• 関連の記事

「NVIDIA Tesla」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NVIDIA Tesla」に関する情報が集まったページです。

暗号資産領域では今後も不正行為が増える 米国証券取引委員会の弁護士が予測
投資対象として人気を集める暗号資産だが、詐欺をはじめとする犯罪行為も目立つ。米国では暗号資産関連の犯罪に対応する新たな動きがあるようだ。(2022/7/6)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第1回】
マスク氏が「テレワーク終了」を宣言した“本当の意図”とは
TeslaのCEOイーロン・マスク氏は従業員に「テレワーク終了」を宣言した。テレワークがはらむリスクを浮き彫りにする出来事だが、この裏には「別の意図がある」と専門家は考察する。(2022/7/5)

Teslaの「テレワーク廃止」宣言が求人に及ぼす影響は【後編】
「脱テレワーク」「出社義務化」を強行した企業が払う“最悪の代償”
TeslaのCEOイーロン・マスク氏が従業員に向けて、今後はテレワークを認めない方針を示したことが波乱を呼んでいる。専門家の見解は。(2022/7/5)

さらば森田、「テスラ モデルX」をガチレビュー 魅惑のガルウイングドアに「そう開くん!?」「これが近未来よ!」
「ぶっちゃけ何がすごいのー?」を森田目線でズバッと検証しちゃいます。(2022/7/1)

組み込み開発ニュース:
セルラーIoTモジュール世界トップシェアのQuectel、満を持して日本市場に進出
中国のQuectel Wireless Solutionsが、本格展開を始める日本国内向けの事業戦略について説明。セルラーIoTモジュールの出荷台数ベースの世界シェアで26.6%とトップに立つ同社だが日本国内での展開が遅れていた。今後は、2021年3月に開設した日本オフィスを中核に、世界全体と同等のシェアを目指して事業展開を拡大していく方針だ。(2022/6/29)

Teslaの「テレワーク廃止」宣言が求人に及ぼす影響は【前編】
マスク氏「テレワーク禁止令」衝撃の中身 週40時間出社しない社員は……
TeslaのCEOイーロン・マスク氏は従業員に対して、今後はテレワークを認めない方針を示した。自社Webサイトのキャリアページに掲載していたテレワーク求人も現在はなくなっている。決断の影響は。(2022/6/29)

シリコンバレーから見た風景:
シリコンバレーは今や自動車開発の街 どんなクルマでどんな会社なのか、まとめてみた
シリコンバレーはIT企業だけのものではない。最近では次世代の自動車産業が勃興している。(2022/6/28)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Tesla Model 3オーナーはエネルギー危機とModel Yの登場に震撼した
Tesla Model 3に乗り始めて9カ月が経過。買った時の値段から200万円が上がってしまったオーナーの気持ちは?(2022/6/21)

イーロン・マスク氏、Twitterで初のオンライン全社会議で「ユーザーを10億人に」
Twitterの買収に合意したイーロン・マスク氏が、オンライン全社ミーティングに参加した。約1時間、用意された従業員からの質問に答えた。(2022/6/17)

イーロン・マスク氏のラスべガストンネルプロジェクト、当局が承認
イーロン・マスク氏のTBCが手掛けるラスベガス地下トンネルプロジェクト「Vegas Loop」の拡張を当局が承認した。約46.7キロにわたるトンネルをTesla車で移動できるようになる。空港からコンベンションセンターまでは10ドルで5分になる見込み。(2022/6/16)

Marketing Dive:
イーロン・マスク氏のTwitter買収は広告にとって「吉」か「大凶」か
TeslaのCEOは「言論の自由」を守ることを使命とし、有害だと不評を買っているTwitterのコンテンツモデレーションポリシーを緩和すると述べている。(2022/6/15)

EVユーザーの本音は? 「航続距離より充電効率が大事」など期待の声
EVユーザーのインタビュー企画が開催された。EVの不安要素としては航続距離も挙げられたが、航続距離の延長よりは、充電効率の向上や充電器の複数化など充電インフラが便利になることを期待する声が多かった。(2022/6/9)

Teslaの人型ロボット「Optimus」、「9月30日にプロトタイプ披露」とマスクCEO
Teslaのイーロン・マスクCEOは、8月に予定していたイベント「AI Day」を9月30日に延期するとツイート。このイベントで、昨年のAI Dayで発表したヒューマノイドロボット「Optimus」のプロトタイプを披露すると予告した。(2022/6/6)

パナ、EV電池の生産能力を2028年度に3〜4倍へ
パナソニックホールディングスは、EV向けの車載電池について、2028年度までに生産能力を、北米中心に現在の3〜4倍まで拡大する方針を示した。また、新型電池「4680」について、22年5月末から大規模な試作を始めたことも明かした。(2022/6/2)

製造マネジメントニュース:
パナソニックの新型電池4680セルは「全て計画通り」、2023年度に和歌山で量産
パナソニック エナジーが2022〜2024年度の中期経営戦略を説明。テスラ向けに開発を進めている新型リチウムイオン電池セル「4680」は既に製品化のめどが立っており、2023年度中に和歌山工場で量産を始めて北米市場への供給をスタートさせる方針だ。(2022/6/2)

マスク氏支持のTwitterの取締役、株主投票で再任否になるも再任することに
Twitterの株主総会の投票で再任に必要な過半数を取れなかったSilver Lake幹部のイーゴン・ダーバン氏が再任することになった。再任の条件は、ダーバン氏が取締役を務める上場企業を5社に減らすこと。同氏はイーロン・マスク氏による買収取引の立役者だ。(2022/5/28)

Spigen Korea、Amazon「タイムセール祭り」でアクセサリーを最大50%オフ
Spigen Koreaは、63時間限定「Amazonタイムセール祭り」で各種アクセサリーを最大50%オフで販売する。iPhone/AndroidやApple Watch用アクセサリーをラインアップし、期間は5月28日9時〜5月30日23時59分。(2022/5/27)

8インチウエハーの需要がひっ迫:
2021年のファウンドリー売上高、前年比31%増に
米国の市場調査会社Gartnerによると、2021年の半導体ファウンドリーの売上高は、前年比31%増となる1002億米ドルに達し、半導体業界全体の成長をけん引したという。(2022/5/25)

防衛システムの統合を目指す:
Lockheed MartinがIntelやNVIDIAと協業へ
米国の航空宇宙大手Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)が、防衛システムへの安全な接続を実現する計画「21世紀コンセプト」の一環として、IntelとNVIDIAの他、大手技術メーカー8社との協業を発表した。(2022/5/19)

Twitter買収保留宣言のイーロン・マスク氏、「SECはユーザー数を調査すべし」
Twitter買収を保留するとツイートしたイーロン・マスク氏。「Twitterがスパムアカウントが5%以下だと言う根拠を示すまで取引を進めない」「SECはTwitterを調査すべきだ」などとツイートした。(2022/5/18)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏のTwitter買収に関する言い分、鵜呑みにしていいのか?
イーロン・マスク氏がTwitterを買収する理由として掲げる「言論の自由」が意味するものとは?(2022/5/13)

イーロン・マスク氏、EUのデジタルサービス法(DSA)に賛意
Teslaのテキサス工場を訪れた欧州委員会のティエリー・ブルトン委員がイーロン・マスクCEOと語る動画をツイートした。ブルトン氏は「DSAについて理解していただけた」と語った。Twitterを買収するマスク氏もこの法案が「私の考えと一致する」と語った。(2022/5/11)

「デロリアン」仕様だ! 有村昆のカスタムテスラにハンバーグ師匠驚がく「未来のカスタムかな」
この色はカッコいい〜。(2022/5/10)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
14個のスピーカーを組み込んだTesla Model 3は空間オーディオ、ハイレゾを楽しめる?
Tesla Model 3 ロングレンジは14個のスピーカーを搭載している。これらを駆使してどのようなサウンドを奏でることができるのか、ご紹介しよう。(2022/5/9)

Innovative Tech:
「赤信号」を「青信号」だと錯覚させる自動運転車へのサイバー攻撃 中国などの研究チームが脆弱性指摘
中国の浙江大学、香港中文大学、米シカゴ大学による研究チームは、自動運転車に搭載されるカメラをレーザー光で攻撃し、信号機の認識を錯覚させる方法を実証し、脆弱性を指摘した論文を発表した。(2022/5/9)

マスク氏、「Twitterの広告依存度を収益の50%未満に」など──NYTが入手したプレゼン資料より
Twitterを買収することで合意したイーロン・マスク氏が投資家に披露したプレゼン資料をNew York Timesが入手した。2028年までに収益を5倍にし、広告への依存度を収益の50%にするなどと予測している。(2022/5/8)

イーロン・マスク氏、Twitter買収資金71億ドル超をラリー・エリソン氏やサウジの王子などから調達
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏が、ラリー・エリソン氏などから買収資金71億4000万ドルを確保した。暗号資産取引所のBinanceも5億ドル出資する。(2022/5/6)

Teslaのイーロン・マスクCEO、84億ドル相当のTesla株式を売却 Twitter買収資金か
Twitterを約440億ドルで買収することに合意したイーロン・マスク氏が、経営するTeslaの持ち株84億ドル相当を売却した。売却後も同氏はTeslaの筆頭株主だ。(2022/4/30)

「Twitter有料化」がトレンド入り イーロン・マスク氏の買収でTwitter民がつぶやく“期待と不安”
4月25日(現地時間)に、米Tesla CEOで起業家のイーロン・マスク氏がTwitterを買収すると発表して以来、Twitterが今後どうなるのかに注目が集まっている。(2022/4/26)

イーロン・マスク氏、Twitterの株式公開買付による買収を検討 約6兆円の資金調達にめど
Twitterの株式の約9%を持つイーロン・マスク氏が、株式公開買付(Tender Offer)による買収を検討していることが明らかになった。米証券取引委員会に提出された文書で、Morgan Stanley Bankや三菱UFJなどから買収資金465億ドル(約6兆円)の融資の約束を取り付けたとしている。(2022/4/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
イーロン・マスクのTwitter買収劇、その真実に迫る
イーロン・マスク氏によるツイッター買収劇は、どのようにして始まったのか。マスク氏とツイッター社のこれまでの関係や「敵視」を向けたタイミングなど、ここ数年のツイート内容などから考察する。(2022/4/22)

Tesla決算、売上高81%増、粗利益率は過去最高 「今年は150万台生産できる」とマスクCEO
Teslaの1〜3月期決算は、売上高は81%増、純利益は約6.6倍でいずれもアナリスト予測を大きく上回った。価格引き上げや温暖化ガス排出枠販売が奏功した。(2022/4/21)

解決! OSSコンプライアンス(4):
「ライセンスどおりにしたのに違反?」「バージョンアップでライセンスが変わった!?」
OSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する連載「解決! OSSコンプライアンス」。4回目は、「ライセンスどおりにしたのに違反?」「バージョンアップでライセンスが変わった!?」という2つのエピソードと解決策を紹介する。(2022/4/21)

イーロン・マスク氏、Twitterに買収提案 約5兆円規模に 「Twitterには並外れた可能性がある」
EVを手かげる米Tesla CEOのイーロン・マスク氏は4月13日(現地時間)、米Twitterの全株式を取得すると同社に提案したことが明らかになった。(2022/4/14)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
ここがヘンだよTeslaさん 至福の加速と間抜けなカーナビ
今回はTeslaの小ネタ集。いいところもあれば、おかしなところもあります。(2022/4/12)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
イーロン・マスク氏のTwitter株取得、たった1日で得たキャピタルゲインがどれくらい大きいかというと?
今度はTwitterの筆頭株主となり、取締役にも就任。TeslaとSpaceXのCEOの周辺が引き続きにぎやかです。【追記あり】(2022/4/11)

マスクCEO、Teslaのテキサス工場落成イベントで「Cybertruckとロボットは2023年に」
Teslaはテキサス州オースティンに建設した巨大製造工場「Giga Texas」の落成イベント「Cyber Rodeo」を開催した。イーロン・マスクCEOは電動ピックアップトラック「Cybertruck」を2023年に発売すると語った。ヒューマノイドロボット「Optimus」は2023年に製造を開始するとも。(2022/4/8)

モノづくり最前線レポート:
デザイン経営が生み出す価値、産業の変化と2つの切り口
2021年12月にリアルおよびオンラインで開催された「新価値創造展2021」(リアル展2021年12月8〜10日、オンライン展同年12月1〜24日)でTakram 代表取締役でデザインエンジニアの田川欣哉氏が「企業の成長を左右する デザイン経営の視点」をテーマに講演した。(2022/4/6)

イーロン・マスク「Twitterに“編集ボタン”ほしい?」 Twitter社の筆頭株主になって早速アンケートを実施
展開が速い……!(2022/4/5)

「編集ボタンは必要?」Twitter筆頭株主、イーロン・マスク氏がアンケート
米Twitterの筆頭株主であるイーロン・マスク氏が、自身のTwitterで「編集ボダンは必要?」と問うアンケートを投稿した。(2022/4/5)

イーロン・マスク氏、Twitterの株式9.2%を買収
イーロン・マスク氏がTwitterの株式の9.2%を買収した。メディアによると、これで同氏はTwitterの筆頭株主になるという。マスク氏は3月、「Twitterは言論の自由を守っていると思うか?」などのアンケートをツイートしていた。(2022/4/4)

Teslaのロボット「Tesla Bot」ついにお披露目? 歩く姿が怖いと話題に
4月2日に投稿されたある動画が広く拡散した。「tesla botを試すことができて興奮しています」と書かれたそのツイートには、女性に向かって歩いてくる米Teslaが開発中のロボット「Tesla Bot」の姿が映し出されている。(2022/4/4)

ウクライナ副首相のデジタル戦 暗号資産で資金募る
ウクライナのフョードロフ副首相兼デジタル転換相は、SNSを武器にロシアに対抗してきた。「IT軍」を率いてサイバー攻撃を仕掛ける他、多国籍企業にロシアをボイコットするよう圧力をかけている。(2022/3/22)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
深まる災害対策とITの関係 スマホとモビリティは強い味方 いざという時のためのデータ保管術
3月16日に発生した宮城県で震度6強の地震。関東でも大きな揺れが伝わり、改めて防災意識が高まるきっかけとなった。2人の編集者が切っても来れない縁になった防災とITを振り返る。(2022/3/18)

イーロン・マスク氏、Twitter名を「イーロナ・マスク」に
Starlinkの提供などでウクライナを支援しているイーロン・マスク氏が、Twitterのアカウント名を「Elon Musk」から「Elona Musk」に変更した。ElonaはElonの女性名。その理由は?(2022/3/17)

福田昭のデバイス通信(351) imecが語るワイヤレス電力伝送技術(5):
電磁波で電力を伝送するという夢の始まり(後編)
後編では、電磁波の発見によって信号伝送(無線通信)と電力伝送が考案され、試みられていった歴史を簡単に説明する。(2022/3/16)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaはこうやって買う(後編) 保険、ローン、最初の充電
前編は新車登録に必要な書類を揃えるところまでだったが、後編では納車とその後まで解説。(2022/3/15)

小寺信良のIT大作戦:
世界にあふれ出す戦争 ITは武力にどう対抗できるのか
止まらない戦争は、ITの世界にも広がっている。われわれはどう動くべきだろうか。(2022/3/10)

Kronos給与計算SaaSのランサムウェア被害と法的影響【後編】
「ランサムウェア攻撃を受けたSaaSベンダー」に規制当局が求める責任とは
Kronosの給与計算SaaSに対するランサムウェア事件は、不利益を被ったユーザー企業の従業員からの訴訟問題だけでなく、政府機関といった規制当局からの取り締まり強化に発展する懸念がある、と専門家は指摘する。(2022/3/8)

Kronos給与計算SaaSのランサムウェア被害と法的影響【前編】
ランサムウェアで給与過少払い テスラ、ペプシコ系従業員によるSaaS訴訟の中身
Kronosの給与計算SaaSに対するランサムウェア攻撃を巡って、ユーザー企業の従業員が集団訴訟を提起している。原告は「システム停止の結果、不正確な給与計算から給与の過少支払いが生じた」と訴える。(2022/3/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。