• 関連の記事

「静的」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「静的」に関する情報が集まったページです。

作成方法、盛り込むべき情報を解説:
READMEファイルに何を書くべき? ベストプラクティスを紹介
TechTargetはREADMEファイルの作成方法を解説する記事を公開した。ソフトウェアプロジェクトについての重要な情報を社内関係者やユーザーに提示するために必要な、READMEファイルの作成方法を紹介する。(2024/6/21)

「サービスごとに責任共有モデルが異なることをきちんと理解すべきだ」:
徳丸氏が解説、クラウドネイティブ環境でWebサービスを立ち上げる際に気を付けるべきポイント
「@IT Cloud Native Week 2024 冬」の基調講演にイー・ガーディアングループCISO 兼 EGセキュアソリューションズ取締役CTO 徳丸 浩氏が登壇。クラウドネイティブ環境でWebサービスを展開する際に気を付けるべきセキュリティのポイントを解説した。(2024/6/19)

Innovative Tech:
「時間」とはなにか?→「量子もつれ」によって作られた“副産物”かも イタリアの研究者らが提唱
イタリアのフィレンツェ大学などに所属する研究者らは、時間が量子もつれから生じるという理論モデルを提唱した研究報告を発表した。(2024/6/17)

CIO Dive:
銀行のモダナイゼーションを阻む「最大のハードル」は? 調査で判明
銀行業界ではレガシーシステムが効率化や顧客サービス向上の妨げとなっている。停止できない銀行のシステムにおいて、どうすれば大きな影響を及ぼすことなくコアシステムのモダナイゼーションを実現できるのか。(2024/6/5)

自動運転「レベル4」実現への課題 地図情報「ゼンリン」責任者に聞く
自動運転地図の方向性について、ゼンリンのモビリティ&スマートシティの事業を担当する古屋貴雄本部長に聞く。(2024/5/31)

EDRとアンチマルウェアを比較【前編】
いまさら聞けない「EDR」と「アンチマルウェア」の違いとは?
企業のエンドポイントを保護する上で役立つのが、EDRとアンチマルウェアだ。両者にはどのような違いがあるのか。仕組みと役割の観点から両者の違いを解説する。(2024/5/27)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(8):
RustとDioxusでSPAを新バージョンに対応させよう
第8回では、2024年3月末のDioxus 0.5リリースに合わせて、機能変更のポイントをWebプラットフォームに絞って紹介し、第7回で作成したアプリをバージョン0.5対応となるように修正します。(2024/5/16)

「@IT 開発変革セミナー 2024 Winter」基調講演レポート:
DevOps視点で考える「ソフトウェア品質マネジメント」
「新しい開発手法やツールを導入したが、期待したほど効果が上がっていない。むしろ生産性が低下した気がする……」。そんな課題を抱える企業に不足している視点とは何か。第一線で活躍するアジャイルコーチがDevOpsの視点でソフトウェア品質について語った。(2024/5/17)

ChromeOSでWindowsアプリ継続【後編】
「ChromebookでWindowsアプリを使いたい」が本当にかなう方法はこれだ
Microsoft OfficeといったWindows向けのアプリケーションをChromebookでも利用する方法がある。Cameyoのアプリケーション仮想化ツールの機能や利用方法、安全面の対策などを紹介する。(2024/5/5)

メモリリークを検出、対処する「RESIN」を解説:
Microsoftは、Microsoft Azureの本番環境で起きるメモリリークの問題にどう対処しているのか
Microsoftは、Microsoft Azureを提供する上でサービス品質に影響を及ぼすメモリリークの問題にどう対処しているのか。本番環境で稼働しているメモリリーク検出サービス「RESIN」の取り組みを解説した。(2024/5/1)

ESEC:
Qtが静的解析とアーキテクチャ解析をスイートで提供、ソフトウェアテストを強化
Qt Groupは、「第27回 組込み/エッジ コンピューティング展(ESEC)【春】」において、静的解析/アーキテクチャ検証ツール「Axivion Suite」を紹介した。(2024/5/1)

Deep Insider's Eye 一色&かわさきの編集後記:
編集後記「どうする? どうなる? 解決!Python」と「何をもってPythonicなのか」
かわさきからは「どうする? どうなる? 解決!Python」というタイトルでPython TIPS連載の今後についてChatGPTに聞いてみて思ったことについて、一色からは「何をもってPythonicなのか」というタイトルで執筆中に感じていた“Pythonic”という説明に対する戸惑いを解消するまでの体験談について書きました。(2024/5/1)

AI基礎解説:
セーフティクリティカルなAIシステム開発に求められる「V&Vプロセス」とは
世界各国でAI関連規制の整備が進む中で、AIシステムの開発に求められるのが「検証(Verification)」と「妥当性確認(Validation)」から成る「V&Vプロセス」である。特に、自動車や航空宇宙の分野を中心に高い安全性や高い信頼性が重視されるセーフティクリティカルなシステムにAIを導入する際に重要な役割を果たすとみられている。(2024/4/25)

Nuitkaを利用し高速化、難読化:
Wasmerが「py2wasm」を発表、PythonからWebAssemblyに変換 インタープリタより3倍高速実行可能に
WebAssembly(Wasm)ランタイムを開発するWasmerは、PythonプログラムをWebAssemblyに変換し、ベースラインインタープリタよりも3倍高速に実行できるようにする「py2wasm」を発表した。(2024/4/24)

AIモデルの運用に不可欠:
LLMスタックのセキュリティを確保するには? Ciscoが解説
LLMスタックの保護は、データの保護、ユーザーの信頼、AIモデルの運用の完全性などを保証するために不可欠だ。本記事では、AIシステムの安全性を確保する方法を学ぶことの重要性について、LLM実装とLLMスタックに焦点を当てながら紹介する。(2024/4/17)

JDK 22では12の機能強化、改良を実施:
Oracle、「Java 22」「Oracle JDK 22」を提供開始
Oracleはプログラミング言語と開発プラットフォームである「Java」の最新版「Java 22」と、Java開発キット「Oracle JDK 22」の一般提供を開始した。(2024/4/8)

コードに紛れ込んだ「糸くず」を取り除こう:
コードの品質を上げる、地味だけど重要な「コードリンティング」を解説
TechTargetは、「コードリンティング」に関する記事を公開した。コードリンティングはデバッグプロセスにおける重要な準備手順の一つだ。シンプルなミスを早い段階で解決すれば、少ない負担でコーディングの品質を向上させられるだろう。(2024/4/5)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
成長するマーケターは一度「知識に翻弄される」 突破口は実践の中にしかない
マーケティングは幅が広く奥が深い領域です。ここまで効果的なインプット・アウトプットの方法を紹介してきました。今回は、実践の場でどんなマーケターもハマってしまう落とし穴と、その抜け出し方について解説します。(2024/4/3)

Javaの代替言語Kotlinの魅力【前編】
もうJavaには戻れない? 開発者が「Kotlin」を好きになる5つの理由
幅広い開発に使えるプログラミング言語「Kotlin」は、「Java」に代わる選択肢になる。JavaではなくKotlinを使う理由は何か。その魅力を解説する。(2024/3/19)

「PowerShell」オンラインコース10選【第3回】
1時間ちょっとで「PowerShell」スキルが身に付く"あの学習コース"とは?
「PowerShell」を学ぶ場として、さまざまなオンライン学習コースがある。コースを選ぶ際は、提供会社を見ることが一つの判断材料になる。ビジネスパーソンにおなじみのLinkedInが提供するコースとは。(2024/3/16)

CloudflareアプリケーションやReact Server Componentsもサポート:
JavaScriptランタイム「WinterJS 1.0」リリース、WasmerがRustで開発
Wasmerは、Rustで書かれた高速JavaScriptランタイムの正式版「WinterJS 1.0」を発表した。(2024/3/15)

生成AIのセキュリティと責任あるAIのリスクを探る:
生成AIリスク探索のオープンフレー厶ワーク「PyRIT」、Microsoftがリリース
Microsoftは生成AIのリスクを探索する自動化フレームワークPyRIT(生成AIのためのPythonリスク識別ツールキット)の導入を発表した。生成AIパラダイムにおけるレッドチーム特有の課題に対処する。(2024/3/12)

非推奨のオプションを利用するコードは次期バージョンまでに移行が必要:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 5.4」を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 5.4」を公開した。(2024/3/12)

製造IT導入事例:
性能予測プロセスにはびこる古い自動化ソフト 住友ゴムは生成AI導入で変革目指す
Google Cloudは2024年3月7日、同社が展開する企業向け生成AIサービスの活用などを発表するイベント「Google Generative AI Summit Tokyo」を開催した。本稿では住友ゴム工業 研究開発本部 研究第一部長の角田雅也氏による、「製造業における生成AIを使った業務効率化への取り組み」と題した講演を取り上げる。(2024/3/11)

VPN徹底解説【後編】
「VPNプロトコル」5種の違い あの定番から“高速VPN”の新技術まで
VPNにはさまざまな種類がある。定番であるL2TP/IPsecやOpenVPNから、かつて広く使われていたPPTP、そしてこれらを超えるべく生み出された新しいVPNまで紹介する。(2024/3/6)

Javaの10個のメリット【第4回】
「Java」とはどんな言語で、なぜ魅力的なのか?
「Java」は型を明示する「静的型付け」言語であり、オブジェクトを中心に据えた「オブジェクト指向」言語でもある。これらの特性はどのようなメリットをもたらすのか。(2024/3/6)

Python、JavaScript、Go、GitHub Actionに対応:
GitHub、脆弱性のあるリポジトリの修正でセキュアコーディングを学ぶ「Secure Code Game」シーズン2を開始
GitHubはセキュアコーディングをゲーム感覚で学ぶことができる「Secure Code Game」シーズン2の提供を開始した。(2024/3/4)

海外セキュリティリーダーからの提言:
「多要素認証が破られた!」とならないために 認証強度を上げる6つのコツ
多要素認証(MFA)は完璧なセキュリティ対策ではないが、ID/パスワードのみの単一要素認証に頼るよりはよほど効果的だ。だが、ただMFAを導入するだけでは不十分だ。バイパス事例などを踏まえて、MFAの強度を上げるコツを紹介する。(2024/2/22)

Coderpadが発表:
採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10、PythonがJavaScriptを超えて1位に
CoderPadは人事、採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10を発表した。(2024/2/14)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(214):
Azure Stack HCIの最新バージョン「23H2」リリース、デプロイ方法の大幅変更に注意!
Microsoftは、「Azure Stack HCI バージョン23H2(2311.2)」の一般提供を発表しました。バージョン23H2ではデプロイ方法が大幅に変更され、システム要件も更新されています。デプロイ方法の変更に伴い、現時点ではバージョン22H2以前からのインプレースアップグレードはサポートされません(2024年内には可能になる予定)。(2024/2/9)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内!:
「ViXion01」の今までにない感覚が人生の選択肢を拡大 オートフォーカスアイウェアでライフスタイルが変わる
老眼鏡や拡大鏡の付け替えは非常に面倒だが、オートフォーカスアイウェアの「ViXion01」がそれらの悩みを解決してくれそうだ。実機を試して分かったことをまとめた。(2024/2/8)

セキュリティソリューション:
脆弱性管理ツールSnykのライセンス販売から導入、運用支援までをワンストップで提供
日立システムズエンジニアリングサービスはSnykとリセラー契約を締結し、Snykの脆弱性管理ツールの販売と導入・運用支援を国内で開始すると発表した。(2024/2/8)

ソースコードがなくても脆弱性を検出可能:
「バイナリコードの静的解析」によって検査効率を40%向上させる技術をNECが開発
NECはソフトウェアに潜む脆弱性を、実行ファイルのバイナリコードから検出する技術を開発した。外部から入力されたデータがソフトウェア内のどの処理で使われているかを追跡し、脆弱性や不正機能などを検出する。(2024/2/8)

材料技術:
爆発するリチウムイオン電池を見抜く検査装置を開発した神戸大・木村教授に聞く
製造したリチウムイオン電池が爆発するかを見抜ける検査装置「電流経路可視化装置」と「蓄電池非破壊電流密度分布映像化装置」を開発した木村建次郎氏に、両装置の開発背景や機能、導入実績、今後の展開などについて聞いた。(2024/2/8)

宣言的で読み書きが簡単、複雑な記述にも対応:
Apple、構成ファイルを生成するプログラミング言語「Pkl(ピックル)」を公開
Appleは、構成ファイルを生成するためのプログラミング言語「Pkl」をオープンソースとして公開した。(2024/2/8)

建築設計×コンピュテーショナルの現在地:
落合陽一氏の万博パビリオンを手掛けた「NOIZ」が語る「フィジカルとデジタルの境界に浮かぶ未来の建築設計」
大阪・関西万博で、テーマ事業プロデューサーの落合陽一氏が企画するパビリオン「null2」の設計を手掛ける「NOIZ」は、建築のフィジカル要素とコンピュテーショナルデザインなどのデジタル技術との融合で、新しい建築設計の可能性を模索している。null2で具現化を目指す、未来の建築デザインをNOIZの設計担当者に聞いた。(2024/2/7)

IoTセキュリティ:
静的テストだけではなくならない脆弱性、多層的テスト手法が大きな効果
日本シノプシスが、同社が行ったソフトウェア脆弱性に関する調査レポートについて説明。ソフトウェアやアプリケーションから脆弱性が検出される割合が2020年の97%から2022年には83%となり、減少傾向にあることが分かった。(2024/2/5)

2024年2月下旬にリリース候補版、3月上旬に正式版を公開予定:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 5.4」β版を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 5.4」のβ版を公開した。(2024/2/2)

プロンプトエンジニアリングツール7選【中編】
「PromptAppGPT」「PromptSource」で生成AIのプロンプトはどう変わるのか
LLM(大規模言語モデル)をベースにしたチャットbotからより良い回答を得るには、より良いプロンプトが必要だ。そのために活用できる「プロンプトエンジニアリングツール」のうち2つを取り上げる。(2024/2/20)

手法、コード例、ユースケースごとに解説:
オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの違い
関数型プログラミングモデルの採用を考える開発者は多い。だが、採用するなら、関数型プログラミングモデルとオブジェクト指向のアプローチがどのように異なるかを正確に理解することが重要だ。(2024/1/25)

Innovative Tech:
道路標識に「人に見えないレーザー」照射 自動運転車を欺く攻撃 米国と日本の研究者らが発表
米カリフォルニア大学アーバイン校、米フロリダ大学、米Toyota InfoTech Labs、電気通信大学に所属する研究者らは、赤外線レーザーを用いて交通標識にスポット光を照射し、自動運転車の認識システムを誤認させる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/1/25)

Visual Studio拡張機能版と.NET CLIツール版を提供:
Microsoftが.NET用Azure移行支援ツール「AppCAT」をリリース 移行の潜在的な問題を特定
Microsoftはオンプレミスの.NETアプリケーションからAzureへの移行を支援する新しいツールをリリースした。(2024/1/24)

大面積の薄膜作製が容易に:
オンアクシススパッタリング法でTmIG薄膜を作製
九州大学とリーズ大学による国際共同研究グループは、大面積の成膜に適したオンアクシススパッタリング法を用い、ツリウム鉄ガーネット(TmIG)の垂直磁化膜を作製することに成功した。高速磁壁移動デバイスやスキルミオンデバイスなどの製造に適用していく。(2024/1/26)

セキュリティニュースアラート:
クラウドセキュリティでやりがちな“7つの大罪” 特に中小企業は注意
ESETは中小企業がクラウドセキュリティにおいて犯しがちな7つの間違いとそれに向けた対策を公開した。誤ったクラウドセキュリティが逆にリスクの増大を引き起こしている。(2024/1/22)

HaskellとPureScript【前編】
「Haskell」は何ができるプログラミング言語? 4つの特徴とは
「Haskell」は、シンプルな構文ながらも強力な型システムを備えるプログラミング言語だ。Haskellが持つ4つの特徴「遅延評価」「不変性」「厳密な型」「モナド」を解説する。(2024/1/20)

米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【後編】
数カ月を要した脆弱性対策をたった1日で――「遅い」を払拭した政府機関の改革
政府機関は腰が重い――。そのイメージを、米国特許商標庁(USPTO)はデジタル変革を通じて払拭した。具体的に何を変えたのか。組織面から成功のポイントを考える。(2024/1/19)

MONOist 2024年展望:
生成AI×設計の現在と未来を見据えた付き合い方
今注目のテクノロジーといえば「ChatGPT」に代表される生成AIが挙げられるでしょう。社内情報資産を活用した業務効率化などビジネス利用が進む中、製造業におけるデザイン/設計業務においても生成AIの存在感が増しています。今どのような活用が進んでいるのか? 2024年メカ設計フォーラム新年展望では、生成AI×設計の現在と、未来を見据えた付き合い方について考察します。(2024/1/9)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2023:
マネジメントやスポンサー集め、技術継承……社会人顔負けの学生フォーミュラ
筆者は学生フォーミュラにも参加する静岡大学で、工学部大学院の客員教授を2011年から務めています。2023年からは、ECOMの社外取締役の立場を生かしてスポンサー企業として静岡大学のチームを支援することにしました。(2023/12/28)

「ID情報をマスクする」「アクセス許可の原則に従う」など:
FinTechでも現実に近いデータでテストしたい――データへのアクセスとセキュリティのバランスを取る方法6選
ソフトウェアテストでは実データの利用が役に立つとしても、実データのセキュリティとプライバシーを侵害しないよう注意しなければならない。本稿では、FinTechのソフトウェアテストを行う場合に中核とすべき6つの方針について説明する。(2023/12/28)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
遠近両用メガネなのに見え方は“普通” AIを使ってパーソナライズする累進レンズ「Varilux XR」を体験した
フランスのバリラックスは、境目のない遠近両用レンズ、いわゆる「累進レンズ」を世界で最初に作ったレンズブランドだ。その新しいフラグシップ「Varilux XR」でメガネを作ってみた。(2023/12/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。