• 関連の記事

「社会問題」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社会問題」に関する情報が集まったページです。

ドコモグループが「カスタマーハラスメントに対する基本方針」を策定 不当性や不相当な要求に「毅然とした対応」を実施
NTTドコモが、主要子会社(NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェア)と共同で「カスタマーハラスメントに対する基本方針」を策定し、公開した。昨今社会問題化している「カスタマーハラスメント(カスハラ)」に対する対応を事前に示すことで、従業員の保護と顧客への注意喚起を行った形だ。(2024/7/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
中小企業は「もう不要なのか」 “人手不足スパイラル”で深刻化する、企業規模格差
「人手不足倒産」が相次いでいます。価格転嫁ができない、人手が欲しいのに雇えない、長時間労働はさせられない……“人手不足スパイラル”の中で苦しむ中小企業が多い中、大手企業では賃上げが進み、企業規模格差の深刻さは年々深まるばかりです。中小企業の未来、そして中小企業を買いたたく大企業が見落としていることとは――?(2024/7/12)

SIEMのマネージドサービスが重要な理由
セキュリティ課題を解決するSIEM 最大限に活用するためのソリューションとは
サイバー攻撃で侵入されてから横展開が終わるまでの時間は短くなる一方だ。防御側はそれまでに対応しなければならない。脅威を自動検出できるSIEMはこの速度に対応できるのだろうか。自社対応が難しい場合はどうすればよいのだろうか。(2024/7/2)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「原稿読み上げプレゼン」は機械に任せた方が合理的?
さまざまな観点で検証は必要ですが、今後広まっていく可能性も秘めています(2024/7/1)

航空業界のカスハラ、全日空と日航が手を組む 「現場の体感としては増えている」
全日本空輸(ANA)と日本航空は28日、社会問題化するカスタマーハラスメント(カスハラ)の対策方針を共同で策定したと発表した。カスハラを受けた社員の離職が相次ぐ中、正当なクレームとの線引きが難しいカスハラの定義や該当行為を明確にして対策を講じ、迷惑行為に厳しく対応する。(2024/6/29)

グッドパッチとUXの話をしようか:
無印良品の「リユース商品」じわり人気 従来店舗とは異なるユーザー体験がカギ
リユース品に注目した「リユース消費」の人気がじわじわ高まっています。良品計画やスターバックス、ユニクロなども取り組んでいます。その中でも無印良品の「リユース商品」に注目して、その人気の兆しを分析していきます。(2024/6/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
「KADOKAWA」「ニコ動」へのサイバー攻撃、犯人と交渉中の暴露報道は“正しい”ことなのか
KADOKAWAグループのニコニコ動画などがランサムウェア攻撃を受けた事件について、NewsPicksが交渉内容を暴露する記事を出した。交渉中のタイミングで報じることは、企業の判断や行動を制限しかねない。対策にめどが立った段階まで待つべきではないだろうか。(2024/6/26)

「AI菓子職人」を全国に派遣 神戸の100年企業が起こした「お菓子作り」のDX
神戸市の老舗菓子企業「ユーハイム」は業界でもあまり例がない、菓子の生産にAIを導入している。河本英雄社長に背景を語ってもらった。(2024/6/20)

アイ・オー、Ubuntu搭載のミニPCやNASなど発売 Ubuntu開発元の英Canonical社とライセンス締結
アイ・オー・データ機器がUbuntu Linuxなどを手掛ける英CanonicalとUbuntuのライセンス契約を締結した。Ubuntu搭載の機器やライセンス販売などを日本国内で提供する。(2024/6/19)

深刻な状況:
「ガンプラ」人気が続く 生産数は増やしているのに、なぜ品薄になるのか
アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する人型兵器「モビルスーツ」のプラモデル(ガンプラ)の品薄が続いている。製造・販売するバンダイスピリッツはここ数年、年10%目標を掲げて生産能力増強を続けてきたが、需要増に追いつかず、社会問題化した1980年代以来ともいえる深刻な状況だ。(2024/6/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
「クラウド→AI PC」時代に台頭するのは? NVIDIAとの協業で注目が集まる企業
台湾で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2024」で、日本に本社を置くトレンドマイクロと米NVIDIAのAIサイバーセキュリティ分野での共同開発が発表された。企業でもAIの導入が進む中、遅れていた「AIのサイバーセキュリティ」をリードする取り組みに期待したい。(2024/6/14)

深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
第42回は保護子猫ちゃんです。(2024/6/14)

「漫画村」元運営者、17億円超の賠償金捻出する策を実行へ 開示請求書類の山示し「誹謗中傷してきた奴全員訴える」
誹謗中傷投稿者からの和解金を充てる考え。(2024/6/7)

カスハラ被害が多い職種は? カスハラ経験と離職の関係
パーソル総合研究所は「カスタマーハラスメントに関する定量調査」を行った。顧客折衝があるサービス職のうち、35.5%が過去に顧客からのカスハラ・嫌がらせを受けた経験があると答えた。(2024/6/6)

空き家の外部不経済に関するセミナー(前編):
産学官の専門家が提唱「人口減時代に増え続ける“空き家”への経済的視点での有効策」
全国的に空き家問題が深刻化している。空き家の数は一貫して増え続け、今後は少子高齢化に伴い世帯数の減少が本格化し、勢いはさらに増すとみられる。地域に空き家が増えることは所有者だけでなく、治安や防災面の不安などさまざまな悪影響を及ぼす。空き家問題に取り組む産学官の団体「全国空き家対策コンソーシアム」が主催したセミナーで、専門家らが経済の観点から空き家問題を分析し、解決に向けたアプローチをレクチャーした。(2024/6/5)

いしだ壱成、「聖者の行進」で共演した“かけがえのない存在”へ「愛してる」 “つらい時期”は「ずっと寄り添っていてくれました」
あらためて友情を確かめあった2人。(2024/6/5)

X、アダルトと暴力コンテンツを条件付きで許可するポリシーをひっそり公開
Xは、アダルトコンテンツと暴力コンテンツの投稿に関するポリシーを5月に公開していた。これまで明確に禁止していなかったが、新たなポリシーでは条件付きで公開を許可している。(2024/6/4)

渡り鳥の移動ルートを追ったら、何が分かった? LUSHの徹底した「リジェネラティブ」を読み解く
LUSHは2016年頃から、サステナブルの先にある「リジェネラティブ」(再生)に目を向けてきた。渡り鳥の移動ルートを追ったエピソードから、LUSHが徹底する「リジェネラティブ」を読み解いていく。(2024/5/31)

米人気司会者、先天性疾患と闘う7歳息子が3度目の心臓手術 「これが最後であってほしい」と切実な願いに共感続々
元気な笑顔がみられてよかった。(2024/5/30)

働き方の見取り図:
「あえて非正規」増加 ウラに潜む“由々しき問題”とは?
自ら望んで非正規を選ぶ「あえて非正規」が増えていると言われている。その裏にはさまざまな誤解があると筆者は指摘する。(2024/5/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は「デジタル小作人」のままでいいのか 海外クラウド“高依存”の不安
海外のデジタルサービスが普及したことで「デジタル赤字」が拡大している。ビジネスでは、多くの企業や自治体がAWS(アマゾンウェブサービス)を利用するなど、米国のクラウドサービスへの依存度が高まる。日本のテクノロジー企業の奮闘にも期待したい。(2024/5/24)

製造マネジメントニュース:
横浜ゴムがリスク評価ツールで天然ゴムのトレーサビリティーを向上
横浜ゴムは、米国のソリューションプロバイダーであるRubberWayのリスク評価ツール「RubberWay Geo-Mapping」を導入し、天然ゴムのトレーサビリティーを向上している。(2024/5/21)

企業姿勢が問われる:
なぜカスハラが増えているのか 2つの要因
カスハラは従業員の精神を蝕む。カスハラを放置すれば企業の存続を脅かすことになる。経営者はしっかりと認識すべきだ。(2024/5/17)

愛猫の“癖”を獣医師に相談したら「痛い思いをさせて直さないと」と言われ、不信感を抱き別の病院へ行くと…… セカンドオピニオンの神対応に感激
第42回は保護猫「りんご」くんです。(2024/5/17)

「土下座しろ!」「お客様は神様だろ!」 業界団体が「カスタマーハラスメント防止・啓蒙ポスター」を作成
オール日本スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、全国スーパーマーケット協会が、カスハラ防止を訴えるポスターを作製した。(2024/5/16)

スピン経済の歩き方:
なぜマックで“客への反撃”が増えているのか いまだ続ける「スマイル0円」との関係
マクドナルドの店員が客にブチギレしている様子の一部始終がSNSで拡散され、話題となっている。1月には迷惑客への対応で英雄視されたマッククルーもいたが、なぜこのような事態になっているのだろうか。(2024/5/15)

石川温のスマホ業界新聞:
ネットで被害が拡大する「なりすまし広告」――安心安全なインターネットは実現できないものなのか
昨今、Meta(旧Facebook)が運営する「Facebook」「Instagram」において、いわゆる「なりすまし広告」が大きな問題となっている。同社は対策をしているとするが、実効性は薄い。そういう意味では、自由度は低くなるものの「iモード」は公式サイトを使うと安全だったのだなと思う。安心・安全なインターネットは実現できるのだろうか。(2024/5/12)

KDDI高橋社長、SIM/eSIM不正再発行は「乗り換えの推進よりも非常に重要な課題」
KDDIの高橋誠社長は5月10日の決算会見で、SIM/eSIMの不正な再発行問題について言及した。これは、何者かが携帯電話の契約者本人になりすまし、SIM/eSIMの再発行手続きを行う、いわゆる「SIMスワップ」と呼ばれるもの。これまでにソフトバンクや楽天モバイルで同様の事例が発覚しており、業界全体での対策が求められている。(2024/5/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
「LINEのセキュリティ」は大問題 TikTokと同じ道をたどるのか
生活に欠かせないLINEを巡って、セキュリティの問題が指摘されている。2023年11月、日本人を含むユーザーの個人情報漏洩事件が発覚。これまでもセキュリティ意識の低さが問題を引き起こしてきた。日韓の企業が出資するLINEに、政府が資本の見直しを求める動きもある。(2024/5/10)

なかなか体重が増えない保護子猫に高カロリーフードを与え続けたら…… 約1年半後“マッチョ猫”への変貌に驚きが止まらない
第41回は保護猫「みたらし」くんです。(2024/5/10)

大学生の2割弱「SNSで怪しい求人勧誘受けた」 バイト選びに親が関与する割合も増加
SNSを通じてアルバイトを探した際に怪しい求人の勧誘を受けた大学生が16.6%いることが、就職やアルバイト情報の支援サービス事業などを行う「マイナビ」による「大学生アルバイト調査(2024年)」で分かった。(2024/5/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
生成AIで死者を“復活”させるビジネスは人を救うのか 指摘される懸念とは?
生成AIに画像や声などを学習させることで亡くなった人と対話できる、中国発のサービスが話題になっている。このようなサービスは世界各国で登場している。人々の心を癒やす効果がある一方、精神に害を及ぼす可能性や倫理的な問題も指摘されている。(2024/4/27)

空飛ぶクルマ・代替肉など、スタートアップ展示も 技術とアイデア集う「スシテック東京」開催 
東京都臨海部で国際イベント「SusHi Tech Tokyo 2024」(スシテック東京)が始まる。環境や少子高齢化などの社会問題を解決しながら持続可能な世の中を作っていこうと、世界中から技術やアイデアが集まる。期間中は「空飛ぶクルマ」のデモ飛行などが行われ、首都の未来を体感できる。(2024/4/26)

企業の2割以上が私用携帯を利用 業種別では「宿泊業・飲食店」が割合最多に――楽天モバイルが調査
楽天モバイルは、MMD研究所の調査データを元にした「プライベートスマホの業務利用実態」を発表した。日本企業の23.3%が私用携帯を業務利用し、とくに「宿泊業・飲食店」など、自営業が多いと予測される業種が上位となった。(2024/4/26)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
外資大手「日本に巨額投資ラッシュ」 マイクロソフトの4400億円、オラクルの1.2兆円は日本をどう変えるか
外資系IT大手が相次いで、国内にデータセンター向けの投資を実行すると発表している。この背景と、今後予想される流れについて解説する。(2024/4/26)

今日のリサーチ:
「気候危機」に対する理解 日本は米国の3分の1
SDGsプロジェクトはTBWA HAKUHODOのマーケティング戦略組織である65dB TOKYOと共同で、「気候危機」に対する日英米の生活者の意識・行動について、定量・定性調査から得られた生活者の声を分析し、行動変容を促すヒントをまとめました。(2024/4/25)

「漫画村」運営者に17億3600万円超の損害賠償支払い命令 運営者は「著作権侵害に当たらない」「時効完成」と主張も退けられる
弁護士「日本の著作権に関する損害訴訟においてはおそらく過去最高額」。(2024/4/18)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
テレビ業界のハードワークは、なぜ無くならないのか
この連載ではこれまで、主に映像・放送技術のDX化についてフォーカスしてきたが、そもそもDXとは、人の働き方改革とセットの話である。今回はテレビ業界の働き方について、DXによる働き方改革は起こりうるのかを考えてみたい。(2024/4/16)

散々渋ってきたのに……日本企業が「いまさら」賃上げに踏み切ったワケ
賃上げ競争とも言うべき状況が続いています。以前は賃金を「上げようと思えば上げられる」状態で、足踏みをしていたと考えられます。なぜ、企業は急に賃金を上げるようになったのでしょうか。(2024/4/16)

新SNSの技術とコミュニティーの未来を模索 「Bluesky」交流イベントの様子
新しいSNS「Bluesky」(ブルースカイ)のユーザーや開発者らによる交流イベント「Bluesky Meetup in Tokyo」(ブルースカイ ミートアップ イン トーキョー)が13日午後、東京・紀尾井町のLINEヤフー本社で開かれ、会場とオンラインで約200人が参加した。米ブルースカイ社の開発者、ジェロミー・ジョンソン氏が来日して登壇したほか、同社のジェイ・グレイバーCEOもオンラインで参加。来場者からの質問に答えたり、ゲストとパネルディスカッションを行ったりして議論を深めた。(2024/4/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国系企業が日本の“再エネビジネス”に食い込む 「透かし騒動」から見る実態
政府の再生可能エネルギー関係の会議資料に、中国企業のロゴマークの透かしが入っていたことで騒ぎとなった。これはミスだったようだが、中国系の企業が日本の太陽光発電事業に入り込んでいることは事実。FIT制度を利用して多額の収入を得ることが狙いだ。(2024/4/12)

著名人の“ニセ広告”、総務省が対策検討 「プラットフォーム事業者に適正な対応」求める
松本剛明総務大臣は、4月9日の定例会見にてSNSなどで拡散されている著名人を使った偽の詐欺広告について、対策を検討中であることを明かした。(2024/4/9)

映画「Winny」、アマプラ見放題に登場
Winny事件を題材にした映画「Winny」が、4月3日からAmazonプライムビデオの見放題コンテンツに登場している。(2024/4/3)

スピン経済の歩き方:
物流2024年問題で叫ばれる「多重下請撤廃」 それでも“水屋”がなくならないワケ
物流の「2024年問題」がいよいよ本格化していく。全日本トラック協会が「多重下請構造」について「2次下請までと制限すべき」と提言しているが、筆者はそう簡単になくならないと考えている。なぜかというと……。(2024/4/3)

Q&A:
今でも「COBOL」を使うエンジニア、採用側に需要はあるか?
レガシーな環境で開発に携わるエンジニアの、今後のキャリアは――。(2024/3/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
欧米で警戒されるロシア製ソフト、日本政府が使用していた どんなリスクがあるのか
日本の中央省庁などの公的機関が、欧米で警戒されているロシア製ソフトウェアを使用していることが分かった。日本各地の国土情報や、港湾などの施設情報が国外に漏れる可能性もある。リスクを放置せずにしっかりと対応するべきだ。(2024/3/29)

地場ゼネコンのDX:
「建設業のICT投資は今が好機」と語る、インフラDX大賞を受賞した地場ゼネコン「金杉建設」が抱く危機感とは
埼玉県に本社を置く地場ゼネコンの金杉建設は、ドローンや3Dスキャナー、ICT建機などのデジタル技術に早期に着目し、2015年から施工現場への積極的な導入と内製化を進めてきた。2023年2月には、その取り組みが評価され、「インフラDX大賞」の国土交通大臣省を受賞。これまでの挑戦とデジタル技術活用にかける思いについて、金杉建設 代表取締役社長 吉川祐介氏に聞いた。(2024/3/28)

トーンモバイルがドコモのスマホ94機種で利用可能に 「TONE IN」の狙いとは
トーンモバイルを利用可能なスマートフォンを限定せず、他の端末へも展開していくTONE IN戦略。その第1弾の具体的な内容が発表された。専用SIMはドコモが2021年以降に取り扱っている、または発売した端末で動作する。(2024/3/22)

著名人を騙った投資詐欺に注意 画像や名前を無断で使用し注目集まる広告など
「必ず稼げる」などという甘い話はない。(2024/3/19)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
裏ワザ的「初任給40万円」が、会社を弱体化させかねないワケ
アパレルブランドを運営するTOKYO BASEは、3月12日に初任給を一律で40万円に引き上げることを発表した。しかし、80時間文の固定残業だが含まれる額だという。就労条件に対するリテラシーが乏しい新卒者に向けて額面のみを強調する同社の姿勢には、危うさを覚えざるを得ない。(2024/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。