• 関連の記事

「血圧」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「血圧」に関する情報が集まったページです。

入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
これまでにも誹謗(ひぼう)中傷被害にあっている堀さん。(2022/6/23)

入院中の堀ちえみ、夫が“楽しみにしていた”ものを差し入れ 「仕事に行く前に届けてくれたのね」
20日に急きょ入院が決まったと報告していた堀さん。(2022/6/22)

堀ちえみ「何十回目の入院となるのでしょう」 下腹部に痛み感じ“炎症反応かなり高く”急きょ
「いつ退院できるか分かりません」と堀さん。(2022/6/21)

カジサック、“謎の体調不良”でYouTubeチャンネルを休止 突然見えなくなる左目&強烈な目まいで期間は「10日間ぐらい」
お大事に……。(2022/6/16)

子どもが100円玉を飲み込んだ!?→ママの対応は…… 実録漫画「3歳が硬貨を誤飲した話」が参考になる
もしものときに子どもを守るため、知っておきたい。(2022/5/11)

古村比呂、がん闘病から10年 左右の手の不調で「手根管症候群」と「へバーデン結節」が新たに判明
古村さんは2012年に子宮頸がんが判明、子宮全摘手術を受けています。(2022/5/8)

88歳の祖母「もう人生の折返し地点かね……」 元気すぎる発言が「ギネス記録狙ってる」と話題に
ギネス記録狙えちゃうかも。(2022/4/27)

〈5社共催〉ヒートショック対策リフォーム セミナーレポート:
高齢化社会の住まいで避けては通れない「ヒートショック」、住宅設備メーカー各社の対応製品とは?
かつてない超高齢化社会へ向いつつある我が国において、住まいに関わる重要課題として、ここ最近クローズアップされているのが、「ヒートショック」問題である。現在でも、交通事故による死者数よりも多くの人々が、ヒートショックによる家庭内事故で亡くなっているという。(2022/4/25)

長男と次男がケンカしていたので「なんでケンカしたん」って聞いたら…… まさかすぎる理由、と思いきや意外と賛同集まる
きりがよければどっちでもいい派です。(2022/4/25)

「昼飯に5000円も使った」上司が豪語するので、さぞセレブな内容かと思いきや…… とんでもなく“食いしん坊”なだけだった話
え!? そっち!?(2022/4/27)

「スマホがない時代は、電車の中で何してたんですか?」→「ジャンプとか読んでたよ」 若者の質問に答えたら驚かれた話
今ではなんでもスマホで事足りますからね……。(2022/4/19)

子どもに勉強のきっかけを作るのがうますぎる 小学生でTRPGを始めた人が“親にのせられて”英語のプロになるまで
親ののせっぷりも、本人ののせられっぷりもすごい。(2022/4/18)

「行動力が強火過ぎる夫」の話が本当に火力MAX スター・ウォーズが見た過ぎて公開日に渡米したら字幕がないので何も分からず
好きならどこまででも。(2022/4/16)

「散歩でテンションが上がりすぎてしまった犬」の末路がかわいい こっちを見ながら爆走しそのまま塀に激突
前見て、前!(2022/4/21)

曖昧な「ウェルビーイング」への向き合い方 従業員の“幸福度”を上げる施策の実践方法とは?
従業員の幸福を重視する「ウェルビーイング」の重要性は認識しつつも、曖昧な考え方をどう施策に落とし込めばいいか悩むことがある。今回はウェルビーイング向上を実現する方法を紹介する。(2022/4/15)

「おじさんはセレナみたいにかわいくないでしょ!」 おいっ子にポケモンを渡したら理不尽な理由で怒られた話がつら過ぎる
ゲームと現実は違うけども! けども!(2022/4/7)

脳内出血の西川史子、リハビリ中の“お誕生日ショット”で元気な笑顔 木佐彩子アナらが祝福「明るくて優しい友達」
2021年8月に緊急手術を受けた西川さん。(2022/4/3)

世界を「数字」で回してみよう(69)番外編:
「それでもコロナワクチンは怖い」という方と一緒に考えたい、11の臨床課題
EE Times Japanでおなじみの「エバタ・シバタコンビ」が戻ってきました。今回は、「健康上の都合からワクチン接種に対する恐怖心がどうしても消えない」という読者、”K”さんのメールに端を発したものです。そこからシバタ医師が読み取った、コロナ後遺症への対応などを含む、11個のクリニカル・クエスチョン(臨床上の課題)をご紹介します。(2022/4/4)

健康的美人だと思う芸能人 3位「北川景子」、2位「中村アン」、1位は?
調査対象者は「全国の20歳〜59歳の男女ビジネスパーソン」、有効サンプル数は1000名。(2022/4/2)

Engadget日本版の思い出 4つの時代を振り返る
3月31日で終了するニュースブログメディア「Engadget日本版」。深く関わった小寺信良さんが、編集長たちとの思い出を語る。(2022/3/31)

妻「私に飽きたりしないよね…?」→夫「飽きるわけないよ…」 夫「俺に飽きたりしない?」→妻の真顔の回答が世知辛い
多分、愛の形はそれぞれだから。(2022/3/31)

「実は確定申告は嫌いじゃない」→「走馬灯か」「呪術廻戦にそういう敵いた」 周囲から総スカンを食らってしまった人の話
リプライには「金がかえってくるのが好き」という意見も。(2022/3/28)

5つの指標を表示:
ローンチ5日で完売に! 日本発の「スマートリング」が期待されるワケ
スマートリング「SOXAI Ring(ソクサイ リング)」の売れ行きが好調だ。クラファンのマクアケで販売したところ、わずか数日で個人向けの単体商品は完売となり、団体向けの10個セットも3月下旬時点で残り2つのみ。同製品を開発した「SOXAI」に、売れている理由を聞いたところ……。(2022/3/28)

犬を褒めただけなのに…… まさかの飼い主の返事に「何故自分だと思ったのか」の声
どうして……。(2022/3/23)

メルカリでまさかの低評価…… オシャレなおまけを入れたら返ってきたコメントに同情の声が集まる
せっかくの押し花がそんな評価になるとは……。(2022/3/19)

一番おいしい部分が無くなっちゃった! おばあちゃんにカプチーノを入れてあげたら、牛乳の泡を全部捨てちゃった理由
カプチーノはその泡がないとダメなのよ……!(2022/3/26)

同僚が「コロナ陽性」と聞いて、カップ麺の味が薄く感じる……まさか初期症状!? → スープを入れ忘れてた
そんなこともあるさ。(2022/3/12)

よく行くインドカレー屋にデリバリーを頼んだら……「大変申シ訳ゴザイマ……あっ」 カタコトと流ちょうを巧みに使い分ける店員さんにほっこり
優しい世界だよね。(2022/3/11)

まるでCMだ……! 郵便局でATMを使おうとしたら、後ろから職員さんが「ちょっと待った!」「現金で振込みだと手数料が!」
投稿主の反応も含めてCMみたい。(2022/3/15)

製造マネジメントニュース:
人が生きるオートメーションへ、オムロンが新たな長期ビジョンと中期計画を発表
オムロンは2022年3月9日、2030年をターゲットとした長期ビジョン「Shaping the Future 2030」とともに、2022年度(2023年3月期)〜2024年度(2025年3月期)の3カ年の中期経営計画を発表した。(2022/3/10)

4歳児に“だけ”見えた「ママのおともだち」の対処法教えてください → Twitterで相談した親がファブリーズした理由
ちょっと! 怖いんですけど!(2022/3/13)

これは泣いちゃう 雪山で冷凍みかんを作っていたら除雪機に全部持っていかれた話が悲劇
出荷の時間です。(2022/3/7)

彼氏2人を一緒に実家に紹介すると何が起こるのか 姉妹が同じ日に彼氏を連れてきたら“お父さんの集団面接”でまさかのシンクロ
お父さんの気持ちやいかに?(2022/3/8)

イノベーションのレシピ:
花王の新たな“道しるべ”となるか、PFNと仮想人体生成モデルを共同開発
花王とPreferred Networks(PFN)は「仮想人体生成モデル」を開発した。健康診断などで得られる身体データから、ライフスタイルや性格傾向、嗜好性、ストレス状態など1600以上の項目を網羅し、ある項目のデータを入力すると別の項目の推定データを出力できる。花王は同モデルをAPI経由で提供する新規デジタル基盤事業の準備を進める方針だ。(2022/3/1)

花王とドコモがヘルスケアで協業 健康状態の推定が可能に
NTTドコモと花王は、2月28日にヘルスケア領域での協業に合意。花王が開発した仮想人体生成モデルと「dヘルスケア」やデジタル技術などを組み合わせ、健康や生活に関するさまざまな推定が可能になるという。(2022/2/28)

「ブロンズ像みたい」「すげえ!」 ガリットチュウ福島、約35キロ減した“フワちゃん”ものまねがアスリート並み
何年もかけて約35キロ痩せた福島さん。(2022/2/24)

730人に聞く:
ユーザーが選ぶ本当に良い住宅ローンランキング2022 総合2位は「三井住友銀行」、1位は?
オンライン住宅ローン比較サービス「モゲチェック」を運営するMFSが「ユーザーが選ぶ本当に良い住宅ローンランキング2022」を発表した。(2022/2/24)

【日本語難しい】「明日すき焼きだからオフ会に行く」「えっ!?」 ← 何を勘違いしているのか分かる?
ひらがなで書くと全く一緒だからなあ……。(2022/2/24)

大愚和尚のビジネス説法:
僧侶という職業が“長生き”のワケ 働き方が激変しても、心身の健康を保つ「5つの習慣」
「健康で長生きしたい」とは、年を重ねるごとに誰もが抱く願望です。けれども残念ながら、誰もが健康で長生きできるわけではありません。仕事が「これから」というときに、大病を患ったり、「まだまだ」長く働けると思われていた人が突然亡くなったり……。かと思えば、100歳を超えてなお矍鑠(かくしゃく)としておられる方もある。なぜ、人は“順番に逝く”わけではないのでしょうか。(2022/2/21)

【そんなことある?】血圧計を使用したら“死亡している人”の血圧結果に 「死んでる……?」と言われるハメに
同じような体験をした人を探しているそうです。(2022/2/12)

木村祐一、2歳長男バースデーで笑顔のハイタッチ 体外受精に緊急帝王切開のお産に妻「本当に感謝感謝です」
お誕生日おめでとうございます!(2022/2/9)

医療技術ニュース:
新型コロナのスーパースプレッダーの特徴を解明
東京医科歯科大学は、新型コロナウイルス感染症において、周囲への感染を拡大するスーパースプレッダーの決定要因を明らかにした。糖尿病、関節リウマチ、脳梗塞の既往がスーパースプレッダーのリスク要因となる。(2022/2/8)

「dヘルスケア」が1000万ダウンロード突破 毎週抽選で1000ポイント還元も
NTTドコモの健康管理/増進アプリ「dヘルスケア」が累計1000万ダウンロードを突破。これを記念し、毎週1000人にdポイント1000ポイントが抽選で当たるキャンペーンを行う。(2022/1/28)

なかなか起きてくれない子の目覚ましテク 解説漫画に「試してみる!」の声
力を使わずに起こせるのがいい。(2022/1/26)

なぜ今、“お茶”がアツイのか?:
PR:日本コカ・コーラが見据える茶系飲料市場の未来図 「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」大ヒットの要因を語る
2021年、コカ・コーラ、ジョージアなどで知られる清涼飲料市場の先導的企業である日本コカ・コーラは、コロナ禍で世の中が変容する中、「お茶市場でもリーディングカンパニー」を目指すことを宣言した。消費者ニーズに柔軟に対応するべく、同社が取り組む“お茶”変革――その一年間の取り組みを振り返ると同時に、日本コカ・コーラが見る茶系飲料市場の今後に迫る。(2022/1/19)

キンタロー。&平野ノラ、だいたひかるの第1子出産を祝福 「R1初代優勝者の大先輩」「マンモスうれぴー!」
女性ピン芸人仲間。(2022/1/15)

「地球へようこそ」 だいたひかる、第1子となる“男の子”が誕生 血圧上昇で緊急の帝王切開も「寒気がある位で元気です」
出生体重は3198g。(2022/1/14)

だいたひかる、血圧高く緊急帝王切開へ 夫も手術前に全力エール「応援団長を生涯分、務めてまいりたいと思います」
無事出産できますように。(2022/1/14)

Innovative Tech:
勃起を監視するコンドーム型デバイス ペニスの長さと円周を測定、遠隔医療に活用
韓国の漢陽大学校とKorea Electronics Technology Institute、Daegu-Gyeongbuk Medical Innovation Foundation(DGMIF)による研究チームは、勃起前後のペニスの長さや太さ、曲がり具合を測定するコンドーム型ウェアラブルデバイスを開発した。(2022/1/11)

幼少期の味覚がポイント:
今のライフスタイルでいいのか 沖縄「長寿の島」が崩れつつある理由 働き盛り世代の深刻度
厚生労働省が発表した都道府県別の健康寿命で、沖縄は男女とも2016年から順位を下げた。平均寿命の順位も下がり続け「長寿の島」のイメージが崩れつつある。(2021/12/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。