「ミッションクリティカル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミッションクリティカル」に関する情報が集まったページです。

Gartner Insights Pickup(352):
サードパーティーリスクに対処してビジネスレジリエンスを確保するには
今日の企業は、サイバーセキュリティだけでなく、特に地政学や金融などのさまざまなリスクがある不確実な世界で事業を展開している。だが、セキュリティとリスクマネジメントのリーダーは、ミッションクリティカルな業務の完全性を、常に例外なく確保することを求められている。(2024/5/24)

オンプレミスに残る重要データもフルマネージドでクラウドデータ基盤へ――日立とAWSが協業
企業内に残る重要システムには企業のノウハウが詰まっている。だがミッションクリティカルな要件を持つシステムはクラウド移行が難しく、そのデータを生かすにはリスクが伴うことが多かった。日立とAWSがこの問題の解決に本腰を入れる。(2024/3/18)

システムのクラウド移行に伴う不安を一掃
SPARCサーバ資産を無駄にせず、クラウド化を成功させるための“最適解”を探る
2000年代から幅広い業種/業態のミッションクリティカルなシステムで利用されてきたSPARCサーバ。だが、システム老朽化や開発/運用人材不足などで早期のモダナイゼーションが求められている。その“最適解”はあるのだろうか。(2024/3/18)

Gartner Insights Pickup(339):
業界の課題に応える「インダストリークラウドプラットフォーム」とは
インダストリークラウドプラットフォーム(ICP)は、企業のミッションクリティカルな優先事項に合わせて、業界固有の成果を実現する。本稿では、ICPの仕組みと新たな価値について紹介する。(2024/2/22)

生成AI「だけ」では業務は回らない 「OCI Generative AI」はエンタープライズのユースケース網羅をねらう
ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションと生成AIエンジンの両方を持つことが強み――。Oracleがデータベースとアプリケーション、買収したAI Techを生かして事業をドライブさせようとしている。(2024/2/5)

最終ゴールが見えない中、どう進めるべきか
ミッションクリティカルシステムにも急務となったモダナイゼーションの現実解
ITがビジネスに直結する昨今、社会環境や顧客の変化に即応できるアーキテクチャーへのモダナイゼーションが求められている。金融、交通、電力といった社会インフラを支えるミッションクリティカルな領域も同様だ。どう手を付ければいいのか。(2023/11/15)

AWS移行で悩ましい運用監視の取り扱い
クラウド監視の冗長化に立ちはだかる複数のハードル、他社はどう乗り越えた?
ミッションクリティカルなシステムのクラウド移行が増える中、その運用監視環境の冗長化が課題となるケースも多いようだ。クラウドサービスによってはクラスタ化の制約もある。信頼性の高い監視環境を実現する、効果的な手段はないものか。(2023/7/25)

シンプレクスがPagerDutyを導入 ミッションクリティカルなシステムの安定稼働を目指す
シンプレクスはミッションクリティカルなシステムにおけるインシデント対応を自動化するためにPagerDutyを採用した。製品の導入によって、人手に頼った従来の運用体制からどのような変化が生じたのか。(2023/6/9)

リアルタイムOS「BlackBerry QNX」:
PR:機能安全とセキュリティが求められるミッションクリティカルな組み込み開発
医療機器や産業機器、ロボット、公共交通システムといったミッションクリティカルシステムの組み込み開発は、リアルタイム性が求められる一方でソフトウェアの規模も拡大している。さらに機能安全規格やセキュリティへの対応も必要だ。(2023/5/10)

トップインタビュー2023:
ミッションクリティカルなITシステムのクラウド化が進む2023年 OCIの採用がさらに加速する
クラウドベンダーとして注目を集めてるOracle。第4のプレイヤーとしてその名が挙がることも多いが、一体何が優れているのか。「Oracleは第2世代」と話す日本オラクルの三澤智光氏に、Oracleの強みと第1世代との決定的な違いを聞いた。(2023/1/11)

「自動改札機のようなITプロセス」を共創する:
キンドリルジャパン、「Kyndryl Bridge」でミッションクリティカルな運用現場の変革を支援へ
キンドリルジャパンは事業戦略記者説明会を開催し、新たに提供するデジタル統合プラットフォーム「Kyndryl Bridge」を紹介した。(2022/12/13)

PaaS「Heroku」が無料プラン廃止、11月から 非アクティブなアカウントとストレージも削除
米Salesforceの子会社である米Herokuは、同社が提供するPaaS「Heroku」の無料プランを廃止すると発表した。今後はサービスの運営上不可欠なミッションクリティカルな機能の提供にリソースを集中させると説明している。(2022/8/26)

データストリーミングリソースを自動管理 Confluentが「Terraform Provider」を発表
Confluentは、「Confluent Terraform Provider」を発表した。同社は、Confluent Cloud APIによってミッションクリティカルなデータストリーミングリソースを自動管理するとしている。(2022/7/26)

クラウド移行の難題を克服
逃れられない「ミッションクリティカルシステムのクラウド移行」の正しい進め方
ミッションクリティカルなシステムのマイグレーション(移行)やレプリケーション(複製)は難しい傾向にあり、これが企業のシステム停止リスクを高める一因となっている。システムを確実に保護するには、どのような方法を選択すべきか。(2022/6/20)

Google、Amazon Auroraに対抗するDB「AlloyDB for PostgreSQL」発表 通常のPostgreSQLよりOLTPが4倍、OLAPが100倍高速に
米Google Cloudが、PostgreSQLフル互換の高性能な新データベースサービス「AlloyDB for PostgreSQL」のプレビューリリースを発表した。以前から提供しているPostgreSQLのマネージドサービス「Cloud SQL for PostgreSQL」に比べ、ミッションクリティカル向けのサービスとして構築したという。(2022/5/12)

ハイブリッド/マルチクラウド活用からエコシステムを形成:
PR:日本企業のDX推進、エクイニクスとキンドリルの戦略的協業がもたらす2つの価値
2021年12月、ミッションクリティカルなITシステムを支えるキンドリルと、データセンターサービス分野に強みを持つエクイニクスが戦略的協業を発表した。その狙いと具体的な提供価値は何か。両社のトップに話を聞いた。(2022/6/6)

IBMとSAPが「RISE with SAP」の新サービスを開始 ミッションクリティカルなワークロードのクラウド移行を支援
IBMとSAPは、顧客のSAPソリューション環境からクラウドへのワークロード移行を支援する新サービスを開始する。IBMはクラウドインフラとテクニカルマネージドサービスなどを提供する。(2022/2/17)

SaaSの強みを最大限に引き出すためにすべきこと:
PR:“失敗できない”SaaSシステム開発運用に打開策はあるか DevOpsの「最適解」を探る
ミッションクリティカルな大規模業務システムにSaaSを採用するケースが増えている。従来型の開発手法では、スピーディーかつ柔軟な開発運用体制を実現するのが困難になったためだ。SaaS利用を前提とした体制に変革するポイントとは。(2022/1/21)

主要DR製品の違い【前編】
止められないシステムに必須の「DR」機能とは CommvaultとZertoを比較
DR(災害復旧)製品を使うことでミッションクリティカルなシステムの稼働を維持する方法がある。Commvault Systemsの「Commvault Disaster Recovery」と、Zertoの「Zerto Enterprise Cloud Edition」の仕組みや機能を比較する。(2021/11/30)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ミッションクリティカルな本番データの保存、安全かつ効果的に行う秘訣とは?
クリティカルな本番データの保存には、一長一短があるスナップショット。とはいえ、仮想マシンを含む多様なデータを保護し、一貫性のあるデータ保護環境を構成できる魅力は捨てがたい。スナップショットを軸とした保護方法を考えてみよう。(2021/4/8)

システムのクラウド移行に伴う不安を一掃
大規模な仮想サーバインフラとミッションクリティカルDBのクラウド化の現実解
企業のクラウド利用が当たり前となった今でも、既存システムのクラウド化にはまだ課題が多く残っている。特に業務で使用しているミッションクリティカルなシステムの移行では、どうすれば課題を解決し、クラウド化を実現できるのだろうか。(2021/4/12)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
優れた耐障害性と俊敏性を兼備、自己管理型インテリジェントストレージの実力
多くの企業のIT部門はインフラ管理やトラブル対応に時間を割かれ、ミッションクリティカルなアプリケーションに対応できない状況だ。そこで注目したいのが、高い耐障害性とクラウドのアジリティを兼ね備えたストレージプラットフォームだ。(2021/8/2)

リアルタイムOS列伝(6):
買収の果てにオープンソース化した「Micrium μC/OS」、実は使い勝手がいい!?
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第6回は、ミッションクリティカルな用途でも広く用いられている「Micrium μC/OS」を取り上げる。(2020/10/6)

ゼットラボ、NRIに聞く:
PR:Kubernetesでステートフルアプリをどう動かすか
クラウドネイティブアプリケーションの運用基盤としてデファクトとなったKubernetes。稼働させるワークロードも多様化し、金融業などをはじめ、収益を担う一般顧客向けアプリケーションをKubernetes上で動かすケースも増えている。これに伴い、注目を集めているのがミッションクリティカルなビジネスを支える「データを保持することが求められるステートフルアプリケーション」のKubernetes上での運用だ。これを効率的かつ安全に動かすポイントとは何か? Kubernetesに詳しいゼットラボ、NRI、ネットアップに所属する三者に話を聞いた。(2020/4/23)

ネットワーク内部を可視化する
医療業界も注目、「高度な脅威」を可視化する情報セキュリティのアプローチとは
ミッションクリティカルな業務ゆえ、特に強固な情報セキュリティが求められる医療機関。ネットワーク内部に侵入した「高度な脅威」も可視化した長崎大学病院の事例を基に、情報セキュリティ強化に有効な新たなアプローチを紹介する。(2020/3/9)

製造業IoT:
PR:製造業を変えるネットワークの力、“手離れの良い”無線LANで工場はさらに進化する
製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの実現において、データの懸け橋を担うネットワーク機器の存在は欠かせない。特にミッションクリティカルな製造現場での利用では、単に機器同士のつながりを実現するだけでなく、その通信方式やセキュリティ対策などにも目を向けなければならない。アライドテレシスのプライベートイベント「Exchangeカンファレンス2019」では、つながる時代の到来を迎えた今、必要とされる次世代ネットワーク技術の最新動向や知見の数々が披露された。(2019/6/24)

限られた人材リソースでもここまでできる
事業者と二人三脚で見つけたクラウド移行の最適解
大規模システムや事業基盤などミッションクリティカルなシステムをクラウドに移行するには、考えるべきことが多く企業にとって大変な負荷となる。初めてのクラウド移行を三菱電機エンジニアリングはどう乗り越えたのか。(2019/6/20)

止められない大規模システムでも安心
「HCIはミッションクリティカルなシステムに向かない」はもう古い
「止められないシステムを載せるITインフラには、3階層システムの方が高性能で信頼性も高い」という考えはもう古いかもしれない。HCIには3階層システムの欠点を克服でき、その長所を上回る魅力があるからだ。(2019/4/12)

イメージほど高価ではない
x86やクラウドよりもLinuxメインフレームを選ぶべき理由
時代遅れで高価で管理が難しいというイメージが定着しているメインフレームの価値を問い直す。大規模かつミッションクリティカルなシステムを運用するなら、コスト効率の高い選択肢の一つとなる。(2019/2/6)

ニトリ、グローバル展開に向け、基幹DBシステムをPOWER9搭載ハイエンドサーバ「IBM Power System E980」で刷新
グローバル化と事業領域の拡大に取り組むニトリは、店舗の急増と売上拡大を支えるミッションクリティカルな新システム基盤に、IBMのハイエンドサーバ「IBM Power System E980 server」とオールフラッシュストレージ「IBM DS8886F」を採用した。(2018/10/29)

IT用語解説系マンガ:食べ超(146):
ミッションクリティカルだけど笑顔で落ちるシステムです
システムはよく落ちますが、謝罪スタッフの充実度で業界をリードしています。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2018/9/12)

高い技術力と確かな品質管理が生む競争力
他社ストレージからのリプレースが急増中、なぜファーウェイが選ばれるのか
ストレージはまだコストも高く、ミッションクリティカルな業務だとなおさらだ。コストメリットと性能を両立した「新しい選択肢」、ファーウェイのストレージの魅力とは。(2018/4/17)

求職者約780万人、国内最大級の人材サービス企業のクラウド活用とは:
PR:パーソルホールディングスはOracle Cloudをどう使い、どう評価したか?
国内最大級の人材サービス企業として、膨大な数の求職者/取引企業のニーズに応え続けているパーソルホールディングス。超ミッションクリティカルなシステムと膨大なデータを持つ同社は、他業種以上にスピードと柔軟性が求められる人材サービス業において、どのようにクラウドを使いこなしているのだろうか。Oracle Cloud導入の経緯と評価を詳しく聞いた。(2018/2/28)

小さな怪物サーバ登場!!:
PR:世界が「真のリアルタイム」を手にする日
稼働率99.999%を実現するミッションクリティカルサーバであり、最大896コア/48TBメモリを1つのOSから利用できるスケーラビリティを誇る「HPE Superdome Flex」。4人のキーパーソンにその強みを聞いた。(2018/1/26)

東芝デジタルソリューションズ/デルテクノロジーズ:
東芝アナリティクスAI「SATLYS」の実行環境を構築し、開発・評価を実施
東芝デジタルソリューションズは、ミッションクリティカル領域でのAIサービスについて、米デルテクノロジーズと技術協業することを発表した。(2017/12/14)

製造マネジメントニュース:
ミッションクリティカル領域でのAIサービスの技術協業に合意
東芝デジタルソリューションズと米デルテクノロジーズは、ミッションクリティカル領域でのAIサービスについて技術協業することに合意した。(2017/12/1)

VectorCAST:
PR:複雑化する組み込みソフトの頻繁な仕様変更に対応する「変更ベーステスト」とは
ミッションクリティカル分野の制御システムの組み込みソフトウェア品質には高い水準が求められる。Vector Softwareの「VectorCAST」はこの高い品質を実現するとともに、複雑化する制御システムの仕様変更にも柔軟に対応できる「変更ベーステスト」が可能なテスト自動化ソリューションだ。(2017/10/19)

サポート期間を8年まで拡大、共同で24時間サポートも新設:
富士通とSUSE、ミッションクリティカル領域のSUSE運用者向けサポートサービスを開始
富士通とSUSEは、「SUSE Enterprise Linux Server」を利用する顧客に向けて、プレミアムサポートサービス「SUSE Business Critical Linux」の提供を開始する。サポート期間を最長8年まで拡大し、24時間サポート体制を敷く。(2017/6/30)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:VMAX ALL FLASHはミッションクリティカルとオールフラッシュの架け橋だ
「VMAX ALL FLASH」は、画期的なアーキテクチャを備えたストレージだ。だからこそ、インフラレベルでの可用性管理やデータ保護が不可欠なミッションクリティカルアプリケーションで、オールフラッシュのメリットをフルに生かすことができる。(2017/5/22)

確かな技術力とノウハウ、最新ソリューションの活用が成功の鍵:
PR:ミッションクリティカル分野の「DBアップグレード」はどう進めるべき? 富士通北陸システムズとオラクルのキーパーソンが語る勘所
ミッションクリティカル領域におけるオラクル製品の活用に関して豊富な実績と高い技術力を誇る富士通北陸システムズ。ORACLE MASTER Platinumを有する同社のエキスパートらが、Oracle Database製品の開発を主導するキーパーソンと“データベースアップグレード”を巡って議論を交わした。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2017/2/15)

SAP S/4HANAもクラウド化――Azureに仮想マシン「Gシリーズ」追加
日本マイクロソフトが、Azureの日本データセンター東日本リージョンにおいて、SAPのERP製品などを中心としたミッションクリティカルな基幹業務システムの提供も可能な仮想マシン「Gシリーズ」を追加した。(2017/1/17)

ハイブリッドクラウド、ミッションクリティカル、コンテナの3分野が対象:
富士通とSUSE、企業向けOSS製品開発/サポートで協業
富士通とSUSEが企業向けOSS製品の開発/サポートで戦略的協業を行うと発表。OSSにおけるハイブリッドクラウド対応製品、ミッションクリティカルサポート、将来のコンテナ技術の3分野において、オープンソースコミュニティーでの開発からマーケティング、販売を共同展開する。(2016/11/17)

日立、ハイエンド向けオールフラッシュアレイ「VSP F1500」を発売
オールフラッシュアレイ「VSP Fシリーズ」のハイエンドモデル「VSP F1500」を発売。ミッションクリティカルなシステム環境向けに高い信頼性と可用性を提供する。(2016/10/27)

製造業IoT:
ミッションクリティカルIoTに最適なデータ転送ミドルウェア、セゾン情報が発売
セゾン情報システムズは、IoT(モノのインターネット)向けのデータ連携ミドルウェア「HULFT IoT」を発表した。業務システム向けのファイル転送ミドルウェア「HULFT」をベースに、機器監視や位置追跡、防犯・モニタリング、決済、利用料測定などの「ミッションクリティカル領域」で用いられるIoTのデータ転送に最適化したことを特徴とする。(2016/9/13)

HPE、ミッションクリティカルx86サーバの新モデルを発売
日本ヒューレット・パッカードは、ミッションクリティカルシステム向けのx86サーバ「HPE Integrity Superdome X」の新製品を発売した。最大16CPU、24TBメモリの搭載が可能だという。(2016/8/31)

クラウド導入へ踏み出せない企業のために:
PR:ミッションクリティカルシステムのAWS移行、3つの課題と対策
AWS(Amazon Web Services)をはじめとするクラウドサービスの発展・浸透を受けて、基幹系システムのクラウド移行を検討する企業が増加している。だがクラウド上で、基幹系システムのような“決して止まってはならないシステム”の運用性と可用性を担保するためには、さまざまな技術とノウハウが求められる。人とコストなど限られたリソースの中でも、安全かつスムーズに基幹系システムをクラウドへ移行するためにはどうすればよいのだろうか?(2016/8/22)

技術面から見た「みずほクラウド」の革新性:
PR:ミッションクリティカルシステムをクラウドに移行できた3つの技術的背景
金融大手みずほフィナンシャルグループが、プライベートクラウド基盤を本格稼働。リスク計測システムを含むミッションクリティカルシステムでもクラウド運用を実現した背景にある技術を探った。(2016/7/21)

3社提供ホワイトペーパー
SAPシステムの運用コストを40%削減、タマホームに学ぶ基幹系のクラウド移行術
住宅の施工・販売業者のタマホームは、SAPシステムの運用コスト増大に対応するため、大規模なシステムをクラウドに移行した。運用コストを40%削減したという同社の事例を基に、ミッションクリティカルな基幹系のクラウド化に成功するためのヒントを探る。(2016/6/30)

3社提供ホワイトペーパー
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
ミッションクリティカルなシステムをクラウド移行する際に最も重視されるのがベンダーの信頼性だ。そこで、信頼できるベンダーに基幹系システムだけでなく情報系システムを含めたクラウド化を任せる企業が増えつつある。(2016/6/30)

3社提供ホワイトペーパー
SAPシステムのクラウド移行、必ず確認すべき品質基準とは?
SAP ERPなどのミッションクリティカルな情報システムのクラウド化では、サービスの信頼性を慎重に検討する必要がある。SAPシステムのクラウド移行であれば、品質基準の認定をクリアしているかどうかなどがサービス選びの重要ポイントとなる。(2016/6/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。