• 関連の記事

「飲料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「飲料」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

東京都、暑くなる季節に「ペットボトル飲料の飲み残し」に注意喚起 破裂によるケガなどの事故が発生
事故は特に車内で多く発生しているとのこと。(2022/7/1)

熱中症対策にも:
デカビタCとDAKARAがコラボ! サントリー、サウナ後に飲むドリンク「DEKARA」発売
サントリー食品インターナショナルは、ロングセラーブランド「デカビタC」と、「GREEN DA・KA・RA(グリーン ダ・カ・ラ)」の2つがコラボした新・炭酸飲料「DEKARA(デカラ)」を発売すると発表した。(2022/6/30)

買い物困難地域で実施:
ローソン、移動販売サービスを拡大 郵便局の空きスペースを活用
ローソンは郵便局の空きスペースを活用して移動販売サービスを開始する。買い物が困難な地域で実施し、地域の利便性を高める。サンドイッチ、菓子、飲料などを販売。(2022/6/24)

ヤクルト、紙パックコーヒーと乾麺を値上げ 「企業努力だけでは吸収できない」
ヤクルト本社は6月20日、紙パック飲料の「珈琲たいむ」と乾麺の「佐賀の神崎」の値上げを発表した。昨今の原料価格などの高騰を「企業努力だけでは吸収できる範囲を超えるもの」としている。(2022/6/20)

メルカリ、「ヤクルト1000」出品を削除 ガイドライン違反として
メルカリが、高額転売が相次ぐ乳酸菌飲料「Yakult1000」「Y1000」について、出品を削除していると明らかにした。食品の出品に関するガイドラインに違反しているとして、6月10日から削除対応に当たっているという。(2022/6/17)

宅配サービスも一時休止:
5000円超も 「ヤクルト1000」高額ネット転売に注意よびかけ
ヤクルト(東京都港区)は、乳酸菌飲料「Yakult1000」がインターネット販売サイトで高額転売されている事例が散見されるとして、注意を呼びかけている。(2022/6/7)

BTSをパッケージにした「ホットブリューバニララテ」、ファミマで発売 狙いは?
コーヒー飲料「BTSスペシャルパッケージ ホットブリューバニララテ」が、ファミリーマートと日本公式オンラインショップ「ブロコリストア」で発売。(2022/6/1)

値上げは食品だけじゃない 6月から価格が変わるハードウェア製品まとめ
円安や物流コスト高騰などにより、さまざまな企業が商品の値上げを発表している。価格変更の波は飲料・食品だけでなく、ハードウェア製品にも押し寄せてきている。本記事では、6月1日からハードウェアの価格を変更する企業の情報をまとめる。(2022/5/31)

ロボットをVR操作するアルバイト募集 遠隔でコンビニ飲料陳列 深夜・早朝なら時給1800円以上
コンビニの飲料陳列ロボットを、VRで遠隔操作するオペレーターのアルバイトが募集されている。(2022/5/25)

男女900人にアンケート:
自販機で買う飲料、「炭酸」「コーヒー」上回る1位は?
ドゥ・ハウスは、全国の20〜60代の男女約900人を対象に「自動販売機で購入する飲み物」に関する調査を実施した。その結果、購入する飲料の種類では「コーヒー」を抑え、「お茶」が一番多いことが分かった。自販機の利用場所は男女間で差があることも判明した。(2022/5/23)

料理サイト、メーカーと消費者つなぐ ネット通販増、口コミ・交流の影響大きく
料理サイトの食品・飲料メーカーと消費者をつなぐコミュニケーションサービスが注目されている。コロナ禍でECの利用が拡大し、双方向コミュニケーションや消費者間の口コミが商品の売れ行きにより影響するようになってきたためだ。(2022/5/16)

Transport Dive:
ペプシの車両“グリーン化”戦略 なぜ「リスク大」の開発に投資するのか?
食品・飲料の大手のペプシは2030年までに温室効果ガス排出量の75%削減に取り組む。同社の戦略がユニークなのは、そのために必要な機器開発の初期段階から投資していることだ。なぜ大きなリスクをとってまでグリーン化に取り組むのか。(2022/5/16)

Innovative Tech:
海水を飲料水に変える、手持ちカバン型装置 フィルター不要の新法 米MITやアメリカ陸軍などが開発
米MITや米Northeastern University、米U.S. Army Combat Capabilities Development Command(DEVCOM)─Soldier Centerの研究チームは、粒子や塩を除去して飲料水に変換する、重量が10kg未満の携帯型淡水化装置を開発した。(2022/5/10)

「ラピュタのOPみたい」飲み物の熱でコップをかき混ぜるエコな装置がずっと見ていられる
約200年前の発明「スターリングエンジン」を応用。(2022/5/10)

ブラックサンダーは飲み物 ファミマが「ブラックサンダーフラッペ」4月26日発売
ブラックサンダー10個分のお値段。(2022/4/25)

1500人に聞いた:
災害に備えて準備している物 「懐中電灯」「飲料水」のほかにランクインしたのは?
近年、防災グッズに注目が集まっている。今回は災害時に備えて準備している物を聞いた。定番の「懐中電灯」「飲料水」のほかにランクインしたのは?(2022/4/20)

カルピス初の常設店、阪急うめだ本店にオープン 「発酵」テーマで健康アピール
アサヒ飲料は乳酸菌飲料「カルピス」を使ったドリンクやスイーツの販売店「発酵『CALPIS』PARLOR」を大阪市の阪急うめだ本店にオープンした。(2022/4/13)

エイプリルフールネタ「クーリッシュ×じゃがりこ」を公式がマジで作っちゃった!? 商品化の可能性は不明も「吸ってみたい」と人気
じゃがりこも飲み物に? (2022/4/7)

ブランドは1日にしてならず:
緑茶リニューアル対決 シェアトップの伊藤園が、"定番"でも変化し続ける理由
お〜いお茶』に15年以上に携わってきた伊藤園マーケティング本部 緑茶飲料ブランドマネジャーの安田哲也氏に、緑茶界の”横綱”伊藤園『お〜いお茶』のマーケティング戦略と、22年の新たな挑戦を聞いた。(2022/4/7)

「社長のおごり自販機」全国展開 2人で買えば飲み物無料、社内の雑談促進を支援
サントリー食品インターナショナルが、社員2人が一緒に自販機を使うと、飲み物を無料で買えるようにする法人向けサービス「社長のおごり自販機」を全国に提供する。これまでは首都圏のみに提供していたが、首都圏外からも利用を望む声があったという。(2022/3/30)

LINEリサーチ調べ:
炭酸飲料ブランド調査 3位「ファンタ」、2位「三ツ矢サイダー」、1位は?
LINEリサーチは、日本全国の15〜64歳の男女LINEユーザーに、「炭酸飲料」について調査した。最近飲んでいる代表的なブランド炭酸飲料の1位は「コカ・コーラ」だった。(2022/3/24)

スターバックス、定番コーヒー豆を16年ぶり値上げ ラテ、フラペチーノなどの定番飲料も10〜55円値上げに
植物性ミルクを使ったメニューについては逆に価格引き下げに。(2022/3/22)

自販機の飲み物すら買わない倹約家だった友人が、最近果物を買うようになった理由に「わかる」の声
一生のうち何回食べられるか考えると、ねえ……?(2022/3/20)

歌舞伎町に目を光らせる「ゴジラ自動販売機」出現 クラウド型防犯カメラ搭載
東宝とアサヒ飲料は16日、新宿区と協力して「ゴジラ」をデザインした防犯カメラ付きの飲料自動販売機を設置すると発表した。(2022/3/16)

マクドが露営業停止 冷戦終結「象徴」去る スタバ、コカ・コーラも
【ワシントン=塩原永久】米ファストフード大手マクドナルドは8日、約850店を持つロシアで全店舗の営業を一時停止すると発表した。同社のロシア進出は冷戦終結の象徴とされたが、ウクライナ侵略に抗議する世界的な動きに「加わる」(同社首脳)としている。コーヒーチェーン大手のスターバックスや、飲料大手コカ・コーラなども同日、事業停止を決めた。(2022/3/9)

500人に聞いた:
お金がなくなってしまった原因 2位は「交遊費や交際費」、1位は?
保険マンモスは、お金がない経験をしたことがある20歳以上の男女を対象に、「お金がない状況に関するアンケート調査」を実施した。お金がない状態になっている原因(お金を多く使ってしまうこと)1位は「食費(食料、飲料、菓子など)」だった。(2022/3/9)

製造IT導入事例:
飲料メーカーがAIを活用した設備の異常検知システムを導入
NECは、AIを活用した設備の異常検知システム「NEC Advanced Analytics-インバリアント分析」をサントリービールに提供する。サントリー〈天然水のビール工場〉京都の缶充填ラインにおいて、2022年5月下旬より稼働する予定だ。(2022/3/7)

紙ストローってトイレットペーパーの芯で飲んでるみたい どうしても苦手な人に共感の声「風味が分からなくなる」「時間がたつとフニャフニャ」
紙ストローだと飲み物の味も変わる気がします。(2022/3/6)

CCCマーケティング調べ:
「栄養ドリンク・エナジードリンク」購買ランキング 3位は「オロナミンC」、2位と1位は? 
CCCマーケティングはTポイント提携先の購買データに基づいて、「栄養ドリンク・エナジードリンク」の調査を実施。男性の購買ランキング1位は、アサヒ飲料の「モンスターエナジー 缶 355ml」。女性1位は大塚製薬の「オロナミンCドリンク 瓶 120ml」だった。(2022/3/1)

【Amazonタイムセール祭り】飲料がお買い得 「野菜一日これ一本」「ウィルキンソン タンサン」などがセールに
備蓄したい飲料がお買い得です。(2022/2/26)

東京駅一番街に:
サントリー、「のんある酒場」をGWに期間限定オープン 「アルコール度数0.00%」の魅力を訴求
サントリーはGWに「のんある酒場」を期間限定でオープンする。「ノンアルで乾杯」という体験を訴求していく。ノンアル市場の拡大を受けてアルコール度数0.00%飲料を強化していく方針を公表している。(2022/2/22)

売却益は390億円:
キリンHD、中国の清涼飲料事業から撤退へ 中国系投資ファンドへ約1150億円で売却
キリンホールディングスは現地企業と合弁で展開していた中国での清涼飲料事業から撤退すると発表した。キリンHDが保有する全株式を中国系投資ファンドに総額1150億円で譲渡する。これに伴い、キリンHDは2022年12月期連結決算に約390億円の売却益を計上する。(2022/2/16)

ビールの飲みかけ保存ができる、タイガー「真空断熱炭酸ボトル」で飲んで分かった衝撃
実際に炭酸飲料を注いで振って開けて飲んで分かったこと。(2022/2/5)

着ぐるみの仕事かな? 映画「ゆるキャン△」“オフショットビジュアル”第3弾、一息つく大垣千明の姿
飲み物を片手に休憩。(2022/2/3)

新コピーも:
「カルピスウォーター」、パッケージをリニューアル おいしさを直感的に伝えるデザインへ
アサヒ飲料は「カルピスソーダ」「カルピスウォーター」のパッケージをリニューアルすると発表。おいしさを直感的に伝えるパッケージデザインに変更する。2月に「カルピス THE RICH」「カルピス THE RICH クリーミー」を発売する。(2022/2/3)

富士山の天然水を使用:
「青い富士山ビール」が発売 どんなビールなのか?
富士山プロダクトは1月28日、青色のビール飲料「青い富士山〈生〉」を発売する。「青い富士山シリーズ」の最新作で、過去には「青い富士山カレー」「青い富士山カレーパン」などを販売している。(2022/1/28)

コカ・コーラがノンアル飲料「よわない檸檬堂」を発売 「檸檬堂」のノウハウ生かした風味に
「檸檬堂」好きの休肝日によさそう。(2022/1/25)

【漫画】わざと飲み物をこぼす1歳息子、しかしその後の行動は…… ついつい許してしまうママの漫画に「わかりすぎる」と共感の声
毎度びっくりしてしまうけど……。(2022/1/25)

JR東日本管内では初めて:
冷凍ラーメンやプロテイン自販機、大宮のエキナカに
JR東日本大宮支社などは、冷凍ラーメンやプロテイン飲料の自動販売機をJR大宮駅の構内に設置した。新型コロナウイルス感染拡大が長期化し「非接触」「非対面」の販売方法のニーズが高まっているとみて、需要の状況を調べる。(2022/1/21)

待合室でさわぐ2歳息子を落ち着かせるため、飲み物を買った結果…… 想定外の反応に絶望するママの漫画
多くの人が元気すぎる子どもに手を焼いているようです。(2022/1/21)

アルコール類の持ち運びも:
タイガー、“国内唯一”の炭酸保冷ボトル発売 ペットボトルと炊飯器にヒント 2年の開発秘話
タイガー魔法瓶は、炭酸飲料の持ち運びに対応した保冷ボトルを発売する。国内メーカー唯一の商品だという。ユーザーや社内の声を反映し、約2年をかけて開発した。同社はビールなどのアルコール類を持ち運んだりする楽しみ方を提案する。(2022/1/21)

タイガーの炭酸ボトル、開発のヒントはペットボトルだった
タイガー魔法瓶が21日に発売する「真空断熱炭酸ボトル」は、国内メーカーで唯一炭酸飲料を持ち運べる真空断熱ボトルだ。しかしなぜ今までなかったのか。(2022/1/19)

なぜ今、“お茶”がアツイのか?:
PR:日本コカ・コーラが見据える茶系飲料市場の未来図 「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」大ヒットの要因を語る
2021年、コカ・コーラ、ジョージアなどで知られる清涼飲料市場の先導的企業である日本コカ・コーラは、コロナ禍で世の中が変容する中、「お茶市場でもリーディングカンパニー」を目指すことを宣言した。消費者ニーズに柔軟に対応するべく、同社が取り組む“お茶”変革――その一年間の取り組みを振り返ると同時に、日本コカ・コーラが見る茶系飲料市場の今後に迫る。(2022/1/19)

冷たいビール持ち運べる真空断熱ボトル、タイガーが発売 1.5Lタイプまで
タイガー魔法瓶はビールなど冷たい炭酸飲料を持ち運べる真空断熱ボトル4種を21日に発売する。6000円から7500円前後(税込)。(2022/1/11)

炭酸飲料を持ち運べる水筒がタイガーから登場 国内メーカーで唯一、独自構造搭載で吹きこぼれを防ぐ
水筒にコーラが入れられる……!(2022/1/11)

【Amazon 初売り】飲料特集 「カゴメ 野菜一日これ一本」「ウィルキンソン タンサン」「UCC 職人の珈琲」などがセールに
普段使いや備蓄用にも。(2022/1/5)

キッコーマン飲料からコーヒーみたいにドリップして飲む“おだし”が登場 Makuakeにて応援購入を受付中
すでに一部のリターンが完売しています。(2021/12/25)

狂気の難度……! アサヒ飲料の公式「十六茶ク〜イズ!!」があまりにも難しすぎて「正気か……?」の声
これわかる人いるの……?(2021/12/18)

今日のリサーチ:
「コロナ2年目」に売れたもの、そうでもなかったもの――インテージ調査
2021年は「オートミール」「麦芽飲料」が大勝利。低迷していた化粧品、医薬品の一部にも回復の兆し。衛生系商品は前年の反動で低迷しました。(2021/12/16)

クリスマスギフトの予算はいくら? ほしいもの1位は「食品・飲料」
バスリエはクリスマスに関する調査を実施。もらいたいもの1位は「食品・飲料」だった。クリスマスギフトの予算はいくらが最も多いのか? そのほか、クリスマスの過ごし方なども調査した。(2021/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。