• 関連の記事

「整備」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「整備」に関する情報が集まったページです。

IoTセキュリティ:
景気減速でソフト開発の脆弱性対応が後手に? SBOM整備の取り組みも足踏みか
日本シノプシスは、商用ソフトウェアにおけるOSS(オープンソースソフトウェア)の利用状況を調査した「2024 オープンソース・セキュリティ&リスク分析(OSSRA)レポート」の結果について説明した。(2024/4/19)

「広島県庁前」に商業施設や広場、2025年春に開業
NTT都市開発などは、広島県庁舎前の駐車場跡地に整備する商業施設などの計画を発表した(2024/4/15)

新幹線車内整備「18分」 時間との戦い 乗客の快適な旅を支える「ブルーのユニホーム」
新大阪駅の20番ホームに滑り込んできた鹿児島中央発の「さくら」。折り返しで再び、九州へ向かうまでの時間は24分間。このわずかな時間内で座席やトイレ、ごみ箱などを整備するのがJR東海のグループ会社「関西新幹線サービック」のスタッフだ。(2024/4/9)

セキュリティニュースアラート:
セキュリティが成熟した日本企業はわずか 悲しい実態がシスコの調査で判明
シスコは企業のセキュリティ成熟度を明らかにした調査結果を公開した。調査によると、セキュリティリスクに柔軟に対応できる体制を整備している日本の組織はわずかだった。(2024/4/8)

ITmedia Security Week 2024冬 イベントレポート:
“もぐらたたき”ではセキュリティに先はない 組織に合ったリスクマネジメントを構築するには
ランサムウェアをはじめとしたサイバー攻撃に備えるには情報セキュリティマネジメントの整備が必要不可欠だ。ではこれを実践するにはどうすればいいか。専門家が導入のステップを語った。(2024/4/8)

産業動向:
国整備の公共建築物は原則木造化、国交省が木造化基準を改定
国土交通省は、公共建築物の木造化促進に向け、「木造計画・設計基準及び同資料」を改定した。中層以上の建築物の木造化にも対応した合理的な設計手法などを追加したほか、計画段階での考慮事項を規定した。(2024/4/5)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「ChatGPT」で無意識に法律違反? “危ない使い方”とは
「ChatGPT」の活用が急速に拡大している。ChatGPTは便利なツールである一方で、利用環境を整備し、特徴を理解して活用しないとコンプライアンス違反を招くこともある。法に反しかねない危険な使い方とは。(2024/4/1)

プロジェクト:
「軽井沢」駅直結、三菱地所の商業施設計6棟が着工 太陽工業の施工で2026年春開業
三菱地所は、軽井沢駅北口にて駅直結の商業施設建設に着工したと発表した。宿泊施設や温浴施設、飲食、物販店舗などを整備する計画で、2026年春の開業を予定している。(2024/3/19)

電子ブックレット(製造マネジメント):
日本版データ共有圏「ウラノス・エコシステム」とは何か
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「GAIA-X」や「Catena-X」など世界で進むデータ共有基盤の整備に対応する形で構想されている「ウラノス・エコシステム」を解説するインタビュー記事「日本版データ共有圏『ウラノス・エコシステム』とは?」をお送りします。(2024/3/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(175):
イチから全部作ってみよう(6)要求仕様フェーズにおける開発の標準化やスパイラルモデルの有効性
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第6回は、開発方法の整備やスパイラルモデルなど、前回に続きさまざまな問題がある要求仕様フェーズの対処法について解説します。(2024/3/18)

スマートメンテナンス:
日立など4社が地下埋設物の調査データ活用で、市場拡大に向け覚書締結 BIM/CIM連携も視野に
日立は、NTTインフラネット、アイレック技建、応用地質と、地中レーダーなどで得られる地下埋設物の調査データ活用を道路管理者などに広げるべく、覚書を締結した。4社は地中レーダー探査やAI解析など、地下埋設インフラ整備のデータを活用し、業務効率化の整理やユースケースの創出、各社既存サービスの高度化を行っていく。(2024/3/14)

Security Copilotで業務はどう変わる? Microsoftが考えるAI時代のセキュリティ
Microsoftは生成AIソリューションSecurity Copilotをセキュリティ業務にどう活用するか、そのユースケースを発表した。この中では同社が実践している、安全なAI利用に向けたフレームワークの整備などについても語られた。(2024/3/8)

小型ロケット「カイロス」、国内ベンチャー初の人工衛星打ち上げへ 目指す手軽な「宇宙宅配便」
和歌山県串本町に整備された日本初の民間ロケット発射場「スペースポート紀伊」から9日、小型固体燃料ロケット「カイロス」初号機が打ち上げられる。宇宙事業会社「スペースワン」(東京都港区)が運営し、国内ベンチャーによる人工衛星打ち上げは初の挑戦。将来的には年間20回の打ち上げを実現して宇宙輸送の一翼を担うことが期待され、地元も熱い視線を送っている。(2024/3/7)

注目を集める「データ仮想化」、実践のポイントとは:
PR:DXのためのデータ整備にはこう取り組むべき、セミナーで議論
DXではデータの活用がカギとなる。そして、データ活用の成否を左右するのがデータの整備、つまりデータマネジメントだ。本稿では、企業がデータマネジメントにどう取り組むべきかをテーマに開催されたオンラインセミナーの内容をレポートする。(2024/3/6)

エネルギー管理:
系統強化に向けた「海底直流送電線」、北海道-本州と九州-中国エリアで整備の方向に
再エネ大量導入への対応と電力系統のレジリエンス強化を目的に、地域間連系線の増強に向けた検討が進んでいる。なかでも注目したいのが北海道〜本州間と九州〜中国間の増強だ。このほど政府の委員会において、両エリアにおける海底直流送電線の導入に向けた検討が行われた。(2024/3/6)

スマホにマイナカード搭載へ、本人確認もOKに マイナンバー法改正案を閣議決定
政府は3月5日、デジタル社会形成基本法等の一部改正案を閣議決定した。ITを活用した行政手続きの利便性向上や行政運営の効率化を図るため、基本となる標準データ(ベース・レジストリ)を整備する他、マイナンバーカードのスマートフォン搭載などを推進する。(2024/3/5)

「iPhone 13 Pro」の整備済製品が4%オフの9万2933円、「iPhone 14 Pro Max」もお得に【Amazon新生活セール】
Amazon.co.jpが3月5日23時59分まで実施している「Amazon新生活セール」。「iPhone 14 Pro Max」「iPhone 12 mini」などがセール対象になっている。記事内は全て税込み。(2024/3/1)

導入事例:
横河ブリッジ、橋梁建設にCO2排出量ゼロの“グリーンスチール”を国内初使用
横河ブリッジは、国土交通省九州地方整備局発注の橋梁建設工事に、マスバランス方式でCO2排出量を100%削減した「グリーンスチール」を使用する。横河ブリッジによれば、国内橋梁業界でのグリーンスチールの採用は初めてだという。(2024/2/28)

セキュリティー・クリアランス制度導入に防衛関連企業などは歓迎 共同開発の機会拡大
国が保有する経済安保情報の取り扱いを有資格者に限定する「セキュリティー・クリアランス」(SC)制度の創設を盛り込んだ新法案「重要経済安保情報保護・活用法案」が2月27日に閣議決定された。SCの重要性を認識する防衛関連事業を展開する企業を中心に、法整備を歓迎する声は多い。(2024/2/27)

優秀な女性が「管理職になりたがらない」 上司が着手すべき4ステップ
近年、管理職を取り巻く環境はより厳しさを増しています。期待しているメンバーが管理職になるまでの道を上司はどのように整備し、サポートしていけばよいでしょうか。4つのステップに分けて解説します。(2024/2/27)

飛行機の窓から外を見た瞬間……! 整備士の沖縄ならではの“神対応”に「また来たくなる」「見てて楽しい」
こんなのほっこりしちゃう。(2024/2/14)

投資家ウケする人的資本開示 :
「投資家が求める開示」は変化 “期待の集まる人的資本開示”2つのポイント
人的資本開示に注目が集まっている。ガイドラインが整備されつつあるが「とりあえず、型通りに開示しておこう」という姿勢では投資家からの期待は得られない。2つのポイントを押さえる必要がある。(2024/2/13)

Microchip Technology 社長兼CEO Ganesh Moorthy氏:
PR:「6つのメガトレンド」に照準 2023年の難局を切り抜け、長期成長の基盤を固めたMicrochip
5GやIoT、データセンター、eモビリティなど「6つのメガトレンド」にフォーカスして事業展開を進めるMicrochip Technology。2023年は世界的に半導体需要が減速する中にあっても、長期的成長に向けた戦略を推進し、難局を突破した。引き続き需要の先行きが見えない2024年だが、マクロ経済環境が好転した際に機を逃さない万全の態勢を整備し、主要メガトレンド分野における顧客の課題を解決するトータルシステムソリューションを強化しているという。今回、同社の社長兼CEO(最高経営責任者)を務めるGanesh Moorthy氏に2024年の事業戦略を聞いた。(2024/2/8)

ミニチュアの枯山水を整備していたはずが……? 一瞬で“本物”になる不思議なループ映像が“3億再生”の人気
錯視のような体験がクセになる。(2024/2/11)

安全衛生:
国交省、建設現場の事故データ1600件を一般公開 安全性向上に寄与
国土交通省は、2019〜2022年度に地方整備局/都道府県/政令市で発生した約1600件の建設現場での事故データを、Webサイトで一般公開した。事故の経緯や背景、発生後の対策などを広く周知することで、事故防止に役立ててもらう。(2024/2/9)

地域発展を持続可能にする官民連携の具体像:
生成AIと共に考える 「今、最も対処すべき社会課題は何?」
人口減少や高齢化、人材育成にインフラ整備……解決すべき社会課題は山積している。「これまでと同じやり方では限界がある」と危機感を持つ自治体も多いという。こうした課題にデジタル技術や生成AIはどう役立つのか。有識者に話を聞いた。(2024/2/9)

物流のスマート化:
ドローンで自動車整備工場に部品を配送 日本特殊陶業が実証実験
日本特殊陶業は、フタバ、TOMPLAと共同で、ドローンで自動車整備工場へ部品を配送する実証実験を実施した。部品商から複数の整備工場へ配送する想定で、正常系/異常系シナリオの双方で検証を行い各種データを取得した。(2024/2/5)

「iPhone 14 Plus」「iPad(第7世代)」の整備済製品が12%、35%オフ【Amazonタイムセール祭り】
「Amazonタイムセール祭り」で、Appleの整備済製品がセール対象となっている。「iPhone 14 Plus」と「iPad(第7世代)」がお買い得。(2024/2/3)

プロジェクト:
三菱地所が「渋谷」駅直結の延べ8.7万m2再開発に着工、戸田建設らの施工で2027年完成
三菱地所は、京王井の頭線「渋谷」駅に直結する道玄坂二丁目の再開発に2027年2月末の完成を目指し、着工した。地域の活性化や都市機能の向上、防災機能の強化、道玄坂一丁目と二丁目のネットワークの強化、広場や緑道の整備を行う。(2024/2/1)

もはや“ジャングル同然”の庭を徹底的に整備したら……? 「信じられないほどの変身」が150万再生の反響
マスコットのワンちゃんも必見です!(2024/1/25)

CIO Dive:
マクドナルド、数千店舗にGoogle Cloudを導入 オペレーションを大幅改善へ
米McDonald’sが「Google Distributed Cloud」を活用し、世界中にある店舗でデータ分析基盤を整備。クルーの業務負担軽減やサービスの質向上などの実現に向けて活用する。(2024/1/25)

ゲオグループのワールドモバイル、スマホデータ消去などの設備を都内に増床移転
ゲオグループでスマートフォンの対法人仕入れや販売を手掛けるワールドモバイルは、買い取ったスマホのデータ消去や整備などを行う専門施設を都内に増床移転する。同社が1月24日、発表した。ゲオグループとしては市場シェア拡大を、ワールドモバイルとしては事業拡大を狙う。(2024/1/24)

医療サイバーセキュリティ最新動向(2):
急ピッチで整備が進む国内の医療関連サイバーセキュリティ規制
医療分野におけるサイバーセキュリティの最新動向を紹介するとともに、今後の医療機器開発の進め方などについて説明する本連載。第2回は、国内における医療関連分野を中心としたサイバーセキュリティの規制動向を取り上げる。(2024/1/17)

デジタルツイン:
インフラ構造物の“全自動3Dモデル化技術“確立へ、国交省補助事業に採択 維持管理を効率化目指す
DataLabs(データラボ)は、コア技術である点群データの自動モデリング技術を活用し、インフラ構造物の維持管理で全自動3Dモデル化の社会実装に乗り出した。2027年度までに3Dモデルの標準化を整備するとともに、3D化システムの外販も視野に入れる。(2024/1/17)

17年間放置のスーパーカーを徹底整備したら……? 蘇った「フェラーリ」名車に思わず感動「すばらしい仕事」
外装がピカピカだ……!(2024/1/21)

導入事例:
九州地整がバクテリアによる「自己治癒コンクリート」を採用 154tのCO2削減
九州地方整備局 宮崎河川国道事務所が、ヤマウの自己治癒コンクリート「Basilisk」を用いたプレキャストコンクリート製品「FAボックス」を初施工した。ひび割れの自動修復によりインフラ更新を先延ばしすることで、2現場合計で154.38トンのCO2排出量を削減する。(2024/1/9)

iPhone 12やiPad/iPad Proの整備済製品が5%〜13%オフに:Amazon初売り
Amazon初売りにて、iPhone 12やiPad、iPad Proの整備済製品がセール価格で販売されている。「iPhone 12(64GB)」や「iPad(第10世代)」が対象。最大で13%オフとなっている。(2024/1/5)

材料技術:
リンテックが次世代半導体の微細回路形成で必要な防塵材料の要素技術を開発
リンテックは、次世代半導体の微細回路形成に不可欠な防塵材料であるEUV露光機用ペリクルの要素技術を開発した。今後は、特に半導体関連分野での用途展開に焦点を当て、2025年度までに新たに約50億円を投資して、第1次量産体制の整備を進める。(2024/1/5)

「Pixel 6(128GB)」の整備済製品が8%オフに:Amazon初売り
Amazonの初売りにて、Googleのスマートフォン「Pixel 6(128GB)」の整備済製品がセール価格となっている。128GBのKinda CoralとStormy Blackが対象。「Pixel 7」と「Pixel 7a」の整備済製品も割引価格となっている。(2024/1/4)

成層圏通信HAPS向けに周波数帯を追加 スマートフォンでの直接通信も可能に
ソフトバンクが参加した「2023年世界無線通信会議(WRC-23)」で、700〜900MHz帯、1.7/2.5GHz帯の追加が正式に決定。これにより各国/地域でHAPSの導入がより柔軟になり、制度の整備が進むことが期待できるという。(2023/12/28)

ソニーマーケティング株式会社提供ホワイトペーパー :
PR:ハイブリッドワークに必要なオフィス環境とは? 3つのアイデアと整備ポイント
「ハイブリッドワーク」が普及している昨今、オフィス環境をどのように整備していくかが課題となっている。ハイブリッドワーク推進に必要なオフィス空間について、3つのアイデアとその整備のポイントを解説する。(2023/12/27)

脱炭素:
求められる供給網全体の可視化、CO2排出量見える化の国内ルール整備の現状
ライブ配信セミナー「カーボンニュートラルテクノロジーフェア 2023冬 製造業の技術と持続可能な未来を考える」で実施した、Green x Digitalコンソーシアム 見える化WG主査 稲垣孝一氏による基調講演を紹介する。(2024/1/5)

整備士の作業を手伝う子猫にビックリ! しっかり働く姿に「なんてタフな子」「前世は整備士だったのかも」【インドネシア】
真剣な目がかわいい。(2023/12/26)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
気になるテスラの「電気代」「整備費」 丸2年乗ったモデル3オーナーの、ランニングコストの総額は?
TeslaのModel 3に乗り始めてから2023年9月の時点で2年が経過しました。今回は消費電力や整備費用など、家計簿的な目線でこの2年を総括します。(2023/12/24)

サプライチェーン改革:
燃料アンモニア輸送を目的とした定期用船契約を締結
日本郵船と三井物産は、大規模燃料転換の実証試験に用いる、燃料アンモニア輸送の定期用船契約を締結した。同契約を契機に、アンモニア市場拡大に備えた海上輸送の体制整備を進める。(2023/12/20)

「Pixel 5a」「Pixel 6 Pro」の整備済製品がセールに:Amazonホリデーセール
「Amazonホリデーセール」にて、Googleのスマートフォン「Pixel」シリーズの整備済製品がセール対象になっている。対象は「Pixel 5a」と「Pixel 6 Pro」。5〜10%オフになっている。(2023/12/17)

iPhone 14 PlusやiPad、iPad Proの整備済製品がセール価格に:Amazonホリデーセール
Amazonホリデーセールにて、Appleの整備済製品がセール価格で販売されている。「iPhone 14 Plus」の256GBは12万6100円から8%オフの11万5181円。iPad(第8世代)Wi-Fi+Cellularモデルの32GBは4万1995円から14%オフの3万6000円。(2023/12/17)

プロジェクト:
HARUMI FLAG、板状マンション2690戸が完成 2024年に入居開始
東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の跡地で整備が進む大型複合開発「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」で、中層の分譲マンション(板状棟、2690戸)が2023年11月に竣工し、報道陣に公開した。2024年1月から入居が始まる。(2023/12/12)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「社内システムへのリモートアクセス環境整備」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/12/11)

ハイテク分野の「主役」に:
PR:欧州の半導体産業とeモビリティ発展を支える、ポーランドの重要な役割
交通の電動化が加速する中、欧州半導体法などの追い風も受け、ポーランドにおける半導体およびeモビリティ産業の発展が勢いづいている。本稿では、eモビリティ分野における包括的バリューチェーンの存在や半導体分野での潜在力、高度人材が集まる整備された環境、そして外資企業の進出を支援する施策など、ハイテク分野の「主役」となる可能性を秘めた同国の取り組みと魅力を紹介する。(2023/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。