• 関連の記事

「Core i5」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
用語解説 Core i5/i7 − @IT

ASUS、第11世代Core採用のミニデスクトップPC「PB62」など3製品
ASUS JAPANは、第11世代Coreプロセッサを搭載したミニデスクトップPC「PB62」など計3製品を発表した。(2022/5/16)

エイサー、法人向け15.6型ノート「TravelMate Vero」2製品を発売 PCRプラスチック素材を採用
日本エイサーは、法人市場向けとなる15.6型ノートPC「TravelMate Vero」シリーズ2製品を発売する。(2022/5/13)

G-Tune、GeForce RTX 3050を搭載したスタンダードゲーミングPC
マウスコンピューターは、第12世代Core i5とGeForce RTX 3050を標準搭載したミニタワー型ゲーミングPC「G-Tune EM-B」を発売する。(2022/5/11)

デスクトップのパフォーマンスをモバイルに――Intelが「第12世代Core HXプロセッサ」を発表
Intelが第12世代Coreプロセッサのラインアップを拡充し、モバイル環境でもデスクトップ並みのパフォーマンスが必要なユーザーに向けた「HXプロセッサ」をリリースした。搭載製品は順次登場する予定だ。(2022/5/11)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「企業は“ショボいPC”を支給するな」という声に同情してしまう件
PCがないと仕事ができない現代において、PCのスペックが低いと生産性が大きく下がることに異論がある人は居ないだろう。かといって、会社から支給されるPCが快適に作業できるものなのかはまた別の話なのだが……。(2022/5/10)

ノートPC用CPU最強? 「MSI Raider GE76 12U」でCore i9-12900HKの実力をチェック!
Intelの第12世代Coreプロセッサ(開発コード名:Alder Lake)のうち、モバイル向けで最高スペックを備える「Core i9-12900HK」。その実力はいかほどのものか、MSIのゲーミングノートPC「MSI Raider GE76 12U」を通してチェックしてみよう。(2022/5/10)

ASUSがIntel Arc A370Mや4K有機ELパネルを採用した「Zenbook Pro」「Zenbook S」シリーズを発表
ASUSは、このほど実施されたグローバルPC発表会にて「Zenbook」シリーズの新モデル6機種を発表した。(2022/5/10)

古田雄介のアキバPick UP!:
連休中はPC一式買いが殺到!――水冷の棚が隙間だらけに
3年ぶりの“通常営業”となった5月の大型連休中は、PC一式を買い求めに来る人や、入力デバイスの実機に触れに来店する人が目立ったという。(2022/5/9)

ASUS、3.2Kディスプレイ搭載の16型ノート「Vivobook Pro 16X OLED」などVivobook新モデル
ASUSがグローバルPC発表会にて同社製ノートPC「Vivobook」の新モデル計3製品を発表した。(2022/5/10)

「ASUS Zenbook 13 OLED UX325EA」シリーズにラインアップを追加
ASUS JAPANは、有機ELディスプレイを搭載した13.3型モバイルノートPC「ASUS Zenbook 13 OLED UX325EA」シリーズに、新たなラインアップを4モデル追加して発表した。(2022/4/28)

IIJmioが「Redmi Note 10T」を発売 キャンペーンで特価も
IIJは、Xiaomi製スマートフォン「Redmi Note 10T」、マウスコンピューター製ゲーミングノートPC「G-Tune P5」などを販売開始。スマートフォン以外の端末は5月9日まで特別価格で販売する。(2022/4/27)

ASUS、スタンダード15.6型ノート「X515JA」「X515EA」にバリエーション構成6製品を追加
ASUS JAPANは、同社製スタンダード15.6型ノートPC「ASUS X515JA」「ASUS X515EA」シリーズの新モデル6製品を発表した。(2022/4/26)

CPUは一気に3世代進化:
「VAIO S15」に2022年夏モデル 第12世代Coreプロセッサ搭載で5月下旬発売
VAIOの15.6型ノートPC「VAIO S15」に、プラットフォームを刷新した新モデルが登場する。CPUは第9世代Coreプロセッサから第12世代Coreプロセッサとなり、メインメモリやSSDのスペックなども“底上げ”されている。(2022/4/26)

Windows 11 Pro搭載で実売6万円切りのお手軽ノートPC「THIRDWAVE VF-AD5」を試す
サードウェーブから発売された「THIRDWAVE VF-AD5」は、税込み5万6980円を実現した低価格な15.6型ノートPCだ。どこにこだわり、何を割り切ったのか、実機をチェックした。(2022/4/25)

中小企業の情シスを“ゼロタッチ”で救う デルがソリューションを提供
デル・テクノロジーズが、中小企業向けのPCデプロイメントサービスの提供を開始した。同社の即納PCにWindows Autopilotを適用することで情シスのセットアップの手間を省けるようにした他、情シスの業務の一部を代行するサービスも合わせて提供する。(2022/4/21)

MSI、11世代Core i5を搭載した23.8型液晶一体型デスクトップ
エムエスアイコンピュータージャパンは、23.8型フルHD液晶ディスプレイを備えた一体型デスクトップPC「Modern AM242P 11M-1441JP」を発表した。(2022/4/20)

17型でも1.4kg切り構成あり:
「LG gram」に第12世代Coreプロセッサ搭載の2022年モデル登場 税込み21.9万円から
LGエレクトロニクスの軽量ノートPC「LG gram」の2022年モデルが発表された。軽量ボディーはそのままに、第12世代CoreプロセッサのPシリーズを搭載した他、16型/17型モデルにはGeForce RTX 2050 Laptopを搭載する構成も用意した。(2022/4/19)

デルが12コアの第12世代Core搭載モバイルPC「XPS 13 Plus」を国内発表 投入時期は未定
デル・テクノロジーズは4月19日に発表会を開催し、XPS 13シリーズの最上位機となる「XPS 13 Plus」を国内に投入する。発売日、価格ともに未定だ。XPS 13 Plusについては、1月に行われた「CES 2022」で発表されていたが、これで日本国内でも展開されることなった。(2022/4/19)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 5000に3モデル追加! 一番人気は「Ryzen 7 5700X」
AMDのCPU「Ryzen 5000」シリーズに「Ryzen 7 5700X」と「Ryzen 5 5600」、「Ryzen 5 5500」が加わった。IntelのCore i5が品薄傾向にある中で、AMDは復活を遂げるか!?(2022/4/18)

サードウェーブ、スリープフリークス監修のDTM向けデスクトップPC第2弾モデルを販売開始
サードウェーブは、DTMスクールを展開する「スリープフリークス」とのコラボレーションモデルとなるDTM向けデスクトップPCの販売を開始した。(2022/4/18)

サイコム、キャプチャーカードを標準搭載した実況配信向けの水冷デスクトップPC
サイコムは、高画質録画やライブ配信での利用を想定した水冷使用のハイエンドデスクトップPC「Lepton Stream Box WS3100Z690-A/D4」を発売する。(2022/4/13)

TSUKUMO、NVIDIA RTX/Quadroを搭載できる「プロフェッショナルGPUモデル」3機種を販売開始
ヤマダデンキは、NVIDIA製プロフェッショナル向けグラフィックスカードの搭載に対応したBTOデスクトップPC計3機種を発表した。(2022/4/13)

TSUKUMO、MSIコラボゲーミングPCに第12世代Core i5搭載モデルを追加
ヤマダデンキは、TSUKUMOブランド製ゲーミングPCのラインアップに第12世代Core i5を搭載したMSIコラボ仕様のゲーミングPCを追加した。(2022/4/12)

TSUKUMO、第12世代Coreプロセッサを採用したクリエイター向けエントリーデスクトップPC
ヤマダデンキは、ミドルタワー型筐体を採用したクリエイター向けデスクトップPC計2製品を発売した。(2022/4/8)

サードウェーブ、クリエイター向けPC「raytrek」DTMモデルにノートPC3製品を追加
サードウェーブは、「raytrek」シリーズからDTM向けをうたったノートPC計3製品を発売する。(2022/4/8)

プレミアムな2in1モデル「Surface Laptop Studio」は誰のためのPC? 試して分かったこと
MicrosoftのSurfaceシリーズのフラグシップモデル「Surface Laptop Studio」は、フラグシップだけに価格も高めである。その価格にはどのような“価値”が込められているのだろうか。個人向けモデルにおいて2番目にハイスペックな構成を通してチェックしていこう。(2022/4/8)

軽量薄型で長時間駆動! ハイブリッドワークに適したプレミアムモバイルPC「VersaPro UltraLite タイプVG」(VG-B)を試す
NECの「VersaPro UltraLite タイプVG」(VG-B)は、ビジネス向けノートPCの最新モデルで、スリムかつコンパクトなボディーが特徴の1台だ。内部スペックを改め、アスペクト比16:10の液晶ディスプレイを採用するなど、見どころの多い本機を試した。(2022/4/7)

ASUS、11世代Coreプロセッサを搭載したスタンダード15.6型ノート
ASUS JAPANは、第11世代Coreプロセッサを標準搭載したスタンダード設計の15.6型ノートPC「ASUS X515EA」シリーズを発表した。(2022/4/5)

要件未達のWindows 11 PCにおける「透かし(ウォーターマーク)」が消えた件
MicrosoftがWindows 11のInsider Previewにおける累積更新プログラムで試行していた要件を満たさないデバイスに対する警告。正式リリース版の累積更新プログラムでは警告の実装が見送られるようだ。そもそも、なぜこのような警告を試行しようとしているのだろうか。(2022/4/4)

40周年企画の“大本命”登場:
ワコム製「リニアペン」に世界初対応 第12世代Coreプロセッサ搭載の薄型タブレット「FMV LOOX」が6月中旬に登場
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)がCES 2022で披露したタブレットPC「FMV LOOX」が、日本では6月中旬に発売されることになった。クリエイターの利用を強く意識したモデルで、別売の純正スタイラスペンは世界初の「リニアペン」となっている。【更新】(2022/3/29)

Windows 11が要件を満たさないPCに「透かし(ウォーターマーク)」を表示する予定 どうすればいい?
MicrosoftがInsider Previewユーザーの一部に提供している「Windows 11(ビルド22000.588)」において、動作要件を満たしていないPCのデスクトップ画面に要件を満たしていない旨をウォーターマーク(透かし)表示する取り組みを始めた。今後、一般ユーザーにもこの表示が展開される予定だが、表示されたらどうすればいいのだろうか……?(2022/3/28)

Maxtang、サイネージ用途にも向く法人向けのCeleron/Core i5搭載ミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、Maxtang製となるミニデスクトップPC「MTN-GL50」「MTN-TL50」の取り扱いを開始する。(2022/3/25)

デル、第12世代Coreプロセッサを採用した24型/27型液晶一体型デスクトップPC
デル・テクノロジーズは、狭額縁のスリム筐体を採用した24型/27型液晶ディスプレイ一体型デスクトップPCを発売した。(2022/3/25)

MSI、第11世代Core i5を搭載したタッチ対応23.8型液晶一体型デスクトップ
エムエスアイコンピュータージャパンは、10点マルチタッチ操作に対応した23.8型液晶一体型デスクトップPC「Modern AM242TP 11M-1260JP」を発表した。(2022/3/24)

ASUS、スリム筐体を採用した第12世代Core採用ゲーミングノート「ASUS TUF Dash」など2シリーズを発表
ASUS JAPANは、高耐久設計を実現したゲーミングノートPC「ASUS TUF」シリーズに第12世代Coreプロセッサ採用の新モデルなど2シリーズ7製品を追加した。(2022/3/23)

Dynabook、第12世代Coreを採用した個人向けプレミアムノート5機種を投入
Dynabookは、13.3型/14型プレミアムモバイルノートPCおよび15.6型プレミアムスタンダードノートPCの新モデルを発表した。(2022/3/18)

思わず“悔しい”と声が出る――旧モデルユーザー視点の「LAVIE NEXTREME Carbon」レビュー
NECパーソナルコンピュータが、新たなフラグシップノートPC「LAVIE NEXTREME Carbon」をリリースした。このノートPCは「LAVIE Pro Mobile」からどのように進化したのだろうか。現役のLAVIE Pro Mobileユーザーでもある筆者がチェックしていく。(2022/3/17)

組み込み開発ニュース:
PFUがミドルレンジの組み込みコンピュータを投入、まずはヘルスケア市場から
PFUが組み込みコンピュータ製品の新シリーズとなる「GRシリーズ」を発表。FA分野などで広く用いられているハイエンドの組み込みコンピュータ「ARシリーズ」の機能を継承したミドルレンジの組み込みコンピュータとなる。GRシリーズの第1弾として、ヘルスケア市場向けに開発した小型スリムタイプの「GR8100モデル300N」の受注も始める。(2022/3/15)

LGエレ、薄型軽量ノート「LG gram」にWindows 10 Pro搭載のビジネス向けモデル3製品
LGエレクトロニクス・ジャパンは、同社製薄型ノートPC「LG gram」のラインアップにWindows 10 Proを搭載したビジネス向けモデル3製品を追加した。(2022/3/14)

デル、第12世代Coreプロセッサを採用した法人向けPC「OptiPlex」シリーズ6製品を投入
デル・テクノロジーズは、法人向けPC「OptiPlex」シリーズの新モデル計6製品を発表した。いずれも第12世代Coreプロセッサを搭載する。(2022/3/14)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「M1 Ultra」という唯一無二の超高性能チップをAppleが生み出せた理由
M1 Maxで最大と思われていたAppleの独自チップだが、それを2つ連結させた「M1 Ultra」が登場した。半導体設計、OSと開発ツール、エンドユーザー製品の企画開発、その全てを束ねるAppleだからこそ生み出せた唯一無二のチップだ。(2022/3/13)

PR:“アフターコロナ”でPCニーズに変化の兆し NECが考える「ハイブリッドワーク」時代のビジネスPCとは?
(2022/3/8)

ファーウェイ、第11世代Core採用のスリム14型ノート計2製品を国内投入
華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は、第11世代Coreプロセッサを採用した14型ノートPC「HUAWEI MateBook 14」の新モデルを発表した。(2022/3/8)

第11世代Core+有機ELディスプレイ搭載 「HUAWEI MateBook E」の新モデルが日本上陸 税別9万円弱から
ファーウェイのタブレットPC「HUAWEI MateBook E」に新モデルが3月18日に発売される。同社のノートPC系製品としては初めて有機ELディスプレイを搭載しており、映像の美しさが大きな特徴だ。(2022/3/8)

PR:新年度/新生活に向けて高コスパであらゆるニーズを満たす「MousePro-NB210H」の魅力
マウスコンピューターのビジネス向けノートPC「MousePro-NB210H」は、シンプルかつスタンダードなモデルでさまざまな利用に適した1台だ。従来モデルからブラッシュアップされた部分を含め、細かくチェックした。(2022/3/8)

コスパ重視で仕事用PCをリプレース! 選んだ「Inspiron 14(5401)」を試して分かったこと
第12世代Coreプロセッサ搭載PCが徐々に登場する中で、5年前に購入した仕事用PCをリプレースすることになった。筆者が選んだのはコスパ重視のモデルだ。(2022/3/7)

ASRockが第12世代Coreを搭載した手のひらサイズのベアボーンを発表
台湾ASRockは、第12世代Core(Alder Lake-P)を搭載する小型ベアボーンキット「NUC 1200 BOX」シリーズを発表した。(2022/3/5)

TSUKUMO、クリエイター向けのスリムデスクトップPC NVIDIA T600を搭載
ヤマダデンキは、グラフィックスカードとしてNVIDIA T600を標準搭載したスリムデスクトップPC「TSUKUMO PC SLIM」を発売する。(2022/3/4)

Huaweiが第11世代Coreプロセッサ搭載のノートPCや「MateBook」などを発表
中国Huaweiが、新型ノートPC「MateBook X Pro」など3製品を発表した。日本での展開は未定だ。(2022/3/3)

MWC Barcelona 2022:
WindowsもChrome OSもAndroidも! Lenovoがコンシューマー向けノートPC/タブレットを一挙発表
MWC Barcelona 2022に合わせて、Lenovoがコンシューマー向けのノートPCとタブレットを一挙に発表した。早いものは4月から販売を開始するが、中には7月発売予定のものも含まれる。(2022/3/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。