• 関連の記事

「関西」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関西」に関する情報が集まったページです。

auの5G、JR東海道線や名鉄名古屋本線など17路線で利用可能に
KDDIは、JR東海道線や名鉄名古屋本線などを含む鉄道17路線の主要区間のホーム/駅間の5Gエリア化を完了。引き続き、2021年度末までにJRや私鉄を含む関東21路線、関西5路線の5Gエリア化を目指していく。(2022/1/25)

プロジェクト:
関西初、東急不動産らが再生可能エネルギー100%利用の分譲タワーマンションを開発
東急不動産は、関電不動産開発とともに、大阪市中央区常盤町2丁目で、新築分譲タワーマンション「(仮称)ブランズタワー谷町四丁目」の開発を進めている。ブランズタワー谷町四丁目は、全住戸と共用部で、非化石証書を利用した実質再生可能エネルギー100%の電力を使用する。東急不動産の調べによれば、実質再生可能エネルギー100%利用の電力サービスを採用した分譲タワーマンションはブランズタワー谷町四丁目が関西初だという。(2022/1/17)

関西電力が「エヴァ電柱」開発 Wi-Fiやワイヤレス充電内蔵、大阪万博での活用目指す
関西電力は、5G・Wi-Fiスポット機能やカメラ、街路灯、デジタルサイネージなどを搭載した「スマートポール」の実証実験を始めた。スマートポールのデザインは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をモチーフにしたという。(2022/1/14)

メタバースで広がる「大阪国」の可能性
大阪府と大阪市が2025年大阪・関西万博の準備を本格化させている。21年12月には機運醸成に向けてメタバースを活用した専用サイト「バーチャル大阪」を立ち上げた。(2022/1/12)

「スタンダード」あえて選択 関西企業でも
東京証券取引所が11日発表した、4月4日の市場再編で発足する新市場の上場企業リストでは、最上位の「プライム」にパナソニックのほかシャープ、京セラ、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングなど、関西を代表する大手企業が名を連ねた。一方、安定的な収益基盤の確保などプライム基準の厳しさもあり、現在東証1部に上場しながら、中堅企業を想定する「スタンダード」をあえて選択した関西企業もみられた。(2022/1/11)

リテール&ロジスティクス:
大阪市住之江区で延べ4.9万m2の物流施設を開発、ラサール不動産投資顧問
ラサール不動産投資顧問は、同社が組成した特定目的会社の関西1プロパティーを通じ、大阪府大阪市住之江区で計画を進めている物流施設の開発プロジェクト「(仮称)大阪住之江物流センター計画」が2022年1月6日に着工することを発表した。(2021/12/23)

万博にらみ関西版「MaaS」 来年度にアプリ運用開始
さまざまな移動手段の予約や決済などを一体的に提供する次世代交通サービス「MaaS(マース)」の構築に向け、鉄道、バスなど交通事業者をはじめ、国や自治体などでつくる「関西MaaS推進連絡会議」の初会合が21日、大阪市内で開かれた。国内外から多くの人が訪れる2025年大阪・関西万博に合わせ、官民共同でサービス提供を目指す。(2021/12/22)

ピーチの“旅ガチャ”、機内でも販売 袋の中からカプセル取り出す超アナログスタイルに
ピーチ・アビエーションは17日、行き先の選べない「旅くじ」の機内販売を始めた。成田空港着の11路線、関西空港着の13路線の機内で販売する。(2021/12/17)

再編の動きが相次ぐ:
関西スーパー争奪戦、混迷は続く
関西スーパーマーケットの経営権をめぐる、流通大手のエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングと首都圏地盤のスーパー、オーケー(横浜市)との争奪戦は混迷を極めた。(2021/12/9)

スマートシティー:
大林組らがスマートシティーでの実装を目指し、EVの走行中給電システム開発に着手
関西電力、ダイヘン、大林組は、非接触で給電可能な電気自動車の走行中給電システムを用いた「都市全体を対象としたエネルギーマネジメントシステム」の技術開発を進めている。今後は、両システムの技術開発を推進し、ダイヘンが大分県で保有する試験場で、エネルギーマネジメントシステムからの給電制御試験や電磁波などの安全性、給電システムの道路埋設に関する課題抽出を行う。そして、開発の成果を大阪府で開催される「関西万博」で実装するこを目指す。(2021/12/7)

「弟子」が「師匠」飲み込むか 関西スーパー争奪戦を検証
関西スーパーは関西で老舗の中堅スーパーとして親しまれている。買収提案をしたオーケーは人材を派遣して教えを請い、現在の隆盛の原点を構築したという。「師匠」を飲み込もうとする「弟子」と、立ちはだかるH2O。関西スーパー争奪戦の背景を検証する。(2021/11/30)

空港で最先端ロボのオモテナシ続々 人手不足、感染防止担う
関西国際空港などはさまざまな業務でロボットの導入を推進。省力化やコスト削減という経済的理由に加え、最先端技術の実験場として空港を活用する狙いもある。人との出会いだけでなく、ロボットとの「出会い」も空港での楽しみになりつつある。(2021/11/30)

まねき食品とのコラボ:
崎陽軒、関西版「シウマイ弁当」を発売 兵庫県・姫路駅にて
崎陽軒は兵庫の老舗弁当企業とコラボした関西版の「シウマイ弁当」を販売する。11月26日から姫路駅にて。コラボの狙いは?(2021/11/25)

日本初進出のライフスタイルブランドも:
ヒルトンの最高級ブランドホテル、関西に初進出 2025年に大阪でオープン
ヒルトンは最高級ブランドホテル「ウォルドーフ・アストリア大阪」とライフスタイルブランドのホテル「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」の2つの開業を発表した。「ウォルドーフ・アストリア」は関西初進出で、「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は日本初となる。どのようなホテルなのか?(2021/11/24)

11月25日から:
551創業者の孫、東京・恵比寿で「豚まん専門店」をオープン 本家は「ネットニュースで知った」
関西のソウルフード「551 蓬莱」を運営する蓬莱の創業者の孫が東京・恵比寿で「豚まん専門店」をオープンする。11月25日から。「東京で551が食べられる!」と話題になったが、本家は出店について「何も聞かされていない」という。どういう状況なのか?(2021/11/24)

敵対的TOB増加 コロナ禍で資金余りか
首都圏地盤のスーパー、オーケーは17日、関西スーパーマーケットとエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループの統合差し止めを求めた仮処分申請が認められれば、再び関西スーパーへTOB(株式公開買い付け)を提案すると発表した。国内では企業買収の動きが活発化しており、今年は相手企業の賛同を得ていない敵対的TOBが近年で最多のペースで推移している。(2021/11/18)

再生紙を採用:
LCC「ピーチ」の機長が考案した「紙飛行機」 1100円で一般販売
ピーチ・アビエーションは、パイロットが考案した紙飛行機「HAPPY ORIGAMI AIRPLANE Fly Peach」の一般販売を開始した。11月17日からは関西空港第2ターミナル内の実店舗でも販売する。(2021/11/15)

都心部にヘリ離着陸 「空飛ぶクルマ」実現に向け実証実験
ANAホールディングス(HD)やオリックスなどは11日、2025年大阪・関西万博での輸送手段として活用が期待される「空飛ぶクルマ」の実現に向け、高層ビルの屋上にあるヘリポートを活用する実証実験を行った。(2021/11/12)

めちゃくちゃロックじゃねぇか! 藤あや子、還暦にしてヒョウ柄&革パン着こなし反響「ワイルドだぜェ〜」
ヒョウ柄でも“関西のオバちゃん”にならない藤さん。(2021/11/7)

キリン、缶コーヒー約90万本を自主回収 中身が変質の恐れ
キリンビバレッジが、缶コーヒー「キリン ファイア 関西限定ミルクコーヒー 245g缶」を自主回収すると発表した。(2021/10/29)

「議長解任動議も考える」関西スーパー総会で株主
関西スーパーマーケットが阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングとの統合案を諮る臨時株主総会が29日午前、兵庫県伊丹市内のホテルで始まった。(2021/10/29)

万博で「空飛ぶクルマ」実現へ ドローンで実証実験
「空飛ぶクルマ」の開発企業で、2025年大阪・関西万博で来場者向けの飛行サービスを目指すスカイドライブ(東京)は22日、物流用のドローンを使った実証実験を大阪市港区の大阪港で実施した。(2021/10/25)

パナソニックが単独パビリオン出展へ 大阪・関西万博
2025年大阪・関西万博で、パナソニックが単独でのパビリオン出展を運営主体「日本国際博覧会協会」に申請したことが分かった。申請は10月21日付。民間の企業・団体の申請締め切りは29日で、協会の審査を経て12月以降に出展が決定する。(2021/10/25)

小売・流通アナリストの視点:
オーケーに関する2つの誤解 関西スーパーが守ったものと失ったものとは?
買収劇で渦中のオーケーと関西スーパー。小売・流通業界に筆者は、オーケーに関する「2つの誤解」が問題を複雑にしていると指摘する。加えて、関西スーパーが守ったものと失ったものを解説することで、今回の騒動をひもといていく。(2021/10/25)

日本航空「エアタクシー事業」実現に向けた実証実験 大阪・関西万博に合わせて2025年度に事業化を目指す
大阪・関西万博での運航開始を目指します。(2021/10/23)

関西スーパー買収目指す オーケー社長、統合案否決「手応え」
関西スーパーマーケットの買収を目指す首都圏地盤のスーパー、オーケー(横浜市)の二宮涼太郎社長が20日、産経新聞のインタビューに応じ、9日後に迫った29日の関西スーパーの臨時株主総会で諮られるエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの統合案否決に向け、「手応えを感じている」と自信を見せた。一方、子会社化を急ぎたいオーケーと、時間をかけて協議したい関西スーパーとの間で「時間軸の認識にずれがあった」とも述べ、それが両社の対立の原因であるとの考えを示した。(2021/10/21)

関西エリアの「住み続けたい街」ランキング 3位「兵庫県西宮市」、2位「兵庫県芦屋市」、1位は?
大東建託は、関西エリアに住む成人男女累計10万221人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2021/10/18)

361自治体に調査:
公立保育園「使用済み紙おむつ」持ち帰り 東京23区はゼロ、関西圏は6割超
BABY JOBは、首都圏と関西圏の計361自治体の公立保育園のうち「使用済み紙おむつ」を保護者に持ち帰らせている保育園が多い自治体を調査。関西圏の6割超が「持ち帰り」を行っている中、特に多かった県は……?(2021/10/15)

万博機運、裾野広がる 「空飛ぶ車」「バーチャル万博」の社会実験について説明
大阪・関西万博の運営主体「日本国際博覧会協会」が、関西の経済団体の会員企業向けにオンライン説明会を開催。前田副事務総長は「空飛ぶ車」や「バーチャル万博」などの先端技術の社会実験について説明した。(2021/10/13)

自然エネルギー:
関西初の再エネ100%活用の分譲マンション、大京らが販売へ
大京と関電不動産開発が、大阪府茨木市で建設中の分譲マンション「ライオンズ茨木総持寺ステーショングラン」のマンションギャラリーを開設。専有部および共用部で使用する電気を実質的に100%再生可能エネルギーで賄う、関西初の単独分譲マンションになるという。(2021/10/12)

新幹線・特急もOK:
JR西、全線乗り放題の「どこでもきっぷ」発売 新型コロナ拡大で一度は販売中止に
JR西日本は、同社全線または関西近郊エリアを周遊できる「JR西日本 どこでもきっぷ」「JR西日本 関西どこでもきっぷ」を10月8日に発売する。(2021/10/6)

キター JR西日本全線乗り放題、新幹線・特急にも乗れる「JR西日本どこでもきっぷ」登場! 2日間有効1万8000円から
「おひとりさま」も使えます。価格を抑えた「関西どこでもきっぷ」もあります〜(2021/10/5)

プロジェクト:
延べ4.5万m2の物流施設が兵庫県神戸市で着工、プロロジス
プロロジスは、兵庫県神戸市で、物流施設「プロロジスパーク神戸3」の開発に着手した。プロロジスパーク神戸3は、神戸市内陸部に神戸市が開発する「神戸テクノ・ロジスティックパーク」内に開発される。同パーク内では「プロロジスパーク神戸」をはじめとする3つのBTS型物流施設と、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク神戸5」がいずれも満床で稼働中だ。今回の施設は、着工に先立ち専門商社と賃貸借契約を締結している。この専門商社は、3〜4階に入居し、関西圏への配送拠点として同施設を利用する予定だ。1〜2階については引き続き入居企業を募集する。(2021/9/28)

プロジェクト:
大阪市で延べ1.6万m2の物流施設が着工、ロジランド
ロジランドは、大阪府東大阪市で、2022年6月15日の竣工に向け、物流施設「LOGI LAND 東大阪」が2021年4月15日に着工したことを公表した。LOGI LAND 東大阪はロジランドの物流施設で関西エリア第一号物件となる。(2021/9/22)

リモート観光事業化へ 三菱UFJ支援のスタートアップ拠点
三菱UFJ銀行などが立ち上げた、スタートアップ企業の支援拠点「MUIC Kansai」(大阪市中央区)で実証実験を進めているリモート観光の取り組みが、2021年度内に事業化される。同行はMUICを通じて新事業の種を育てる方針で、2025年大阪・関西万博の開催時期までに20件以上の事業化を目指す。(2021/9/21)

ロボットイベントレポート:
コロナ禍がサービスロボットの追い風に!?「関西ロボットワールド2021」レポート
サービスロボットや産業用ロボットの開発・導入を促進する専門技術展「関西ロボットワールド2021」がインテックス大阪で開催された。コロナ禍により出展社数も来場者数も従来に比べて少なかったものの、複数のブースで「コロナ禍が、サービスロボットの追い風になっている側面もある」という声があった。(2021/9/21)

経営権取得をかけた争い:
関西スーパー争奪 話題の激安オーケーの選択
関西が地盤の中堅スーパー、関西スーパーマーケットの経営権取得をかけた争いが激化している。(2021/9/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2025年の大阪・関西万博で、鉄道の路線図はどうなるのか
2025年に大阪、夢洲で「2025年大阪・関西万博」が開催される。政府は主要公共交通機関に大阪メトロ中央線を位置付けた。このほか会場へのアクセスには船とバス、さらに具体化していない鉄道ルートが3つ、近畿日本鉄道の構想もある。また会場内の交通には、3種類のモビリティが計画されている。(2021/9/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
どうなる「関西スーパー」争奪戦 勝負に出た「オーケー」に“危うさ”を感じてしまう理由
エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングが関西スーパーを買収すると宣言。オーケーも同スーパーの買収をすると表明した。オーケーにはどんな事情があるのだろうか?(2021/9/14)

宮迫博之、記事内容を訂正し正確な報道を訴える 「100ウソは止めて」「信じてしまう人は山ほどいますから」
「関西コレクション」に関連した記事の内容が事実と違うとしています。(2021/9/9)

空飛ぶクルマの実用化へ、大阪府市が連携協定
大阪府と大阪市は8日、2025年大阪・関西万博で輸送手段として活用が期待される「空飛ぶクルマ」について、機体開発を進めるベンチャー企業、スカイドライブ(東京)と連携協定を締結すると発表した。万博開幕前の実用化に向けた実証実験などに府市も協力する。締結式は今月14日。(2021/9/9)

空飛ぶクルマの実用化へ、大阪府市が連携協定
大阪府と大阪市は8日、2025年大阪・関西万博で輸送手段として活用が期待される「空飛ぶクルマ」について、機体開発を進めるベンチャー企業、スカイドライブと連携協定を締結すると発表した。(2021/9/9)

「アバター」活用で新たな社会づくり目指す 阪大大学院教授ら新会社
2025年大阪・関西万博のプロデューサーを務めるロボット工学者で、大阪大学大学院の石黒浩教授らが、遠隔操作で自らの「分身」を扱う「アバターの技術」を実社会に応用し、新たな社会づくりを目指す企業「AVITA(アビータ)」を設立した。(2021/9/8)

「アバター」活用で新たな社会づくり目指す 阪大大学院教授ら新会社
2025年大阪・関西万博のプロデューサーを務めるロボット工学者で、大阪大学大学院の石黒浩教授らが、遠隔操作で自らの「分身」を扱う「アバターの技術」を実社会に応用し、新たな社会づくりを目指す企業「AVITA」を設立した。「アバターを社会に実装し、そのうえで多くの問題を発見していく。世界を変革するビジネスをつくっていきたい」という。(2021/9/8)

因縁表面化:
関西スーパー争奪戦に名乗り オーケーVS. H2Oはどうなる?
首都圏が地盤のディスカウントスーパー、オーケーが3日、関西が地盤の関西スーパーマーケット買収に名乗りを上げた。関西スーパーは先月31日、阪急阪神百貨店などを運営するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングとの経営統合で合意していた。3社は過去にも水面下で牽制し合っており、因縁の対決が表面化した格好だ。(2021/9/4)

切るじゃなくて着るほう 関西の方言「120のカッターってあります?」ってどんな意味?【マジで方言じゃないと思ってた言葉】
ナイフじゃない方のカッター。(2021/10/15)

関西弁のいい女! ファーストサマーウイカ、「エヴァ」真希波・マリのコスプレで“面影ゼロ”の大変身
アイドル時代のコスプレ姿を公開。(2021/8/22)

ビデオリサーチ調べ:
関東のタレント別テレビCM出稿量ランキング 「綾瀬はるか」を抑えて1位になったのは? 21年上半期
ビデオリサーチ(東京都千代田区)は8月19日、関東・関西・名古屋地区における各民放5局を対象にした2021年上半期(1〜6月)のテレビCM出稿動向の調査結果を発表した。特に活躍したタレントは?(2021/8/19)

白良浜にフリーWi−Fi 40万平方メートル全域をカバー
和歌山県の南紀白浜観光協会と白浜町、NTTデータ関西は、実証事業として、海水浴客でにぎわう町内の白良浜に、無料でインターネットに接続してスマートフォンなどを楽しめるフリーWi−Fiのサービスを始めた。(2021/8/19)

40万平方m全域をカバーするフリーWi-Fi 和歌山県白良浜に
和歌山県の南紀白浜観光協会と白浜町、NTTデータ関西(大阪市北区)は、海水浴客でにぎわう町内の白良浜で、無料でインターネットに接続してスマートフォンなどを楽しめるフリーWi-Fiのサービスを始めた。今回は9月30日までだが、海上を含め約40万平方メートルもある白良浜全域で使えるといい、利用状況を調べた上で通年設置も検討するとしている。(2021/8/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。