• 関連の記事

「付加価値」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「付加価値」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オペアンプ、電源に続く第3の柱を目指して積極投資!:
PR:回路、デバイス、実装の三位一体でSINKAする、日清紡マイクロデバイスの光センサーモジュール
日清紡マイクロデバイスは、回路、デバイス、実装の技術を融合させたモジュール事業の強化を進めている。中でも40年以上にわたって高付加価値製品で実績を積んできた「光半導体」を核にした光センサーモジュールで特徴的な製品を開発している。(2024/7/8)

マネジメント力を科学する:
第27回:キーエンス流・少数精鋭で高付加価値を生む「潜在ニーズに気付く力」の鍛え方
キーエンスの利益率の高さ、付加価値力に目が行くが、実は付加価値だけではダメで、高い利益を出すためには「付加価値+差別化」(2024/6/24)

欧米/中国企業が続々:
マレーシアに「半導体の時代」が到来か
マレーシアは1960年代後半からアセンブリ/テストといった半導体後工程を担い、より高付加価値な前工程の設計業務への移行を長年模索してきた。とうとう今その時が来ていると言えそうだ。欧米や中国の半導体企業の製造拠点が続けてマレーシアに進出している。(2024/6/21)

製造マネジメントニュース:
自工会が適正取引に向けた自主行動計画を改訂、日産も調査結果を発表
日本自動車工業会は適正取引推進の方針に基づく「適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画」とその実効性を高める「適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画」を改訂した。(2024/6/3)

アフターマーケットのメンテナンスまで考慮したサーバ&OS選定のポイント:
PR:Windows Server IoT OS搭載HPEサーバで幅広い業界の課題を解決
機器メーカーにおいて装置の利便性やメンテナンスの容易性は重要な差別化要因。だがアプリケーションのリッチ化はハードウェアやOS、運用保守費用などがかさむ要因になる。付加価値の高い製品開発と供給コスト削減を両立させる方法を探る。(2024/4/26)

製造マネジメントニュース:
マクニカが「次世代植物工場」開発に向けたイノベーション拠点を開設
マクニカは、次世代植物工場の開発と実装に向けて、フード/アグリテック分野のオープンイノベーション拠点「Food Agri Tech Incubation Base」を開設した。パートナー企業とともに、高付加価値作物の栽培など多様な開発テーマに取り組む。(2024/4/9)

大阪で高級ホテル戦争 1泊20万円超の客室に予約が殺到
2025年大阪・関西万博の開幕まで約1年に迫る中、大規模改装に乗り出すホテルが相次いでいる。訪日客需要で1泊20万円超の客室に予約が殺到するなど客室料金は上昇傾向にあるが、高級ホテルを中心に改装による高付加価値化でさらに高単価の富裕層に狙いを定める。(2024/4/8)

PR:「おにぎりといえばセブン」に納得の開発努力 「おいしさ」だけじゃない「付加価値」をどう生み出しているか
(2024/3/28)

スマートホーム:
三菱地所とJPMCがスマートホーム領域で提携、管理物件などにHOMETACT提供
三菱地所とJPMCは、スマートホーム事業領域で業務提携した。JPMCのサブリース管理物件やパートナー会社の管理物件に対し、三菱地所のスマートホームサービスとIoT機器をパッケージ化して提供する。入居者の利便性や満足度を高めながら、物件の付加価値を向上する。(2024/3/22)

材料技術:
リグノセルロースナノファイバーを添加した塗料の性能試験を実施
ユアサ木材は、リグノセルロースナノファイバー(LCNF)を添加した塗料の性能試験を実施した。北海道道東地域に約100haの社有林を保有する同社と林産試験場が共同で取り組み、間伐材や未利用材の高付加価値化を図る。(2024/3/19)

BIM:
竹中工務店、設計BIMに付加価値を与える共通環境「設計BIMツール」 基本設計に全社適用
竹中工務店は、設計BIMの情報を統合管理し、構造計算などを一部自動化する「設計BIMツール」を開発し、全プロジェクトの基本設計で適用する。BIMの共通データ環境により、意匠、構造、設備のBIMモデルが相互に連携することで、ZEBなどの付加価値のある設計提案が可能となる。(2024/3/8)

工場ニュース:
自動旋盤のコア部品の工場刷新で需要拡大に対応、本体の組立工場も新設
スター精密は、スイス型CNC自動旋盤のコア部品を生産する菊川工場のリニューアルと新工場の建設を決定した。高付加価値製品と最先端モデルの組み立てが可能な新工場を建設し、月産100台の体制を確立する。(2024/3/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
日本人は「労働の奴隷」? 働き損社会ニッポン、GDP4位転落の真因は……
日本のGDPがついにドイツに抜かれ、4位に転落しました。GDPとは「一定期間内に国内で新たに生み出されたモノやサービスの付加価値の合計額」です。付加価値が生まれるのは「現場」ですから、GDPが低下しているということは、現場が弱体化しているということ。なぜ、働けど働けど日本の生産性は上がらないのでしょうか?(2024/2/26)

モバイルディスプレイの道:
量子ドット採用、付属のスタイラスでペンタブのようにも使える EHOMEWEIの17型モバイルディスプレイ「E170DSR」を試す
量子ドット方式を採用した17型のモバイルディスプレイ「E170DSR」をレビューする。付属のスタイラスタッチペンを用いたペン入力にも対応するなど、付加価値も多い一品だ。(2024/1/31)

工場ニュース:
日清食品がサウスカロライナ州に米国3拠点目の袋麺とカップ麺の新工場を建設
日清食品ホールディングスは、米国サウスカロライナ州グリーンビルに袋麺とカップ麺の新工場を建設する。高付加価値製品のラインアップ拡充や生産能力向上を図り、旺盛な需要への対応とさらなる収益の拡大を目指す。(2023/11/28)

全国のカラオケルーム同士をつなぐパーティー機能、「JOYSOUND」で24年1月から
「JOYSOUND」を運営するエクシングは、新機種導入に合わせ、離れたカラオケルーム同士をつなぐパーティー機能など、“歌う”以外の付加価値を強化する方針を明らかにした。(2023/11/13)

ゲームエンジンの産業利用:
PR:有能なシミュレーション環境になり得る3D都市空間ビジュアライゼーションの今
3D都市モデルや点群データ、CADデータなどをゲームエンジンに取り込んで高品質な3D都市空間のビジュアライゼーションを実現し、高度なシミュレーション環境として利用しようという機運が高まっている。技術力とデザイン力で+αの付加価値を提供するシリコンスタジオのソリューションを紹介する。(2023/11/1)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
ミッションは日立造船の次の100年を支えるデジタル化を進めること――日立造船 常務執行役員 橋爪宗信氏
先端テクノロジーを活用することで、グループ全体の事業に関する製品や生産技術の高度化、新事業/新製品開発のスピードアップを目指す日立造船。ICTの活用で、さらなる付加価値化を図る取り組みとは。(2023/10/31)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
付加価値のつくりかた〜一番大事なのに誰も教えてくれなかった仕事の本質〜
付加価値を生み出す人、会社になるにはどうしたらいいのか? 従業員の平均年収は2000万円超え、本体の1人当たりの営業利益額が1億円超えという会社に学ぶ、付加価値の作り方とは。(2023/10/26)

AI:
竹中工務店が構造設計でAIを全面導入 部材設計など3つの機能を実装
竹中工務店は、独自の構造設計システム「BRAINNX」で、これまでに蓄積してきた構造設計データをAIに学習させ、構造計画から、モデル作成や部材設計などの構造検討、積算、複数案の検討までの省力化で、設計リソースに余剰を生みだし、付加価値提案や高品質化につなげることを目指している。(2023/10/17)

仙石惠一の物流改革論:
物流を「コスト」と見なす人に欠けている視点
物流部門はしばしば「コストダウン」の標的になる。直接的な付加価値を生まないとみなされているからだ。しかし、その視点だけでは経営を誤った方向へ向かわせてしまうかもしれない。ロジスティクス・コンサルタントの仙石惠一が解説する。(2023/9/20)

サンケン電気 技術開発本部 パワーモジュール開発統括部長 舩倉清一氏:
PR:開発/生産のスピードアップで成長を実現――サンケン電気パワーモジュール事業
サンケン電気は自動車、産業機器/民生機器、白物家電用のパワーモジュール事業の強化を継続する。需要拡大に備えて効率的な増産投資を実施すると同時に開発スピードを加速させ、付加価値の高い新製品の売上比率を引き上げることで事業拡大を狙う。同社技術開発本部でパワーモジュール開発統括部長を務める舩倉清一氏に、製品/技術開発戦略について聞いた。(2023/8/21)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(3):
私たちの給料は「付加価値の分配」の結果、ってどういうことだろう?
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/7/25)

DeNA共同開発:
監視カメラで「稼ぐ店舗運営」 セコムが仕掛ける新SaaSとは
セコムは7月7日、DeNAと共同開発した店舗管理クラウドサービス「dot-i」の販売を開始した。防犯カメラの記録映像に、新たな付加価値を加えようというのが、今回のセコムの挑戦だ。(2023/7/14)

Akuvox (Xiamen) Networks Co., Ltd.提供ホワイトペーパー:
PR:集合住宅の「付加価値」を高める、IPインターフォンシステムの実力とは?
住宅に関連するクラウドサービスが登場し、それを利用するためのインターフォンシステムが物件の価値に大きな影響を与えるようになった。既存環境への大規模な変更なしに、IPインターフォンへの刷新が可能なソリューションに注目したい。(2023/6/30)

Red HatがクローンOSベンダを非難 「付加価値もなくコードをリビルドするだけなら、それはオープンソースに対する脅威だ」
Red Hatが、「Red Hat Enterprise Linux」(以下RHEL)のクローンOSを提供しているベンダを「オープンソースに対する脅威だ」と非難するブログを公開。一連の経緯をまとめた。(2023/6/28)

IBMも生成AI「watsonx」 透明性とカスタマイズ性で“ビジネスに使えるAI”強調
米IBMが、生成AIを含むAIとデータのプラットフォーム「watsonx」を市場に7月から順次投入する。市場のホットワードとなっている生成AIに対し、透明性やカスタマイズ性を付加価値としてビジネス向けの展開を図る。(2023/5/26)

第7回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−:
顔認証の入退出システムで個人ごとの温度や明るさも自動設定、アズビルが提案するプラスαの空調ソリューション
アズビルは、第7回 ジャパンビルドで、オフィス空間の空調制御だけでなく、オフィスワーカー個々のウェルネスや省エネといった付加価値も両立させる空調ソリューション群を出品した。(2023/4/25)

研究開発の最前線:
燃焼排ガスから高機能接着剤を製造する技術開発、GI基金事業に採択
積水化学工業と地球環境産業技術研究機構が共同で応募した「バイオものづくり技術によるCO2を原料とした高付加価値化学品の製品化」が、新エネルギー・産業技術総合開発機構のグリーンイノベーション基金事業に採択された。(2023/4/25)

非IT企業が着手しやすいIoTサービス開発の現在:
PR:3大キャリアに接続可能 気軽に導入できるオールインワンIoTサービスの実力は
自社事業にITを使った新しい付加価値を組み込む上で、IoTを活用するシーンがあるだろう。だが、IoT活用に一歩を踏み出せるのは技術者を抱えている一握りの企業に限られていた。この課題を「オールインワン」「IoTの開発を含めた低価格サービス」で解決するという企業がある。(2023/3/29)

4月3日に開催:
清水寺の「貸し切りプラン」50人限定、混雑回避で高付加価値化 京都ブライトンホテル
京都ブライトンホテルは清水寺を貸し切るプランを販売。50人限定で貸し切り、ライトアップされた清水の舞台や京都市内の夜景を混雑を気にせず楽しめるようにした。コロナ禍による行動規制も緩和されつつある今、宿泊商品の高付加価値化を図る。(2023/3/2)

イノベーションのレシピ:
Wi-Fiによるセンサーレスの位置測定研究が活発化、通信サービスに付加価値を
NTTドコモは同社の最新技術や研究成果を展示する「docomo Open House'23」を開催中だ。本稿ではWi-Fiなどの無線通信による位置センシング技術の展示を取り上げる。(2023/2/3)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(7):
OECD加盟国下位に入ってしまった日本、付加価値の指標が示す日本経済の状況
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。第7回では、付加価値に関する3つの指標を分析して、OECD内での日本の経済的立ち位置の推移を見ていきます。(2023/2/1)

「レッドガス」時代の羅針盤【第二章】自国循環型モデルの高付加価値化
「大量生産・大量消費・大量廃棄」を前提とする線形経済(リニアエコノミー)は限界を迎えつつあり、製品・資源の価値を極力長く保全・維持し廃棄の最小化を目指す「循環型モデル」の確立が分野横断的にますます求められている。(2023/1/31)

ロジスティクス:
物流施設の管理面積が100万坪を達成でさらにDX促進へ、CBRE
CBREは、物流の施設管理、いわゆるプロパティマネジメントでの管理面積が100万坪を達成したことを機に、受託獲得に向けてさらにDX化を促進すると発表した。今後はオーナーやテナント双方に対し、付加価値の高いサービスがスピーディーに提供できるプラットフォーム構築を目指す考えだ。(2023/1/26)

装置ベンダー独自の付加価値提供へ:
PR:カギは製造装置メンテナンスの効率化――クラウドによるPC一元管理でDXを推進
製造装置に付随するPCのレガシー化がDX推進を阻害する要因になっている。クラウドによる付随PCの一元管理でメンテナンスの手間を大幅削減し、セキュリティを高め、ベンダー独自の付加価値も提供できるソリューションとは?(2023/1/25)

電動化:
ホンダが中国で電動二輪車3モデル、カブやダックス、ズーマーがモチーフ
ホンダは2023年1月10日、中国で若者向けの電動二輪車3モデルを発表した。最高速度が時速25km以下のタイプで、ホンダがこれまでに発売した「スーパーカブ」「ダックス」「ズーマー」をモチーフにしている。先進的な機能や装備を加えることで、付加価値を持たせた。(2023/1/11)

やる気はあっても取り組めないのはなぜか
自社の業務にAIを適用できる? 専門知識不要で試せるAIプラットフォームとは
業種や業界を問わず、AIを活用した業務の効率化、付加価値の創出が注目されている。AI適用のアイデアがあっても挑戦できない、過去に試したが頓挫してしまったという企業にとって、どうすればAIを本当に使えるようになるのか。(2022/12/26)

PR:USB Type-Cに注目! USBドック、高解像度対応の高付加価値モデルからベーシックなタイプまで! フィリップスならピッタリの液晶ディスプレイが手に入れられる
多彩な液晶ディスプレイのラインアップを誇るフィリップスが、USB Type-Cにフォーカスした新モデル「E1Nシリーズ」を投入した。液晶ディスプレイのトレンドや選び方、新モデルの特徴を同社の担当者に聞いた。(2022/11/24)

あの会社のこの商品:
“ノック音”を66%も減らした! ぺんてる「Calme」の開発秘話 
店頭に並ぶ各社のボールペン。一度気に入ったモノが見つかると長く使い続けられスイッチが起きにくいが、いま「静音ノック」という付加価値で注目を集めているのが、ぺんてるの「Calme」である。状況によっては不快に感じかねないペン先を出すときのノック音をどのようにして低減したのか?(2022/11/17)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(4):
リーマンショックからの約10年で、付加価値額を一番下げた産業は何なのか?
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。第4回では、産業別に見た製造業の統計データを見ていきます。(2022/11/1)

導入事例:
岐阜県土岐市のイオンモールで音を用いた空間演出を初導入、TOA
TOAは、イオンモールや鹿島建設とともに、2022年10月7日に岐阜県土岐市土岐津町でオープンした「イオンモール土岐」で音を用いた空間演出「良い音モール」を行っている。良い音モールは、「音」による付加価値で商業施設の魅力を高める試みで、イオンモールとして初めての取り組みだという。(2022/10/25)

製造マネジメントニュース:
明るいだけが照明ではない、新概念「Lighting 5.0」を訴求する日本照明工業会
日本照明工業会は2022年10月19日、地球環境問題への対応や日本政府が提唱する「Society 5.0」を推進していくために照明業界全体で取り組むべき新たなコミュニケーション戦略として「LIGHTING ACTION for 2030」を発表した。明るさだけでなく、新たな付加価値を提供する照明を「Lighting 5.0」と位置付け、認知促進を図る。(2022/10/20)

“おうち時間”増加も影響:
進化する賃貸住宅 ジム、サウナに“映画館”付の部屋まで登場 「住む」だけじゃない付加価値のイマ
コロナ禍を経て、賃貸住宅に大きな地殻変動が起きている。“おうち時間”の増加もあり、「住む」だけでなくさまざまな付加価値をプラスした部屋が出てきているようだ。中には1部屋を本格的なシアタールームに改造した物件も……。(2022/10/19)

モビリティサービス:
ソニー・ホンダモビリティは合計800TOPSの高性能SoCを採用、自動運転はレベル3
ソニーとホンダの共同出資会社ソニー・ホンダモビリティは2022年10月13日、設立発表会見を開いた。高付加価値型の「エレクトリック・ビークル(EV)」を共同開発し、モビリティ向けサービスの提供と併せて事業化する。(2022/10/14)

DX時代、「顧客目線」にどう立つか?:
PR:日経新聞社のCX戦略実例も 富士ソフトとオラクルが導く「次世代アフターサービス」が企業成長のエンジンに
IoTの普及やデジタル化に伴い、収集されるデータが加速度的に増加している。現在では、大量のデータをアフターサービスに活用することで、新たな付加価値の提供が比較的容易となった。データを利活用しながらより良い顧客体験を提供し続ければ、売上への貢献、ひいては新たな価値創造につながるはずだ。DX時代に求められるCX向上策とはどのようなものなのか?(2022/9/1)

DisplayLink、DSP Group、BroadcomのIoT無線事業を相次いで買収:
PR:積極M&AでIoTの総合ソリューションプロバイダーへ飛躍するSynapticsの狙いとは
ヒューマンマシンインタフェース(HMI)関連半導体メーカーとして成長してきたSynaptics(シナプティクス)は近年、大きな変貌を遂げつつある。積極的なM&Aを展開するなど製品ラインアップを大きく広げ、IoTに付加価値を提供するソリューションプロバイダーを目指すという。同社日本法人 事業本部長 高橋庸輔氏にSynapticsの事業戦略などについてインタビューした。(2022/8/22)

導入事例:
竹中工務店が新たな木造技術を展開、第1弾はCLT壁に地震力を負担させる架構システム
竹中工務店は、木の付加価値向上技術として「KiPLUS」シリーズを展開している。また、保有技術の「燃エンウッド」シリーズと「T-FoRest」シリーズに、KiPLUSシリーズを加えた3シリーズで展開し、中高層木造ハイブリッド建築の普及や国産木材の活用に取り組むとともに、脱炭素社会の実現に貢献する。(2022/8/18)

コロナ後を見据えて:
くら寿司、高品質「できたてシリーズ」19種類を一気に投入 「ちょっとぜいたくしたい」ニーズに対応
くら寿司は高品質・高付加価値が特徴となる「できたてシリーズ」を、7月8日から全国のくら寿司店舗で発売する。顧客のちょっとぜいたくしたいというニーズに対応する。(2022/7/6)

「シェア60%目標」下方修正せず:
センサーの高付加価値化が業績回復のシナリオ、ソニー 清水氏
2025年度にイメージセンサーで金額シェア60%を狙うソニーグループ。同グループのイメージング&センシング・ソリューション(I&SS)事業を担うソニーセミコンダクタソリューションズは2022年6月17日、同社の厚木テクノロジーセンター(神奈川県厚木市)にてメディア向けイベントを開催。イメージセンサーのデモを一挙に公開するとともに、同社代表取締役社長兼CEOの清水照士氏が、メディアからの質問に答えた。(2022/6/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。