• 関連の記事

「Alexa」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Alexa」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

シリコンバレーから見た風景:
シリコンバレーは今や自動車開発の街 どんなクルマでどんな会社なのか、まとめてみた
シリコンバレーはIT企業だけのものではない。最近では次世代の自動車産業が勃興している。(2022/6/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
屋外対応モデルと思わぬ相違点が? 屋内用小型ネットワークカメラ「Ring Indoor Cam」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は屋内用の小型ネットワークカメラ「Ring Indoor Cam」を試してみた。(2022/6/28)

CloseBox:
Alexaが故人の声で話すようになる それは良いことなのか?
Amazonが発表した、故人の声で本の読み聞かせをするデモ。これについて考えてみた。(2022/6/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
屋外設置に対応 Echo Showからも見られるネットワークカメラ「Ring Stick Up Cam Battery」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は屋内から屋外までオールマイティーに使えるネットワークカメラ「Ring Stick Up Cam Battery」をチェックした。(2022/6/14)

Appleがスマートホーム共通規格「Matter」に今秋対応 iOS 16やiPadOS 16で利用可能に
年次開発者会議「WWDC 2022」で、Appleがスマートホーム共通規格「Matter」への対応を発表した。今秋リリース予定のiOS 16やiPadOS 16の「ホーム」アプリで、対応製品を制御できるようにするという。(2022/6/7)

日本でFire TVシリーズはどんな感じ? 米Amazon担当者に聞いた
Amazonの「Fire TVシリーズ」は、映像投影(キャスト)デバイスとして日本国内でも一定の地位を築いた。ヤマダホールディングスと提携してFire OSを搭載する「Fire TVスマートテレビ」も投入したが、今後日本においてFire TVシリーズはどのように展開されるのだろうか。米Amazonの担当者が語った。(2022/6/7)

副作用に注意
Raspberry Pi OSのデフォルトアカウントが廃止された納得の理由
Raspberry Pi OSのデフォルトアカウントである「pi」が廃止された。このわずかな修正の影響は大きい。デフォルトアカウント廃止の理由と副作用を説明する。(2022/6/3)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Echo Showとも組み合わせ可能! スマートドアベル「Ring Video Doorbell 4」を活用してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。Amazonのドアベルを使ってみた。(2022/5/30)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
議事録作りだけではない AI「音声認識」の可能性を考える
画像認識技術に比べて音声認識技術の用途は限定されている。ビジネスの場での活用は、コールセンターでの電話音声の文字起こしや会議の議事録作成にとどまっているのが現状だ。しかし、将来的には売り上げに貢献することが期待されているという。(2022/5/27)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマホから映像を確認できるドアベル「Ring Video Doorbell 4」を導入してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。Amazonの日本初投入となるドアベルを設置した。(2022/5/26)

Alexaで無料育児相談、音声活用しハンズフリー 森永乳業が25日から提供
スマートスピーカーと対話することで育児相談ができる新サービスを、森永乳業がアプリ開発会社のアイリッジとともに開発した。両手でパソコンやスマホを操作しなくても済むため、乳幼児の育児中でも気軽に相談ができるという。(2022/5/24)

ソニー、「LinkBuds S」を海外発表 ノイキャンに低遅延「LE Audio」サポート 199.99ドル
ソニーは、アクティブノイズキャンセリング(ANC)対応の新型ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S」を海外発表した。国内価格は不明だが、米国法人は199ドルでアナウンスしている。(2022/5/19)

ソニーがノイキャンイヤフォン「LinkBuds S」発表 “穴なし”構造でLDAC対応
ソニーは、ノイズキャンセル(NC)機能と高音質コーデックLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds S WF-LS900N」を6月3日に発売する。市場想定価格は2万6000円(税込み)。カラーはエクリュ、ホワイト、ブラックの3色を用意する。(2022/5/19)

イヤイヤ期の子へ「バカ」の代わりに「ポムポムプリン」と言うよう叱った結果…… 怒っているはずなのにかわいいことに
怒りもファンシーになる。(2022/5/17)

「男性は突然父親になれません」という人もいるけど……夫と一緒に育児を乗り越えた話に「素敵」「なにそれ惚れる」の声
子育てしながら少しずつ「親」になっていく。(2022/5/19)

ソニー、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」発表 タップだけでSpotify再生
ソニーはノイズキャンセル(NC)機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を5月27日に発売する。市場想定価格は5万円(税込み)。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色を用意する。(2022/5/13)

「3分だけ横になっていいかな」と子どもにお願いしたらまさかの砂時計を使い出す 出来過ぎな対応に「お医者さんごっこがおすすめ」
そこはもっとアバウトでも良かった……!(2022/5/13)

Marketing Dive:
メタバースネイティブとしての「α世代」 攻略の鍵は?
「α世代」は結局のところ「Z世代」以前の世代とはどう違うのか。ブランドはなぜこのコホート(世代)を理解する必要があるのか。α世代攻略が生死を分ける3つの産業を例に解説する(2022/5/12)

Innovative Tech:
「OK Google」「Hey Siri」の微妙な“言い方”を区別し、音声アシスタントの誤認識を軽減 東大などが開発
東京大学大学院情報学環の暦本研究室とソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)の研究チームは、「OK Google」や「Hey Siri」のような音声アシスタントを起動させる音声コマンドの誤認識を軽減する学習ベースの分類モデルを開発した。(2022/5/12)

これは気まずい…… 子ども同士は仲良しだけど話が合わないママ友と「最悪のハモり方」をしてしまった話
タイミングは……ぴったり。(2022/5/12)

「wena 3」にシン・ウルトラマンモデルが登場 限定1000台で6万8200円
ソニーが、スマートウォッチ「wena 3」と「シン・ウルトラマン」のコラボレーションモデル「WNW-SA21A/B」を11月7日に発売する。価格は6万8200円(税込み)で、限定1000台の販売としている。ソニーストア、円谷ショップ、ウルトラマンショップが取り扱う。(2022/5/9)

「Sonos Beam(Gen2)」で自宅のサウンド環境を手軽にグレードアップ! ビデオ会議にも使える?
各社からサウンドバーが相次いで登場している。Sonosの「Sonos Beam(Gen2)」は、TVのサウンドを迫力ある物にするだけでなく、Dolby Atmos対応コンテンツで立体サウンドを満喫することも可能だ。(2022/5/6)

寝ている間に子どもが勝手に電話をかけちゃった!→ 思わずヒヤッとしたけど結果ほっこりしたエピソードがほほえましい
やらかしたかと思いきや、優しい世界が広がっていました。(2022/5/3)

「パーフェクト」をパーフェクトに発音できない女の子 自信たっぷりな姿勢と笑顔はすでにパーフェクト【米】
自信満々なところがかわいい。(2022/5/6)

5歳児にそろそろ寝ようと声をかけたら返答に衝撃 とても丁寧に礼儀正しくお断りされた話がかわいい
どこかで覚えた言葉を使いたかったのかも。(2022/5/2)

5月7日まで! Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお買い得に
Amazonが5月7日まで開催中のタイムセールで、同社のスマートディスプレイやスマートスピーカー、のストリーミングメディアプレーヤーが通常価格よりもおトクに買える。(2022/5/1)

ハンドルから手を放せる「プロパイロット 2.0」を体験! 日産本気の新型BEV「アリア」に試乗してみた
普段はガソリン車を運転し、EVはカーシェアでしか運転していない筆者がアリアを体験しました。静かな車内とプロパイロット 2.0の組み合わせはすごかった!(2022/5/1)

Innovative Tech:
口パクで音声入力できるマスク、東大などが開発 約8割の精度で音声を認識
東京大学と産業技術総合研究所の研究チームは、マスク着用時に口パク(無声発話)による音声入力が行えるマスク型デバイスを開発した。口パクによって変形するマスクを内蔵するセンサーで読み取り、音声アシスタントへの入力コマンドに変換する。(2022/4/28)

TP-Link、屋外設置に適したWi-Fi接続対応セキュリティカメラ
ティーピーリンクジャパンは、無線LAN接続に対応したネットワークカメラ「Tapo C320WS」を発表した。(2022/4/25)

Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお得! Amazonが「タイムセール祭り」を4月26日まで開催
Amazonが4月26日午後11時59分まで「タイムセール祭り」を開催している。同社のスマートディスプレイやスマートスピーカー、のストリーミングメディアプレーヤーが通常価格よりもおトクに買えるチャンスだ。(2022/4/24)

買ったばかりの物を落としちゃった……  落ち込むお母さんを励ます娘さんの言葉がかわいい
食べ終わったら、早く帰ってきてくれますように。(2022/4/30)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
壁掛け対応スマートディスプレイ「Echo Show 15」を試して分かった際立つ個性
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。セットアップ編に続き、使い込んで気がついたことを整理した。(2022/4/21)

子どもを自転車のチャイルドシートに乗せたまま離れないで! ちょっとの油断が大けがにつながる可能性が
そのひと手間で助けられる命がある。(2022/4/21)

「Ring」のスマートドアベルは何ができる? サクッと試してみた
Amazonが「Ring」ブランドのスマートドアベルとスマートカメラの販売を開始した。果たして便利なものかどうか、新製品の1つであるスマートドアベル「Ring Video Doorbell 4」を試してみることにしよう。(2022/4/20)

マスクは「大人がしているかっこいいもの」!? 3歳の長女がマスクデビューをしてくれた理由がかわいらしい
めちゃくちゃ嫌がるだろうなと思っていたら……。(2022/4/20)

本当のポケモントレーナーはママだった? ポケカで遊ぶ男の子に指示を飛ばすお母さんに「ママがポケモンマスターみたい」の声
絶対、ベテラントレーナーだよ……!(2022/4/19)

アマゾン、Alexa対応ドアベルとセキュリティカメラ「Ring」 国内販売開始
 アマゾンジャパンは4月13日、ドアベルとセキュリティカメラ「Ring」(リング)の日本での販売開始を発表した。同日より、Amazon.co.jpにて予約開始、4月20日より出荷開始となる。(2022/4/18)

卒園式「あんなに小さかったのにこんなに大きくなって」→入学式「1年ちっっさ!」 子どもが卒業→入学するたびに起こる謎現象に共感
なぜ人は同じことを繰り返してしまうのか。(2022/4/18)

「人の肉が食べたーい」という2歳児 ショッキングな勘違いに「わかる」「勘違いハンニバル」の声
かわいいったらありゃしない!(2022/4/16)

本体にも付属へ:
「Fire TVシリーズ」の第3世代リモコンに「ABEMAボタン付き」登場 2980円
Amazonの映像デバイス「Fire TVシリーズ」に対応する音声認識リモコンに、Amazon Musicボタンの代わりに「ABEMA(アベマ)ボタン」が搭載されたものが登場する。ボタンを押すと「ABEMA」アプリが一発起動するもので、Amazon.co.jpや家電量販店ではこのリモコンが付属するFire TVシリーズも順次発売される。(2022/4/15)

5歳児に刺さるおかずをつくったら「シェフをよんでくれ!」 まるで貴族のような子どもの振る舞いがかわいすぎると話題
どこで覚えたのかな?(2022/4/14)

「大人は自分でご飯を用意して自分で食べれて自分でウンチして自分でお尻拭けてえらい!」 育児をしていたら大人たちにメダルをあげたくなった話
大人はみんなえらい。(2022/4/17)

Amazonが「Ring」ブランドのスマートドアベルとスマートカメラを日本に投入 4月20日発売
Amazon傘下の「Ring(リング)」が、日本でもAmazonの日本法人(アマゾンジャパン)を介してスマートドアベルとスマートカメラを販売することになった。Amazon.co.jpの他、ヤマダデンキを始めとする家電量販店でも取り扱われる予定だ。(2022/4/13)

永遠の疑問「親ってなんで息子の部屋が気になるんだろ???」 つぶやいたツイートに「実は“アレ”だけではない」との回答が集まる
親も「元・子ども」だから、気持ちは分かるはずだけど……。(2022/4/12)

スピーカー通話中、相手のアレクサに「電気消して」「EDM流して」と遠隔指示したら…… いたずらをしかける友達同士のやりとりに思わず笑ってしまう
これは楽しそう……。(2022/4/10)

「男の子ママを絶望させる話なんだけど……」 小学生男子の“砂場遊びあるある”がびっくりするほどフリーダム
お母さんならば誰でもネタがあるだろう、まさに「あるある話」ですね。(2022/4/9)

娘はまだパパがサンリオピューロランドに行く理由を知らない 「おとうさんにおいてかれないようにしなきゃ!」と急ぐ姿にほっこり
娘さんの気持ちも、お父さんの気持ちも分かる。(2022/4/13)

マーケティングチャネルとしての存在感を増す音声SNS
Amazon版Clubhouse「Amp」の本命用途は遊びじゃなくて“あの用途”
Amazonは北米で音声SNS「Amp」のβ版を提供開始した。「Clubhouse」や「Twitter Spaces」など、音声SNSは企業の新たなマーケティングチャネルとなりつつある。アナリストが注目するAmpの用途は。(2022/4/7)

プラマイデジタル:
偏りのない「感情認識AI」が目指すウェルビーイングな社会とは?
SXSWのピッチイベントで優勝したHume AIの「共感型AI」はウェルビーイングへの貢献をうたう。(2022/4/5)

“この一言”で3歳児が自らトイレに行くように 「あなたのオムツは1枚23円だから……」と教えたお母さんの機転に「素晴らしすぎます」
賢いお子さんだな……!(2022/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。