• 関連の記事

「福島県」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福島県」に関する情報が集まったページです。

東北6県のブランド米を食べ比べ! 白米好きにはたまらないパックご飯セットが魅力的すぎる
おいしいお米6種類が楽しめます。(2024/3/3)

移住希望地ランキング「群馬県」急上昇2位、理由は?
地方移住を支援するNPO法人「ふるさと回帰支援センター」は1日、令和5年1年間に窓口を訪れた相談者の都道府県別移住希望地ランキングを発表した。(2024/3/2)

少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
勇気が出る動画。(2024/3/2)

AIで生成された女性モデル、地方創生の顔に 自然に町長と写真に収まっててすげぇぇぇぇ!!
生成AIから生まれた「藤原れい」が福島県楢葉町の移住促進PR大使に。(2024/2/29)

「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
食べ盛りの子ども2人がいる山田さん。(2024/2/25)

“幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
うっとりします。(2024/2/24)

オイシックス会長、X(旧Twitter)での不適切発言で辞任 「放射能汚染水」投稿
懲罰委員会で今年度末(2024年3月末)までの停職処分となりましたが、本人から辞任の申し出があったとしています。(2024/2/22)

オイシックスの藤田会長が辞任 X上の不適切発言で 高島社長は報酬の一部を自主返納
オイシックス・ラ・大地は22日、不適切な発言が問題視されていた藤田和芳会長が辞任したと発表した。(2024/2/22)

今日のリサーチ:
韓国と台湾の訪日旅行客 旅マエ検索データで分かった行きたい場所の傾向は?
グローバルマーケティングを手がけるアウンコンサルティングが、2023年の訪日外国人客の動向をまとめました。(2024/2/22)

資金調達額は累計19.2億円へ:
大熊ダイヤモンドデバイス、新たに3.3億円調達
大熊ダイヤモンドデバイスは2024年2月、北陸銀行、みずほ銀行および三井住友銀行より、デットファイナンスによる資金調達を行った。今回の調達額は総額3億3000万円(融資枠含む)で、創業以来の資金調達額は累計19億2000万円となる。(2024/2/19)

電子ブックレット(BUILT):
次の「大地震」に建設ICTで備える!建設業ができる日常の延長線上にある防災
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、次に巨大地震が起きる前に、建設業が果たすべき社会的役割としての減災/防災に役立つ、インタビューやセミナーレポートなどを厳選しました。(2024/2/19)

プラレール65周年記念! JR東とタイアップした「プラレールスタンプラリー」開催
「JR東日本 プラレールスタンプラリー2024〜プラレール65周年記念〜」を4月5日から開催。(2024/2/18)

楽天モバイルと米AST、衛星とスマホの直接通信に自信 競合他社にはない強みは?
楽天モバイルが米AST SpaceMobileと共同で、衛星と携帯電話の直接通信によるモバイル・ブロードバンド通信サービスを日本国内で2026年内に始める計画だと発表した。衛星と市販のスマートフォンが直接通信し、音声通話やデータ通信が可能になる予定。両社は同日、会見を開いた。(2024/2/16)

オイシックス会長のSNS投稿 同社「極めて不適切」
有機野菜や無添加加工食品などの販売を手掛けている「オイシックス・ラ・大地」の藤田和芳会長が、自身のX(旧ツイッター)のアカウントで、東京電力福島第1原発の処理水について「放射能汚染水」と投稿したとして、同社は「多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまったことに対して深くお詫び申し上げます」と公式サイトを通じて謝罪した。(2024/2/16)

オイシックス、藤田会長の不適切な投稿を謝罪 Xで「放射能汚染水」 懲罰委員会も
オイシックスは15日、藤田和芳会長の不適切な発言を謝罪した。X(旧Twitter)に「放射能汚染水」などと投稿していた。(2024/2/16)

オイシックス、会長の不適切発言を謝罪 Xで「放射能汚染水」投稿 懲罰委員会を開催へ
「極めて不適切で容認できるものではない」としています。(2024/2/16)

エネルギー管理:
長期脱炭素電源オークション、既設原発の安全対策投資も対象に
脱炭素電源への新規投資の促進を目的に、2023年度からスタートした「長期脱炭素電源オークション」。第2回オークションの開催に向けて、水素・アンモニアや既設原子力、水力発電の取り扱いが整理された。(2024/2/16)

対談企画「CEOの意志」:
バッテリーシェアリング誕生の裏側 ラッパーから起業したCEOの戦略
今回対談したのは、ChargeSPOTの設置台数日本一を誇るINFORICH社の秋山広宣CEOだ。秋山CEOはトリリンガルラッパーの「日華」として活躍後、2015年に創業。18年4月からサービスを開始したChargeSPOTの成功によって、22年12月に上場を果たした。短い期間で事業を大きく成長させた秘訣に迫る。(2024/2/16)

脱炭素:
グリーン冷媒「R1234yf」を採用した冷蔵庫を対象に冷媒ガス漏れ修理を10年無料
フクシマガリレイは、グリーン冷媒「R1234yf」を採用した業務用冷凍冷蔵庫(タテ型/ヨコ型)とキューブアイス製氷機小型タイプを対象に冷媒ガス漏れの修理費を10年間全額保証するサービス「冷媒ガス漏れ10年保証」を2024年4月から開始する。(2024/2/14)

ロボットを産業創出や防災対策に! 福島・南相馬市で進む新たな挑戦
(2024/2/14)

一世風靡の「電波少年」タレント、NHK取材に“東京から参加した人”名義で登場→視聴者が本人と特定へ 「一般人扱いで笑ってしまった」
やはりご本人だったとのこと。(2024/2/11)

電動化:
日産がエネルギーマネジメントサービス、導入第1弾は広島大学
日産自動車はEVのバッテリーを蓄電池として充放電制御を行う独自のエネルギーマネジメントサービス「ニッサンエナジーシェア」の提供を開始する。(2024/2/5)

「虚構新聞展」リアル開催 20周年のエイプリルフールに合わせ
嘘ニュースサイト「虚構新聞」の世界を体感できる展覧会が、20周年のエイプリルフールに合わせて大阪で開催される。(2024/2/2)

「NewDays」で期間限定のうれしい増量フェス 値段そのままで40%以上増量も
2月6日〜2月12日に開催。(2024/2/1)

久月が披露:
似てるかな? 大谷翔平らトップアスリート5人のひな人形
東京・浅草橋の老舗人形メーカー「久月」は31日、世界で活躍が期待されるスポーツ選手らに似せて制作したひな人形「今年の期待びな」を公開した。。(2024/1/31)

無人駅舎「JR常磐線・小高駅」に醸造所が誕生 日本初の試み
新ジャンルの日本酒「クラフトサケ」の酒蔵を運営するhaccobaは、JR常磐線・小高駅に醸造所を開業する。(2024/1/31)

日立が産業プラントにAI活用 「現場拡張メタバース」で業務効率化
日立製作所は現場データの収集技術や先端AI技術を活用し、製造業などの現場で業務を迅速に進める「現場拡張メタバース」を開発した。現場拡張メタバースの全容をレポートする。(2024/1/31)

PR:会津若松にアクセンチュアのイノベーション創出拠点、なぜ? 現地で見えた「東京じゃ経験できない」地方ビジネスの“今”
(2024/2/1)

山田花子、“金ヅル”うわさの夫婦関係に言及 「うわさしてるでしょ。分かってますよ」
過去の番組で発言したことが誇張されて伝えられていたとのこと。(2024/1/30)

デジタル化に伴うマーケティングの役割の変化を反映:
「マーケティング」の定義が34年ぶりに刷新 旧定義との違いは?
日本マーケティング協会が新しい「マーケティング」の定義を発表した。(2024/1/28)

ファミマで「地域対抗!あんこパン王決定戦」を開催 地域限定9種類で頂点を競う
総合評価1位は再販売される予定。(2024/1/22)

「きのこの山」VS「たけのこの里」――あの国民的論争は誰が始めたのか “歴史”を明治に聞いた
第三勢力の“幻の村”の存在も。(2024/1/26)

工場ニュース:
パナソニック コネクトが福島工場を閉鎖、老朽化により2025年5月に
パナソニック コネクトは2025年5月に福島工場を閉鎖すると発表した。(2024/1/19)

資生堂・魚谷雅彦会長インタビュー 中国市場を引き続き重視
引き続き中国市場を重視していく姿勢を強調した。(2024/1/18)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ルネサスもTransphorm買収で本格参戦へ、再編が進むGaNパワー半導体業界
市場形成が本格化してきたGaNパワー半導体業界の再編は、近い将来さらに加速していくことが予想されます。(2024/1/15)

電子ブックレット(FA):
2024年注目の「水素」を、工場で製造/活用する事例まとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2024年に注目集める「水素」の製造と活用についての事例をまとめた「『水素』を工場で製造/活用する事例まとめ」をお送りします。(2024/1/15)

教育力が高い大学ランクキング 難関国公立がベスト3
進学校の進路指導教諭は、どのような大学を評価しているのか、さまざまな視点から見ていこう。今週は「教育力が高い大学ランク」をお届けする。(2024/1/13)

外国人に人気が高い東北の観光地 「中尊寺」「銀山温泉」を抑えた1位は?
東北地方でインバウンド観光客に人気の観光地はどこか。口コミを基に調査したランキング結果が発表された。(2024/1/13)

買収総額は約492億円:
ルネサス、GaN半導体メーカー・Transphormを買収
ルネサス エレクトロニクスは2024年1月11日、Transphorm(トランスフォーム)を買収すると発表した。買収額は、約3億3900万米ドル(約492億円)。2024年下半期の買収完了を予定する。(2024/1/11)

研究開発の最前線:
産総研がセラミックス材料の最適な製造条件を短時間で算出するAIを開発
産総研は、使用原料の種類、成形方法、焼結条件などの製造プロセス情報を用いて窒化ケイ素セラミックス焼結体の熱伝導率を高精度に予測するAI技術の確立に成功した。(2024/1/9)

米の生産量 中国・インドに続く「第3位」はどこ?
日本ではありませんよ。(2023/12/30)

材料技術:
旭化成の素材戦略、次世代半導体のパッケージ材料や水電解システムに重点投資
旭化成は、東京都内とオンラインで説明会を開催し、マテリアル領域における事業ポートフォリオの転換、成長事業の取り組みについて紹介した。(2023/12/28)

工場ニュース:
リチウムイオン電池からレアメタルを高効率回収、三菱マテリアルが技術開発へ
三菱マテリアルは、子会社の小名浜製錬の小名浜製錬所の敷地内に、リチウムイオン電池リサイクル技術の確立に向けたパイロットプラントを建設する。(2023/12/22)

ローソンストア100「100円おせち」の苦闘 原材料高騰でついに「150円」登場
ローソンストア100の「100円おせち」。2012年の発売以来100円を維持していて、今回も31種類は価格を据え置いた。だが原材料価格の高騰などから、残り14種類を150円で展開せざるを得なくなったという。150円で抑え切った工夫と裏側の苦労に迫った。(2023/12/20)

物流のスマート化:
新たなビジネスモデルで「物流三悪」が加速、オリンパスはどう対応したのか
MONOistがライブ配信セミナー「サプライチェーンの革新〜資材高騰・部品不足に対するレジリエンスとは〜」を開催。本稿ではオリンパスの原英一氏による基調講演について紹介する。(2023/12/20)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
総額648億円 JR東の赤字路線、原因は「収入が少ない」だけじゃない
(2023/12/20)

赤字ローカル線は「バス転換」より「自家用車転換」 JR出身の専門家が提言
ローカル線の廃止といえば「バス転換」が主流だが、バスよりも自家用車に「転換」するべきだと提言する研究者がいる。その先には自動運転による課題解決も視野に入る。(2023/12/18)

製造マネジメントニュース:
福島原発のALPS処理水放出の影響を調査、「影響ある」企業は2.9%
東京商工リサーチは、東京電力が2023年8月に福島第一原子力発電所のALPS処理水を海に放出したことで、中国など一部の国や地域が日本の水産物の輸入規制を強化した影響に関する調査結果を発表した。(2023/12/18)

製造マネジメントニュース:
アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱うカナダのスタートアップに出資
旭化成は、アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱う、カナダのスタートアップ企業Ionomr Innovationsに出資参画することを発表した。ノウハウを提供するなど研究開発分野での連携を深め、膜の性能強化も支援する。(2023/12/18)

「俺ってすごくない〜」 40年前の田代まさし、ドジャース入り大谷翔平と奇跡的“偶然の一致”を果たしてしまう
こんなことある……?(2023/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。