• 関連の記事

「日本法人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本法人」に関する情報が集まったページです。

オートモーティブワールド2024:
エンバリオの環境配慮型バリューチェーン、インドの漁網をスマホ材料に
Envaliorの日本法人であるエンバリオジャパンは、「オートモーティブワールド2024」に出展し、バイオプラスチックやリサイクルプラスチックの製造で活用している環境配慮型バリューチェーンについて紹介した。(2024/1/26)

組み込み開発ニュース:
コニカミノルタが複合機ソフト開発で合弁、ベトナム大手ITのFPTソフトウェアと
コニカミノルタは、ベトナムIT大手のFPTソフトウェアの日本法人であるFPTジャパンホールディングスとの間で、複合機ソフトウェア開発に関する合弁会社を設立すると発表した。(2024/1/23)

製造マネジメント インタビュー:
ソフトウェア開発支援強化で「モノづくり大国」復活へ PTCジャパン神谷氏の戦略
2023年11月、PTCの日本法人であるPTCジャパンの社長執行役員に神谷知信氏が就任した。神谷氏はAdobeの日本法人で代表取締役社長を務め、事業のクラウド化などを推進してきた経歴を持つ。「デジタル技術を通じて『モノづくり大国』の復活に貢献したい」と熱く語る同氏に、今後のPTCの国内市場戦略を聞いた。(2024/1/23)

Apple、能登半島地震で被災した商品を特別修理
Apple日本法人は、能登半島地震で被災した同社の商品について、特別修理を行う。(2024/1/18)

材料技術:
3Mが工業用研磨材の新ブランドを立ち上げ、製品寿命が3倍の切断砥石を発売
3Mの日本法人であるスリーエムジャパンは、工業用研磨材の新ブランド「3M Cubitron(キュービトロン)3」の第1弾として、オフセット砥石、切断砥石、クロスベルトを2024年1月15日に発売した。同年3月21日にはファイバーディスクを販売開始する予定だ。(2024/1/17)

モトローラ日本法人新社長の仲田正一氏を直撃 “ドコモ時代の知見”を生かし、キャリアビジネス拡大を狙う
ドコモ出身の仲田正一氏がモトローラ・モビリティ・ジャパンの社長に就任。同氏はドコモのプロダクト部で海外メーカーなどの端末を日本に多数導入してきた実績がある。そんな仲田氏を新社長に迎えたモトローラは、日本市場にどうコミットしていくのか。(2024/1/16)

“中の人”が執筆 「AWSコスト最適化ガイドブック」Kindle版がセールで500円に
KADOKAWAが2023年3月に発売した書籍「AWSコスト最適化ガイドブック」がAmazon.co.jpでセール中だ。AWS日本法人の社員らが書いたもので、Kindle版が499円で購入できる。(2024/1/11)

新春トップインタビュー:
「トークン化は決済環境にゲームチェンジをもたらす」 Visa日本法人社長、次の一手
急速に浸透するタッチ決済。そのかじを取る、Visa日本法人社長は何を語るのか。2024年への意気込みを聞く。インタビュー後編。(2024/1/11)

新春トップインタビュー:
「日本の決済手段はバラバラすぎた」 Visa日本法人社長が語る“世界標準化”への野望
急速に浸透するタッチ決済。そのかじを取る、Visa日本法人社長は何を語るのか。2024年への意気込みを聞く。(2024/1/11)

オンセミ 代表取締役社長 林孝浩氏:
PR:パウダーから垂直統合するSiCパワーと車載/産業用に強いイメージセンサーで攻勢強めるオンセミ
オンセミ(onsemi)は、パワーデバイスとイメージセンサーを核に自動車/産業用市場のニーズに応えるという事業戦略の下、事業規模を順調に拡大させている。普及著しいSiC(炭化ケイ素)パワーデバイスの供給能力増強など積極的な投資でさらなる需要拡大に備える。「国内でもオンセミの技術、製品への引き合いが急増している。2024年はしっかりとデザインウインにつなげていく」と語る日本法人社長の林孝浩氏にインタビューした。(2024/1/11)

イータス 代表取締役社長 水本文吾氏:
PR:「SDVといえばETAS」を目指す 包括的な開発環境の提案を強化
自動車業界で「電動車」や「自動運転車」の開発競争が本格化してきた。こうした中、ソフトウェアでクルマの機能を定義するSDV(Software Defined Vehicle)が新常識となりつつある。ETAS(イータス)は、SDV時代に対応するための包括的な開発環境を提案している。イータスの日本法人で代表取締役社長を務める水本文吾氏に、2024年の事業戦略などを聞いた。(2024/1/11)

ADLINKジャパン 代表取締役社長 眞鍋知晃氏:
PR:IPCベンダーからAI、ロボット、自動運転、5Gのソリューションベンダーへと飛躍するADLINK
産業用PC(IPC)の大手ベンダーであるADLINKの日本法人、ADLINKジャパンの社長に眞鍋知晃氏が2023年11月に就任した。ADLINKの日本での事業立ち上げから関わった同氏は「ADLINKは、IPCの提供にとどまらずシステムレベルの提案ができるソリューションベンダーに変貌した。日本国内での技術サポート体制をさらに強化してソリューションを幅広く提案し、事業成長を実現したい」と抱負を語る。(2024/1/11)

KDDI、能登半島の避難所にStarlink350台を無償提供
KDDIは、スペースXの日本法人であるStarlinkJapanと協力し、衛星通信サービス「Starlink」を石川県能登半島の避難所などに無償で提供する。被災地での通信支援をすべく、石川県と総務省の要請に基づき実施する。1月7日に、350台のStarlink機器を石川県県庁舎に搬入した。(2024/1/8)

少量多品種の取り扱いで成長:
Mouser、2024年春に新倉庫設立で規模拡大へ
半導体/電子部品のディストリビューターであるMouser Electronicsの日本法人マウザー・ジャパンは記者説明会にて、業績や日本市場の動向について説明した。取り扱い製品の増加を背景に、米テキサス州の本社敷地内で新倉庫の拡張を進め、さらなる売り上げ増を狙う。(2023/12/27)

人工知能ニュース:
Googleの新基盤モデル「Gemini」、AI統合プラットフォームで法人利用開始
 Google Cloudの日本法人であるグーグル クラウド ジャパンは2023年12月14日、同社の新たな基盤モデル「Gemini」の話題を中心に、法人向けに提供する生成AI関連のサービスや機能を発表した。機械学習開発の統合プラットフォーム「Vertex AI」からGeminiにアクセス可能になる。(2023/12/15)

モトローラ日本法人の新社長に仲田正一氏 ドコモのiモード/Android端末企画開発などを経験した人物
モトローラ・モビリティ・ジャパンは12月12日、代表取締役社長に仲田正一氏が就任したことを発表した。同社は仲田氏をトップに据え、変化し続けるニーズに応える他、リーダーシップの発揮などを掲げている。仲田氏は長きに渡って通信業界に関わってきた人物。(2023/12/12)

日本企業でイノベーションが進まない理由 7カ国の経営者調査から探る
日本企業が抱えるイノベーションについての課題を、Miroの日本法人ミロ・ジャパンの五十嵐光喜代表執行役社長に聞いた。(2023/12/8)

“いつも革ジャン”NVIDIAのCEO、岸田首相との面会も革ジャンだった 取材で確認
米NVIDIAのフアンCEOが岸田首相と官邸で面談した際、いつもの黒い革ジャン姿だったことが分かった。ITmedia NEWSの取材に対し、日本法人の広報担当者が「岸田首相との面談の際にも革ジャンを着用していた」と回答した。(2023/12/5)

Z世代が選ぶ「好きなバンド」 3位「Mrs. GREEN APPLE」、2位「Official髭男dism」、1位は?
Z世代が好きだと感じているバンドは何か。バイドゥ日本法人が発表した調査結果で明らかになった。(2023/11/10)

米WeWorkが破産申請、日本法人は「日本は対象外」「閉鎖の予定はない」
WeWork Japanは現在運営している40拠点は通常通り営業していると述べています。(2023/11/7)

WeWork Japan「閉鎖予定ない」 米WeWork破産で日本法人が発表 「独立性をもった経営をしている」
米WeWorkが破産申請したことを受け、日本法人であるWeWork Japanは日本は破産申請の対象外であると発表した。「今後も変わらず営業を継続する方針で、現時点では閉鎖の予定はない」とコメントしている。(2023/11/7)

Z世代が選ぶ「勉強になる漫画」 2位『【推しの子】』、1位は?
日本語入力・きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人は、Z世代が選ぶ「勉強になる漫画TOP10」を発表した。(2023/11/7)

いま起こっている変化の本質とは:
PR:生成AIで企業はどう変わる? 経営者が押さえたい“基礎知識” 日本IBMに聞く
生成AIの登場で、AIの活用が急速に広がっている。企業はAIにどう向き合い、そのメリットをどう享受すべきか。企業向けAIの先駆け「Watson」で市場を牽引してきたIBMの日本法人に、いま起きている変化の本質を理解するポイントを聞いた。(2023/11/1)

Z世代が「信用できない」言葉 3位「全然勉強していない」、2位「誰にも言わない」、1位は?
Z世代が「信用できない」と感じる言葉は、何か。バイドゥ日本法人が調査結果を発表した。(2023/10/21)

CEATEC 2023:
デルタ電子が新ブランド戦略と脱炭素に注力、日本法人の売上高は5年で倍増へ
デルタ電子は、「CEATEC 2023」の展示ブース内で会見を開き、同社の新たなグローバルブランド戦略とカーボンニュートラル施策、日本市場における事業戦略について説明した。(2023/10/18)

Z世代が選ぶ:
冬を感じるアーティスト 3位「back number」、2位「広瀬香美」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!冬を感じるアーティストTOP10」を発表した。(2023/10/17)

モデルナ製ワクチン「効果高い」 日本法人の担当者
米モデルナの日本法人、モデルナ・ジャパンのメディカルアフェアーズ・エグゼクティブディレクターで医師の向井陽美氏が、同社製ワクチンについて「新型コロナウイルスの重症化を防ぐ効果が世界的に実証されている」と高い有効性を強調した。(2023/10/12)

新ベンダー/新製品じろじろウオッチ(11):
BlueCat Japan、アジア初となる2つのネットワークソリューションを日本市場で提供開始
ネットワーク統合管理プラットフォーム事業を展開するBlueCatの日本法人であるBlueCat Japanは、ネットワークソリューション2つの日本市場での提供開始を発表した。(2023/9/28)

Orbic、2万円台の8型タブレット「TAB8 4G」を9月22日に発売
米Orbic(オルビック、Orbic US, LLC)の日本法人、Japan OrbicがAndroidタブレット「Orbic TAB8 4G」を9月22日に発売する。家電量販店やMVNOが同日から順次取り扱う。市場想定価格は2万7800円(税込み)だ。(2023/9/8)

Orbic、Androidスマホ「Fun+ 4G」を2万4800円で9月13日に発売
米Orbic(オルビック、Orbic US, LLC)の日本法人、Japan OrbicがAndroidスマートフォン「Orbic Fun+ 4G」を9月13日に発売する。家電量販店やMVNOが同日から順次取り扱う。市場想定価格は2万4800円(税込み)だ。(2023/9/8)

シグナルチェーンの出入り口を担う:
「DXがアナログ半導体の需要を加速する」 ADI日本法人社長 中村氏
2020年11月、Analog Devices(ADI)の日本法人、アナログ・デバイセズの代表取締役社長に就任した中村勝史氏。コロナ禍を経て、中村氏は「産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)により、アナログ半導体の需要は増す」と見ている。中村氏に、アナログ・デバイセズの戦略を聞いた。(2023/9/6)

組み込み開発 インタビュー:
米国本社CTOから日本法人社長へ、ADIの中村勝史氏が見据える「4つ目の変化」とは
アナログIC大手のアナログ・デバイセズ(ADI)は、コロナ禍によって半導体サプライチェーンに大きな変動が起こる中、どのような方向性で事業を進めようとしているのだろうか。同社日本法人 代表取締役社長の中村勝史氏に話を聞いた。(2023/9/5)

Z世代が高いと思うもの 3位「ゲーム/アプリへの課金」、2位「洋服」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は「Z世代が選ぶ!!“高い”と思うものTOP10」を発表した。(2023/9/3)

Z世代が選ぶ:
推し活の方法 3位「記念日をお祝い」、2位「常に情報チェック」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!推し活の方法TOP10」を発表した。(2023/8/23)

Pudu Roboticsトップに聞く:
ネコ型配膳ロボットが、日本市場で急成長できた3つの理由
ファミレスなどでよく見かけるようになった配膳ロボット。トップシェアを誇るのが、すかいらーくグループなどが導入するPudu Roboticsのロボットだ。日本法人の設立からわずか2年で7500台を販売し、清掃ロボットも来年までに3000台という販売目標を掲げる。同社の急成長の理由は何か――。CEOの張涛氏に聞いた。(2023/8/21)

タイコエレクトロニクスジャパン 代表取締役社長 鶴山修司氏:
PR:ミクロの接点をつないでマクロの真価に昇華する、コネクティビティ技術で価値を発揮し続けるTE Connectivity
コネクティビティとセンサ分野におけるグローバル企業であるTE Connectivity。2023年5月、これまで同社の日本/ASEAN地域 オートモーティブ事業本部長を務めてきた鶴山修司氏が日本法人であるタイコエレクトロニクスジャパンの社長に就任した。ICや電子部品の進化と同時にそれらをつなぐコネクティビティ技術の重要性が増す中、鶴山氏はTE Connectivityの強みをどう捉えているのか。日本での戦略とともに聞いた。(2023/8/21)

画像を説明できるAI「Japanese InstructBLIP Alpha」 Stability AI Japanが公開
英Stability AIの日本法人であるStability AI Japanは、画像を入力すると、その説明文を生成できるAIモデル「Japanese InstructBLIP Alpha」を公開した。(2023/8/17)

社長就任1年半後の林孝浩氏:
「日本は有利」、自動車と産機で事業拡大を狙うオンセミ
2022年3月にonsemiの日本法人社長に就任した林孝浩氏に、この1年半の変化や、onsemiの戦略について聞いた。(2023/8/17)

祖父母宅編:
お盆帰省あるある 3位「暇を持て余す」、2位「親戚大集合」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「お盆帰省あるある(祖父母宅編)TOP10」を発表した。(2023/8/12)

Stability AI Japan、日本語言語モデル「Japanese StableLM Alpha」公開 他社上回る性能、商用利用も可能
英Stability AIの日本法人であるStability AI Japanは、日本語向け大規模言語モデル(LLM)「Japanese StableLM Base Alpha 7B」を公開した。パラメータは70億。ライセンスはApache License 2.0で、商用利用可能だ。(2023/8/10)

Appleの日本法人が40周年を迎え記念ロゴを公開
Appleの日本法人(現在はApple Japan合同会社)が、1983年の設立から2023年で40周年を迎える。それに伴ってAppleがプレスリリースを出し、独自のロゴを公開した。(2023/8/8)

Z世代が選ぶ:
好きな甲子園ソング 3位「栄光の扉」、2位「夢わたし」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、Z世代を対象に実施した「好きな甲子園ソングTOP10」を発表した。(2023/8/6)

世界最大の暗号資産取引所「バイナンス」日本法人がサービス開始 BNBなど34銘柄
Binance Japanは8月2日、国内居住者向け専用の取引プラットフォームを開設し、利用申込の受付を始めた。(2023/8/2)

Z世代が選ぶ:
体育会系の部活あるある 2位「夏の体育館は地獄」、1位は?
バイドゥ日本法人は「Z世代が選ぶ!!部活あるある(体育会系編)TOP10」を発表した。1位に選ばれたのは?(2023/7/25)

Z世代が選ぶ:
2023年上半期好きなアニメ主題歌 『鬼滅の刃』オープニングを抑えた1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!2023年上半期好きなアニメ主題歌TOP10」を発表した。(2023/7/4)

AI翻訳の「DeepL」、日本法人設立 世界2位の市場で事業を迅速化
AI翻訳ツールを提供する独DeepLが、日本法人「DeepLJapan」(東京都港区)を設立した。日本企業との取引を迅速化するとしている。(2023/7/3)

IT企業デスクツアー:
外資ITで働くみんなのデスク環境 HubSpot日本法人の机を写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、CRM(顧客関係管理)ツールを提供するHubSpot日本法人で働く人のデスクを探る。(2023/7/4)

UUUM、ANYCOLOR、カバー、Google、noteが「誹謗中傷対策検討会」設置 事務所とプラットフォーマーがタッグ
クリエイターエコノミー協会が「誹謗中傷対策検討会」を設置した。クリエイターを抱えるUUUM、ANYCOLOR、カバーと、プラットフォーマーであるGoogle日本法人とnote、および専門家が参加し、クリエイターへの誹謗中傷について検討していく。(2023/6/28)

スマホメーカーの撤退が相次ぐ中、Orbic(オルビック)が日本市場に参入する理由 “キャリア品質”にも対応できる
米国でシェアを伸ばしているOrbicが日本市場に参入する。日本法人の設立にあたり、代表に就任したのが、元モトローラ・モビリティ・ジャパンで社長を務めたダニー・アダモポウロス氏。参入当初はオープンマーケット中心の展開になるが、ゆくゆくは、大手キャリアへの納入も目指しているという。(2023/6/26)

セールの功罪:
Gap「最後の旗艦店」閉店は、必ずしもマイナスではない!? アパレルのイロハ、専門家に聞く
米ギャップの日本法人ギャップジャパン(東京都渋谷区)が、旗艦店「Gapフラッグシップ銀座」(東京都中央区)を7月31日に閉店する。最後の旗艦店閉店は、ブランドにとってマイナスしかないのではないか。専門家によると、必ずしもそうではないようだ。(2023/6/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。