• 関連の記事

「老人ホーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「老人ホーム」に関する情報が集まったページです。

組み込みイベントレポート:
着々と開発進むコニカミノルタの画像IoT技術、検査や搬送など生産現場への応用も
コニカミノルタがNVIDIA主催のオンラインイベント「NVIDIA AI DAYS 2022」(2022年6月23〜24日)の初日に行われた「EDGE DAY」で講演し、技術開発を進めている「FORXAI」の活用事例などを紹介、ロボットが人に駆け寄ってくる技術にもつながっています。(2022/6/30)

NHSの医療DXガイドライン【後編】
「成熟した医療DX」実現のために英国は何をしようとしているのか?
医療現場におけるデジタル成熟度の底上げを目指し、英国政府はNHSの予算制度を見直し、医療機関がIT化を進める際の資金調達プロセスをより明解にするための行動計画を提示している。その内容は。(2022/6/13)

アラフィフ新人アイドル「GoziU」2期生加入インタビュー 小6が“おばさんになった”と嘆く時代に「楽しく年取っていけるんだぞって見てもらいたい」
会いに行けるアイドルではなく、会いに行くアイドル。(2022/6/16)

【新潮流】SaaS×Fintechを理解するための3つのポイント
Fintechの流れがBtoBビジネスでも急速に拡大しつつある。背景にはクラウド型のソフトウェアである「SaaS」の成長が大きい。なぜ、FintechとSaaSは融合が進み、ビジネス拡大の可能性を秘めているのか。(2022/6/10)

リノベ:
病院のリノベによる有料老人ホームが京都で竣工、三菱地所レジデンス初の取り組み
三菱地所レジデンスは、京都府京都市中京区で病院をリノベーションし開発を進めていた有料老人ホーム「プレザングラン京都円街」が2022年4月1日に開業することを公表した。病院を有料老人ホームにリノベーションする事業は、三菱地所レジデンス発足以来、初の取り組みになるという。(2022/5/23)

製品動向:
パナソニック ハウジングソリューションズが建材ショールームをリニューアルオープン
パナソニック ハウジングソリューションズは、東京都港区東新橋一丁目のパナソニック東京汐留ビル内に配置していた介護施設向け製品のショールーム「シニアライフ・プロスタジオ」を改修し、福祉施設や医療施設、教育施設をメインターゲットにした「ライフケア・ハウジング プロスタジオ」として2022年4月6日にリニューアルオープンした。(2022/5/16)

シャープ、ネット対応テレビで「今日の脳トレ」提供
シャープは13日、薄型テレビ「AQUOS」向けに認知機能のトレーニングに役立つ「今日の脳トレ」を提供すると発表した。(2022/5/13)

アヒルの子が向かったのは……男性のあごひげの中!? お気に入りの場所でねんねする姿が面白かわいい 【米】
あったかそう。(2022/5/9)

自動車業界の1週間を振り返る:
全固体電池やLiDAR……自動車メーカーがコストよりも「足りない性能」に言及するとき
土曜日ですね。昨日からお休みの方、5月8日まで休みで10連休だという方、「みんなが休みのときこそ仕事」という方、皆さまおつかれさまです。連休直前や連休明けに稼働停止という自動車メーカーがあり、気をもんでいる方も多いかもしれません。(2022/4/30)

モビリティサービス:
介護施設の朝夕の送迎を個別最適から全体最適へ、ダイハツが共同送迎の導入支援
ダイハツ工業は2022年4月22日、通所型の介護施設での送迎業務を地域で効率化するためのサービス「ゴイッショ」の販売を開始したと発表した。自治体や介護施設、送迎業務を受託する地域の交通事業者に参加してもらい、地域の全体最適が実現できるよう支援する。(2022/4/25)

プロジェクト:
渋谷区渋谷4丁目でペット持ち込み可能フロアを備えた老人ホームが竣工、ヒューリック
ヒューリックは、渋谷区渋谷4丁目で開発を進めていた老人ホーム「ホスピタルメント青山」が2022年3月に竣工したことを公表した。(2022/4/22)

会話できる「ハローキティロボット」が発売 身振り手振りで案内してくれる
ネコ型ロボット……!(2022/4/21)

サンリオからの提案で:
NTTとサンリオ「ハローキティロボット」開発 一番の特徴は「声」
NTT東日本とサンリオは4月21日、共同で開発した「ハローキティロボット」を発表した。法人向けのコミュニケーションロボットで、一番の特徴は「声」。どんな活用方法があるのか?(2022/4/21)

導入事例:
福島県・浪江町で国内初の水素供給ネットワーク最適化に向けた実証運用を開始、大林組
大林組は、福島県双葉郡浪江町で取り組んでいる「既存の再エネを活用した水素供給低コスト化に向けたモデル構築・実証事業(環境省委託事業)」の一環として、水素を複数の拠点に運搬する際の搬送効率向上を目的とした1年間の実証運用を開始した。実証では、町内施設への水素供給により、搬送コストの低減効果を検証するとともに、実利用を通じて水素の魅力を伝えることで、需要の喚起と拡大を図れる。なお、エネルギーマネジメントシステムを用いて水素供給ネットワークを最適化する実証運用は国内初だという。(2022/4/21)

PR:ポストコロナ時代の新しい働き方を守る セキュリティとデバイス管理の新戦略はこれだ!
(2022/4/20)

ハートランド・データ:
非接触でバイタルを検出できる60GHzレーダーモジュール
ハートランド・データは「第11回 IoT & 5Gソリューション展【春】」(2022年4月6〜8日、東京ビッグサイト)で、非接触で生体検出や物体検知を行える60GHz帯ミリ波レーダーモジュールを展示した。(2022/4/12)

労働環境の改善が急務:
介護職の買い物代行 8割が「苦労あり」と回答 理由は?
プラスは入居者の買い物を代行した経験のある介護施設従業員に「介護施設の買い物代行」に関する調査を行った。入居者の買い物代行で苦労を感じたことが「ある」と答えた割合は、83.7%だった。(2022/4/6)

沖縄県内の小規模事業所で:
「無料」と聞いていたのに、利用規約に小さな文字 悪質な求人広告の“罠" 再び増加
インターネット上に無料で求人広告を出すと勧誘され、一定期間を過ぎると高額な料金を請求されるケースが沖縄県内の小規模事業所で相次いでいる。(2022/4/5)

医療機器ニュース:
排せつ記録を自動化、オムツ用使い捨て排尿検知センサーを開発
NOKと日本メクトロンは、使い捨てができる排尿検知センサー「C-Letter」を開発した。センサーはオムツに取り付けて使用し、排せつを検知して自動で記録する。(2022/4/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
並行在来線会社名「ハピラインふくい」 未来に“福”はやって来るのか
2022年、日本の鉄道は開業150周年を迎える。長い歴史ゆえに保守的な考え方に支配されやすい。しかし第三セクター鉄道会社は「道南いさりび鉄道」「IGRいわて銀河鉄道」など、保守的な考えを破ってきた。そして22年7月、新たなキラキラネーム会社が誕生する。「株式会社ハピラインふくい」、愛称「ハピライン」だ。(2022/4/2)

イオン最大級の調剤薬局も展開:
千葉県旭市で官民連携の“新しいまちづくり” 「イオンタウン旭」4月23日オープン
イオンタウンは、千葉県旭市と共に推進する新街区「生涯活躍のまち・みらいあさひ」のまちびらきとあわせ、商業機能を担う「イオンタウン旭」を4月23日にオープンすると発表した。(2022/3/30)

人事総務部長にインタビュー:
経産省が太鼓判! あのワタミが「健康経営優良法人」に認定されたワケ
さまざまな逆風に直面してきたワタミが、経済産業省が認定する「健康経営優良法人」に選ばれた。同社の総務人事部長に、同社での取り組みを聞いた。(2022/3/28)

節電効果も シャープのIoT家電、国内売上の7割以上へ引き上げ
シャープが、IoT家電の売り上げを2024年度までに国内の白物家電全体の7割以上に引き上げることを目指すと発表した。ウクライナ情勢や災害によって電力供給の逼迫や電気代の高騰が懸念される中で、付加価値をアピールしてシェア拡大を狙う。(2022/3/24)

5つのメリット:
導入済はわずか1割未満 6割が「必要なし」 日本企業がスルーして損しがちな「メリットだらけの制度」とは
さまざまなメリットが期待できる「勤務間インターバル制度」。現在はあくまで努力義務にすぎないが、今後は法制化も十分あり得る。まだまだ導入が進まず、「必要なし」とする企業も多いのは非常にもったいない状況だといえるが、なぜなのか。(2022/3/16)

越智岳人の注目スタートアップ(3):
転倒時だけ柔らかくなる床材、構造×素材×IoTで高齢者を守るMagic Shields
歩行時は硬いが、転倒時のみ柔らかくなり骨折を防ぐ床材「ころやわ」の開発を手掛けるMagic Shieldsは、独自の構造×材料技術によって高齢者の転倒骨折事故の防止に貢献している。その開発背景や創業から1年という短期間で製品化までこぎ着けることができた秘訣について、同社 代表取締役の下村明司氏に話を聞いた。(2022/3/10)

なぜ今タワー型サーバなのか:
PR:テレワーク全盛時代でも衰えないタワー型サーバの価値 その理由は?
テレワークが国内ビジネスに定着する現在でも、オフィスに設置するタワー型サーバの価値はいまだに衰えていないという。なぜ今タワー型サーバなのか。今回は、その理由を探るとともに、ユーザーの満足度が高いタワー型サーバはどの製品なのかを、IT製品・サービスのレビューサイト「ITreview」へ実際に寄せられたレビューからひもといてみたい。(2022/3/14)

介護施設向けに「オンライン演歌コンサート」を開催 狙いは?
フェイバーは、全国の介護施設向けに「新しい介護レクリエーションの形」として、有料のオンライン演歌コンサートを4月2日より生配信で開催する。(2022/3/8)

“働く場所”の今とこれから(2):
増える“転勤拒否族”、揺れる企業のホンネ
共働き世帯が増加し、生活拠点の変更を迫られる転勤が、社員の離職につながる危険性が増している。しかし、「転勤廃止」は全ての企業に現実的な策ではない。揺れる企業のホンネと、迫る課題の解決策とは──?(2022/3/3)

医療機器ニュース:
居室内センサーで介護施設入居者の生活を見守る検証試験を開始
セコムは、開発中の「新しい見守りセンサー」について、介護施設で検証試験を実施している。居室にセンサーを設置し、睡眠、転倒、生活を見守り、施設スタッフのスマートフォンにリアルタイムで通知する。(2022/2/28)

医療ITニュースフラッシュ
佐世保中央病院が他のクラウドではなく「OCI」を選んだ訳
慶應義塾大学病院や佐世保中央病院といった医療機関のクラウドサービス導入事例や、オンライン診療に関する調査結果など、医療ITに関する主要なニュースを紹介する。(2022/2/28)

第6回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−:
施工は壁に貼るだけの柔らかい温湿度・照度センサー、CO2センサータイプなども開発中
DICは、壁や柱などに貼るだけで取り付けられ、温湿度・照度センサーとして機能する無線センサー「ハッテトッテ(屋内用)」と屋外で使える「ハッテトッテ 防水型」を開発した。さらに、現在、「ハッテトッテ CO2センサー」「ハッテトッテ 距離センサー」「ハッテトッテ ビーコン発信機能」の開発を進めている。(2022/2/21)

週末に「へえ」な話:
「魔法の虫めがね」で何が見えてきたのか “ヒヨコ”が出てきて消えた理由
大日本印刷が「魔法の虫めがね」なるモノを開発した。クラウドファンディングで販売したところ、目標金額を大幅に上回ることに。それにしても、このデバイスはどのような特徴があるのだろうか。(2022/2/12)

約2億8000万枚分:
安倍政権下で調達の布マスク 在庫3倍超の配布希望者
松野博一官房長官は31日の記者会見で、安倍晋三政権下の令和2年に政府が新型コロナウイルス対策で調達し、在庫が約8000万枚残っていた布製マスクについて、配布希望申請が約2億8000万枚分に上る見込みだと明らかにした。(2022/1/31)

プロジェクト:
東京都目黒区で有料老人ホームと店舗から成る複合施設が着工、日本郵政不動産
日本郵政不動産は、東京都目黒区下目黒五丁目で、「(仮称)下目黒五丁目計画」として、有料老人ホームと店舗から成る複合施設の開発を進めている。下目黒五丁目計画は、グループ会社の保有資産を活用した開発で、有料老人ホームは長谷工コーポレーション(運営は長谷工シニアウェルデザイン)に、店舗はライフコーポレーションに賃貸し、竣工後は各社が運営する。(2022/1/28)

パナソニック、空間除菌事業の売上高4倍増の500億円目指す
パナソニックが空間除菌脱臭機「ジアイーノ」事業について、2025年度までに20年度の約4倍となる売上高500億円を目指すことを明らかにした。業務用を中心に国内外に販路を拡大し、北米市場への参入も検討する。(2022/1/13)

医療機器ニュース:
設備化するジアイーノ、天井埋込形の新製品投入で非住宅向けを拡大
パナソニックが次亜塩素酸技術による高い除菌・脱臭力を特徴とする「ジアイーノ」の事業戦略について説明。非住宅向けとなる、除菌、脱臭に加湿の機能も備えた新製品「天井埋込形ジアイーノ」を2022年4月1日に発売する。これによって非住宅向けの展開を拡大し、ジアイーノ事業の売上高を2025年度に500億円に伸ばしたい考えだ。(2022/1/13)

マルイに直結:
丸井が吉祥寺でシェアハウスをオープンした「納得」の理由
丸井グループは2021年3月に吉祥寺駅から徒歩2分の立地にシェアハウスをオープンした。Z世代をターゲットとしているという。狙いは、コロナ禍で落ち込む百貨店事業再生か? 百貨店事業と畑違いのシェアハウス事業を手掛けるワケを聞いた。(2022/1/13)

Q&A 総務・人事の相談所:
「社員が低い目標ばかり立ててきます」 目標管理のコツ、どうすればいいでしょうか?
昨年から目標管理を導入しましたが、社員が達成率を上げようとして、低い目標ばかり立ててきます。どのようにすればいいでしょうか。(2022/1/7)

PR:イマドキの“監視システム”を知っているか? AIで自動化、音声で警告――「撮って見返す」を拡張し、業務を省人化
(2021/12/28)

品質不正問題:
三菱電機の品質不正解明は道半ば、非常用電源で設計ミス判明も全数交換せず
三菱電機は2021年6月末に判明した一連の不適切検査に関する調査報告書の第2報と、不適切検査に対する経営陣の責任を評価するガバナンスレビュー委員会の報告書を公表するとともに、同年10月に発表した「品質風土」「組織風土」「ガバナンス」から成る3つの改革の取り組み状況を報告した。(2021/12/24)

幼少期の味覚がポイント:
今のライフスタイルでいいのか 沖縄「長寿の島」が崩れつつある理由 働き盛り世代の深刻度
厚生労働省が発表した都道府県別の健康寿命で、沖縄は男女とも2016年から順位を下げた。平均寿命の順位も下がり続け「長寿の島」のイメージが崩れつつある。(2021/12/22)

PR:“スマートシティ”に現実はどこまで追い付いた? IPカメラ開発で業界大手のAxisに“現在地”を聞く
(2021/12/21)

プロジェクト:
駅直結の住宅型有料老人ホームが横浜市で2023年秋に開業、東急不動産ら
東急不動産は、神奈川県横浜市港北区で、シニア住宅「グランクレール」シリーズとして東急東横線エリア初進出となる「グランクレール綱島」の計画を進めている。(2021/12/9)

202人に聞いた:
看護師が転職した理由 3位は「夜勤がツライ」、2位と1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職経験のある看護師202人を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。転職理由の上位にきたのは?(2021/12/3)

2030年には187万人の労働力が不足:
月経による労働損失は4911億円 経営者が実践すべき「女性の離職を減らすための健康経営」とは?
人材確保のためには女性特有の疾患を理解した「健康経営」を進めることが重要だと語るのは川島労働衛生コンサルタント事務所代表、産業医の川島恵美氏だ。月経による労働損失は4911億円とも試算される中、経営者が女性の離職を減らすための要諦とは?(2021/11/30)

ワクチン義務化で離職を恐れる米国企業【前編】
「ワクチン接種義務化」が医療従事者の離職を招く?
米国ニューヨーク州は医療従事者へのワクチン接種を義務化した。ニューヨーク州知事は、医療人材不足をしのぐ施策の一つに移民活用を挙げるが、効果を疑問視する専門家もいる。(2021/11/23)

“望みの夢を見られる薬”を盗み出し…… 現実から逃避しようとした男の漫画が引き込まれる
望みの夢を見続けるのは、本当に幸福なのか。(2021/11/18)

「拠点数が多い会社」ランキング 3位「一冨士フードサービス」、2位「日本生命」、1位は?
日本国内の企業データベース「SalesNow DB」を運営するQuickWorkが拠点数が多い会社ランキングを発表。その結果、1位が「ヤマトホールディングス」(6515拠点)、2位が「日本生命保険」(1657拠点)、3位が「一冨士フードサービス」(1524拠点)となった。(2021/11/9)

プロジェクト:
「幕張ベイパーク」内で延べ4.9万の有料老人ホームが着工、三井不動産レジデンシャル
三井不動産は、千葉県千葉市美浜区で、シニアレジデンス「(仮称)パークウェルステイト幕張計画」の開発に着手した。パークウェルステイト幕張計画は、三井不動産が展開するブランド「パークウェルステイト」の第5号物件で、幕張新都心エリアで開発中の複合施設「幕張ベイパーク」内に誕生する。今回の物件は、三井不動産レジデンシャルウェルネスが運営するもので、2024年秋の開業を予定している。(2021/10/19)

将来的に1億2700万ポンドの利益
「社会福祉DX」がもたらす恩恵とは? 30億円以上を助成するNHS Digitalの狙い
英国はソーシャルケアサービスのデジタルトランスフォーメーションに対する資金援助施策を実施し、この分野の変革を促そうとしている。プロジェクトの成果はどのようなものか。(2021/10/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。