「アサヒビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

飲まなくても楽しめる「ビール体験」が人気 VRなど視覚に訴える演出で需要拡大を後押し
ビール大手4社が今年リニューアルしたビール体験施設が人気だ。アトラクションやVR技術などを用いてビールの魅力を視覚に訴える演出が、お酒を飲めない人も楽しめると好評を得ており、各施設の来場者数は当初の想定を上回る。(2024/7/11)

新宿・新橋でインバウンド向けナイトツアー 居酒屋やスナック体験で「コト消費」狙う アサヒビールらが発表
7月1日から順次開催する。(2024/6/29)

電子ブックレット(製造マネジメント):
アサヒビールがR&Dに生成AIを導入した2つの狙い
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、R&Dプロセスに生成AIを導入したアサヒビールへの取材記事を収録した「アサヒビールがR&Dに生成AIを導入した2つの狙い」をお送りします。(2024/6/24)

火曜日に「へえ」な話:
銀座でなんと3時間待ち! 「アサヒスーパードライ」の新しい店と若者の関係
1987年に登場した、アサヒビールの「スーパードライ」は今年37歳になる。いわゆるロングセラー商品であるが、会社はある課題を感じている。それは世代交代だ。若い人に飲んでもらうために、どのような取り組みをしているのかというと……。(2024/6/18)

これは大人気の予感……!! 6月11日発売「未来のレモンサワー」は、缶の中に本物のレモンスライスが浮かぶ“世界初”の缶チューハイ
開けたらきっと「おおっ」と言っちゃう!(2024/6/3)

火曜日に「へえ」な話:
ぷかぷか、ふわふわ! なぜ「未来のレモンサワー」からレモンが浮かんでくるのか
アサヒビールがちょっとユニークな商品を開発した。“本物”のレモンスライスが入った「未来のレモンサワー」である。フタを開けるとレモンが浮かんでくるわけだが、どのようにして開発したのか。担当者に聞いたところ、想定以上の困難が待ち受けていて……。(2024/6/4)

メカ設計メルマガ 編集後記:
工場見学ですっかりファンになってしまいました……さて、何の工場?
人から直接説明を聞き、そして体験できることも大切ですね。(2024/5/28)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI、明治の活用法 社内アイデアソンで生まれた案は?
大手菓子メーカーの明治は1月から社内生成AI「meiji AI Talk」の活用を始めた。活用アイデアの創出に向け、社内ではどのような取り組みをしているのか。(2024/4/18)

PR:すぐ横にはアサヒビールの工場が! 茨城の「スーパードライ ミュージアム」はアート鑑賞&超できたてのスーパードライが飲めて最高なんだ
秋葉原から守谷までつくばエクスプレス快速で約32分、駅からは無料送迎バスもあります。(2024/4/22)

甲子園球場100年前のビールが復刻 当時、商品が生まれたきっかけは?
100年前に愛飲されていたビールをアサヒビールが再現し、8月に開場100年を迎える甲子園球場で今季限定販売されている。(2024/4/13)

生成AI 動き始めた企業たち:
書面の監査業務「25→12時間」に半減 生成AI、旭化成の活用策は?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第18回は、旭化成の取り組みを紹介する。各事業分野に特化した独自のAIモデルの構築を目指すという同社。どのような価値観のもと、生成AI活用を進めているのか。(2024/4/11)

復権進む従来ビール、理由は? 大手4社の競争が活発化
令和8年のビール系飲料の税率一本化に向け、税率が引き下げられる従来のビール(狭義のビール)を巡り、大手4社の需要獲得競争が活発化している。(2024/4/3)

橋本環奈、疲れモード&髪ボサボサの自撮りショットが別格すぎる ビール片手のオフ姿に「疲れ顔でこれは天使」「可愛すぎだろ!」
ビール大好きな橋本さん。(2024/3/25)

生成AI 動き始めた企業たち:
ライオン、生成AIで社内データを継承 開発の狙いは?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第17回は、ライオンを紹介する。同社は現在、生成AIと検索サービスを組み合わせた「知識伝承のAI化」ツールの自社開発に取り組んでいる。どのような生成AIの活用戦略を描いているのか。(2024/3/25)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AIが経営分析をサポート 名古屋鉄道の利用法は? 1000時間超の業務削減も
名古屋鉄道は法人向けChatGPTサービスを導入。これまでにグループ400人が利用。業務削減効果は1000時間超を達成した。先端技術を活用し、従来の業務をどのように変革しているのか。(2024/3/18)

ドライクリスタルは3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」が好調 3カ月で年間目標をほぼ達成した背景は?
「飲む人」も「飲まない人」も互いが尊重し合える「スマートドリンキング(飲み方の多様性)」を提唱するアサヒビール。その取り組みの一貫として販売されたアルコール度数3.5%の「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」について担当者に話を聞いた。(2024/2/22)

「ストロング系酎ハイ」撤退の動き キリンとサントリーはどうする?
厚生労働省がビールロング缶1本のアルコール摂取でも大腸がんの発症リスクが高まるなどとするガイドラインを19日発表したことで、ビール各社が「ストロング系」と呼ばれる低価格で酔いやすい高アルコール酎ハイの販売から撤退する動きが活発化しそうだ。(2024/2/19)

音楽+ビールで訴求:
なぜスーパードライから“細い缶”が登場するのか 「モンスター」と同じサイズ
アサヒビールが2月27日に発売する「アサヒスーパードライ スマート缶」は、若年層をターゲットにした新商品だ。開発背景や狙いを聞いた。(2024/2/14)

アサヒビール、本物のレモンが入った缶入りアルコール飲料を発売 「生ジョッキ缶」の缶を使用
アサヒビールが、本物のレモンスライスが入った缶入りのレモンサワーを発売する。2021年に発売した「生ジョッキ缶」同様の缶を採用した。(2024/1/15)

スーパードライの新容器「スマート缶」が登場 特徴は?
アサヒビールは「アサヒスーパードライ スマート缶」を2月27日から数量限定で発売する。(2024/1/11)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI、住友化学の活用法は? 最大50%超の効率化も
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第15回は、住友化学を紹介する。同社は10月から、自社版のChatGPTとして「ChatSCC」(チャットエスシーシー)を開発し、約6500人の全従業員を対象に運用を開始した。生成AIの活用は、同社のビジネスをどう飛躍させるのか。(2023/12/6)

アニメ「鬼滅の刃」新シリーズ、12月10日にプロモーション動画をプレミア配信 その後「鬼滅テレビ」も
アニメ「鬼滅の刃」の新シーズン「柱稽古編」に関する最新情報を詰め込んだ動画「プロモーションリール2024」が12月10日にYouTubeなどで公開される。(2023/11/29)

製造業×生成AI インタビュー:
技術文書を100文字要約、アサヒビールがR&Dプロセスに生成AIを導入した2つの狙い
アサヒビールは2023年10月、R&D部門を主な対象として、マイクロソフトの「Azure OpenAI Service」を活用した社内情報検索システムのPoCを開始した。社内情報検索システム導入の理由や、R&Dプロセスにおける生成AI活用の期待感を同社担当者に聞いた。(2023/11/8)

「新解釈!」「急にかわいく見えてきたw」 浅草にある「金色のオブジェ」が猫に見える奇跡の1枚が話題
本来は「炎」を表した作品です。(2023/11/2)

生成AI 動き始めた企業たち:
企画書作り「1週間→1日」に 住友生命の生成AI活用法
住友生命保険は7月から職員約1万人を対象に、ChatGPT技術を基に独自開発したチャットシステム「Sumisei AI Chat Assistant」を導入。これまで作成に1週間を要した企画書が、わずか1日で完成するなどの成果に結びついているという。(2023/10/27)

携帯、配信に次ぐ収益源に:
チケット最高額は1200万円 ドコモが「バイエルン対マンC」でスポーツ興行に参入した狙い
ドコモはJリーグと共に主催者となり、世界最高峰のクラブチームであるマンチェスター・シティFCとFCバイエルン・ミュンヘンという「奇跡の一戦」を開催した。なぜ通信会社ドコモが、スポーツ興行に参入したのか。キーマンに聞いた。(2023/10/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「六甲のおいしい水」はどこへ? “水買いブーム”の先駆けを、店舗で見なくなった理由
国内ミネラルウオーターの先駆けである「六甲のおいしい水」。1983年の発売以降ヒットを続け、飲料各社がミネラルウオーターを販売する呼び水にもなった。一方、最近は小売店で目にする機会もなくなっており、どうなっているのか。(2023/10/24)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI、電力会社はどう向き合う? 九州電力の活用法
電力業界の中でいち早く、生成AIの全社導入を始めた九州電力。これまでも自社設備の保守や維持管理にAIを活用し、ノウハウを有する。これから生成AIの活用にどんな道筋を描いているのか。(2023/10/20)

生成AI 動き始めた企業たち:
長文の技術資料を“数十秒”で確認可能に アサヒビールの生成AI活用法
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第12回は、アサヒビールを取り上げる。同社は9月から、生成AIを用いた社内情報検索システムの試験導入を始めた。新たな技術をどのように業務に生かしているのか。(2023/10/16)

生成AI 動き始めた企業たち:
電話対応、最大54%の時短に JR西日本の生成AI活用術
「生成AI 動き始めた企業たち」第11回はJR西日本。AIベンチャーと協業し、オペレーターの電話業務にかかる時間を最大54%削減に成功した。今後、生成AI活用にどのような道筋を描いているのか。(2023/10/12)

ROLAND、“1本数千万円の酒”を卸した後輩ホストの姿に涙 6年前からの夢に「こんなに嬉しいことってあるかな?」
す、すうせんまんえん……?(2023/9/1)

3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」発売 背景はビール類酒税の一本化
アサヒビールは10月11日、アルコール分3.5%にした「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」を発売する。アルコール分に多くの選択肢を用意し、ビール需要の獲得を狙う。(2023/9/1)

15〜30分の耐水性:
ブルボンの「食べられるストロー」 開発きっかけは「とある菓子」
ブルボンは、食べられるストロー「コロネクッキー」を発売した。現在、ファミリーマートの一部店舗で取り扱っている。実はブルボンが業務用に販売してきた「とある菓子」に着想を得ているというが……(2023/8/25)

アサヒから低アルコールのスーパードライ登場 アルコール分は3.5%
缶ビールの選択肢が一つ増えます。(2023/8/24)

製造ITニュース:
アサヒビール、生成AIを活用したAzureの社内情報検索システムを試験導入
アサヒビールは、日本マイクロソフトの「Azure OpenAI Service」が提供する生成AIを活用した社内情報検索システムを、2023年9月上旬から試験導入する。丹青社が開発したシステムをベースにしており、社内の膨大な資料やデータを一括で検索できる。(2023/8/22)

アサヒの「復活してほしいビール」 3位「ザ・マスター」、2位「豊かな泡のプレミアム」、1位は?
アサヒビールは、「アサヒ復活ビール総選挙」を実施した。(2023/8/2)

長岡花火、よさこい祭り...... 「スーパードライ」の限定缶登場 地域活性化へ
アサヒビールが、長岡花火(新潟県長岡市)、よさこい祭り(高知市)とコラボした「スーパードライ」を立て続けに発売した。(2023/8/1)

経済の「雑学」:
「生ジョッキ缶」の“もこもこ泡”、実は進化していた あまり知られていない2つのポイント
アサヒビールは、「生ジョッキ缶」第2弾となる「アサヒ食彩」を発売しました。生ジョッキ缶の特徴は、なんといっても「泡」。きめ細かい“もこもこ”の泡は、どのようにして生まれたのでしょうか?(2023/7/24)

泡と香りにこだわり:
アサヒ「生ジョッキ缶」第2弾を発売 見据えるのは酒税改正後の“新しい”ビール市場
アサヒビールは7月11日から、プレミアムビールの新ブランド「アサヒ食彩」を発売する。コンビニ限定の発売で、価格は284円(340ミリリットル)。開栓するときめ細かいもこもこの泡が自然発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる「生ジョッキ缶」の第2弾となる。(2023/7/5)

G7広島サミットで「じゃがりこ」「ビッグカツ」が振る舞われていた!? 外務省が公開した軽食メニューが「おおお!」「面白い」と話題
日本の味を堪能できそう。(2023/5/23)

CM総合研究所が調査:
2022年度CM好感度ランキング 3位「花王」、2位「日清食品」、1位は?
CM総合研究所(東京都千代田区)が、2022年度(4月度〜23年3月度)のCM好感度ランキングを発表した。(2023/4/26)

東京都主導の国際イベント:
世界の「フードテック」が日本に集結 シティテック東京の注目企業5社
東京都が主導する国際イベント「City-Tech. Tokyo」が開催された。世界中からさまざまな技術を持ったスタートアップが集ったわけだが、その中で注目の「フードテック企業」を紹介する。(2023/3/3)

缶ビールをうっかり冷凍庫へ→泡を吹いた無惨な姿に……! メーカー「冷凍庫には入れないで」
解凍したビールを飲んでも害はないものの、容器が破損する恐れが。(2023/2/20)

アサヒビール、“マルエフ”と“黒生”の250ml缶を新発売 「1対1」や「2対1」で混ぜやすくなるぞー!!
「ハーフ&ハーフ」や「ワンサード」などの飲み方がより手軽に。(2023/1/7)

2022年度銘柄別CM好感度ランキング 3位「UNIQLO」、2位「タウンワーク」、1位は?
CM総合研究所(東京都千代田区)が、2022年度(2021年11月度〜2022年10月度)の銘柄別CM好感度ランキングを発表した。(2022/12/24)

22年のYouTubeチャンネル総再生数 2位は「Sagawa/さがわ」、1位は?
BitStarは、2022年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表した。その結果、YouTubeチャンネル総再生数1位は「ISSEI/いっせい」(56億5732万回)だった。(2022/12/16)

例年飲む人は約3割:
今日はボジョレー・ヌーヴォー解禁日 飲む理由2位は「1年のイベントとして」、1位は?
ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日にあわせ、月に1回以上ワインを飲む、全国の20〜69歳の男女を対象に「ワインに関する消費者動向調査」を実施した。(2022/11/17)

コロナ禍で1店舗も閉鎖せず:
「なだ万」社長に聞く 「北海道フェア」を開催した3つの理由
創業192年の日本料理の老舗「なだ万」。2014年にアサヒビールの傘下に入り、以来グループでのシナジーを発揮してきた。アサヒビール出身の巻木通浩社長に、「都道府県別 産直フェア」を再開し北海道を選んだ狙いや経営者としてのポリシーを聞いた。(2022/10/19)

当初計画の2倍:
「アサヒ生ビール黒生」売れまくり 年間販売目標を200万箱へ再上方修正
アサヒビールは2月15日に発売した「アサヒ生ビール黒生」の販売好調を受け、年間販売目標を当初計画の2倍に当たる200万箱に再上方修正する。(2022/10/13)

メルカリとスタバが包括連携 規約違反に素早く対応
メルカリとスターバックス コーヒー ジャパンは10月4日、包括連携を開始し、メルカリ上でスターバックスの商品が安心、安全に取り引きできる環境を構築していくと発表した。(2022/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。