• 関連の記事

「農作物」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「農作物」に関する情報が集まったページです。

NEC、富士通……先端技術で農業支援 AI活用し効率化
生産者の減少に直面する農業の分野で、電機メーカーなどが先端のデジタル技術を使って効率化を図るための取り組みを活発化させている。(2022/6/27)

AI活用で加工用トマトの営農支援 カゴメとNEC、ポルトガルに合弁会社設立へ
生産者の減少に直面する農業では、電機メーカーなどが先端技術を使って負担軽減や効率化を図る取り組みを活発化させている。(2022/6/16)

AI活用で加工用トマトの営農支援 カゴメとNEC、ポルトガルに合弁会社設立へ
カゴメとNECが、AIを活用した加工用トマトの営農支援サービスを行う合弁会社をポルトガルに設立する。センサーなどを使った農場の可視化と熟練の栽培方法の再現で収穫量の向上につながるとしており、海外展開を進めていく。(2022/6/16)

FOOMA JAPAN 2022:
AIで葉物野菜の芯を高速除去、歩留まりも最適化
ロビットは、「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」(2022年6月7〜10日、東京ビッグサイト)において、食品など不定形物のカット系加工の自動化ソリューション「CUTR(カトル)」を披露した。(2022/6/10)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
AIは食糧危機を救えるか? 農作物収穫のメリットと、サイバー攻撃などによる新たなリスク
コロナ禍は食糧供給にも大きな影響を与えている。そこで期待されているのが、AIによる農業の後押しが期待されている。農作物収穫の効率化を目指す一方、サイバー攻撃などによる新たなリスクが発生すると指摘する声もある。(2022/6/8)

自動車業界の1週間を振り返る:
スクーター、子ども用のカート、ラジコンカー……小さな水素タンクを思い返す
さて、今週末は2022年スーパー耐久シリーズの第2戦となる富士24時間耐久レースが開催されます。バイオディーゼルエンジンや水素エンジンなどが市販車に近い状態で走るので、カーボンニュートラルに向けた各チームの試みが見どころの1つではないでしょうか。(2022/6/4)

組み込み開発ニュース:
貼り付けるだけで水溶液濃度を計測できる光センサーシートを開発
中央大学らの共同研究グループは、貼り付けるだけで水溶液濃度のオンサイト計測が可能な光センサーシートを開発した。植物や柔らかな素材の液体配管に貼り付けられ、伸長した状態でも安定して多機能な光センシングを実施できる。(2022/6/2)

宇宙と地上、レーザー光で通信 筑波大発ベンチャーが世界初の商用化へ
防災や軍事・安全保障などさまざまな分野で活用が期待されており、将来は月と地球を結ぶ光通信の実用化も目指している。(2022/6/1)

宇宙と地上、レーザー光で通信 筑波大発ベンチャーが世界初の商用化へ
筑波大学発の宇宙ベンチャー企業が、レーザーを用いた宇宙における光通信ネットワークサービスを、早ければ2024年冬に始めると発表した。防災や軍事・安全保障などさまざまな分野で活用が期待されている。(2022/6/1)

スピン経済の歩き方:
SDGsを発明した人は本当に頭がいい、皮肉な理由
ここ数年、「SDGs」(持続可能な開発目標)を耳にすることが多くなった。17の目標はどれも必要なものかもしれないが、実践することによって日本はどのようなメリットを手にすることができるのだろうか。(2022/5/31)

動画で会話しネット販売 地方で拡大 ライブコマース、漁港・直売所の臨場感
生産者が動画を通して商品を販売する「ライブコマース」が広まりつつある。利用者はコミュニケーションを取りながら商品を購入できるため安心感があり、新型コロナウイルス禍の新たな直販スタイルとして定着する可能性が高い。(2022/5/10)

動画で会話しネット販売 地方で拡大 ライブコマース、漁港・直売所の臨場感
生産者がオンラインの動画で商品を販売する「ライブコマース」が広まりつつある。(2022/5/9)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

「ツイステ」グッズの対価に「生わさび」!? まさかの異種トレードが注目集め無事成立へ
トレードを発案した人に詳細を聞きました。(2022/4/12)

ソーラーシェアリング入門(54):
金融視点で考えるソーラーシェアリングの現状と課題、「融資と保険」の最新動向
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は前回に引き続き、農林水産省で開催されている有識者会議の内容について解説します。テーマはソーラーシェアリングにおける「融資と保険」です。(2022/4/6)

「3.11」検索で10円寄付 ヤフーとLINEが東北支援施策 東日本大震災から11年
ヤフーとLINEは3月11日、ユーザーが「Yahoo! 検索」と「LINE Search」それぞれで「3.11」と検索すると、両社が10円ずつ(計20円)寄付する東北支援施策を2022年も開始した。(2022/3/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
どうせだったら、副業で給与超え?
企業マインドを起業マインドに変えて、給料以上の収入を目指してみよう。(2022/3/10)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(1):
定年がうっすら見えてきたエンジニアが突き付けられた「お金がない」という現実
今回のテーマは、すばり「お金」です。定年が射程に入ってきた私が、あらためて気づいたのは、「お金がない」という現実でした。2019年には「老後2000万円問題」が物議をかもし、基礎年金問題への根本的な解決も見いだせない中、もはや最後に頼れるのは「自分」しかいません。正直、“英語に愛され”なくても生きていくことはできますが、“お金に愛されない”ことは命に関わります。本シリーズでは、“英語に愛されないエンジニア”が、本気でお金と向き合い、“お金に愛されるエンジニア”を目指します。(2022/2/28)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(6):
セキュリティは無駄なのでイノベーションに極振りしたいと思います。
社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。今回は、ABC化学薬品の傘下に加わったスタートアップが開発中のスマートドローンのセキュリティ対策について考える。(2022/2/15)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(3):
航空産業で高いポテンシャルを秘めるサプライヤーとしての日本企業
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は「航空宇宙産業」に光を当てる。(2021/12/8)

上位5都道府県の食品メーカーの特徴とは?:
「食品メーカーが多い都道府県ランキング」を発表 1位は、断トツの110社
Sales Nowは「食品メーカーが多い都道府県ランキング」を発表した。2位は42社で北海道だった。1位は北海道に2倍以上の差を付ける結果に。上位5都道府県の食品メーカーの特徴、傾向とは?(2021/12/4)

まさか蒙古軍が入ってる? 果物ジャムの謎材料「元寇(げんこう)」の正体とは――製造者に話を聞いた
実はフルーツなんです。(2021/12/3)

全国に30カ所開設:
月給13万円 障がい者が、生き生きと働けるエスプールプラスの農園「わーくはぴねす」
障がい者に働いてもらえる場を見つけられないなど困っている企業に対して、エスプールの子会社エスプールプラスが大都市近郊にある農園を貸し出して働く場を提供している。(2021/12/1)

PR:湧き水がありすぎて水道代タダ? 移住サポートが手厚すぎ!? 「住みたい田舎」全国1位の愛媛県西条市に行ってきた
移住希望者のライフスタイルに合わせた、オーダーメイドの「移住体験ツアー」が無料で体験できます。(2021/12/3)

ソーラーシェアリング入門(51):
ついに公開!「営農型太陽光発電の設計・施工ガイドライン」 そのポイントを解説
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回はNEDOが公開した「営農型太陽光発電システムの設計・施工ガイドライン2021年版」について、その策定にも携わった筆者が内容のポイントを解説します。(2021/11/24)

プチぷよ:
HISがミニトマト栽培 “農業事業”を新たな柱へ
エイチ・アイ・エス(HIS)は11月15日、「農業プロジェクト」としてミニトマト栽培の実証実験とマーケティングを始めると発表した。(2021/11/16)

「拠点数が多い会社」ランキング 3位「一冨士フードサービス」、2位「日本生命」、1位は?
日本国内の企業データベース「SalesNow DB」を運営するQuickWorkが拠点数が多い会社ランキングを発表。その結果、1位が「ヤマトホールディングス」(6515拠点)、2位が「日本生命保険」(1657拠点)、3位が「一冨士フードサービス」(1524拠点)となった。(2021/11/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「徒口」
生徒の「徒」でおなじみ。(2021/11/1)

【なんて読む?】今日の難読漢字「縞栗鼠」
ヒント:かわいい(2021/10/31)

【なんて読む?】今日の難読漢字「氈鹿」
どっちかというとウシらしい。(2021/10/30)

【なんて読む?】今日の難読漢字「翳す」
ヒント:○○す(2021/10/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「軛」
車+厄(2021/10/28)

【なんて読む?】今日の難読漢字「筈」
この言葉はよく使うはず。(2021/10/27)

【なんて読む?】今日の難読漢字「蔕」
ヒント:おいしくない(2021/10/25)

【なんて読む?】今日の難読漢字「笊法」
たけかんむり+つめ(2021/10/24)

【なんて読む?】今日の難読漢字「旱魃」
「旱」も「魃」もこれ以外だとほぼ見ない漢字。(2021/10/23)

【なんて読む?】今日の難読漢字「舂く」
「日」じゃなくて「臼」。(2021/10/26)

FAニュース:
さつまいもをAI外観検査で自動判別、選別自動化ラインの構築に貢献
AI(人工知能)とロボティクス技術のロビットは2021年10月12日、さつまいも大手のポテトかいつかにAI外観検査ソリューション「TESRAY」を導入し、さつまいもの選別ラインで本格稼働したことを発表した。(2021/10/12)

ソフトウェアで育成を制御
農業版デジタルツインで農業の革新を目指すIGSの挑戦
ソフトウェアで定義したパラメーターで農作物の育成を制御し、品質や収穫量の向上と安定を図るIGS。農業にITを持ち込むことで見えてきた新たな可能性とは。(2021/10/11)

【生き物で事故った体験談】「やばい、逃げなあかんやつやんけ」 仕事帰り、暗闇のなかで襲ってきた“大型犬ほどの野生生物”
デカい。(2021/12/8)

農水省、月面基地で“食料自給”へ 野菜や培養肉生産システム構築、委託先公募
農水省が、月面基地で食料の自給を目指すプロジェクトをスタート。委託先の公募を始めた。(2021/9/7)

DMM×C2機関「農業Project」スタート 第1弾は「万願寺唐辛子」販売 かわいい「野菜娘」も登場
野菜を擬人化した(?)「野菜娘」がかわいい。(2021/8/31)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
3万円のシャワーヘッドを買いました
安い買い物ではなかったけど、買ったかいがありました。(2021/8/18)

シニアの長所を生かす:
おじいちゃんIT人材が爆誕!? AI分野で、どんな業務を任せているのか
定年の65歳延長を控え、企業がシニアをどう活用していくかが課題となっている。高齢者には縁遠いイメージのあるAI分野の業務にシルバー人材を活用するライトカフェ(東京都渋谷区)に、雇用の背景や円滑に業務を進めるための工夫を聞いた。(2021/8/13)

大東建託が調査:
鳥取県の「住みここちランキング2021」 上位3位は昨年と同様の結果に
大東建託が鳥取県の住みここちランキングを発表した。上位3位は順位の変動はあったものの、昨年と同じ結果に。中国地方の住みたい街ランキングも公開。(2021/8/6)

なぜ「ローカル5G」は企業から熱い視線を浴びているのか? その理由と現状の課題
 ビジネスでの活用が注目されている5Gだが、中でも国内で盛り上がりを見せているのが「ローカル5G」だ。ローカル5Gとは一体どのようなもので、携帯電話会社が展開している5Gのネットワークと何が違うのか。どういった用途での活用が想定されているのかそれぞれをひもといていこう。(2021/7/27)

ドローン:
高性能な農業用ドローンを開発し、農業の省力化や効率化に貢献
ハイスペックドローン開発コンソーシアムは、国際競争力強化技術開発プロジェクト「安全安心な農業用ハイスペックドローン及び利用技術の開発」を受託した。2023年度までに高性能農業用ドローンを市販化し、農作物の収量向上を実証する。(2021/7/7)

コロナ禍が関係:
使い捨てプラの次は何か? 「紙製パッケージ」に冷たい視線を注ぐ背景
「Pack4Good」というプロジェクトをご存じだろうか。カナダを拠点に活動している非営利環境保護団体「Canopy(キャノピー)」が立ち上げたプロジェクトで……。(2021/6/27)

ソーラーシェアリング入門(47):
太陽光パネルの下では何が育つ? ソーラーシェアリングにおける農業生産の最新動向
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は筆者の実践をもとにした、最近のソーラーシェアリングにおける農業生産について解説します。(2021/6/21)

製品動向:
太陽光発電所の敷地を希少な生物が生息でき農作物も育成しやすくする新サービス
サンリット・シードリングスは、森林などに建設される太陽光発電所の敷地を希少な生物の生息地へと転換させることや農作物の栽培に適した土壌に変えることができ、降雨時の土砂流出も抑えられる土づくりを実現するサービスを開発した。同社は、ETSグループホールディングスと共同で、新サービスを太陽光発電所設備の設計・施工・管理運営とセットにし、生態系リデザイン事業として事業化した。(2021/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。