• 関連の記事

「修理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「修理」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

トイレ業者のSEO対策に東京都下水道局が「待った」 啓発ポスターがシュールで話題に
「検索上位のWebサイトへの依頼、ちょっとまって」──東京都下水道局は、ネットでのトイレ修理の依頼に関して、Twitterで注意喚起した。Web検索の上位に表示された業者に依頼したことによる、金銭トラブルが増えているという。(2022/1/18)

Wired, Weird:
火花が出なくなったプラズマカッターの修理(前編)
今回は、プラズマカッターの修理を報告する。高電圧で危険な機器だが、高電圧機器の試作品を設計、製造したことがあるので、引き受けた。(2022/1/13)

82歳の男性が運転するフェラーリ512 TRがショッピングモールに突っ込む 同乗者と従業員もケガ
うーん、修理費は考えたくないな……。(2021/12/30)

背景には「修理する権利」意識の高まり
Appleがついに“iPhoneセルフサービス修理”開始 それでも素直に喜べない理由
Appleは電子機器の修理スキルを持つユーザー向けに、セルフサービス修理プログラムを2022年に開始する。ただし専門家は「ユーザーは自分で修理したがらないだろう」とみる。その理由は。(2021/12/27)

製造IT導入事例:
フォードが技術者支援プログラムにTeamViewerのARソリューション導入
TeamViewerの産業用ARソリューション「TeamViewer Frontline」を、フォード・モーターが技術者支援プログラムに導入した。ディーラーの技術者はリモートARセッションを通じて、スペシャリストとリアルタイムで車両修理の問題点を共有できる。(2021/12/20)

Wired, Weird:
トルクが足りないモータードライバーの修理
取引先から紹介された会社からモータードライバーの修理を依頼された。不具合の症状は『高速回転は問題なく動作するが、低速回転で逆回転する。低速の正常回転数 0.66に対し現在は0.05』と非常に具体的だった。この症状からするとモーターのトルクが足りてないようだ。依頼者は現場で活躍している人なので、何とか依頼に応えたいと思い修理を引き受けた。(2021/12/16)

iFixit、Microsoft公認「Surface」修理ツール提供開始
「修理する権利」を謳うiFixitがMicrosoftと提携し、修理しにくいことで知られる「Surface」シリーズのための修理ツールキットを発売した。Microsoft公認の修理業者向けだ。(2021/12/14)

初ドライブで操作ミスか 1000万円超のスーパーカーが路肩に停められていたバンに突っ込む
修理費はかなり高くなりそうです……。(2021/12/10)

富岡製糸場の煙突、保存修理工事をクラウドファンディングで
築造から80年以上が経過している群馬県富岡市の富岡製糸場の煙突を維持継承するため、市は保存修理費をクラウドファンディングで調達する取り組みを始めた。新型コロナウイルス感染症の影響で見学料収入が激減する中での苦肉の策で、榎本義法市長は「心から皆さんの温かいご支援をお願いしたい」と訴えている。(2021/12/10)

ヤマダデンキとキタムラ、Apple正規修理サービスで提携 池袋でスタート後、全国展開
Apple製品の販売と修理がワンストップで提供可能になる。(2021/12/8)

施工:
大林組らがトンネル覆工コンクリートの急速補修技術を開発、作業時間を35%短縮
大林組は、コニシやケミカル工事とともに、覆工コンクリートの急速補修技術となるネットレスのはく落対策工法「ワンバインドスプレー」を開発した。今後、3社は、高速道路のリニューアル工事で、ワンバインドスプレーを積極的に活用して、交通規制期間の短縮や渋滞の緩和、トンネル覆工補修工事の高品質化を実現し、インフラ構造物の長寿命化に貢献する。(2021/12/3)

週末に「へえ」な話:
マンションに自転車店が駆けつけて、1日26万円も売れている理由
都市部のオフィスにキッチンカーが戻ってきた。カレーやハンバーなどを購入するためにビジネスパーソンが並んでいるわけだが、気になる店を見つけた。自転車の修理・点検である。移動営業をしてもうかっているのかどうか、気になったので担当者に話を聞いたところ……。(2021/11/27)

人工知能ニュース:
遠距離からのサイズ計測を単眼カメラの画像だけで実現、東芝が世界初のAI技術
東芝がズームレンズを用いた単眼カメラによって複数枚の画像を撮影するだけで実スケールの3次元計測ができる「世界初」のAI技術を開発。インフラ点検などで、高所や斜面など危険で点検が困難な場所に近づくことなく、一般的なデジタルカメラとズームレンズで離れた場所から写真を撮影すれば、補修対象部分のサイズを計測できるようになる。(2021/11/22)

iPhone 13/12やM1搭載Macを自身で修理する「セルフサービスリペア」をAppleが発表
11月17日(現地時間)、米Appleがユーザー向けに純正パーツや修理マニュアルを提供する「セルフサービスリペア」(Self Service Repair)を発表した。2022年に米国で提供を開始する予定で、日本での展開は未定だ。(2021/11/18)

iPhoneやMacを自分で修理、Appleが公式プログラム提供 「Self Service Repair」、米国で2022年スタート
Apple、自分でiPhoneやMacを修理できる「Self Service Repair」を2022年初めに米国から提供開始。(2021/11/18)

Apple、iPhoneの「セルフサービス修理」プログラムを来年米国などで開始へ
Appleは、ユーザーが自分でiPhoneを修理しても保証対象外にしない新プログラムを発表した。来年米国でiPhone 12、13を対象に開始する。Appleから純正部品やツールを購入する必要がある。(2021/11/18)

Apple、非正規画面修理のFace ID無効化をやめる
iFixItが明らかにした、Face ID無効化の仕組みについて、Appleが対応を表明した。(2021/11/11)

オンキヨー、修理サービスの新規受付を一時停止 2022年1月末まで 人員、パーツ不足で対応できず
オンキヨーホームエンターテイメントが、製品修理の新規受付を一時停止する。人員が不足している上、コロナ禍で部品の供給も滞っているため修理業務に限界が来ている。(2021/11/10)

Wired, Weird:
入手難のCCFLバックライトを代替するLEDバーを制作
タッチパネルのCCFL(冷陰極管)ランプは入手が困難で、交換修理が難しい。そこで、LEDに代替するためユニバーサル基板でLEDバーを自作してきたが、効率が良くない。そこで思い切って専用のプリント配線板(PCB)を起こし、パーフェクトなCCFL代替LEDバーを制作してみた。(2021/11/10)

導入事例:
トンネル1スパンの半断面をカバーする作業床を確保可能なシステム足場を開発、大林組
大林組は、トンネルの補修と補強工事における交通規制期間の短縮を目的に、トラック積載型システム足場「フラップリフト」を開発し、東日本高速道路発注のトンネル工事に適用した。(2021/11/10)

約40年ぶりに人里へ帰還 アメリカの山奥で放置されたスズキ・ジムニーが回収チームによって持ち主の元へ
マジで修理できるの……?(2021/11/6)

iFixit、Appleの布を分解レビュー 0点付けた驚きの理由
iFixitお得意の修理可能性評価、布にまで適用するとは……。(2021/10/29)

新工法:
腐食穴が生じた既設桟橋鋼管杭の杭頭部に適用できる新たな補修技術、東亜建設工業
東亜建設工業は、既設桟橋鋼管杭の杭頭部付近に腐食穴が生じた場合でも適用可能な補修技術「鋼板接着併用型タフリードPJ工法」を開発した。今後は、過酷な環境下にある桟橋のリニューアル工事で新工法を幅広く使えるように、施工性の向上やコストダウンを推進する。(2021/10/29)

新工法:
大成建設が道路橋RC床版の高耐久補修工法を開発、優れたUHPFRCで勾配面での施工を実現
大成建設は、大成ロテックとともに、劣化したRC床版向けの補修工法「T-Sus Layer」を開発した。T-Sus Layerは、RC床版上面に高強度で緻密な保護層を構築することで延命化を実現し、再補修サイクルの延長を図れることから、補修工事の実施回数を削減し、交通規制などの軽減と維持管理費用の低減が期待されている。今後、両社は、新工法で既設RC床版補修後の防水性や耐久性などを見える化するために、繰り返し走行試験などで疲労した状態のRC床版を用いて各種性能を検証する予定。将来的には、劣化が進行していないRC床版の予防保全も視野に入れて実構造物への適用を進める。(2021/10/27)

壊された昭和のハンバーガー自販機、古びた色合いまで元通りに 粋な修理をした加工業者に称賛集まる
古くて存在しない交換用部品を、退色した色味まで含めて再現。(2021/10/25)

生産現場のAI化、広がる用途 事故防止や設備修理も
製造業の生産現場でAIを活用する動きが広がっている。「保全」「保守」「品質検査」などでの開発・導入が先行するが、生産性向上を目指して幅広い分野での活用が期待されている。(2021/10/20)

研究開発の最前線:
ラボの分析機器にもDXを、CBMによる予防保全とAR活用リモートサポートを提供
アジレント・テクノロジーが同社の分析機器向けに提供しているデジタルツールについて説明。ダウンタイムの短縮や修理コストの削減などにつながる予防保全のための「Smart Alerts」や、AR技術を用いたリモートサポートアプリ「CrossLab Virtual Assist」などの展開を2021年から推進しており、分析機器を活用するラボにおけるDXを支援する。(2021/10/15)

Wired, Weird:
回転ブラシが回らなくなった掃除機の修理【後編】
前回に続き、回転ブラシが回らなくなった掃除機の修理の様子を報告する。前回は、とりあえず動作するところまではこぎ着けたが、完璧な修理とはいえる内容ではなかった。そこで、今回は完璧に近い修理を目指すことにする。(2021/10/19)

犬「ぼくの大好きなお友達、直るよね?」 修理を見守るゴールデンレトリバーの心配そうな表情が愛にあふれている
やさしいワンちゃんです。(2021/10/9)

FAニュース:
止まらない工作機械に貢献、DMG森精機が「修理復旧技能研修センタ」を新設
DMG森精機は2021年9月30日、全世界の修理復旧担当者の育成および技能向上を目的に、伊賀事業所内のDMG森精機アカデミーに新しく「修理復旧技能研修センタ」を開設したと発表した。(2021/10/5)

Google検索、「Lens」とテキストクエリの併用などMUM採用の新機能
Googleは、AIのMUM(Multitask Unified Model)採用の新機能を発表した。例えばGoogle Lensとテキストクエリを併用することで、名称の分からない部品の修理方法などが検索できるようになる。(2021/9/30)

どうして…… 運搬中のコルベットにマセラティが落下 キャリアカー内で起きた珍事故の写真が話題に
運搬費より修理費の方が高くなってそうだな……。(2021/9/27)

KDDI、iPhone向け保証サービスの期限を撤廃 修理などサポート回数は毎年2回に
KDDIが、iPhoneとiPadの有料保証サービスで、加入後4年間としていた保証期限を撤廃すると発表した。合わせて「Apple Watch」の修理サービスも始めた。(2021/9/24)

au/UQ mobileがiPhone/iPad向け「故障紛失サポート」を拡充 Apple Watch向け修理サポートも提供開始
KDDIと沖縄セルラー電話が、iPhoneやiPad向けに提供している「故障紛失サポート with AppleCare Services」のサービスを改善した。9月24日以降の加入者(機種変更を含む)が適用対象となる。合わせて、両社はApple WatchにもApple Care+の内容を内包した修理サポートサービスの提供を開始した。(2021/9/24)

iPhone 13シリーズの修理代、AppleCare+未加入だと最大5万円〜7万円台
9月24日に「iPhone 13」シリーズが発売される。新しいiPhoneを購入する際に検討しておきたいのが「AppleCare+ for iPhone」への加入だ。AppleCare+に加入していないと、ディスプレイの修理代金は3万円台〜4万円台、その他の修理代金は最大で7万円台かかる。(2021/9/22)

家電の使用回数をネット経由で把握、交換部品もお届け パナがIoT家電特化のメンテサービス
パナソニックが、IoT家電の使用状況に応じてメンテナンス時期を通知するサービスを始めると発表した。交換部品を2回届けるプランと、最大5年間の修理保証を付けたプランを用意した。まずは、エアコンと洗濯機で始める。(2021/9/22)

焦らされ:
トイレが詰まって業者を呼んだら44万円 あおられその場でサイン 悪質な「点検商法」相次ぐ
トイレが詰まって業者を呼んだら、次々と欠陥を指摘され、高額な修理代を請求された。そんな、水回り修理を巡るトラブルが沖縄県内で後を絶たない。(2021/9/22)

Wired, Weird:
回転ブラシが回らなくなった掃除機の修理【前編】
電動の回転ブラシが回らなくなった掃除機の修理を依頼された。今回から2回にわたって、修理の様子を報告していこう。(2021/9/16)

iPhone 12と12 Proの修理が大幅に遅延 「音の問題修理サービス」の影響で
Appleが8月30日に開始した「iPhone 12やiPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」の影響で、本体交換修理が大幅遅延している。(2021/9/7)

修理する権利とコネクテッドカー(2):
つながるクルマの「修理権」で想定される課題と懸念
前回の記事では、2020年に米国マサチューセッツ州で承認された「車両を修理する権利」の改正案を紹介した。今回は修理権に関するセキュリティの課題と懸念をさらに調査し、それらに対処するためのセキュリティのアプローチについて説明する。(2021/9/14)

「うちには、クーリング・オフはありません」「これからお宅に行かせてもらおか」 水道修理の「水道屋本舗」に一部業務停止命令
これは……。(2021/9/1)

どのようなトラブルが多い? NECレノボジャパングループが「学習用端末」のサポート体制を強化
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータの2社からなる「NECレノボ・ジャパングループ」が、GIGAスクール構想で配備された学習用端末の修理体制を強化している。通常のPCと比べると、どのような故障が多いのだろうか?(2021/9/1)

一部のiPhone 12とiPhone 12 Proに音の不具合 Apple、修理サービスプログラムを提供開始
電話をかけたり電話がかかってきたときにレシーバーから音が出ないことがある場合は、修理対象。(2021/8/30)

ベンツ、「C200」など1.8万台リコール 火災の恐れ
メルセデス・ベンツ日本は8月20日、乗用車「C200」など3車種、計1万8490台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。(2021/8/20)

施工:
電気化学的防食工法「リペアカーテン」を供用中の橋梁に適用、安藤ハザマ
安藤ハザマは、2016年に電気化学的防食工法「リペアカーテン」を開発した。同社は、北陸地方の市町村が管理する橋梁の維持管理に有効な技術を選定するイベント「補修オリンピック」に参加し、市道として供用中のRC造橋脚1基にリペアカーテンを適用。今後は、補修オリンピックの経過観察期間となる5年間の効果検証を行いつつ、中性化や塩害対策を必要とする他の構造物への適用を進めていく。(2021/8/17)

賠償責任保険と車両保険を切り離して提供 リース車向けの「リペア保険」
三井住友オートサービス(SMAS)のグループ会社SMAサポートとスマートドライブは8月2日、リース車両向けに修理費を補償する「リース車両修理専用保険(リペア保険)」の提供を開始した。(2021/8/5)

五輪を席巻する日本のカメラ 五輪プレスセンター日記
キヤノン、ニコン、ソニーなどが、世界から集まったカメラマンをサポートしようと、東京五輪のメインプレスセンターにサービス拠点を構えている。各企業はカメラマンが五輪の取材で使うカメラやレンズの点検や修理、機材の貸し出しなどを行っている。(2021/8/3)

小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
いつも使うものだからこそ、ありがたい対応。(2021/7/30)

ドコモの「スマホ診断 onlineアプリ」が機能拡充 修理金額の目安や推奨手続きの案内が可能に
NTTドコモの故障診断アプリ「スマホ診断 online」に機能が追加される。アプリにおいて「dアカウント」でログインすると、修理代金の目安を調べられる他、ケータイ補償サービスを含む推奨される手続きを提案してもらえるようになった。(2021/7/29)

FTC、「修理する権利」制限に対する法的処置強化の政策声明
米連邦取引委員会(FTC)は、企業による「修理する権利」制限に対する法的処置強化の政策声明を発表した。「企業は多様な手段で修理を制限しているが、こうした制限は消費者のコストを上げ、修理業者の機会を削いでいる」とリナ・カーン委員長。(2021/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。