• 関連の記事

「生活習慣病」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生活習慣病」に関する情報が集まったページです。

ウェアラブルEXPO:
ウェアラブルデバイスの皮膚用粘着剤、AGCがウレタンで新提案
AGCは「第8回ウェアラブルEXPO」において、パッチ型ウェアラブルデバイスなどに最適な皮膚用ウレタン粘着剤を展示。従来のシリコーンやアクリルなどの材料と比べて、皮膚が蒸れにくく、抗菌性を有し、長期間の貼り付けでも皮膚ダメージが少ないことが特徴で、フレキシブル基板として回路を形成することもできる。(2022/1/20)

CloseBox:
突然、Face IDに認識されなくなってしまった そういえば……
iPhoneに自分の顔を認識されなくなってしまった。そういえば思い当たることがあった。(2022/1/18)

エヴァ芸人・稲垣早希、子宮内膜症で“ミレーナ”装着を決意 「痛いのかなぁ…」「緊張します」と不安吐露
第1子出産時に子宮内膜症が判明した稲垣さん。(2022/1/12)

Innovative Tech:
勃起を監視するコンドーム型デバイス ペニスの長さと円周を測定、遠隔医療に活用
韓国の漢陽大学校とKorea Electronics Technology Institute、Daegu-Gyeongbuk Medical Innovation Foundation(DGMIF)による研究チームは、勃起前後のペニスの長さや太さ、曲がり具合を測定するコンドーム型ウェアラブルデバイスを開発した。(2022/1/11)

越智岳人の注目スタートアップ(2):
安価で高品質な義足を途上国へ、3Dプリンタ×AIの生産技術で社会課題を解決
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、3Dプリンタをはじめとする3D技術を活用し、製造コストを従来の10分の1に抑えた義足を提供するInstalimb(インスタリム)にフォーカスし、開発のきっかけやこれまでの取り組み、今後の展望などについて、同社 代表取締役CEOの徳島泰氏に話を聞いた。(2022/1/11)

幼少期の味覚がポイント:
今のライフスタイルでいいのか 沖縄「長寿の島」が崩れつつある理由 働き盛り世代の深刻度
厚生労働省が発表した都道府県別の健康寿命で、沖縄は男女とも2016年から順位を下げた。平均寿命の順位も下がり続け「長寿の島」のイメージが崩れつつある。(2021/12/22)

加藤綾菜、8年前と現在の“夫婦ショット”比較に「顔が似てきました。笑」 夫・加トちゃんと早めのクリスマスディナー過ごす
結婚10周年の2人。(2021/12/20)

心筋梗塞 血液でリスク予測 糖尿病や脂肪の健康データ テレワークで急に悪化 心筋梗塞や脳卒中のリスクも
血液検査「フォーネスビジュアス」は、少量の血液から約7000種類のタンパク質を一度に測定し、AI技術を組み合わせて、4年以内の心筋梗塞・脳卒中発症リスクを予測する検査法。「コロナ禍で運動不足になって健康データが急激に悪化した人が多い」という。(2021/12/9)

ふとんでのスマホいじりはもっての外! SNSの「イイネ」が「いい眠り」を阻害
日本人はおそらく世界一、眠っていない。寝不足は個人の健康や幸福感を下げるばかりか、日本経済にまで悪影響を及ぼす。「眠りたいのに眠れない悩み」を解消するにはどうすればよいのか。岩本麻奈先生に、今日から実践できるノウハウを聞いた。(2021/12/6)

猫にカリカリとウェットフード両方を与える理由は…… 猫愛あふれる理由に「ハッとした」「うちもやります」の声続々
猫への愛があふれていました。(2021/12/4)

世代交代を成功させた新時代の「メガテン」 仕事の連絡を絶って遊び続けた歴年のファンが「真・女神転生V」をガチでオススメ
過去作への敬意も挑戦も兼ね備え、新たな境地も描いたシリーズ最高傑作!(2021/12/3)

PR:【読める?】 この画像の中の文字が浮き上がって見える→それは「今日はお風呂でゆっくり疲れを取ろうね」のサインです
今夜はしっかり湯船につかろうかな。(2021/12/2)

2030年には187万人の労働力が不足:
月経による労働損失は4911億円 経営者が実践すべき「女性の離職を減らすための健康経営」とは?
人材確保のためには女性特有の疾患を理解した「健康経営」を進めることが重要だと語るのは川島労働衛生コンサルタント事務所代表、産業医の川島恵美氏だ。月経による労働損失は4911億円とも試算される中、経営者が女性の離職を減らすための要諦とは?(2021/11/30)

広田レオナ、左股関節の痛みで歩行に支障も「癌とは無関係と思われます」 ビーズクッションに寝転び作業する姿
最近の生活を明かしています。(2021/11/29)

加藤綾菜、“いい夫婦の日”に加藤茶からケーキのサプライズ 「本当に素晴らしいご夫婦」「これからもずっといい夫婦で」と反響
ほっこりする日常。(2021/11/22)

入院治療中の西川史子、“憧れのトップスター”からお見舞いプレゼントに感激 「夢を見ている少女の気持ちに」
ほれてまうやろー!(2021/11/22)

医療機器ニュース:
インスリンポンプを操作する、スマートフォン型端末の開発に着手
テルモは、パッチ式インスリンポンプ「メディセーフウィズ」を操作する、スマートフォン型端末を開発する。同端末の開発に向けて、欧州のパートナー企業と共同開発契約を締結した。(2021/11/22)

Innovative Tech:
糖尿病患者向けの体内に埋め込むロボット 体外から無線で操作し、自動で薬を注入
イタリアのサンターナ大学院大学などの研究チームは、糖尿病患者向けに、体内に埋め込んだロボットが薬を注入するシステムを開発。無線操作でロボット内の輸液ポンプからインスリンを注入や、充電を行う。(2021/11/22)

医療技術ニュース:
高齢、肥満、糖尿病が新型コロナの重症化リスクである理由
大阪大学は、新型コロナウイルス感染症において、高齢、肥満、糖尿病が重症化のリスク因子となるメカニズムとして、脂肪組織とシャペロンタンパク質GRP78の関与を発表した。(2021/11/17)

大黒摩季、最愛の母・美也子さん急逝に衝撃 支えだった母の旅立ちに「生き甲斐やご褒美が無くなってしまう」
謹んでお悔やみを申し上げます。(2021/11/16)

海外医療技術トレンド(77):
フィットネストラッカーにも広がる米国のセキュリティ規制、異業種連携も加速
前回の連載第76回では米国の医療機器サイバーセキュリティ規制動向を取り上げたが、医療機器に該当しない健康アプリケーション/機器でも、新たな規制に向けた動きが顕在化している。(2021/11/12)

FacebookやInstagramの広告ターゲティングオプション、健康、人種や政治的傾向は削除に
Meta(旧Facebook)は、FacebookやInstagramなどのサービスの広告ターゲティングで、「デリケートと見なされるオプション」を削除すると発表した。人種や民族、宗教的見解、政治的信念、性的指向、健康などに関連するものだ。2022年1月19日から実施する。(2021/11/10)

「帝王切開でもしっかり生むぞ」 たんぽぽ白鳥、妊娠糖尿病でわが子を早産 “お母さんが悪いわけではありません”の励ましに感涙
無事に生まれてきてよかったです。(2021/11/9)

健康経営「最初の一歩」:
産業医を「バイト感覚」から変える! 有効活用し、健康経営につなげる2ステップ
人材不足の面からも、健康経営の重要性が高まっている。健康経営の成功の鍵となるのが、産業医との連携だ。しかし、産業医の池井佑丞氏は「残念ながら、多くの産業医は“割の良いバイト”と捉え、深入りしたくないと思っている」と指摘する。(2021/11/5)

昔「むし歯は遺伝だよ」→今「基本的には生活習慣病だよ」 育児の昔の常識と新常識をまとめた「比較リスト」がためになる
そのまま見せられるのがうれしい。(2021/11/4)

アトピーを放置したら死にかけた 彼氏と彼女の「感染性心内膜炎闘病記」(3)
退院後に感じた「ここまで回復できたのは本当に運がよかった」。(2021/11/5)

マイナポータルで医療費確認も可能に 11月中旬から
デジタル庁は、マイナポータルで11月中旬から患者が自分の医療費を確認できるようにすると発表した。2021年9月以降の医療費が対象で、金額の他、医療機関名や診療日などの詳細な情報も分かる。毎月11日ごろに前々月分までの分が確認できるようになる。(2021/10/25)

マイナカード、20日から保険証対応 普及期待も遅れ
マイナンバーカードが健康保険証として利用できる仕組みが、全国の医療機関や薬局で順次導入される。普及の後押しとなることが期待されるが、カードを所持することによるメリットは依然少なく、個人情報を政府に監視されるのではとの不安も根強い。(2021/10/19)

AIで「くも膜下出血か脳梗塞か?」を即座に判別 千葉市で年度内に実用化へ
Smart119社が開発した、AIによる脳卒中診断アルゴリズムについての論文が国際科学誌「Scientific Reports」に掲載された。救急患者の容体など情報を基に、脳卒中の中でも「くも膜下出血」「脳梗塞」「脳出血」「主管動脈閉鎖」のいずれに該当するかを判別できるという。(2021/10/18)

直木賞作家・山本文緒さんが膵臓がんのため58歳で逝去 村山由佳、井上荒野、芦沢央ら作家からも悲しみの声
ご冥福をお祈りいたします。(2021/10/18)

だいたひかる、がん治療中断から1年経過 “命がけ”の不妊治療再開に「怖かったけれど夢をとって良かった」
だいたさん「ガンになっても、夢は追いかけられる」(2021/10/15)

霜降り粗品の糖質過多な食生活、相方・せいやがガチ説教 糖尿病発症した父親を指摘し「怖いからやめとけって」
いい相方だ……。(2021/10/14)

加藤茶、深夜のウオーキングが近所から“徘徊”と誤解→夫婦で手つなぎ散歩「今日は一緒に歩いてくれました! 笑」
健康への意識が高いカトちゃん。(2021/10/14)

「寛解のお墨付きは貰えてないですが」 元「Raphael」のyuki、ステージ1の喉頭がん“消失”に「万歳」
次回検査は11月を予定。(2021/10/6)

岸本忠三氏ら:
コロナ禍のノーベル賞発表 「有力日本人候補」目白押し
来週からノーベル賞ウイークが始まる。自然科学分野で日本人研究者への期待は大きい。コロナ禍で重要な役割を果たした研究もあり、いつ受賞してもおかしくない研究者も多いようだ。(2021/10/4)

食のユニバーサル化:
ANA、特別機内食メニュー4種をリニューアル 機内食で「すべてのひとにやさしい空」の実現を目指す
ANAは国際線の低糖質、低脂肪、低カロリー、低塩の食事4種類についてリニューアルを実施した。全ての乗客に多くの選択肢から食事を選べるように推進している“食のユニバーサル化”を通して、「すべてのひとにやさしい空」の実現を目指す。(2021/10/4)

キャシー中島、5年前と同部位に皮膚がん再発 ショック受けるも「ちょっとぐらいの傷で暗くなってられない!」
強い。(2021/10/3)

あらゆる病気の治療薬をAIで発見? 九大などが査読前論文を発表 「タンパク質の立体構造を使わず高速に探せる」
九州大学などの研究チームは、疾病の原因であるタンパク質のアミノ酸配列から治療薬を見つけ出すAI「LIGHTHOUSE」を開発したと発表。実験では、新たな抗がん剤や抗菌薬を見つけられたという。(2021/9/27)

砂糖の摂取量が増えた人の声 「コロナ禍のストレス」「ステイホームで暇」
マイボイスコムは、「砂糖・糖分」に関する調査を実施した。「砂糖・糖分」の摂取に関する考え方、気をつけていることを聞いた。(2021/9/27)

「総務」から会社を変える:
社員の「心」と「体」をどう守る 総務が考えるべき「健康経営」のカギ
昨今話題の「健康経営」だが、コロナ禍で社員の健康に危機が迫っている。果たして、総務としてどうすればいいのか。(2021/9/17)

そのマネジメントは正しいのか:
社員を「子ども」扱い? 野村HD「在宅勤務中も喫煙禁止」の波紋
野村ホールディングスが在宅勤務であっても喫煙禁止とする施策を発表し、波紋を広げた。同社は健康経営の一環として説明するが、果たして効果はあるのだろうか。社員を「子ども」扱いする、安直なマネジメントではないのか。(2021/9/15)

経済損失は、年間約14兆5000億円:
将来の健康不安、「ガン」や「生活習慣病」を抑えて1位になったのは?
山田養蜂場は、「健康に関する意識調査」を実施した。自分の将来の健康で「不安に感じている分野・事柄」を尋ねたところ、3位は「ガン」、2位は「生活習慣病」という結果に。1位は?(2021/9/14)

湾岸諸国の医療IT事情【中編】
湾岸諸国が重点投資する医療IT「遠隔医療」「データドリブン」「自動化」とは?
コロナ禍の影響もあり、デジタルヘルスケア産業への関心が世界的に高まっている。湾岸諸国では「遠隔医療」「データドリブンなヘルスケア」「インテリジェントオートメーション」への投資が進んでいる。その理由は。(2021/9/10)

加藤綾菜、夫・加藤茶のために本格的な減塩料理をスタート 愛情たっぷりの姿勢に「カトちゃん幸せですね!」
愛する夫のため努力をいとわない綾菜さん。(2021/9/5)

背後に潜む経営難:
医療経営学者が明かす、「コロナ医療危機」の問題点
新型コロナウイルスの感染が全国規模で拡大し、医療崩壊が現実のものとなっている。中央大大学院教授で総合内科専門医の真野俊樹氏(医療経営学)は、コロナ禍によって露呈した日本の医療制度の限界を指摘し、現状の課題と改革案を提言する。(2021/9/5)

湾岸諸国の医療IT事情【前編】
コロナ禍が早めた「デジタルヘルスケア」の普及 湾岸諸国で急進の医療IT改革
湾岸諸国の医療機関では、生活習慣病をはじめとする慢性疾患の管理に医療ITを活用する機運が高まっている。その要因とみられるのが、コロナ禍をきっかけとした健康意識の変化だ。何が起きているのか。(2021/9/3)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
病院システムの課題を解決、ヘルスケア分野の5つの事例に学ぶITインフラ刷新術
さまざまな業界でITインフラの刷新が進んでいる今。ヘルスケアの分野でも、データやデバイスの管理、乱立するシステムの運用管理やコストなどの面で課題を抱えて組織が増えている。その解決策を5つの事例から探る。(2021/9/10)

「疾患を対象とした大規模なオープンデータは限られている」:
MRI画像のAI解析などで利用できる「脳画像ビッグデータ」を公開 国際電気通信基礎技術研究所ら研究グループ
ATR脳情報通信総合研究所の研究グループは「複数疾患の脳画像ビッグデータ」を一般公開した。多くの施設で統一のプロトコルで撮像した複数精神疾患のfMRIデータと旅行被験者データを合わせてデータベース化したもので、オンラインプラットフォームでダウンロードの申請ができる。(2021/9/1)

ステージ4の西郷輝彦、最先端治療で“前立腺がん消滅”を確認 「やったなぁ!」と喜ぶもPSA数値は謎の上昇
PSA下がらないのなんで……。(2021/8/30)

がんを経験した女性でも入れるがん保険登場 オンライン診療ベンチャーが開発した理由
オンライン診療サービスなどを手掛けるMICIN(マイシン)は8月25日、女性特有がん専用の「乳がん・子宮頸がん、子宮体がん再発保障保険」の販売を開始した。(2021/8/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。