこと。(2021/7/30)

大人の正解率46%「地表から宇宙までの距離は何km?」【意外と知らない理系な雑学】
一般的にはどこが境目?(2021/7/30)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第2回】
ウェザーニューズが「WxTech」のインフラに「AWS」を選んだ“あの理由”
ウェザーニューズは、気象データを提供する「WxTech」サービスのインフラとして「AWS」を利用している。なぜAWSを選んだのか。同社に理由を聞いた。(2021/8/2)

大人の正解率63%:タイムトラベルは理論的に可能?【意外と知らない理系な雑学】
SFみたいな話だけど、できるの? できないの?(2021/7/28)

大人の正解率44%「子どもの骨の数と大人の骨の数、多いのはどっち?」【意外と知らない理系な雑学】
どっちが多い? あるいは同じ数?(2021/7/26)

大人の正解率54%:キリンの首の骨は何本?【意外と知らない理系な雑学】
あのなっが〜〜〜い首の骨。(2021/7/23)

大人の正解率47%:空の何割が雲で覆われたら「くもり」になる?【意外と知らない理系な雑学】
晴れとくもりの境界線ってどこ?(2021/7/21)

大人の4割が間違える「水の体積が一番小さくなる温度は?」【意外と知らない理系な雑学】
正解率63%(2021/7/19)

Virgin Galactic、ブランソン氏の初宇宙旅行をライブ配信 カリードも歌うイベントに
Virgin Galacticの創業者、サー・リチャード・ブランソン氏が参加する宇宙旅行が日本時間の7月11日午後10時からライブ配信される。ライブイベントはスティーブン・コルバートが司会し、R&Bアーティストのカリードが未発表新曲を歌う予定だ。(2021/7/11)

「のび太」の名前を持つ恐竜の足跡化石、科博がレプリカを公開
国立科学博物館は「ドラえもん」のキャラクター「のび太」の名前を持つ恐竜「エウブロンテス・ノビタイ」の足跡化石のレプリカを11月に公開する。(2021/7/8)

SNSに投稿された画像などから「浸水深」を瞬時に割り出す:
2021年7月に平塚市で発生した河川氾濫の浸水推定図をAIで解析 Spectee
Specteeは、神奈川県平塚市で2021年7月3日に発生した河川の氾濫による周辺の浸水状況の推定図を公開した。同社のAIによるリアルタイム浸水推定技術を活用した。映像から浸水深を瞬時に割り出し、降水量や地形データなどと組み合わせて統合的に解析した。(2021/7/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。