• 関連の記事

「ライフライン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ライフライン」に関する情報が集まったページです。

防災:
横浜市民防災センターに大和ハウスのマンションを再現 VRなどでリアルな防災の学び場に
横浜市消防局は、「横浜市民防災センター」をリニューアルし、マンションの一室を再現した展示スペースをはじめ、VRやCGをふんだんに活用した体験を通じ、防災対策の重要性を啓発する取り組みを開始した。(2024/4/10)

断水時でもシャワーが使える 能登半島地震の「水不足」問題を救った、WOTAの水循環システム
新年に能登半島を襲った地震。その影響は大きく、現在も断水が続く地域が存在する。そんなエリアで活躍しているのが、WOTAの水循環システムだ。断水時でもシャワーを浴びられる、画期的なシステムとは……。(2024/4/4)

なぜ長野県のガソリン価格は日本一高いのか 過去には安い店もあったのに
長野県のガソリン価格が、昨年春からほぼ日本一高い状況で推移している。なぜ他の都道府県より高いのか。(2024/3/31)

MONOist DX Forum 2023:
ウラノス・エコシステムはサプライチェーンに何をもたらすのか
MONOistはライブ配信セミナー「MONOist DX Forum 2023 冬〜できるところから始める製造業DX〜」を開催した。本稿では、経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 アーキテクチャ戦略企画室長の和泉憲明氏による基調講演「ウラノス・エコシステムによるデジタル変革のための政策展開」の内容を紹介する。(2024/3/29)

ソフトバンクが進める災害復興DX 能登半島地震で展開した「空・陸・水の支援」
ソフトバンクグループは能登半島地震の災害復興に関し、通信インフラに限らない支援をしている。知られざる取り組みの背後にあったものとは?(2024/3/29)

地震で断水、解消まで約5日間 自宅で過ごすために役立ったもの・用意しておけばよかったもの
令和6年能登半島地震、羽咋市在住筆者の断水経験。(2024/2/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「真冬の5合目に電車で行ける」 富士登山鉄道に賛否両論
2013年に世界文化遺産に登録された富士山。登録時に指摘された課題の解決策のひとつとして、山梨県はLRT方式による「富士登山鉄道構想」を推進している。対して富士吉田市は電気バスを推している。それぞれのメリット・デメリット、そして観光地として、世界遺産としての富士山について考えてみたい。(2024/1/27)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
昆布が連れてくる温暖化の現実味
実感することで、人々の行動は変わっていくはず。(2024/1/24)

売上が普段の20倍というケースも ドンキ、カインズ、無印ではどんな防災グッズが注目されているのか
能登半島地震の影響で、防災グッズへの関心が急激に高まっている。大手チェーンの売れ筋を取材した。(2024/1/23)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「休日対応は一切しません」 つながらない権利を主張する部下とどう向き合う?
営業部の若手の部下が「勤務時間以外の電話、メールは一切対応しません」といって、勤務時間外の連絡を全く返してくれない。しかし、営業ならば多少の対応を引き受けてほしい――どう対応すべきなのか? 社労士が回答します。(2024/1/22)

小寺信良のIT大作戦:
震災で意識高まる「家庭内蓄電」 太陽光の“卒FIT”にポータブルバッテリーメーカーが注目する理由
ソーラーパネルを屋根に設置した家庭が増えてきた。太陽光発電の設置を義務付ける自治体も出てきているが、固定買い取り制度(FIT)により優遇されてきた売電価格は年々減少傾向にある。そこで各バッテリーメーカーが注目しているのが、売電システムを自家消費システムへ転換する「卒FIT」である。(2024/1/18)

産業動向:
能登半島地震、被災地企業は9.6万社超 建設業1.8万社以上に影響
東京商工リサーチは、「令和6年能登半島地震」の被災地となった4県27市6町1村に本社を置く建設業は1万8256社と発表した。(2024/1/15)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
伝統的なメディアの伝え方、玉石混淆のSNSにある「玉」の発信
「よく知りもせずに発信しないでくれ」と報道や大勢のSNSユーザーに対して思ったことはありますか。(2024/1/10)

NEWS Weekly Top10:
「阿部寛のホームページでだけネコが消える」問題発覚 ネコと一緒にブラウズするChrome拡張が話題
年始早々、とあるChrome拡張に関わる“ある問題”が話題になった。Webブラウザ上にネコを出現させられるChrome拡張で「阿部寛のWebサイトでだけネコが消える」という問題だ。(2024/1/9)

PR:火の国・熊本県が今とにかく熱いらしい→手作りの「KUMA-ATSU METER」で熊本のアツさを計測してきた
冬でも心はアツアツになる旅!(2023/12/22)

プロジェクト:
“うめきた2期”初の分譲マンション「THE NORTH RESIDENCE」、2024年2月に販売開始
うめきた2期地区開発事業「グラングリーン大阪(GRAND GREEN OSAKA)」内初の分譲マンションの名称が「グラングリーン大阪 THE NORTH RESIDENCE(ザ ノース レジデンス)」に決まった。総戸数は全484戸で、2024年2月から販売を順次開始する。(2023/11/1)

NTT法の廃止は「絶対反対」「料金値上げにつながる」 KDDIやソフトバンクのトップが主張、180者が賛同
電気通信事業者や地方自治体など180者が10月19日、NTT法の見直しに関する要望書を自民党と総務大臣に提出した。NTT法は、NTT持株会社やNTT東西の事業内容や国の関与について定めた法律。これを廃止することで、国民の生活に不利益をもたらすリスクがあると訴える。(2023/10/19)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
日本版データ共有圏「ウラノス・エコシステム」とは? 欧州データ包囲網への対抗軸
世界中で「GAIA-X」や「Catena-X」などのデータ連携の枠組み作りが進む中、日本にはどのような取り組みが求められるのだろうか。2023年4月に正式に命名された日本版データ共有圏「ウラノス・エコシステム」の概要と狙いについて解説する。(2023/10/2)

スマートメンテナンス:
「超重要インフラ」の維持管理が崩壊する2030年クライシス 人材確保に向けたマイスターエンジの提言
2000年以降、生産年齢人口減少の1.5倍以上にもなる急速なペースで技術者の減少が進行しており、年々増加する超重要インフラとの需給ギャップから、2030年には3割以上の設備でメンテナンスが成り立たなくなる危機が迫っている。(2023/9/26)

クオリティーすげえええ! “過去最大規模”の「東京ゲームショウ」を盛り上げたコスプレイヤー&コンパニオン大量まとめ
4年ぶりに幕張メッセ全館を使用し、開催されました。(2023/9/25)

IT予算少ないマーケットで伸びる「バーティカルSaaS」 ベンダーの声から探る成長のカギ
国内スタートアップの「バーティカルSaaS」は、なぜIT予算が少ないマーケットでも伸びるのか。ベンダーへの取材からそのカギを探る。(2023/8/12)

災害時にコインランドリーで洗濯、ガス、電気、水を無償提供 「災害対策ランドリー」はこうして始まった
どのような災害対策用設備があるかは、店舗入り口のステッカーに表示。(2023/8/10)

ガイドライン準拠のサプライチェーン間データ連携基盤プロトタイプを開発 NRI
カーボンフットプリント算定や取引に当たってのデューデリジェンスに必要な情報を連携する動きが各国で進んでいる。NRIは経済産業省とIPAによるガイドラインに則したプロトタイプを開発し、そのノウハウを企業向けに提供する。(2023/7/12)

IPAが「デジタル基盤センター」を設立 企業のデータ活用およびサービス開発を支援
IPAは「Society 5.0」の実現に向けて「デジタル基盤センター」を設立した。ビジネスやマーケティング、サプライチェーンの形成、イノベーション創出をサポートし、データ交換と共有を促進する。(2023/7/6)

5年で4兆以上の成長を見込む:
「5G」「4G/LTE」市場、2027年には55億ドル規模に成長 IDC予測
IDCは全世界における「5Gおよび4G/LTEエンタープライズワイヤレスWAN」市場の予測を発表した。(2023/6/5)

おすすめ防災アプリ5選 災害時の緊急速報や避難所の確認に役立てよう
毎年起きる地震や豪雨といった災害。少しでも不安要素を無くすため、普段から準備しておきたい。今回は無料でスマホにインストールできる防災アプリとその特徴を紹介する。(2023/6/4)

無印良品も「エコな家」づくり 先を行く世界のスタートアップの「住宅の脱炭素化」事情
昨今の世界的な脱炭素の流れを受け、日本でも2025年から全ての新築住宅に省エネ基準適合が義務化されます。日本でも無印良品が「エコな家」づくりを進めていますが、まだまだプレイヤーは多くありません。日本の先を行く世界ではどのようなスタートアップが住宅の脱炭素化に向けて取り組んでいるのでしょうか?(2023/5/31)

調査レポート:
「2030年にはインフラメンテが崩壊、技術者数は約30%減」マイスターエンジニアリングが超重要インフラの技術者動向を調査
マイスターエンジニアリングは、鉄道や電気など国内の「超重要インフラ」を支える企業や人材を取り巻く環境について独自に調査した。その結果、7年後の2030年までに、メンテナンスが重大な危機に瀕するとの課題が浮き彫りとなった。(2023/5/29)

省エネ:
移動式住宅の実証実験に屋根と壁の一体型太陽光パネルを技術提供
モノクロームは、MUJI HOUSEが開始する「インフラゼロでも暮らせる家」の実証実験に参画する。モノクロームの屋根一体型太陽光パネル「Roof-1」を屋根と壁の一体型太陽光パネルとして技術提供する。(2023/5/29)

マテリアルズインフォマティクス最前線(1):
積水化学型MIは超やる気人財が主導、配合設計の検討速度900倍など成果も高速で創出
本連載では素材メーカーが注力するマテリアルズインフォマティクスや最新の取り組みを採り上げる。第1回では積水化学工業の取り組みを紹介する(2023/5/1)

東京ドーム2.8個分:
「ジョイホンパーク吉岡」がオープン、どんな施設なのか
ジョイフル本田は4月26日、群馬県吉岡町に「ジョイホンパーク吉岡」をオープンした。超大型店舗「ジョイホン吉岡店」と、同県初出店を含む43のテナントで構成する。(2023/4/27)

「3ない状態」「ベンダー丸投げ」が不幸な事故に:
12病院が同じ脆弱性でサイバー攻撃被害、厚労省の注意喚起が届かないこれだけの理由
社会のライフラインとなる医療機関のセキュリティ対策が遅れているのはなぜなのか。クラウド活用などさらなるIT化が進む今、どう対策に乗り出せばよいのか。2023年3月に開催された「Security Days Spring 2023」で医療ISACの深津 博氏が講演した。(2023/4/13)

Transport Dive:
自動運転業界の「明るいばかりではない」未来 予約殺到だったのに購入契約「ゼロ」の衝撃
自動運転ソフトウェアの開発企業が解散危機にひんしている。予約が殺到したにもかかわらず、実際の受注件数は「ゼロ」。従業員の70%が解雇に追い込まれたのはなぜか。(2023/4/6)

「Security Week 2023 春」開催レポート:
脆弱性対応の“解像度”を高めよ アップデートだけでは全然足りない理由
「脆弱性対応=セキュリティアップデートを適用するだけ」という理解は少し解像度が低過ぎるかもしれない。岡田 良太郎氏がそもそも脆弱性対応とは何をどうすることなのか、近年注目のキーワード「SBOM」の意義とは何かなどを語った。(2023/3/31)

業界横断で取り組む脱炭素化【前編】
ShellやMicrosoftが賛同する「オープンソース」を使った脱炭素化とは?
OSSで世界の脱炭素化を進める非営利団体LF Energyにエネルギー関連企業Shellが協力することを決めた。LF Energyとはどのような組織で、Shellと共に何をするのか。(2023/3/27)

男女200人に聞いた:
「持っていないけど必要」な防災グッズ ヘルメット、モバイルバッテリーを上回る1位は?
「持っていないけれど必要だと思う防災用品」の1位は「簡易(携帯)トイレ」(29%)──ネット販売を手掛けるS.Y.S tradingが2月、男女200人に実施した「防災に関するアンケート」で、そんな結果が出た。(2023/3/25)

更新を続ける:
大規模災害にコンビニはどう備える? BCP改定の狙い
大手コンビニのBCP(事業継続計画)はどうなっているのか。東日本大震災が発生した3月11日を前にいくつかの事例を調べた。(2023/3/11)

実証実験を開始:
無印良品の「インフラゼロでも暮らせる家」 2024年の実用化を目指す
MUJI HOUSEは「インフラゼロでも暮らせる家」の実証実験を行う。検証を経て、2024年以降の実用化を目指す。(2023/3/3)

産業動向:
カナフレックスコーポレーションと大成ロテックが業務提携、再エネ用建材の開発や新分野開拓で
カナフレックスコーポレーションは、大成ロテックと土木資材や建設資材、再生可能エネルギー用資材の新製品開発を共同で推進することを目的に業務提携を締結した。(2023/2/9)

転出届のオンライン提出が可能に きょうから 市区町村への来庁は原則不要
2月6日、全ての市区町村でオンラインによる転出届の提出が可能になった。これにより、転出元の市区町村への来庁が原則不要になる。(2023/2/6)

導入事例:
アズビルが神奈川県で保有する藤沢テクノセンターの新実験棟を披露、環境目標も紹介
アズビルは、神奈川県藤沢市川名で保有する藤沢テクノセンターで、アズビル製品の実験を行う「103建物」とMEMSセンサーの開発設備と計測標準設備を搭載している「104建物」が2022年9月に竣工したことを公表した。現在、同社は、103建物と104建物を活用し、工場やビルの自律化を支援するソリューションの開発を進めている。(2022/12/30)

ドローン:
社会インフラの安心・安全に貢献するドローンソリューション市場を開拓、FCNTと東光鉄工
FCNTと東光鉄工は、FCNTのエッジAIカメラと東光鉄工が開発する国産ドローンを組み合わせることで、社会インフラの安心・安全に貢献する新たなドローン市場の開拓を目指す。ドローンに搭載したエッジAIカメラの最大4Kの高精細な空撮映像をリアルタイムでグランド・システムへ伝送し、解析することで、インフラ点検の高度化も実現する。(2022/12/29)

廉価スマホが増え、通信品質重視の料金プランが登場か 野村総研が予測
野村総合研究所は、2028年度までのICTとメディア産業への洞察を発表。通信の品質によって料金が決まる新たな料金プランの可能性の他、没入性や共有性を備えたスマートフォンの次のデバイスへの期待などを示している。(2022/12/23)

雨の中倒れる人を救助→家にはガリガリのワンコが取り残されていて…… 壮絶な状況から保護したエピソードに「助けてくれてありがとう」「考えさせられました」と反響
優しさと行動力に称賛の声が集まっています。(2022/12/8)

感謝を表現:
トイレ利用後に買い物しない人が約4割!? ローソンがトイレの扉にアートステッカーを貼った背景
全国のローソン店舗のトイレ付近に、アートステッカーを貼る取り組みを始めた。トイレをいつもきれいに使ってくれる人への感謝を示す。背景にあるコンビニトイレの課題とは?(2022/12/3)

産業動向:
積水化学工業 住宅カンパニーの2022年度通期売上は5480億円、1棟の単価アップで伸長
積水化学工業 住宅カンパニーは、2022年度上期の売上高が2602億円で、営業利益は148億円となったことを公表した。下期の売上は2878億円で、通期の売上は5480億円となり、下期の営業利益は222億円となる見通しだ。(2022/11/24)

日本企業のセキュリティ体制は「高度だが最新ではない」:
PR:レジリエンシーの視点からセキュリティ対策を“科学的”に評価する方法は
サイバー攻撃において金銭以外のものが狙われるケースが増えている。ベンダー中立の視点で企業のセキュリティ対策を支援するKyndrylはこの状況をどう評価し、どう対応しようとしているのか。日米のセキュリティ部門トップに話を聞いた。(2022/11/25)

ZEH:
地域の防災力を高める「災害配慮型」のZEH賃貸住宅を大東建託が開発
大東建託の賃貸住宅事業は、2021年度の新築賃貸住宅着工シェアで業界トップの12.5%。入居者は214万人で、政令指定都市の人口にも相当する。賃貸住宅を公共性の高い「社会インフラ」と捉え、環境・防災・ライフスタイルの3つのコンセプトを軸に、時代の社会ニーズに合わせた新商品開発に取り組んできた大東建託が新たに提案する、災害配慮型賃貸住宅「ぼ・く・ラボ賃貸 Yell(エール)」。開発のキーワードは、備蓄とコミュニティーだ。(2022/11/2)

限られた人員で高度な脅威に対抗するには?
テレワーク環境を狙う脅威が増加、“ほころび”のない対策をどう実現する?
テレワーク環境を狙うサイバー攻撃が増加している。企業はセキュリティの在り方を変革する必要に迫られているが、その実践は容易ではなく、中には“ほころび”が生じ、被害に遭うケースも見受けられる。この状況をどう打開すべきか。(2022/10/17)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(7):
老後を生き残る戦略として「教祖(仮)」になってみた
前回に続き、老後の生き残り戦略の一つとしての信仰を考えてみます。今回、私は「教祖(仮)」となり、「教祖ビジネス」についてさまざまな角度から検討してみました。(2022/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。