• 関連の記事

「イーロン・マスク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Elon Musk

Xの青バッジはDSA違反──欧州委員会が予備的見解 「法廷で戦う」とマスク氏
欧州委員会はXに対し、DSA(デジタルサービス法)に違反しているという予備的見解を示した。ブルーの認証済みバッジや広告でユーザーを欺いているとしている。Xのオーナー、イーロン・マスク氏は「法廷で戦う」とポストした。(2024/7/14)

Twitterの“X化”から間もなく1年 「利用者数は前年から増加中」と公式がアピール
Xのユーザーデータ情報などを発信する米X社の公式Xアカウント「Data」は、Xのユーザー数が増加傾向にあると発表した。2024年第二四半期のデータとして、1カ月間当たり約5億7000万人がXを利用と公表。前年同期比で約6%増加したという。(2024/7/11)

Social Media Today:
Xが2024年第2四半期の利用統計を公開 広告主へ必死の成長アピールの一方で残る不可解なポイント
Xが公表した新たな統計によると、少なくとも月次ベースではXの利用者数は増加しているようだ。しかし、このデータには、どうにも腑に落ちない点がある。(2024/7/11)

ユーザー数は1億7500万人:
「Threads」1周年 ポストXへの道のりは?
Metaの短文SNS「Threads」が1周年を迎えた。ロケットスタートした当時から見れば成長は鈍化しているが、それでもユーザー数は1億7500万人を超えている。(2024/7/5)

Threadsが1周年 MAUは1億7500万人超とザッカーバーグCEO
MetaのSNSサービス「Threads」が7月3日で1周年を迎えた。マーク・ザッカーバーグCEOによると、ユーザー数は1億7500万人を超えた。期間限定で2つのサプライズが用意されている。(2024/7/4)

素材/化学インタビュー:
レゾナックが素材で挑む月面開発、寒すぎる月の夜に電力を確保するシステムとは?
近年、イーロン・マスク氏が率いる米国のスペースXや国内のispaceなどにより月面の開発が注目を集めている。そこで、月の砂であるレゴリスを蓄熱体として利用する「レゴリス物理蓄熱エネルギーシステム」の開発を進めているレゾナックに話を聞いた。(2024/7/4)

CFO Dive:
ディープフェイクによるなりすまし詐欺で約40億円の被害が発生
多くの人にとってAIが身近な存在になりつつあるが、それは詐欺グループにとっても例外ではない。先日、英国でディープフェイクによる詐欺で日本円にして約40億円の被害が発生した。(2024/6/28)

生成AIベンダーOpenAIの正体
OpenAIとは何者なのか? ChatGPT開発企業のサービスと歴史を解説
「ChatGPT」や「Dall-E」などのAIサービスやAIモデルの開発を手掛けるOpenAIとはどのような企業なのか。同社の歴史や事業内容、抱えている課題を詳しく説明する。(2024/6/27)

第6回 建設・測量生産性向上展:
Starlinkで建設現場を「ネットが当たり前につながる」環境に アクティオの「レンタル+コンサル」製品群
山間部の道路やダム工事、屋内の建築現場では、十分な通信を得られないケースが多く、建設現場のデジタル化を妨げる一因となっている。建設機器のレンタルを幅広く手掛けるアクティオは、建設現場の「ネットにつながらない」課題を解決すべく、約5000基もの衛星で日本中をカバーし、「当たり前にネットにつながる」通信環境の提供を開始する。(2024/6/24)

SpaceX、ほぼA3サイズのアンテナ「Starlink MINI」を米国で限定発売
SpaceXは、Starlinkアンテナのコンパクト版「MINI」を発表した。バックパックに入れて持ち歩けるサイズだ。「セットアップには5分もかからない」とマスクCEO。(2024/6/21)

AppleとOpenAIの提携は「何を」意味する? 「共通の敵」を前にした両社の思惑
AppleとOpenAIの提携が発表された。これは「何を」意味するのか? 両社の「共通の敵」を前にした提携だと考えられるが、どういった思惑があるのかというと……(2024/6/20)

Social Media Today:
Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人の目を気にせず“きわどい”コンテンツに「いいね!」できるように促すことだが、もう一つの狙いがあるかもしれない。(2024/6/18)

Xが「いいね!」非公開化 日本ユーザーは大混乱 イーロン・マスク氏「非公開にしてから『いいね!』激増!」
米Xは、X上での「いいね!」の非公開化を実施した。他のユーザーの「いいね!」タブが見られなくなり、他人のポストについた「いいね!」も、誰がそれをつけたのか分からなくなった。(2024/6/13)

『志高く』(5):
孫正義の信念 ビル・ゲイツ、ジョブズ、イーロン・マスクに共通すること
作家・井上篤夫氏の著書『志高く 孫正義正伝 決定版』(実業之日本社文庫、2024年)から抜粋記事の5回目。ビル・ゲイツ、ジョブズ、イーロン・マスクに共通することとは?(2024/6/13)

Xが「いいね!」を非公開化へ 「プライバシー保護」のため
X(旧Twitter)は6月12日(米国時間)に「いいね!」を非公開にすると発表した。ユーザーのプライバシーを保護するのが目的だとしている。いいね!の非公開化は今週中を予定し、全てのユーザーが対象となる。(2024/6/12)

X(旧Twitter)、今週中に「いいね」非表示に 「プライバシー保護のため」 ユーザーからは「気軽にいいねできる」「選択式にして」など賛否
(2024/6/12)

イーロン・マスク氏、OpenAIとサム・アルトマンCEOの提訴を取り下げ
2月にOpenAIとサム・アルトマンCEOを提訴したイーロン・マスク氏が、提訴を取り下げた。取り下げの理由は不明だ。(2024/6/12)

イーロン・マスク「OSにOpenAI組み込むなら、自社ではAppleデバイス禁止に」 iPhoneなどとChatGPTの統合に反発
「AppleがOSレベルでOpenAIのサービスを組み込むなら、自分の会社ではAppleデバイスを禁止する。これは許容できないセキュリティ違反だ」──イーロン・マスク氏が自身のXアカウントでこうつぶやいた。(2024/6/11)

Googleの「Gemini 1.5 Pro」採用メモアプリ「NotebookLM」、日本でも利用可能に
Googleは、昨年7月に米国でリリースしたAI活用メモアプリ「NotebookLM」を日本を含む200カ国で公開した。ユーザーが指定したソースのみをグラウンディングに使うので、「ピザに接着剤」のような問題は発生しなそうだ。(2024/6/7)

SpaceXの巨大宇宙船「Starship」、帰還に初めて成功 4度目の打ち上げで
米SpaceXは6月6日(現地時間)、超大型宇宙船「Starship」の4回目の打ち上げを実施した。Starshipは、軌道投入したのち地球への再突入を実行。途中Starshipを覆う耐熱タイルが多数剥がれ、フラップも故障するなどのトラブルに見舞われたものの、無事着水に成功。「再利用できる超大型宇宙船」へ大きく前進した。(2024/6/7)

イーロン・マスク氏、東京都の“官製マッチングアプリ”に好反応 日本の少子化憂う
米Xのオーナーであるイーロン・マスク氏が日本の少子化を心配している。ある海外のXユーザーの投稿に反応して“日本消滅”の可能性に危機感を示した。(2024/6/6)

イーロン・マスク氏のxAI、メンフィスにAI向けギガファクトリー建設へ
イーロン・マスク氏のAI企業xAIが、“世界最大のスーパーコンピュータ”という「Gigafactory of Compute」の建設地としてテネシー州メンフィスを選んだと、メンフィスの商工会議所が発表した。xAIは5月、60億ドルを調達している。(2024/6/6)

イーロン・マスク氏がTesla向けに確保したNVIDIAのAIチップをxAIに転用したとの報道
Tesla、X、xAIでCEOを務めるイーロン・マスク氏が、Tesla向けに確保したNVIDIAの大量のAIチップをXとxAI向けに転用したとCNBCが報じた。この報道を受け、マスク氏はTeslaの工場側に受け入れる準備ができていないとXにポストした。(2024/6/5)

人工知能(AI)を安全に使うためのポイント
“AIガバナンス”とは? 世界が無視できなくなっている理由
AI技術が進化すると同時に、AI技術やシステムを利用する際の倫理的な問題やリスクが増大している。AIガバナンスは、こうした問題に対処するために生まれた概念だ。AIガバナンスとは何か、本稿で詳しく説明する。(2024/6/5)

前澤友作氏、SpaceXでの月周回旅行の中止を発表 「いつ飛べるのかの展望が全く出ていません」
前澤友作氏は、SpaceXの宇宙船による月周回旅行プロジェクトの中止を発表した。2023年末までに実現できるはずだったが、今の時点になっても予定が全く立たず、「このままでは人生計画が立てられない」と語った。(2024/6/2)

VCに聞く「投資したい・したくないテックスタートアップ」:
GMOに聞く「どんなスタートアップに投資したい?」 経営者に次ぐ「No.2」の重要性
VCなどスタートアップ投資に携わる人たちに、出資に当たっての考え方などをインタビュー。事業領域、指標、経営者の人柄……どんな部分に注目しているか聞く。今回はGMOインターネットグループ傘下の投資会社・GMO VenturePartnersに取材した。(2024/5/31)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
NVIDIA、驚異の“株価3400倍”上昇のワケ 「時価総額世界一」の座は手に入るか
たった四半世紀の間に、米NVIDIAの株価は3400倍以上に膨れ上がった。一昔前は知る人ぞ知るIT関連企業であったNVIDIAは、どのように成長してきたのか。時価総額世界一の座を手に入れることはできるのか。(2024/5/31)

イーロン・マスク氏のAI企業xAI、60億ドル調達 「最初の製品を投入する」
イーロン・マスク氏率いるxAIは、60億ドル(約9400億円)の資金を調達したと発表した。「今後数週間でさらに発表する予定だ」とマスク氏。(2024/5/27)

Xのエンジニア、「いいね」タブを全ユーザーで非表示にするとポスト
Xのプロフィールページの「いいね」タブを非表示にすると同社の複数のエンジニアがポストした。これまではXプレミアムユーザーのみが設定できる機能だった。(2024/5/23)

こんなにあどけなかったのか! イーロン・マスク、子ども時代と現在の“満面の笑み”を公開 驚異の“80万超いいね”獲得
アイスおいしいもんね。(2024/5/20)

10年前のWebページの38%が消失──Pew Research Center調べ
Pew Research Centerは「オンラインコンテンツが消滅するとき」と題する調査レポートを公開した。調査の結果、2013年に存在したWebページの38%が10年後にはアクセスできなくなっていた。(2024/5/20)

Threads、往年のTweetDeck的なフィード(タイムライン)のテストを開始
MetaはSNS「Threads」のWebアプリで、TweetDeck(現XPro)のようなUIのテストを開始した。「おすすめ」や検索、興味のあるトピックをカラムにして固定できる。(2024/5/17)

OpenAIでアルトマンCEO解任騒動の首謀者の1人で共同創業者のサツケバー氏が退社へ
OpenAIでの昨年11月のCEO解任騒動の首謀者とみられる共同創業者でチーフサイエンティストのイリヤ・サツケバー氏が退社する。「個人的に意味のあるプロジェクトを始める」としている。(2024/5/15)

Social Media Today:
生成AI「Grok」はXを存続の危機から救うか?
広告主のX離れが続く中、イーロン・マスク氏は新たな収入源を確立することができるのだろうか。(2024/5/15)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
xAIの生成AI「Grok」がXの有料ユーザー向けにテスト公開/「Copilot for Microsoft 365」がアップデート 「リライト」機能を追加
 うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月5日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/5/12)

Neuralink、脳チップ初治験者のチップ不具合とその修正について報告
イーロン・マスク氏のBMI企業Neuralinkは、脳チップの最初の治験者のその後の経過について報告した。64本の極細「スレッド」の一部が脳から退縮していまい、一時パフォーマンスが落ちたが回復したとしている。(2024/5/10)

チャットAI「Grok」、Xの有料ユーザーに開放
Xのプレミアムユーザーに、チャットbot型生成AI「Grok」の提供が始まった。(2024/5/8)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラは日本で受け入れられるのか? オーナーズクラブ代表に聞く「これまでの10年」と「これから」
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、Tesla歴10年余のベテランユーザー安川洋氏に、日本におけるTeslaの歴史や今後の展望などについて話を聞きました。(2024/5/9)

ボーイング「スターライナー」打ち上げ延期 イーロン・マスク氏がXでチクリ 背景に10年前の出来事
ボーイングの新型宇宙船「スターライナー」を載せたAtlas Vロケットの打ち上げが延期された。これに対し、マスク氏は「スペースXは4年早く開発を終えた」とXに投稿した。(2024/5/7)

生成AIは2024年から「実装フェーズ」に どのような領域で活用進む?
ChatGPTが生成AI業界を席巻した2023年、まずは社内での活用を進めた企業が多かったように感じます。2024年からは一転、顧客や消費者に対して活用する「実装フェーズ」に入っていきます。具体的にどのような業界で活用が広がるか、考えてみましょう。(2024/5/7)

Xのブロック機能変更 ブロックされた相手からリプライされるとリプライを見られるように
(2024/5/5)

XにAIの「Grok」が編集するトレンドまとめ「Stories」 プレミアム向け新機能
Xは、Xプレミアムユーザー限定の新機能「Stories on X」の提供を開始した。「For You」タブに並ぶトレンドの内容をXのAI「Grok」がまとめ、提示するものだ。(2024/5/4)

テスラの「充電器部門」閉鎖、自動車業界に動揺 米GMは「状況を注視」
米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が急速充電器「スーパーチャージャー」部門の従業員を突然解雇したことを受け、充電網対応の新EV販売の準備に取り掛かっていた自動車メーカー各社の間で動揺が広がっている。(2024/5/1)

Xで“ハードコアに”働くもマスク氏に解雇されたクロフォード氏、Meta入り
Twitter(現X)でマスク氏の求めに応じてハードコアに働くも解雇されたエスター・クロフォード氏が約1年の休暇を経てMetaのMessengerチームに加わった。(2024/5/1)

Social Media Today:
「Threads」が月間アクティブユーザー1億5000万人を突破 今後Xを追い抜くための最善策は?
Metaはイーロン・マスク氏率いるTwitter(当時)の対抗馬として2023年7月にリリースしたソーシャルアプリ「Threads」の月間アクティブユーザー数が1億5000万人を突破したと発表した。(2024/4/29)

Mastodon、米国に非営利団体設立 Twitterのビズ・ストーン氏などが理事に
SNSのMstodonを運営するドイツの非営利団体Mastodon gGmbHは、米国で非営利団体Mastodon,Inc.を設立したと発表した。8月には欧米でマスコットのぬいぐるみを発売する。(2024/4/29)

この頃、セキュリティ界隈で:
「Twitter.com」を「X.com」に自動変換 Xが仕様変更も、批判相次ぎすぐ撤回 ネット失笑
Xでポストした「Twitter.com」の文字列が自動的に「X.com」に変換されてしまう――。4月上旬、Xでそんな現象が発生し、詐欺に利用されかねないとしてユーザーが警戒を呼びかけた。間もなく問題は解消されたが、Xの混乱ぶりにあきれる声などが相次いでいる。(2024/4/22)

ポストTwitter(現X)のPost News、サービス終了へ
イーロン・マスク氏によるTwitter(現X)買収を受けて生まれた多数の代替SNSの1つ、Post Newsが閉鎖される。ユーザーには投稿をダウンロードするツールが提供される見込み。(2024/4/20)

ブラウザ版Xで「トレンド」消滅? 「Explore」突如出現 ユーザーからは戸惑いの声
Webブラウザ版Xに「Explore」という項目が突如出現した。これまでタイムラインの右側に表示されていた「トレンド」の項目と入れ替わる形で表示されており「Show more」を押すことで、従来のトレンド表示ページに遷移する。(2024/4/19)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべきかどうかをXユーザーたちに問いかけた。マスク氏によるVine復活の匂わせはこれが初めてではない。(2024/4/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。