• 関連の記事

「モデルチェンジ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モデルチェンジ」に関する情報が集まったページです。

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気スマホの特徴的なカラバリがモデルチェンジで消滅してしまう裏事情
iPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレットにおけるカラーバリエーションは、モデルチェンジの度にリセットされ、全く新しいカラーが投入されることがしばしばある。この理由の一端とみられるのが、色調合の難しさだ。(2022/7/27)

電動化:
発電専用だけど可変圧縮比でターボ、欧州で受け入れられる「e-POWER」のために
日産自動車は2022年7月20日、SUV「エクストレイル」をフルモデルチェンジして発表した。(2022/7/21)

自動車業界の1週間を振り返る:
「旦那さんのクルマ?」「お父さんから借りたの?」と思われないクラウンへ
さて、今週はトヨタ自動車の「クラウン」がフルモデルチェンジし、新モデルが世界初公開されました。以前から、「セダンではなくSUVになるらしい」「海外でも販売するらしい」と報じられてきましたね。(2022/7/16)

今度の「新型クラウン」は世界のクラウンに!? 米トヨタが赤ボディー/黒ボンネットの「赤黒クラウン」チラ見せ 海外層もザワつく
「いつかはクラウン」ザ・ニッポンの高級車「クラウン」がフルモデルチェンジ。米国トヨタがチラ見せした「赤ボディーに黒ボンネット」のスポーティー仕様も気になる〜!(2022/7/14)

初めてのAmazon製タブレット体験! 新型「Fire 7」を試して感じたこと
高コスパなAmazon製タブレットシリーズの中で、最も安価な「Fire 7」がフルモデルチェンジを果たした。これまでFire タブレットシリーズに触れたことがない筆者に、新型Fire 7はどのように映ったのだろうか。(2022/7/12)

約6年ぶり:
ダイハツ、「ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ 2つの個性
ダイハツは7月13日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」を約6年ぶりにフルモデルチェンジし、全国で発売する。(2022/7/5)

車両デザイン:
「コペンは何としても作り続ける」、20周年を迎えてダイハツが意気込む
ダイハツ工業は2022年6月19日、軽オープンスポーツカー「コペン」の20周年に合わせた取り組みを発表した。同社は2002年6月にコペンの初代モデルを発売。2014年6月にフルモデルチェンジし、「ローブ」「エクスプレイ」「セロ」といったモデルを追加した。着せ替え可能なドレスパーツも展開している。2019年10月には、トヨタ自動車と協力して、コペンのGR SPORTモデルも発売した。(2022/6/20)

個人向け15.6型dynabookに2022年夏モデル 6月17日から順次発売
Dynabookが、15.6型の個人向けノートPCのラインアップを刷新する。先行して発表された最上位モデルをベースにさまざまなスペックのモデルを横展開する他、エントリーモデルもCPUを強化してモデルチェンジする。(2022/6/9)

M2チップ搭載でファンレス駆動 新型「MacBook Air」は7月発売 16万4800円から
Appleの薄型ノートPC「MacBook Air」がモデルチェンジされる。新型のApple M2チップを搭載して処理パフォーマンスを向上しつつも、ファンレス設計は堅持している。店頭販売の上位構成には、新しいACアダプターも付属する。(2022/6/7)

製品動向:
「作業者安全モニタリングシステム」用センサーデバイスを小型軽量化、戸田建設
戸田建設は、村田製作所と協業し、2019年5月に発売した「作業者安全モニタリングシステム」用センサーデバイスをモデルチェンジし、小型軽量化を達成した新モデルを2022年6月に販売開始した。(2022/6/6)

電動化:
新型RXは電動化時代のレクサスらしい走り、運転する楽しさを体現
トヨタ自動車は2022年6月1日、レクサスブランドのSUV「RX」をフルモデルチェンジして世界初公開した。多様化するユーザーのニーズに対応して、さまざまなパワートレインを用意した。日本では2022年秋に発売する。(2022/6/2)

FAニュース:
主軸振動を従来比65%低減、立形リニアモーターマシンの新製品
松浦機械製作所は、立形リニアモーターマシンをモデルチェンジし、5軸のハイプレシジョンリニアモータマシン「LF-160」を発表した。超高速領域での主軸振動を従来比65%低減し、表面粗さでRa0.1μm(実績値)を達成している。(2022/5/23)

FAニュース:
フローティング機構内蔵のバリ取り用ツールホルダをフルモデルチェンジ
スギノマシンは、伸縮型のフローティング機構を搭載したツールホルダ「BARRIQUAN BRQ-TX01」の販売を開始した。最大10mmの伸縮で工具をワークにならわせ、バリの取り残しやワークの削れすぎを防ぐ。(2022/5/17)

わずか半年でモデルチェンジ? 「AQUOS wish2」登場の背景、実はデュアルSIM版も
フラグシップモデル「AQUOS R7」と同時にサラッと発表された“もう1つの新製品”AQUOS wish2。小幅な性能向上だけの新モデルを投入する背景は(2022/5/11)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:スクーター部門【フルモデルチェンジのPCXが4連覇】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」スクーター部門の結果発表。(2022/4/27)

石野純也のMobile Eye:
「iPad Air(第5世代)」はiPad Pro並みに性能が向上したが、悩ましいデバイスだ
M1チップを搭載した第5世代のiPad Airが、3月18日に発売された。第4世代でフルモデルチェンジを果たし、iPad Proの流れをくんだボディーを採用したiPad Airだが、第5世代はその流れを踏襲。使ってみて分かったのは、最大のライバルが11型のiPad Proだということだ。(2022/3/19)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone SE(第3世代)」は結局どこが進化してどんなユーザー向けなのか 最新チップがもたらす大きな違い
2年ぶりのモデルチェンジで第3世代となった「iPhone SE」。Appleが「キホンのiPhone」といえるiPhone SEに最新チップを組み込むのはなぜか。それがもたらす価値とともに、iPhone SEを選ぶ理由について考える。(2022/3/9)

ネオクラ最新モードは“ワル系”! ヤマハ「新型XSR900」ディテールチェック
スポーツ系ネオクラシックの雄=ヤマハXSR900がフルモデルチェンジ。ワルっぽい雰囲気が漂う新型をじっくりチェックします。(2022/3/6)

最大100GbE内蔵:
通信インフラでの利用を想定 Intelが新型「Xeon Dプロセッサ」を投入
エッジコンピューティングを含む通信インフラ機器での利用を想定した「Xeon Dプロセッサ」がモデルチェンジした。CPU部分はIce Lakeアーキテクチャベースとなり、CPU直結のPCI Express 4.0バスも用意される。(2022/2/25)

札幌テレビ放送「STVどさんこアプリ」、7カ月で10万ダウンロード達成 営業展開に活路
札幌テレビ放送(STV)は、2021年7月にフルモデルチェンジをした番組連動機能付きアプリ「STVどさんこアプリ」が、10万ダウンロードを達成したと発表した。(2022/2/25)

ホンダ「新型モンキー125&スーパーカブC125」試乗比較インプレッション 味わいは不変。さらに上質に進化
かわいく楽しくカッコイイ125cc、モンキー125とスーパーカブC125がモデルチェンジ。どこが進化したのか、何が楽しいのかをズバッとチェックします!(2022/2/12)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
モデルチェンジした「Hue ディマースイッチ」は何が変わった? 実際に使い比べて分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はPhilipsのスマート照明「Hue」のオプション製品を試した。(2022/2/8)

ホンダ「リード125」がモデルチェンジ! 利便性を追求した通勤快速原付二種スクーター、そのできは?
原付二種スクーター「リード125」がモデルチェンジ。PCX系の新エンジンで進化した「通勤快速スクーター」気になる変更点は……?(2022/2/5)

最新メカニズム&装備で超絶進化! 新型ノア&ヴォクシー、ついに登場 性能・装備のポイントを解説
ファミリー層に人気! トヨタ「ノア」「ヴォクシー」がフルモデルチェンジ。早速気になるスタイルと装備を解説します。(2022/1/22)

安全システム:
ノア/ヴォクシーが全面改良、OTAや遠隔駐車、二輪検知の自動ブレーキを搭載
トヨタ自動車は2022年1月13日、「ノア」「ヴォクシー」をフルモデルチェンジして発売したと発表した。TNGA(Toyota New Global Architecture)の「GA-C」プラットフォームを採用し、車高の高さを感じさせない上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現した。また、パッケージングと使い勝手の良さを深化させるとともに、先進装備を採用して商品力を高めた。(2022/1/14)

フルモデルチェンジ:
トヨタ、新型「ノア」「ヴォクシー」を発売 1月13日から
トヨタ自動車は「ノア」「ヴォクシー」をフルモデルチェンジし、1月13日から販売を始める。両クルマとも今回が4代目となる。(2022/1/13)

2グレード構成:
ジープ、10年ぶりの新型「グランドチェロキー L」を発売 2月19日より
FCAジャパンは12月13日、Jeep(ジープ)のフラッグシップSUVをフルモデルチェンジした「グランドチェロキー L」の発売を発表した。2月19日より販売する。2グレード構成で価格は788万円と999万円となる。(2021/12/14)

安全システム:
スズキ「アルト」が全面改良、94万円でステレオカメラと6エアバッグが標準装備
スズキは2021年12月10日、フルモデルチェンジした軽自動車「アルト」の新モデルを発表した。(2021/12/13)

【スバル フラッグシップ対決】流行のSUVか? それとも伝統のワゴンか? 新型レガシィアウトバック vs. レヴォーグ 前編
レガシィ アウトバックが待望のフルモデルチェンジ! そうなると気になるのがレヴォーグとの力関係。ポイントごとに両モデルを比較していきます。(2021/12/11)

KTM「RC390」がフルモデルチェンジ! スタイリング一新&骨格の軽量化も達成
いわゆる中免(普通二輪免許)ライダーがフルに楽しめるスーパースポーツモデル! シビれるカッコよさです。(2021/11/28)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「M1 Pro」「M1 Max」は結局どこが違って何が進化したのか 極めて合理的なAppleの選択
MacBook Proのモデルチェンジとともに登場したAppleの新チップ「M1 Pro」「M1 Max」。飛躍的に性能が向上したというが、その内部構造から秘密に迫る。(2021/10/20)

VAIO Zの技術を適用した新型「VAIO SX12/14」登場 よりパワフルになって10月22日発売 VAIO Zの「勝色」も
VAIOの12.5型/14型モバイルノートPCがモデルチェンジする。基本的なデザインテイストは先代から引き継いでいるが、2021年2月に登場した「VAIO Z」で採用された新技術などを盛り込むことでパフォーマンスや使い勝手を大幅に改善している。【追記】(2021/10/13)

全面刷新の「iPad mini」を試す iPhone 13並みの性能と5G対応がうれしい
フルモデルチェンジを果たしたiPad miniだが、サイズ感は従来モデルと同じでタブレットとしては非常にコンパクトだ。iPhone 13シリーズと同じ「A15 Bionic」を搭載しておりパフォーマンスも十分。5Gに対応したこともうれしい進化といえる。(2021/9/22)

第9世代iPadに感じた妥協しない価値 iPad miniとクイックメモに感じた新しい展望
フルモデルチェンジを果たした「iPad mini」と、着実に進化した「第9世代iPad」の実機を林信行氏がレビュー。両モデルから見えてきた、Appleが目指す方向性とは?(2021/9/22)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」はまたもカメラが劇的進化 大型のプロ用カメラをスマホでどこまで再現できるのか
Appleが「iPhone 13」シリーズを発表。販売台数でいえば、メインはProではない無印の「iPhone 13」だが、注目はやはり「iPhone 13 Pro」におけるカメラ機能の大幅進化だ。今回のモデルチェンジで大型のプロ用カメラにどこまで近づけたのだろうか。(2021/9/15)

「iPad mini」がフルモデルチェンジ USB Type-Cポート搭載+5G対応で9月24日発売
Appleが「iPad mini」をフルモデルチェンジした。現行の「iPad Pro」や「iPad Air」と似たデザインとなり、外部接続端子はLightningからUSB Type-Cに変更された他、Wi-Fi + Celluarモデルでは5G対応も果たしている。(2021/9/15)

製品動向:
冷媒の漏えい検知・フレア加工不要・消費電力7%削減の新型エアコン、ダイキン工業
ダイキン工業は、ビル用マルチエアコン「VRV」や店舗・オフィス用エアコン「スカイエア」、店舗・オフィス用マルチエアコン「machi マルチ」シリーズの新型を開発した。新型は「冷媒漏えい検知機能」「システムでの省CO2化」「フレアレスジョイント」といった新機能を備えている。今後は、こういった機能を同社のエアコンに搭載するために、1100機種以上のモデルチェンジを行う予定だ。(2021/9/8)

厚みの違いだけではなかった:
モデルチェンジの理由は? 第5世代12.9インチiPad Pro用「Magic Keyboard」の秘密を探る
Apple M1チップを搭載した新型の12.9インチiPad Pro(第5世代)用の専用オプション「Magic Keyboard」。従来モデルとの違いは何か、なぜ第4世代以前のモデルを対象外としたのか探ってみた。(2021/8/3)

既に納期1年以上待ち……!?!? トヨタ、新型「ランドクルーザー」発売 14年ぶりフルモデルチェンジ、いきなり爆発人気
初の「指紋認証」機能、「GR SPORT」設定も。(2021/8/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型86とBRZ スポーツカービジネスの最新トレンド
トヨタとスバルは、協業開発したFRスポーツカーとして、2012年からトヨタ86とスバルBRZを販売してきた。この2台のスポーツカーがこの度フルモデルチェンジを果たし、袖ケ浦フォレストレースウェイで、プロトタイプの試乗会が開催されたのだ。そこで86/BRZのインプレッションレポートと併せて、何がどう変わり、それがスポーツカービジネスをどのように変えていくかについて、まとめてみたい。(2021/7/26)

電気自動車:
アクアが10年目で全面改良、バイポーラ型ニッケル水素電池で走行性能を向上
トヨタ自動車は2021年7月19日、ハイブリッド車(HEV)「アクア」をフルモデルチェンジして発売した。WLTCモード燃費は先代モデルから20%改善。先代モデルの燃費はJC08モード35.4km/l(リットル)だったが、新型アクアは、JC08モードと比べてより実走行に近い燃費性能が分かるWLTCモード燃費で35.8km/lを達成した。(2021/7/20)

ヤマハ、猛獣系マッチョバイク「MT-09」フルモデルチェンジ 怖ぇ顔だぜ……!
実はホイールも超技術っぽくて何かすげぇ……。(2021/6/22)

ホンダ、フルモデルチェンジする「シビック」をチラ見せ 6月24日発表【更新】
タイプRもあるかなー?(2021/6/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
新型ランクルとソフトウェアファーストなGRヤリス、愛されるクルマづくりは全方位
さて、今週も自動車に関してさまざまな出来事がありました。なんといっても、まずは“ランクル”のフルモデルチェンジです。(2021/6/12)

キター!! トヨタ、新型「ランドクルーザー」初公開 ランクル70周年に14年ぶりのフルモデルチェンジ
顔ごっつい……!(2021/6/11)

FCNTが法人向けSIMフリースマホ「arrows BZ02」を8月下旬に発売 デュアルSIMにも対応
FCNTが、法人向けのSIMロックフリースマートフォンをモデルチェンジし、8月下旬に発売する。スペックアップを図りつつも、容量3600mAhのバッテリーと85%で充電を止める「電池長持ち充電」機能などを搭載し、ビジネスでの長期利用に最適なモデルとなっている。(2021/6/9)

Microsoft 365とのセットモデルも用意:
Amazon、10.1型タブレット「Fire HD 10」を刷新 メモリ4GBで無線充電対応の「Plus」モデルも
Amazonは、同社製10.1型タブレット「Fire HD 10」をフルモデルチェンジし、新たに上位モデルの「Fire HD 10 Plus」を追加した。キッズモデルも新モデルになる他、BluetoothキーボードやMicrosoft 365とのセットモデルなども用意される。出荷は5月26日の見込みだ。(2021/4/27)

こ、怖ぇ顔だな…… スズキ、野獣スタイルのマッチョバイク「GSX-S1000」をフルモデルチェンジ
縦目2灯のライト新採用、ユーロ5にも対応。マッチョ〜。(2021/4/27)

より力強いデザイン:
ホンダ、新型「ヴェゼル」を4月23日発売 初のフルモデルチェンジ
ホンダは小型SUVの新型「ヴェゼル」を4月23日に発売すると発表した(2021/4/22)

7色のカラバリで展開:
iMacがM1チップを搭載し23.5型にフルモデルチェンジ――キーボードも3タイプから選択可能
Appleが、M1チップを搭載した新型iMacを発表し、4月30日から注文を受け付ける。発売は5月後半で、8コアGPUの上位モデルが税込み19万9800円〜、7コアGPUの下位モデルは税込み15万4800円〜となっている。(2021/4/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。