「スポーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!スポーツ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でスポーツ関連の質問をチェック
「スポーツ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「サドル〜サドル〜オレ〜たち〜♪」って! サンプラザ中野くん、高級e-bikeを手に入れて思わずあの名曲歌い出す
50年ぶりのスポーツ自転車、山道サクサク走って「楽しい〜♪」(2022/6/24)

直列6気筒エンジン搭載のSUV:
マツダ「CX-60」9月に発売 価格は?
マツダは22日、大きなパワーを得られる直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載した新型スポーツ用多目的車(SUV)「CX-60」の予約受け付けを24日から開始すると発表した。9月に発売予定。CX-60は同社のSUVの中でも高価格帯で、同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)など4種類を用意した。(2022/6/22)

eスポーツビジネスの専門展、東京ビッグサイトで開催 ミクシィやNTT子会社など出展
RX Japanが、eスポーツビジネス専門展示会「eスポーツビジネスEXPO」を6月29日から7月1日にかけて開催する。会場は東京ビッグサイト。(2022/6/21)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
モンスト脱却目指すミクシィ、ゲームの次が公営ギャンブルとスポーツ事業なワケ
今回取り上げるのはミクシィです。もともとは社名の通りでSNSの「mixi」として成長してきた企業ですが、その後は「モンスターストライク」が大ヒットしてモバイルゲームが中心の企業となっています。(2022/6/20)

RIZIN榊原信行CEOが明かす:
那須川天心VS. 武尊「THE MATCH 2022」のドキュメンタリー番組が放送決定 TOKYO MXで7月24日
6月19日に東京ドームで開催する「Yogibo presents THE MATCH 2022」のスポーツドキュメンタリー番組を、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で放送すると発表した。放送日時は7月24日の午後7時から午後9時まで。同社の榊原信行CEOが記者会見で明かした。(2022/6/18)

eスポーツカフェでグラボ盗難か 運営会社が防犯カメラ映像公開
新大久保のカフェ「e-sports cafe」で、設置しているPCからグラフィックスカードが抜き取られたとして、カフェの運営会社が公式Twitterアカウントで防犯カメラの映像を公開した。(2022/6/17)

6月15日から:
BMW、「2シリーズ アクティブツアラー」新型モデル発売
ビー・エム・ダブリューは、プレミアム・コンパクトSAT(スポーツ・アクティビティ・ツアラー)「BMW 2 シリーズ アクティブ ツアラー」の新型モデルを、6月15日から販売する。(2022/6/15)

200人に聞いた:
子どもの希望で始めたスポーツ 3位「野球、ソフトボール」、2位「水泳」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもの希望で始めたスポーツに関する調査を実施した。(2022/6/14)

プロジェクト:
熊谷市でスポーツ施設と地域のにぎわいを創出する仕組みを構築、パナソニック
パナソニック エレクトリックワークス社とパナソニック スポーツは、埼玉県熊谷市の「熊谷スポーツ文化公園」内で開発した多機能スポーツ施設「さくらオーバルフォート」で、スポーツ施設と周辺地域のにぎわい創出を実現するリカーリングビジネスを展開している。(2022/6/14)

東京五輪銅メダリスト、禁止薬物の特例申請が間に合わずレース欠場決意 「クリーンスポーツとメンタルヘルスに必要なものを守る」
どちらも大切。(2022/6/13)

「Apex Legends」の王座をかけて勝負! 「E5フェス Apex Legends 第2回 レジェンド王決定戦」が開催
都内最大級のeスポーツ施設「LFS(Looking for Squad)池袋 esports Arena」で、オンラインイベント「E5フェス Apex Legends 第2回 レジェンド王決定戦」が開催された。その模様をお届けする。(2022/6/13)

【何これかっこいい!】英国発の新スクーター「スコマディ」が日本上陸 レトロスタイルだけどスポーティ、ギミックも満載
へぇぇ! ベスパやランブレッタみたいでちょっと違う、レトロスタイルでチューンドスクーターの雰囲気が漂う聞き慣れない125ccスクーターが日本上陸。早速乗ってみました!(2022/6/10)

Alpen Outdoors(アルペンアウトドアーズ):
アルペン、体験型アウトドア店を「なんばパークス」に出店
スポーツ・アウトドア用品を販売するアルペンは6月24日、大阪市の複合施設「なんばパークス」に体験型アウトドアショップ「Alpen Outdoors(アルペンアウトドアーズ)」を出店する。(2022/6/9)

新たなファン層獲得か:
アマプラ「井上尚弥vsドネア戦」 配信初日として国内過去1位の視聴数を記録
Prime Videoで配信した「井上尚弥vsドネア戦」が史上1位の視聴数を記録した。映画やアニメだけでなく、スポーツの生配信にも力を入れ、新たなファン層獲得を狙う。第一弾の村田諒太、ゴロフキン戦も好調だった。(2022/6/8)

人生が楽しみに:
2人に1人は「“推し”がいる」 アイドル・スポーツ選手・YouTuber……多様化するファン活動の実態
ファイントゥデイ資生堂が実施した「推し」に関する調査で、「『推し』がいる」と答えた人は50.7%と約半数にのぼった。また、「推し」のジャンルは多様化していることが分かった。(2022/6/6)

約7年ぶりの全面刷新、レクサス新型「RX」世界初公開 気持ちのいい走りを実現する「Fスポーツ パフォーマンス」モデルも
新顔「スピンドルボディ」はどう?【画像152枚】(2022/6/1)

ゴルフ人気続く:
「しまむら」「ワークマン」もゴルフウェアに参入 低価格戦略で初心者需要を取り込めるか
コロナ禍で、密を避けて楽しめるスポーツとしてゴルフ人気が高まっている。そんな中、しまむらやワークマンがゴルフウェアの販売を開始した。それぞれの強みは「手に取りやすい価格帯」。どのような製品を展開するだろうか。(2022/5/31)

スポーツDXと3つのIT 上林功・追手門学院大准教授
スポーツにおけるDXは、新たなビジネス創出やコンテンツの充実に不可欠だ。4月にはスポーツエコシステム推進協議会が設立され「スポーツDXファクトブック」が公開された。新しいスポーツの興行や環境整備について触れられている。(2022/5/30)

モータースポーツ超入門(14):
次世代燃料、バイオ素材……国内モータースポーツで加速する脱炭素
国内で行われている3つの最高峰レースカテゴリー「スーパーフォーミュラ」「スーパーGT」「スーパー耐久」において、カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みが活発になっている。合成燃料や環境配慮素材の採用、次世代パワートレインの先行投入など、将来に渡って持続可能なレースシリーズの構築をめざす動きが急速に進んでいる。(2022/5/30)

あす未明決勝:
欧州CL決勝、リヴァプールの勝率55% グレースノート調査
スポーツデータの分析などを手掛けるグレースノートが、5月29日早朝に開催される「UEFA チャンピオンズリーグ」(CL)決勝で、日本代表FW南野拓実選手が所属するリヴァプール(イングランド)の勝率が55%だとする分析結果を発表した。(2022/5/28)

ととのい空間も:
北海道ボールパークに、一棟貸切のプライベートヴィラが登場
ファイターズ スポーツ&エンターテイメントは、2023年3月に開業する北海道ボールパークFビレッジの南側の水辺エリア一角に、一棟貸切のプライベートヴィラを開業することを発表した。(2022/5/27)

Apple Watch用の新バンド「プライドエディション」2種登場 動く仕掛けの文字盤も
Appleは、Apple Watch用の新しいプライドエディションバンドを5月26日に発売する。毎年6月のプライド月間(LGBTQ+の権利や文化に目を向け、その啓発を促す月間)を迎えるにあたり、Appleが新たに用意したもの。柄や色が異なる「スポーツループバンド」「Nikeスポーツループバンド」の2タイプあり、全てのApple Watchに対応する。(2022/5/25)

Shokz、スポーツ利用にも向くBluetooth接続対応の骨伝導イヤフォン「OpenRun」に小型モデルを追加
Shokzは、ワイヤレス骨伝導イヤフォン「OpenRun」に短寸バンドを採用した小型モデル「OpenRun Mini」を追加した。(2022/5/24)

新たな100年に向けて:
神宮外苑のまちづくり概要を発表 24年着工予定
三井不動産、明治神宮、日本スポーツ振興センター、伊藤忠商事の4社は、神宮外苑地区の新たな100年に向けたまちづくりの概要を発表した。(2022/5/20)

MSI、“エヴァ”コラボデザインのゲーミングPCパーツ4製品を発売
エムエスアイコンピュータージャパンは、eスポーツブランド「EVANGELION e:PROJECT」とコラボレーションしたゲーミングPCパーツを発表した。(2022/5/12)

360度視聴可能 「自由視点」をスマホで ベンチャー、映像圧縮技術を独自開発 低価格化も
自由視点映像に注目が集まっている。スポーツ中継で採用が進むが、多数のカメラで撮影する必要があるなど、コスト面でのハードルは高い。ベンチャー企業のMasterVisionsが映像圧縮技術とカメラを独自開発し低価格化に挑んだ。(2022/5/12)

CCCマーケティング調べ:
今後取り組みたいスポーツ 「ウォーキング」「筋トレ」「ヨガ」が上位に
CCCマーケティング(東京都渋谷区)が手掛ける「CCCマーケティング総合研究所」は、スポーツの実施状況とスポーツ観戦・視聴について調査を実施した。スポーツ・運動の実施率は、この1年で51.9%から58.3%に増加した。(2022/5/11)

「ハリポタ」マルフォイとネビルがSwitch3本勝負!  任天堂イベントでの一幕が「スリザリン対グリフィンドールや!」と反響
Nintendo UKが主催した「Nintendo Switch Sports」のイベント。(2022/4/30)

旧スポーツスターの正統後継機、現る! ハーレーダビッドソンの新型「ナイトスター」を早速チェック
新世代となる水冷ハーレーの2機種目も登場! クラシカルスタイルにリヤ2本サス、スポーツスター本来の姿を好むファンのモヤモヤを払拭してくれそうなモデルになりそうです。(2022/4/30)

エンタメを代表する2社:
Cygames、ブシロードが仕掛けるTCG版「シャドウバース」 デジタルからアナログへの展開の狙い
eスポーツ種目としても社会的に広がっている『シャドウバース』。実際の紙を使ったトレーディングカードゲーム(TCG)への展開も進めている。このTCG版の名称は『Shadowverse EVOLVE(シャドウバース エボルヴ)』で、スターターデッキを発売した。(2022/4/28)

3Dプリンタニュース:
積層痕の美を生かすeスポーツ用インテリアの実現に向けて超大型3Dプリンタ活用
ExtraBoldは、前田技研のMG東京ファクトリーと共同で、eスポーツ専用インテリア「GT EXPERIENCE CONCEPT」の開発と製作を行った。D-WEBERの自社プロジェクトブランド「4DESIGN by DW」の取り組みとして企画されたもので、自動車フォトグラファーの北畠主税氏がプロデューサーを務め、D-WEBER 代表取締役の水野健一氏がデザインを担当。コンセプトモデルの製作には、ExtraBoldの大型3D付加製造機「EXF-12」が用いられた。(2022/4/27)

東京・世田谷に施設オープン:
ブシロードがヘルスケア事業に本格参入 狙いは?
ブシロードのグループ会社であるブシロードウェルビー(東京都中野区)は、5月18日にスポーツクラブ「ブシロードウェルビー東松原」を世田谷区松原にオープンする。(2022/4/26)

Garmin、「tactix 7 PRO Sapphire Dual Power」を約17万円で発売 “ミリタリーミッション”にも対応
ガーミンジャパンは、ソーラー充電対応マルチスポーツGPSスマートウォッチ「tactix 7 PRO Sapphire Dual Power」を発売。新たにミリタリーや航空機能を追加している。(2022/4/21)

ゼンハイザー、シーンに応じてイヤーピースの使い分けができるスポーツ向け完全ワイヤレスイヤフォン
ゼンハイザーは、スポーツ向けをうたった完全ワイヤレスイヤフォン「SPORT True Wireless」を発表した。(2022/4/21)

プロジェクト:
NTT東日本らが神奈川県・横須賀市でe-Sportsを学べるICT施設を開業
NTT東日本グループのテルウェル東日本、NTT東日本、NTTe-Sportsは、横須賀市若松町のNTT東日本 横須賀別館ビルで、「保育・学び・ワーク・コミュニティー」をテーマとしたICT施設「スカピア」を開業した。(2022/4/21)

東京タワーの足元にeスポーツをテーマにしたアミューズメント施設、20日開業 特別ライトアップも
東京eスポーツゲートは東京タワーに「日本最大規模」をうたうeスポーツ施設「RED゜TOKYO TOWER」を4月20日にオープンする。(2022/4/18)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツ50〜125cc部門【ハンターカブが破竹の勢いで快進撃】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」ストリートスポーツ50〜125cc部門の結果発表。(2022/4/20)

DAZN、英プレミアリーグの放映権失う可能性 権利獲得の韓国企業「交渉の意思ある」
スポーツ動画配信サービス「DAZN」で、来季以降、イングランド・プレミアリーグ(EPL)の試合を視聴できない可能性が出てきた。運営元が「現時点においては来シーズンの放映権を保有していない」とするコメントを発表したためだ。ネット上では同社に対し、厳しい意見が出ている。(2022/4/15)

「DAZN for docomo」、初期ユーザーも一律値上げ 7月から月額1078円→1925円に
NTTドコモはスポーツ動画配信サービス「DAZN」を視聴できる「DAZN for docomo」の初期ユーザー向けの月額料金を、7月1日から月額1078円から1925円に改定すると発表した。(2022/4/14)

「DAZN for docomo」の既存ユーザーも7月から値上げ 月額1078円→1925円に
NTTドコモは4月14日、スポーツ関連動画の有料サブスクリプションサービス「DAZN for docomo(ダゾーンフォードコモ)」の月額料金を改定すると発表した。対象は2020年9月30日までにサービスを契約したドコモユーザー。2022年7月1日以降、月額1078円(税込み、以下同)から月額1925円に値上げされる。(2022/4/14)

「DAZN for docomo」、既存ユーザーも値上げに 月額1078円→1925円に調整 7月から
NTTドコモは、スポーツ動画配信サービス「DAZN for docomo」について、既存ユーザーの利用料金を値上げする。現在月額1078円で利用しているユーザー料金を月額1925円に改定する。新料金は7月1日から適用する。(2022/4/14)

DAZNで不具合発生、一部ユーザーがログインできず 「野球中継が見れない」と怒りの声【復旧済み】
スポーツ動画配信サービス「DAZN」で不具合が発生し、一部ユーザーがログイン状態になっている。(2022/4/13)

やばいカッコよさだぜ…… ランボルギーニ、劇的美麗な新デザイン「ウラカン Tecnica」発表
街中ラグジュアリーもサーキットスポーツも両方! を求める人向けだそうですよ。(2022/4/13)

笹川スポーツ財団調べ:
子どもが「よく行った」運動・スポーツ種目、「水泳」が5位に低下 背景は?
笹川スポーツ財団は、4〜21歳の子どもや青少年を対象に「4〜11歳、12〜21歳のスポーツライフに関する調査」を行った。4〜11歳の「子ども」が過去1年間によく行った運動・スポーツ種目を聞いたところ、前回2位だった「水泳」が今回5位に順位を落とした。(2022/4/10)

子どもが尊敬している人 2位の「家族」に倍以上の差をつけた1位は?
ARINAは、全国の中学生以下の子どもを持つ親を対象に、「子どもが尊敬している人は?」というアンケート調査を行った。子どもが尊敬している人1位は、下位に倍以上の差をつけた「スポーツ選手」だった。(2022/4/15)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツ400cc部門【新星GB350が部門賞を獲得】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシンオブザイヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ400cc部門の結果発表。(2022/4/13)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツビッグバイク部門【隼が総合部門との2冠を達成】
読者投票で人気ナンバー1を選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門の結果発表。(2022/4/11)

接種率増を狙う:
ワクチン接種者に「イベントワクワク割」開始へ
政府が、若者の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種促進や経済活動活性化を図るため、イベントやスポーツなどのチケットを割引する「イベントワクワク割」の開始を検討していることが分かった。(2022/4/6)

元バレー日本代表の荒木絵里香さん、早大大学院スポーツ科学研究科に入学 「社会の中で還元できるように」
荒木さんは2021年9月22日に現役を引退しています。(2022/4/5)

女の子の1位は「ケーキ屋・パン屋」:
小学1年生が「就きたい職業」ランキング コロナ禍で注目された職業が人気に
小学1年生とその親を対象に「将来就きたい職業」「就かせたい職業」を聞いた。男の子の就きたい職業2位は「スポーツ選手」、1位は?女の子の親が子どもにつかせたい職業では「医療職」が人気を集めた。(2022/4/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。