「トレンドマイクロ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

セキュリティニュースアラート:
SmartScreenにゼロデイ脆弱性 これを悪用した巧妙なサイバー攻撃も確認
Trend MicroはAPTグループ「Water Hydra」がMicrosoft Defender SmartScreenのゼロデイ脆弱性を悪用してサイバー攻撃を実行していると伝えた。脆弱性の詳細と攻撃者が使う巧妙な手口とは。(2024/2/16)

Weekly Memo:
「生成AI」はセキュリティをどう脅かすのか? 大手5社の脅威予測から探る
2024年も話題の中心になりそうな生成AI。そのリスクを大手セキュリティベンダーはどう見ているのか。トレンドマイクロやVeeam Software、Trellix、CrowdStrike、そしてネットワーク大手でセキュリティも手掛けるCisco Systemsが発表した脅威予測から探る。(2024/1/15)

セキュリティニュースアラート:
2024年は“クラウド寄生型攻撃”に要注意 トレンドマイクロが脅威予測を公開
トレンドマイクロは2024年のサイバーセキュリティ脅威動向を予測するレポートを公開した。生成AIの悪用やワームの台頭、クラウド寄生型攻撃の増加などが予測されている。(2023/12/27)

製造マネジメントニュース:
IT/OT領域のセキュリティ推進に向けて戦略的パートナーシップを強化
トレンドマイクロは、萩原テクノソリューションズとの戦略的パートナーシップを強化すると発表した。製造業における、ITとOTの統合領域でのサイバーセキュリティを推進する。(2023/12/12)

セキュリティニュースアラート:
IT/OTを横断して脅威を可視化 トレンドマイクロと萩原テクノソリューションズが連携
萩原テクノソリューションズとトレンドマイクロは製造業のサイバーセキュリティリスク低減に向けて戦略的パートナーシップを強化した。(2023/11/22)

セキュリティニュースアラート:
国内法人組織のサイバー攻撃被害実態は? トレンドマイクロが調査結果を発表
トレンドマイクロは国内法人組織のセキュリティ責任者305人を対象に実施した「サイバー攻撃による法人組織の被害状況調査」の結果を発表した。(2023/11/3)

車載セキュリティ:
トレンドマイクロの自動車向け子会社、本社を台湾から東京に移転
トレンドマイクロ子会社のVicOneは本社を台湾 台北市から東京都渋谷区に移す。(2023/9/27)

Trend Micro製品に緊急の脆弱性 既に悪用を確認
Trend Microは「Apex One」と「Worry-Free Business Security」に深刻度「緊急」の脆弱性が存在すると発表した。既に悪用も確認されており、該当する製品を使っているユーザーは迅速な対応が求められる。(2023/9/21)

トレンドマイクロ、3ステップで学べる子ども向けネットリテラシー学習教材「サイバーアカデミー」を無償提供
トレンドマイクロが、小学3〜6年生を対象としたネットリテラシー学習教材「サイバーアカデミー」を無償提供する。動画、会話、クイズの3ステップでインターネットを安全に利用するための知識やスキルを学ぶことができる。(2023/8/3)

Trend Vision Oneが機能強化 XDR機能をOT領域まで拡張する他、生成AI技術も搭載
Trend MicroはTrend Vision Oneの機能を拡張する。XDR機能をOT環境にまで拡大する他、生成AI機能やアタックサーフェスリスクマネジメント機能を搭載する。(2023/7/5)

偽のWinSCPダウンロードサイトでマルウェア感染 Trend Microが新手法を発見
Trend Microはマルバタイジングを利用した新たなサイバー攻撃を観測した。偽のWinSCPのダウンロードページに誘導して、マルウェアが混入したソフトウェアをダウンロードさせる。(2023/7/4)

ラックが中堅・中小企業向けマネージドEDRサービスを提供
ラックは中堅・中小企業向けの新サービスである「マネージドEDRサービス for Trend Micro」を提供する。ハイブリッドワークを導入する中堅・中小企業のEDR運用を支援する。(2023/6/2)

Innovative Tech:
工場出荷前に数百万台のスマホがすでにマルウェアに感染 Trend Microが発表 安価なAndroid端末が対象
Trend Microの研究者らは、5月に開催したセキュリティイベントで「舞台裏:犯罪企業が数百万台のモバイル機器を事前に感染させる方法」という講演を行った。(2023/5/23)

890万台のAndroidデバイスにマルウェアGuerrillaが仕込まれて出荷
Trend Microは、890万台のAndroidデバイスに「Guerrilla」と呼ばれるマルウェアがプリインストールされていると伝えた。Lemon Groupというサイバー犯罪組織が仕掛けたものだと分析されている。(2023/5/22)

トレンドマイクロ製品が“政府認定クラウド”リスト入り 政府調達の対象に
トレンドマイクロのクラウド型セキュリティサービス6種類が政府のクラウドサービス認定制度「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)のリスト入り。政府調達の対象になった。(2023/5/15)

6社に1社が身代金に応じる今、中堅・中小企業はランサムウェアにどう立ち向かうか
トレンドマイクロはアンダーグラウンド調査からランサムウェアグループの活動の実態を解説した。ランサムウェアグループの標的の傾向や身代金の支払率、悪用されやすい脆弱性などが判明した。(2023/2/17)

製造マネジメントニュース:
トレンドマイクロ、5Gなど高速通信規格向けサイバーセキュリティ提供会社設立
トレンドマイクロは、5Gやローカル5G環境、5G以降の高速通信規格向けにサイバーセキュリティを提供する子会社「CTOne」を設立した。アプリケーション環境の強靭性を強化し、5Gネットワーク環境でのアプリケーションの安全な実行を確保する。(2023/1/30)

製造ITニュース:
国内自動車工場を止めたランサムウェア攻撃、サイバーリスクはビジネスリスクに
トレンドマイクロが、自動車メーカーの生産停止や医療機関の長期にわたる診療や手術の停止というランサムウェアによる甚大な被害が発生した国内事例を挙げて、2022年のサイバー脅威動向について解説した。(2023/1/6)

あなたの企業は平均越え? 国内企業のセキュリティ成熟度調査が公開
トレンドマイクロは国内企業のセキュリティ成熟度調査を発表した。NISTの「サイバーセキュリティフレームワーク」が示す「識別」「防御」「検知」「対応」「復旧」という5つの機能などに沿って成熟度を明らかにした。(2022/12/13)

トレンドマイクロ製品に複数の脆弱性 認証回避、DoS攻撃、権限昇格など CVSS最大8.2
IPAは、トレンドマイクロ製品に複数の脆弱性が存在するとして注意喚起した。悪用が確認されているものや、影響度を示すCVSS v3のベーススコアが10点中8.2のものも含まれる。(2022/9/14)

「原神」のアンチチート機能をマルウェア攻撃に悪用 トレンドマイクロが事例を発見
トレンドマイクロが、人気ゲーム「原神」のアンチチートプログラムをマルウェア攻撃に悪用する事例を発見。ユーザーが使っているアンチウイルスソフトを停止し、偽のソフトをインストールさせるといった用途で悪用されるという。(2022/8/27)

製造マネジメントニュース:
「NIST SP 800-171」で国内産業のサイバーセキュリティ対策はどう変わるのか
ランサムウェアなどによるサプライチェーン攻撃のリスクが高まる中、「NIST SP 800-171」への注目度が増している。同セキュリティガイドラインは国内産業にどう影響するのか、トレンドマイクロの担当者に話を聞いた。(2022/8/23)

産業制御システムのセキュリティ:
2年間で売上高4倍に、産業向けセイバーセキュリティ専門企業の国内向け戦略
TXOne Networksは2022年8月9日、日本市場向けの戦略について発表した。TXOne Networksは2018年11月にトレンドマイクロと台湾のMOXAが共同で設立した産業制御システム向けのセキュリティソリューションの専門企業で台湾を本社としている。2022年4月15日に日本法人を設立し、日本市場での本格参入を開始した。(2022/8/10)

トレンドマイクロが感謝しまくるメールを誤送信 「ありがとう」を言いすぎて謝罪
感謝されすぎるのも怖いものですね。(2022/7/28)

日本企業は米国企業よりセキュリティ意識が高い? 実態調査から見えた3つの対策
ランサムウェアが活発化する昨今、日本企業はこのリスクをどのように捉えているのか。トレンドマイクロが発表したセキュリティリスクに関する意識調査からその実態を明らかにする。(2022/7/15)

「明確に定義している企業」の割合は29カ国中、日本は28番目:
日本は「アタックサーフェスを明確にすること」が苦手 トレンドマイクロがセキュリティの意識調査結果を発表
トレンドマイクロは「法人組織のアタックサーフェス(攻撃対象領域)に関するセキュリティ意識調査」の結果を発表した。それによるとアタックサーフェスを明確に定義している企業は全世界で51.3%、日本は34.6%だった。(2022/6/30)

攻撃者集団AvosLockerの手口から考える脆弱性対策【後編】
Avastセキュリティソフトの無効化攻撃を招いた「脆弱性」の正体とは?
トレンドマイクロの研究者は、攻撃者集団「AvosLocker」がAvast Softwareのセキュリティソフトウェアを無効化する際、ある脆弱性を悪用したとみる。その脆弱性とは。(2022/6/27)

Emotet被害は日本が突出 2022年第1四半期の調査結果を公開――トレンドマイクロ
トレンドマイクロは2022年第1四半期のEmotet感染状況を伝えた。検出台数を地域別に比較したところ、日本が突出して検出数が多いという結果になった。(2022/6/10)

攻撃者集団AvosLockerの手口から考える脆弱性対策【前編】
Avastのセキュリティソフトを無効化 研究者が明かした“驚きの手口”
攻撃者集団「AvosLocker」は、既存の脆弱性を悪用してマルウェア対策ソフトウェアを無効化する手口で攻撃を仕掛けている。具体的な攻撃方法を、トレンドマイクロの研究者の解説に沿って説明する。(2022/6/2)

自社資産の棚卸しやログの退避も重要:
マルウェアの痕跡が見つかるのはまれ トレンドマイクロが2021年の国内標的型攻撃を分析
トレンドマイクロは「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」を公開した。被害が発生している恐れが高い攻撃では、その多くがVPNなどのネットワーク機器や公開サーバの脆弱性が悪用されていた。(2022/5/11)

「フィッシングサイトはどっち?」 トレンドマイクロのTwitterクイズ、ツッコミ受け内容を修正
情報セキュリティのトレンドマイクロが“フィッシング詐欺クイズ”をTwitterに投稿した。しかし、解答と解説を見た人からの指摘を受け、翌日にクイズの解説を修正した。(2022/4/15)

“3大クラウド”での設定ミスランキング、トレンドマイクロが発表 中にはミス率98%のサービスも
いわゆる“3大クラウド”(AWS、Azure、GCP)が提供するサービスのうち、設定ミスが起きやすいのは?──トレンドマイクロがこんな調査結果を発表。設定ミスが起きやすい機能などを、クラウドサービスごとに割り出した。(2022/4/11)

Trend Microのセキュリティ製品に「重要」の脆弱性 すでに悪用を確認済み
Trend Microの複数製品に脆弱性が見つかった。深刻度は「重要」と分類されている。同脆弱性はすでに悪用が確認されており注意が必要だ。該当製品を使っている場合には迅速なアップデート適用が求められる。(2022/3/31)

個人情報保護委員会への報告や本人への通知が義務化:
3月時点で改正個人情報保護法に対応できていない企業が約4割 トレンドマイクロ
トレンドマイクロは、「改正個人情報保護法における法人組織の実態調査」の結果を発表した。改正個人情報保護法の施行1カ月前(2022年3月2〜4日)の時点で、対応が完了していない企業は40.6%だった。(2022/3/31)

トレンドマイクロ製品に任意のコードを実行できる脆弱性 修正パッチ適用呼び掛け
情報セキュリティ製品「Trend Micro Apex Central」の脆弱性を悪用したサイバー攻撃が発生している。トレンドマイクロはリリース済みの修正パッチを適用するよう呼び掛けている。(2022/3/29)

ASUSのルーターを狙うマルウェア発見 botネット構築に加担するリスクも
ASUSのルーターを狙ったマルウェア「Cyclops Blink」の亜種が発見された。Trend Microによれば、ASUSのルーターは標的となった製品の一つにすぎず、今後他のベンダーのルーターやIoT製品が攻撃対象になる可能性が高いという。(2022/3/23)

IoTセキュリティ:
NTTコムがSIMのアプレット領域を分離、トレンドマイクロのセキュリティ機能を実装
NTTコミュニケーションズが、SIMの契約情報などが書き込まれている通信プロファイル領域と、アプリケーションなど通信以外の情報を書き込むアプレット領域を完全に分離して管理する技術を開発。同技術の活用サービスの第1弾として、アプレット領域にトレンドマイクロのセキュリティ機能を搭載したSIMのフィールドトライアルを開始する。(2022/2/15)

身代金価格に合意しても機密情報を暴露 ランサムウェア攻撃による身代金交渉の実情とは
トレンドマイクロは、ランサムウェア攻撃後の身代金交渉の実情を解説した。身代金交渉のためにチャットサイトを利用する手口や、攻撃者の交渉時の口調の変化などを明らかにし、インシデント対応のヒントも示した。(2022/2/3)

製造ITニュース:
他組織の安全性も確認を、広がるサプライチェーンへのサイバー攻撃リスク
トレンドマイクロは2022年1月12日、2021年に生じたサイバーセキュリティに関する主要な動向について解説するセミナーを開催した。増加するサプライチェーン経由のサイバー攻撃について説明するとともに、こうした攻撃の被害が、1社にとどまらず業界全体に波及する可能性を指摘した。(2022/1/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
セキュリティ企業が製作する連ドラ『Project 2030』が誕生した理由
トレンドマイクロ社が連ドラ『Project 2030』を配信している。なぜセキュリティベンダーがドラマを手掛けているのか。その理由は……。(2021/12/16)

「戦略やポリシーの策定ができていない組織が多い」:
DX推進担当者は「セキュリティ戦略が曖昧なこと」を懸念している トレンドマイクロがセキュリティに関する調査結果を発表
トレンドマイクロは、「DX推進における法人組織のセキュリティ動向調査」の結果を発表した。それによるとほとんどのDX推進担当者がセキュリティ対策に懸念があることが分かった。(2021/12/2)

DX推進担当者の3割強が自社のサイバーセキュリティに不安、解決の鍵は
トレンドマイクロの調査によると、DX推進担当者の35.2%がサイバーセキュリティインシデントを経験しており、DX推進のビジネス価値を理解しながらセキュリティ対策を実践できる「プラスセキュリティ人材」がいる組織は14.3%にとどまっていることが分かった。(2021/12/1)

「ランサムウェア検出が多い国トップ5」は? Trend Microが2021年第3四半期の動向を発表
Trend Microは、2021年第3四半期のランサムウェア動向を発表した。同調査では、ランサムウェア検出数が多い国も明らかになった。(2021/11/26)

製造マネジメント インタビュー:
MES改ざんにも気付けない、つながる工場に必要な「ゼロトラスト」の考え方
工場に対するサイバー攻撃の脅威の高まりとともに、ゼロトラストの考え方が製造業でも認知されつつある。ただ、現時点で実際にゼロトラストに基づくセキュリティ対策を行う工場は少ない。トレンドマイクロの担当者にゼロトラストのポイントを聞いた。(2021/11/12)

トレンドマイクロの調査から
「Linux」が犯罪者に狙われ始めた“なるほどの理由”
トレンドマイクロの調査では、「Linux」マシンへの攻撃が目立っているという。Linuxマシンは攻撃者にとってなぜ“魅力的”なのか。その理由や攻撃の詳細を解説する。(2022/2/8)

IoTセキュリティ:
「NVIDIA Jetson」対応のAIエッジシステム向けセキュリティ製品を発売
菱洋エレクトロは、トレンドマイクロと組み込みパートナー契約を締結し、「NVIDIA Jetson」搭載のAIエッジコンピューティングデバイス用セキュリティ製品「Trend Micro IoT Security for Jetson」を発売した。(2021/10/20)

車載セキュリティ:
日立、トレンドマイクロ、マイクロソフトが自動車セキュリティ、迅速な初動対応を支援
日立製作所とトレンドマイクロ、日本マイクロソフトは2021年10月19日、コネクテッドカー向けのセキュリティソリューションの共同開発に合意したと発表した。2022年中に日本で提供を開始し、グローバルでの展開も検討していく。(2021/10/20)

コネクテッドカー向け情報セキュリティ、日本MS・日立・トレンドマイクロが共同開発へ
日本マイクロソフト、日立製作所、トレンドマイクロが、コネクテッドカー向け情報セキュリティシステムを共同開発し、2022年中に日本で提供を始める。(2021/10/19)

製造マネジメントニュース:
富士通とトレンドマイクロが自動車向けセキュリティサービス創出目指し協業
富士通は2021年10月13日、コネクテッドカーのセキュリティ対策強化を目指したトレンドマイクロとの協業締結に合意したことを発表した。協業により、車両の動作データとクラウドインフラのセキュリティログを統合的に検知、収集できるサービス開発を目指す。(2021/10/18)

ランサムウェア攻撃の検出数、2020年から半減――それでも全く楽観できない理由 Trend Micro調査
Trend Microは、2021年前半のサイバーセキュリティデータを分析した報告書「Attacks From All Angles: 2021 Midyear Cybersecurity Report」を公開した。調査から明らかになったランサムウェアの変化とは。(2021/9/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。