• 関連の記事

「Alexa」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Alexa」に関する情報が集まったページです。

使用サイトの年間増加数を調査:
2021年に躍進したWeb技術は?
Q-SuccessはさまざまなカテゴリーのWeb技術について、2022年1月1日と2021年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2021」として発表した。コンテンツ管理システムやサーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど17種類の技術が対象だ。(2022/1/27)

AWSチートシート:
「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させる
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS CloudFormation」内でコマンドが用意されていないインフラを「カスタムリソース」を使って自動構築させる方法を紹介する。(2022/1/20)

色が変わる車や最新のQD-OLED TVなど:
「CES 2022」から未来を見通す
CESの製品デモンストレーションは、必ずテレビ映えするだけでなく、さまざまなソーシャルメディアでシェアされるというのも、納得がいくのではないだろうか。しかしその多くは、市場参入を実現することができない。また、市場参入までに時間を要するものもある。(2022/1/17)

「wena 3」にXperia連携モデルが登場 限定1000本で7万4800円
ソニーが同社のスマホ「Xperia」シリーズと同じカラーリングの「wena 3」を発売する。限定1000本の発売で、Xperiaと同様のデザインを各所に施している。発売と同時にwena 3からスマホのシャッターを切ったり、音楽の再生などをコントロールしたりできる機能も追加する。(2022/1/13)

小寺信良のIT大作戦:
スマートスピーカーから考える、「本当に賢い」とは何か
スマートスピーカーを使わなくなってしまう原因について考えてみた。(2022/1/13)

「アレクサ、サンバかけて」と頼んだら……持ち歌「Alexaサンバ」を大熱唱されるまさかの事態に
ア!レ!ク!サ!Alexaサンバ!(2022/1/12)

Alexa、話しかけなくても定型アクションを実行できるように 入退室を検知
アマゾンジャパンが「Echo」シリーズで、ユーザーの入室・退室を検知し、ユーザーが話しかけなくても定型アクションを実行する機能の提供を始めた。(2022/1/12)

Amazon、音声アシスタント「Amazon Alexa」で在室/不在を検知しての自動アクションが可能に
Amazonは、音声アシスタント「Amazon Alexa」搭載のEchoデバイスの機能強化を発表。在室/不在の判定に応じた提携アクションの実行が可能となった。(2022/1/12)

CES 2022:
Alexa対応オーブンレンジ、パナソニックが開発
「アレクサ、コーヒーを1杯温めて」──パナソニックは5日、「CES 2022」で音声操作に対応したオーブンレンジ「NN-SV79MS」を発表した。(2022/1/5)

CES 2022:
LenovoがAlexa対応のスマートクロックを発売 液晶を省いて59.99ドル
LenovoがAmazon Alexaに対応するスマートクロックを発売する。液晶ディスプレイを省き、時刻などをLEDによる表示とすることでシンプルさが際立つようになっている。追って、このディスプレイで使える「常夜灯」もオプションとして登場する予定だ。(2022/1/5)

Amazonが「初売りセール」を開催中 Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお得に
Amazonが「初売りセール」を1月6日午後11時59分まで開催中だ。Fire TVやタブレット、Echoシリーズなどがセール価格になっている。(2022/1/4)

【Amazon 初売り】コスパ最強モデル「ルンバ e5」が福袋で登場! 他にもブリタの浄水器、シャープの加湿空気清浄機など“家電の福袋”セールまとめ
ルンバの福袋が4万円!(2022/1/3)

【これポチ】PS5用に「4K・120Hz対応テレビが10万円切ったら買おう」と思っていたら10万円切ったので買った話
最大の問題点は……。(2021/12/31)

TP-Link、スマホで発光制御ができるLEDテープライト
ティーピーリンクジャパンは、好きな長さにカットして使えるテープ型デザインのLEDライト「Tapo L900-5」を発表した。(2021/12/20)

Amazonが「ホリデーセール」を開催中 Fire TVやEcho Showがお得に
Amazonが恒例の「ホリデーセール」を12月25日まで開催中だ。Fire TVやEcho Showシリーズなどがセール価格になっている。(2021/12/18)

BEYOND THE DISTANCE:
アマゾン、東京駅に「Echo Show」のポップアップショップ 帰省時の手土産に
アマゾンジャパンが、「Echo Show」専門のポップアップショップを期間限定で開催する。(2021/12/14)

実売6000円台のXiaomi「Mi スマートスピーカー」を試して分かったこと
シャオミ(Xiaomi)から、Google アシスタント対応のスマートスピーカーが登場した。税込みで実売6480円という手頃なモデルを使ってみた。(2021/12/10)

任天堂のネットワークサービスで障害発生 AWSの影響で【復旧済み】
「Nintendo Switch Online」「ニンテンドーeショップ」など任天堂のネットワークサービスで障害が発生している。AWSの障害の影響という。(2021/12/8)

TP-Link、パン/チルトにも対応した無線ネットワークカメラ「Tapo C210」
ティーピーリンクジャパンは、無線LAN接続対応ネットワークカメラ「Tapo C210」の国内販売を開始する。(2021/12/2)

【Amazonブラックフライデー】セール最終日! これまでの6日間で売れた商品最終まとめ もう買い残しはない?
後半になってマスクがよく売れました。(2021/12/2)

Amazonがブラックフライデーの人気商品第2弾を発表 Ankerの小型プロジェクターやECOVACSのロボット掃除機が売れ筋
残りあと2日!(2021/12/1)

【Amazonブラックフライデー】スマートリモコンのエントリーモデル「Nature Remo mini」が2000円オフ スマートホーム関連セールまとめ
今ある家電はそのままで、自宅をスマートホーム化できる優れもの。(2021/11/28)

【Amazonブラックフライデー】LGの“4K/120Hz対応”有機ELテレビが大幅セール中 低価格ながらPS5完全適応のコスパ最高モデル
うちもPS5用にこの間のセールで買いました。(2021/11/27)

【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
バッファローのHDDや骨伝導イヤフォン「AfterShokz」なども上位に。(2021/11/27)

Amazon、声で印刷を実行できるAlexa向けの新プリント機能を提供開始
アマゾンジャパンは、Amazon Alexa向けとなる新しいプリント機能の提供を開始した。(2021/11/24)

「Alexa、○○をプリントして」 声で印刷できる機能リリース
「Alexa、○○をプリントして」と話しかけるだけで、買い物リストや数独パズル、迷路などのコンテンツを、Alexa対応プリンタで印刷できる新機能。(2021/11/24)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
日産が「売らない小売店」にEVを置いたワケ
入り口で存在感を放っています(2021/11/18)

スマートリテール:
EVにラーメン自販機、最新家電、「モノを売らない小売店」が渋谷に新店舗
b8ta Japanは2021年11月15日に、最新家電やガジェットなどを展示する米国発の体験型小売店舗「b8ta TOKYO Shibuya」をオープンすると発表した。日産自動車の新型クロスオーバーEV「アリア」などを置いている。(2021/11/16)

「Arlo Essential」を使って今時のホームセキュリティを考える
今やドライブレコーダーの装備は当たり前となったが、自宅時間が増える中で、「ホームセキュリティ」を意識する機会も多くなった。Arloの屋内用カメラで、そのあたりのことを考えてみた。(2021/11/15)

+Style、最大128GBのmicroSDカードに対応したセキュリティカメラとホームカメラを発売
+Style(プラススタイル)が、「+Style セキュリティカメラ」と「+Style ホームカメラ」を発売した。最大128GBのmicroSDカードに対応し、Google アシスタントやAmazon Alexaとも連携する。(2021/11/11)

DisneyとAmazonの提携で生まれた新サービス
ミッキーマウスが音声アシスタントに Alexaベースの「Hey Disney!」の仕組み
DisneyはAmazonとの提携で音声アシスタント「Hey Disney!」を開発し、「Walt Disney World Resort」のホテルに導入する。誕生の鍵となったのは「Alexa Custom Assistant」というホワイトラベルサービスだ。(2021/11/2)

【Amazonタイムセール祭り】初日の売れ筋商品TOP 20 Fire HD 10タブレットを抑えて1位に輝いたのは?
今回のセールの目玉!(2021/10/30)

Amazonがタイムセール祭りを開催中 Fire TVやFireタブレットがお得に 10月31日23時59分まで
Amazonが恒例の「タイムセール祭り」を10月31日23時59分まで開催中だ。Fire TVやFireタブレットシリーズなどがセール価格になっている。(2021/10/29)

新登場の「Fire TV Stick 4K Max」 4Kの視聴環境がない人でも選ぶべき理由
Amazonが新たに発売した「Fire TV Stick 4K Max」は、Fire TVシリーズとしては初めてWi-Fi 6接続に対応し、メモリ増量で処理パフォーマンスアップ、リモコンも最新版に改められた。実際の使い勝手をチェックしよう。(2021/10/27)

組み込み開発ニュース:
ArmがIoT機器の固定観念を打破、ハードソフト同時並行開発で開発期間を2年短縮
アームがIoT機器の開発期間を大幅に短縮する包括的ソリューション「Arm Total Solutions for IoT」を発表。AWSのクラウド上で仮想的に再現した物理ICの機能等価モデルとなる「Arm Virtual Hardware Targets」などの活用によりハードウェアとソフトウェアの開発を同時並行で進められることで、5年かかるIoT機器の開発期間を3年で終えられるという。(2021/10/20)

【そんなことある?】「アレクサ、温度」 → 謎の「アレクサ音頭」を歌い出すアレクサ
そんな機能あるの!?(2021/10/17)

新しい顧客接点開拓:
スターバックスがAlexaを活用したお試しサンプリング施策に挑んだ理由
スマートスピーカーを活用したお試しサンプル配布を実施したスターバックス。その企画の背景や狙い、施策を通した気付きを聞いた。(2021/10/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーとしての実力は? Sonosのポータブルスピーカー「Sonos Roam」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はユニークなスマートスピーカー「Sonos Roam」を試してみた。(2021/10/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
「おならのニオイ消しパッド」から「空飛ぶクルマ」まで、イノベーションを生む企業ランキング
ボストン・コンサルティングが発表した「世界でも最もイノベーションを生み出している企業ランキング」によると、2位はアルファベット社、1位はアップルだった。ポストコロナ時代、イノベーションを生み出す企業に共通する要素とは。(2021/10/7)

AWSチートシート:
機械学習を簡単に試したい人向け、「Amazon Lookout for Vision」で画像データを使った学習、ラベル付け、精度向上の手順
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「Amazon Lookout for Vision」を使って、画像で簡単に異常検知を行う方法を紹介する。(2021/10/7)

Alexaの音声で保険料見積もり SBI生命が業界初
 SBI生命保険(東京都港区)は10月17日から、スマートスピーカーAmazon Echoシリーズに搭載されるAIアシスタントのAlexa(アレクサ)を活用した、音声による保険料見積もりサービスを開始すると発表した。(2021/10/6)

小寺信良のIT大作戦:
Amazonのロボット「アストロ」、日本の家庭に居場所はある?
Amazon初の家庭用ロボット「アストロ」。日本で販売するかどうかは不明だが、現在の機能は日本市場にマッチするだろうか。(2021/10/5)

Amazonが家庭用ロボット「Astro」発表 Alexaを搭載
Astroが自宅内をモニタリングし、ユーザーは外出先でアプリから部屋の様子を確認できる。(2021/9/29)

Amazon、15.6インチのスマートディスプレイ「Echo Show 15」を発表 掲示板のように壁掛けも可能
壁掛けいいな。(2021/9/29)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
新車のCMで「Google搭載」が売り文句になった
「Apple搭載」もほしいですね。(2021/9/29)

Amazonの秋のイベントで発表されたことまとめ ロボット「Astro」や15インチ「Echo Show」ほか
Amazonが9月28日に開催したオンラインイベントで発表された製品とサービスをまとめた。日本での発売予定は不明だが、家庭用ロボットやドローンカメラなど多様な製品が登場した。(2021/9/29)

Amazonが家庭用ロボット発表 部屋の中を動き回って見守り、潜望鏡カメラも 約999ドル
米Amazon.comが家庭用ロボット「Astro」を発表。音声アシスタントの「Alexa」を搭載しており、動き回るスマートディスプレイとして使うことができる。外出時には自宅の様子を自由に確認できる他、ホームセキュリティ機能を別途組み合わせることで、不在時の自動パトロールも設定できる。(2021/9/29)

EchoやFireデバイスにも対応した約50ドルのドアベル「Blink Video Doorbell」
米AmazonのDevices & Services事業部門が発表会を開き、さまざまなデバイスを投入する。ここでは安価なドアベル「Blink Video Doorbell」を取り上げる。現時点で日本での展開は未定だ。(2021/9/29)

日本発売未定:
AmazonがAlexa搭載の家庭用ロボット「Astro」を発表 米国では2021年後半に1449.99ドルで数量限定販売
Amazonが、Alexaを搭載した家庭用ロボットを米国において数量限定で販売する。招待制の購入プログラムでは、より多くの機能を利用するためのサブスクリプションサービスの6カ月利用権付きながらもよりおトクな価格になる。(2021/9/29)

19型の投影タッチスクリーンと8型ディスプレイで子供との時間を豊かにする新デバイス「Amazon Glow」が登場
米AmazonのDevices & Services事業部門が発表会を開き、さまざまなデバイスを投入する。ここでは、「Amazon Glow」(アマゾン グロウ)を取り上げる。現時点で日本での展開は未定だ。(2021/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。