• 関連の記事

「売却」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売却」に関する情報が集まったページです。

製造業がサービス業となる日:
株式売却も日立との技術連携深める日立建機、DX基盤の構築で国内営業の革新へ
日立建機と日立製作所は、日立建機がグローバルで展開する事業のDXを加速するための「DX基盤」を構築したと発表。その活用の第1弾となるのが、日立建機傘下で国内の建設機械の販売や部品・サービス事業などを担う日立建機日本の販売、サービス、レンタル、中古車の各担当者を対象に運用を始める「営業支援アプリ」である。(2022/1/21)

家電メーカー進化論:
脱東芝の「レグザ」、国内トップシェア争いまでの復活劇
2006年に東芝の薄型テレビブランドとして誕生した「REGZA」は、高画質や多機能で高い支持を集めた人気ブランド。しかし15年頃からの不正会計疑惑により、テレビ事業は18年に中国のハイセンスグループに売却。激動を乗り越えてきた「REGZA」のこれまでと今後について、TVS REGZA 営業本部の2人に話を聞いた。(2022/1/18)

ドコモ、「kikitoデバイスガイド」を提供 購入先や売却先、取説などが分かる
NTTドコモは、無料アプリ「kikitoデバイスガイド」を提供開始。30万以上のデバイスの取扱説明書をはじめ、便利な使い方、対応デバイスや関連サービス、不要になったデバイスの売却先などを確認できる。(2022/1/17)

業務情報、フリマで流出 退職者がHDD売却 情報セキュリティのラックが謝罪
ラックは、同社の社内ビジネス文書が保存されたHDDがフリーマーケットに出品され、購入者に情報が流出したと発表した。HDDは回収済みで、情報の拡散はない。(2022/1/14)

SK hynix、SDD子会社「Solidigm」を発足:
Intel、SK hynixへのNAND事業売却の第1段階を完了
IntelとSK hynixは、SK hynixによるIntelのNANDおよびSSD事業買収の第1段階が完了したと発表した。これを受け、SK hynixはIntelに70億米ドルを支払う。(2022/1/12)

Twitter、モバイル広告MoPubの10.5億ドルでの売却を完了
Twitterは、モバイル広告企業MoPubの売却を1月1日に完了したと発表した。売却総額は10億5000万ドル(約121億円)。これにより「主要分野でより速い成長を実現し、製品開発を加速する」。(2022/1/4)

フードデリバリー「foodpanda」、日本撤退 理由は「競合他社の増加や配達員不足」
フードデリバリーサービス「foodpanda」を手掛ける、ドイツのDelivery Heroは、日本での事業を売却すると発表した。売却の理由は「グループ内の他の成長優先事項に注力するため」としており、2022年第1四半期内に売却する予定。(2021/12/23)

イーロン・マスク氏、「今年は110億ドル納税」とツイート
Teslaのイーロン・マスクCEOは、2021年に110億ドル以上納税するとツイートした。同氏は11月から大量のTeslaの持ち株を売却している。(2021/12/21)

スピン経済の歩き方:
ブリヂストン「中国企業への事業売却」を叩くムードが、日本の衰退につながったワケ
ブリヂストンが大規模なリストラを明らかにした。中国企業に「防振ゴム事業」を売却することに対し、批判の声が高まっているが、こうしたムードが強まるとどういったことが起きるのか。筆者の窪田氏は「日本を衰退させるという皮肉な現実がある」と指摘する。どういう意味かというと……。(2021/12/21)

正式発表:
オリックス、弥生を売却へ 業界再編などを見据えた「ダイナミックな成長」目指す
オリックスが、会計ソフトで知られる弥生の売却を発表。会計・業務ソフト会社への投資実績があるKKRに、弥生の全株式を譲渡する。背景には、社会のデジタル化やSaaSの浸透など、事業環境の変化があるようだ。(2021/12/17)

新型特急やお得切符…鉄道各社のトンネル脱出策
新型コロナウイルス禍の人流抑制で打撃を受けていた鉄道各社が、誘客促進に動き出している。緊急事態宣言が解除され、新型観光特急の導入や、乗り放題切符などのキャンペーンが各社から相次いで発表された。鉄道業界は昨年から厳しい業績が続き、経費削減や資産売却で糊口をしのいできた。足元ではコロナの新たな変異株「オミクロン株」の脅威が出ているものの、ようやく「稼ぐ」方向でも力を入れられるようになったことで、長いトンネルに光が差してきている。(2021/12/13)

Meta(旧Facebook)に対し、英競争規制当局がGIFアニメのGIPHY売却を指示
英競争規制当局のCMAは、Meta(旧Facebook)に対し、2020年に買収したGIPHYの売却を指示した。この取引がユーザーと広告主に害を及ぼす可能性があるため。Metaは控訴を検討している。(2021/12/1)

行政区は「世田谷区」が1位:
保育園に入りにくい駅ランキング ワースト3となった駅は?
スタイルアクトが、運営する分譲マンション購入・売却検討者のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」にて、東京23区2022年度入園版の保育園に入りにくい駅ランキングを発表した。(2021/11/29)

2023年度下期までを目標に:
東芝が3社に分割へ、デバイスとインフラサービスを分離
東芝は2021年11月12日、東芝本体からデバイスとインフラサービスの両事業をそれぞれ分離し、計3つの独立会社に分割する方針を発表した。東芝本体は東芝テックとキオクシアホールディングスの株式を管理する会社となるが、キオクシアの株式については、約40%保有する全株を売却する予定だ。同社は2023年度下期までに2つの新会社の独立および上場完了を目標としている。(2021/11/15)

不動産テック:
全国6000社が参加する不動産仲介オークション・サービス「ステップオークション」を本格導入、住友不動産販売
住友不動産販売は、全国6000社以上の登録宅建業者が一斉に参加する不動産仲介のオークションサービスを開始した。不動産の売却で、これまで煩雑だった複数宅建業者との条件交渉が専用システムにより、入札方式で一元化されるため、ワンストップでの売買契約が行えるようになる。(2021/11/11)

TeslaのマスクCEO、Twitter投票結果を受けTeslaの数十億ドル相当の株売却開始
Teslaのイーロン・マスクCEOが11月8日から自社株を売却し始めた。これまでに数百万株、少なくとも50億ドル相当を手放した。同氏は6日、株式を売るべきかどうかTwitterでアンケートを投稿し、その結果は「売るべき」だった。(2021/11/11)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国人の不動産爆買い復活の兆し〜大江戸温泉売却案浮上、投資家9割「日本に行きたい」
中国不動産大手・恒大集団が債務危機に陥り、中国経済や景気への影響が懸念されている。大江戸温泉物語が中国企業と売却交渉しているとの報道が出るなど、観光業界の回復を見込んだ動きもある。中国の不動産市場の先行きと日本市場への影響を、中華圏で日本不動産を紹介するプラットフォームを運営する趙潔社長に聞いた。(2021/10/21)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「40施設を売却」と報じられたプリンスホテルは“崖っぷち”なのか 現執行役員が語った生き残り策とは
プリンスホテルが進めてきたブランド戦略。3ブランド展開と共に進めたのがエリア体制だ。プリンスホテルの売却で何が変わるのだろうか。(2021/10/8)

車買取会社の満足度調査 3位「カーセブン」、2位「アップル」、1位は?
調査対象は、過去5年以内に自身の車を中古車買取会社に売却した20〜84歳、6990人。(2021/10/6)

「肉の万世」秋葉原本店ビルが売却に ネットで動揺広がるも「営業は継続」
情勢は厳しいようです。(2021/9/15)

2020年度の中古スマホ販売台数は185万台に増加、SIMロック禁止も追い風に
MM総研が9月14日に、中古スマートフォンの国内市場についての調査結果を発表した。「2025年に中古スマホの取引市場は268万台に拡大する」と予測している一方で、アンケートでは約40%が直前に利用した端末を家に保管すると答え、下取りサービスの利用が約80%、中古ショップへの売却も7%程度にとどまった。(2021/9/14)

オリコン調べ:
満足度の高い不動産仲介 「住友林業ホームサービス」が3部門で1位 理由は?
oricon ME(東京都港区)は、「不動産仲介 売却/購入」についての満足度調査を実施した。(2021/9/6)

工場ニュース:
ルネサス、滋賀工場の生産を停止し不動産会社に売却
ルネサス エレクトロニクスは2021年8月27日、100%子会社であるルネサス セミコンダクタマニュファクチュアリングの滋賀工場(滋賀県大津市)を、同年8月31日付で集約し土地をアーク不動産に売却すると発表した。(2021/8/31)

産業動向:
売れずに困っている空き家を処分「不動産有料引き取りSOS」
EINZは、売却が困難である空き地・空き家を対象とした有料処分サービス「不動産有料引き取りSOS」の提供を2021年7月12日に開始した。同社が不動産を買い取った後、最短3日で処分される。(2021/8/27)

Amazon、マーケットプレイスの返品や売れ残りを再活用する2つのプログラム
6月に英国で売れ残り商品を大量に破壊していると報じられたAmazonが、マーケットプレイスの返品や売れ残りを再活用するためのプログラムを発表した。販売業者はAmazonを介して売れ残りや返品を第三者に売却したり、Amazon上で中古品として再販したりできる。(2021/8/5)

ポケモンカードがフリマサイトで売却後に高騰→あとから代金に卵が上乗せされた ほのぼの展開が「平和すぎる世界」と話題に
ちょっと昔話みたいな現代の話。(2021/7/17)

Googleが日本のスマホ決済に参入へ メタップスら3社がpringの全保有株売却を発表
モバイル決済サービス「pring」を手掛けるpring社(東京都港区)の主要株主であるメタップスなど3社が7月13日、保有する全株式を米Googleに対し売却すると発表した。(2021/7/13)

コロナ打撃:
HIS、本社社屋を譲渡・貸借へ 325億円で売却
エイチ・アイ・エスが、本社社屋の譲渡と貸借(セール・アンド・リースバック)を取締役会で決議したと発表した。(2021/6/30)

正式発表:
電通、本社ビル売却へ 正式発表、譲渡益は約890億円
電通グループが、本社ビルの譲渡を検討していると発表。譲渡益は約890億円を見込む。(2021/6/29)

麻布十番に:
エイベックス、来年3月をめどに本社移転 サテライトオフィスも検討
エイベックスが、2022年3月をめどに本社を移転する。昨年12月、本社ビル「エイベックスビル」の売却を発表していた。(2021/6/26)

22年2月期第1四半期:
ココイチの壱番屋、純利益5倍 テークアウトで需要増、時短協力金などで増益
壱番屋の2022年2月期第1四半期(21年3月〜5月)連結業績は、純利益が前年同期比約5倍の12億5800万円だった。テークアウトの需要増に加え、補助金や投資有価証券の売却益もあり、増益につながった。(2021/6/25)

クイズDEドラマ:
身近な人物の裏切りに絶望 ドラマ「ドラゴン桜」学園売却計画もいよいよ大詰め、最終回に救世主現る?
やっぱりかー!(2021/6/22)

米Boston Dynamicsが韓国Hyundaiの傘下に SBG、保有株式の8割を売却
ソフトバンクグループ(SBG)は傘下のロボットメーカー米Boston Dynamicsの株式80%を韓国Hyundai Motor Groupに売却したと発表。残り20%の株式はSBGが引き続き保有する。(2021/6/21)

カスタム費用は約1億6500万円!? 「ドリフトの神様」ケン・ブロックの魔改造ピックアップ「フーニトラック」売却へ フォードの試作エンジンを搭載
天門山のクライムカーナはやばすぎた。(2021/6/18)

米下院司法委員会、GAFA規制の5法案を提出 企業分割や買収規制
16カ月にわたってGoogle、Apple、Facebook、Amazonを調査してきた米下院司法委員会が、これらのIT大手を規制する5本の法案を発表した。成立すれば、App Storeのルール見直しやGoogleによるYouTube売却を強いる可能性がある。(2021/6/12)

クイズDEドラマ:
黒幕は誰? 桜木に届いたメールに注目する視聴者 ドラマ「ドラゴン桜」東大模試の裏で展開される学園売却計画
どっちの展開も気になってまいりました。(2021/6/8)

家電メーカー進化論:
パナソニックの“スピード開発”を後押し、Shiftall 岩佐CEOに聞く(後編)
岩佐琢磨氏は、新卒入社したパナソニックを2008年に退社し、Cerevoを起業。その後設立したShiftallは、全株式をパナソニックへ売却し100%子会社となる。後編では、現在パナソニックで担っている役割、家電メーカーが生き残るために必要な取り組みなどについて、Shiftall 岩佐CEOに話を聞いた。(2021/5/28)

産業動向:
中高年層の住み替えなどに関する調査、66%が住み替え時に資産価値を意識
三井不動産リアルティは、インターネット上で、2015年4月1日以降に不動産を購入あるいは売却した45歳以上の1851人を対象に「中高年層の住み替えなどに関する調査」を実施した。リサーチの結果によれば、対象者の65.9%は住み替え時に物件の資産価値を意識していることが判明した。(2021/5/27)

家電メーカー進化論:
パナソニック“次の100年”のキーパーソン、Shiftall 岩佐CEOに聞く(前編)
パナソニックを2008年に退社して、Cerevoを起業した岩佐琢磨氏。しかし18年設立の子会社Shiftallは、全株式をパナソニックへ売却し100%子会社となった。パナソニック内部へ戻った目的、現在の役割に加え、家電メーカーが生き残っていくために必要な取り組みなどについて、前後編にてお届けする。(2021/5/27)

bitFlyer、Braveブラウザとの連携開始 広告閲覧で仮想通貨を取得
bitFlyerは5月13日、WebブラウザBrave向けに仮想通貨ウォレットを開発し、連携を開始した。Braveブラウザに配信される広告を閲覧すると付与される仮想通貨BATを、bitFlyerアカウントで受け取り、bitFlyerにて売却が行えるようになる。(2021/5/13)

IoTセキュリティ:
マカフィーはセキュリティのプラットフォーマーへ、法人部門は事業売却で独立
マカフィーが2021年の事業戦略を説明。これまでも重視してきた「デバイスからクラウドまでの保護」に「クラウドファースト」や「将来を見据えたセキュリティ運用の構築」を加えて、同社のセキュリティソリューション「MVISION」を、クラウド、ネットワーク、エンドポイントを全面で守るプラットフォームとして展開していく方針だ。(2021/5/13)

3年の刑期を終えて実家を訪ねるも誰もおらず…… ハラハラする展開の漫画に「ゾクっとした」
実家で出迎えたのは「売却済み」の看板と――。(2021/5/9)

Verizon、メディア部門をPEに50億ドルで売却 新企業名をYahooに
VerizonがYahoo!やAOL、Engadgetなどを擁するメディア部門をプライベートエクイティ(PE)のApolloに売却する。総額50億ドル。独立した部門はYahooという企業名になる。(2021/5/4)

製造マネジメントニュース:
日立の事業再編は日立金属売却でほぼ完了、2021年度はコロナ禍からV字回復へ
日立製作所が2020年度(2021年3月期)連結決算と2021年度の業績予想、2021年度までの中期経営計画の進捗状況について発表。日立金属の売却を決めたことで「事業ポートフォリオの変革は9割5分終わった」(日立 執行役社長 兼 CEOの東原敏昭氏)という。(2021/4/30)

トヨタ子会社、Lyftの自動運転車部門を5.5億ドルで買収
トヨタ子会社のウーブン・プラネットがLyftの自動運転部門「Level 5」を買収すると発表した。買収総額は約5億5000万ドル(約595億円)。数カ月前にはLyft競合のUberも自動運転部門をAurora Innovationに売却した。(2021/4/27)

SBI証券、カバードコールとプロテクティブプットの新商品
SBI証券は4月23日から、新たにデリバティブ商品の「貸株プラス」と「貸株ヘッジ」の提供を開始した。株式にオプションと呼ばれるデリバティブを組み合わせ、株価が変動しない場合にも収益を得られたり、株式を売却することなく株価下落による損失を防いだりできる。(2021/4/23)

スクエニ、買収報道にコメント 「提案を受けた事実ない」
スクウェア・エニックス・ホールディングスが、同社の買収に関する報道にコメント。「当社や一部事業の売却に関して検討している事実はなく、そのような提案を受けた事実もない」という。(2021/4/16)

スクエニ、買収めぐる報道について正式に否定 「売却を検討している事実ない」
Twitterトレンドにも「スクエニ買収」が入るなど話題となっていました。(2021/4/16)

不動産市況:
約半数は実家が空き家になったら売却、Alba Linkが意識調査
Alba Linkは、全国の男女803人を対象に、インターネット上で、「空き家の活用方法についての意識調査」を2021年2月12〜19日に行った。調査結果では、全体のうち48.9%が実家が空き家になったら、売却する意向があることが判明した。(2021/4/7)

トライバルメディアハウスの全株式売却も発表:
NTTデータと共に進める「攻めのDX」 石黒不二代氏が語るネットイヤーグループの成長戦略とは?
NTTデータの連結子会社になって2年の進捗と子会社トライバルメディアハウスの全株式売却、NTTデータと取り組むDX推進などについて代表の石黒不二代氏が語った。(2021/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。