「プラグイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プラグイン」に関する情報が集まったページです。

CADニュース:
リバースエンジニアリングの作業負荷を最大50%削減するSOLIDWORKS用プラグイン
ディプロスは、3D設計開発ソリューション「SOLIDWORKS」上で効率良くリバースエンジニアリング作業が行えるプラグインソフト「Mesh2Surface for SOLIDWORKS」の日本国内での取り扱いを開始した。(2022/5/10)

Innovative Tech:
YouTubeの“おすすめ動画”を他人と交換できるプラグイン 見知らぬ誰かのレコメンド動画を視聴可能に
米Virginia Techの研究チームは、YouTubeにおいて、他人にオススメ(レコメンド)される動画の一覧が表示されるプラグインの開発と、そのプラグインを使用した際のユーザーの評価を考察した論文を発表した。(2022/4/26)

WordPressプラグインにCVSSv3スコア9.9の脆弱性 500万のWebサイトに影響か
WordPressで広く利用されるプラグイン「Elementor Website Builder」にCVSSv3スコア9.9の脆弱性が見つかった。リモートコード実行が可能になる脆弱性で、500万を超えるWebサイトが影響を受けると見られており注意が必要だ。(2022/4/15)

PhotoshopがWebP形式をネイティブサポート プラグイン導入なしで利用可能に
Adobeは、画像編集ソフト「Adobe Photoshop」の新機能について告知を行った。(2022/2/18)

100万インストールのWordPressプラグインに「緊急」の脆弱性 直ちにアップデートを
100万以上のアクティブサイトにインストールされる人気のWordPressプラグイン「Essential Addons for Elementor」に「緊急」の脆弱性が発見された。直ちにアップデートを適用してほしい。(2022/2/3)

ピカリング 65-218:
50×4単極LXIマトリクスプラグインモジュール
ピカリング インターフェースは、50×4の単極LXIマトリクスプラグインモジュール「65-218」を発表した。LXIモジュラー型シャシー「65-200-002」と組み合わせることで、最大300×4のマトリクスサイズを構成できる。(2022/1/26)

AccessPressのWordPressテーマとプラグインにバックドアがみつかる 迅速な対応を
JetpackがAccessPressのWordPressテーマとプラグインにバックドアが仕込まれていたと伝えた。AccessPressのWebサイトから直接ダウンロードした場合にバックドアに感染するという。(2022/1/24)

8万4000超のWebサイトに乗っ取りのリスク WordPressプラグインの脆弱性、確認とアップデートを
述べ8万4000を超えるWebサイトで利用されているWordPressプラグインに乗っ取りの脆弱性が存在することが明らかになった。攻撃が成功するには管理者の操作が必要になるためハードルは高いと見られているが、成功した場合にはサイトの乗っ取りが可能であることから注意が必要だ。(2022/1/18)

WordPressのSEO対策プラグインに「緊急」の脆弱性 早急な対処を
WordPressのSEO対策プラグイン「All In One SEO Plugin」に2つの脆弱性が見つかった。深刻度は一つが「緊急」、もう一つが「重要」に分類される。該当プラグインを使用している場合には直ちにアップデートを適用することが望まれる。(2021/12/23)

プラグイン金融の旗手 FinatextHDが上場
金融インフラをSaaSとして提供するFinatextホールディングス(HD)が12月22日、東証マザーズ市場に上場した。(2021/12/22)

PR:DX時代の店舗戦略の要となる次世代チェックアウトソリューションとは
小売業界を取り巻く環境変化や消費者のデジタルシフトが加速し、快適な購買体験が求められている。そのような中、「チェックアウト」は店舗の顧客接点の1つとして重要な役割を担い、店舗DXの起点となっている。こうしたチェックアウトが担う役割の変化に合わせ、富士通は、機能をプラグイン提供しマルチプラットフォームでコスト最適化を図りながら、業務効率化による従業員満足度の向上、データ活用の推進を実現する次世代チェックアウトソリューション「TeamStore/DX」を提供している。(2022/1/21)

訓練なしにWebサイトを最大2倍速く読めるように Chrome用拡張機能を無償公開 日本ユニシス
日本ユニシスはがWebサイトの文字を読みやすくする「Google Chrome」用拡張機能プラグインを、2022年2月28日まで無償公開する。特別な訓練なしに文章を読むスピードが約1.5〜2倍に上がるとしている。(2021/12/6)

コンテナネットワークの基礎知識【第11回】
コンテナと仮想マシン間の通信はなぜ必要? 「OpenShift」「ACI」「NSX」のCNIとは
Kubernetesクラスタ内ではCNIプラグインを使ってコンテナ間の通信が実現します。「Cisco ACI」「NSX-T」「OpenShift」といったSDN製品による、オンプレミスインフラ向けのCNIプラグインを紹介します。(2021/12/22)

コンテナネットワークの基礎知識【第9回】
「Kubernetes」を使うなら、まず知っておきたい「Flannel」と「Calico」の通信
コンテナ間の通信を実現するCNIプラグインを使うことで、KubernetesのPod間通信が可能になります。代表的なオープンソースのCNIプラグインを紹介します。(2021/12/13)

Apple「Logic Pro」が空間オーディオミックスに対応 Dolby Atmosプラグインを統合
Dolby Atmosプラグインを統合し、空間オーディオミックスが可能になった。(2021/10/19)

GW中に発見されたWordPressプラグインの脆弱性 アップデートは適用済み?
長期休暇中には、アップデートの適用を怠ってしまうこともある。2021年5月4日にWordPressのプラグイン「WordPress Download Manager」で2つの脆弱性が見つかった。修正版はリリース済みのため迅速にアップデートを適用してほしい。(2021/8/3)

WordPressのファイル管理プラグイン「Frontend File Manager」に複数の脆弱性 直ちにアップデートを
「WordPress」でファイル管理プラグイン「Frontend File Manager」を利用しているのであれば早急に対処が必要だ。同プラグインには深刻度が緊急(Critical)に分類される脆弱性が複数存在することが指摘されている。(2021/7/13)

「仕事のための仕事」をなくす:
PR:kintoneのファイル管理を「無料」でもっと便利に! 中小企業向け、Dropbox活用のススメ
サイボウズの業務改善プラットフォーム「kintone」は、現場主導でシステムを作れることから中小企業でも導入が進む。一方で、「ファイル管理」の面で課題を抱えることも多いという。そんな悩みをDropboxと連携して解消できるのが、無料プラグイン「Dropbox for kintone」だ。(2021/7/6)

ARM64ECコードとx64コードを混在可能:
「Windows 11 on ARM」の新ABIをMicrosoftが発表、既存アプリの移植が容易に
Microsoftは、Windows 11 on ARMの新ABI「ARM64EC」を発表した。ARM64ECを利用すると、ARMをサポートしていない依存関係やプラグインを含むアプリケーションも、ARM上で動作させることができ、ネイティブARMアプリへと徐々に移行できる。(2021/7/1)

WordPressプラグインにゼロデイの緊急脆弱性、すでに悪用確認で要対応
またWordPressプラグインの1つにゼロデイの脆弱性が発見された。深刻度は緊急(Critical)に分類されている。しかもすでにサイバー攻撃が確認されている。(2021/6/4)

BIM:
RevitとAutoCAD向けBIMcatalogs.netプラグインを公開、LODを備えたBIMオブジェクトを提供
CADENASは、BIMオブジェクトをRevitとAutoCADから直接取り込める「BIMcatalogs.net プラグイン」の最新バージョンを同社のポータルサイトBIMcatalogs.netとAutodesk App Storeで公開した。(2021/5/28)

人気のWordPress統計情報プラグインに脆弱性、アカウント窃取に注意
WordPressのプラグイン「WP Statistics」で、認証されていないユーザーアカウントデータなどの機密情報を窃取できる脆弱性が存在することが明らかになった。該当するプラグインを使っている場合には迅速にアップデートを適用してほしい。(2021/5/24)

WordPressのアンチスパムプラグインにSQLインジェクションの脆弱性、アップデートで対応を
WordPressプラグインにSQLインジェクションの脆弱性が見つかった。この脆弱性を利用されると、ユーザー電子メールアドレスやハッシュ化されたパスワードなど任意のデータを窃取される危険性があるため、アップデートを急いでほしい。(2021/5/10)

Linuxバックドア「RotaJakiro」発見の報告 少なくとも3年前から活動か
Linuxを対象に少なくとも3年前から秘密裏に活動するバックドアが発見された。誰が何のために、どうやって感染を広めたのかは不明だが、複数の暗号技術を組み合わせて身を隠し、何らかのプラグインを取得しようと動作していた。(2021/5/1)

WordPress人気の検索プラグインに脆弱性、6万以上のWebサイトに影響か
WordPressで人気のある検索プラグインに脆弱性が発見された。脆弱性が利用されれば、攻撃者に悪意あるJavaScriptのコードを実行される危険性があるとされている。影響を受けるWebサイトは6万件以上と推定され、注意が必要だ。(2021/3/31)

WordPressの人気プラグイン「Elementor」に脆弱性、クロスサイトスクリプティングが可能な状態に
WordPressで非常に人気の高いエディタプラグインである「Elementor」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在することが公開された。すでに修正したバージョンが公開されていることから、該当するプラグインを使用している場合にはアップデートを適用してほしい。(2021/3/19)

手数料1%以下のラップ口座登場 「プラグイン金融」で資産運用の水平分業進む
Japan Asset Managemetは、スマートプラスの新サービス「Digital Wealth Manager」を使い、手数料1%以下の資産運用サービス「JAM Wrap」を提供する。証券システムのSaaS化によって、安価で簡単に金融サービスを提供する「プラグイン金融」の時代が到来しようとしている。(2021/2/10)

iOS音楽アプリプロデューサーがM1 Macを使ってみたら:
M1 Macは敗れたままなのか? 音楽制作プラグインの負荷を再検証した
「まさかの敗北」のM1 MacとIntel Macとの比較を再検証してみた、その結果は?(2021/1/15)

WordPressプラグイン「Orbit Fox」に特権昇格の脆弱性、アップデートの確認を
WordPressのプラグイン「Orbit Fox」に2つの脆弱性が発見された。そのうち一つは特権昇格が可能なため、Webサイトが乗っ取られる危険性があるとされている。(2021/1/14)

WordPressの人気プラグインに脆弱性、バックドアを仕込まれるおそれも
CMS「WordPress」で人気のプラグイン「Contact Form 7」に、無制限にファイルをアップロードできる脆弱性が見つかった。悪用されるとバックドアを仕込まれるリスクがある。(2020/12/19)

「説明書」でプラグインのバージョンを把握:
WordPress用File ManagerとDockerAPIを標的としたアクセスが増加 警察庁が注意喚起
警察庁は、WordPress用「File Manager」プラグインの脆弱性を標的としたアクセスと、「DockerAPI」を標的とした探索行為の増加を観測したと発表した。WordPress用FileManagerプラグインがバージョン6.9以降であることを確認するよう促している。(2020/11/25)

Internet Archive、Flashコンテンツをアーカイブ プラグインなしで21年以降も閲覧可能に
米非営利団体Internet Archiveが、エミュレータを利用し、12月末で提供が終了するAdobe Flashコンテンツのアーカイブを始めた。(2020/11/20)

インターネットアーカイブ、Flashコンテンツの保存を発表 プラグインなしでこれからもFlashコンテンツを閲覧できる
インターネットの昔を体験できます。(2020/11/20)

無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみよう(5):
板金モデリングとネジ追加をFreeCADのプラグインでサクッと試してみた
オープンソースの3D CAD「FreeCAD」をご存じだろうか。無償でありながら、3Dモデリング、メッシュデザイン、製図(ドラフト)、有限要素法解析(FEM)、レイトレーシング、ロボティクス機能など、標準機能がとにかく充実している。本連載では「FreeCAD 0.18」を用いて各機能の実際の操作や使用感を紹介していく。連載第5回では、標準搭載されていないプラグインのワークベンチの中から、板金の曲げを設計する「Sheet Metal」とネジなどを自動付加する「Fasteners」を取り上げる。(2020/9/11)

WordPressのプラグイン「File Manager」に重大な脆弱性、攻撃の挙動検出
この脆弱性を突く攻撃の挙動が更新版のリリース前から確認されていたといい、File Managerを使っているWebサイトでは対応を急ぐ必要がある。(2020/9/4)

富士経済が市場調査:
ワイヤレス給電送電装置、2035年に3769億円規模へ
EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)に向けたワイヤレス給電用送電装置(送電コイル)の市場規模は、2035年に3769億円規模となる見通し。富士経済が調査した。(2020/8/18)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
土石流の被害を予測するソフト、UC-win/Roadと連携し被害をVR空間上で可視化
フォーラムエイトは、土石流の発生地点で流動域である急勾配地と土石流の氾濫・堆積が生じる緩勾配扇状地を統合的に分析して、土石流の被害をシミュレーションできるソフト「UC-1 土石流シミュレーション」を開発した。作成したデモデータは、3DVRソフト「UC-win/Road」のプラグインでVR化することで、土石流の被害規模を想定しやすくなり、適切な対策につなげられる。(2020/8/14)

富士通SSL、特権ID管理「CyberArk Privilege Cloud」を販売開始 オンプレからクラウドまで包括的な管理を実現
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、特権ID管理のSaaS「CyberArk Privilege Cloud」の販売を開始した。併せて専任コンサルタントによる支援プログラムを提供し、導入前のカウンセリングから運用環境に合わせたカスタムプラグイン開発までワンストップで実施できる。(2020/8/11)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
建設向けシミュレーションソフト「AGX Dynamics」がUnityに対応
スウェーデンのAlgory Simulation ABは、建機の開発や工事前に現場でのワークフローを確認するのに役立つ建設向けシミュレーションソフト「AGX Dynamics」のUnity用プラグイン「AGX DYNAMICS for Unity」をリリースした。(2020/8/5)

薔薇をPythonで描けますか? “オブジェクト指向”でデザインする新潮流「Grasshopper」
建築/土木のみならず、ジュエリー/服飾デザインも革新するソフトウェア、RhinocerosとそのプラグインGrasshopperとは何か。(2020/7/16)

Graebert Japan Annual Meeting 2020:
起工測量や出来形確認の精度を高める「ARES Commander 2020」活用法
Graebert が2020年4月、国内で発売したDWG互換CADソフト「ARES Commander 2020」は、IFCやRevitファイルのインポートに応じており、BIMモデルのビューイングや属性情報の取り込みが可能な他、別売りの新プラグイン「UNDET Point Cloud Plugin for ARES Commander」を使用することで、点群データも読み込めるなど、機能が拡張されており、業界で関心を集めている。(2020/6/8)

「Mac」管理の新しいアプローチ【後編】
Mac管理にApple純正品ではなく「SCCM」を使うならやるべきこと
企業が「Mac」を管理する際、Appleの純正管理ツールではなく、Microsoftの「System Center Configuration Manager」(SCCM)を使う手がある。その際はMac管理に関する機能を拡張するプラグインを使うのが有効だ。(2019/10/23)

開発者向けの新しいビューなどを追加:
Red Hat、Kubernetesコンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift 4.2」を発表
Red Hatは、Kubernetesコンテナプラットフォームの最新版「Red Hat OpenShift 4.2」を発表した。開発者向けの新しいビューやコマンドラインインタフェース、CI/CDやサーバレス用プラグインなどの新機能が追加されている。(2019/10/21)

Kubernetes拡張の基盤が固まる:
Kubernetes 1.16がリリース、CRDはGAに、WindowsではサードパーティCSIプラグインサポート
Kubernetesプロジェクトは2019年9月18日(米国時間)、Kubernetes 1.16をリリースした。Kubernetesの拡張メカニズムであるCRDのAPIが一般提供(GA)に到達、WindowsサポートではサードパーティCSIプラグイン対応などを強化、エンドポイントリソース管理の拡張性を増す新たなAPIが登場した。(2019/9/19)

よくフリーウェアについてきた「JWordプラグイン」、7月31日でサービス終了
いろいろな意味で感慨深い。(2019/7/2)

日本におけるファブラボのこれまでとこれから(2):
ファブラボ渋谷はこうして生まれた――日本に根付くプラグイン型ファブラボとは
日本で3番目となる「ファブラボ渋谷」の立ち上げを経験し、現在「ファブラボ神田錦町」の運営を行っている立場から、日本におけるファブラボの在り方、未来の理想形(これからのモノづくり)について、「これまでの歩み」「現在」を踏まえつつ、その方向性を考察する。今回はファブラボ神田錦町の前身であるファブラボ渋谷の生い立ちとこれまでの歩みを取り上げる。(2019/6/27)

Google Playの人気アプリに迷惑広告の不正プラグイン、4億件超がインストール
隠しプラグインが仕込まれたスマートフォンは、迷惑な広告がしつこく表示され電話をかけることも他のアプリを使うこともできず、ほとんど使用不能状態になった。(2019/6/5)

ハイブリッドクラウドでAWS、Azureを追うGoogle
VMware製品で「Google Cloud Platform」の機能が使える新プラグインの実力は?
「VMware vRealize Automation」の管理コンソールで「Google Cloud Platform」を操作できるプラグインが登場した。ハイブリッドクラウドで先行するAWSとMicrosoftを追い上げようとする、Googleの取り組みの一環だ。(2019/6/3)

Jenkinsの脆弱性突くマルウェアが横行、プラグインにも多数の脆弱性か――米セキュリティ機関が発表
オープンソースCIツール「Jenkins」の脆弱性を突いて仮想通貨Moneroを採掘しようとするマルウェアが出回っているという。また、Jenkinsのプラグインの多くで脆弱性が放置されている問題も指摘された。(2019/5/9)

クラウドアプリ開発が容易に:
Googleが「Cloud Code」を発表、使い慣れたIDEでクラウドネイティブアプリ開発が可能に
Googleは、「IntelliJ IDEA」や「Visual Studio Code」でのクラウドネイティブアプリケーション開発を支援するプラグイン「Cloud Code」を発表した。IDEの機能を生かした開発ができる。(2019/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。