• 関連の記事

「ヒーター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヒーター」に関する情報が集まったページです。

猫の起源や生態から紐解く、猫にとって雪はどんなもの……? 霜焼け・凍傷など知っておきたい注意点も解説
猫が雪を嫌いな理由や注意点を解説します。(2024/2/23)

研究開発の最前線:
金属材料の新規探索や加工技術の創出を目指し、産学共創の研究所を開設
東北大学とSWCCは、産学共創の研究施設「SWCC×東北大学高機能金属共創研究所」を開所した。同大学の制度を活用し、仙台市青葉区の同大学片平キャンパス内に拠点を設ける。(2024/2/22)

“見ているとなぜかサウナに行きたくなる”ワンコの姿 ヒーター前での“ととのい”に「声上げて笑ってもたwww」
気持ちいいんだねぇ。(2024/2/17)

登録者数838万人YouTuberグループのリーダー、“大雪”でペット2匹が天国へ 無念の報告に賛否「想定外で仕方ない」「飼い主の怠慢」
悲しい事故だ……。(2024/2/15)

タイムアウト東京のオススメ:
イギリス最古のサウナが「指定建造物」に
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/2/13)

NEWS Weekly Top10:
寒すぎたリビングを、1台で暖めてくれた意外なガジェット
みなさんのご自宅の寒さ対策はどんな感じだろうか? 我が家は古い木造なので、毎年冬は、リビングが寒くて憂鬱だった。だが2024年はあるガジェットを導入したおかげで、去年までがうそのように快適に過ごしている。(2024/1/29)

ROLAND、“マイバッハ仕様”の洋高級車ゲットは「必要投資かな」 1200万円超の支出も客にとって「乗っててワクワクできるラグジュアリー感」
自身はマイバッハを所有しているものの……。(2024/1/26)

電気代高騰は追い風 ワークマンやドンキの進化する「着るこたつ」
消費電力が大きいエアコンを使わず、温まることができる「着るこたつ」注目を集めている。各社が発売する着るこたつの特徴や消費者の反応、売れ行きをまとめた。(2024/1/25)

ファンヒーターの温風で肉は焼けるのか? 焼肉店の実験結果が「低温やけどの怖さがよく分かる」と話題
寒いからといって当たりすぎると危険。(2024/1/20)

知らないと損!?業界最前線:
ダイキンの“ピンポイント暖房”が売り切れ目前 開発者に聞いたヒットの理由
光熱費の高騰で暖房器具に省エネ性がより求められるなか、10月発売のダイキン工業「ハイブリッドセラムヒート」が注目を集めている。価格は6万円超だが、23年度の出荷分はすでに終了し、店頭在庫しか残っていない人気商品だ。開発経緯と人気の理由を企画担当者に聞いた。(2024/1/20)

寒い日にスマホで「やってはいけないこと」 バッテリーが劣化するリスクも
冬本番といえる寒さが到来し、時間帯によっては関東地方でも0度を下回る日も出てきた。人間だけでなく、スマートフォンも寒さから守る必要がある。使い方を誤ると、スマートフォンの故障につながる恐れもあるので注意したい。(2024/1/17)

酒飲みの天国だー!! 日本各地のおいしい鍋&地酒をレトロな空間で楽しめる『酒処 鍋小屋 2024』に行ってきた
横浜赤レンガ倉庫のイベント広場にて、1月28日まで開催中。(2024/1/16)

おいしそうな豆餅、と思ったらその正体は…… 「サトウのにゃんこ餅」となったかわいい姿に5万人ほっこり
ご利益がありそう。(2024/1/12)

「みんなは何柴が好きかな」 お出迎え柴、お昼寝柴、おこぼれ待ち柴……たくさんの魅力に「全部かわいい」とメロメロ
選べない……。(2024/1/9)

ヒーターを揺らすワンコ、そのワケは…… 飼い主を見つめる寒がりワンコのおねだりがかわいい【スペイン】
「寒いからヒーターつけようよ!」(2024/1/9)

暖冬でも爆売れ、山善の「着る電気毛布」 数万件のレビューを分析して見えた改善点
電気代の高騰による節約意識の高まりから、節電タイプの暖房器具が注目を集めている。家電メーカーの山善が手掛ける暖房アイテム「くるみケット」もその1つだ。開発担当者の加美将希さん(同社家庭機器事業部)に話を聞いた。(2024/1/4)

冬が来た=ヒーター大好き柴犬再び! 最前列であたたまる冬の風物詩に「安定の定位置」「私もこんな感じ」の声
ヒーター前は譲れない。(2024/1/4)

妹ワンコたち「遊んで〜!」 姉ワンコ「しょうがないわねえ」 幸せいっぱいの光景に「可愛すぎて見入ってしまった」「面倒見がいい!」
優しいお姉ちゃんだ。(2024/1/3)

冬はカセットこんろなどの事故に注意 カセットボンベ過熱で破裂のおそれ
独立行政法人製品評価技術 基盤機構構が注意喚起しています。(2023/12/30)

「これがUR賃貸住宅!?」 団地とは思えない首都圏2DKリノベーション物件に「新築マンションみたい」の声
お部屋もすてき。(2023/12/28)

「肩に掛けるこたつ」は寒空の下でスマホを使うのに最適だった
電熱ヒーターを内蔵し、両サイドから手を突っ込むポーチ型の「USBハンドウォーマー」を購入したので使い勝手を報告します。(2023/12/25)

ドアのない車購入のヒロミ、「やっぱりドアは必要」 寒さに負けドアを取り付け
寒いですからね。(2023/12/25)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
“ぶるぶる”するほど寒いのに、ワークマンの「冷暖房ベスト」はなぜ売ってないの?
ワークマンの「冷暖房ベスト」が人気である。今年の5月に発売したところ、3カ月ほどで完売。寒くなってきたので、再び売れているのかなと思っていたら……。(2023/12/23)

知らないと損!?業界最前線:
アイデア家電サンコーの「着る暖房」が、6億の売り上げを稼ぎ出した舞台裏
「着る暖房」が注目を集めている。ここにきて一気に寒さが増してきたが、光熱費の高騰により暖房器具の選択は切実な問題だ。着る暖房はエアコンなどとは異なり、人だけを暖めるため省エネ効果が高い。着る暖房を数多く手がけるサンコーのプロダクトマネージャーに今季製品の新機能などを聞いた。(2023/12/23)

IPF Japan 2023:
高機能フィルムの押出成形時の膜厚調整を機械化するロボット式完全自動化Tダイ
アクスモールディングは「IPF Japan 2023(国際プラスチックフェア)」において、ロボット式完全自動化Tダイを出展した。(2023/12/21)

猫に暖房はいらない? 設定温度や留守中の注意点、寒さ対策を紹介
寒さに弱いというイメージありますよね。猫のいる家庭で暖房器具を使う際の注意点など紹介します。(2024/1/9)

犬に暖房は必要! 暖房を使う上での適温や乾燥などの注意点などを紹介
犬には毛皮があるため、寒い冬でも暖房は必要ないと思っていませんか?(2024/1/9)

ドンキの「動けるこたつ」はどうやって誕生した? 背景にある商品戦略の変更とダメ出しの殿堂
ドン・キホーテは、利用者のダメ出しを募集する特設サイト「ダメ出しの殿堂」を開設している。これまで、どのように商品を改良してきたのだろうか。(2023/12/16)

2023年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
PC USERでモバイルディスプレイやスマートスピーカー回りの連載をしている山口さんに、2023年に使って良かったデバイスを挙げてもらった。(2023/12/15)

サンコー、肉厚クッションを備えたヒーター内蔵リストレストを発売
サンコーは、USBバスパワー動作に対応したヒーター内蔵リストレスト「FEWRRECBK」の販売を開始した。(2023/12/11)

4歳の男の子が「鮭」と呼ぶ“こたつ布団”をご覧ください 絶妙すぎる配色が「もう鮭にしか見えない」
こたつ布団がおいしそうに見えてくる……。(2023/12/10)

ニトリ「加湿・人感セラミックヒーター」を発売 1台で暖房と加湿に対応
ニトリが1台で暖房と加湿できる「加湿・人感セラミックヒーター」を発売した。人が離れたり本体が転倒したりした際に電源が切れる安全機能も搭載している。(2023/12/10)

ホンダ、「オデッセイ」を一部改良 室内空間を進化させた新タイプが登場
ホンダは上級ミニバン「ODYSSEY(オデッセイ)」を一部改良、快適な室内空間を更に進化させた新タイプを設定し発売する。(2023/12/8)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、イルミネーション2023
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/12/4)

愛猫に「猫鍋」をもらったのに、夢中になったのは予想外の…… 「違う、そうじゃない」とツッコむ展開に笑ってしまう
やっぱり……!(2023/12/4)

各社の特徴:
ニトリ、山善、無印で売れているのは? 最新の「こたつ」事情
「こたつ」の売れ行きが変わり始めているようだ。最も大きな変化は、床に座って使う「ロータイプ」から、ソファやイスに座って使う「ハイタイプ」が主流になりつつあること。最新こたつの特徴と反響を取材した。(2023/12/4)

「大変危険です」「おやめください」 玉子焼き器を揚げ物に使わないで 「知らなかった」と調理メーカーの注意喚起に反響
フライパンでも油の量を守って揚げ物調理しましょう。(2023/12/3)

ニトリ、足元全体をあたためる「4面パネルヒーター」を発売 冬のデスクワークグッズとして訴求
ニトリが足元全体をあたためられるパネルヒーターを発売した。薄く折りたためるほか、1時間当たりの電気代も安い点が特徴だ。(2023/11/29)

暖房器具の人気メーカー 3位「コロナ」、2位「アイリスオーヤマ」、1位は?
本格的な寒さの到来で、暖房器具を使用する機会が増えてくる。おすすめ比較サイト「Picky's」を運営するrentry(長野市)が、購入した、もしくは購入予定の暖房器具について調査を実施した。(2023/11/28)

ドンキの「着るこたつ」が「動けるこたつ」に進化! 物価高なのに、2000円値下げできた意外なワケ
ユーザーからの“ダメ出し”をもとに改良したところ、結果的に値下げにも成功した商品がある。ドン・キホーテで今年10月から発売している“着るこたつ”こと「動けるこたつウェア」だ。(2023/11/25)

職人しか買わないはずでは? ワークマンの“着るこたつ”が若い女性にも支持されているワケ
日に日に寒さが厳しくなり、防寒アイテムに注目が集まっている。こうした中、好調な売れ行きを見せているのが、ワークマンの“着るこたつ”ことヒーターウェア「WindCore ヒーターシリーズ」だ。(2023/11/22)

足元を温める意外な方法で爆売れ! 細かなニーズに対応した“踏むヒーター”はどうやって誕生したのか
「眠くならないようにしたい」「オフィスで目立ちすぎるのはちょっと……」といった足元を温めるグッズに感じていた課題解決を目指した新商品が完売した。足を置くとつま先のほうからすぐに温かい風が穏やかに出るというアイディアが生まれた背景を聞いた。(2023/11/21)

スマートフォンはなぜ発熱するのか そのメカニズムと機構面での対策を考える
スマートフォンが発熱する原因は、半導体や、それらをつなぐ配線で電気抵抗が起きているから。故障を防ぐために、発熱をするとあえて性能を落とすよう設計されている。プロセッサの微細化は発熱面でもメリットがある。(2023/11/20)

電子ブックレット(素材/化学):
注目の透明導電フィルムニュースまとめ(2023年2〜10月)
MONOistに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集しました。今回は、MONOistで2023年2月1日〜10月30日にかけて掲載した透明導電フィルムのニュースの中から、注目の記事をお送りします。(2023/11/16)

ガストが30品を値下げ! 「チーズINハンバーグ」や「マヨコーンピザ」など、グランドメニューの大幅リニューアルで
「チーズINハンバーグ」や「山盛りポテトフライ」も値下げに。(2023/11/15)

マテリアルズインフォマティクス:
カネカがAIシステムで樹脂プラントの乾燥設備を最適運転、年間100t増産
本稿ではカネカが独自開発したAIシステムで樹脂プラントの連続乾燥設備の最適な運転を実現し、年間100tの増産を達成した事例などを紹介する。(2023/11/15)

「ナガノマーケット SHIBUYA店」の大混雑で運営が謝罪 ネットでは「圧迫死しそうな混雑」「整理券すら手に入らなかった」と物議
当初は整理券なしのフリー入場だったため多くの人が殺到。(2023/11/14)

電動化:
ボルボが6人乗りミニバンEVを発表、Snapdragonでエンタメ充実
Volvo Carsは6人乗りMPVタイプの電気自動車「EM90」を発表した。(2023/11/14)

ビックカメラ、「ブラックフライデーセール」実施へ ポイント最大20%還元 18日から
家電量販店のビックカメラが、大型セール「ブラックフライデーセール」を11月18日から実施する。特別価格の台数限定商品や、最大20%のポイント還元対象商品などを用意。オンラインの「ビックカメラ・ドットコム」では、店舗に先駆け17日午後10時からセールを開始する。(2023/11/13)

ビックカメラのブラックフライデー、今年は店舗でも開催 エアコンやファンヒーターが特別価格に
最大20%のポイントアップサービスも実施。(2023/11/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。