• 関連の記事

「空調設備」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「空調設備」に関する情報が集まったページです。

オリックス不動産「ベルファース馬込」:
ペット飼育者もしない人も、快適に暮らせる賃貸マンション キーワードは「動線の分離」
オリックス不動産が、ペット飼育者としない入居者の動線を分離した賃貸マンションを竣工。1月下旬より入居を開始する。(2022/1/20)

医療機器ニュース:
設備化するジアイーノ、天井埋込形の新製品投入で非住宅向けを拡大
パナソニックが次亜塩素酸技術による高い除菌・脱臭力を特徴とする「ジアイーノ」の事業戦略について説明。非住宅向けとなる、除菌、脱臭に加湿の機能も備えた新製品「天井埋込形ジアイーノ」を2022年4月1日に発売する。これによって非住宅向けの展開を拡大し、ジアイーノ事業の売上高を2025年度に500億円に伸ばしたい考えだ。(2022/1/13)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(4):
【第4回】人口減時代を乗り切る、地場ゼネコン2社の“サステナブル・モデル”事例報告
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第4回は、地場ゼネコン2社の他には無い好対照の独自ビジネスモデルを例にとり、地方建設会社がいかにして持続可能性のある事業展開ができるのかを考察していく。(2022/1/12)

プロユースにも耐える性能と機能を備えたクリエイター向けPC「ProArt Studiobook 16 OLED」を試す
ASUS JAPANの「ProArt Studiobook 16 OLED」シリーズは、8コアのRyzenプロセッサとGeForce RTX 3070/3060を備えたクリエイター向けのハイエンドノートPCだ。シリーズ最上位モデルをテストした。(2022/1/12)

ビシェイ IHSR-2525CZ-5A:
高温対応で低直流抵抗の車載向けインダクター
ビシェイ・インターテクノロジーは、車載グレードの高温インダクター「IHSR-2525CZ-5A」を発表した。直流抵抗を抑え、エンジン回りやADASアプリケーションのマルチフェーズ大電流電源やフィルターに適する。(2022/1/7)

BAS:
オフィスビル向けユーザーの空調操作器を海外で先行販売、アズビル
アズビルは、オフィスビルの複数エリアを対象に、空調のON/OFFや予約や延長の操作が個別エリアや個別空調ごとにできる操作器を海外市場向けに先行発売した。(2022/1/4)

モノづくり最前線レポート:
ダイキンと日立のW森田が語る、ニューノーマル時代のデジタルイノベーション
日立製作所の「Hitachi Social Innovation Forum 2021 JAPAN」のINDUSTRYビジネスセッションに、ダイキン工業 執行役員の森田重樹氏と日立 執行役常務の森田和信氏が登壇。「New Normal時代のデジタルイノベーションと持続可能な社会に向けた挑戦」をテーマに、自社の取り組みや今後の方向性を示した。(2021/12/24)

改札から出なくてもテレワーク 東京メトロの個室ブース
東京メトロが、個室型ワークスペース「CocoDesk」を展開している。永田町駅では改札内にブースを設置し、スキマ時間の有効活用を促している。(2021/12/22)

省エネ機器:
年間消費量を50%削減可能に、新たな地中熱冷暖房システムの開発に成功
ベルテクス(千代田区)とエコ・プランナー(福井市)はNEDO事業の成果を活用し、あらたな地中熱冷暖房システムの開発に成功。外気熱を使う従来の空冷式エアコンに比べ、施設などの年間の消費電力量を約50%削減できるという。(2021/12/21)

人工知能ニュース:
AIが判断した根拠を一般ユーザーにも分かるように明示、三菱電機と理研が新技術
三菱電機が理化学研究所と共同で「制御の根拠を明示できるAI技術」を開発。今回開発したAI技術によって、AIが判断した制御の根拠や将来の状態を明示することでいわゆる「ブラックボックス問題」を解消し、人が理解しやすいAIの実現に貢献できる。今後は、5年以内となる2026年をめどに製品への搭載による実用化を目指すとしている。(2021/12/15)

リテール&ロジスティクス:
千葉県白井市で延べ3.8万の物流施設が着工、シーアールイー
シーアールイーは、2022年12月末の竣工に向け千葉県白井市で計画を進めていた物流施設「ロジスクエア白井」が着工したことを公表した。(2021/12/15)

PR:Windows 11時代のゲーミングPCが降臨! Alder Lake+GeForce RTX 3090搭載「G-Tune XP-Z(第12世代CPU)」のパフォーマンスに驚く
Intelから、待望の第12世代Coreプロセッサ(開発コード名:Alder Lake-S)が登場した。いち早く同プロセッサを搭載したマウスコンピューターのゲーミングPC「G-Tune XP-Z(第12世代CPU)」で、気になるパフォーマンスを確かめよう。(2021/12/15)

BAS:
NTTグループが空調最適化の制御システムを開発、省エネ5割減を目指し名古屋ネクスタビルで実証
NTTアーバンソリューションズ、NTTコミュニケーションズ、NTTファシリティーズは、ビル内の空調を最適制御するためのAIを用いたシステムを開発した。空調制御システムでは、ビル内のセンサーで人流や温湿度、空調設備の稼働状況といった各種データをクラウド上に集め、AIのエンジンで解析。空調制御のシナリオを作成し、空調設備をコントロールするBASやBEMSを介して空調を最適化し、快適性を維持しながら、エネルギー消費も5割削減を目標としている。(2021/12/13)

withコロナ:
「フィジカルディスタンス検知による局所換気量制御システム」を開発、竹中工務店
竹中工務店は、新型コロナウイルス感染症対策として、新築と既築に対応する「フィジカルディスタンス検知による局所換気量制御システム」を開発した。新システムは、人検知センサーによって人体間の距離を計測し、演算処理により密接状態を判定することで、局所的に換気量を増強する。(2021/12/10)

IoT家電 普及の壁はメーカーの囲い込みか
国内電機メーカーがIoT家電の販売を強化している。ただ、連携は自社製品同士でしか機能しないものがほとんどで、専門家は「企業がユーザーの『囲い込み』に走っているうちは国内での普及には限界がある」と指摘する。(2021/12/9)

住宅ビジネスフェア 2021:
工事不要でエアコンの消費電力を削減、空調に特化したデマンドコントロールシステム
現在、オフィスビルに供給される電力の半数近くが、空調設備で消費されているという。省エネが叫ばれる中、コスト面でも空調に掛かる費用を削減することは企業運営をスマート化するうえで重要となる。しかし、省エネに向けた制御システムの活用には、導入時の工事費用がネックとなっていた。大興電子通信が提案する空調設備 をピンポイントで制御できる省エネ節電システム「Ai-Glies」は、導入のハードルを大幅に下げる。大掛かりな工事を必要とせず、空調の室外機に装置を追加するだけで手軽に省エネ化が実現する。(2021/12/9)

IoT家電 普及の壁はメーカーの囲い込みか
国内電機メーカーが、家電をインターネットにつなげて付加価値を高める「IoT家電」の販売を強化している。新型コロナウイルス感染拡大により在宅時間が増え、調理家電や空調機器などが人気だ。(2021/12/6)

全館空調の住宅で血圧低減の効果 パナソニックと慶応が調査
パナソニックホームズと慶応大は、温度が一定に保たれた全館空調システムなどを導入した住宅で生活した場合、血圧の低減や肺機能低下の抑制効果が期待できることを確認したと発表した。(2021/12/2)

CAEニュース:
工場やオフィス、店舗などの効果的な換気対策を3D計測とリアルタイム解析で支援
サイバネットシステムは、エリジオンの協力の下、室内の空気の流れをシミュレーション/可視化し、効果的な換気対策の実現を支援する「3Dシミュレーションによる室内換気対策支援サービス」の提供を開始した。(2021/12/2)

FAニュース:
自動化対応力を大幅に強化する横形マシニングセンタを開発
オークマは、□800mmパレットサイズの横形マシニングセンタ「MA-8000H」を発表した。人が意識することなく機械が自律的に省電力で稼働する機能や環境に配慮した技術を備えており、自動化対応力の強化、脱炭素化への取り組みを支援する。(2021/12/1)

リテール&ロジスティクス:
庫内作業を自動化するDPSを備える延べ2.5万m2の物流施設を千葉市で開発、横浜冷凍
横浜冷凍は、千葉県千葉市で、物流施設「千葉リサーチパーク物流センター(仮称)」の開発に着手した。同社は既に、圏央道沿いで6件の冷蔵倉庫を保有し、合計で約14万トンの荷物を保管できる環境を持っているため、千葉リサーチパーク物流センターが関東地区における東の拠点として加わることで、首都圏から北関東までをカバーする広域物流ネットワークが完成する。(2021/11/30)

シャープ プラズマクラスター搭載商品1億台突破 衛生意識高まり受け
シャープの「プラズマクラスター」を搭載した商品の世界累計出荷台数が1億台を達成した。新型コロナウイルスの感染拡大による衛生意識の高まりを受けて、国内外での需要を伸ばした。同社は2030年度までに出荷台数2億台を目指すとしている。(2021/11/26)

シャープ プラズマクラスター搭載商品1億台突破 衛生意識高まり受け
シャープは25日、独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載した商品の世界累計出荷台数が1億台を達成したと発表した。主力の空気清浄機が、新型コロナウイルスの感染拡大による衛生意識の高まりを受けて、国内外での需要を伸ばした。同社は令和12年度までに出荷台数2億台を目指すとしている。(2021/11/25)

あふれるパワーに目の覚める美しい画面!:
ASUS「Vivobook Pro 14 OLED」はぜいたくすぎる入門機だ!
ASUS JAPANが、9シリーズ全27モデルのWindows 11搭載ノートPCを一気に発表した。いずれもパワフルなCPUを搭載し、有機ELディスプレイを採用しているのがポイントだ。入門機ながら入門機とは思えないスペックを備えた「Vivobook Pro 14 OLED」を見ていこう。(2021/11/24)

プロジェクト:
三井不動産、パナ工場跡地「門真市松生町商業施設計画」着工
三井不動産は、大阪府門真市松生町のパナソニック工場跡地における、商業施設、分譲マンションなどからなる大規模複合街づくり型開発事業の商業施設街区「(仮称)門真市松生町商業施設計画」の起工式を行った。商業施設は2023年春に開業予定だ。(2021/11/24)

PR:「スパコン導入は大変」のウソと本当 いまやクラウドサービスも――導入支援企業に聞く実情
(2021/11/24)

大山聡の業界スコープ(47):
電機8社の21年度上期決算、東芝の「脱・総合電機」に注目
大手電機8社の2021年度中間決算が出そろった。前年度(2020年度)と比較して、業績を回復させた企業が多かった。だがその中で、回復に物足りなさを感じる企業や、東芝のように「脱・総合電機」を決意した企業があり、全体的に注目度の高い決算発表が多かった。各社の決算内容を振り返ろう。(2021/11/17)

PHM Conference 2021 in JAPANレポート:
PR:“品質+”の信頼性へシフトせよ、転換点を迎える製造業の挑戦をPHMが後押し
電通国際情報サービスがオンラインで開催したイベント「PHM Conference 2021 in JAPAN」では、「データ分析と故障予知がもたらす安全な未来」をテーマに、DNVビジネス・アシュアランス・ジャパン、テトラ・アビエーション、ダイキン工業が登壇し、PHM(Prognostics and Health Management)と関連する業界動向や取り組み事例について紹介した。(2021/11/15)

PR:三菱電機の“IoT業務用エアコン”開発の舞台裏 ネット活用サービスで目指す事業戦略
(2021/11/10)

240Hz液晶にメカニカルキーを備えた「G-Tune H5」(第11世代CPU)でゲーム体験もテレワークも快適に
マウスコンピューターのゲーミングデスクノートPC「G-Tune H5」が、第11世代Coreプロセッサを搭載して生まれ変わった。その実力をチェックした。(2021/11/9)

BIM:
「空調・換気機器設備設計支援アプリケーション」と「Rebro」が連携、三菱電機
三菱電機は、建築設計をサポートする独自ソフト「空調・換気機器設備設計支援アプリケーション」とNYKシステムズの建築設備専用CAD「Rebro」とのデータ連携を行う。今後は、空調・換気機器のBIMオブジェクトを拡充するとともに、建築業務で役立つ各種ソフトを提供する企業との連携を強化することで、機能性を高めていく。(2021/11/4)

全社員6人がテレワークへ移行したソフトウェア会社に起きた実録トラブル集
簡単に考えていたらさまざまなトラブルが。そしてその解決策。(2021/11/2)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
これからのBCP対策の在り方、竹中工務店が提案する「有事と平時に対応する施設の“再構築”」
近年、国内で相次ぐ自然災害の甚大な被害を鑑みると、建物のBCP対策については現状を見つめ直し、将来の在り方を検討すべき時期に来ている。ファシリティマネジメント フォーラム 2021で講演した竹中工務店で事業リスクマネジメントグループ長を務める杉内章浩氏は、BCP/リスク対策の必要性は認識していても実施がなかなか進まない現況を踏まえ、多数の相談を受けている建設会社の立場から参考になる事例を交えつつ、とくにここ数年の懸案事項となっている感染症対策にもスポットを当て、問題解決の具体的な手法を提言した。(2021/11/1)

「こんぴら2」の代替:
ジャンボフェリー、32年ぶりの新造船 竣工予定は2022年9月
ジャンボフェリーは11月12日、新造船の起工式を実施する。現行フェリー「こんぴら2」の代替船で、2022年9月の竣工を目指す。(2021/10/30)

製品動向:
年間のCO2排出量と冷暖房費を半減する新型「エアロテック」を発売、三菱地所ホーム
三菱地所ホームは、冷暖房効率と省エネ性能を上げた全館空調システム「エアロテック」の新バージョンを開発した。今後、同社では、「エアロテック Fit」を除き、2022年5月1日以降にエアロテックを納品する物件に新型を導入していく見通しだ。(2021/10/28)

プロジェクト:
六本木に入居者の創造性を刺激するオフィスビルが竣工、オーダーメイドのフレグランスを活用
リアルゲイトは、東京都港区で入居者の創造性を5つの機能で刺激するオフィスビル「THE MODULE roppongi」を開発した。現在、同社は、THE MODULE roppongiの入居者を募集しており、2022年3月に満床になる見込みだ。(2021/10/25)

組み込み開発ニュース:
三菱電機がソフト設計子会社6社を新会社に統合、2022年4月に4700人規模で発足
三菱電機は、ソフトウェア設計子会社6社を経営統合し、グループ全体のソフトウェア設計の中核を担う新会社に再編する。2022年4月1日付で発足する新会社の社名は未定だが従業員数は約4700人の規模となる予定だ。(2021/10/20)

問題解決もお任せの「自己修復システム」【前編】
人の介入を不要にする「自己修復システム」とは? 何がすごいのか
企業は自動的に問題を検出して解決するシステムを構築すれば、運用の効率化を図れる。こうした「自己修復システム」は具体的にどのようなものなのか。(2021/10/19)

プロジェクト:
大阪市で延べ2.9万m2のオフィスビルが竣工、EVの非接触操作や多様な空調機器を採用
サンケイビルは、大阪府大阪市中央区で、新型コロナウイルス感染症の対策となりうる非接触でのエレベーター操作や多様な換気システムを採用したオフィスビル「本町サンケイビル」を開発した。現在、同社では本町サンケイビルの入居企業を募集している。(2021/10/13)

IoTセキュリティ:
TCP/IPスタックの脆弱性「INFRA:HALT」に見る、組み込み業界の課題と対策
2021年8月に発表された制御機器で広く利用されているTCP/IPスタック「NicheStack」の脆弱性「INFRA:HALT」。この脆弱性を発見したForescoutのダニエル・ドス・サントス氏とJFrogのシャハール・メナーシュ氏の講演では、INFRA:HALTや組み込みシステムのサプライチェーンが抱えるセキュリティリスクの解説に加えて、セキュリティリスクに強い仕組み作りへの提案などが行われた。(2021/10/12)

産業動向:
設計データから建物の騒音をクラウド上で予測計算し試聴可能な新システム、奥村組
奥村組は、設計仕様のデータに基づき、建物の音響を再現する「音環境プレゼンテーションシステム」を開発した。今後は、新システムの機動力を生かして、事業主や設計者との打ち合わせなどに活用する。(2021/10/12)

夏のエアコン、在宅の人はコロナ禍以前より平均6時間も長く使用 ダイキン調査
ダイキン工業は6日、今年の夏に外出自粛やテレワークで在宅時間が増えた家庭は2019年に比べ一日平均6時間もエアコンの稼働時間が長かったという調査結果を発表した。(2021/10/7)

組み込み開発ニュース:
蒸気加湿よりコスト約85%削減、霧を噴霧する独自技術搭載の二流体加湿器
東芝三菱電機産業システムは「第1回 脱炭素経営 EXPO 秋」において、圧縮空気による霧加湿方式で加湿する二流体加湿器「TMfog」を展示した。従来の蒸気加湿方式と比較すると、加湿コストを約85%削減できる。(2021/10/7)

ZEH:
ZEH対応で高耐震性の木造2階建て住宅、全館空調と太陽光発電設備を後付け可能
パナソニック アーキスケルトンデザインは、独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」や省エネ設備を搭載した木造2階建て住宅「BASIE」を開発した。(2021/10/4)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
2020年度に“グローバルシェアトップ”パナソニックの次なる換気事業戦略、中国とベトナムに製販一体の新工場稼働
パナソニック エコシステムズは、1928年に換気扇の生産を開始して以降、国内外で換気事業を展開し、2020年度には換気扇の台数ベースでグローバルシェアNo.1に至った。現在はコロナ禍での換気ニーズも後押しし、中国や東南アジアの旺盛な需要に応じるべく、生産拠点を強化するなど、次の100年を見据えた事業戦略を展開している。(2021/10/5)

ルネサス RTD120、RTD60シリーズ:
二酸化炭素濃度計測用サーモパイル型ガス検出器
ルネサス エレクトロニクスは、二酸化炭素濃度計測向けのサーモパイル型ガス検出器「RTD120」「RTD60」シリーズを発表した。シングルもしくはデュアルチャンネルを集積し、高いS/N比と18〜25ミリ秒の高速応答時間を備える。(2021/10/4)

空調機器:
大成建設らが工場向け局所排気技術を開発、排気効率は従来比66%アップの約75%
大成建設は、クリフと共同で、作業空間との干渉がなく、生産機器の更新と移設に際しダクトの取り外しが発生しない局所排気技術「T−トルネード排気ユニット」を工場向けに開発した。今後は、工場などの新築と改修工事で、室内空気環境の改善を効率良く実現する技術として提案する。(2021/10/1)

スマートファクトリー:
ダイキン工業が描く日本型デジタルファクトリー、グローバル地産地消で必要なもの
2021年9月8〜10日までオンラインで開催されたイベント「第1回 スマート工場 EXPO オンライン」で、ダイキン工業 役員待遇 空調生産本部 副本部長 兼 生産技術部長の長谷川功氏が基調講演に登壇。「グローバル展開のための日本型デジタルファクトリーの構築」をテーマに講演を行った。(2021/9/30)

BAS:
日立ビルシステムが本社を新しい働き方の実験場に、新型のビルシステムを導入
日立製作所と日立ビルシステムは、日立ビルシステムの本社と亀有総合センターのオフィスを、ニューノーマルの働き方を検証する実験場をイメージして改修し、独自のIoTプラットフォーム「Lumada」を用いたビルIoTプラットフォーム「BuilMirai」および就業者向けアプリケーション「BuilPass」を導入した。(2021/9/30)

産業動向:
パナソニック エコシステムズ、中国・順徳でIAQ機器新工場
パナソニック エコシステムズが、中国の広東省佛山市順徳区に熱交換気システム、空気清浄機などIAQ機器の新工場「順徳第一分工場」を建設。グローバル生産拠点として、熱交換気システムを2021年度12万台、2023年度には20万台の生産を目指す。(2021/9/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。