• 関連の記事

「福島県」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福島県」に関する情報が集まったページです。

3Dプリンタニュース:
日本HPが3Dプリンティング事業の好調さアピール、金属の国内展開は慎重に準備
日本HPは、報道関係者向け事業説明会をオンラインで開催。2021年11月1日に同社 代表取締役 社長執行役員に就任した岡戸伸樹氏が日本市場における事業戦略を説明。3Dプリンティング事業も注力領域の1つに掲げ、国内での活用事例などを紹介し、その優位性をアピールした。(2022/1/21)

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
東京電力の挑戦 レガシーシステムを抱えつついかにDXを進めるか【前編】
日本における電力関連データの約3分の1を保有する「データソースカンパニー」である東京電力は、膨大なデータをいかに生かしてDXを進めるか。また、DX推進を阻む課題とその解決法とは。(2022/1/18)

電気自動車:
EVを再エネ100%で充電するシステム、日産が福島県で実用化を検証
日産自動車は2022年1月12日、福島県浪江町において、電気自動車(EV)の充放電を自律的に行う制御システムを活用し、EVの充電電力を再生可能エネルギー100%にする、エネルギーマネジメントシステムの実用化検証を開始すると発表した。(2022/1/18)

ロボット:
インフラ設備点検にハイボットの革新的なロボット技術を活用
RaaS事業を展開するハイボットは、ベルギーの検査・認証団体Vincotteと協業関係を結んだことを発表した。Vincotteが行う点検業務に、ハイボットの最先端ロボット技術を導入する。(2022/1/17)

EVの“電費”は寒さで悪化…… 航続距離は短く想定を 向上には回生ブレーキをうまく使うのがコツ
EVでエネルギー効率を比較するには「電費」を使う。冬になり気温が下がるとバッテリーが性能をフルに発揮できないため、航続距離が下がる。航続距離を伸ばすには回生ブレーキをうまく使う必要がある。(2022/1/11)

トヨタマのワーケーション探訪:
ゴルフ好きにはたまらない! ゴルフ場に泊まれる福島県の「ゴルファーケーション」 2022年2月まで補助金も
即ゴルフしてもよし、仕事の合間にゴルフしてもよし。(2022/1/7)

太陽光:
太陽光パネルの処理・リサイクル事業、信州タケエイが本格始動
タケエイが子会社の信州タケエイ(長野県諏訪市)が、太陽光パネルのリサイクル事業を開始すると発表した。2022年1月から事業を開始する。(2022/1/6)

牛乳の消費拡大を応援:
ローソン、「ホットミルク半額」の結果を発表 販売数ランキング1位は茨城県
ローソンは、2021年12月31日〜22年1月1日に全国のローソン店舗で半額にて提供した「マチカフェ ホットミルク」の販売量を発表した。コロナの影響で需要が減少した牛乳の消費量拡大を応援するのが目的だった。(2022/1/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2022年、鉄道はどうなる? 5年半ぶりの「新幹線開業イヤー」
鉄道需要は回復傾向にある。緊急事態宣言終了後の鉄道の混雑は、筆者も体感しているが、変異型オミクロン株は予断を許さない状況だ。それでも鉄道業界の決定事項として、「西九州新幹線開業」「JR只見線全線再開」「新型車両導入」「減便ダイヤ改正」がある。これらの行方と、鉄道の国内需要について考えてみたい。(2022/1/2)

月刊乗り鉄話題(2021年12月版):
自粛から明るい話題へ、DMVデビューで大団円! 「2021年の鉄道ニュース・乗り鉄話題」10選
乗り鉄にとって、2021年も感染症の流行で自粛を強いられる年でした。それでも明るい話題、楽しいことがいくつもありました。日本の鉄道完乗率100%の筆者が振り返ります。(2021/12/31)

コロナ禍で犯罪大幅減 ネット利用詐欺は増加傾向 犯罪白書
法務省が21年版犯罪白書を公表した。2020年1年間の刑法犯認知件数は、前年比で約18%減少。直近5年平均の約2倍の減少率で、新型コロナウイルスが広がる中、犯罪は例年以上に減っていたことが明らかになった。(2021/12/27)

電気自動車:
EVがカーボンニュートラルに貢献するための環境整備へ、日産が自治体の支援強化
日産自動車は2021年12月22日、自治体のカーボンニュートラル達成を支援するパートナーシップを締結したと発表した。住友商事や住友三井オートサービスとともに、EV(電気自動車)の導入やシェアリングによる地域の移動手段の脱炭素化と、再生可能エネルギー由来の電力の導入を支援する。(2021/12/23)

品質不正問題:
日立Astemoでブレーキとサスペンションの検査に不正、2000年ごろから
日立Astemo(アステモ)は2021年12月22日、メディアなど向けに説明会を開き、取引先と決めた抜き取り試験(定期試験)がブレーキ部品とサスペンション部品で正しく行われていなかったと発表した。(2021/12/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「204円」弁当に「1080円」おにぎり! ハイレベルすぎるスーパー弁当の知られざる“進化”
ディスカウントスーパーでは200円前後の超安価な弁当が存在する。商品開発に注力し、ハイレベルな弁当を開発する企業もある。知られざるスーパーのお弁当を取材した。(2021/12/23)

第4次産業革命の現在地:
旭化成のDX戦略は展開期から創造期へ、全従業員4万人がデジタル人材に
旭化成がDX戦略について説明。同社は「デジタル導入期」を経て現在は「デジタル展開期」にあり、2022年度からはさらなる高度化を図る「デジタル創造期」に入る。2024年度からは全従業員のデジタル活用が当たり前にある「デジタルノーマル期」となるため、2023年度には全従業員に当たる4万人をデジタル人材に育成する方針を掲げた。(2021/12/22)

旭化成・小堀秀毅社長を直撃【後編】:
旭化成・小堀秀毅社長を直撃 事業分野を見直し、脱炭素に積極的に取り組む
多面的な事業展開をしてきた旭化成。その一方で、時代にそぐわない分野も出てきている。大胆な事業分野の見直しを断行すると同時に、企業の生命線になったカーボンニュートラルな社会実現のための事業には積極的に取り組む考えだ。小堀秀毅社長にインタビューした。(2021/12/22)

「ミジュマル」が三重県の応援ポケモンに
ポケモン社は21日、ラッコポケモンの「ミジュマル」が三重県の応援ポケモンに任命されたと発表した。三重県のプロモーションや地域活性化に取り組む。(2021/12/21)

みずほ銀行、障がい作家作品起用の「みずほビジネスデビットSDGs」発行
みずほ銀行は12月20日、ヘラルボニーに連携し、ヘラルボニーが契約する障がいのある作家のアート作品を起用した「みずほビジネスデビットSDGs」の発行を開始した。(2021/12/20)

自然エネルギー:
導水管に水車を設置して480世帯分を発電、既存の水道施設を生かす水力発電所
三峰川電力が山形市で建設を進めていた「宝沢ほたる発電所」が完成し。水道施設を流れる流水と設備間の落差を活用して発電を行う「水道施設活用型水力発電設備」で、年間480世帯分の発電量を見込んでいる。(2021/12/20)

「最高の駅弁」を決める戦い JR東日本「駅弁味の陣2021」受賞駅弁が発表 最も評価が高かった「駅弁大将軍」に山梨県「ワインのめし」選出
みんなが選んだ駅弁14種!(2021/12/19)

Yahoo!検索、各都道府県のユーザーが2021年に興味をもったのは何かが分かる「検索急上昇ワード」発表
ゲームではウマ娘が圧倒!(2021/12/19)

銀シャリ鰻、一発試験でバイク免許取得 「取りました!」「バイクはもう買うてます」
一発試験で!! おぉぉ〜!(2021/12/16)

強風の中 ふわりと空へ 空飛ぶクルマがデモフライト 福島
福島県浪江町の福島ロボットテストフィールド浪江滑走路で空飛ぶクルマのデモフライトが行われた。東日本で飛行したのは今回が初めてという。(2021/12/14)

高さ6m「ラッキー」そびえ立つ公園、福島県浪江町にオープン ポケモンGOでは“ラッキーの巣”に
ポケモン社は12日、福島県浪江町に「ラッキー公園 in なみえまち」が開園したと発表しました。ポケモンをモチーフにした公園は全国初。(2021/12/13)

ふたご座流星群は13日、14日ピーク 太平洋側は「バッチリ見える」 全国各地から生配信も
13日の深夜から15日未明にかけ、三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が観測できる。ウェザーニュースによると、13日と14日は東日本/西日本ともに太平洋側は晴れるところが多く「バッチリ見える」。各地から生配信も行う。(2021/12/12)

佐賀県、「佐賀海苔」が主役の漫画だけを集めた謎サイト公開 ぶっ飛んだ世界観で名産品の魅力をアピール
海苔がメインのグルメ漫画を「ないなら自分でつくるしかない」と46作品も公開しています。(2021/12/11)

心筋梗塞 血液でリスク予測 糖尿病や脂肪の健康データ テレワークで急に悪化 心筋梗塞や脳卒中のリスクも
血液検査「フォーネスビジュアス」は、少量の血液から約7000種類のタンパク質を一度に測定し、AI技術を組み合わせて、4年以内の心筋梗塞・脳卒中発症リスクを予測する検査法。「コロナ禍で運動不足になって健康データが急激に悪化した人が多い」という。(2021/12/9)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、2022年1月以降の参加自治体が決定
PayPayは、地方自治体と共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」で2022年1月以降の参加自治体を発表。新たに27の自治体が参加し、2回目以降に実施する自治体は118で全国45都道府県に広がっている。(2021/12/8)

紙で保存しなくてもOK 電子帳簿保存法対応の無料書類保管サービス続々
2022年1月に施行される改正電子帳簿保存法。この法改正によって、波紋を呼んでいるのが同時に実施される「電子取引の紙保存禁止」だ。こうした状況の中、複数社が、受け取った電子取引書類を、国税が求める検索要件に従って保存できる無料サービスの提供を始めた。(2021/12/6)

導入事例:
新潟地域振興局の河川工事では初、福島潟でICT浚渫工事を実施
小柳建設は、新潟地域振興局の河川工事では初となるICT浚渫(しゅんせつ)工事「福島潟広域連携(河川)浚渫工事」を実施。パイプを通して浚渫土を空気圧送する同社独自の高濃度・薄層浚渫工法「泥土吸引圧送システム」とICT浚渫を組み合わせ、高精度の出来形管理と高効率施工を目指す。(2021/12/6)

「ウェーイ! 連結ぅ!!」 鉄オタ松井玲奈、山形新幹線「E3系」に乗って歓喜 のほほん鉄活に「それもまたかわいい」
ホント鉄道好きなんですねー。(2021/12/5)

水戸「常陸牛といばらき笠間の栗めし」(1250円):
栗の生産量は全国1位! 自分で歩いて探そう、茨城の魅力
東日本エリアの駅弁人気投票イベント「駅弁味の陣2021」参加駅弁を食べ歩き! 名産地・笠間の栗を使った秋限定の「常陸牛といばらき笠間の栗めし」おいしそうですよ。(2021/12/5)

チェリー吉武、初めてのワンオペ育児に汗だく 父としての成長に妻「たんぽぽ」白鳥も「すごいよ! ありがたい!!!」
お疲れ様です!(2021/12/4)

山田花子、9歳長男が小学校で“漫才デビュー” キャリア生かし「なんでやねん!」伝授
長男自作のネタのタイトルは「ファミリーレストランの変な店長」(2021/12/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
次の「新幹線」はどこか 計画をまとめると“本命”が見えてきた?
西九州新幹線開業、北陸新幹線敦賀延伸の開業時期が近づいている。そこで今回は、新幹線基本計画路線の現在の動きをまとめてみた。新幹線の構想は各県にあるが、計画は「建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画」として告示されている。これと費用便益比、各地のロビー活動の現状などから、今後を占ってみたい。(2021/12/5)

自然エネルギー:
アサヒが東北3工場の電力を再エネ化、国内拠点の54%の電力がCO2ゼロに
アサヒグループホールディングスが東北地区3工場の購入電力を再生可能エネルギーに切り替え。これにより国内のアサヒグループ全生産拠点の購入電力は約54%(143GWh)まで再エネ化が進むという、(2021/11/30)

電気自動車:
日産は2028年に全固体電池を実用化、EVをエンジン車並みのコストに
日産自動車は2021年11月29日、オンラインで会見を開き、2030年度に向けた長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表した。(2021/11/30)

ドスパラの出店ラッシュが続く! 今度は水戸赤塚店がオープン!
11月27日、サードウェーブの新店舗「ドスパラ水戸赤塚店」(茨城県水戸市)がオープンした。非常に開放的な店内が印象的だ。(2021/11/27)

JR各社が導入 「みどりの窓口」に代わる近い将来の話せる窓口「アシストマルス」とは
廃止が進む「みどりの窓口」ですが、代わりに……。「QR乗車票」にも期待です。(2021/11/26)

JR新大久保駅ビルに食の催事場:
特産品を都内でPR 新幹線物流を生かしたJR東日本のフードビジネス戦略
JR東日本が手掛ける山手線ブランド「東京感動線」が新大久保に開業したフードラボ「キムチ、ドリアン、カルダモン、、、」。担当者に狙いを聞いた。(2021/11/26)

NTTドコモの調査:
自治体の災害情報配信サービス 登録している人は何割?
NTTドコモ モバイル社会研究所は「防災に関する調査」を実施した。その結果、居住している自治体の災害情報配信サービスに登録している人は約4割だった。(2021/11/25)

「山いらない? 今爺ちゃんから4つもらった」 親から届いたとんでもLINEに「田舎あるある」の声
管理で苦労している家庭も多い様子。(2021/11/22)

導入事例:
アッシュクリートを福島第一原発の津波対策工事に適用、10万トン以上の石炭灰を活用
安藤ハザマでは、石炭灰を使ったアッシュクリートの製造技術を開発して以降、さまざまな現場で適用し、2021年3月末時点で、162.3万トン以上の石炭灰を有効利用している。現在は、福島第一原子力発電所で、津波対策の一環として、「1F 日本海溝津波対策防潮堤設置工事(材料製造工事)」でアッシュクリートを適用する計画を進めている。(2021/11/16)

エコカー技術:
バイオ燃料でマツダスバルトヨタがスーパー耐久参戦、水素エンジンは二輪4社の共同開発へ
川崎重工(カワサキ)、SUBARU(スバル)、トヨタ自動車、マツダ、ヤマハ発動機は2021年11月13日、会見を開き、代替燃料を使ったモータースポーツ活動や共同開発を行うと発表した。(2021/11/15)

鉄道のポイント経済圏:
なぜ「JRE POINT」はここまで普及したのか、JR東日本のポイント戦略
かつては複雑な印象があったJR東日本のポイントサービスだが、2016年に「JRE POINT」が登場したことで、状況が一変した。なぜ、JRE POINTは現在ここまで普及し、ポイントがたまりやすくなったのか。(2021/11/15)

ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来に挑戦決定 賞金1000万円は“刺青除去費用”「刑務所の中で母親と約束した」
ABEMAの人気シリーズ「1000万円企画」2年ぶりとなる最新作「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」に挑戦。(2021/11/12)

JR東日本、Z世代に人気の「新大久保」にカフェをオープン インスタ映えするスイーツを提供
JR東日本は、新大久保駅直上のフードホール「Kimchi, Durian,Cardamom,,,(キムチ、ドリアン、カルダモン、、、)」に、SNSで注目される映えスイーツを提供する「NEW ORK CAFE」をオープンした。(2021/11/12)

夫に内緒で……40歳専業主婦の約1割が一度に「10万円以上」使ったことがあると回答
 SheepDog(東京都品川区)は、運営するITツール比較サイト「STRATE」にて、専業主婦を対象に「夫に内緒で利用したお金に関するアンケート」を実施した。(2021/11/11)

JR東「撮り鉄コミュニティ」好調な滑り出し あえてイメージの悪い言葉を使った理由は?
JR東日本が11月10日に開設した「撮り鉄コミュニティ」が、登録開始から1日で300人を超えるなど好調なスタートを切った。(2021/11/11)

地域経済の底力:
コロナ禍でも宿泊客を集める、半世紀前に築き上げられた「貸別荘」ビジネスの威力
多くのホテル・旅館がコロナによる大打撃を受ける中、早くもコロナ前の売り上げ水準を超える勢いを見せているのが、山梨・八ヶ岳や静岡・伊豆などで施設を運営するセラヴィリゾート泉郷だ。堅調な理由は、同社が約50年前に作り出したビジネスモデルにあった。(2021/11/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。