• 関連の記事

「生活習慣病」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生活習慣病」に関する情報が集まったページです。

ちょっと昔のInnovative Tech:
ラーメン店が多い都道府県は“脳卒中の死亡率が高い”──自治医科大学による2019年の研究を紹介
自治医科大学に所属する研究者らは2019年に、日本の各地域における脳卒中死亡率とラーメン店の普及率に相関があることを示した研究報告を発表した。(2024/7/17)

「シャイニング」シェリー・デュヴァル、75歳で死去 キューブリック監督代理人、スティーブン・キングらが追悼
「アニー・ホール」「ある貴婦人の肖像」などに出演。(2024/7/12)

目指せ、温室効果ガス削減:
ニューヨークの「食革命」 学校がプラントベース給食を週2で導入、政策で変わる街
NYが温室効果ガス削減を狙って、さまざまな「食革命」を起こしている。公立学校が週2回プラントベース給食を導入するなど、目を見張る取り組みの数々を紹介する。(2024/7/12)

「衝撃なんだけど」西野未姫、夫・山本圭壱の重度SAS診断に驚がく 「1時間あたり82.2回」「最長は114秒」
もはや呼吸止まってる。(2024/7/11)

“オーロラ輝子”の河合美智子、脳出血&リハビリ回復から8年……軽快にトークも「まだ右半身にまひ」「実は言語障害もあって」
かなり回復していてスゴい。(2024/7/10)

クセ強Tシャツでアメリカへ→空港で呼び止められ……屈強なセキュリティの“予想外の反応”にほっこり 「これは声を掛けずにはいられない」
今や世界各地で愛されている。(2024/7/7)

「Apple Vision Pro」は暗所で使えない? 正しい使い方、公式サイトで説明
Appleは6月27日に「Apple Vision Proの安全な使い方」と題したページを公開した。明るい場所での使用を促す他、快適に使えるようにするための情報などをまとめている。Vision ProはAppleが2023年6月5日に発表した同社初のゴーグル型デバイス。(2024/7/4)

子宮頸がん検診に使うブラシは“凶器”? 産婦人科医が真っ向否定&「どうして痛い人がいるのか」の解説が合計930万表示
子宮頸がん検診は定期的に受けましょう。(2024/6/28)

「病による悲しみ減らしたい」と孫正義氏 SBG、がん治療プラットフォームの米Tempusと合弁会社設立
ソフトバンクグループは6月27日、AI医療事業を手掛ける米Tempus AIと提携し、日本で新会社「SB TEMPUS」を設立すると発表した。TEMPUSは、AIを活用したがん治療診断プラットフォームを提供しており、すでに米国の2000以上の病院がサービスを導入。米国のがん患者の半数にあたる770万人がTEMPUSのプラットフォームを使った診断を受けているという。(2024/6/27)

“冬彦”ブームの「ずっとあなたが好きだった」から32年、出演キャストの現在 表舞台から露出減った俳優も
冬彦ブームが社会現象を巻き起こしました。(2024/6/27)

9代目うたのおにいさん、杉田あきひろが佐藤弘道にエール 速水けんたろうは「この間会った時も元気そうだったのに」
「脊髄梗塞」で活動を一時休止することを発表した佐藤さん。(2024/6/14)

“味の素流”健康経営の要点とは? 「全員面談」で潜在リスクを発見
味の素グループでは、従業員とその家族の健康が最も重要な経営基盤の一つと考え、職場の栄養改善やセルフ・ケアの維持向上のための施策を展開している。同社の人事に狙いを聞いた。(2024/6/14)

立ち上がる“スタートアップ特化の健康保険” 保険料率8.98%、設立の背景は
4月24日に厚生労働省からの設立認可を受け、6月1日に設立されたVCスタートアップ健康保険組合。スタートアップが健保を利用しにくい現状に対して立ち上がったという。その特徴と、目指すところは。(2024/6/3)

米人気司会者、先天性疾患と闘う7歳息子が3度目の心臓手術 「これが最後であってほしい」と切実な願いに共感続々
元気な笑顔がみられてよかった。(2024/5/30)

医療技術ニュース:
日本人の腎細胞がんの7割に未知の発がん要因が存在することを発見
国立がん研究センターらが参画した国際共同研究グループが、過去最大の腎細胞がんの全ゲノム解析を実施した。日本人の腎細胞がんの7割に、他国ではほとんど見られない未知の発がん要因が存在することが分かった。(2024/5/30)

「泣ける」 大谷翔平、13歳の少年に“まさかの神対応” その裏側に感動の声 「大谷さんの笑い声デカっ」
幸せそうな少年の表情にうれしくなっちゃう。(2024/5/28)

「彼が謳う“命”の歌は」 布袋寅泰、喉頭がん公表のイエモン吉井和哉に熱い思い 2ショット公開に「あ〜カッコ良すぎる」「布袋さん熱すぎます」と反響
「どんなに苦しかっただろう、そして不安だっただろう。しかし彼は一度も絶望を口にしなかった」(2024/5/22)

日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供
日本のApple Watchで心房細動履歴を利用できるようになった。心房細動(AFib)とは、心房と心室の拍動が同期しなくなった場合に不規則な心拍リズムのになる不整脈の一種。Apple Watchの心房細動履歴機能を有効にし、心房細動の兆候を示した時間の推定値などの情報を得られる。(2024/5/22)

保険適用拡大で普及:
ロボット支援手術の第一人者に聞く 日本製「ヒノトリ」の可能性
ロボット手術の世界的第一人者、札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座の竹政伊知朗教授に、日本製の手術支援ロボットの可能性や今後の展望を聞いた。(2024/5/21)

ちょっと昔のInnovative Tech:
「小さいイヌの方が長生き?」「長生きなネコの品種は?」── 犬1300万匹/猫230万匹を調査した“寿命表”公開
フランスのRoyal Caninなどに所属する研究者らは、犬と猫の寿命に関する大規模調査を示した研究報告を発表した。(2024/5/20)

緑内障の早期発見へゲームアプリと医療行為を連動 東北大などが日本初の試み
失明率の高い緑内障の早期発見・治療を可能にするため、東北大と仙台放送、日本生命、仙台市は16日、視野をチェックできるスマートフォン用のゲームアプリ「メテオブラスター」VR版と移動眼科検診を連動させた取り組みを5月からスタートすると発表した。ゲームアプリと医療行為を一体化させるのは日本初の試みという。(2024/5/17)

iPhone/iPadでアイトラッキング操作が可能に Appleが新しいアクセシビリティー機能を2024年後半にリリース
2024年後半にリリースされるiPhone/iPadのアクセシビリティー機能には、複数の新機能が追加される。(2024/5/16)

愛猫家の藤あや子、がん判明で子宮&卵巣の手術……“家族”の姿久々目にするも“あるある”で「チックショーーーーー!!」
ご主人様の顔忘れないでー!(2024/5/7)

製造マネジメントニュース:
日立がロボットSI事業強化に向けドイツ企業を買収、JRオートメーションと連携
日立製作所は、欧州を中心にロボットSI事業を展開するドイツのMA micro automationを買収すると発表した。買収金額は7150万ユーロ(約119億円)で、2024年後半の買収完了を予定している。(2024/5/1)

日本糖尿病学会、「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起
「指先穿刺や皮下センサー留置のための皮膚穿刺をすることなく、血糖値やグルコース値を測定できる医療機器はありません」(2024/4/24)

「ありがたい」「これは助かる」誤嚥対策になる、とろみ付きの乳飲料を作業療法士がSNSに紹介し話題に
もっと広まってほしい。(2024/4/20)

embedded world 2024:
onsemiが新開発のAFEチップを公開、高精度の電気化学センシングを超低消費電力で
onsemiが、高精度の電気化学センシングを低消費電力で実現する、小型アナログフロントエンド(AFE)「CEM102」を開発し、ドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2024」(2024年4月9〜11日)で初公開した。(2024/4/17)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
なぜ、アマゾンは「薬局ビジネス」に注力するのか? 競合の“破壊者”となる生成AIの実力
競合のディスラプター(破壊者)となりうる、その略とは。(2024/4/10)

医療技術ニュース:
加齢や飽食により肥満となる脳の仕組みを発見
名古屋大学は、ラットを用いて、加齢性肥満の原因となる脳の仕組みを発見した。加齢に伴い、脳の視床下部ニューロンの一次繊毛が退縮し、一次繊毛に局在するMC4Rが減少することで加齢性肥満が生じる。(2024/4/2)

医療機器ニュース:
自社MRによるリアルタイムCGMの情報提供を開始
デクスコムジャパンは、自社のMRによる情報提供を2024年4月1日より開始する。これまで販売代理店を通じて展開していたDexcomのリアルタイムCGM「Dexcom G6」を、医療機関へ直接提供していく。(2024/3/28)

57歳のハル・ベリー、自身の性生活まで赤裸々に更年期障害を語る 医師から「最悪のヘルペス」診断され性病検査まで受けた過去
54歳のときのこと。(2024/3/27)

子宮体がん公表の俳優・西丸優子、脱毛加速し“坊主”に「ハゲが目立つので1.2ミリに!!」 「なんていさぎよい」の声
2月に公表していました。(2024/3/27)

【獣医師監修】シャム猫ってどんな猫? 飼い主なら知っておきたい性格や体重、迎え方から寿命の特徴まで徹底解説!
シャム猫の性格・体重・寿命の特徴・迎え方について獣医師が解説します。(2024/3/19)

今野杏南、第1子出産を発表「たくさんの奇跡の連続を体感」 3年前の手術も告白「リスクのある妊娠出産」だった
2023年6月に一般男性との結婚を発表。(2024/3/16)

医療技術ニュース:
胃酸分泌抑制薬の長期内服が胃がん発生リスクを高めることが明らかに
東京大学は、大規模なレセプトデータを用いた研究から、酸分泌抑制薬の1種PCABの長期内服が、ピロリ菌除菌後に発症する胃がんのリスクを高めることを明らかにした。(2024/3/12)

iPS心筋球移植 1年で心不全に顕著な効果 来年にも実用化 慶大発ベンチャー
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の筋肉(心筋)の細胞を球状に加工した「心筋球」を、重い心不全患者の心臓に移植する世界初の治験で、移植後1年間の経過観察により長期間の顕著な症状改善効果が確認されたことが3月8日、分かった。実施した慶応大発の医療ベンチャー、ハートシード(東京都新宿区)は「来年にも実用化したい」としている。(2024/3/8)

京急電鉄、複合ビル「横浜シンフォステージ」3月に完成 特徴は?
京浜急行電鉄は、3月末の完成を予定する複合ビル「横浜シンフォステージ」の詳細を発表した。(2024/3/4)

加藤茶、大病乗り越え81歳のバースデー 妻「よくぞ長生きしてくれた」→茶「昭和生まれのオイラはしぶといよ」
2021年に結婚した2人。(2024/3/2)

2023年11月の米国ランサムウェア攻撃動向【前編】
なぜ米国で2023年11月に「企業のランサムウェア被害報告」が集中したのか
米国で2023年11月に発生したランサムウェア攻撃では企業を標的とする事例が目立った。その背景には何があり、どのような被害が発生したのか。(2024/3/1)

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか
国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。(2024/2/21)

厚労省が「飲酒に関するガイドライン」を発表 1日500ミリのビール1本で発症リスクが高まる病気も
酒に含まれるアルコール量を算出した「純アルコール量」で飲酒量を把握するよう呼び掛け。(2024/2/20)

医療技術ニュース:
D-アミノ酸が概日リズムを調整し、関連疾患の発症抑制に寄与
大阪大学は、D-アミノ酸の1種となるD-アラニンが、概日リズムを調整することを発見した。概日リズムの調整を通して、D-アラニンが体内の恒常性維持の一端を担っていることも明らかにした。(2024/2/19)

「クラウドはどれくらいうるさい?」:
「容量いっぱいのHDDは、重量が変わるのか?」 Backblazeがよくある奇妙な質問に回答
Backblazeは2024年1月18日(米国時間)、データストレージに関してよくある4つの奇妙な質問に回答した。(2024/2/13)

医療機器ニュース:
2023年の国内DTx市場の調査結果を発表、76製品が開発中と推計
矢野経済研究所は、国内のDTx市場に関する調査結果を発表した。2023年11月時点で研究、開発が開始されている国産DTx製品数は推計76で、2020年代後半には数十まで拡大すると予測する。(2024/2/13)

下咽頭がんステージ4の見栄晴、“盟友”中山秀征が入院先での近影公開 「お元気そうな笑顔でホッとします」
「DAISUKI!」で共演していた笑顔の2人。(2024/2/4)

アレクサンダー、白血病を患った“弟みたいな存在”へエール「一緒におじいちゃんになろうぜ!!」
アレク&川崎希ファミリーとも親密な人物。(2024/2/3)

「素晴らしいなこれ」 片手が不自由でも食器が洗える! 作業療法士が手がけた「魔法のスポンジ」に称賛の声
「自分のやれることが増えると、生活の質があがる」など、食器が洗える以上の意義も。(2024/2/3)

田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
通夜とは思えない明るい雰囲気の中起こったトラブル。(2024/1/30)

浜田翔子、第2子男児の出産報告 元気な泣き声に「涙が止まらない」 妊娠糖尿病、高血圧などのトラブル乗り越え
夫のカブキンさんと第2子との3ショットを公開しています。(2024/1/30)

見栄晴、下咽頭がんステージ4 治療のため芸能活動休止に「ビックリしました」「絶対に戻ってきて下さい」とエール
「競馬予想TV!」で発表しました。(2024/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。