• 関連の記事

「ドナルド・トランプ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドナルド・トランプ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「N2」開発も順調:
TSMC、売上高/純利益が過去最高に 通期予想を上方修正
TSMCは、2024年第2四半期(4〜6月)の決算を発表した。売上高は6735億1000万ニュー台湾ドル(約3兆2000億円/205億米ドル)、純利益は2478億5000万ニュー台湾ドル(約1兆1800億円/754億米ドル)と、どちらも過去最高額を更新した。(2024/7/23)

2016年発売の「“ランプ大統領候補”を守るゲーム」、銃撃事件を受けて再注目 「現実になってしまった」
発売当時は「バカゲー」扱いでしたが……。(2024/7/17)

著名VCのアンドリーセン氏とホロウィッツ氏、トランプ氏支持を表明
著名VCのマーク・アンドリーセン氏とベン・ホロウィッツ氏は、米大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏を支持すると語った。両氏とも長年民主党支持だったが、トランプ氏の方が新興テクノロジーを支持する明確な姿勢を示していると両氏は言う。(2024/7/17)

イーロン・マスク氏、トランプ氏支持表明 銃撃事件30分後からXに100件以上の関連ポスト
Xのオーナーで1.8億人のフォロワーを持つイーロン・マスク氏は、「トランプ大統領を全面的に支持する」と明言した。トランプ氏が銃撃された30分後のことだった。その後、マスク氏は関連ポストを100件以上投稿している。(2024/7/17)

「トランプ氏の銃撃事件」Tシャツが事件直後に登場…… 注目集めた“星条旗バックの流血ショット”
銃撃事件で1人が死亡、2人が負傷しています。(2024/7/16)

Social Media Today:
マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォームに広告費を投資してきた大手ブランドも軌道修正を余儀なくされている。しかし、ターゲットに効果的にリーチできる有力なプラットフォームから手を引くことは大きな機会損失を意味する。マーケターはどうすればいいのか。(2024/7/16)

Meta、ドナルド・トランプ氏のアカウントの制限解除へ 大統領選での平等性確保のため
Metaは、ドナルド・トランプ前米大統領のFacebookとInstagramのアカウントに設けていた制限を解除する。大統領選挙に向けて、候補者間の平等性を確保するためとしている。(2024/7/14)

これは意外と印象が変わる! G7サミット、“各国メディアの報道写真”の違いに「面白い!」「見せ方ってすごい」
ドイツ側が撮るとメルケル首相が強そうだし、アメリカ側が撮るとトランプ大統領が強そうに……?(2024/6/12)

トランプ前米大統領、TikTokアカウント開設 23時間で320万フォロワー獲得
かつてTikTok禁止令に署名したドナルド・トランプ前米大統領がTikTokに公式アカウントを開設した。最初の投稿から23時間で320万人以上のフォロワーがついた。バイデン現大統領のフォロワーは34万人だ。(2024/6/3)

米政府の対中関税引き上げ、日本にも深刻な影響?
ジョー・バイデン米政権は、電気自動車(EV)など中国製品に対する関税を引き上げると発表した。米大統領選でドナルド・トランプ陣営への対抗策という見方もあるが、中国の産業は打撃を受けるのか。そして日本はどのような影響があるだろうか。(2024/5/21)

米国「対中半導体戦争」の行方はどうなる? 日本の技術は注目されるのか
米政府が、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米半導体大手インテルの輸出許可を取り消したと報じられた。(2024/5/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
「LINEのセキュリティ」は大問題 TikTokと同じ道をたどるのか
生活に欠かせないLINEを巡って、セキュリティの問題が指摘されている。2023年11月、日本人を含むユーザーの個人情報漏洩事件が発覚。これまでもセキュリティ意識の低さが問題を引き起こしてきた。日韓の企業が出資するLINEに、政府が資本の見直しを求める動きもある。(2024/5/10)

Microsoft、米ウィスコンシン州のFoxconn工場跡地に33億ドルでデータセンター構築へ
Microsoftは、米ウィスコンシン州に33億ドルを投じてクラウドとAIインフラのためのデータセンターを構築すると発表した。バイデン政権の対米投資計画の一環。前トランプ政権が2017年に計画し、頓挫したFoxconn工場跡地に建設する。(2024/5/9)

TikTok、米連邦政府を「憲法違反」で提訴 数百万人の言論弾圧
中国ByteDanceと傘下のTikTokは、米連邦政府を憲法違反で提訴した。TikTokを売却しなければ米国でのサービスを禁止するという法律は修正第1条に違反すると主張している。(2024/5/8)

円安の「恩恵」数十兆円 “国民に還元”せよ 円安はGDPにプラス要因
外国為替市場の円相場は一時、1ドル=160円まで円安ドル高が進んだ後、政府・日銀の為替介入とみられる動きがあり、乱高下している。「円安=悪」という論調も多いが、元内閣参事官で嘉悦大教授の高橋洋一氏は「日本経済にとって円安の恩恵は大きい」と説く。(2024/5/2)

Social Media Today:
「TikTok禁止法案」に米大統領が署名 気になるこれからにまつわる5つの疑問
米連邦上院が、安全保障上の理由からTikTokの米国事業の売却を要求する法案を可決し、バイデン大統領はこれに署名した。9カ月以内に売却できなければ米政府は米国内での配信を禁止できる。気になるこれからについて、5つの疑問に答える。(2024/4/26)

TikTok禁止法案にバイデン大統領が署名 「ユーザーのために法廷で闘う」とチュウCEO
バイデン米大統領は、中国ByteDanceが傘下のTikTokを1年以内に売却できなかった場合、米国内でのTikTok利用を禁止する項目を含む法案に署名した。TikTokのチュウCEOは「法廷で闘う」とTikTokに投稿した。(2024/4/25)

Marketing Dive:
今度の「TikTok禁止」はこれまでとどう違う?
米国ではまたしてもTikTok禁止措置が議論されている。これまでは結局実現に至らなかったが、今回の状況は以前と異なっている。(2024/3/28)

2027年半導体問題:
TSMCの工場誘致は、どんな意味があるのか。
半導体受託生産の世界最大手「台湾積体電路製造(TSMC)」が、米国アリゾナ州に建設中の工場が「当初の計画に比べて、遅れている」と、3月14日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が報じた。(2024/3/24)

日本の企業は「TikTok」禁止法案可決でどう動く? 専門家の声
米下院本会議は13日、中国系動画投稿アプリ「TikTok」について、運営側が米国での事業を売却しなければ、全米でのアプリ配信を禁じる法案を可決した。今後、上院で審議される。中国政府の情報収集や世論操作に利用される可能性など安全保障上の脅威だとの懸念が強まったとして超党派の支持が集まった。(2024/3/14)

米下院、中国ByteDanceにTikTok売却を要求する法案を承認
米下院は「外国の敵対者による規制アプリから米国民を守る法」(H.R.7521)を賛成多数で承認した。ByteDanceにTikTokの売却を要求するもので、拒否されればTikTokの米国での提供を禁止する。(2024/3/14)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
環境問題で“駆け引き”に飲まれないために必要な“勝ち筋”
さまざまな要素が複雑に絡み合い、相反しているからこそ、その中で何を選ぶのかを決断しなければなりません。(2024/3/11)


アップルも新規参入断念 EV市場が大きな曲がり角に差し掛かっている
電気自動車(EV)市場が大きな曲がり角に差し掛かっている。ドイツのメルセデス・ベンツや米「ビッグ3」の一角など大手メーカーがEV計画を急減速させ、米IT大手アップルはEVへの新規参入を取りやめた。(2024/3/7)

大山聡の業界スコープ(74):
パワーデバイスは対象になる? ならない? ―― 米国の対中規制のこれまでと今後
今回は、米国による中国に対する規制(対中規制)について、これまでの経緯を踏まえながら、実際に行われている内容を整理し、今後の見通しについて考えてみたい。(2024/2/16)

予想を覆して当選したトランプ前大統領 あの衝撃の背景にあった「闇」とは……:映画「ウィンターズ・ボーン」評(2024年米大統領選挙を映画で予習)
米ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんが解説。(2023/11/9)

Google、AIで生成した政治広告に明確な開示を義務付け 11月にポリシー更新
Googleは11月中旬に政治に関するコンテンツポリシーを更新し、選挙広告に合成コンテンツを含む場合、明確に開示する義務を追加する。(2023/9/7)

トランプ元米大統領、2年以上ぶりにX(旧Twitter)にポスト
元米大統領のドナルド・トランプ氏が、2年以上ぶりにX(旧Twitter)にポストした。刑務所で撮影されたマグショットに「選挙妨害 決して降伏しない!」というテキストを添えた画像と、寄付ページへのリンクだ。(2023/8/25)

移住先探す“Twitter難民” 注目浴びる新興SNS、受け入れ体制の現状は
Twitterに閲覧制限がかかったことで、他サービスへの移住を検討するユーザーが増えている。一方、当の他サービスはまだ受け入れ体制が整っていないところも多い。本記事では新興SNSを中心に、受け入れ体制の現状をまとめる。(2023/7/4)

AI生成? 「ペンタゴンで爆発」画像で株価下落 Twitterで青バッジアカウント複数が投稿
Twitter上で一時「ペンタゴンで爆発があった」とする画像付きツイートが拡散した。この画像はAIによって生成された可能性が高いと指摘された。ツイートは数時間で削除されたが、この影響で株式市場は一時下落した。(2023/5/23)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
TikTok禁止包囲網が世界で拡大――セキュリティ脅威? それとも中国恐怖症?
世界各国で使用禁止の輪が広がりつつある「TikTok」。逆風が吹き荒れるTikTokの未来は……?(2023/4/14)

イーロン・マスクやスティーブ・ジョブズと電話ができる? 著名人“AI”と話せるWebサイト「BanterAI 」
イーロン・マスク氏やスティーブ・ジョブズ氏などの著名人を模した音声AIと会話できるWebサイト「BanterAI 」が出現した。(2023/4/6)

トランプ前米大統領、起訴されたことについてFacebookに「民主党による魔女狩り」と投稿
ドナルド・トランプ前米大統領がニューヨーク州大陪審に起訴されたと報じられた。トランプ氏は2024年の大統領選挙への出馬を表明している。同氏はFacebookとTruth Socialでこれを「史上最低の政治的迫害と選挙干渉」と主張した。(2023/3/31)

NHSのデータ基盤移行計画が始動【後編】
NHSのデータ基盤計画で英国市民団体が“あのベンダー”を警戒する理由
NHSは稼働中のデータ基盤「NHS COVID-19 Data Store」を刷新する。過去にこのデータ基盤を構築する際には複数のベンダーが関与したが、その中のある1社の存在が英国の市民団体から不評を買った。何があったのか。(2023/3/30)

ジェネレーティブAIへの心構え【第3回】
“トランプ大統領”謎の復活 珍答が教える「AIを信じてはいけない理由」
Meta PlatformsがAIチャットbot「BlenderBot 3」の公開した直後、BlenderBot 3に問題があるという報告が殺到した。どのような問題があったのか。そこから見えるAIチャットbotの限界とは。(2023/3/30)

「子どもにポルノをみせた」 ミケランジェロ“ダビデ像”巡り米学校長が辞める事態 伊美術館が「ひねくれた心」「無知」と批判
どういうこと……。(2023/3/28)

トランプ前大統領、YouTubeとFacebookで投稿再開 Twitterはまだ
2024年の米大統領選への出馬を表明しているドナルド・トランプ前米大統領が、YouTubeとFacebookでの投稿を再開した。YouTubeが同氏のチャンネル停止解除を発表した直後だった。Twitterにはまだ投稿していない。(2023/3/19)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
帰ってきたトランプ氏 “出禁”期間をSNS別に比較
アカウントを凍結されまくっていた前米大統領のドナルド・トランプ氏が再びSNSに解き放たれる流れになっています。今回は同氏の凍結期間を振り返ります。(2023/2/17)

「最適の候補」と主張:
CHIPS法の資金を狙う米最大のMEMSファウンドリー
米国のCHIPS法による、520億米ドルの補助金は2023年に公布が開始する予定だ。米国のMEMSファウンドリーであるAtomicaも、この補助金獲得を目指しているという。(2023/1/27)

Meta、トランプ前大統領のFacebookとInstagramのアカウントを復活へ
Twitterに続いてMetaも停止していたトランプ前大統領のアカウントを復活させると発表した。Metaは2021年1月の米連邦議会議事堂襲撃を受け、トランプ氏のFacebookとInstagramのアカウントを停止した。「公共の安全に対するリスクが後退した」ので復活するとしている。(2023/1/26)

Social Media Today:
TikTokはやはりスパイ装置? 米ジャーナリストへの監視発覚で疑惑が再燃
TikTokが米国人ジャーナリストの利用情報を監視していたことが判明。米国における使用禁止の議論が再燃している。(2023/1/24)

イーロン・マスク氏に翻弄された2022年を振り返る
2022年は海外速報担当の筆者にとってはイーロン・マスク氏に翻弄された年でした。同氏によるTwitter買収の顛末をまとめておきます。2023年にTwitterがなくなることはないでしょうが、現状で抱える爆弾についても触れます。(2022/12/29)

Meta(旧Facebook)、CAスキャンダル集団訴訟を7億2500万ドル支払いで和解へ
Facebookを運営するMetaは、2018年に発覚した「Cambridge Analyticaスキャンダル」をめぐる集団訴訟で和解する。7億2500万ドルの支払いに合意したことが仮和解承認通知で明らかになった。(2022/12/24)

国家安全保障に、「AIによる脅威もたらす可能性」:
米国、YMTCや21社の中国AI関連企業を禁輸リストに追加
米国商務省は、YMTCや、20社以上の中国半導体メーカーを新たに禁輸リストに追加した。リストに追加した企業のうち21社は、中国の軍事および防衛産業を支援する、主要なAIチップ開発企業およびベンダーで、「米国の国家安全保障に対しAI(人工知能)による脅威をもたらす疑いがある」としている。(2022/12/20)

Social Media Today:
買収によるTwitterの方針変更点まとめ 広告出稿はやっぱり止めるべき?
イーロン・マスク氏が買収したことで、Twitterの運営方針が変わりつつある。変わりゆくTwitterへ広告出稿は続けてよいものなのか。判断材料となりそうな変更点をまとめた。(2022/12/20)

TwitterのマスクCEO、凍結した複数記者のアカウントを投票結果を受けしぶしぶ復活
TwitterのマスクCEOは、前日凍結した複数の著名ジャーナリストのアカウントの凍結を解除した。自ら行った投票の結果、「すぐに凍結解除すべし」という意見が多かったことを受けての決定だ。この凍結についてはEUと国連が懸念を表明していた。(2022/12/17)

Twitter、ElonJet関連記事を書いた複数の記者のアカウントを凍結
TwitterはNew York Timesのライアン・マック記者を含む複数の著名ジャーナリストのアカウントを凍結した。その多くは前日、イーロン・マスクCEOの自家用ジェット位置情報をツイートして凍結されたElonJetについての記事を書いた。マスク氏は「ジャーナリストにもドキシングルールが適用される」とツイートした。(2022/12/16)

Twitterの前CEOドーシー氏、「元従業員への攻撃は無益」と語り、Signal支援を表明
Twitterの共同創業者で前CEOのジャック・ドーシー氏は、マスクCEOが展開中の「#Twitter Files」に関する見解をまとめたブログを投稿した。「元従業員への攻撃は無益だ。非難するなら私を非難せよ」としている。(2022/12/14)

Apple、AMD、NVIDIAが主要顧客:
TSMCがアリゾナ工場投資を3倍強に、3nmノード製造へ
TSMCは、AppleやAMDといった顧客のサポートを受け、米国アリゾナ州での2つの半導体施設に対する総投資額を3倍以上のおよそ400億米ドルに拡大した。2つ目の製造施設では、2026年に3nmノードでの製造が開始される予定だという。(2022/12/9)

Twitter、イェ(カニエ・ウェスト)のアカウントを再凍結
Twitterは11月半ばに凍結解除したイェ(元カニエ・ウェスト)のアカウントを再凍結した。マスクCEOは「最善を尽くしたが、彼は再度暴力の扇動に関するTwitterルールに違反した。アカウントは停止だ」とツイートした。(2022/12/3)

カニエ・ウェスト(イェ)、Parler買収とりやめ 「イーロンが本物であることをイエスに感謝する」
10月にSNS「Parler」買収に合意していたカニエ・ウェスト(イェ)が買収を取りやめた。イェはTwitterアカウントを凍結されていたが、イーロン・マスクCEOによって“恩赦”を受けた。現在は活発にツイートしている。(2022/12/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。