「無線LAN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

無線による情報通信ネットワークの総称。IEEE802.11委員会が各種標準規格を規定しており、主に2.4GHz帯や5GHz帯などの無線用の周波数帯を介したデータ通信を指す。
無線LAN − @ITネットワーク用語事典

-こちらもご覧ください-
質問!ネットワーク機器→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でネットワーク機器関連の質問をチェック
質問!ワイヤレス・無線LAN→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でワイヤレス・無線LAN関連の質問をチェック

歴史あるスタジアムに進化版Wi-Fi
「Wi-Fi 6E」で何が変わった? ドイツのサッカー名門が使う“6GHz帯”無線LAN
ドイツのクラブチーム、ドルトムントがホームスタジアムに「Wi-Fi 6E」準拠の無線LANを導入し、顧客体験の向上と運営の効率化を図る。Wi-Fi 6Eにどのような効果を見込んでいるのか。(2024/6/14)

テレワークに最適なモバイルホットスポット【後編】
無線LAN接続に「モバイルルーター」を使うなら“6つの視点”で選ぶべし
無線LAN接続用の手段としてモバイルホットスポット専用デバイス(モバイルルーター)を使う場合は、考慮すべきポイントが複数ある。6つにまとめて解説しよう。(2024/6/14)

バッファロー、Wi-Fi 7対応無線LANルーター「WXR9300BE6P」を予告 9月発売予定
バッファローは、Wi-Fi 7対応無線LANルーター「WXR9300BE6P」の告知を行った。(2024/6/12)

テレワークに最適なモバイルホットスポット【前編】
テザリング vs. モバイルルーター 「無線LAN」接続するならどちらがいい?
持ち運びできる無線LANアクセスポイントの選択肢として、スマートフォンのテザリング機能と、モバイルホットスポット専用デバイス(モバイルルーター)がある。両者の特徴を比較する。(2024/6/7)

FAニュース:
CODESYS搭載一体型PLC「TRITON」に無線LANおよびBluetooth対応モデルを追加
リンクスは、CODESYS搭載の一体型PLC「TRITON」の、無線LANおよびBluetooth対応モデルを発表した。各種製造装置向け組み込みコントローラーや、装置のIIoT化、IIoTゲートウェイなどへの用途を見込む。(2024/5/17)

NECプラットフォームズ、Wi-Fi 6E対応のホーム無線LANルーター「Aterm WX5400T6」
NECプラットフォームズは、Wi-Fi 6E接続をサポートしたスタンダード設計のホーム無線LANルーター「Aterm WX5400T6」を発表した。(2024/5/9)

パッと見で分からない細かいこだわりも バッファロー開発陣に聞くWi-Fi 7ルーター「WXR18000BE10P」の秘密【後編】
バッファローが、国内メーカー初となる「Wi-Fi CERTIFIED 7」認証を取得した無線LANルーターを発売した。その特徴を、同社の開発陣に聞いた。(2024/5/1)

企業向け無線ネットワークの選択肢【後編】
「Wi-Fi 6」も「5G」も“使えれば皆同じ”ではない 無線通信の決定的な違い
無線には「Wi-Fi 6」を含む無線LANや「プライベートLTE」といった選択肢がある。無線LANの規格ごとの違いに触れつつ、各無線規格にどのような違いがあるのかを比較する。(2024/4/26)

エレコム、10GbEポートを備えたWi-Fi 7対応無線LANルーター
エレコムは、最新のWi-Fi 7規格に対応した無線LANルーター「WRC-BE94XS-B」を発表した。(2024/4/25)

TP-Link、Wi-Fi 7に対応した法人向け無線LANアクセスポイント
ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fi 7接続をサポートした法人向け無線LANアクセスポイント「EAP773」の販売を開始する。(2024/4/24)

アイ・オー、Wi-Fi 7に対応したハイパフォーマンス無線LANルーター
アイ・オー・データ機器は、最新のWi-Fi 7規格をサポートした無線LANルーター「WN-7T94XR」を発表した。(2024/4/24)

ASUS、Wi-Fi 7に対応したハイエンド仕様のゲーミング無線LANルーター
ASUS JAPANは、最新のWi-Fi 7規格をサポートしたゲーミング無線LANルーター「ROG Rapture GT-BE98」を発表した。(2024/4/22)

企業向け無線ネットワークの選択肢【前編】
無線LANが“いつも正解”じゃない あえて「LTE」を使う理由はこれだ
無線のプライベートネットワークとしては無線LAN(Wi-Fi)が一般的だが、プライベートLTEも企業にとって現実的な選択肢となっている。プライベートLTEの特徴を解説する。(2024/4/19)

エレコム、Wi-Fi 6Eに対応したスティック型USB無線LANアダプター
エレコムは、Wi-Fi 6E接続をサポートしたUSB接続対応の無線LANアダプター「WDC-XE2402TU3-B」を発表した。(2024/4/16)

蔵出しブックレット
「無線LAN」は有線LANより危険なの? 「有線LANとの違い」と、安全に使うためのこつ
テレワークの普及に伴い、自宅の「無線LAN」へのセキュリティ対策が喫緊の課題となっています。無線LANと有線LANの違いと、無線LANを安全に使う方法を紹介します。(2024/4/16)

Tech TIPS:
Wi-Fi利用時のプライバシー保護「MACアドレスのランダム化」を有効化する【Windows 11】
Windows 11では、無線LANのMACアドレスがランダムに割り当てられる機能「ランダムなハードウェアアドレス」をサポートしている。外出先など、MACアドレスが追跡されないようにこの機能を有効にしておいた方がよい。ただ、「ランダムなハードウェアアドレス」を有効にする場合は注意すべき点もある。「ランダムなハードウェアアドレス」の設定方法や注意点などをまとめた。(2024/4/15)

特選プレミアムコンテンツガイド
いまさら聞けない「無線LANルーター」と「無線LANアクセスポイント」の違い
無線LANルーターと無線LANアクセスポイントは役割が似ていることから混同してしまうユーザーもいる。両者は何が違うのか。無線LANルーターと無線LANアクセスポイントの基礎をおさらいしながら両者の違いを解説する。(2024/4/15)

Wi-Fi Halowが本格始動【後編】
無線LAN「Wi-Fi Halow」は何に使える? 普通のWi-Fiとはちょっと違う応用例
無線LAN規格「Wi-Fi Halow」(IEEE 802.11ah)は電力消費を抑える機能や約1キロ届く通信など、IoT向けの機能を搭載している。実際にどのような用途に使えるのか。(2024/4/12)

無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス
NECプラットフォームズの無線LANルーター「Aterm」製品の一部に、複数の脆弱(ぜいじゃく)性があることが明らかになった。(2024/4/11)

TP-Link、Wi-Fi 7をサポートしたハイスペック仕様の無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、最新のWi-Fi 7規格にも対応した無線LANルーター「Deco BE75」を発表した。(2024/4/10)

「重い」「よく切れる」でもう悩まない:
オフィス回帰後も使われるWeb会議のトラブルを解決、次世代無線LANの実力とは?
ハイブリッドワークが普及した一方、通信のボトルネックが発生し、遅延などに悩むケースが増えている。だがIT担当者不足に悩む企業では、ネットワーク機器の刷新や運用自体が負担となる。この問題を解決する、次世代の無線LAN製品とは?(2024/4/9)

Wi-Fi Halowが本格始動【前編】
同じ無線LANでも「Wi-Fi 6」とは根本的に違う「Wi-Fi Halow」だけの機能とは?
無線LANの業界団体WBAが、IoT向けの無線LAN規格「Wi-Fi HaLow」に関するホワイトペーパーを公開した。今後の活用を見込んで、さまざまなユースケースを検証する。Wi-Fi Halowとは何か。(2024/4/5)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「無線LAN・ネットワーク管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/4/1)

IIJ、ZTE製スマホ「nubia Flip 5G」「nubia Ivy」発売 MNPで5万4800円/3980円に
IIJmioサプライサービスで、ZTE製スマートフォン「nubia Flip 5G」「nubia Ivy」を販売開始。無線LANルーターや、ノートPCとモバイルルーターのIIJmio限定セットも提供する。(2024/4/1)

ネットワークニュースフラッシュ
無線LAN「アクセスポイント約800台」への増設 病院はどう管理した?
病院などの医療機関は無線LANの導入に慎重だったが、状況は変わりつつある。医療現場でさまざまな課題が生じる中で、病院は無線LANをどう活用しているのか。無線LAN導入の主要なニュースを紹介する。(2024/3/29)

「つながる」だけじゃない今の無線LAN
Wi-Fi 6はどれも同じではない オークファンが選んだ最適な無線LAN
さまざまな無線LAN製品がある中で、自社に最適な製品をどう選べばいいのか。ネットオークションの相場検索サイトを手掛けるオークファンは、オフィス移転の際、2カ月という短期間で製品の選定から導入までを成し遂げた。そのポイントとは。(2024/3/28)

2023年の収益は前年比7.6%増の108億ドル:
2023年にエンタープライズ無線LAN市場で成長したのはどの企業? IDC
IDCは、2023年の世界エンタープライズ無線LAN市場動向を発表した。収益は前年同期比7.6%増の108億ドルだった。6GHz帯に対応するWi-Fi 6Eの収益や、地域別、主要企業別の動向も明らかにした。(2024/3/25)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(75):
月額換算750円で5年間パケット使い放題のPC登場 キャリア5Gオフィスの可能性を探る
筆者が以前から提案している「5Gオフィス」。オフィス内で自前の有線LANや無線LANを構築、運用せず、キャリアの費用負担で5G/4G無線設備を設置し、PCやスマートフォンは常時5Gでネットワークに接続するという方式だ。5年間パケット使い放題のPCが登場し、5Gオフィスがさらに実現しやすくなった。(2024/3/25)

プライベート5Gと無線LANを比較【前編】
5Gは「無線LANの代わり」になるのか、やっぱり無理なのか?
プライベート5Gは企業のネットワークを変える可能性を秘めた強力な技術だが、注意点やデメリットもある。“無線LANの代わり”になるのかどうかを考えてみよう。(2024/3/25)

TP-Link、Wi-Fi 7接続をサポートしたトライバンド無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、最新のWi-Fi 7規格に対応した無線LANルーター「Archer BE550」を発表した。(2024/3/15)

OpenRoamingとPasspoint比較【後編】
無線LAN技術「OpenRoaming」と「Passpoint」によるローミングの違いとは?
無線LAN(Wi-Fi)のローミングの仕組みであるOpenRoamingとPasspointは、一見すると似ている。だがよく見ると幾つもの違いがある。両者を比較する。(2024/3/15)

スマホでテザリングをする方法【前編】
無線LANにはない「テザリング」の利点とは? スマホならではの落とし穴も
スマートフォンやタブレットのテザリング機能は便利だ。テレワークをしている従業員にとってはバックアップ回線として心強い存在だろう。ただし、テザリングにはリスクもある。(2024/3/9)

ブラザー、PCレスでクラウド保存が可能な無線LAN対応ドキュメントスキャナー「ADS-1800W」
ブラザー販売は、コンパクト設計のA4対応ドキュメントスキャナー「ADS-1800W」を発表した。(2024/3/6)

スタジアム内でのデータ活用も
なぜ「普通の無線LAN」にしなかった? クリケット競技場がOpenWiFiを使う訳
南アフリカのスタジアムが「OpenWiFi」を活用して無線LANを構築した。無線LANによるネットワークを構築した目的と、OpenWiFiを使った理由とは。(2024/3/5)

OpenRoamingとPasspoint比較【中編】
無線LANの規格「Passpoint」とは? 接続が途切れない仕組みを徹底解説
Wi-Fi Allianceが管理するローミング規格Passpointは、OpenRoamingに比べて手軽に利用できる。それでいて、セキュリティ面への配慮も十分になされている。Passpointの特徴とは。(2024/3/8)

港湾業務を変える5G
米バージニア港が無線LANではなく「プライベート5G」を選んだ理由
バージニア港のノーフォーク国際ターミナル(NIT)は、港湾設備の運用効率改善を目指してプライベート5Gのネットワークを構築する。NITの拡張計画において5Gが果たす役割は。(2024/3/4)

AIは無線LANの主流になるか【後編】
無線LAN、5Gのネットワーク担当者が「AI」には期待できない切実な理由
AI技術は今後、ネットワークにもより強い影響を与えるようになると考えられる。ただしAI技術を導入しさえすれば、運用がうまくいくわけではない。無線LANでAI技術を使うには何が必要なのか。(2024/3/1)

TP-Link、Wi-Fi 6E接続に対応したUSB無線LANアダプター
ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fi 6E接続をサポートしたUSB接続対応の無線LANアダプター「Archer TXE70UH」を発表した。(2024/2/29)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「無線LAN・ネットワーク管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/2/29)

AIは無線LANの主流になるか【前編】
「無線LAN」の次の進化は「AI」にあり “あのトラブル”がなくなるかも?
AI技術は今後、ネットワークにとって不可欠な技術になる。無線LANもその恩恵を受ける分野だ。AI技術は無線LANをどのように進化させるのか。(2024/2/23)

蔵出しブックレット
「無線LANルーターの7割は侵入可能」の真相と“驚き”の手口
無線LANルーターへの侵入は、今や安価なハードウェアと攻撃プログラムさえ用意すれば可能なものになりました。侵入を防ぐにはどのような対策を取ればよいのでしょうか。驚きの侵入手口とその対策を解説します。(2024/2/22)

Wi-Fi 7をいつ導入するか【後編】
無線LAN規格「Wi-Fi 6」から「Wi-Fi 7」への進化は“意味がない”のか?
無線LAN新規格の開発ペースが加速している。ただし一部の機能は十分に活用されないまま、新規格の開発が進んでいる。こうした状況に専門家は危機感を抱いている。(2024/2/20)

Wi-Fi 7をいつ導入するか【前編】
無線LAN「Wi-Fi 7」に飛び付く人と「Wi-Fi 6」で満足な人、それぞれの考え
無線LANの次世代規格Wi-Fi 7に準拠する製品が早くも市場に出てきた。しかし、だからといって企業や消費者が無線LAN新製品に飛び付くわけではない。(2024/2/13)

Wi-Fi品質改善に役立つレポート【後編】
Wi-Fiの「遅い」「つながらない」をなくす“無線LANの技術革新”とは?
無線LANのQoS(サービス品質)要件は、アプリケーションやネットワークを提供する場所によって異なる。無線LANのQoS確保方法を解説する技術レポートを公開した業界団体WBAは、何を推し進めているのか。(2024/2/8)

Wi-Fi品質改善に役立つレポート【前編】
「Wi-Fiの“品質”」って何のこと? 無線LANのKPIで解説
WBAは、無線LANのQoS(サービス品質)を向上させる方法をまとめた技術レポートを公開した。映像やゲーム配信用のネットワーク、オフィスや公共施設のネットワークなどの品質を保つ指標とは。(2024/1/31)

ネットギアのWi-Fi 6E対応メッシュルーター「Orbi 9」を試す 1台でも“超高性能ルーター”として運用可能(買う本体に注意)
ネットギアのメッシュネットワーク対応Wi-Fi(無線LAN)システム「Orbiシリーズ」のフラグシップモデル「Orbi 9」は、無線LANルーターとしては高価な部類に入る。しかし、高価な分だけ性能も高い。実際に試してみよう。(2024/1/22)

蔵出しブックレット
無線LANは徐々に使われなくなる? その“なるほどの理由”はこれだ
通信手段として不可欠な存在になったと考えられてきた無線LANですが、実はいずれその必要性が高くなくなる可能性があることをご存じでしょうか。無線LANをめぐる課題と今後を解説します。(2024/1/18)

バッファロー、メッシュ接続に対応したWi-Fi 6E無線LANルーター
バッファローは、メッシュ構成も利用できるWi-Fi 6E接続対応無線LANルーター「WNR-5400XE6P」シリーズを発表した。(2024/1/17)

Wi-Fi Allianceが「Wi-Fi 7」の認証プログラムを開始
Wi-Fi Allianceが、IEEE 802.11be規格の無線LAN機器に関する認証プログラムを開始した。認証を得た機器には「Wi-Fi CERTIFIED 7」のロゴの付与が認められる。(2024/1/9)

バッファロー、Wi-Fi 7認証を取得したハイエンド無線LANルーター「WXR18000BE10P」を予告
バッファローは、国内メーカーでは初となる「Wi-Fi CERTIFIED 7」取得モデルとなる無線LANルーター「WXR18000BE10P」の告知を行った。(2024/1/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。