• 関連の記事

「横浜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「横浜」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
マンション新築現場に電動ラフテレーンクレーンを導入、長谷工コーポレーション
長谷工コーポレーションは、神奈川県横浜市内の新築マンション建設現場でタダノ製のバッテリー式フル電動ラフテレーンクレーン「EVOLT eGR-250N」を採用した。従来のディーゼルモデルは1台当たり年間約27トンのCO2を排出するが、電動化により稼働時のCO2排出量はゼロになる。(2024/6/11)

PayPay、自治会や町内会で利用可能に 横浜市の岩井町原第一町内会が導入
PayPayは、全国の自治会や町内会と契約を開始。自治会や町内会費の集金、自治会のお祭りなどでキャッシュレス決済「PayPay」を利用できるようになる。横浜市保土ケ谷区の「岩井町原第一町内会」へ導入が決定した。(2024/6/11)

業界動向:
「Kアリーナ横浜」の混雑緩和用歩道橋が設計ミスで開通延期、橋台にひび割れ
横浜市都市整備局は、当初は2024年6月1日開通予定だった「(仮称)高島水際線デッキ」の供用開始を、設計ミスによる不具合で延期した。(2024/6/4)

【今日は何の日】 6月2日は「横浜◯◯ー記念日」
知っていたらちょっとすごい?(2024/6/2)

3日前の売れ残り「焼きそば」にカビ 横浜FM対柏レイソル戦で販売し日産スタジアム謝罪
破棄予定の商品を誤って販売提供した。(2024/5/31)

「THE YOKOHAMA FRONT」商業エリアが6月20日に開業、どんな店が入る?
相鉄グループの相鉄アーバンクリエイツと相鉄ビルマネジメントは、「THE YOKOHAMA FRONT(ザヨコハマフロント)」の商業エリアを6月20日に開業する。(2024/5/31)

「ラスカ平塚」6月26日にリニューアル、どんな店が入る?
JR横浜湘南シティクリエイトは、JR平塚駅ビル「ラスカ平塚」を6月26日にリニューアルオープンする。(2024/5/24)

ファミマ、JR菊名駅に無人決済店舗オープン TOUCH TO GOとの協業
ファミリーマートは5月31日、JR横浜線菊名駅に無人決済システムを導入した「ファミリーマートJR菊名駅/S店」をオープンすることを発表した。無人決済店舗システムを提供するTOUCH TO GO(東京都港区)との協業で、JR東日本の駅構内では3店舗目の出店となる。(2024/5/24)

車載ソフトウェア:
ソフト人材をどう育て評価するか、デンソーが10年かけて作った制度
デンソーは「人とくるまのテクノロジー展 2024 横浜」において、ソフトウェア人材の育成制度「SOMRIE」について紹介した。(2024/5/23)

自動運転技術:
バス事業者2社共同で自動運転実証実験を実施
京浜急行バス、東急バスおよび東急は、3社共同での自動運転実証実験を実施する。京急バスが横浜市の能美台エリア、東急バスが川崎市および横浜市の虹ヶ丘、すすき野エリアにて自動運転バスを運行する。(2024/5/22)

三菱自など3社、電動車を安く充電するための実証へ  24年度下期から倉敷市で開始
ENEOS Power(東京都千代田区)、三菱自動車工業(東京都港区)、Nature(横浜市)の3社は5月20日、自宅で電動車を充電する際の充電時間を遠隔でコントロールし、電気料金を最適化する「おうち de ENEマネ」の実証を行うと発表した。実証は岡山県倉敷市において、2024年度下期から開始する。(2024/5/21)

「マジで大谷みたい」 横浜DeNAの中川颯投手のホームランが「ほぼ大谷翔平」だと話題に
高校時代は野手として注目されていました。(2024/5/18)

日本版ライドシェア“白タク解禁”めぐり混迷 タクシー業界「全面解禁なら海外大手が日本を駆逐」
一般ドライバーが自家用車を使って有償で人を運ぶ「日本版ライドシェア」のサービスが4月に東京都内や横浜、京都などで始まって約1カ月が経過した。(2024/5/13)

「JR」VS「阪神VS阪急」熾烈な戦いが奏功 大阪ー神戸間鉄道開業150年、かつて梅田は郊外だった
首都圏の新橋−横浜間に続く国内2番目の官設鉄道として大阪−神戸間に鉄道が開業してから11日で150年を迎える。この間、沿線では都市化が進み、阪神間はJR西日本、阪神電鉄と阪急電鉄の3社が利用客の獲得にしのぎを削る鉄道激戦区となった。(2024/5/10)

工場ニュース:
旭化成が新横浜に半導体技術開発拠点を新設、製品開発や研究の主要機能を集約
旭化成エレクトロニクスは半導体の技術開発拠点として「AKM Co-creation&Technologyセンター」(横浜市港北区)を開設する。(2024/5/9)

横浜銘菓「ハーバー」荒波を乗り越え70周年 航跡を関係者の証言から振り返る
横浜銘菓の「横濱ハーバー」が今年8月、発売70周年を迎える。製造会社の倒産で一時、姿を消したが、後継で名乗りを上げた「ありあけ」の藤木久三会長は息子の交通事故死などによる自身の失意とハーバーの状況を重ね合わせながら復活に力を注いだ。(2024/5/2)

xR:
マンション居住者向けにVR防災訓練の地震編を提供開始、大和ライフネクストと理経
大和ライフネクストと理経は、横浜市との3者連携協定に基づき、マンション居住者向けのサービスとして、地震災害への備えに特化した「VR防災訓練 地震編」を開発した。(2024/4/26)

解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
内側はこうなってたんだ……!(2024/4/20)

電動化:
「ラボなら良品率100%」、全固体電池の量産へ着実に進む日産
日産自動車は横浜工場に建設中の全固体電池のパイロット生産ラインを公開した。2024年度中の稼働を目指す。(2024/4/19)

有隣堂、自社開発した分析ツール導入企業が100社を突破 在庫や販売状況を可視化
有隣堂(横浜市)は、4月から新規事業「Book StoreCentral-Sales Status(BSC-SS)」の有料提供を開始した。すでに導入企業が100社を突破している。(2024/4/19)

みなとみらい21に複合施設「横浜シンフォステージ」が誕生、特徴は?
地下鉄みなとみらい線「新高島駅」近くに、オフィスや店舗などの複合施設「横浜シンフォステージ(YOKOHAMA SYMPOSTAGE)」が完成した。(2024/4/16)

船も「CASE」:
電子海図や自動操舵、救助用ビーコン……小型船舶の最新事情
「ジャパンインターナショナルボートショー2024」が開催された。この記事では、パシフィコ横浜会場の展示から、電子海図や自動操船関連機器、そして、陸とは異なる海洋での利用を考慮したデバイスを取り上げる。(2024/4/12)

JR桜木町駅近くに「コンラッド横浜」、2027年の開業を目指す
大和地所は、ヒルトンからホテル「コンラッド横浜」の運営受託契約を締結、2027年の開業を目指すと発表した。(2024/4/11)

プルデンシャル生命保険で個人情報不正持ち出し 元社員が転職先で営業活動に利用
プルデンシャル生命保険が、元社員による個人情報の不正持ち出しがあったと発表した。横浜支社に在籍していた元社員が、個人情報の持ち出しをしない誓約書に署名していたにもかかわらず、データを印刷し、退職後も自宅に保管。一部を転職先企業での営業活動に利用していたという。(2024/4/11)

防災:
横浜市民防災センターに大和ハウスのマンションを再現 VRなどでリアルな防災の学び場に
横浜市消防局は、「横浜市民防災センター」をリニューアルし、マンションの一室を再現した展示スペースをはじめ、VRやCGをふんだんに活用した体験を通じ、防災対策の重要性を啓発する取り組みを開始した。(2024/4/10)

「キラキラドンキ」4店舗目はみなとみらいにオープン ライブ会場多い立地を生かし、推し活グッズを強化
ドン・キホーテは4月23日、横浜みなとみらい21新港地区にあるワールドポーターズ内に「キラキラドンキ横浜ワールドポーターズ店」をオープンする。(2024/4/4)

「頭なんて飾りです」「実はジオン好き」──エンジニアの本音も飛び出した“動くガンダム”最終起動実験
横浜・山下ふ頭の“動く実物大ガンダム”が3月31日、フィナーレを迎えた。最後のイベントは生配信され、6万4000人以上が見届けた。(2024/4/2)

横浜の「動く実物大ガンダム」終了 ファンからは「おつかれさまでした」「ありがとう」
最終日にはグランドフィナーレイベントが行われました。(2024/4/1)

「パシフィコ横浜」が1/2500サイズのミニチュアに 国立大ホールや展示ホールなど全6種を集めてつなげよう
窓の数から女神像のモニュメントまで再現。(2024/3/30)

マニラの水道事業者とコンサルティング契約 横浜ウォーター「海外に貢献したい」
漏水や盗水を減らす方法や水道管取替工事の管理が適切に行われているかなどをチェックし、必要に応じてアドバイスする。(2024/3/26)

「横浜ワールドポーターズ」大規模リニューアル、どう変わる?
イオンモールと横浜インポートマートは、横浜ワールドポーターズの大規模リニューアルを実施すると発表した。(2024/3/26)

材料技術:
透明ポリイミドを用いたペロブスカイト太陽電池の共同開発に着手
アイ.エス.テイは、桐蔭横浜大学の宮坂研究室とともに、透明ポリイミドを用いたペロブスカイト太陽電池の共同開発に着手したことを発表した。(2024/3/18)

横浜市営地下鉄「高田駅」前に「そよら横浜高田」オープン、特徴は?
横浜市営地下鉄「高田駅」前の工場跡地に、商業施設「そよら横浜高田」がオープンする。(2024/3/15)

3フロアで構成:
新綱島駅直結の商業施設「SHINSUI」オープン、特徴は?
新水は、東急新横浜線「新綱島駅」に直結する「新水ビル」の商業施設「SHINSUI」をグランドオープンする。同ビルのうち、地上1〜3階のフロアに入店する。(2024/3/15)

桐蔭横浜大学 宮坂研究室と共同研究を開始:
ペロブスカイト太陽電池の高性能化に期待、I.S.Tが高耐熱な透明PIフィルムを開発
高機能素材メーカーのI.S.Tが桐蔭横浜大学の宮坂研究室と共同で、独自開発の透明ポリイミドフィルムを用いたペロブスカイト太陽電池に関する共同研究を開始。耐熱性と柔軟性に優れる同フィルムを利用し、高性能なペロブスカイト太陽電池の開発を目指すという。(2024/3/14)

テクニカルショウヨコハマ2024:
ペロブスカイト太陽電池と鉛蓄電池で電力の「地産地消」を促す
マクニカは「テクニカルショウヨコハマ2024-第45回工業技術見本市-」(2024年2月7〜9日/パシフィコ横浜)に出展し、ペロブスカイト太陽電池や鉛蓄電池システム「soldam」を展示した。(2024/3/13)

プロジェクト:
コーエテクモの光優が運営する「ゲームミュージアム」や29階建てオフィスを含む、MM21街づくりに大和ハウスが着工
大和ハウス工業と光優は、神奈川県横浜市西区のみなとみらい21中央地区で、世界初を謳うゲームアートミュージアムや地域熱供給プラント、29階建てオフィスから成る街づくりに、2027年7月の開業を目標に着工した。(2024/3/11)

名球会レジェンド選手の娘、「父と私」ショット公開で驚きの声 世界で戦うプロアスリートに成長「ご立派になられて……」
横浜のスーパースター!(2024/3/4)

京急電鉄、複合ビル「横浜シンフォステージ」3月に完成 特徴は?
京浜急行電鉄は、3月末の完成を予定する複合ビル「横浜シンフォステージ」の詳細を発表した。(2024/3/4)

2024年もリアル開催! 創作活動のヒントが満載「CP+2024」リポート 出展は過去最大規模に
カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2024」が開催された。今年の出場団体数は過去最大。撮影する人、撮影してから楽しむ人などにとってヒントとなる情報が得られるほか、最新の技術にも触れられる。オフライン会場となったパシフィコ横浜の模様をお伝えする。(2024/2/27)

ロジスティクス:
トヨタホーム/ミサワホーム初の物流施設 横浜内陸部最大の延べ11.2万m2で、2024年10月着工
PLTグループのトヨタホームとミサワホームは初となる物流施設を、住友商事のラストワンマイルに対応する物流施設ブランド「SOSiLA」シリーズとして、神奈川県横浜市港北区師岡町で開発する。(2024/2/26)

これが1934台限定、「X100VI」90周年モデルだ 歴代の“X100たち”も振り返ってみる
パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で2月22日から開催されている「CP+2024」の富士フイルムブースでは、発表されたばかりの「X100 VI」の体験ブースが盛況となっていたが、ひっそりと展示されていたのが、同社設立90周年を記念した「X100VI 90周年 Limited Edition」だ。(2024/2/22)

カメラの祭典「CP+2024」開幕 初日からパシフィコ横浜が熱気に包まれる
カメラ映像機器工業会は、カメラの総合展示会「CP+2024」を、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)にて2月22日から開催した。国内外のカメラ、レンズ、周辺アクセサリメーカーが集結する。開催期間は25日まで。(2024/2/22)

横浜・みなとみらいの大観覧車に「ハロ」描く “動くガンダム”フィナーレに向け
横浜・みなとみらい地区の大観覧車「コスモクロック21」で26日から、イルミネーションを使って“動くガンダム”や“ハロ”などのキャラクターを描き出す演出が始まる。(2024/2/19)

施工:
木造ハイブリッド構造の賃貸マンションを開発、第一生命グループ初
第一生命グループの相互住宅は、神奈川県横浜市に木造ハイブリッド構造の賃貸マンション「フレンシア青葉台」を新設した。柱などの構造体の一部の他、内装/外装の仕上げ材の一部に木材を採用し、合計約27.2立方メートルを木質化した。CO2固定量は約15.3トン。(2024/2/13)

横浜・みなとみらいに新たな複合施設「Linkage Terrace」 2029年の完成を見込む
横浜市が「みなとみらい21中央地区60・61街区」の再開発を担当する事業予定者を発表した。隣接するMusic Terraceとの連携を通して街区全体のにぎわいを演出する。(2024/2/9)

横浜の“動くガンダム”が大雪で味わい深い雰囲気に 「ジオンが強奪に来そう」「吹雪の中で輝いて」と話題
「ポケットの中の戦争」とか見たくなる。(2024/2/6)

サムスンも誘致 横浜市にはなぜスタートアップが多く集まるのか
横浜市のスタートアップ誘致戦略とは何か。武器は「先進性」と「身近さ」だという。スタートアップ・イノベーション推進室室長に聞いた。(2024/2/6)

崎陽軒、「シウマイ」タイプの恵方巻を発売 数量限定で予約分は完売
崎陽軒(横浜市)は2月1〜3日、「選べる恵方巻きシリーズ」として「シウマイ恵方まん」(400円)と「口福恵方巻き」(880円)の2種類を販売する。いずれも数量限定で、シウマイ恵方まんは予約分の受付を終了した。(2024/2/1)

楽天ペイメント、楽天 Edy、ソニー、キャッシュレス教室を共催 中学生向けに
楽天ペイメント、楽天Edy、非接触ICカード技術のFeliCa(フェリカ)を提供するソニーは1月24日、高田中学校(神奈川・横浜)でキャッシュ授業を実施。利用が広がるキャッシュレス決済の仕組みや意義について、理解を深めてもらう狙いだ。今後もキャッシュレス決済の推進に向けた取り組みを行うという。(2024/1/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。