• 関連の記事

「復興」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「復興」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

3Dプリンタ活用最前線:
PR:属人化を解消するデジタルものづくり 〜無駄をなくし、開発・製造を加速する方法とは〜
中国をはじめとする新興国や欧米の勢いが増し、日本の製造業の存在感が薄れている。その根本的な原因はどこにあるのか? 世界とのギャップを埋めるにはどうしたらよいか? 3D CADや3Dプリンタを活用したデジタルものづくりに30年以上関わり、多くの製造業を支援し続けるSOLIZEにその打開策を聞いた。(2024/6/12)

メカ設計インタビュー:
クルマが買える値段で住宅を提供する――3Dプリンタが業界変革の起爆剤に
3Dプリンタ住宅メーカーのセレンディクス 執行役員 COO(最高執行責任者)の飯田國大氏に、住宅産業をロボット化する狙いや、その中での3Dプリンタの役割、今後の取り組みなどについて話を聞いた。(2024/6/3)

これは沼る! 日比谷野音にアイドルグループ19組が一堂に集結、あちあちだったガラフェスレポート
アイドルシーンの最新レポート。(2024/5/15)

産学連携の促進に向け:
東北大学が研究者/特許情報を公開――「サイエンスパーク構想」の狙いとは
東北大学と三井不動産は2024年4月26日、「東北大学サイエンスパーク構想」に関する合同説明会を実施した。両者は、「共創の場」の構築とコミュニティーの形成を中心とした産学連携により、社会課題解決と新産業創造を目指す。(2024/5/15)

無印良品、食品ロス削減狙った菓子 「寒天もち」「茎わかめ」発売
(2024/5/14)

「馬車道」駅から5分:
旧横濱ビル跡地に21階建て複合施設 2027年竣工予定
日本郵船と三菱地所、鹿島建設は、旧横濱ビル跡地に建設予定の21階建て複合施設について、新築工事に着手したと発表した。(2024/5/11)

都市の構造が変化:
なぜ「池袋〜新宿〜渋谷」は混んでいるのか? “郊外”だった駅が繁栄したワケ
平日でも混雑している山手線の西側エリア。開業時の利用者はほとんどいなかったが、なぜここまで繁栄したのだろうか。(2024/5/9)

働き方の「今」を知る:
建築業界「休めない、人手が足りない」 2024年問題を“さらなる苦境”にしないためには
2024年4月から、働き方改革関連法の「時間外労働の上限規制」が物流・運送業界、建設業界、医療業界にも適用される。これにより労働環境改善が期待されるが、一方で、一人当たりの労働者が合法的に働ける時間が減ってしまうことでこれまで以上に多くの人員を確保しなければならなくなる。中でも「休めない、人手が足りない、若手がいない」建築業界の課題と、その解決策を探る。(2024/5/9)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(47):
24世紀のマルウェアは、自律的に笑いを創造する
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第47列車は「自己変異型マルウェア」です。※このマンガはフィクションです。(2024/5/7)

日刊MONOist火曜版 編集後記:
30年で変わった「地上の星」の光り方
映画のようなカタルシスは起こりにくくなっています。(2024/5/7)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
電撃的な“為替介入”でも「影響は一時的」と考えられる、これだけの理由
2022年9月、10月に相次いで、ドル売り・円買い介入が実行された模様だ。円高が進み、その影響に注目が集まるが、一時的なもので終わると考えられる。その訳を解説する。(2024/5/3)

スピン経済の歩き方:
観光業で働く人のためにも「GWは廃止すべき」 こう提言しても、何も変わらなかった理由
大型連休に入り、観光地を中心に各地で混雑が起きている。筆者は約10年前からゴールデンウィークは廃止すべきと提言しているが、なぜかというと……。(2024/5/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
メニューたった3種類で急成長「鰻の成瀬」 東京チカラめし、いきなり!ステーキを反面教師にできるか
FCモデルやシンプルなメニュー構成を武器に店舗数を急拡大している「鰻の成瀬」。同様に急拡大したチェーンはこれまでいくつもあったが、その後は大幅な縮小を余儀なくされるケースがほとんどだ。今回はどうなるのだろうか。(2024/4/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
所沢駅前に巨大商業施設が出現、そこは昔「電車の工場」だった
2024年9月、西武線所沢駅西口から徒歩3分の場所に大型商業施設「エミテラス所沢」が誕生する。敷地面積はベルーナドームの約8割、延べ床面積はイオンモール幕張新都心とほぼ同じ。地上7階建てで142店舗が入居する。この用地の歴史をさかのぼり、鉄道用地開発について考えてみたい。(2024/4/28)

屋上デッキを開放:
60歳の「神戸ポートタワー」が生まれ変わった 集客力を高めるために“仕掛け”あり
「神戸ポートタワー」が4月26日にリニューアルオープンした。どのように変わるのか、取材した。(2024/4/26)

「AQ Group」純木造8階建て新本社ビルが完工 普及加速へ工務店などと連携
脱炭素化の流れを受けた木造ビルの普及に向け、同社は新社屋をプロトタイプと位置付けて今後、地域工務店や中小ゼネコンとの連携を進めていくという。(2024/4/25)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ
不安定な世界情勢が続く中で、物価高や継続する円安と業界を取り巻く環境は刻一刻と変化している。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第12回は、日本IBMの山口明夫社長だ。(2024/4/23)

映画「ゴジラ-1.0」、アマプラで5月3日から見放題独占配信 「シン・ゴジラ:オルソ」も
Amazonプライムビデオは16日、映画「ゴジラ-1.0(マイナスワン)」を5月3日から見放題独占配信すると発表した。(2024/4/16)

NPO法人国際CIO学会講演会:
日本再生の切り札は、グローバルで大きく先行する次世代コミュニケーション基盤と生成AI
少子高齢人口減少社会に向け、行政DXをどう進めるべきか。また日本再生を目指すために、グローバル先端技術をいかに活用すべきか。総務省の事務次官、および日米のビジネス論客がAIや未来技術などを議論した。(2024/4/16)

どう見ても普通の倉庫→実は泊まれます 「コンテナホテル」各地で激増…… 拡大の背景、定着へのカギは
ロードサイドを中心に展開しています。(2024/4/21)

日本赤十字社が「2024年台湾東部沖地震救援金」の受付をスタート
4月5日〜6月28日まで寄付を受け付けます。(2024/4/5)

復興の象徴:
東北大をイノベーションの中心地に 放射光施設「ナノテラス」が生みだす共創の場
4月9日、東北大学が誇る世界最高レベルの高輝度放射光施設「NanoTerasu(ナノテラス)」が始動する。その背景には、東日本大震災からの「復興の象徴」として東北の経済を盛り上げたいとの思いから、10年以上も奔走してきた、ある教授の使命感があった。ナノテラス誕生の舞台裏と、今後のビジョンを聞く。(2024/4/4)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
ドローン第一人者の野波健蔵氏が創業した「Autonomy」の国産機体はどこが違う?ワイヤレス給電で24時間の現場監視
Autonomyは、日本でのドローン開発の第一人者として知られる千葉大学 名誉教授 野波健蔵氏が2022年1月に創業した会社。日本のドローンに関する研究開発と社会実装で世界の優位に立つことを目標に定め、オープンソースを使わない完全オリジナルのスタンスで優れた機体とソリューションを生み出している。(2024/4/3)

スピン経済の歩き方:
物流2024年問題で叫ばれる「多重下請撤廃」 それでも“水屋”がなくならないワケ
物流の「2024年問題」がいよいよ本格化していく。全日本トラック協会が「多重下請構造」について「2次下請までと制限すべき」と提言しているが、筆者はそう簡単になくならないと考えている。なぜかというと……。(2024/4/3)

「ワイヤードカフェ原宿」からスタート:
はっきり言おう 「カフェ」の運営は難しい
カフェを運営するにあたって、どういったことが必要になってくるのか。飲食業をやるつもりではダメで……。(2024/3/30)

ソフトバンクが進める災害復興DX 能登半島地震で展開した「空・陸・水の支援」
ソフトバンクグループは能登半島地震の災害復興に関し、通信インフラに限らない支援をしている。知られざる取り組みの背後にあったものとは?(2024/3/29)

PR:「au PAY ふるさと納税」が後発参入でも成功した納得の理由とは
(2024/3/28)

「ワイヤードカフェ原宿」からスタート:
カフェのバランスシートはどうなっているの? 小さな店が売り上げを確保する方法
カフェを運営するうえで、バランスシートは欠かせない。飲食業界ではよく「FL値」というものが使われていて……。(2024/3/28)

ドローン:
大型ドローンの航続距離向上に貢献、NSKがガスタービン発電機用軸受を開発
日本精工(NSK)はeVTOL(電動垂直離着陸機)向けガスタービン発電機用軸受を開発し、市場に投入したと発表した。(2024/3/25)

法改正マスター2024 中小企業こそテック活用で乗り越えろ!:
「2024年問題」待ったなし 物流・建設業界の働き方はこう変わる
物流・建設業界の働き方が大きく変わる法改正が施行されます。いわゆる「2024年問題」、これらの業界はどのように対応していくべきか? 問題と対策とおさらいします。(2024/3/21)

PR:くまモンのギターソロも!? 熊本の魅力を童謡「ふるさと」の替え歌で熱唱する熊本の動画がアツすぎた
今がアツい熊本に行きたくなる。(2024/3/19)

パリス・ヒルトン、90年代大流行アイテム“復活”を熱望し人々に恐怖をもたらす 「絶対だめ!」「痛かったよ」
正直いやかも……。(2024/3/18)

3月11日にヤフーやLINEで「3.11」と検索すると寄付につながる 「検索は、チカラになる。」実施
3月11日0時〜23時59分に実施。(2024/3/10)

「3.11」検索でLINEヤフーが10円寄付 能登半島、東北の被災地支援に
LINEヤフーは8日、能登半島地震と東日本大震災の復興支援として、利用者が「Yahoo!検索」などで「3.11」と検索すると、LINEヤフーが1人につき10円を寄付する「検索は、チカラになる。」を3月11日に実施すると発表した。(2024/3/8)

夜空に浮かぶランタンとレトロな列車の共演……! 小湊鐵道のイベントが幻想的と話題呼ぶ
400個のランタンを飛ばす「夜空に浮かぶ灯と列車」イベント。(2024/3/3)

東北大学の挑戦:
東北大・大野英男総長に聞く 「10兆円ファンド」支援候補に選ばれた舞台裏
政府が創設した10兆円規模の「大学ファンド」初の支援対象候補に、東北大学が選ばれた。東北大の大野英男総長に「国際卓越研究大学」の認定候補に選ばれた舞台裏を聞く。インタビュー全3回の1回目。(2024/2/27)

課題もある:
「東京メトロ」上場へ、鉄道以外で“やるべき”事業は何か
政府と東京都が、両者で100%保有する東京地下鉄(東京メトロ)の株式の半分を売却する方針だという。上場後の東京メトロに期待されることとは――。(2024/2/27)

ウクライナ侵攻で手足失った人に義手・義足を 日本企業、3Dプリンタ使用で安価
ロシアがウクライナに軍事侵攻してから約2年となるが、ウクライナでは多くの人が手足を失っており、その数は1万人以上といわれる。こうした状況を変えようと、日本のベンチャー企業や自治体が支援に乗り出している。(2024/2/19)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
東北大総長が交代へ、第22代総長 大野英男氏が築いたもの
新総長が就任する東北大学の今後が楽しみです。(2024/2/19)

北陸新幹線延伸 利便性は“明暗”が分かれる
北陸新幹線の金沢―敦賀間が3月16日に延伸開業する。能登半島地震で被害を受けた石川、福井両県は、観光客の流入などが復興の追い風となりそうだ。(2024/2/19)

資金調達額は累計19.2億円へ:
大熊ダイヤモンドデバイス、新たに3.3億円調達
大熊ダイヤモンドデバイスは2024年2月、北陸銀行、みずほ銀行および三井住友銀行より、デットファイナンスによる資金調達を行った。今回の調達額は総額3億3000万円(融資枠含む)で、創業以来の資金調達額は累計19億2000万円となる。(2024/2/19)

電子ブックレット(BUILT):
次の「大地震」に建設ICTで備える!建設業ができる日常の延長線上にある防災
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、次に巨大地震が起きる前に、建設業が果たすべき社会的役割としての減災/防災に役立つ、インタビューやセミナーレポートなどを厳選しました。(2024/2/19)

頭脳放談:
第285回 日本中で半導体工場建設中、そのヒト、モノ、カネについて考える
熊本県菊陽町にあるTSMC(JASM)の半導体工場の開所を前に、第2工場を建設することが発表された。他にもRapidusやキオクシアなど、多くの半導体工場が建設される予定だ。こうした半導体工場の建設ラッシュの背景と問題について考えてみたい。(2024/2/19)

ロボットを産業創出や防災対策に! 福島・南相馬市で進む新たな挑戦
(2024/2/14)

一世風靡の「電波少年」タレント、NHK取材に“東京から参加した人”名義で登場→視聴者が本人と特定へ 「一般人扱いで笑ってしまった」
やはりご本人だったとのこと。(2024/2/11)

ANAが航空券などタイムセール 東京-札幌7700円〜 復興支援で北陸路線も対象
東京(羽田)-福岡は8800円〜。(2024/2/9)

現場管理:
3.11復興工事にあたる従業員の健康状態を遠隔で常時把握、鹿島建設と稲村屋
鹿島建設は、遠隔地に赴任する従業員の適切な健康管理のために、東京本社の健康管理センターに居ながら常時把握できるシステムの運用を開始した。システムでは、心電図、血圧、脈拍、体重などのバイタルデータと、服薬、運動、飲酒、睡眠などの生活情報をWebブラウザで確認して、健康状態をリアルタイムで管理する。(2024/2/7)

東京都、能登半島地震の被害状況をデジタルツイン3Dビューアに掲載
東京都は2日、サイバー空間上に3D都市モデルを公開する「東京都デジタルツイン3Dビューア」に、令和6年能登半島地震の被害状況に関する地理空間データを掲載した。(2024/2/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
きっかけはパソナ 話題の店と有名シェフが淡路島に集結 「美食観光」ニーズが追い風に
淡路島が「美食の島」として盛り上がりを見せている。きっかけはパソナグループが地元小学校をリノベした複合施設を2012年にオープンしたことだった。(2024/2/3)

「かに道楽」の看板のカニは何ガニ? 脚の動きも違いがある「動くかにの看板」の秘密
看板に使われているかにの種類も確認しました。(2024/2/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。