• 関連の記事

「東京オートサロン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京オートサロン」に関する情報が集まったページです。

酒井法子、雑誌表紙飾った“肩むき出しワンピ”姿が破格のあでやかさ 53歳目前で「美しい通り越え貫禄」「色褪せないなあ」
変わらない姿に称賛の声。(2024/2/11)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「東京オートサロン」はどこまで成長するのか クルマ好きをひき付ける魅力がある
今年も年明けに東京オートサロンが開催された。カスタムカーの祭典だが、自動車メーカーも積極的に出展し、クルマ好きの心をつかんでいる。環境に配慮した次世代モビリティの提案も増えた。自動車産業を支える一大イベントとして、どこまで成長できるのか。(2024/2/5)

「安いっすね!」 THEスター・田原俊彦、1000万円超の1台に余裕 3000万円のカスタム外車とも比較し「俺の方が上」
さすがスター。(2024/1/28)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「東京オートサロン2024」で生成AIの可能性を肌で感じてきた
新年早々、注力テーマの核心に迫るような取り組みに触れることができました。(2024/1/23)

材料技術:
TOYO TIREがサステナブル素材の使用比率が90%のタイヤを開発、CO2由来のゴムも採用
TOYO TIREはサステナブル素材の使用比率が90%のコンセプトタイヤを開発した。(2024/1/19)

フォトギャラリー(オートモーティブ):
写真で振り返る「東京オートサロン2024」
MONOist編集部が取材した展示会やイベントの模様を“写真で振り返る”PDF形式のフォトギャラリー。今回は「TOKYO AUTO SALON 2024(東京オートサロン2024)」の模様をお届けする。(2024/1/19)

デザインの力:
生成AIとブロックチェーン技術で小型低速EVをデザイン、ヤマハ発との共創で実現
Final Aimはヤマハ発動機との共創を通じて開発した1人乗り電動マイクロトラクターのプロトタイプモデルを「東京オートサロン2024」で初披露した。ヤマハ発動機の「YAMAHA MOTOR PLATFORM CONCEPT」をベースとし、デザイン開発に生成AI、スマートコントラクト技術を活用している。(2024/1/16)

52歳・酒井法子、ミニ丈ワンピ衣装で大胆スタイル 年齢超越した姿に「ステキ!」「やっぱのりぴーだよ」
のりピーは今でものりピーだった。(2024/1/15)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツの軽商用EVが販売延期、トヨタやマツダはエンジン開発に注力
2024年も話題が盛りだくさんになりそうですね。(2024/1/13)

「頭おかしい」「変態すぎるだろ」 トヨタ世界初公開の新車、衝撃のオプション装備でSNSをざわつかせる事態に→トレンド入り
マジか。(2024/1/12)

「東京オートサロン2024」で:
スノーピークがテント付きの「カーゴトレーラー」を展示、特徴は?
スノーピークは、2024年の新商品であるテント付き大型カーゴトレーラー「Field Trailer(フィールドトレーラー)」を「東京オートサロン2024」で一般向けに初展示する。(2023/12/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田社長の“あの時の話”を詳しく明かそう 2023年に読まれた記事
筆者が毎回サーキットに行くのは、普段はなかなかないほど長い取材時間が与えられるからだ。サーキットに行くと時間をたっぷり使って、かなり踏み込んだ話ができることがある。ましてや海外のサーキットとなれば、帰りの時間もない。その時、豊田社長が衝撃的な発言をしたことを、かなり思い切って記事にしたものが、今年の1位の記事だ。(2023/12/25)

LEXUS、新型コンパクトSUV「LBX」発表 12月下旬に発売
LEXUSは11月9日、新型コンパクトクロスオーバーSUV「LBX」の国内仕様を発表した。12月下旬頃の発売を予定している。(2023/11/11)

製造マネジメントニュース:
トヨタなど国内自動車メーカー8社がメタバースゲームを展開、クルマの楽しみを訴求
メタバースプラットフォーム「cluster」を運営するクラスターは、スズキ、SUBARU、ダイハツ工業、トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業(ホンダ)、マツダ、三菱自動車工業の国内自動車メーカー8社と共同でメタバースゲーム「爆創クラブ」をリリースしたことを発表した。(2023/9/25)

一部デザインを先行公開:
日産、キャラバンの車中泊コンセプトカーを市販化 今年度中に発売
日産自動車は5月29日、車中泊のコンセプトカー「キャラバン MYROOM CONCEPT」を、「キャラバン MYROOM」として発売すると発表し、一部デザインを先行公開した。(2023/5/29)

モビリティサービス:
ジャパンモビリティショーは220社以上が出展、100万人の来場目指す
日本自動車工業会は、東京モーターショーから生まれ変わる「ジャパンモビリティショー」のコンセプトなどを発表した。(2023/5/25)

AE86に続き:
日産、R32型スカイラインGT-RをEVに プロジェクト始動
日産自動車は3月38日、R32型スカイラインGT-Rをベースに、同社の最新電動化技術を搭載した「R32 GT-R EVコンバージョンコンセプトモデル」の製作を開始すると発表した。(2023/3/28)

R35型の集大成:
日産「GT-R」2024年モデルの詳細発表 4月下旬発売、1375万円から
日産自動車は3月20日、スポーツカー「NISSAN GT-R」の2024年モデルの詳細を発表した。発売は4月下旬を予定している。(2023/3/20)

「サッカースパイク」に着想:
「運転しやすい」だけじゃない ミズノが突いた、ドライビングシューズの盲点とは?
ミズノが手掛けるドライビングシューズ「BARECLUTCH(ベアクラッチ)」が人気を集めている。2022年9月20日に発売したところ、発売から半年で、1年間の売り上げ目標の6000足をはるかに上回る好調ぶりだという。(2023/3/19)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「昭和のクルマ」が人気、 日本のモノづくりは再び強くなるのか
「旧車」が盛り上がっている。さまざまなイベントに登場するだけでなく、取引価格も上昇傾向にあるのだ。それにしてもなぜ旧車が注目されているのか。背景にあるのは……。(2023/3/17)

6代目:
SUBARU、新型「インプレッサ」専用サイト公開 3月2日から先行予約開始
SUBARUは2月16日、6代目となる新型「インプレッサ」の専用サイトを公開した。3月2日から先行予約を開始する。(2023/2/20)

ロンブー淳、晴れ舞台飾ったカスタム仕様のスズキ&テスラに興奮 真っ赤なシートへ生まれ変わった1台に「スケベな車ができたよ!」
突然のミニ撮影会も。(2023/2/17)

高根英幸 「クルマのミライ」:
最善のエコカーは「PHEV」か「HEV」か 現時点での最適解とは
クルマを取り巻く環境がますます厳しくなっている。日本の技術力や開発力が問われ、解決策を示せれば国際的な注目度が高まるのは言うまでもない。これから迎える正念場に対して、どの道を進めばいいのだろうか。(2023/2/3)

トヨタ社長交代、なぜ豊田章男氏はトップの座を降りたのか 語った「クルマ屋の限界」とは
トヨタが社長交代する。4月1日から、現レクサスとGRのトップを務める佐藤恒治氏が社長に、現社長の豊田章男氏は代表取締役会長に就任。交代の理由として豊田氏から語られたのが「クルマ屋の限界」というフレーズだった。(2023/1/27)

「世界一キレイな雪玉を作った」 3Dプリンタを駆使した完成度の高すぎる雪の塊に「笑った」「たくさん作って雪合戦しよう」
キレイ……。(2023/1/24)

山頂が“天使の輪”のような富士山 投稿された写真に「大天使ですね!」「縁起が良いかも」と感動の声
湖面に写った「逆さ富士」も!(2023/1/24)

うわ、私の出費高すぎ……? 1カ月で推し活使う金額、最も多いのは「5000円未満」、意識調査で判明
お金をかけずとも楽しい推し活はできる……はず。(2023/1/24)

3COINS、節分グッズを巡り一部店舗で発生した「想定以上の混雑」を謝罪 一部商品はオンライン限定で再販も
争奪戦の様子を収めた動画がSNSで拡散され、物議を醸していました。(2023/1/23)

KADOKAWA、東京五輪めぐる汚職事件の調査報告書を公開 「会長への過度の忖度」背景に
(2023/1/23)

レーザーで害虫を撃墜する技術、阪大が開発 農薬の効かない虫も駆除可能 「SFチック」「SCPみを感じる」と話題に
農薬に抵抗性のある害虫をレーザーで。(2023/1/23)

秋葉原の名物ケバブ店「スターケバブ」が2月20日に閉店 ネットでは惜しむ声多数「食べ納めしなきゃ」
PCパーツショップ巡りの合間に食べるのが好きでした……。(2023/1/23)

渋谷駅に“生のなまはげ”到来 駅長が構内をエスコートするシュールな光景が「VIP待遇」「電車で帰るのかな」と話題
2月に秋田で開催される「なまはげ柴灯まつり」のPRに来ていたようです。(2023/1/23)

ポップでキュートな働く姉さんたち! 「東京オートサロン2023」美女コンパニオンまとめ第4弾
オートサロンで見かけたお姉さんまとめ(2023/1/22)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタ社長も入れ込む「東京オートサロン」 これからどうなる?
2023年も東京オートサロンが開催された。「クルマのカスタムイベントでしょ」と思われている人もいるかもしれないが、そのような認識は改めるべきである。国際的にも認知度の高いイベントになっていて……。(2023/1/20)

カワイイも清楚も盛りだくさん 「東京オートサロン2023」働くお姉さんまとめ第3弾
オートサロンで見かけたお姉さんまとめ第3弾。(2023/1/19)

透け感とヘソ出しスタイルで魅了! 「東京オートサロン2023」美女コンパニオンまとめ第2弾
オートサロンで見かけたお姉さんまとめ第2弾。(2023/1/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
なぜ東京オートサロンで「AE86」が登場したのか 忘れてはいけない“大事な議論”
東京オートサロンに「AE86」で知られる人気の国産旧車を出展したトヨタ自動車。その場で豊田章男社長から語られたのは……。(2023/1/16)

ADVANカラーかっけぇ! 「東京オートサロン」にエアロアバンテの実車版ミニ四駆が登場
イベントのヨコハマタイヤブースに展示されました。(2023/1/15)

ツヤテカ系からカジュアル、作業着も! 「東京オートサロン2023」美女コンパニオンまとめ第1弾
オートサロンで見かけたお姉さんたちを激写!(2023/1/14)

R35型の集大成:
新型GT-R、開発陣を悩ませた騒音問題 心地よいエンジン音、ヒントは「ジャンボジェット機」
東京オートサロン2023で先行公開された「NISSAN GT-R」2024年モデル。“技術の日産”を体現する究極のスポーツカーの中でも、大きな技術開発となったのが、新構造のマフラーだという。(2023/1/13)

「藤原とうふ店!?」「ハチロクだって?」 トヨタ、水素エンジン仕様に換装したAE86 トレノをオートサロンで披露 EV(電気じどう車)仕様レビンも
「イニD」風のデザイン……!(2023/1/13)

「AE86」の水素エンジン車とBEVコンセプト車両、トヨタが公開 東京オートサロンで
トヨタは13日、長年にわたりファンの多い軽量スポーツカー「AE86」を改造したコンセプトカー2種を公開した。トレノを水素エンジン車、レビンをバッテリーEVに改造した。(2023/1/13)

それでいて速い。:
「NISSAN GT-R」2024年モデル先行公開 史上最強の走りと乗り味で「R35型の集大成」と自負
日産自動車は1月13日、「NISSAN GT-R」2024年モデルを東京オートサロン2023で先行公開した。COOのアシュワニ グプタ氏は、「史上最強の走りと乗り味を追求し、まさにR35型の集大成と言える」と自信を見せた。(2023/1/13)

「東京オートサロン2023」にて:
SUBARU、新型「インプレッサ」のプロトタイプを初公開
SUBARUは「東京オートサロン2023」にて、新型「インプレッサ」(日本仕様車・プロトタイプ)を初公開した。(2023/1/13)

ソロキャン“満喫”セレナ、SUV仕様のフェアレディZ!? 「東京オートサロン2023」日産自動車大学校の生徒が作ったカスタムカーを展示
どちらも魅力的な仕上がり。(2023/1/9)

日本仕様「インプレッサ」披露へ スバル「東京オートサロン2023」の出展概要を発表
プロトタイプながら、STIパーツを装着。その他にもさまざまな車両が展示されます。(2022/12/31)

シビックやZR-Vなどコンセプトカーがずらり ホンダ「東京オートサロン2023」出展概要を発表
2024年に投入予定の新型レーシングカーも登場予定です。(2022/12/30)

ラリージャパン2022「コペン」などを展示 ダイハツ「東京オートサロン2023」出展概要を発表
スペシャルサイトでは人気YouTuberによる車両紹介や会場レポート動画なども公開されます。(2022/12/30)

ワイド化されたド迫力ボディー! リバティーウォークがフェラーリ「F40」をカスタム 「東京オートサロン2023」に出展
迫力あるボディーに仕上がっています。(2022/12/27)

1月13〜15日:
日産、「FAIRLADY Z CUSTOMIZED EDITION」を初公開へ 東京オートサロン2023に出展
日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズは12月21日、カスタマイズショーである「東京オートサロン2023」の出展概要を発表した。(2022/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。