• 関連の記事

「農作物」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「農作物」に関する情報が集まったページです。

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(3):
航空産業で高いポテンシャルを秘めるサプライヤーとしての日本企業
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は「航空宇宙産業」に光を当てる。(2021/12/8)

上位5都道府県の食品メーカーの特徴とは?:
「食品メーカーが多い都道府県ランキング」を発表 1位は、断トツの110社
Sales Nowは「食品メーカーが多い都道府県ランキング」を発表した。2位は42社で北海道だった。1位は北海道に2倍以上の差を付ける結果に。上位5都道府県の食品メーカーの特徴、傾向とは?(2021/12/4)

まさか蒙古軍が入ってる? 果物ジャムの謎材料「元寇(げんこう)」の正体とは――製造者に話を聞いた
実はフルーツなんです。(2021/12/3)

全国に30カ所開設:
月給13万円 障がい者が、生き生きと働けるエスプールプラスの農園「わーくはぴねす」
障がい者に働いてもらえる場を見つけられないなど困っている企業に対して、エスプールの子会社エスプールプラスが大都市近郊にある農園を貸し出して働く場を提供している。(2021/12/1)

PR:湧き水がありすぎて水道代タダ? 移住サポートが手厚すぎ!? 「住みたい田舎」全国1位の愛媛県西条市に行ってきた
移住希望者のライフスタイルに合わせた、オーダーメイドの「移住体験ツアー」が無料で体験できます。(2021/12/3)

ソーラーシェアリング入門(51):
ついに公開!「営農型太陽光発電の設計・施工ガイドライン」 そのポイントを解説
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回はNEDOが公開した「営農型太陽光発電システムの設計・施工ガイドライン2021年版」について、その策定にも携わった筆者が内容のポイントを解説します。(2021/11/24)

プチぷよ:
HISがミニトマト栽培 “農業事業”を新たな柱へ
エイチ・アイ・エス(HIS)は11月15日、「農業プロジェクト」としてミニトマト栽培の実証実験とマーケティングを始めると発表した。(2021/11/16)

「拠点数が多い会社」ランキング 3位「一冨士フードサービス」、2位「日本生命」、1位は?
日本国内の企業データベース「SalesNow DB」を運営するQuickWorkが拠点数が多い会社ランキングを発表。その結果、1位が「ヤマトホールディングス」(6515拠点)、2位が「日本生命保険」(1657拠点)、3位が「一冨士フードサービス」(1524拠点)となった。(2021/11/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「徒口」
生徒の「徒」でおなじみ。(2021/11/1)

【なんて読む?】今日の難読漢字「縞栗鼠」
ヒント:かわいい(2021/10/31)

【なんて読む?】今日の難読漢字「氈鹿」
どっちかというとウシらしい。(2021/10/30)

【なんて読む?】今日の難読漢字「翳す」
ヒント:○○す(2021/10/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「軛」
車+厄(2021/10/28)

【なんて読む?】今日の難読漢字「筈」
この言葉はよく使うはず。(2021/10/27)

【なんて読む?】今日の難読漢字「蔕」
ヒント:おいしくない(2021/10/25)

【なんて読む?】今日の難読漢字「笊法」
たけかんむり+つめ(2021/10/24)

【なんて読む?】今日の難読漢字「旱魃」
「旱」も「魃」もこれ以外だとほぼ見ない漢字。(2021/10/23)

【なんて読む?】今日の難読漢字「舂く」
「日」じゃなくて「臼」。(2021/10/26)

FAニュース:
さつまいもをAI外観検査で自動判別、選別自動化ラインの構築に貢献
AI(人工知能)とロボティクス技術のロビットは2021年10月12日、さつまいも大手のポテトかいつかにAI外観検査ソリューション「TESRAY」を導入し、さつまいもの選別ラインで本格稼働したことを発表した。(2021/10/12)

ソフトウェアで育成を制御
農業版デジタルツインで農業の革新を目指すIGSの挑戦
ソフトウェアで定義したパラメーターで農作物の育成を制御し、品質や収穫量の向上と安定を図るIGS。農業にITを持ち込むことで見えてきた新たな可能性とは。(2021/10/11)

【生き物で事故った体験談】「やばい、逃げなあかんやつやんけ」 仕事帰り、暗闇のなかで襲ってきた“大型犬ほどの野生生物”
デカい。(2021/12/8)

無人で種まき 熱視線集める北海道のスマート農業
北海道でスマート農業の実証事業が盛んだ。労働力不足が課題となる中、自動ロボットやドローンなどを活用した省力化技術の社会実装研究が進む。すでに導入している地域もあり、次世代型の営農技術に熱視線が注がれている。(2021/10/8)

農水省、月面基地で“食料自給”へ 野菜や培養肉生産システム構築、委託先公募
農水省が、月面基地で食料の自給を目指すプロジェクトをスタート。委託先の公募を始めた。(2021/9/7)

DMM×C2機関「農業Project」スタート 第1弾は「万願寺唐辛子」販売 かわいい「野菜娘」も登場
野菜を擬人化した(?)「野菜娘」がかわいい。(2021/8/31)

高性能AIチップで世界へ シニアベンチャーの挑戦 ArchiTek取締役に聞く
大手メーカーのサラリーマンから40代後半で起業した半導体関連のシニアベンチャーが、小型で低消費電力、低価格の自社チップを開発した。IoT機器の内部でデータを扱うエッジAIや画像処理技術に特化し、日本からグローバル市場に挑戦する。(2021/8/23)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
3万円のシャワーヘッドを買いました
安い買い物ではなかったけど、買ったかいがありました。(2021/8/18)

シニアの長所を生かす:
おじいちゃんIT人材が爆誕!? AI分野で、どんな業務を任せているのか
定年の65歳延長を控え、企業がシニアをどう活用していくかが課題となっている。高齢者には縁遠いイメージのあるAI分野の業務にシルバー人材を活用するライトカフェ(東京都渋谷区)に、雇用の背景や円滑に業務を進めるための工夫を聞いた。(2021/8/13)

大東建託が調査:
鳥取県の「住みここちランキング2021」 上位3位は昨年と同様の結果に
大東建託が鳥取県の住みここちランキングを発表した。上位3位は順位の変動はあったものの、昨年と同じ結果に。中国地方の住みたい街ランキングも公開。(2021/8/6)

開会式で話題 ピクトグラム「新競技」、SNSで続々
東京五輪の開会式のパフォーマンスで話題を呼んだピクトグラムが、新たな形で注目を集めている。(2021/8/5)

開会式で話題 ピクトグラム「新競技」、SNSで続々
東京五輪の開会式のパフォーマンスで話題を呼んだピクトグラムが、新たな形で注目を集めている。SNS上には日常の場面などを競技に見立てたユニークな作品が登場し、大学のPRに活用するケースも。”新種目”が次々と生まれ、ピクトグラムを通じて五輪を楽しむ動きが広がっている。(2021/8/5)

なぜ「ローカル5G」は企業から熱い視線を浴びているのか? その理由と現状の課題
 ビジネスでの活用が注目されている5Gだが、中でも国内で盛り上がりを見せているのが「ローカル5G」だ。ローカル5Gとは一体どのようなもので、携帯電話会社が展開している5Gのネットワークと何が違うのか。どういった用途での活用が想定されているのかそれぞれをひもといていこう。(2021/7/27)

ドローン:
高性能な農業用ドローンを開発し、農業の省力化や効率化に貢献
ハイスペックドローン開発コンソーシアムは、国際競争力強化技術開発プロジェクト「安全安心な農業用ハイスペックドローン及び利用技術の開発」を受託した。2023年度までに高性能農業用ドローンを市販化し、農作物の収量向上を実証する。(2021/7/7)

コロナ禍が関係:
使い捨てプラの次は何か? 「紙製パッケージ」に冷たい視線を注ぐ背景
「Pack4Good」というプロジェクトをご存じだろうか。カナダを拠点に活動している非営利環境保護団体「Canopy(キャノピー)」が立ち上げたプロジェクトで……。(2021/6/27)

ソーラーシェアリング入門(47):
太陽光パネルの下では何が育つ? ソーラーシェアリングにおける農業生産の最新動向
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は筆者の実践をもとにした、最近のソーラーシェアリングにおける農業生産について解説します。(2021/6/21)

製品動向:
太陽光発電所の敷地を希少な生物が生息でき農作物も育成しやすくする新サービス
サンリット・シードリングスは、森林などに建設される太陽光発電所の敷地を希少な生物の生息地へと転換させることや農作物の栽培に適した土壌に変えることができ、降雨時の土砂流出も抑えられる土づくりを実現するサービスを開発した。同社は、ETSグループホールディングスと共同で、新サービスを太陽光発電所設備の設計・施工・管理運営とセットにし、生態系リデザイン事業として事業化した。(2021/6/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と脱炭素 JR東日本とJR西日本の取り組み
2021年5月26日に参議院で可決した「地球温暖化対策推進法の改正法案」は、地球温暖化対策として、CO2など温室効果ガスの削減への取り組みを求めている。CO2削減では自動車業界の話題が突出しているが、鉄道業界はどのようにしていくつもりだろうか。(2021/6/4)

PR:にっこり笑顔のホッキョクギツネ、「ンン゛ーッ!」と必死なユキヒョウ 野生動物たちのレアな表情を“WWFフォトギャラリー”で見てみよう
LINEで友だちになると、誰でも見ることができます。(2021/5/24)

司書みさきの同人誌レビューノート:
クイズ番組の答えになることが最も少ない都道府県はどこ? 12番組を1年間調査した同人誌が趣味の塊
きっかけは「数えてみたくなった」から。(2021/5/23)

鉄粉がかかった「鉄アイス」が新潟・燕三条の新名物として発売 工場をアイスで表現……?
「食べる工場見学」というパワーワード。(2021/4/21)

FAニュース:
外観検査をロボットとAIで自動化するソリューション、ロビットが製品化
ロビットは、ロボットとAIを組み合わせた外観検査ロボット「TESRAY Sシリーズ」を発表した。独自開発の多軸ロボットアームと撮像モジュール、AIがセットになったロボットで、樹脂や金属、繊維などの素材や射出成形、プレス加工、めっき加工、塗装など複数の加工品の外観検査を自動化する。(2021/4/7)

Innovative Tech:
フォークを刺した音で食材が分かる 高精度な食事記録システムを立命館大が開発
食事を記録する「フードログ」は画像認識が主流だが、これは音で認識する。(2021/4/5)

富士ソフトの株主優待に「しいたけ詰め合わせ」があるって本当!? 担当者「品評会で6年連続金賞を受賞している自慢のしいたけを味わっていただきたい」
最高のしいたけ、食べてみたい!(2021/3/11)

IoTで新ビジネスを創出:
PR:Globalstarが日本の衛星IoT市場に本格参入 注目3製品を紹介
(2021/3/8)

15年間の研究を経て量産へ:
世界初! 人工合成タンパク質素材を開発した「Spiber」の今
山形県に拠点を置く、次世代バイオ素材を開発している「Spiber(スパイバー)」をご存じだろうか。同社が開発したブリュード・プロテインは、石油に頼らない循環型の新素材であることから、“素材革命”として世界中から注目を浴びているのだ。同社の取締役兼代表執行役に、今後の展望などを聞いた。(2021/3/3)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
パソナの淡路島移転は「島流し」なのか? 移住した副社長が感じた“思った以上のポテンシャル”とは
パソナグループは、東京にある本社機能の一部を淡路島へ移転させている。移住した副社長に環境や社員の働き方がどう変わったのか聞いた。副社長は思った以上のポテンシャルを感じている。(2021/2/15)

FAニュース:
雪国まいたけが、まいたけのカットから包装までを自動化するライン開発に着手
雪国まいたけは2021年1月27日、ロビットと協業し、まいたけカット工程の自動化技術の開発に成功し、次世代型パッケージングラインを開発すると発表した。(2021/2/3)

モノづくりスタートアップ開発物語(7):
AIロボットでイチゴの受粉を自動化、世界中の食糧問題解決を目指すHarvestX
モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用したモノづくりスタートアップの開発秘話をお送りする本連載。第7回は、開発が困難とされる果物の植物工場を、AI搭載のロボットで実現しようと取り組むHarvest Xを紹介する。同社はイチゴの栽培を研究ターゲットにする。一般的にイチゴはミツバチによって受粉するが、じつはこの受粉過程がとても悩ましい問題だった。(2021/1/19)

視点:
未来志向のエネルギービジネス〜ジオ・エンジニアリング的発想のすすめ〜
エネルギービジネスを未来志向で捉え直し、いわゆる純粋なスマートシティだけに解決策を見いださない、多元的な事業機会を模索すべき時期に来ている。(2021/1/4)

最長で2年間勤務:
淡路島で週30時間働いて給与は月額16万6000円 パソナ、緊急雇用「1000人」計画を発表
パソナグループはコロナの影響で働く場所を見つけられなかった若者の支援策を打ち出した。最長で2年間、契約社員として淡路島で働く。どういった内容なのか。(2020/12/16)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
なぜ? コロナで野菜廃棄が急増、農家が「豊作貧乏」 に陥る理由
野菜の廃棄はコロナ禍以前にも頻繁に行われてきたものだ。直近では、2020年の2月頭ごろにも白菜をトラクターで潰す農家の様子が話題となっている。19年が暖冬であり、20年頭の白菜も今回と同様に出来が良く豊作となっていた。なぜ、このような豊作下で廃棄が発生するのだろうか。(2020/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。