• 関連の記事

「売却」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売却」に関する情報が集まったページです。

セブン、祖業のヨーカ堂を分離 それでも関係継続する理由
セブン&アイ・ホールディングスは傘下のスーパー大手イトーヨーカ堂を上場させながらも、その全株式は売却せず、一部を保有して協業関係を維持する方針を示した。そこには……。(2024/4/11)

VMware仮想デスクトップ事業の今後【後編】
「VMware製品から“VDI”が消える日」が巻き起こす3つの疑問
BroadcomがVMwareのEUC事業を投資会社に売却すると発表した。ユーザー企業やパートナーは大きく3つの疑問を抱いている。Broadcomはこれらの疑問に答えるべきだ。(2024/4/11)

Marketing Dive:
現実味を帯びる「TikTok禁止」で得をするのは誰?
米国でTikTokの売却を迫る法案が可決された場合、売却先候補のリストに影響を与える可能性がある。(2024/4/4)

VMware仮想デスクトップ事業の今後【前編】
BroadcomからVMwareの事業を買収する謎の企業「KKR」の正体
BroadcomがVMwareのEUC事業を投資会社KKRに売却することを発表した。KKRとはどのような企業なのか。VMwareのEUC事業はこれからどうなるのか。(2024/4/4)

過去最大級:
西武HD、「赤プリ」跡の旗艦ビル売却を検討 3000億円超
売却額は3000億円を超えるとみられ、実現すれば国内の不動産取引で過去最大級となる可能性がある。(2024/3/22)

エイベックス、電子チケット販売の「ライブポケット」事業をKDDIに売却 譲渡額は46億5000万円
エイベックス・グループは21日、電子チケット販売プラットフォーム事業「LivePocket」をKDDIに譲渡すると発表した。(2024/3/21)

米国在住のたむらけんじ、愛車売却で「どなたか買ってくれませんか?」 購入からまだ1年未満
FJクルーザーを手放すもよう。(2024/3/19)

日本の企業は「TikTok」禁止法案可決でどう動く? 専門家の声
米下院本会議は13日、中国系動画投稿アプリ「TikTok」について、運営側が米国での事業を売却しなければ、全米でのアプリ配信を禁じる法案を可決した。今後、上院で審議される。中国政府の情報収集や世論操作に利用される可能性など安全保障上の脅威だとの懸念が強まったとして超党派の支持が集まった。(2024/3/14)

米下院、中国BytedDanceにTikTok売却を要求する法案を承認
米下院は「外国の敵対者による規制アプリから米国民を守る法」(H.R.7521)を賛成多数で承認した。ByteDanceにTikTokの売却を要求するもので、拒否されればTikTokの米国での提供を禁止する。(2024/3/14)

かまいたち山内、豪華オプション仕様の愛車ベンツを売却→濱家は実車見て「調子乗ってんな」ポツリ
オプションは「付けられるの全部付けた」とのこと。(2024/3/11)

NEC、日立に続き:
ルネサスが旧親会社から「完全脱却」、三菱電機も全ルネサス株を売却へ
三菱電機は、保有するルネサス エレクトロニクス株を2024年2月29日に全て売却する。ルネサス株を巡っては、旧親会社のNECと日立製作所も2024年1月に保有株を全て売却している。これによって、旧親会社の3社全てがルネサス株を完全に手放すことになる。(2024/2/28)

永久ライセンス終了と一部売却の決定
VMwareの変更にユーザー大困惑……なのにBroadcomの筋書きはぶれない?
BroadcomはVMwareの買収を完了してから、業界を困惑させる方針を矢継ぎ早に打ち出してきた。今回の事業売却の発表も例に漏れない。VMware製品が置かれた現状と、Broadcomの思惑を探る。(2024/2/27)

課題もある:
「東京メトロ」上場へ、鉄道以外で“やるべき”事業は何か
政府と東京都が、両者で100%保有する東京地下鉄(東京メトロ)の株式の半分を売却する方針だという。上場後の東京メトロに期待されることとは――。(2024/2/27)

そごう・西武が月次売上高の公表を取りやめ 米ファンドに売却の余波
百貨店のそごう・西武は26日、毎月行っていた月次売上高の公表を当面、取りやめると発表した。3月に予定していた2月分から非公表とし、再開時期は未定としている。(2024/2/26)

「今はスローライフなんで」 藤川球児、現役最後の“超高級外車”を涙の売却 数千万円の希望額に届いてしまい「サヨナラ確定!」
引退後の愛車はハイエース!(2024/2/25)

台湾ASEに:
Infineonがフィリピンと韓国の後工程2工場を売却へ
Infineon Technologiesはフィリピンと韓国に所有する後工程の2工場を、大手OSAT(Outsourced Semiconductor Assembly and Test)である台湾ASE Technology Holdingの子会社に売却すると発表した。ASE側は買収後、現在の従業員とともに事業を引き継ぐ。(2024/2/22)

「お金が必要になった」 ゆきぽよ、“20代で一括購入”の国産愛車を売却へ 相棒との別れに「寂しかったけど気合い入った」 
仕事を頑張って買った思い出の車。(2024/2/18)

「資産の有効活用のため」:
キオクシアが四日市工場の土地を売却、工場は引き続き運営
キオクシアが、四日市工場(三重県四日市市)の土地を不動産大手のヒューリックに売却する。今後、キオクシアはヒューリックから土地を借り受け、工場の運営を続ける。(2024/2/9)

VMware製品を巡る今後【後編】
「VMware買収」の“全容”見えず VDI含む一部事業の行く先は?
Broadcomは、2023年11月に買収を完了させたVMwareの一部事業を売却する意向だと公表した。売却は本当に成立するのか。今後どのように進む見込みなのかを解説する。(2024/2/8)

VMware製品を巡る今後【中編】
VMware製品群はどこへ? 買収に乗り出すのはやはり“あの企業”か
Broadcomが、2023年11月に買収を完了させたVMwareの事業に、「VMware Horizon」を含む事業がある。その売却の意向を表明した同社。買収に乗り出す企業、売却額などはどうなるのか。(2024/2/1)

aiko「やめろ。やめてくれ」 会場限定グッズが約8倍の高額転売で怒り
転売されているグッズの多くが売却済み。(2024/1/31)

INCJに続き:
NECと日立がルネサス株を全て売却へ
NECと日立製作所が保有するルネサス エレクトロニクス株を全て売却する。2024年1月30日に、証券会社を通じて海外の機関投資家などに売却する。(2024/1/26)

VMware製品を巡る今後【前編】
VMware製品の“一部売却”は現実的か? 全貌見えないBroadcomの思惑
BroadcomはVMware を買収してから、今後に関する重要な方針を幾つか公表してきた。その中には事業売却の話も含まれている。VMwareの製品や技術のこれからの見通しとは。(2024/1/25)

Broadcomによる買収後のVMware
Broadcomが「VMware買収」をした真の結末とは? 生き残る製品、旅立つ製品
BroadcomがVMwareの買収を2023年11月に完了した。買収後も開発や提供が続く可能性が高いVMware製品、売却になる可能性のある製品は何か。VMware製品が今後どうなるのかを考える。(2024/1/18)

ソニー・ピクチャーズ、アニマックスとキッズステーションの株式をノジマ子会社に売却
ソニー・ピクチャーズは19日、アニメ専門の有料放送を運営するアニマックスブロードキャスト・ジャパンとキッズステーションの株式をノジマグループのAKエンタテインメントに売却すると発表した。(2023/12/20)

「先進半導体パッケージの事業化を支援」:
富士通が新光電気を売却へ JIC、大日本印刷、三井化学に
富士通が、半導体パッケージ基板を手掛ける子会社の新光電気工業を、政府系ファンドの産業革新投資機構(JIC)などに売却すると発表した。買収総額は約6850億円に上る見通し。(2023/12/13)

2013年の出資から約10年:
INCJ、ルネサス株の大半を売却し保有株ほぼゼロへ
INCJ(旧産業革新機構)は2023年11月9日、同社が保有するルネサス エレクトロニクス株式の大部分を売却すると発表した。(2023/11/9)

電子機器の設計を手掛けるJabilに:
Intelがシリコンフォトニクス光モジュールのビジネスを売却
Intelが、シリコンフォトニクスベースのプラガブル光トランシーバー事業を売却する。今後は、電子機器の設計と販売を手掛ける米Jabilが、将来世代品の開発も含めて同事業を引き継ぐ。(2023/11/2)

組み込み開発ニュース:
リコーが子会社のオプティカル事業を売却、レクサス採用のステレオカメラなど
リコーは、子会社のリコーインダストリアルソリューションズの下で車載ステレオカメラやプロジェクター用光学レンズモジュールなどの開発、製造、販売を行っているオプティカル事業を、投資会社のティーキャピタルパートナーズに譲渡する。(2023/10/10)

ロジスティクス:
アスコット初の物流施設を売却 外観意匠に鯉のぼりと利根川をイメージ
アスコットが開発した初の物流施設「アスコット・プライム・ロジスティクス加須」が売却決済された。施設機能では、物流効率性と通勤利便性を兼ね備え、住宅地に調和する外観意匠となっている。(2023/10/6)

Epic Games、全従業員の16%に当たる約830人を削減
Epic Gamesは従業員の16%に当たる約830人を解雇すると発表した。昨年買収したBandcampを売却し、傘下のSuperAwesomeもその大部分をスピンオフする。スウィーニーCEOは財務安定のためには「人員削減が唯一の方法だという結論に達した」と語った。(2023/9/29)

電子ブックレット:
Arm 7年の軌跡――SB合流、NVIDIA騒動を経て上場へ
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、Armについて、ソフトバンクによる買収からNVIDIAへの売却騒動、米NASDAQ市場への上場申請までの軌跡をまとめました。(2023/9/14)

情報筋が指摘:
ArmのIPO、ソフトバンクの目標は「楽観的過ぎ」
業界観測者が米国EE Timesに語ったところによると、ソフトバンクグループがArm株式の売却によって得る資金は、当初期待されていたより少なくなるようだ。その理由の一つとして挙げられるのが、Armが直面し続けるいくつかの不確実要素だ。(2023/9/12)

業績も下方修正:
「そごう・西武」全株式、売却額は8500万円 企業価値2200億円から大幅減額
セブン&アイ・ホールディングス(HD)は9月1日、子会社そごう・西武の全株式の売却が完了したと発表。売却額は8500万円。発表時は、企業価値を2200億円としており、売却額も同規模とみられていたが、負債などがかさんだ。(2023/9/1)

「そごう・西武」全株式、2200億円で売却 セブン&アイHD 池袋本店は通常営業
セブン&アイHDが子会社そごう・西武の全株式を米投資ファンド「フォートレス」に譲渡する。売却額は当初の2500億円から300億円減額し、2200億円となる。事業売却に伴い、そごう・西武への900億円余りの債権も放棄する。(2023/9/1)

「そごう・西武」池袋本店がストライキで終日休館に 親会社セブン&アイはスト当日に売却を決議
ストライキにより終日休業となっています。(2023/8/31)

そごう・西武の売却を巡り、池袋本店で8月31日にスト実施 「当然の権利」「効果はあるのか?」とさまざまな意見
全館が臨時閉館。(2023/8/30)

61年ぶり:
そごう・西武“最終手段”ストライキ発動 要因は“物言わぬ”セブン
そごう・西武の労働組合は8月31日、西武池袋本店でストライキを予定している。ストライキという“最終手段”に発展した要因として、小売・流通アナリストは「売却後の雇用について明言されず、ここまでもつれた」と指摘する。(2023/8/30)

「もともと自衛隊の車だからさ……」 Jリーガー、トヨタ巨大4WDを車中泊仕様にカスタム 条件次第で売却の意向も
アウトドアによさそう。(2023/8/25)

Microsoft、CMAの承認を得るため、Activisionのゲーム権利をUbisoftに売却へ
MicrosoftはActivision Blizzardの買収を差し止めている英当局のCMAからの承認を得るため、買収契約の修正案をCMAに提出した。Activisionが今後15年間発売するゲームの配信権をUbisoftに売却するというものだ。(2023/8/23)

ソフトバンクG傘下の英Arm、Nasdaqに上場申請
ソフトバンクG傘下の英Armが米Nasdaq以上でのIPOを申請した。同社は買収された2016年に英ロンドン証券取引所での上場を廃止した。ソフトバンクGはArmのNVIDIAへの売却を検討したが2022年に断念した。(2023/8/22)

XがTwitterからのブランディング変更のため資産を競売へ 青い鳥の看板などが3600円から開始
Twitter時代の物品を売却へ。(2023/8/11)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
RambusがPhysical IPをCadenceに売却/GDDR7とMRDIMMが標準化に向けて前進
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回はRambusがPhysical IPをCadenceに売却した話と、GDDR7/MRDIMMの標準化に向けた動きを紹介する。(2023/8/9)

野性爆弾くっきー!、腕時計コレクションに予想外の買い取り額 両手を掲げて「うれしいが勝っちゃった」
資金作りのためコレクションを売却。(2023/8/7)

不動産市況:
アットホーム、不動産売却準備で押さえておくべきポイントのランキング
アットホームは、不動産売却準備で押さえておくべきポイントに関するランキングを発表した。「ローンの残債の確認をする」が最も多く、次いで「物件情報の確認をする」、「売却する物件周辺の相場を把握する」となっている。(2023/7/26)

中古店で大量に並ぶ「同じモデル」のギター 人気アニメ流行→「挫折で売却」説も……実情は? 店舗に聞いた
「ぼっち・ざ・ろっく!」の影響は。(2023/7/27)

実家に関する不安 3位「室内の片付け」、2位「売却」、1位は?
不動産の情報メディアを運営するAlbaLink(東京都江東区)は、実家がある502人を対象に「親が住んでいる家や土地に関する不安についての意識調査」を実施した。(2023/7/21)

“エヴァフォント”開発元のフォントワークス、業界最大手の米Monotypeが買収【訂正あり】
ソフトバンク傘下のSBテクノロジー(SBT)が、フォントワークスを米Monotypeに売却する。フォントワークスは、アニメーション作品「エヴァンゲリオン」シリーズで使用された「マティスEB」などの開発元で知られる。(2023/7/19)

太陽光:
太陽光発電所を売却する動きが加速、インボイス制度や出力抑制の影響で
「タイナビ発電所」を運営するグッドフェローズ(品川区)が、「2023年度太陽光発電所売却市場動向」を公表。インボイス制度・出力抑制エリアの拡大などの影響により、太陽光発電所の売却依頼が大幅な増加傾向にあるという。(2023/7/14)

3Dプリンタニュース:
XYZプリンティングが3Dプリンタ事業から撤退、SLS部門はNexa3Dに事業売却
XYZプリンティングはSLS部門をNexa3Dに事業売却することを発表した。SLS以外のデスクトップ型3Dプリンタに関しても本体の販売を2023年9月15日をめどに終了し、段階的に3Dプリンタ事業から撤退する。国内で販売済みの3Dプリンタの消耗品はイグアスを通じて供給を継続。修理などは今後3〜5年間を目標にサポートするよう努めるとしている。(2023/7/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。