• 関連の記事

「タクシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タクシー」に関する情報が集まったページです。

とにかく明るい安村、顔面がプリントされたタクシーが走行中 世界で1台のレアな車体がイギリスで見られる
ロンドンで開催するライブの告知のため。(2024/6/19)

万博期間中のタクシー不足克服へ ライドシェア運転手募集 newmo、タクシー会社への出資も
一般ドライバーが有償で乗客を送迎するライドシェア事業に参入するnewmo(東京)は6月10日、運転手としての勤務を希望する人を対象とした説明会を大阪市内で開催した。(2024/6/10)

「オッドタクシー」木下麦×此元和津也コンビがオリジナルアニメ映画を発表 木下「感覚の新しいアニメーションになると思います」
木下麦×此元和津也×CLAPの新作オリジナルアニメ映画「ホウセンカ」。(2024/5/24)

日本版ライドシェア“白タク解禁”めぐり混迷 タクシー業界「全面解禁なら海外大手が日本を駆逐」
一般ドライバーが自家用車を使って有償で人を運ぶ「日本版ライドシェア」のサービスが4月に東京都内や横浜、京都などで始まって約1カ月が経過した。(2024/5/13)

モビリティサービス:
タクシーは何台足りない? 配車マッチング率90%に必要な台数を算出
国土交通省は配車アプリのデータに基づくタクシーの不足車両数を発表した。営業区域ごとに、配車アプリでのマッチング率90%を確保するために必要な車両数を算出した。(2024/4/30)

ライドシェア、週末の夜は全国で可能に 全面解禁に向け岸田首相「5月中に論点整理を」
政府は4月22日のデジタル行財政改革会議で、一般ドライバーが有償で乗客を運ぶ「ライドシェア」について、週末の夜を一律的にタクシーが不足している時間帯とみなすなどし、まだ解禁していない地域についても今月以降、順次解禁する方針を示した。(2024/4/23)

モビリティサービス:
タクシー会社によるライドシェアの導入支援を開始へ
Uber Japanは、タクシー会社によるライドシェアの導入支援を開始する。同社のアプリ「Uber」を、東京や神奈川、愛知、京都の提携タクシー会社約10社に提供する。(2024/4/18)

モビリティサービス:
ライドシェア利用経験者の8割が「満足」、日本導入の賛否は分かれる
MMDLaboはタクシーやライドシェアに関する調査結果を発表した。予備調査では18〜69歳の男女7000人に、本調査ではライドシェア利用経験者202人を対象に調査を実施した。(2024/4/16)

トヨタ新型「センチュリーSUV」を国際ハイヤーが導入、ハイヤー業界では初 4月10日より運行開始
乗ってみたい〜!(2024/4/10)

ライドシェア初日の利用は? エムケイHD社長は「中途半端な時間設定」
日本版ライドシェアの運行が京都府内でも始まった。府内第1号となったのはタクシー大手の「エムケイ」。このほかのタクシー会社も今月中の運行を目指し、乗務員の採用や教育・研修などの準備を進めている。(2024/4/9)

料金は? どこで乗れるの? ドライバーになるには? 本格スタートのライドシェアQ&A
一般ドライバーが自家用車を使い有料で乗客を運ぶ「日本版ライドシェア」のサービスが8日に東京都内で始まった。サービスはこれから他の地域にも広がっていくが、従来のタクシーとの違いが十分に知られているとはいいがたい。そこで、利用方法や料金などライドシェアに関する素朴な疑問をQ&A形式でまとめた。(2024/4/9)

街が異常気象に襲われてカチコチに凍ったら……? タクシー乗客が突如サバイバルに巻き込まれるドッキリ動画が2700万再生【米】
怖すぎ!(2024/4/9)

タクシーアプリ「S.RIDE」、タクシー事業者のライドシェア運用を順次開始 アプリ設定にも対応
S.RIDEらは、4月中に自家用車活用事業(ライドシェア)の運行車両への配車を開始。4月4日のアプリアップデートで、車指定画面へ新たに「ライドシェア」の項目を追加した。(2024/4/5)

タクシー業界、倒産件数が2年連続で増加 「過去最悪」に迫る水準に
帝国データバンクが調査結果を明らかにした。(2024/4/5)

Uberアプリがライドシェアに対応 「自家用タクシー」呼べる
Uberアプリがライドシェア対応。「自家用タクシー」をアプリから呼ぶことができるように。(2024/4/2)

鳥山明さん原作の新作アニメ公開記念「SAND LANDタクシー」期間限定で走行
乗車記念証はなくなり次第配布終了となります。(2024/3/25)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
アンチ「ライドシェア」のタクシードライバーによる草の根運動
「自分たちは変わりたくないが、新しいものがやってくるのも嫌だ」というアンチではありませんでした。(2024/3/14)

S.RIDE、東京23区などでタクシー事業者5社とライドシェア運用を順次開始
S.RIDEとタクシー事業者5社は、タクシーアプリ「S.RIDE」を活用した「タクシー事業者による自家用車活用事業(ライドシェア)」の運用を順次開始。東京23区、武蔵野市、三鷹市を対象に実施する。(2024/3/13)

昭和を再現した「仁丹タクシー」が登場 乗客に「銀粒仁丹」を配布、狙いは?
森下仁丹は、3月11日からの期間限定で「#タイムスリップ仁丹タクシー」を走行させる。狙いは……。(2024/3/11)

鬼越トマホーク、独自調査で「好感度が高すぎる芸人」を“内部告発” 警備員やタクシー運転手に大人気「腰が低いだけが取りえ」
いい内部告発。(2024/2/20)

Waymoのロボタクシー、襲撃を受け炎上
Alphabet傘下の自動運転車企業Waymoのロボタクシー車両がサンフランシスコの路上で襲撃され、炎上した。無人だったので怪我人などはいなかった。(2024/2/13)

「お金以上の価値があった」 ザ・マミィ酒井、高額タクシー代に呆然も…… “悲劇の向こう側”を告白
終電を逃してしまったと報告しました。(2024/2/5)

Uber Japan、日本版ライドシェア参加へ タクシー会社と協議
Uber Japanは、2024年4月に日本で始動する、タクシー会社によるライドシェア(いわゆる「日本版ライドシェア」)導入支援を行う。(2024/1/29)

「これは二度見する」 竈門炭治郎がタクシー窓ガラスから笑顔ふりまく「鬼滅の刃タクシー」登場
タクシーアプリ「S.RIDE」で呼べる。(2024/1/25)

菊地亜美、タクシーで寝てたら“全く知らない場所”へ…… 悲劇の原因明かすも「運転手さん責めることもできない」
確認大事。(2024/1/24)

モビリティサービス:
ドラレコ映像を意義ある規模のビッグデータに、特許技術で分散管理
NTTコミュニケーションズは、タクシーなど街中を走るモビリティから映像データを効率的に収集して利活用するプラットフォーム「モビスキャ」の提供を2024年度上期から開始する。(2024/1/16)

タクシーアプリ「GO」、流し営業なしのアプリ専用車とドライバーを全国へ拡大
タクシーアプリ「GO」は、1月からアプリ専用車「GO Reserve」とパートタイム乗務員「GO Crew」の取り組みを拡大。現在の江東区枝川での1拠点30台展開から東京、神奈川、大阪、名古屋で合計約70台での展開を予定する。(2024/1/10)

今日のリサーチ:
2023年のデジタルサイネージ広告は市場規模801億円 OOH、リテールメディア、タクシー広告の現状は?
市場関係者の間では、デジタルサイネージ広告市場はコロナ禍の落ち込みから脱却して再び成長期に入ったとの共通認識が生まれつつあるようです。(2023/12/29)

Matt、「ブランドに月1000万円」の金銭感覚が衝撃的 数十万円のタクシー代で母・桑田真紀に怒られるも「稼いでるからいっか」
仕事をする前から金銭感覚はこのままとのこと。(2023/12/22)

小寺信良のIT大作戦:
ライドシェア導入、日本の進め方が“いびつ”と感じるワケ 爆発的に普及した海外と違う、日本特有の事情
民間人が自家用車を使ってタクシー的な業務ができるライドシェア。2015年前後にも日本での導入が期待されていたが、日本のタクシー会社の反対が大きく、結果的にUberはタクシーの配車サービスと、Uber Eatsをローンチするにとどまったと記憶している。(2023/12/21)

川崎希&アレク、アメリカ到着から爆速でぼったくり被害 “メーターのないタクシー”に引っ掛かり「4倍の金額だったよ」
波乱の幕開け。(2023/12/20)

あの、タクシー乗車中に交通事故 割り込み車両と衝突で「どうなるかと思いました」
ひとまず無事でよかった……。(2023/12/16)

業務停止中のロボタクシーCruise、大規模リストラ
人身事故発生後、無人タクシー業務を一時停止しているGM傘下のCruiseが、従業員の24%に影響するリストラを発表した。CEOは11月に辞任している。(2023/12/15)

働き方の「今」を知る:
土木建設にタクシー運転手──きつくても「人が集まり辞めない」企業の秘密とは?
人手不足が深刻化している。特に土木建設やタクシー業界など「きつい」イメージのある職種では採用に苦心する企業が多い。しかし、そんな中でも人が集まり辞めない会社がある。その背景には、どんな秘密が隠されているのか──?(2023/12/14)

働き方の見取り図:
AIに「全てを任せた」あとに残る未来は? 想定を超える、その脅威
米カリフォルニア州で自動運転タクシーの事故が発生。テクノロジーの急激な発展が、行き過ぎた仕事の代替という新たな問題を生み出している。人間は、AIや機械にどう仕事を任せればよいのか。(2023/12/13)

空車のタクシーが通りやすい場所を地図に表示 「S.RIDE」アプリに新機能
S.RIDEは7日、空車タクシーが捕まりやすい場所を地図上にアイコン表示する新機能「バーチャルタクシースポット」を発表した。iOS版では、東京23区と武蔵野市、三鷹市で7日から利用できる。(2023/12/7)

モビリティサービス:
ホンダGMの自動運転タクシーはお台場からスタート、都心3区にも拡大
経済産業省などは「レベル4モビリティ・アクセラレーション・コミッティ」の第1回の会合を実施した。(2023/11/21)

タクシー業界、半数近くが「赤字」 人手不足も深刻化 10年間で「半減以上」が1割強
タクシー業界の人手不足が深刻化している。10年前から「半減以上」と回答した企業は15%弱に及んだ。帝国データバンクが調査結果を発表した。(2023/11/15)

自動運転タクシーのCruise、“女性下敷き事故”を受け全車両をリコール
GM傘下の自動運転システム企業Cruiseは、10月初旬の人身事故を受け、ソフトウェアアップデートのため950台の全車両のリコールを実施した。(2023/11/9)

自動運転タクシーは安全か? 米国では“女性が車の下敷き”など事故相次ぐ 一部事業者は営業停止に
米カリフォルニア州やテキサス州で自動運転タクシーのサービスを展開していた米Cruiseが、相次ぐ事故を受けて営業を停止した。米国では、公道を走る自動運転車が予想外のトラブルなども発生し、安全性や実用性を巡る論議が続いている。(2023/11/9)

povo2.0に1080円の期間限定トッピング 0.5GB(3日間)と電子タクシーチケットのセット
KDDIと沖縄セルラー電話は10月20日10時から31日まで、povo2.0のデータ0.5GB(3日間)に1000円分の電子タクシーチケットが付属するトッピングを1080円で提供する。タクシーアプリ「GO」で使える電子タクシーチケットが付属する。購入すると11月7日までにpovoに登録のメールアドレスに送付される。(2023/10/20)

モビリティサービス:
2026年から無人運転タクシーを東京で、ホンダとGM、クルーズが合弁
ホンダとGMクルーズホールディングス、GMは2026年初めから自動運転車によるタクシーサービスを提供する。(2023/10/20)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
次のヒットコンテンツを人より先に見つける方法
今週は、エンターテインメントビジネスのデータ分析ツールや、タクシー広告の効果検証が可能なパッケージプラなどを紹介する。(2023/10/20)

自動運転タクシーサービス、2026年に日本で開始へ ホンダとGMが提携
指定場所まで迎えに来るところから、目的地に到達するまで全て自動運転のサービスになります。(2023/10/19)

日本に「自動運転タクシー」到来へ ホンダ、2026年初頭に東京でスタート
ホンダと米GM、GM傘下のクルーズが、日本での自動運転タクシーの提供を目的とした合弁会社を設立する。2026年初頭に東京都心でのサービス提供開始を目指す。(2023/10/19)

瓜田純士、“高齢ドライバーのタクシー”絡みで救急搬送へ 「両足両ひざが全く曲がらなかった」「マジで」
お大事に……。(2023/10/12)

笠井信輔、道中で度重なるタクシートラブル 放置され続けた“理由”に最大級の「なんですとーーーーっ!」
無事会場にたどり着けてよかった。(2023/9/28)

スピン経済の歩き方:
日本のタクシーは本当に大丈夫なのか 海外との“差”が広がる
海外で「完全無人タクシー」の運行が始まっている中で、日本でどのような動きがあったのか。個人タクシーの年齢を80歳まで引き上げたり、外国人労働者の受け入れを拡大したり。日本の未来はどうなるかというと……。(2023/9/19)

「地元ルール」はDXできるか:
増える「交通の空白地帯」どう解決する? JR津軽線の“断線”救ったベンチャーに聞く
青森県、秋田県を集中的に襲った豪雨災害の影響で、青森県津軽半島を走るJR津軽線の一部区間が断線する被害が起きた。そんな状況を救うべく貢献した企業の一つが、電脳交通というスタートアップだ。地方のタクシー会社の厳しい現実やDXの可能性について、同社取締役COOの北島昇氏に聞く。(2023/9/19)

富田望生、出待ちファンの“非常識なつきまとい”に恐怖 「電車の中やタクシーのドアが閉まる寸前まで……」
富田さん「非常識に後を付けるのはやめてください」(2023/9/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。