• 関連の記事

「公共交通機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「公共交通機関」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「乗客1000人未満」でローカル線を廃止? 存廃議論「国は積極的に関与すべき」
国土交通省が7月25日に「地域の将来と利用者の視点に立ったローカル鉄道の在り方に関する提言」を発表。新聞やテレビなどで「乗客1000人未満のローカル線は存廃論議」と報じられているが、断片的な報道より、原典で真意を読み取ってほしい。(2022/8/6)

「電車やバスではベビーカーを折りたため」に批判の声多数 国交省「折りたたまずに乗車できる」と理解呼びかけ
「邪魔なんだよ!畳めやこのブタ!」と怒鳴られたという投稿が発端とみられます。(2022/8/5)

東京圏に住む若者に聞く:
「理想の地方暮らしができそう」と思う都道府県 3位は「山梨県」、2位と1位は?
トラストバンク(東京都渋谷区)が、東京圏に住む15〜29歳の男女1009人を対象に「若者の地方暮らしに対する意識調査」を行った。(2022/8/5)

スマホアプリでバス通学サポート 特別支援学校向け実証実験
スマートフォンのアプリの助けを借りて、知的・発達障害のある子供が支援学校にバス通学できるようにする社会実験が、香川大学とソフトバンクの共同研究として進んでいる。高松市内の小学6年生が、路線バスに乗る実証実験が行われた。(2022/8/4)

列車内でペットと過ごせる「ペット専用新幹線」実証実験で見えた利用者効果、課題は?
実現したらもっと楽しくペットと旅行できそう。(2022/7/28)

国も見直し提言:
JR東、ローカル35路線すべての区間で赤字 収支を初公表したワケは?
R東日本は7月28日、利用客が極めて少ないローカル線を対象に、区間ごとの収支を初めて公表した。公表されたのは35路線66区間で、すべてが赤字だった。人口減少や近年の新型コロナウイルスの流行で鉄道利用者が激減し、存続が危ぶまれている路線も数多い。(2022/7/28)

北海道の「住みここち」ランキング 3位「豊平公園」、2位「桑園」、1位は?
北海道の「住みここち(駅)」ランキング1位は「円山公園」、2位は「桑園」、3位は「豊平公園」だった。(2022/7/27)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスパーソンに「睡眠」が重要視されるわけ――スリープコーチ 角谷リョウ氏
皆さんは、睡眠を改善するために、なにか工夫や投資をしているだろうか。オリンピック選手、日本代表選手の睡眠改善もサポートした睡眠のプロに、ベストな睡眠を手に入れる方法を学ぶ。(2022/7/26)

ランキング:
海外旅行で“行きやすい国”はどこ? 6つの指標を分析
海外旅行代理店業を手掛ける令和トラベルは、「アフターコロナにおける海外旅行の回復予測」を発表した。6つの指標で評価した結果、行きやすいところは……。(2022/7/24)

花火大会の情報を地図上で 「全国花火マップ 2022」ヤフーが提供 全国180カ所
ヤフーは20日、地図アプリ「Yahoo! MAP」(iOS、Android)に全国各地で開催される花火大会の詳細を表示する「全国花火マップ 2022」の提供を始めた。(2022/7/22)

電動化:
BYDが方針転換で日本に乗用車も導入、「EV市場には選択肢が必要」
ビーワイディージャパン(BYDジャパン)は2022年7月21日、日本でBYDの乗用車タイプのEV(電気自動車)の販売を開始すると発表した。2023年1月からEV3車種を順次発売する。これに合わせて、乗用車の販売会社のBYDオートジャパンを設立した。2025年までに日本国内にディーラー100店舗を構え、購入の検討からアフターサービス、充電まで対応できる体制を整える。(2022/7/22)

広島「山のおべんとう」(800円):
新工場稼働直後の震災……広島の老舗駅弁屋さんの「復活」ストーリー
人や会社が新たな一歩を踏み出すとき。それは計画的な一歩もあれば、追い込まれて踏み出す一歩もあります。広島駅弁当「復活」のストーリーを伺いました。(2022/7/18)

Visaのタッチ決済で乗車可能 JR九州が実証実験、JRグループ初
JR九州は一部区間において、Visaのタッチ決済による実証実験を7月22日より実施すると発表した。JRグループでは、改札にVisaのタッチ決済を使うのは初となり、三井住友カードの、公共交通機関向けソリューション「stera transit」を活用する。(2022/7/15)

きっぷをなくしたら、同じきっぷを「買い直し」!? 領収書あってもダメなのはなぜ?
なくしたきっぷが見つかれば、買い直したきっぷは払い戻してもらえます。(2022/7/9)

JTB調べ:
夏休みの旅行、約4割が「行く」 旅行先として人気の地域は?
JTBは、2022年夏の旅行動向に関する調査結果を発表した。(2022/7/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
月1250円で誰でも鉄道・バスが乗り放題「9ユーロチケット」導入、ドイツ政府の狙いとは
ドイツ政府は1日、「9-Euro-Ticket(9ユーロチケット)」とよばれる「公共交通機関乗り放題チケット」の7月分を販売開始した。このチケットを使用すれば、一部を除く、ほぼ全ての公共交通機関が9ユーロ(約1250円)で1カ月間乗り放題となる。(2022/7/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ“交通系の話”はあまり出てこないのか 「参院選 2022」の公約イッキ見
参議院選挙が始まった。125議席に対して545人が立候補し、公示は6月22日、投開票は7月10日。赤字ローカル線廃止、新幹線建設、鉄道事業者経営危機、モーダルシフトなど、鉄道のみならず交通分野は問題山積だ。545人の立候補者のうち、何人が交通問題を公約に明記しているか。(2022/7/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
「ゼロエミッション車の販売を相当に増加させる」、G7の声明は抽象的な表現に決着
今週も自動車に関してさまざまなニュースがありました。特に印象的だったのは、ドイツで開かれている主要7カ国首脳会議(G7)の声明について、日本がゼロエミッション車の普及目標を削除するよう求めた、というロイターのスクープです。(2022/7/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナの淡路島移転計画はどうなっている? 家族で引っ越した社員が語ったリアルな日常
パソナが着々と社員の淡路島移住を進めている。実際に働いている社員はどういったことを考えているのか。現地で増えている商業施設の状況も取材した。(2022/7/2)

鉄道・バスで「Visaのタッチ決済」が1年で38倍に “キャッシュレスの島”沖縄の現状
鉄道やバスで「Visaのタッチ決済」の導入が広がっている。Visaは6月30日にオンライン説明会を実施し、タッチ決済を推進する狙いを語った。“キャッシュレスの島”となりつつある沖縄から、琉球銀行と東京バスの担当者が登壇し、キャッシュレス化の現状が紹介された。(2022/7/1)

イケメンだな! 真木よう子、寝起きのヘアスタイルで別人になる「賀来賢人君かと」「藤井風さんみたい」
一瞬、真木さんに見えなかった。(2022/6/30)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
「かっこいい未来都市」ではない 正念場を迎える日本型スマートシティー
「スマートシティー」には先端技術が詰め込まれた未来都市というイメージもあるが、日本で主流になるスマートシティーはこうした未来都市とは別のタイプだと筆者は予想する。先進国だけでなく新興国でも進むスマートシティーとの比較から浮かび上がる、「日本型スマートシティー」の課題とは。(2022/6/24)

「時は金なり」を立体化したら?:
アート作品「時間を買える貯金箱」が話題 ダイソー時計と“ラズパイ”を活用 制作者の思いを聞いた
「時間を金で買う行為を立体化した」とするアート作品がTwitterで注目を集めている。制作者に作品に込めた思いを聞いた。(2022/6/23)

Suicaはライバルではない? クレカタッチで電車乗車を交通事業者が進めるワケ
三井住友カードやビザ・ワールドワイド・ジャパンらが進める、公共交通機関向けのクレジットカードのタッチ決済対応。5月31日には福岡市地下鉄が対応し、6月1日には長良川鉄道、7月15日からは西日本鉄道が対応するなど、次々とエリアを拡大している。(2022/6/14)

26年度グランドオープン:
福島駅前に新ランドマーク、野村不動産が2025年に竣工予定
野村不動産は、JR東北新幹線・東北本線「福島」駅前で進める再開発事業の変更計画が、福島県から認可されたと発表した。26年度グランドオープンを目指し、福島駅前に新ランドマークの建設を進める。(2022/6/13)

Innovative Tech:
AIが信号機を自律操作 交通渋滞の軽減を目指す 英国の研究チームが技術開発
英Aston Universityの研究チームは、交差点にあるライブカメラの映像で交通状況を監視し、深層学習モデルで適切な信号操作をリアルタイムに行う、ビジョンベースの完全自律型信号制御システムを開発した。(2022/6/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
合成燃料の活用に言及した日本、CO2排出100%削減にまた一歩進んだ欧州
土曜日ですね。皆さんおつかれさまでした。梅雨入りしましたね。空調に頼らずに快適に過ごせる季節が終わろうとしています。(2022/6/11)

モビリティサービス:
ヤマハ発動機とJAFで電動ランドカーを日本全国に提案、衰退する公共交通を補完
ヤマハ発動機と日本自動車連盟(JAF)は2022年6月8日、電動ランドカーで協業を始めると発表した。JAFの全国のサービス網や自治体とのつながりを生かして、移動困難地域や観光地などにヤマハ発動機の電動ランドカーを普及させる。(2022/6/9)

インボイスQ&A:
【インボイス制度の一問一答】適格請求書等の保存が必要ないのは、どんな場合?
消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が令和5年(2023年)10月1月に導入されます。前回(第3回)に続き、インボイス制度の疑問をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2022/6/7)

「クレカで乗車」は日本で普及するか? 交通系ICとのすみ分けは? 実験進める鉄道事業者の狙い
日本では過去2〜3年ほどの間に鉄道やバスなどを含む公共交通機関での一般的なクレカによる乗車の仕組み、業界的には「オープンループ」という料金徴収システムの普及が進んでいる。(2022/6/3)

注意すべき5つのポイント めちゃくちゃタメになる妊婦向け「正しいシートベルト着用方法」を解説するイラスト
「ベルトが腹部を横切らないようにする」「ベルトがねじれていないか確認する」などのポイントをわかりやすく解説。(2022/6/2)

「列車遅延でクーポン配布」 JR東が実証実験 NewDaysなど駅ナカ店舗向け
JR東日本とスイスのAxon Vibeは、クーポンアプリ「Tokyo Nudge」を開発した。駅構内の店舗で利用できるクーポンを、運行状況など一定条件下でタイムリーに配信できるのが特徴。(2022/5/30)

小寺信良のIT大作戦:
文字起こしと日本語入力の未来
LINEがCLOVA Noteという文字起こしアプリを無料公開した。これをきっかけに、高度な文字起こし機能が日本語入力をどう変えていくか、考えてみた。(2022/5/30)

空席でも座れない? 札幌市営地下鉄が「優先席」ではなく「専用席」を設けた理由
札幌市営地下鉄の駅のホームで、自衛官が高校生を暴行した容疑で逮捕されたニュースがネット上で波紋を広げている。読売新聞などによると、高齢者や体の不自由な人が座る「専用席」に座っていた同僚の女性自衛官を高校生が注意したことに、自衛官が腹を立てたという。この「専用席」とは何なのか。(2022/5/27)

シェアサイクル「Charichari」(旧メルチャリ)が熊本進出 経済活性化に市が期待、利用環境には課題
旧メルチャリこと「Charichari」が、熊本市でシェアサイクルサービスを始めた。同市初のシェアサイクル事業とあり熊本市は地域経済の活性化に期待を掛けるが、利用環境を見てみると普及には課題もありそうだ。(2022/5/27)

“良いテーマパークなのに人がいない”と話題の「志摩スペイン村」に行ってみたレポ漫画が楽しそう 「待たずに乗れる」「キャストのファンサがすごい」
エスパーニャァァア〜。(2022/5/27)

Visaカードで改札通過 地下鉄で実証 交通系ICとの一体型改札機設置
Visaカードか交通系ICカードをタッチすると通過できる改札の実証実験が福岡市地下鉄でスタート。(2022/5/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ハンバーガー店が増えすぎている!? 激戦区「渋谷」「吉祥寺」で見た“淘汰”の兆し
コロナ禍の影響で、ハンバーガー店への新規参入が相次いだ。競争が激化した結果、淘汰されるケースも。激戦区である渋谷と吉祥寺では何が起きているのか?(2022/5/25)

Visaカードで地下鉄に乗れる自動改札登場 福岡で実証実験
Visaのクレジットカードで地下鉄に乗車できる実証実験が、5月31日から福岡市地下鉄で行われる。交通系ICとVisaのタッチ決済の両方に対応した一体型改札機の利用は、国内で初めて。(2022/5/24)

大阪メトロ、次世代移動「MaaS」前進 バス→車いす→病院など アプリで一括予約目指す
鉄道やバスなどあらゆる交通手段を連携させる次世代移動サービス「MaaS」の導入に向けた取り組みが進んでいる。(2022/5/24)

航続距離は約180キロ:
軽EVの号砲が鳴った! 日産と三菱自が180万円前後で発売
国内の新車販売の約4割を占める軽自動車の電動化の号砲が鳴った。日産自動車と三菱自動車は20日、共同開発していた軽の電気自動車(EV)を今夏に発売すると発表した。(2022/5/21)

昭和末期に製造:
小さな蒸気機関車が走り続けている、運営は綱渡り
福島県伊達市で、昭和末期に製造された小さな蒸気機関車が走り続けている。毎年春から秋までの期間限定で走るSL列車は、公共交通の鉄道ではなく遊園地などの乗り物扱い。鉄道ファンが殺到することはないものの……。(2022/5/21)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ドイツから〜コロナ規制から解き放たれたリアル展示会の姿
3年ぶりのリアル開催となったPCIM Europe 2022に行ってきました。(2022/5/20)

バスの中で泣き出した子どもに、おじさんがかけた言葉とは……? 予想外の言葉に「そのおじさんと結婚したい」の声
こんな人に、私もなりたい。(2022/5/20)

自動車業界の1週間を振り返る:
体質改善を進める自動車メーカーの前に、資材価格のかつてない高騰が立ちはだかる
土曜日ですね。1週間おつかれさまでした。昨日(5月13日)から、高齢ドライバー向けの実車試験の運用がスタートしました。運転免許を更新する75歳以上の人で、直近の3年間に信号無視や速度超過など一定の違反があった人に、実車試験が義務付けられます。免許の有効期間が終わるまでの6カ月の間に、実車試験を受けなければなりません。(2022/5/14)

「紙巻たばこNO」→「専用ブース設置」に転換 銀座ルノアールを動かした「お前もか」の声
銀座ルノアールが運営する喫茶チェーン「喫茶室ルノアール」に、紙巻たばこ喫煙ブースが設置され始めている。2020年4月の改正健康増進法施行を機に、紙巻の喫煙禁止を宣言した同店だが何があったのか。その理由を尋ねた。(2022/5/13)

月刊乗り鉄話題(2022年5月版):
利用客激減、大赤字、そして廃線へ? 「地方ローカル鉄道の役目」はもう終わったのか
いま、鉄道業界では「赤字路線をこのまま維持していくべきか」が深刻な問題です。「え? あの路線、廃線になってしまうの?」「そもそもなくす必要あるの?」──。そんな素朴な疑問を冷静にひもといて解説します。(2022/5/10)

コロナで減車:
レンタカー不足「稼ぎ時に備えられない」 GWの沖縄で予約殺到
ゴールデンウイーク目前で沖縄県内の観光需要が高まる一方、レンタカーの供給不足が顕在化している。県レンタカー協会会員の3月の車両保有台数は……。(2022/4/28)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(21):
Z世代の心に響け、ソニーの“穴あき”イヤフォン「LinkBuds」に見る音の未来
ソニーが2022年2月に発売したイヤフォン「LinkBuds」は、中央部に穴が開いたリング型ドライバーを搭載している。あえて穴を空けることで、耳をふさがず、自然な形で外音を取り入れるという技術的工夫だ。これまで「遮音」を本流とした製品展開を進めてきたソニーだが、LinkBudsにはこれまでの一歩先を行くという、同社の未来に向けた思いが表れている。(2022/4/26)

JR東、犬同伴の旅行ツアー「わん!ケーション」発売 ケージ不要で新幹線乗車可、狙いと課題は?
JR東日本と西武ホールディングスなどは、ペット専用貸切新幹線を活用した旅行ツアー「わん!ケーション」の販売を4月26日から始めた。ツアーの販売を通じて、ペット同伴の観光スタイル「ペットツーリズム」の推進とともに、ペット専用車両の実用化を検討する。(2022/4/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。