• 関連の記事

「運行情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運行情報」に関する情報が集まったページです。

いすみ鉄道が“冷房使用中止”して運行、原因は発電機の故障 「時代に逆行」「地獄やんけ」と阿鼻叫喚に
【追記あり】冷たいおしぼりサービスを……!(2022/8/2)

「思ってた以上に手作業」「すごい手間」 JR東日本が「200系カラーのE2系新幹線」塗装工程を公開
スケールでかい……!(2022/7/27)

「あと何分で運転再開するの?」を解決 ナビタイムの乗換案内アプリに「運転再開予測」機能
まずはJR東日本、東急電鉄、西武鉄道、都営地下鉄から。(2022/7/8)

西武池袋線、車両故障で運転見合わせ 飛来物でパンタグラフが破損、架線修復作業も 東京メトロ有楽町線など広範囲に遅延影響
運転再開は15時以降の見込みです。【更新】有楽町線、池袋線特急で運転を再開(2022/7/8)

「ふるさとチャイム」も再現:
緑の新幹線「200系」再現 東北・上越40周年で特別運行
JR東日本は、東北、上越両新幹線の開業から今年で40年になることを記念し、開業当時の「200系」の緑のカラーリングを再現した車両の運行を両新幹線の一部の便で始めた。(2022/6/21)

大阪駅の進化が見逃せない うめきた(大阪)地下駅に導入する近未来設備「フルスクリーンホームドア」って何だ?
自分専用の「案内サイン」もなんだかすごそう。(2022/6/17)

懐かしのカラーを復刻! 東北・上越新幹線で「200系カラー新幹線」運行開始 狙って乗れる運転スケジュールも案内
東北新幹線といえばこの色というイメージの人も多いのでは。(2022/6/10)

月刊乗り鉄話題(2022年6月版):
東海道線と東海道本線ってどっちが正解? 山手線の「山手」って何なの? 実は楽しい「鉄道路線のお名前」の謎
知らなくても困らないけど、知ると何だか乗りたくなってくる「鉄道路線名」のお話をどうぞ。40代以上の皆さん、覚えてますか……?「E電」。(2022/6/2)

PR:配送データ活用で、3カ月先の業務量を予測――ヤマト運輸が目指すDX 物流会社のイメージを覆す成果とは
(2022/6/6)

2022年大型連休の思い出:
できるかぎりスマホのタッチ決済だけで「船」と「電車」に乗る旅に出た(前編)
和歌山港と徳島港を結ぶ「南海フェリー」がVisaのタッチ決済に対応しました。この記事は、タッチ決済でフェリーに乗るべく徳島港に向かうことにした筆者が東京駅から高松駅に至るまでの記録です。(2022/6/2)

6月1日〜7月31日:
JR東、割引サービスの実証実験を実施へ 列車の運行状況に応じたクーポン配布
JR東日本とAxon Vibeは30日、エキナカで利用可能なクーポンを、一定条件下でタイムリーに配信するアプリ「Tokyo Nudge(トウキョウナッジ)」を開発したと発表した。6月1日〜7月31日の61日間、山手線と京浜東北・根岸線で実証実験を実施する。(2022/5/31)

「列車遅延でクーポン配布」 JR東が実証実験 NewDaysなど駅ナカ店舗向け
JR東日本とスイスのAxon Vibeは、クーポンアプリ「Tokyo Nudge」を開発した。駅構内の店舗で利用できるクーポンを、運行状況など一定条件下でタイムリーに配信できるのが特徴。(2022/5/30)

列車が遅延したらクーポンを配布 JR東日本とAxon Vibが実証実験
JR東日本とAxon Vibeは、アプリ「Tokyo Nudge」を開発。利用者の行動情報と列車の運行状況などの条件に応じ、エキナカなどの店舗で利用できるクーポンを配布する。対象路線は山手線の全線と京浜東北/根岸線の全線。(2022/5/30)

導入事例:
福島県・浪江町で国内初の水素供給ネットワーク最適化に向けた実証運用を開始、大林組
大林組は、福島県双葉郡浪江町で取り組んでいる「既存の再エネを活用した水素供給低コスト化に向けたモデル構築・実証事業(環境省委託事業)」の一環として、水素を複数の拠点に運搬する際の搬送効率向上を目的とした1年間の実証運用を開始した。実証では、町内施設への水素供給により、搬送コストの低減効果を検証するとともに、実利用を通じて水素の魅力を伝えることで、需要の喚起と拡大を図れる。なお、エネルギーマネジメントシステムを用いて水素供給ネットワークを最適化する実証運用は国内初だという。(2022/4/21)

レベル4相当の自動運転バス実験 大阪メトロなど10社
大阪メトロなどが自動運転移動サービスの実証実験を報道陣に公開した。自動運転は小型バスなどを想定し、特定条件下でシステムが無人の車を操作する「レベル4」相当となる。大阪・関西万博の会場周辺での利用を目指し、一般向けの体験会も行う。(2022/4/7)

銚子電鉄にJR西日本が協力! 銚子電鉄の無人駅に設置された新案内端末「Scomm.」とは
無人駅でも最新情報が分かるようになって安心です。(2022/3/22)

東北新幹線に大きな被害、運転再開のめどたたず 地震による運転見合わせ JR東日本各管内の運行状況
橋脚の崩れなども確認。新幹線、東北・信越エリア在来線の多くで遅延、本数減、運休が発生しています。(2022/3/17)

とがったゆるキャラも売れないLINEスタンプ JR西日本岡山支社、無謀にも第2弾を
JR西日本岡山支社の公式キャラクター「くまなく・たびにゃん」が、Twitter上で「LINEスタンプ買ってほしいんじゃー」と悲痛な叫びを上げている。同社が満を持して発売したLINEスタンプの売れ行きが低迷している。(2022/2/28)

全然売れていない:
とがったゆるキャラも売れない LINEスタンプの叫び
「LINEスタンプ買ってほしいんじゃー」。JR西日本岡山支社の公式キャラクター「くまなく・たびにゃん」が、ツイッター上で悲痛な叫びを上げている。コ(2022/2/26)

移動の変革MaaS 鉄道各社が争うデータ取得
次世代移動サービス「MaaS(マース)」の本格導入に向けた取り組みが関西でも始まった。(2022/2/21)

ホンダ、大阪オートメッセで「新型ステップワゴン カスタム」披露
東京オートサロンに出展したわくわくカスタムカー、大阪でも!(2022/2/9)

「オホーツクに消ゆ」聖地めぐりツアー、2022年もやるよぉぉ! 「流氷物語号」にももちろん乗車
2022年2月18日〜20日実施です。(2022/1/21)

グリーンモビリティの本質(1):
自動車「B2B時代」の本格到来、CASEの再定義が必要だ
本連載では、ここ数年自動車産業をけん引してきた「CASE」を将来型の「Beyond CASE」として再定義するとともに、近視眼的になりがちな脱ICE(内燃機関)やテクノロジー活用の本質をグリーンモビリティの観点から全12回で解説する。(2022/1/24)

「なんやこれ」「もはや住人」 記録的な大雪で列車が立ち往生 ホームに着いても真っ白な壁がドア塞ぐ
最終と始発の電車の表示が並ぶ珍現象も。(2021/12/27)

産業動向:
災害時に病院の機能継続をサポートするシステムの開発に着手、戸田建設ら
戸田建設は、バニーホップとともに、病院の機能継続サポートシステム「ききみエール」の開発に着手した。ききみエールは、地震などの自然災害で、病院が事業を継続することが難しい際に、インフラや施設への被害状況、エレベーターの運行制限といった情報を院内スタッフが保有するスマートフォンに共有するもの。今回のシステムは2021年度中の開発完了を目指している。完成後は、新築病院での導入を行い、病院に限らず、BCP対応が重要な教育施設や事務所ビルなど他用途の建物に対しても導入を進めていく予定だ。(2021/12/20)

産業動向:
Wi-Fi・机・ハンモックを設けた空間で渋谷を活性化、来街者の回遊性を高める実験
渋谷未来デザインは、日建設計と協業し、東京都渋谷区の地域活性化と混雑緩和を目的とした実証実験を2021年11月10〜13日に行った。(2021/11/29)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第51回):
電車の運行情報をOLEDディスプレイでチェックする【追記あり】
「Yahoo!路線情報」から情報を取り出して、状況をOLEDディスプレイで分かるようにしてみます。(2021/11/27)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第49回):
電車の運行情報を通知LEDでチェックする【追記あり】
「Yahoo!路線情報」から情報を取り出して、状況をLEDで分かるようにしてみます。(2021/11/23)

日本でのMaaS普及、“ラストワンマイル”はデータ連携? Uberや国交省などが議論
国交省が旗振り役となって進めている“日本版MaaS”。交通事業者やデジタルプラットフォーマー、自治体が参加して進めるが、“日本版”たる日本特有の事情から、各プレイヤーが共通して抱える課題が明らかになってきた。(2021/11/15)

阪急、電車・バス運行情報の新アプリ「阪急沿線アプリ」をリリース 他社相互連携を拡充
これで、阪急、阪神、近鉄、南海、JR西日本の各社アプリが相互連携されるようになりました。(2021/11/2)

JR東・山手線ほか首都圏各線が運転見合わせ 埼玉・東京で震度5強の揺れ
地震の影響で首都圏の鉄道がストップ。(2021/10/7)

リテール&ロジスティクス:
神奈川県相模原市で延べ約33万m2の多機能物流施設が竣工、日本GLP
日本GLPは、神奈川県相模原市で開発を進めていた物流施設「GLP ALFALINK 相模原1」と共用棟「リング」が竣工したことを公表した。共用棟を含むGLP ALFALINK 相模原1の延べ床面積は33万1348平方メートルで、施設内には人材派遣会社や物流機器のレンタル会社が入居している他、配送会社のターミナルも設置されるなど、従来の物流施設とは一線を画す企業が入居している。(2021/10/6)

結局DXとは、何をすることなのか?:
PR:なかなか成果の出ないDX、レガシー資産を持つ企業が目指すべき3つのポイント
DXを実践できている企業と、そうでない企業の二極化が激しいといわれる。結局のところDXとは何をすることなのだろうか。何をどう変えるべきなのか、2021年9月に開催された「ITmedia DX Summit vol.9」のトークセッション「なぜ、成果が出ないのか? 『既存資産のモダン化』をDXにつなげる絶対要件」のレポートをお届けする。(2021/10/12)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(1):
IoT技術を活用し貧困解決を目指すFintechベンチャーが知財を重視する理由
貧困の社会課題解決を目指すFinTechサービスを支える技術(IoTデバイスとプラットフォーム)を保有し、経営の根幹に知財を据え知財ポートフォリオ形成による参入障壁の構築を進めているGlobal Mobility Service。同社の知財戦略から中小企業・ベンチャー企業のビジネスを保護するために必要な知財権取得のヒントを紹介する。(2021/8/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
『文春』と『新潮』が中づり広告から撤退、それでも車内広告に未来はある
「週刊文春と週刊新潮が中づり広告を終了する」と8月17日報じられた。電車で中づりで政治や芸能の旬な話題がひと目で分かったものだが、スマートフォンの普及で下を向く人が増えた。確かに大手2社の撤退は転機になるだろう。しかし、中づり広告は廃れるかといえば、そうでもなさそうだ。(2021/8/20)

目覚めたらそこは……! WEST EXPRESS 銀河で迎えた朝の車窓が最高だった
これぞ夜行列車の醍醐味! 大人気「WEST EXPRESS 銀河」の夜行・紀南コースに乗ってきました。(2021/8/19)

使える範囲が広い……! JR西日本+関西私鉄大手が仲良く連携 路線横断「秋の関西1デイパス」8月25日発売
なかなかガチで面白い連携!(2021/8/18)

鉄道会社のアプリ利用率は1割、ICカード利用は約8割――スパコロの調査から(首都圏1都3県対象)
スパコロが「鉄道アプリについての調査」の結果を発表した。首都圏の1都3県に住むユーザーにおける「モバイルSuica」を除く鉄道会社関連アプリの利用率は約1割に留まり、月1回以上鉄道を利用するユーザーの約8割の人がICカードを利用していることが分かった。(2021/6/29)

岡山と連携しながら守る、四国の伝統駅弁の味
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは高松の駅弁「あなご飯」です。(2021/6/22)

駅弁文化を守るために、老舗が見据える新たな駅弁のカタチ
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「岡山旅めし 黒毛和牛と真鯛のフルコース膳」です。(2021/6/20)

湘南の海を水玉模様で表現:
JR東、相模線に新型車両「E131系」投入 安全性や利便性向上
JR東日本は6月17日、相模線に新型車両を投入すると発表した。(2021/6/17)

地元密着で長く愛される駅弁づくり〜岡山駅弁・三好野本店
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「栗おこわ弁当」です。(2021/6/16)

名物駅弁「祭ずし」は、なぜ「祭」になったのか? 岡山駅弁・三好野本店
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「祭ずし」にまつわる「へぇ」なあれこれをお届けします。(2021/6/14)

「時代の先」を読んで130年〜岡山駅弁・三好野本店
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「山陽新幹線40年旅物語 せとうち日和」です。(2021/6/12)

岡山駅はなぜ「東口・西口」なのか?〜岡山駅弁・三好野本店
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「味折小町」です。(2021/6/10)

山陽本線130周年! 名物駅弁「桃太郎の祭ずし」の製造に密着〜岡山駅弁「三好野本店」
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「桃太郎の祭ずし」です。(2021/6/8)

線路は繋がるから楽しい! 全線運転再開した水郡線を走破して、郡山の最高級ブランド米駅弁を食べてみた
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「海苔のり弁887」です。(2021/6/6)

水郡線の旅では欠かせない、袋田の滝と常陸大子の名物駅弁
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「奥久慈しゃも弁当」です。(2021/6/4)

水郡線全線運転再開 駅弁片手に新緑のローカル線旅
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「奥久慈しゃもべん」です。(2021/6/3)

故郷と駅弁を守るためにいまできること 鳥取駅弁「アベ鳥取堂」
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは「とっとりの居酒屋(レギュラー版)」とアベ鳥取堂・阿部社長インタビュー最終回、「ニッポンの駅弁の将来」を聞きました。(2021/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。