• 関連の記事

「関西」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関西」に関する情報が集まったページです。

“現金お断り”の大阪・関西万博、周知ポスター公開
2025日本国際博覧会協会とキャッシュレス推進協議会は19日、会場内での全面キャッシュレス化に向け、告知するポスターのデザインを公開した。(2024/6/20)

万博「空飛ぶクルマ」商用飛行を断念 スカイドライブ、デモフライトにとどめる
スカイドライブ(愛知県豊田市)が、2025年大阪・関西万博の目玉「空飛ぶクルマ」について、万博では乗客を乗せずにデモフライトを行うと発表した。乗客を乗せる「商用運航」を模索していたが、事実上の断念を表明した形となった。(2024/6/17)

万博「空飛ぶクルマ」商用飛行を断念 スカイドライブ、デモフライトにとどめる
スカイドライブは14日、2025年大阪・関西万博の目玉「空飛ぶクルマ」について、万博では乗客を乗せずにデモフライトを行うと発表した。乗客を乗せる「商用運航」を模索していたが、事実上の断念を表明した形となった。(2024/6/15)

北陸新幹線「小浜経由は金科玉条か」 敦賀開業3カ月「米原ルート」の再考求める動き
北陸新幹線金沢−敦賀間の延伸開業から16日で3カ月となる。首都圏方面からの利用は好調なものの、北陸への直通特急が廃止された関西方面からの移動は伸び悩む。(2024/6/15)

大阪・関西万博に森の中の寿司屋「スシロー未来型万博店(仮称)」が出店
FOOD&LIFE COMPANIESは、2025年に開催される日本国際博覧会(大阪・関西万博)で、「スシロー」の店舗を出店することを発表した。(2024/6/14)

関西弁を操る家庭教師の正体は…… まさかのAI活用法に「はかどりそう」「頼もしい」と反響
口調が変わっただけで、なんとなく分かりやすい気がする。(2024/6/7)

関西一円の私鉄がチケットレスで乗れるQRコード乗車券「スルッとQRtto」、6月17日からサービス開始
スルッとKANSAI協議会は5月30日、QRコードを活用したデジタル乗車券「スルッとQRtto(クルット)」を開始すると発表した。サービス開始日は6月17日。(2024/5/31)

「かわちぃ」「私服も最強かよ」 ファイターズガールが私服ショット披露 関西訪れた姿にファン感激「私服ガール可愛すぎ」
私服もかわいい〜!(2024/5/31)

関西私鉄、QR乗車券「スルットQRtto(クルット)」6月17日スタート
スマホに表示したQRコードで改札を通過できるデジタル乗車券「スルッと QRtto(クルット)」のサービスが6月17日にスタート。(2024/5/31)

日本IBMら4社、大阪・関西万博で視覚障がい者向けナビゲーションロボットの実証実験を計画
アルプスアルパイン、オムロン、清水建設、日本アイ・ビー・エムの4社は、2025年の大阪・関西万博の会場内で、視覚障がい者向けナビゲーションロボット「AIスーツケース」の実証実験に取り組むことを発表した。(2024/5/31)

「AIスーツケース」、大阪・関西万博で実証実験へ 会場内で複数台を運用
視覚障がい者向けのナビゲーションロボット「AIスーツケース」の実証実験が大阪・関西万博で行われる。(2024/5/29)

大阪・関西万博:
大阪・関西万博会場にNECの顔認証導入、入場管理で120万規模 「手ぶら決済」も可能に
NECは、大阪・関西万博の入場管理と店舗決済に顔認証システムを提供する。国内の顔認証提供事例として最大規模の120万IDを想定している。(2024/5/28)

大阪万博、NECの顔認証システム導入 入場管理・決済に活用 ID数は120万で同社の国内最大事例に
2025年日本国際博覧会協会は、大阪・関西万博でNECの顔認証システムを活用した入場管理と店舗決済の仕組みを導入すると発表した。入場時に顔認証を行うことでなりすましを防ぐ他、顔認証による電子マネー決済を可能にし、店舗での買い物を簡便化するという。(2024/5/24)

日向坂46・小西夏菜実、一般客に混ざり参加のイベントで「ビジュ爆発」「爆風でも美人」視聴者驚がく 「早よ東カレ出ろ」「まだまだ凄いメンバーいるじゃん日向坂」声続々
ファン「デコ出し 綺麗系 関西 というプラス要素のバーゲンセール」「俺のテレビが喜びすぎてて踊り始めてる」(2024/5/23)

ミズノ最高クラスの反発性:
シューズに変身したミャクミャク 実は高性能で、注文は好調
赤いデコボコの靴底に6つの目玉、青い胴体−。大阪・関西万博のマスコットキャラクター「ミャクミャク」が変身したとしか思えないシューズがミズノから発表され話題を呼んでいる。(2024/5/18)

大阪・関西万博:
万博の工事現場に「スマート店舗トレーラー」のファミマを開店 竹中工務店
竹中工務店は、大阪・関西万博の工事現場内に、環境配慮型スマート店舗トレーラーを試験導入した。店舗運営はファミリーマートが担い、現場で働く建設技能労働者に商品の販売やサービスを提供する。(2024/5/16)

ファミマ、コンビニ初の「移動型無人トレーラー店舗」登場 特徴は?
ファミリーマートは、大阪・関西万博工事現場内に、コンビニ初となる移動型無人トレーラー店舗をオープンした。(2024/5/13)

「移動する無人ファミマ」、大阪万博の建設現場に登場 いずれは買い物支援にも
ファミリーマートは13日、移動型の無人トレーラー店舗「ファミリーマート舞洲/N店」を大阪・関西万博の建設現場にオープンすると発表した。(2024/5/13)

「溶け込み過ぎて遠目で分からない」 周囲の景色と“完全同化”した関西の駅に「めっちゃ面白い」
初めて利用するとびっくりするよね。(2024/5/8)

製造マネジメントニュース:
1台で2台分の輸送力、25mダブル連結トラックを関東−関西間で運行へ
鴻池運輸はNEXT Logistics Japanと共同で、全長25mのダブル連結トラックを運行する。ドライバー1人で大型トラック2台分の輸送力を確保できることから、ドライバー不足解消やCO2排出量削減につながると期待されている。(2024/4/19)

「車ボコボコ」トレンドに…… 関西で大きな雹、SNSに報告続々
(2024/4/17)

大阪・八尾市の商業施設「LINOAS」がリニューアル どう変わる?
ザイマックス関西は、運営する商業施設「LINOAS」を4月26日にリニューアルオープンする。同施設のリニューアルは2020年春以来、4年ぶり。(2024/4/15)

新幹線車内整備「18分」 時間との戦い 乗客の快適な旅を支える「ブルーのユニホーム」
新大阪駅の20番ホームに滑り込んできた鹿児島中央発の「さくら」。折り返しで再び、九州へ向かうまでの時間は24分間。このわずかな時間内で座席やトイレ、ごみ箱などを整備するのがJR東海のグループ会社「関西新幹線サービック」のスタッフだ。(2024/4/9)

大阪で高級ホテル戦争 1泊20万円超の客室に予約が殺到
2025年大阪・関西万博の開幕まで約1年に迫る中、大規模改装に乗り出すホテルが相次いでいる。訪日客需要で1泊20万円超の客室に予約が殺到するなど客室料金は上昇傾向にあるが、高級ホテルを中心に改装による高付加価値化でさらに高単価の富裕層に狙いを定める。(2024/4/8)

「地球駅OCAT」を襲った悲劇から20年 どう変身した?
JR難波駅は、地名にちなみ「湊町駅」と呼ばれていたが、関西国際空港の開港に伴い改名した。歴史を振り返ると……。(2024/4/4)

阪神、トイレの洋式化が全駅で完了 関西大手私鉄で初めて
阪神電気鉄道は、トイレの洋式化及び温水洗浄便座の設置工事が関西大手私鉄で初めて全駅で完了すると発表した。(2024/3/29)

2024年問題に効く業務効率化:
PR:大阪・関西万博の建設現場に採用された顔認証サービス 2024年問題対策でも有効
2024年問題に対応すべく、従業員の適切な労務管理が求められている建設業界。難局を乗り切る特効薬はあるのか? 大阪・関西万博の建設現場でも採用された顔認証サービスに、その解決の糸口があるという。(2024/3/29)

マクドナルドの新CM、関東版と関西版で大きな違いが…… 公式が明かした事実に「知らなかった」の声
イントネーションも関西弁寄りです。(2024/3/25)

大丸「神エリア 13階」の成功で何が変わった? 百貨店がワンピース、ポケモン、マリオ発信 
関西の百貨店で世界的に人気を集める日本のアニメやゲームなどの「ポップカルチャー」を取り扱う店が増えている。(2024/3/24)

ふぉーんなハナシ:
ソフトバンクが「大阪府でいちばん快適につながる」広告 優良誤認との指摘に同社の考えは?
「大阪府でいちばん快適につながるSoftBank」──。ソフトバンクがこのような広告を打っている。主に関西圏で展開されている広告で、東京都内などではこの広告は見られない。YouTubeではCMが公開されており、上戸彩さんが「ソフトバンクは快適につながる」と話している。(2024/3/22)

関東との違い:
朝のラッシュ時に、なぜ関西の私鉄は「有料座席サービス」を導入できるのか
阪急電鉄が7月から有料の座席指定サービス「PRiVACE」を開始する。関西の鉄道では近年、類似のサービスが次々と導入されているが、なぜ関東の鉄道では見ないのだろうか。(2024/3/14)

PR:関西のテレビCMでおなじみ「関西電気保安協会」が語学教室風ムービーを公開 電気について学べるのかと思いきや衝撃の展開に……!
今年もやっぱりぶっ飛んでる。(2024/3/11)

「空飛ぶクルマ」製造始まる SkyDriveとスズキが発表 大阪・関西万博向け機体も
SkyDriveとスズキは7日、“空飛ぶクルマ”の製造を始めたと発表した。(2024/3/7)

ロボット:
万博工事現場で「四足歩行ロボット」の遠隔操作を実験、鴻池組
鴻池組は、2025年に開催する「大阪・関西万博」の工事現場で、四足歩行ロボットの活用に向けた実証実験を開始した。ロボットに工事現場を走行させ、遠隔操作や通信環境などを確認している。(2024/3/5)

AIロボットと人間の境界いずれ消える 大阪大大学院・石黒浩教授(ロボット工学)
2025年大阪・関西万博では「いのちを拡(ひろ)げる」をテーマにしたパビリオンを企画している。人間そっくりの姿形をしたアンドロイドロボット、人工知能(AI)を持つロボットを展示の中核にする。(2024/3/4)

万博で世界へ羽ばたく「金の卵」探しが活発化 スタートアップ後押しも見え隠れする閉幕後の課題
2025年大阪・関西万博に向けて、万博のテーマと合致した健康・医療分野を中心に、スタートアップ(新興企業)や中小企業の参画を促す動きが活発化している。(2024/2/26)

『ど根性ガエル』スピンオフアニメが令和にやってきたでやんす! オール関西弁のボケツッコミが楽しいそろ谷作品「ど根性ガエルやねん」
根性根性ど根性。(2024/2/16)

施工:
大阪・関西万博会場にCO2排出量を低減する地盤改良工法を初適用
竹中工務店は、コンクリート解体材由来のCO2固定微粉を使用し、従来の工法と比較してCO2排出量を低減する地盤改良工法を開発。大阪・関西万博の三菱未来館の地盤改良の一部に同工法を初適用し、地盤改良体としての性能を満たしていることを確認した。(2024/2/8)

建築設計×コンピュテーショナルの現在地:
落合陽一氏の万博パビリオンを手掛けた「NOIZ」が語る「フィジカルとデジタルの境界に浮かぶ未来の建築設計」
大阪・関西万博で、テーマ事業プロデューサーの落合陽一氏が企画するパビリオン「null2」の設計を手掛ける「NOIZ」は、建築のフィジカル要素とコンピュテーショナルデザインなどのデジタル技術との融合で、新しい建築設計の可能性を模索している。null2で具現化を目指す、未来の建築デザインをNOIZの設計担当者に聞いた。(2024/2/7)

NEWS Weekly Top10:
radikoでラジオは聴けるけど、あえて携帯ラジオを買いたい理由
筆者は在宅勤務なこともあって、ラジオをよく聴いている。インターネットラジオ「radiko」のおかげで東京にいながら、関西から北海道まで、いろいろな番組を聴いている。一方で、昔ながらの携帯ラジオも買った方がいいのではないか、と最近よく思う。(2024/2/5)

「おもしろ広告」大解剖:
きつね、月見、天ぷら……? 六本木駅に「関西人は歌える広告」が出現、ヒガシマル?油の狙い
2023年の年の瀬、東京・六本木駅に出現した「関西人は歌える」広告が話題となった。掲出したヒガシマル?油は、どのような広告戦略を練ったのか。(2024/1/27)

製品動向:
壁紙を剥がさず上から塗装 賃貸住宅の原状回復で施工時間を半減
関西ペイント子会社の関西ペイントブラーノなど3者は、賃貸住宅の原状回復工事で、壁紙を剥がさずに上から塗装する「クロスカラーリングサービス」の提供を開始した。一般的な壁紙の張り替えと比較して、施工にかかる時間を半減し、費用も最大で半分に抑えられるという。(2024/1/29)

9200キロ先にアバター 2025年、見たことない世界示せるか
意思や感情を伝え合うコミュニケーションを進化させてきた人類の歴史。はるか遠の人が目の前に−。2025年大阪・関西万博では、近未来の技術が出現する。(2024/1/21)

関西のインバウンド人気観光地 1位は「清水寺」、2位以下は?
「インバウンド人気観光地ランキング<関西編>」の調査から、インバウンドに人気な関西エリアの観光地1位は「清水寺」だと分かった。トップ3を京都市が占める結果となったが、2位以下は?(2024/1/20)

パナソニックはアマゾンと協業 シャープはAI技術PR CES
米ラスベガスで世界最大級の家電IT見本市「CES」が9日(日本時間10日)、開幕する。パナソニックホールディングス(HD)やシャープ、村田製作所などの関西企業も出展し、新型テレビや人工知能(AI)を活用したにおいセンサーなど、新たな製品や技術をPRする。(2024/1/10)

プロジェクト:
海や水面に浮かべた“床”が自動着岸する「海床ロボット」 大阪・関西万博で実用化目指す
竹中工務店を代表とする「海床ロボットコンソーシアム」は、海や水面に“床”を浮かべ、自動で動いて離着岸する「海床ロボット」を開発し、大阪城公園の東外堀で実証実験を行った。海床ロボットは、大阪・関西万博の会場予定地である夢洲での社会実装を目標に掲げる。(2024/1/10)

16億円かけ新設「国際線ターミナル」が大苦戦 和歌山・南紀白浜空港の誤算
関西有数の観光地・和歌山県白浜町に立地する南紀白浜空港に国際線ターミナルが完成し、昨夏に運用が始まった。地方空港の中には増築などをせずに既存ターミナルで国際チャーター便に対応するところもあり、専門家からは必要性に疑問の声も上がっている。(2024/1/8)

関西の病院に入院したら…… ご飯と一緒に「おかず」として登場した“まさかのもの”に「なんですって!?」と驚き
関東では見たことないかも。(2024/1/7)

製品動向:
LEDでエスカレーターの「片側空け」を抑制、日立が夢洲駅向けに開発
日立製作所と日立ビルシステムは、LED照明を利用して「片側空け」を抑止する新機能を搭載したエスカレーターを開発した。大阪・関西万博の開催に合わせて2024年度に開業する北港テクノポート線の夢洲駅に導入する。(2024/1/5)

夢洲駅に設置:
日立が「片側空け」を抑止するエスカレーターを開発、仕組みは?
日立製作所と日立ビルシステムは、「エスカレーターの片側空け」を抑止する機能を搭載したエスカレーターを開発。大阪・関西万博の開催に合わせて開業予定の夢洲駅に設置する。(2023/12/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。