• 関連の記事

「Siri」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Siri」に関する情報が集まったページです。

xR:
Apple Vision Pro用のBoxアプリ提供開始 図面や画像、3Dモデルをシームレスに共有
Boxは、Apple Vision Pro用のBoxアプリをリリースした。Boxに保存されている設計図や画像を開き、異なるプロジェクト関係者と仮想の現場を訪れ、場所を問わずに情報共有が可能になる。(2024/2/19)

つらい花粉症を和らげる秘訣は「対流花粉」対策――石井正則医師が伝える空気清浄機と床掃除の重要性
花粉症シーズンがやってきた。最近では、屋内外問わず「つらい」と感じる人が増えている。飛散量が例年並みと予想されている今シーズンをどのように乗り切ればよいだろうか。アイロボットジャパンの「住環境における花粉対策 メディア向けセミナー」でゲストスピーカーを務めた石井正則医師(耳鼻咽喉科)の話を聞いてみよう。(2024/2/8)

Amazon特選タイムセール祭り:
夢の全自動ロボット掃除機が20万円切り! 最大35%もお得にクリーンな環境を手に入れよう
Amazon特選タイムセール祭りの先行セールに、ロボット掃除機を手掛けるドリーミーテクノロジージャパンが参戦している。セール対象品はもちろんロボット掃除機だ。事前片付け、モップの水洗い、ゴミの収集不要な全自動タイプもお得に買える。(2024/1/29)

Apple Vision Pro、重さは600g〜650g トラベルケースなどアクセサリーも発売
Appleは、空間コンピューティングヘッドセット「Apple Vision Pro」の米国での予約を開始した。本体の重さが600g〜650gであることや、トラベルケースなどのアクセサリーが明らかになった。(2024/1/20)

MONOist 2024年展望:
生成AIで変わる自動車のAIアシスタント、SDVの布石としての役割も
ドライバーを理解し、的確にサポートするAIアシスタント。定番ともいえるコンセプトで、まだ実現しきれていない部分も残っていますが、2024年の今、リアリティーを持って改めて提案されています。(2024/1/18)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
「作るAI」と「使うAI」に 日本オラクル社長に聞く「生成AIで起こる2つの加速」
2024年を「エンタープライズ向け生成AI元年」と位置付けている日本オラクル。生成AIが今年どのように飛躍するのか、三澤智光社長に聞いた。(2024/1/15)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ車に潜む「ファントムブレーキ」という“幻影” オーナーが実際に体験した一部始終
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、関越道で自動緊急ブレーキを食らった話、Teslaの自動運転、「Hey Siri」でModel 3を操作する、といった3件のネタを取り上げます。(2023/12/17)

Apple Musicの「Voice Plan」、提供開始から2年で終了 月額480円でSiriを介した音楽再生
Appleはサブスクリプションサービス「Apple Music」で最も安いプラン「Apple Music Voice Plan」の提供を終了した。同プランは音声アシスタントの「Siri」を介した操作に対応する。Appleが2021年12月14日から月額480円(税込み、以下同)で提供していたが、わずか2年で終了したことになる。(2023/11/2)

「Apple Music Voice」、11月にひっそり終了 Siriで利用する最安月額480円プラン
Appleは、「Apple Music」の最安プラン「Apple Music Voice Plan」の提供を終了した。Siriでの音声でのみ音楽を再生できる、月額480円の最安プランだった。(2023/11/2)

Siriを使って子どもを寝かしつけようとしたら裏切られた 意外な反応に「最高」「まさかのいいえ」
なんてこったい……。(2023/11/2)

iOS 17で本領発揮のスタンバイ機能を実際に試して分かったこと “話題のスタンド”が便利なワケ
Appleから新しいOS「iOS 17」が登場し、新たにスタンバイ機能が提供された。充電中のiPhoneを有効活用する本機能を、“あのスタンド”を使ってスタイリッシュに利用してみて分かったことをまとめた。(2023/9/26)

ロフトはやめとけおじさん「ロフトはやめとけ」 アパートのロフトに憧れる娘に現実を突きつける漫画に反響
ロフトって見てる分にはカッコよくて良いんですけどね。(2023/9/26)

スマートスピーカーに生成AI、Amazonが先行 会話を記憶、ボディランゲージやアイコンタクトも理解
米Amazonが、同社の音声アシスタント「Alexa」に生成AIを搭載する。これにより、継続した会話の他、会話の記憶や各家庭向けのパーソナライズも可能になるという。まずは米国のユーザー向けに今後数カ月以内に提供を始める。(2023/9/21)

Series 9はマイナーバージョンアップか?:
新型「Apple Watch」に秘められた“大きな飛躍” 実機に触れて分かった、スペックに現れない進化
Apple Watchシリーズの新モデル「Apple Watch Ultra 2」と、「Apple Watch Series 9」が発売される。それらの実機を見て感じたことを、林信行氏がまとめた。(2023/9/20)

「tvOS 17」提供開始、Apple TVでFaceTimeが利用可能に
Appleは、9月18日にApple TV向けOS「tvOS 17」を提供開始。Apple TV 4KでFaceTimeが利用可能になり、iPhoneのコントロールセンター内でApple TVリモコンを起動してSiri Remote(第2世代以降)を探せるようになる。(2023/9/19)

19日から配信、「iOS 17」の注目機能をおさらい 通話やメールがより便利に
iPhone向けの最新OS「iOS 17」が、日本時間9月19日に配信されるので、その内容をおさらい。ユーザーが自分を表現する方法として連絡先ポスターのパーソナライズ機能が追加される。連絡先を交換できる「NameDrop」や、時計や写真を表示できる「スタンバイ」機能も利用できる。(2023/9/18)

実機に触れて分かった「iPhone 15 Pro」の美しさ 新しいApple Watchはカーボンニュートラルで製造業の歴史に名を刻む
Appleのスペシャルイベントでは、iPhone 15シリーズや新型Apple Watchシリーズなどの新製品も多数紹介されたが、その先の取り組みを見据えた同社の進ちょくが、大胆にアピールされた。林信行氏が会場で感じたことをまとめた。(2023/9/14)

Apple Watchに「Series 9」「Ultra 2」登場 画面に触れずに“指で操作”できる新機能も
米Appleは9月12日(現地時間)、新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 9」「Apple Watch Ultra 2」を発表した。(2023/9/13)

「Apple Watch Series 9」発表 新チップで処理性能アップ、新ジェスチャーや新色ピンクを追加 「Ultra 2」はさらに明るいディスプレイに
Appleが新しい「Apple Watch Series 9」「Apple Watch Ultra 2」を発表した。(2023/9/13)

これぞプロの演技! 実写「ONE PIECE」日本語吹き替え予告PVを公開、声優の演技にファンも絶賛
配信日は8月31日、Netflix独占公開です!(2023/8/26)

「ONE PIECE」実写版に「スマートウォッチを着けたモブ」が発見され話題に 「Hey Siri、ラフテルまでの道を教えて」
おそらくうっかり紛れ込んでしまったのだろうけれど、「そういうログポース」だったら楽しいかも。(2023/7/29)

石野純也のMobile Eye:
iOS 17のパブリックβ版を試す 「連絡先ポスター」が楽しく便利、PDF編集機能の強化も
7月13日から利用可能になったiOS 17のパブリックβ版を試した。新機能の「連絡先ポスター」を使うと、ビジュアルに凝った自らの連絡先を作り、共有することが可能になる。また、PDFの編集機能が強化されたり、ウィジェットが多機能化したりと、使い勝手を上げるような進化も遂げている。(2023/7/15)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Matter対応で何が変わった? 実売3980円のスマートリモコン「Nature Remo nano」を試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。国内メーカーでは初となるMatter規格対応のスマートリモコン「Nature Remo nano」を試した。(2023/7/14)

Amazonプライムデー:
消費電力が気になる人は要チェック!──ホームエネルギーマネジメントシステム「Nature Remo E」などが最大27%オフ
Amazonがビッグセール「Amazonプライムデー」の先行セールを7月9日にスタートした。スマートリモコンを手がけるNatureは、次世代HEMSの「Nature Remo E」やスマートリモコンなどを出品している。(2023/7/9)

EchoやAlexaがスマートホーム共通規格「Matter」に対応するとどうなる? Amazonが説明
アマゾンジャパンが、AlexaやMatterに関する取り組みを説明するイベントを開催した。業界共通のスマートデバイス規格として期待を集めるMatterだが、AlexaやEchoシリーズが同規格に対応すると、どんなメリットがあるのだろうか?(2023/7/5)

3つのキーワードで読み解く! 「WWDC23」から見えた2024年のAppleプラットフォーム
2023年5月に開催されたAppleの「WWDC23」。話題は「初の空間コンピュータ」として発表された「Apple Vision Pro」に行きがちだが、Appleのプラットフォームを支える、既存OSのバージョンアップも見逃せないポイントが多い。(2023/7/4)

iOS版「ChatGPT」アプリはブラウザ版と何が違う? 便利だと感じた機能はコレ
5月末から日本でもiOS向け「ChatGPT」アプリが利用可能になりました。基本的な機能や使い勝手はWebと変わりませんが、オープンソースの音声認識システム「Whisper」による音声入力に対応しているのが大きな違いです。もう1つ。便利な機能があります。(2023/6/19)

Dreame、ハイエンド仕様のロボット掃除機「DreameBot L10s Ultra」など6製品を投入
Dreame Technology Japanは、ハイエンド仕様のロボット掃除機「DreameBot L10s Ultra」など計6製品の国内投入を発表した。(2023/6/16)

iOS版ChatGPTアプリがiPadでも利用可能に Siriのショートカットにも対応
iOS版ChatGPTアプリがアップデート。iPadでも利用可能になった他、2つの新機能が追加された。(2023/6/9)

対話システムの歴史から見たChatGPT(1):
ChatGPTはこれまでの対話システムと何が違う? 対話システムの歴史を探る
ChatGPTを対話システムと見なし、これまでの対話システムで用いられてきた技術との違いを整理しながら、どのようにして人間のような自然で流ちょうな対話が実現できているのかを解説する本連載。第1回は、ChatGPTの対話例を示しながらその特徴を俯瞰(ふかん)し、対話システムの歴史の概観を探る。(2023/6/19)

人気端末:
「iPhone 8」は「iOS 17」対象外 中古の売れ筋は変わる? 専門家の見解は
米アップルが「iOS 17」を公開。今秋の正式リリースを予定する中、新機能に加え、新iOSの対応機種にも注目が集まっている。ネット上では中古市場で人気が高い「iPhone 8」が対応機種から外れたことが話題となっている。(2023/6/7)

石野純也のMobile Eye:
“携帯電話の基本”が磨き上げられた「iOS 17」 ただし日本語対応には課題も
今秋リリースのiOS 17は、携帯電話の基本ともいえる「電話」や「メッセージ」の機能改善が主なトピック。「iOS 14」で導入されたウィジェットも、より多機能になる。ただし日本語対応の面では課題も残っている。(2023/6/7)

ふぉーんなハナシ:
iOS 17では「Hey」なしでSiriを起動可能に 一方で”誤反応”を心配する声も
iOS 17では「Hey」を付けず「Siri」だけでも呼び出せるようになります。人前で「Hey」と呼ぶことに抵抗がある人には朗報でしょう。一方で、「誤反応しそう」という声も挙がっています。(2023/6/6)

「iPadOS 17」発表 ロック画面を刷新、PDF編集機能の強化も
Appleは6日、「iPadOS 17」を発表した。正式版は今秋に配信される。PDF編集機能の強化や、ロック画面のウィジェット対応、ヘルスケアアプリのiPadでの提供などの新機能が含まれる。(2023/6/6)

「iOS 17」発表 iPhone同士を近づけると連絡先交換できる「NameDrop」 Siriは“Hey”不要に
米Appleは6月5日(現地時間)、iOSの最新版「iOS 17」を2023年秋に提供すると発表した。自身のビジュアルイメージと連絡先をひも付けた「連絡先ポスター」、iPhone同士を近づけると連絡先交換できる「NameDrop」、日記機能「ジャーナル」、iPhoneをスマートディスプレイ化する「スタンバイ」などが追加された。(2023/6/6)

「tvOS 17」発表 Apple TV 4KでFaceTimeやビデオ会議が利用可能に
米Appleが6月5日(現地時間)、Apple TV向けの最新OS「tvOS 17」を発表した。tvOS 17では、新たにFaceTimeが利用可能になり、テレビの大画面でビデオ電話を楽しめる。2023年後半に、Cisco WebexやZoomなどのビデオ会議アプリがtvOS向けに提供される。(2023/6/6)

「iOS 17」発表 電話/メッセージアプリが進化、AirDropで連絡先を共有可能に
AppleがWWDC23で「iOS 17」を発表した。iOS 17では「電話」「FaceTime」「メッセージ」アプリに大きなアップデートを加える。Air Drop機能を活用して、電話番号やメールアドレスの共有も可能になる。(2023/6/6)

さようならCortana──Copilot登場でMicrosoftがサポート終了へ
MicrosoftはWindowsでのCortanaのサポートを年内に終了する。Cortanaは2014年登場のパーソナルアシスタントだ。Microsoftは「新しいBing」や「Copilot」など、Cortanaに取って代わるアシスタント機能を追加している。(2023/6/4)

松尾公也のAppleWIRE:
「ChatGPT」アプリの登場で“生成AIとSiriの関係”はどう変わる? AppleのAI戦略を予想する
間近に迫ったWWDC23に何を期待するか? 多くの人はApple製HMDと答えるだろうが、筆者は新たなAI戦略に期待する。WWDCで発表されるであろうiPhoneの次期OSであるiOS 17では、大規模言語モデル(LLM)が何らかの形で使えるようになるのではないか。(2023/6/3)

Beats、ワイヤレスイヤフォンに“透明”な新作 ノイキャン性能1.6倍 2万4800円
米Apple傘下のBeatsが、ノイズキャンセリングに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「Beats Studio Buds +」を発表した。価格は2万4800円。Apple Online Storeで6月12日午後4時、13日よりApple Storeや正規販売店にて発売する。(2023/5/18)

林信行の「テクノロジーが変える未来への歩み」:
Appleの最新アクセシビリティー機能にみるインクルーシブな試み
テクノロジーが困っている人を助け、そして新たな発展へと結びつく――林信行氏が、ITメーカー各社のインクルーシブな試みを取り上げていく連載、第2弾はAppleを取り上げます。(2023/5/18)

スマホの地図アプリがカーナビに早変わり ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」を試す
スマートフォンを車内で使用したい人にとって、簡単に後付けできる「ヘッドアップディスプレイ」(HUD)は魅力的なアイテムだ。今回はネオトーキョーが2022年7月に発売した「HUD-2023」を使い、iPhoneをCarPlay経由で接続してナビゲーションを試してみた。(2023/5/16)

「ChatGPT」と「Bard」はどう違うのか【中編】
いまさら聞けない「ChatGPT」と“有力ライバル”「Bard」の基礎知識
ジェネレーティブAI(生成型AI)の中でも、特にベンダーの動きが活発なのがAIチャットbotだ。その代表格であるOpenAIの「ChatGPT」と、Googleの「Bard」とは何者なのか。それぞれの基本的な特徴を整理しよう。(2023/4/26)

グッドパッチとUXの話をしようか:
2カ月で1億人が使った「ChatGPT」 なぜここまで流行ったのか、UX観点から解説
今、AIに関する最もホットな話題である「ChatGPT」は2カ月で1億人が利用したモンスターサービスだ。なぜここまで流行ったのか、UXの観点で考えるとおもしろいことが分かってきた。(2023/4/24)

「AirPods(第2世代)」「AirPods Pro(整備済品)」が5%〜14%オフ:AmazonのGWセール
Amazonが4月22日から4月25日まで実施しているGWセールで、Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods(第2世代)」と「AirPods Pro(第1世代、整備済品)」がセール価格となっている。(2023/4/22)

ChatGPTに聞いてみた:
ChatGPTが答えた「ワクワクするスマートフォン」に納得の理由
スマートフォンが成熟して日常生活で当たり前の道具になった今、新機種に驚きを感じる機会は減っているように思います。その理由について、ChatGPTはどう言語化してくれるのでしょうか。また、ChatGPTにとってワクワクするスマートフォンについても聞いてみました。(2023/4/21)

Apple、「iOS 16.4.1」配信 「悪用された可能性がある」脆弱性にも対処
AppleはiPhone向けに「iOS 16.4.1」の配信を開始した。2件のバグ修正と2件の脆弱性修正が行われる。脆弱性は「悪用された可能性がある」ものだ。(2023/4/8)

デジタル耳せんなど4モードを備えたワイヤレスイヤフォン エレコムから7979円で発売
エレコムは、4月上旬にワイヤレスBluetoothヘッドフォンを発売。アクティブノイズキャンセリング、デジタル耳せん、低遅延、外音の4モードを搭載し、音質劣化の少ないAACコーデックに対応する。(2023/4/4)

Innovative Tech:
YouTubeで“聞こえない音”を流し、スマホを遠隔操作する攻撃 音声アシスタント機能を悪用
米テキサス大学サンアントニオ校と米コロラド大学コロラドスプリングス校に所属する研究者らは、スマートフォンやスマートスピーカーの音声アシスタント(Siri、Google Assistant、Alexa、Cortana)に対する不可聴攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/3/29)

小寺信良のIT大作戦:
「新しいBing×音声認識」で感じた“検索新時代” スマートスピーカーはもう古い
Microsoftのブラウザ「Edge」にAIを搭載した「新しいBing」が搭載されたことで、ブラウザをEgdeに乗り換える人もそこそこあったのではないだろうか。筆者もAI搭載のBingを使ってみたい一心で、ChromeからEdgeに乗り換えてみたところだ。(2023/3/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。