• 関連の記事

「イーロン・マスク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Elon Musk

Social Media Today:
超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも、イーロン・マスク氏の考え方は、あなたと異なるかもしれない。(2022/5/20)

シリコンバレーから見た風景:
Blockの「Cash App」で体験する、日本がまだ知らないP2Pペイメント 根性バーガーから広がった未知の世界
Twitter共同創業者であるジャック・ドーシー氏の会社Block(旧Square)の「Cash App」は日本未導入。このサービスを使ってみた。(2022/5/19)

Twitterの幹部3人が新たに退社 1人は「イーロンのせいではない」とツイート
イーロン・マスク氏が買収しようとしているTwitterから3人の幹部が退社した。いずれも自主的なものという。マスク氏は現在「買収を保留している」としている。(2022/5/18)

Twitter買収保留宣言のイーロン・マスク氏、「SECはユーザー数を調査すべし」
Twitter買収を保留するとツイートしたイーロン・マスク氏。「Twitterがスパムアカウントが5%以下だと言う根拠を示すまで取引を進めない」「SECはTwitterを調査すべきだ」などとツイートした。(2022/5/18)

TwitterのCEOの「スパムアカウントは5%未満」説明にマスク氏はうんこ絵文字でリプライ
イーロン・マスク氏が「スパムやbot率が確認できるまでTwitterの買収を保留する」とツイートしたことを受け、パラグ・アグラワルCEOがスパムアカウント率の測定方法を連投ツイートで説明。マスク氏はうんこ絵文字でリプライし、疑問を呈した。(2022/5/17)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ツイッター買収で重要な役割を担うプライベート・デット市場
テスラCEOのイーロン・マスク氏によるツイッター買収は、プライべート・デット市場の存在感の強さも証明しました。(2022/5/17)

小寺信良のIT大作戦:
新機能「サークル」でTwitterはどこへ向かうのか
Twitterの新機能「サークル」は現在起きている炎上問題などを解決してくれるだろうか?(2022/5/16)

イーロン・マスク氏、「Twitterの買収を一時保留する」「でもまだ買うつもりだよ」とツイート
Twitterを約440億ドルで買収する契約書に署名済みのイーロン・マスク氏が、買収の手続きを一時保留するとツイートした。その2時間後には「まだ買収に取り組んでいる」とツイートした。契約書では一方的に破棄した場合、10億ドル支払うことになっている。(2022/5/14)

SpaceX、衛星ネットサービス「Starlink」の利用可能地域マップを更新 ウクライナは「WAITLIST」に
イーロン・マスク氏率いるSpaceXは、衛星ネットサービス「Starlink」の利用可能地域マップを更新した。ウクライナは利用可能だがキットが不足している。マスク氏はロシアによるStarlinkへのサイバー攻撃が激しくなっているとツイートした。(2022/5/13)

Twitter、複数の幹部を解雇
Twitterの幹部チームの2人のジェネラルマネジャーが、CEOから解雇を言い渡されたとツイートした。CEOは社内宛書簡で「変更の多くは困難なものだが、Twitterとその将来にとって正しいものだ」と語った。(2022/5/13)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏のTwitter買収に関する言い分、鵜呑みにしていいのか?
イーロン・マスク氏がTwitterを買収する理由として掲げる「言論の自由」が意味するものとは?(2022/5/13)

永久凍結「間違い」:
「道徳的に間違っており、とても愚かだ」マスク氏、トランプ氏排除を撤回
電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は10日、買収合意した米短文投稿サイト大手ツイッターの運営をめぐり、トランプ前米大統領のアカウントを永久凍結した対応を撤回する考えを表明した。(2022/5/11)

イーロン・マスク氏、EUのデジタルサービス法(DSA)に賛意
Teslaのテキサス工場を訪れた欧州委員会のティエリー・ブルトン委員がイーロン・マスクCEOと語る動画をツイートした。ブルトン氏は「DSAについて理解していただけた」と語った。Twitterを買収するマスク氏もこの法案が「私の考えと一致する」と語った。(2022/5/11)

イーロン・マスク氏、「Twitterの買収が完了したらトランプ氏の永久凍結を解除する」
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏はインタビューで、トランプ氏のアカウント永久凍結は間違えだったと語った。買収が完了したらトランプ氏のアカウントを復活させるとも。(2022/5/11)

マスク氏、「Twitterの広告依存度を収益の50%未満に」など──NYTが入手したプレゼン資料より
Twitterを買収することで合意したイーロン・マスク氏が投資家に披露したプレゼン資料をNew York Timesが入手した。2028年までに収益を5倍にし、広告への依存度を収益の50%にするなどと予測している。(2022/5/8)

イーロン・マスク氏、Twitter買収資金71億ドル超をラリー・エリソン氏やサウジの王子などから調達
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏が、ラリー・エリソン氏などから買収資金71億4000万ドルを確保した。暗号資産取引所のBinanceも5億ドル出資する。(2022/5/6)

イーロン・マスク氏のTwitter買収で何が変わるのか? 問われる“自由”の意義
イーロン・マスク氏がTwitterを買収することが承認されました。マスク氏はTwitterを買収する理由について、言論の自由が危ういことを挙げています。マスク氏は「法律をはるかに超えた検閲に反対する」とも述べています。(2022/5/2)

Teslaのイーロン・マスクCEO、84億ドル相当のTesla株式を売却 Twitter買収資金か
Twitterを約440億ドルで買収することに合意したイーロン・マスク氏が、経営するTeslaの持ち株84億ドル相当を売却した。売却後も同氏はTeslaの筆頭株主だ。(2022/4/30)

イーロン・マスクが唱える「自由なTwitter」の功罪 買収がもたらす“変化”とは
イーロン・マスク氏が、Twitterの全株式を買収し、運営に携わることとなった。マスク氏は、Twitterを誰もが自由に話せるべき場所にしたい、と考えているようだが、この「自由」とはどんな意味を持つだろうか。(2022/4/30)

マスク氏による買収に合意したTwitterのQ1決算は増収増益 電話会見は開催せず
Twitterの2022年1〜3月期決算は増収増益だった。同社はイーロン・マスク氏による買収に合意しており、買収完了後は非公開企業になるため、これが最後の業績発表になる可能性がある。(2022/4/29)

イーロン・マスク氏によるツイッター買収は終わりの始まりか、あるいは何かの始まりなのか
イーロン・マスク氏によるTwitter買収が世界中で波紋を起こしている。彼が目指す自由な発言の場とはどういうことか。TwitterというSNSの特性から読み解く。(2022/4/28)

ニコニコ超会議を前に:
「iモードがなければスマホは誕生しなかった」――KADOKAWA夏野剛社長が語る「日本の経営者にいま必要なもの」とは?
「ニコニコ超会議」を主催するドワンゴを率いるのは、NTTドコモが運営していたサービス「iモード」の生みの親とされる夏野剛社長だ。国内屈指のIP企業が、宇宙ベンチャー起業に出資した理由を聞いた。(2022/4/29)

「Twitterは欧州の規則に従う必要がある。マスク氏はよくご存じだろう」と欧州委員会のブルトン委員
イーロン・マスク氏によるTwitter買収合意の発表を受け、欧州委員会のブルトン委員が「自動車であれSNSであれ、欧州では欧州の規則に従う必要がある」とツイートした。欧州連合はプラットフォーム企業にコンテンツの責任を問う新規則「DSA」に合意したばかりだ。(2022/4/27)

Twitterのドーシー前CEO、「イーロンこそが唯一の解決策」と買収を歓迎
Twitterの共同創業者で前CEOのジャック・ドーシー氏は、イーロン・マスク氏による同社買収を歓迎するツイートを連投した。上場廃止を「Twitterを取り戻すのは正しい第一歩」とし、「イーロンこそが唯一の解決策」と語った。(2022/4/27)

ホリエモン×夏野剛(3):
ホリエモンが見通す「日本の自動車産業の未来」  テスラが持つ真のコアテクノロジーとは
堀江氏はISTに新たに出資したKADOKAWAの夏野剛社長と、4月15日にIST東京支社で対談した。ウクライナ戦争によって、スペースXが世界の宇宙開発競争においてかつてない優位に立っている点や、「テスラ」という先進企業が米国から次々と生まれてくる理由について、議論を交わした。(2022/4/27)

「Twitter有料化」がトレンド入り イーロン・マスク氏の買収でTwitter民がつぶやく“期待と不安”
4月25日(現地時間)に、米Tesla CEOで起業家のイーロン・マスク氏がTwitterを買収すると発表して以来、Twitterが今後どうなるのかに注目が集まっている。(2022/4/26)

イーロン・マスクがTwitter買収→「Twitter有料化」がなぜかTwitterトレンド1位に 今のところ新しい有料プランの発表はなし
イーロン・マスク氏によるTwitter買収の余波。(2022/4/26)

イーロン・マスク、ツイッター買収 5兆6700億円規模
米ツイッターは現地時間4月25日、イーロン・マスク氏による買収を受け入れると発表した。1株あたり54.2ドル、買収金額は約440億ドル(5兆6700億円)規模となる。買収は2022年中に完了する見込み。買収が完了すると、ツイッターは非公開企業となる。(2022/4/26)

トランプ元大統領、「マスク氏がTwitterを買収しても戻らない」とFox Newsに語る
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏は「すべてのユーザーを認証する」と語った。だが、昨年アカウントを永久凍結されたドナルド・トランプ前米大統領はたとえ凍結を解除されてもTwitterには戻らないと語った。同氏が立ち上げたSNS「Truth」にとどまるとしている。(2022/4/26)

Twitter、イーロン・マスク氏の買収提案を受け入れ
株式非公開企業に。(2022/4/26)

Twitter、マスク氏による買収に合意 440億ドル(約5.6兆円)で非公開企業に
Twitterは、イーロン・マスク氏による買収に合意したと発表した。買収完了後、非公開企業になる。買収総額は約440億ドル(約5兆6400億円)だ。(2022/4/26)

ホリエモン×夏野剛(2):
ホリエモンが訴える国内サプライチェーンの重要性 脱ロシア化で起こる宇宙ビジネスの課題
今や米国では、民間企業しかロケットを打ち上げられない可能性もある。一方の日本では比較的、国内でのサプライチェーンの機能が保たれている。インターステラテクノロジズでも他国の部品に依存しない形で、ロケットの打ち上げに何度も成功している。(2022/4/26)

ホリエモン×夏野剛(1):
iモード生みの親・夏野剛が斬る「オールドスペースからは日本の宇宙産業は何も生まれない」
KADOKAWAは、ホリエモンこと堀江貴文氏が取締役を務める宇宙開発ベンチャー、インターステラテクノロジズに出資する。なぜ、出版をはじめとした総合エンターテインメント企業が宇宙開発に出資したのか。4月には都内のIST東京支社で、堀江氏と夏野氏が対談。日本の宇宙開発ISTをはじめとする日本の宇宙開発ベンチャーに賭ける思いを明かした。(2022/4/25)

イーロン・マスク氏、Twitterの株式公開買付による買収を検討 約6兆円の資金調達にめど
Twitterの株式の約9%を持つイーロン・マスク氏が、株式公開買付(Tender Offer)による買収を検討していることが明らかになった。米証券取引委員会に提出された文書で、Morgan Stanley Bankや三菱UFJなどから買収資金465億ドル(約6兆円)の融資の約束を取り付けたとしている。(2022/4/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
イーロン・マスクのTwitter買収劇、その真実に迫る
イーロン・マスク氏によるツイッター買収劇は、どのようにして始まったのか。マスク氏とツイッター社のこれまでの関係や「敵視」を向けたタイミングなど、ここ数年のツイート内容などから考察する。(2022/4/22)

Tesla決算、売上高81%増、粗利益率は過去最高 「今年は150万台生産できる」とマスクCEO
Teslaの1〜3月期決算は、売上高は81%増、純利益は約6.6倍でいずれもアナリスト予測を大きく上回った。価格引き上げや温暖化ガス排出枠販売が奏功した。(2022/4/21)

Twitterに「編集機能」は実装されるのか? その経緯と影響を整理する
Twitterは、ツイートを後から編集できる編集機能に取り組んでいると明らかにしました。ツイートを編集する機能は、これまでたびたび話題になっていたものの、Twitterがかたくなに導入を拒んでいた機能。編集機能を導入する場合、編集履歴の表示や投稿後5分後以内にするなどの措置が必要となりそうです。(2022/4/20)

Twitter取締役会、マスク氏による買収の防衛策“ポイズンピル”発動へ
大株主のイーロン・マスク氏から買収提案を受けたTwitterが、買収防衛策、いわゆる「ポイズンピル」を発表した。マスク氏はTwitterが買収を拒否した場合「プランBがある」と語っていた。(2022/4/16)

イーロン・マスク氏、米ツイッターの筆頭株主ではなかった 米WSJの報道が話題
米ツイッターに買収を提案している、米スペースXとテスラのイーロン・マスクCEO。そのマスク氏が実はツイッターの筆頭株主ではなかったとする、米経済紙ウォールストリートジャーナル(WSJ)の報道が注目を集めている。(2022/4/15)

主要株主のサウジ王子、マスク氏の米ツイッター買収提案拒否 マスク氏「サウジに言論の自由あるの?」と投稿
イーロン・マスク氏による米ツイッター買収提案を巡り、ツイッターの主要株主であるサウジアラビアのアル=ワリード・ビン・タラール王子が提案を拒否する考えを明らかにした。王子はその理由について「マスク氏の提案が、ツイッター社がもたらす成長見込みの本質的価値に近づくとは思えない」と投稿している。(2022/4/15)

イーロン・マスク氏が後押し:
ツイッターの「編集機能」に賛否 専門家「誹謗中傷の責任逃れ」を懸念
米ツイッターが6日に試験導入を発表した投稿の「編集機能」が波紋を広げている。投稿済みの内容を削除せずに後から訂正できるという仕組みだ。(2022/4/15)

イーロン・マスク氏、TED 2022でTwitter買収提案について語る
イーロン・マスク氏はTwitterへの買収提案の数時間後、TED 2022に登壇した。目的は金儲けではなく、言論の自由のための包括的な場のためと語った。提案を拒否されたら「プランB」を用意しているとも。(2022/4/15)

イーロン・マスク氏、米ツイッターに完全買収提案 総額5兆円規模か 「言論の自由が必要」
米スペースXとテスラのイーロン・マスクCEOは4月14日、米ツイッターに全株式取得を提案したと自身の公式Twitterアカウントで明らかにした。実現すれば、総額5兆円規模になるとみられる。(2022/4/14)

イーロン・マスク氏、Twitterに買収提案 約5兆円規模に 「Twitterには並外れた可能性がある」
EVを手かげる米Tesla CEOのイーロン・マスク氏は4月13日(現地時間)、米Twitterの全株式を取得すると同社に提案したことが明らかになった。(2022/4/14)

イーロン・マスク氏がTwitter買収を提案 「Twitterは非公開企業に転換する必要がある」
1株54.20ドルでの買収を提案。(2022/4/14)

イーロン・マスク氏、なぜツイッターの筆頭株主に? 過去ツイートから分析
米スペースXとテスラのイーロン・マスクCEOが米ツイッターの取締役就任を辞退した。マスク氏は株式取得の経緯や取締役辞退の理由を明らかにしていないものの、筆頭株主の地位は変わらず、経営や事業展開など今後の同社の意思決定に一定の影響力を行使するものとみられる。マスク氏はなぜ世界的なSNSプラットフォームの筆頭株主になったのか。過去のツイートを紐(ひも)解き、分析する。(2022/4/12)

Twitterの取締役を辞退したマスク氏は「今後も無制限に意見する」
Twitterの筆頭株主になるも取締役の座を辞退したイーロン・マスク氏。証券取引員会への報告書で、Twitterの事業や戦略について、取締役会および幹部チームと「制限なしに」話し合うと記した。また、SNSでも幹部や一般ユーザーにサービスについての意見を表明するとしている。(2022/4/12)

イーロン・マスク氏、Twitter社取締役に就任せず CEOが公表
マスク氏が取締役になると発表されたばかりでした。(2022/4/11)

イーロン・マスク氏、Twitterの取締役を辞退 同社CEOが明かす
Twitterの筆頭株主となったイーロン・マスク氏は同社の取締役にならないと決断したと、米TwitterでCEOを務めるパラグ・アグラワル氏が明かした。(2022/4/11)

イーロン・マスク氏、米ツイッターの取締役に就任せず
米ツイッター社のパラグ・アグラワルCEOは4月11日、米テスラ社のイーロン・マスクCEOが、ツイッター社の取締役に参加しないことを決定したとツイートした。(2022/4/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。