• 関連の記事

「整備」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「整備」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「空飛ぶクルマ」のテトラ・アビエーション、米で販売体制増強 整備拠点を新設、要員倍増へ
1人乗りの電動航空機を開発するテトラ・アビエーションの中井佑社長は27日、都内で記者会見し、来年春の機体の初納品に合わせて、販売市場と想定する米国に整備拠点を来年3月までに新設すると明らかにした。(2022/6/28)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県草加市で延べ15.1万m2の物流施設が竣工し満床で稼働、プロロジス
プロロジスは、埼玉県企業局が整備する埼玉県草加市の草加柿木フーズサイトで、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク草加」の竣工式を2022年4月27日に開催した。今回の施設は、日本通運、スズケン、ヤオコーと賃貸契約を締結済みで、満床での稼働開始となる。(2022/6/28)

「フルハウス」ステファニー役俳優、中絶禁止反対デモで警察に突き飛ばされる動画拡散 「家父長制なんてくそくらえ」
拡声器を持って参加者を整備していたところだったとのこと。(2022/6/27)

横浜高島屋で販売:
航空機のシーベルトがキーホルダーに JAL整備士が商品化
横浜高島屋は、航空機に使用されていた部品を再利用して販売するポップアップショップ「空を飛んだ そのあと」を、6月15〜28日に開催する。シートベルトやエンジン部品などの廃材を活用。キーホルダーやコインパースなど7種類を販売する。(2022/6/24)

面倒な認証と運用管理の負担も軽減
「生体認証」「シングルサインオン」がテレワークをセキュアかつ快適にする理由
働き方の多様化が進む中、企業には社外ネットワークから社内やクラウドにある業務システムを安全に利用できる仕組みの整備が求められている。システムの安全性、利便性を保つにはどうすればよいのか。(2022/6/23)

中国、IT統制強化へ独禁法改正審議を加速
全人代の常務委員会が北京で会議を始め、独占禁止法の改正案などの審議を始めた。同法改正案には、中国IT大手への統制強化を意識した文言が明記されている。習近平国家主席が改正作業の加速を指示しており、法整備を急ぐ考えとみられる。(2022/6/22)

Japan Drone 2022:
トヨタ自動車がドローンポートを開発、ラストワンマイル物流の情報管理を視野に
トヨタ自動車は、「Japan Drone 2022」のブルーイノベーションの展示ブースにおいて、開発中のドローンポートを披露した。国内でのドローンの目視外飛行に関する法整備が完了する2023年以降をめどに、物流関連の実証実験などで運用を開始したい考えだ。(2022/6/22)

クルマやバイクの整備道具を再現 キヤノン、工具ペーパークラフトの新作ミニチュアセットを無料公開
小さくても本格的なペーパークラフト。(2022/6/16)

ITmedia DX Summit Vol.11:
「ニアリアルタイム」データを全従業員で回すためにデータ基盤エンジニアは何をすべきか
11年連続2桁成長を維持する間接材通販大手のモノタロウ。事業成長を継続できる秘密は、繰り返し改善と改良続けてきたデータ基盤の強さと、それを使いこなす体制整備の優秀さにあったようだ。同社のデータ基盤が今まで何をしてきたかを「中の人」に解説してもらった。(2022/6/16)

アンナミラーズの日本最後の店舗、高輪店が8月31日で閉店
国土交通省から品川駅西口基盤整備事業に伴う移転要請があったとしています。(2022/6/14)

道のり険しいオンライン国会 緊急事態の定義など課題多く
国会のオンライン審議は、今国会で実現に向けた議論が始まったものの、導入時期の見通しは立っていない。法律や設備の整備など越えなければならない課題が山積しているためだ。(2022/6/13)

エネルギー管理:
再エネを北海道から東京へ送る「長距離直流送電」、実現への課題と今後の展望
日本国内における将来的な洋上風力の導入拡大を見越し、発電した電力を遠方の需要地に送電できる「海底直流送電」の実現に向けた検討が進んでいる。2021年3月からスタートした「長距離海底直流送電の整備に向けた検討会」で議論された、これまでの論点と今後の展望をまとめた。(2022/6/13)

迷いやすい登山道、登山アプリのデータ解析で明らかに 登山道整備に一役
登山地図アプリ「YAMAP」を運営するヤマップは7日、21年に発表した「道迷いしやすい登山道」の一部に標識が設置され、迷う人がいなくなったと発表した。(2022/6/7)

テレワークの次はオフィスの整備
Teams/Zoomを使うと見えてくる、オフィスの弱点と課題
コロナ禍でテレワーク環境の整備が課題になったが、ハイブリッドな働き方に移行すると企業は新たな問題に直面する。「Microsoft Teams」や「Zoom」の利用にオフィス環境は耐えられるだろうか。(2022/6/7)

【バイク駐車問題】地域の実情を踏まえた駐車環境整備に向けて、警察庁から通達が再発出
昔から叫ばれるバイクやスクーターの「駐車場少なすぎ」問題。二輪業界が目指す規制緩和は、駐車禁止区間の「二輪を除く」ですが……増えてくるのでしょうか?(2022/6/4)

官民協働で新しい奈良に:
星野リゾート、旧奈良監獄をホテルに エリア一体整備で24年開業予定
奈良市は5月31日、星野リゾート、合人社計画研究所、法務省と協働で、鴻ノ池運動公園及び旧奈良監獄連携プロジェクトを本格始動すると発表した。(2022/6/3)

重要なのは場を用意することではなく、選択できるようにすること:
PR:ハイブリッドワークが生産性向上の起爆剤に――実現に向けて働く環境をアップデートするポイントとは
オフィスに出社したり、在宅で業務を推進したりする「ハイブリッドワーク」の一般化が進む一方、テレワーク環境の整備がゴールになっているケースもある。コロナ禍以前からテレワークを実践してきたMicrosoftは、そうした状況に警鐘を鳴らす。では、ハイブリッドワークを見据えて働く環境をアップデートしていく上でのポイントはどこにあるのだろうか。(2022/6/2)

現役整備士の作業着:
ANA、整備士の“古着バッグ”が即日完売 再販は?
ANAホールディングスとルートートは、ANA整備士の作業着を再利用したバッグを開発。5月30日の発売初日に完売していたが、6月6日午後3時に再販する。(2022/6/2)

都市OS構想からプライバシーテックまで:
リサーチャーが見たデータ活用大国・中国の「データガバナンス」の現在地
都市OSの実験や巨大プラットフォーマーによるエコシステム構想、国民ID基盤の整備など、データを駆使した事業や公共サービスを次々に打ち出してきた中国。物量を強みとしたデータ活用が目立っていたが、この数年でその方向性を「質」に変えつつあるという。隣国のデータ活用におけるテックトレンドをリサーチャーに聞いた。(2022/6/2)

スポーツDXと3つのIT 上林功・追手門学院大准教授
スポーツにおけるDXは、新たなビジネス創出やコンテンツの充実に不可欠だ。4月にはスポーツエコシステム推進協議会が設立され「スポーツDXファクトブック」が公開された。新しいスポーツの興行や環境整備について触れられている。(2022/5/30)

医療情報、デジタル化で共有 プラットフォーム創設 骨太方針に明記
医療機関や自治体が電子カルテやレセプト(診療報酬明細書)、予防接種などの情報を共有し、患者が最適な治療を受ける環境を整備したり、感染症の流行状況などを的確に把握したりする狙いがある。(2022/5/27)

医療情報、デジタル化で共有 プラットフォーム創設 骨太方針に明記
政府の「骨太の方針」に、医療現場でのDXを加速する基盤の創設を盛り込むことが分かった。医療機関や自治体が電子カルテやレセプト、予防接種などの情報を共有し、患者が最適な治療を受ける環境の整備、感染症の流行状況の把握などを目指す。(2022/5/27)

政府“骨太の方針”にWeb3.0環境整備を明記へ
政府が6月に策定する経済財政運営の指針「骨太の方針」で、Web3.0の推進に向け環境を整備する方針を盛り込むことが分かった。各国で取り組みが進む中、日本の出遅れを防ぎ競争力を高める。(2022/5/27)

データセンターの省エネ対策【後編】
サーバを“狙い撃ち”で冷やす「局所冷却」「液浸冷却」とは? 冷却の新常識
データセンターの電力消費を抑制する上で欠かせないのがサーバ冷却の効率化だ。空気の通り道を整備すること、HPCなど高電力のサーバを集中的に冷却することなど、さまざまな手法がある。主要な手法を整理しよう。(2022/5/27)

「楽天モバイル債」募集 個人から1500億円調達へ
楽天グループが個人向け社債「楽天モバイル債」発行へ。基地局整備などで巨額の赤字を計上し、財務が悪化する中、個人投資家から資金を調達する。(2022/5/20)

株式会社野村総合研究所提供Webキャスト:
迅速&的確に対応するサービスデスクへ、システム運用を改善するプロセス整備術
システム運用部隊はインフラ担当やアプリケーション開発者、監査、外部ベンダー担当者、さらにはさまざまな部署のユーザーなど、多様な関係者から日々多くの問い合わせ・要望・依頼を受けている。その対応における課題と解決策を見ていく。(2022/5/20)

整備方針まとまる:
札幌駅直結の大規模再開発 世界へつながる“さっぽろ”の新たな顔の実現へ
JR北海道、札幌駅総合開発、ジェイ・アール北海道バス、JR北海道ホテルズは5月18日、札幌市と共同で推進している「(仮称)北5西1・西2地区市街地再開発事業」の整備方針を発表した。(2022/5/19)

歩行者エリアを強化:
浜松町駅エリアはどう変わる? JR東日本など5社が再開発計画を発表
世界貿易センタービルディング、野村不動産、JR東日本など5社は、浜松町駅エリアの整備計画を発表した。(2022/5/19)

新幹線・駅…… 苦境の鉄道がリモートワークで反転攻勢
コロナ禍で苦境の続くJRや私鉄の鉄道各社が新たな需要を掘り起こそうと、鉄道利用者らのリモートワークを支援するサービスを広げている。駅構内のシェアオフィスの利用は堅調といい、リモートワーク環境を整備した新幹線も運行中だ。(2022/5/17)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【5月最新版】 最新スマホもお得に入手
職場や学校で新年度を迎えてバタバタした月も終わり、身の回りの整備を始めることも多い5月。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/5/15)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DXが進まない原因はデータマネジメントの不備? 収集から活用まで改善するには
変化の激しいビジネス環境で生き残るには、データマネジメントに基づくDXの推進が欠かせない。しかし実際は、データが部署内でしか利用されておらず、データ保護の体制も整備できていない企業が多い。これらを解決する方法とは?(2022/5/13)

横浜のガンダム像がメンテナンスへ→整備中の光景もリアルと話題 「貴重な姿」「ジオラマ感すごい」
マグネットコーティング中だったりしたらいいのにな……。(2022/5/10)

プロジェクト:
都初の“Park-PFI”で「代々木公園」の解体工事に着手、2024年春に3階建て公園施設が開業
東京都として初めて実施する「都市公園法に基づく公募設置管理制度(Park-PFI)事業」で、東急不動産ら4社が事業者に認定された代々木公園の整備事業が始動した。(2022/5/10)

テーマは「都市と公園を繋ぐ」:
代々木公園がリニューアル スケートボードが利用可能なスペースを設備
代々木公園が「公募設置管理制度(Park-PFI)」を活用し、リニューアルする。カルチャー表現の場として、公園内にスケートボードが利用可能なスペースを整備。環境配慮型の公園整備・運用を実施し、2024年春の供用開始を目指す。(2022/5/9)

プロジェクト:
「東京」駅の八重洲口前で延べ2.1万m2のバスターミナルを開発、UR
都市再生機構と京王電鉄バスは、東京都千代田区に位置する「東京」駅の八重洲口前で段階的に整備を進めている「(仮称)八重洲バスターミナル」の名称を「バスターミナル東京八重洲」に決定したことを公表した。(2022/5/10)

ZEB:
「ZEB Ready」を取得した「東京都市大学世田谷キャンパス新7号館」が竣工、東急建設
東急建設は、東京都世田谷の東京都市大学世田谷キャンパスで、「東京都市大学キャンパス再整備事業」により施工を進めていた「新7号館」が竣工し、BELSの最高評価である「5スター」を獲得し、大規模大学では数少ない「ZEB Ready(一次エネルギー消費量50%以上削減)認証」も取得した。(2022/5/6)

EV元年 トヨタなど急速充電器急ぐ 市場拡大後押し、全国でインフラ拡充
今年は国内自動車メーカーが相次いで新型EVの投入を予定し、国内市場でも本格的にEVが普及し始める「EV元年」ともいわれているが、充電インフラの整備が課題となっている。(2022/5/3)

プロジェクト:
広島市中心部の顔となる市民公園「NEW HIROSHIMA GATEPARK」が着工、大成建設ら
旧広島市民球場跡地整備等事業認定計画提出者は、旧広島市民球場跡地整備等事業の一環として、広島県広島市中区基町5 番地(中央公園の一部)で、商業施設とオープンスペースの工事に着手したことを2022年4月11日に発表した。なお、供用開始は、2023年3月末を予定している。(2022/5/2)

エネルギー管理:
脱炭素のカギとなる「水素・アンモニア」、需要と投資の拡大に向けた方策とは?
新たなエネルギーとして期待されている水素・アンモニア。社会実装に向けては需要の拡大と初期投資の整備が欠かせないが、今度政府ではどのような政策を進めるのか? 2022年4月に開催された「水素政策小員会・アンモニア等脱炭素燃料政策小員会 第2回合同会議」の内容を紹介する。(2022/4/27)

厚労省でも検討開始:
タブー視されがちな「解雇無効時の金銭解決ルール」 働き手にとってもメリットがありそうなワケ
これまで立場の弱いとされる働き手を保護する観点から、なかなか整備が進まなかった「解雇の金銭解決」。ここに来て厚労省で整備の動きが出てきている。タブー視されがちな制度がなぜ、今?(2022/4/27)

国内での「Wi-Fi 6E」実現に向けて大きな前進 総務省の審議会が「6GHz帯無線LANの導入のための技術的条件」を答申
スマートフォン、タブレットやスマートフォンで対応機種が増えている「Wi-Fi 6E」だが、日本では法制度が整備されていない影響で利用できない。そんな中、総務省の情報通信審議会がWi-Fi 6Eに関する技術的要件を総務大臣に答申した。今後、国内でのWi-Fi 6E利用を“合法”とするための手続きが進むことになる。【更新】(2022/4/21)

Transport Dive:
AR/VRを研修に導入した「不人気業界」 人材採用で起きた変化とは
アメリカのトラック業界で整備技術者育成のためのAR/VRの活用が進んでいる。インタラクティブで実施的に学べるテクノロジーの導入で「汚い」(dirty)、「油っぽい」(greasy)イメージを覆すのが狙いだ。(2022/4/21)

求められる対応は:
内部通報体制の整備が義務に 22年6月施行の改正公益通報者保護法で、何が変わる?
2022年6月施行の改正公益通報者保護法により、従業員300人超の事業者に適切な内部通報体制の整備が義務付けられます。改正のポイントと企業に求められる対応を解説します。(2022/4/19)

1000人以上の集客イベントを年間90日以上:
「旧広島市民球場」跡地に新たなイベント広場 NTT都市開発らが整備
NTT都市開発や大成建設、広島電鉄などによる法人グループが、旧広島市民球場跡地に市民公園を整備すると発表した。(2022/4/18)

線路への転落を自動検知、JR西が新システム開発
JR西日本は、駅ホームから転落した人を赤外線センサーで自動検知し、電車を止めるシステムを開発したと発表した。検知から5秒程度で運転士に異常が伝わるといい、2022年度中に複数の駅で整備する。自動検知で異常を知らせるシステムは国内初という。(2022/4/14)

産業動向:
実質再生可能エネルギーを住宅で廉価に採用できる高圧一括受電サービス
三井不動産レジデンシャルと、東京電力エナジーパートナー、ファミリーネット・ジャパンの3社は協定を締結し、住宅業界初となるデマンドレスポンス型料金メニューと実質再生可能エネルギーによる高圧一括受電の標準採用を開始する。マンション入居者が楽しく前向きに、省エネルギーに取り組めるよう仕組みを整備する。(2022/4/14)

導入事例:
大断面や自由な断面形状の地下空間を構築する技術をトンネル工事に適用、戸田建設
戸田建設は、鉄道建設・運輸施設整備支援機構と神奈川東部方面線の都市トンネル技術委員会による協力・指導を受けて、推進工法により地中掘削を行い、先行して外殻構造部材(鋼製エレメント)を形成する地下水対応型の非開削トンネル構築技術「さくさくJAWS工法」を開発し、高水圧下における大断面トンネル構築工事に適用した。(2022/4/12)

外部パートナーとの協働を成功に導く4つのステップ【後編】
中国では「Zoom」じゃなく「Zhumu」を使う? 取引先の所在地事情に合わせた「配慮」のこつ
取引先とスムーズに共同作業をするためには、相手の状況に合わせた環境整備が不可欠だ。パートナー企業の拠点が海外ならば、使えるツールや業務時間帯が異なることもある。環境整備のポイントを紹介する。(2022/4/12)

広島市中央公園に新施設 新サッカースタジアムと一体でにぎわい創出 NTT都市開発などが整備
NTT都市開発やエディオン、広島電鉄などで構成する法人グループは4月7日、広島市のPark-PFI事業「中央公園広場エリア等整備・管理運営事業」において、公募設置等計画の認定を受けたことを発表した。(2022/4/10)

産業動向:
大成建設が汎用建機装着型のダム堆砂処理装置を開発、水中の堆砂を効率的に分別吸引
大成建設は、汎用建機に付属部品として装着し、ダム湖から吸引浚渫した堆砂をパイプラインで圧送するダム堆砂処理装置「T-A Dredger」を開発した。T-A Dredgerは、汎用建機に装着することで、水深に関わらず水中の堆砂を効率的に分別吸引することが可能となる。また、国土交通省中部地方整備局が長野県伊那市で管理する美和ダム貯水池でT-A Dredgerの実証実験を行い、その性能を確認した。(2022/4/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。