• 関連の記事

「3D映像」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
飛び出す3D特集 - ITmedia LifeStyle

猫系ポケモン、新宿駅東口で3D映像に YouTubeのライブ配信も
ポケモン社は8日、新宿駅東口の大型街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」で「ポケモンGO」のオリジナル映像を公開すると発表した。(2022/8/8)

3Dになったニャースやニャスパーがかわいい! 「クロス新宿ビジョン」に“ニャ”と“ネコ”のつくポケモンが出現
ゲーム「ポケモンGO」内のイベントも同時開催です。(2022/8/8)

三菱自動車、キッザニア福岡で「運転免許試験」「カーデザイン体験」を提供
三菱自動車工業は、7月31日に開業した「キッザニア福岡」にパビリオンを出展した。「運転免許試験場」と「カーデザインスタジオ」の2つのアクティビティを通じ、将来のモビリティ社会を担う子どもたちの育成を支援する。(2022/8/2)

突如渋谷に現れた“超巨大な秋田犬”がかわいすぎる! 本当にその場にいるかのような3D映像に思わず大興奮
1時間に1回30秒しか見ることができない、レア映像です。(2022/8/1)

漫画の世界がリアルに:
USJ、呪術廻戦と初コラボ 4Dアトラクションが期間限定で登場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に、シアター・ショー・アトラクション「呪術廻戦・ザ・リアル4-D」が期間限定で登場する。呪術廻戦とのコラボは今回が初めて。作品史上初の3D映像と音響・照明、風圧や振動、水しぶきなどの特殊効果により、リアルな「呪術廻戦」の世界を提供する4Dアトラクションとなる。(2022/7/25)

NTT西の森林新社長、6Gを「西日本で率先して実用化を進めたい」
NTT西日本の森林正彰新社長は、2025年大阪・関西万博でNTTグループが出展するパビリオンで展開予定の光通信技術「IOWN」について、「西日本で率先して実用化を進めたい」と強調した。「われわれの生活が実際にどう変化するかを見せたい」と語った。(2022/7/13)

東京・表参道にAudi新型EVの3D映像が登場
東京・表参道交差点近くの屋外広告で、独Audiの新型EV「Q4 e-tron」の3D映像が登場した。専用眼鏡を使わなくても、目の錯覚を起こすことで平面の広告が立体的に浮き上がって見える。インパクトのある映像技術でEVの普及を加速させたい考えだ。(2022/6/29)

FAニュース:
最短約3秒で測定可能、スポット溶接自動検査システムを導入
東芝インフラシステムズは、同社のスポット溶接自動検査システムが、進和の構築する検査設備に組み込まれる予定であることを発表した。自動車の車体や、その部品接合に用いるスポット溶接を自動で検査可能なシステムとなる。(2022/6/17)

VR空間で現実の見え方を再現する「ライトフィールドHMD」、NHK技研が公開へ 目の疲れも軽減
NHK放送技術研究所が物体からの反射光を実世界と同じように再現する「ライトフィールド方式」のヘッドマウントディスプレイを開発。26日からの「技研公開2022」で公開する。(2022/5/23)

Innovative Tech:
オートフォーカス付きARヘッドセット 視線に応じて焦点をリアルタイムに自動調整
オーストリアのグラーツ工科大学と米スタンフォード大学の研究チームは、広範囲に渡って着用者が見ているAR空間に焦点を合わせられる、可変焦点可能なビデオシースルー型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を開発した。(2022/4/4)

群馬県初の「デジタル博物館」が始動 零戦試作機など3Dで
群馬県内初のデジタル博物館となる藤岡市の「藤岡デジタル博物館」が始動した。普段見ることのできない歴史資料などをデジタルデータ化し、インターネットで公開する。(2022/3/31)

1億円を投じて開発:
バンダイ、ガシャポン発売45周年プロジェクト 立体映像を搭載した巨大自販機を開発
バンダイは、立体映像を搭載したガシャポン自販機「GASHAPON ODYSSEY(ガシャポン オデッセイ)」を開発。ガシャポン発売45周年プロジェクトの取り組み。期間限定で 「ガシャポンのデパート」に設置する。(2022/3/29)

高さ2.1m、立体映像を表示する「未来のガシャポン」登場 開発に1億円以上
バンダイは28日、立体映像表示に対応したカプセル自販機「GASHAPON ODYSSEY」(ガシャポン オデッセイ)を公開した。1回1000円(税込)。(2022/3/28)

巨大シューズがドーン! クロス新宿ビジョンのナイキのエアマックス演出がすごい、例のネコちゃんも客演?
エアマックス誕生35周年記念。(2022/3/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Mac Studio」「Studio Display」を試して実感した真の価値 小型・高性能に加えてAppleの総合体験も提供
「Mac Studio」を使い始めてみると、コンパクトで省電力ながら高いパフォーマンスを発揮できるのはもちろん、別の画期的な点にも気付いた。それは「Studio Display」と組み合わせた場合のAppleが注力している総合的な体験レベルの高さだ。(2022/3/19)

VR/AR/MRニュース:
透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功
凸版印刷と情報通信研究機構は、透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功した。高精細な顔計測データから生成した3D映像は、複数人が同時に3Dメガネなしで見ることができる。(2022/2/14)

「総務」から会社を変える:
2022年の総務、社内コミュニケーションのキーワードは「三位一体」と「新技術」なワケ
いまだ最適解が見えない、コロナ禍で再定義を余儀なくされた社内コミュニケーションの在り方。筆者は、これまで分断されていた施策を統合し、「三位一体」の社内コミュニケーション施策を考えながら、新たに登場している技術も採用すべきだと指摘する。(2022/1/12)

「メタバース」はビジネスに役立つか【後編】
「メタバース」はWeb会議を超えるか? MetaやMicrosoft、Ciscoが熱視線
Metaだけでなく、MicrosoftやCisco Systemsなどのユニファイドコミュニケーションベンダー各社が「メタバース」の市場に参入している。メタバースでのビジネスコミュニケーションは今後の主流になるのか。(2022/1/17)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
ドコモのスマートフォンを振り返る 日本最初のXperiaとGalaxyから独自モデルまで
ITmedia Mobile 20周年を記念したケータイ史を振り返る企画。今回はドコモのスマートフォンを振り返る。「フィーチャーフォンはすでにスマホだ」という意見もありながら、2005年に登場したMotorola「M1000」から現代のスマホまでを振り返る。(2021/12/12)

コロナ禍で人命を救った「HoloLens 2」【後編】
「HoloLens 2」が“うっかりミス”防止に役立つ理由と、漏れる“不満”の声
製造業をはじめ、さまざまな企業がMicrosoftの「HoloLens 2」を活用して業務効率の向上を図っている。一方でHoloLens 2の企業利用には幾つかの課題がある。それは何なのか。(2021/12/10)

コロナ禍で人命を救った「HoloLens 2」【前編】
航空機エンジニアの“「人工呼吸器」職人化”に「HoloLens 2」はどう貢献したか
パンデミックの課題解決に、Microsoftの「HoloLens 2」を活用する動きが広がっている。さまざまな現場をHoloLens 2はどのように支えているのか。(2021/11/26)

踏切内に人がいないか確認するAIシステム、西武鉄道が試験導入 異常あれば停止信号を発信
西武鉄道が、AIと画像認識技術を活用して踏切内に人がいないかを確認するシステムを開発し、12月から試験導入する。カメラで撮影した踏切内の映像を分析し、異常があれば接近車両に停止信号を示す。(2021/11/18)

MLBがGoogleと実現する試合データ活用【前編】
メジャーリーグは「データ野球」をどう変えたのか 進化の歴史を振り返る
メジャーリーグベースボール(MLB)は、2000年代初頭からWebサイトを利用し、野球の試合データをファンや報道機関に提供してきた。MLBの試合データの活用方法はどのように変化してきたのか。(2021/11/16)

Googleさん:
メタバースを声高にうたわなくてもGoogleは静かに進む
Meta(Facebook)の「メタバース」宣言に続いてMicrosoft、Niantic、Unity、Qualcommなどが一斉にこのバズワードを掲げる中、VRもARも手掛けてきたGoogleの動きは?(2021/11/12)

見上げたビル上からクルマが飛び出してくる!? 表参道に登場したBMW「THE iX」の3D街頭ビジョンがすごい
ガラスが割れる描写、良いなぁ!(2021/10/18)

「HoloLens」を活用する小柳建設【後編】
小柳建設が「HoloLens」を使って分かった効果と“意外な落とし穴”
建設現場のDXに取り組む小柳建設は、建設物の3Dモデルを空間に表示する機能を備えた「HoloLens」用MRアプリを開発して利用している。同社が直面したMRアプリ開発の“落とし穴”と、HoloLensで得られた効果とは。(2021/11/15)

「HoloLens」を活用する小柳建設【前編】
「HoloLens」を現場に導入した小柳建設 その背景にある“業界への危機感”とは
小柳建設は建設現場で、自社で開発したMRアプリケーションを活用している。同アプリケーションは「HoloLens」で動作し、建設物の3Dホログラフィックを使った遠隔会議を可能にする。開発に至った背景は。(2021/11/10)

Innovative Tech:
霧の中に立体映像、32台のプロジェクターで投影 ドコモと東大「RayGraphy」開発
どの方向からも裸眼立体視できる立体映像。(2021/8/20)

シンカリオンの運転席視点で楽しめる 360度VRの「シンカリオン360°ザ・ムービー」最新作、鉄道博物館で公開 7月23日から
「シンカリオンE5はやぶさ」の運転席視点をVRで楽しめちゃうぞぉぉ。(2021/7/22)

新宿の巨大猫、制作元がメイキング画像を公開 「どの角度なら立体的?」を3DCGで検証
新宿駅東口にあるビルで、7月1日から放映されている巨大な猫の立体映像。開発を手掛けたCG制作会社のオムニバス・ジャパンが、映像の制作過程で作成したメイキング画像を公開した。(2021/7/20)

Innovative Tech:
相手に触れる立体映像テレプレゼンス 東京大学「Super Haptoclone」開発
超音波によってテレプレゼンスでの触感を得られる。(2021/7/17)

新宿の巨大猫、映像が猫に決まった理由は? 企画会社が資料公開 「ディレクターがこっそり忍ばせた案」
新宿駅東口にあるビルのディスプレイで放映されている巨大な猫の映像について、提供会社が企画時の資料を公開。映像が猫に決まった経緯を明らかにした。「他の案の中に、ディレクターがこっそり忍ばせていた」という。(2021/7/16)

新宿の巨大猫 “渋谷のハチ公”狙う?
新宿駅東口に突如現れた“巨大猫”が話題だ。その迫力とかわいらしい姿・声が見た人を驚かせ、国内だけでなく海外でも報道されている。(2021/7/13)

「キズナアイ」の裸眼立体映像、献血ルームで公開 画素数は約3.7億
裸眼でバーチャルYouTuber「キズナアイ」の立体映像が視聴できるイベントを、リコーが横浜駅の献血ルームで開催。事前予約すれば、約1分間の立体映像が楽しめるという。(2021/6/29)

令和の世のTwitterトレンドに「氷のエンペラー」 テニスの王子様イベントでの跡部様(CV:諏訪部順一)の熱唱にファン歓喜
ミュージカルで跡部様を演じた加藤和樹さんとのデュエットも。(2021/6/26)

ワイヤレスジャパン 2021:
Beyond 5G/6G時代のライフスタイルを実現する技術とは? KDDI総合研究所小西氏が解説
ワイヤレスジャパン 2021でKDDI総合研究所 先端技術研究所長の小西聡氏が登壇し、「Beyond 5G時代のライフスタイルとテクノロジー」と題して講演した。5Gの最新動向と、Society 5.0を加速するための次世代社会基盤構想「KDDI Accelerate 5.0」を紹介。2030年頃のライフスタイルやユースケースを実現するためのテクノロジーについて語った。(2021/6/16)

ワイヤレスジャパン 2021:
5Gの課題とは? そして6Gに向けた展望は? ドコモが技術面での取り組みを解説
ワイヤレスジャパン 2021にて、NTTドコモの谷直樹氏が「社会・産業のデジタル変革を加速する5Gの進化」と題して講演を行った。5G通信を安定させるためには、有線区間での低遅延や仮想化、無線アクセスネットワークのオープン化が重要になる。6Gに向けては、カバレッジの拡張、さまざまな産業向けの低遅延、高信頼通信は短期的な課題と認識している。(2021/6/11)

Google I/O 2021:
Google I/O 2021基調講演まとめ
Googleが2年ぶりに開催した年次カンファレンス「Google I/O」で発表したことを時系列に紹介する。詳細は各項目のリンク先を参照のこと。(2021/5/19)

Innovative Tech:
拡張現実をさらに拡張する「AAR」 頭上のプロジェクターからARで見えているものを投影
HoloLensの上にプロジェクターを装着してできる拡張拡張現実とは。(2021/3/12)

Microsoft Focus:
離島の患者を「ホログラム」で診察 MSと長崎県の遠隔医療システムは未来の医療をどう変える?
高齢化や医療の過疎化が進むへき地や離島に専門医療を提供する――。MicrosoftのクラウドやAI、MRの最新技術を使った遠隔医療の取り組みが、離島の多い長崎県で進んでいる。高精細な映像を使ってリウマチ患者を診断でき、医師も患者も長距離を移動せずに済む。日本マイクロソフトの幹部が「世界初では」と語る取り組みは、遠隔医療をどう変えるというのか。(2021/3/15)

VRニュース:
全方位立体映像を裸眼で見られる「WARPE」、リコーがデジタルサイネージで展開
リコーが現実空間で全方位映像を映し出す投影装置を開発したと発表。この投影技術のブランド名称を「WARPE(ワープイー)」として、2021年3月からWARPEによる立体映像の認知度拡大と市場性の検証をするため、まずはデジタルサイネージ用途でビジネスパートナーを募り、市場探索を始める。(2021/3/9)

リコー、裸眼で全方位から見られる立体映像装置を開発 22年度の実用化目指す
リコーが、全方向から裸眼で立体映像が見られる投影装置を開発したと発表した。回転スクリーンに真下から光を当て、光の残像で立体映像を表示する。(2021/3/8)

リモート会議や店舗での活用を想定:
リコー、全方位から3D映像を見る装置開発 XR市場への参入を模索
リコーは現実空間に全方位映像を映し出せる投影装置「WARPE(ワープイー)」を開発したと発表した。(2021/3/8)

ニンテンドー3DSが修理受付を終了 部品の確保が困難に
任天堂が「ニンテンドー3DS」と「ニンテンドー3DS LL」の修理受付を、3月31日到着分をもって終了する。修理に必要な部品の確保が困難になったという。(2021/2/25)

“無人ビジネスシューズ店”が銀座に登場 足形計測はセルフ、接客はタブレットで
店内にスタッフを置かない“無人ビジネスシューズ店”が東京・銀座に期間限定オープン。客は自身で足形を測定し、リモートで接客を受ける。運営元はアシックス商事で、「テクシーリュクス」を販売する。(2020/12/10)

富士通エレクトロニクスが展示:
ドイツ発、視線検知で最適表示する裸眼3Dディスプレイ
富士通エレクトロニクスは、「第6回 IoT&5Gソリューション展 秋」(2020年10月28〜30日、幕張メッセ)において、ドイツ3D Globalが開発した裸眼3Dディスプレイのデモなどを展示した。(2020/11/13)

ソニー、裸眼で3D映像を体験できる空間再現ディスプレイ「ELF-SR1」 50万円前後
ソニーは、裸眼での立体視を実現した空間再現ディスプレイ「ELF-SR1」を発表した。(2020/10/16)

角川ドワンゴ学園が“VR校舎”設置 古生物・遺跡の3D映像など配信 川上量生氏も「実用的」と自信
角川ドワンゴ学園は、N高と新設するS高の生徒に向け、VR空間で同級生と一緒に授業を受けられる教育課程「普通科プレミアム」を開設する。生徒はVR空間で古生物の3Dモデルや、360度映像で再現した遺跡を眺めるなど体験型の授業が受けられる。(2020/10/16)

防災:
多様なスケールで津波浸水地域を“見える化”する新技術、大成建設
大成建設は、津波に被災した地域の浸水状況を見える化する技術を開発した。新技術は、津波の挙動を解析し、広域から街区までさまざまなスケールで分かりやすく可視化することで、より効果的な事業継続計画を策定できるようにする。(2020/10/15)

ニンテンドー3DSが生産終了 「2DS」「LL」など関連モデルも
任天堂が携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」の生産を終了。「Newニンテンドー3DS LL」や「ニンテンドー2DS」も。(2020/9/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。