• 関連の記事

「フランチャイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フランチャイズ」に関する情報が集まったページです。

Marketing Dive:
ビッグマックセット3000円弱の時代のバーガー戦争 マクドナルドとバーガーキングはインフレ下でどう戦う?
ファストフード業界大手の両社は決算会見で、価格に敏感な消費者にいかに価値を訴求しているかを説明した。(2024/6/10)

「いきなり!」凋落の一方で規模拡大の「やっぱりステーキ」 明暗分かれた納得の理由
ステーキ業態で一時期ブームとなった「いきなり!ステーキ」が凋落している一方で、勢力を拡大しているのが沖縄発の「やっぱりステーキ」だ。なぜ明暗が分かれたのか。(2024/6/8)

消えゆく地方のデパート、多数の地方店を抱える近鉄百貨店の生存戦略
地方百貨店の閉店ラッシュに歯止めがかからない。平成3年の9兆円超をピークに業界の売上高は半減。インターネット通販の普及や大型量販店の進出などが影響し、かつて「小売りの王様」と呼ばれた百貨店が地方では毎年のように姿を消している。(2024/6/5)

ファミマ、未経験単身者のFC経営可能に 労働力不足など受け
ファミリーマート(東京都港区)は5月30日、単身でのフランチャイズ経営を可能とする「ひとり加盟制度」の運用を開始すると発表した。条件を緩和することで、人材の確保につなげるねらいだ。(2024/5/31)

オーストラリアで人気:
「やっぱりステーキ」海外での勝算は? “牛肉大国”でも行列ができるワケ
2015年に沖縄で創業し、大衆ステーキチェーンとして全国的に拡大している「やっぱりステーキ」。ここ数年、海外での出店を加速させているが、現地の状況は?(2024/5/25)

なぜ、3年で4回も値上げしたココイチが好調なのか 客単価1000円を突破、驚くべき“太客”の存在
カレーチェーンのココイチが好調だ。過去に何度も値上げし、決して「安い」チェーンではないにもかかわらず、なぜ業績が伸びているのか。(2024/5/22)

教えて!あの企業の20代エース社員:
「すごい高校生がいる」 アルバイトからココイチFC社長に就いた22歳、その素顔は?
「カレーハウスCoCo壱番屋」をFC展開するスカイスクレイパーに22歳の新社長が就任した。その素顔とは――。(2024/5/21)

レンタルビデオ→書籍→? 「SHIBUYA TSUTAYA」オープンのCCC、二度のピーク経て変化を続けるビジネスモデルに迫る
渋谷の店舗を刷新して「新しい文化の聖地」を目指すSHIBUYA TSUTAYAがオープンした。レンタルで一世を風靡してきたTSUTAYAは今、どのような成長戦略を描いているのか。(2024/5/18)

退化したヒトはなぜまだ服を着ているのか 「猿の惑星」の気になる“不思議”を最新作監督にぶつけてみた 「猿の惑星/キングダム」来日インタビュー
(2024/5/17)

地域経済の底力:
「一蘭」幹部に聞く カップ麺「一蘭 とんこつ」の開発で譲らなかったこと
福岡市発祥のラーメン店「一蘭」で働く社員には、基本的に肩書や役職がない。組織運営の独自性が企業としての強さの源泉になっている。(2024/5/16)

店舗網急拡大も人口減見据え、新たなコンビニ像を模索
国内で本格的なコンビニチェーンが誕生して15日で50年を迎える。豊富な品ぞろえや24時間営業など利便性の追求で消費者の心をつかみ、コンビニは「社会インフラ」として瞬く間に店舗網を拡大してきた。(2024/5/15)

スピン経済の歩き方:
なぜマックで“客への反撃”が増えているのか いまだ続ける「スマイル0円」との関係
マクドナルドの店員が客にブチギレしている様子の一部始終がSNSで拡散され、話題となっている。1月には迷惑客への対応で英雄視されたマッククルーもいたが、なぜこのような事態になっているのだろうか。(2024/5/15)

いきなり!ステーキが、名物「オーダーカット」を廃止していた! ピークから5年、経営再建の現在を探る
いきなり!ステーキが再建を目指している。栄華を誇ったころから5年ほどがたった現在は、名物だったオーダーカットがなくなっている。これまでの歴史と、現状の取り組みなどを解説していく。(2024/5/6)

甘味処鎌倉:
「わらびもち専門店」が海外でも好調 行列ができる秘密は?
2019年に1号店の「弥彦神社店」が新潟県弥彦村にオープンし、今では全国に50店舗以上を展開している、わらびもち専門店の「甘味処鎌倉」。2024年1月には香港とシンガポールに出店し、いずれもオープン直後は200人以上の行列ができたという。どのように海外で人気店をつくっているのか。(2024/4/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
メニューたった3種類で急成長「鰻の成瀬」 東京チカラめし、いきなり!ステーキを反面教師にできるか
FCモデルやシンプルなメニュー構成を武器に店舗数を急拡大している「鰻の成瀬」。同様に急拡大したチェーンはこれまでいくつもあったが、その後は大幅な縮小を余儀なくされるケースがほとんどだ。今回はどうなるのだろうか。(2024/4/29)

コスパ最強ホラー、公開25年目のリブート決定に主演俳優3人が“正当報酬”要求 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」
過去に30万ドルを受け取りながらも再度声を挙げた意図は。(2024/4/26)

想定の3倍を販売:
「丸亀製麺のカナダ1号店」がいきなり大繁盛! 全店2位の裏側で何をしているのか
丸亀製麺のカナダ1号店がバンクーバーにオープンした。初日は長い行列ができる盛況ぶりで、予想の3倍となる1218杯を販売したという。どのようにして、初出店の地で繁盛店を作り上げているのか。(2024/4/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パチンコだけじゃない! 業界大手マルハンが仕掛ける、次の「意外なドル箱ビジネス」とは?
設備投資などが重荷になり逆風のパチンコ業界。そんな中、業界大手のマルハンが、第二のビジネスに取り組んでいる。(2024/4/19)

米レッドロブスターに「破産法適用申請を検討」の報道 日本のレッドロブスター運営会社「影響ない」とコメント
日本の経営母体は別で、影響はないとしています。(2024/4/17)

「近鉄百貨店」4店がリニューアル、どんな店がオープンする?
近鉄百貨店は、あべのハルカス近鉄本店、上本町店、東大阪店、草津店の改装スケジュールを発表した。(2024/4/17)

シェアサイクル「HELLO CYCLING」が急成長 ドコモから業界1位を勝ち取った舞台裏
HELLO CYCLINGは、いかにしてシェアを拡大し続けてきたのか。そこにはプラットフォーマーに徹し、積極的な協業型戦略を採る独自のビジネスモデルがあった。(2024/4/17)

サービス停止のまさかの原因
McDonald'sで空腹客が注文できない事態に……システム障害はなぜ起きたのか?
2024年3月、システム障害により世界各地でMcDonald'sの注文ができなくなっていた。同社によれば、その原因は攻撃ではなかった。何がシステム障害を引き起こしたのか。(2024/4/17)

近鉄百貨店、郊外店名から「百貨店」外す 狙いは?
近鉄百貨店があべのハルカス本店以外の郊外の百貨店で店名から「百貨店」を外すことが分かった。地方の百貨店を取り巻く状況は厳しく、市民が気軽に利用できる商業施設を目指すためで、郊外店の“脱百貨店”色を鮮明にする。(2024/4/10)

事業規模2倍に「社員はイエスマンにならないで」シャトレーゼ社長、斉藤貴子さん
山梨県発祥の菓子大手、シャトレーゼホールディングスは、国内820店舗、海外180店舗を展開し、全国、海外に山梨発のスイーツを広げてきた。さらに、ワイナリー、ゴルフ場、ホテルなどの事業多角化を図る。(2024/4/9)

クセになるスープがドライバーを魅了! 「ラーメン山岡家」がコロナ禍明けで一気に成長できたワケ
ラーメンチェーン「ラーメン山岡家」の成長が著しい。他のラーメン店とは一線を画す運営方針も影響しているとみられる。あらためて、コロナ明けに絶好調の要因を探っていく。(2024/4/8)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
携帯電話ショップが“にぎわっているのに”閉店? 「売れない」以外の構造的な理由
最近、客入りの良い携帯電話ショップ(特にキャリアショップ)が突然閉店する事例が見受けられる。なぜ、もうかっていると思われる店舗をあえて閉店(あるいは営業譲渡)してしまうのだろうか。理由を説明しよう。(2024/3/29)

働き方の「今」を知る:
なぜ、大阪王将“ナメクジ騒動”告発者は逮捕された? 意外と知らない「公益通報」のあれこれ
「大阪王将」のフランチャイズ店でのナメクジの発生などの不衛生な状態を告発した元従業員が、フランチャイジーであるファイブエム商事の被害届により威力業務妨害の疑いで逮捕された。本件を概要だけ聞いて「企業に問題があっても、訴えられる可能性があるなら内部告発なんてできない」「たとえ内部告発されても、告発者を訴えればいいのか」などと判断するのは早計だ。本記事では、今後類似の騒動が発生しないために、時系列で何が起きたか、そして何が問題だったのかを解説する。(2024/4/1)

ビジネスフレームワークの教科書:
コンビニのビジネスモデルは、他の小売店とどう違うのか
コンビニは、その他の小売業態とどのような点で違いがあるのでしょうか。コンビニ以外の小売業態との違いを意識して、ビジネスモデルキャンバスで表現してみましょう。(2024/3/29)

SNSでバズった「なまけものカフェ」の経営戦略 メニューは冷凍食品だけなのに、なぜ?
メニューが冷凍食品のみの「チンしてごちそう♪なまけものカフェ」が、SNSで話題を集めている。(2024/3/18)

魚ビジネス:
高級寿司と回転寿司は何が違うのか 同じ魚なのに“味に違い”があるワケ
1食何万円もする高級な寿司もあれば、1食1000円以内で済んでしまう回転寿司のような安い寿司もあります。同じ寿司であるのに、なぜここまで差が生じてしまうのでしょうか。(2024/3/18)

混迷極めた「スクリーム7」、ギャラでもめた元祖ヒロイン復活で大逆転ねらう 新ヒロインクビ騒動からの挽回人選へ「失望」の声も
うれしいニュースのはずなのに……。(2024/3/14)

ワークマンが8800円「ランドセル」発売! 防弾チョッキと同じ生地 ワークマンらしさはどこにある?
ワークマンが軽量ランドセル「ZSG03 スチューデントデイパック」(8800円)を発売する。どういった特徴があるのか、担当者に聞いた。(2024/3/5)

「スター・ウォーズ」“アナキンがディカプリオだったら”議論がまたも再燃 「レオなら前日譚が救われた」vs「ヘイデンは最高」
もしもの話。(2024/3/1)

「そごう・西武」アジアに増える巨大店舗 大苦戦する国内と何が違うのか?
かつて国内最大の百貨店チェーンだったものの、経営再建・セブン&アイ傘下を経て今や日本国内に10店舗のみとなってしまった大手百貨店「そごう・西武」。その「そごう・西武」の新店舗がいま、アジア各地に続々と誕生していることをご存じだろうか。正念場を迎える日本の百貨店業界にとってのヒントを探る。(2024/2/26)

大阪王将「ナメクジ」事件、告発者はなぜ逮捕されるのか? 内部通報“後進国”ニッポンを考える
不正を暴く人が守られなければ、社会全体の損失につながる。ではどうあるべきか。(2024/2/22)

スイーツ市場は横ばいなのに、シャトレーゼ「一人勝ち」のなぜ 不二家、コージーコーナーとの違い
近年横ばいが続く、菓子市場。その中で一人、気を吐くのがシャトレーゼだ。不二家や銀座コージーコーナーといった競合が苦しむ中、なぜ「一人勝ち」できるのか。(2024/2/22)

火曜日に「へえ」な話:
バーガーキングの「10万円どうぞ」企画が面白い、2つの理由 生みの親に話を聞いた
バーガーキングから興味深いニュースが飛び込んできた。空き物件の情報を募集する「バーガーキングを増やそう」キャンペーンである。企画を考えた同社の社長を取材したところ……。(2024/2/13)

従業員が容器から液体飲む映像拡散 「しんぱち食堂」従業員3人が迷惑行為 「大変なご心配とご迷惑」
迷惑行為が発生したのはフランチャイズ加盟店「有限会社楽天峯(らくてんほう)」が運営する店舗。(2024/2/7)

産業動向:
非木造の15兆円超市場へ“木造化”で参入 SDGsの木造建築会社へ、AQ Group
AQ Groupは、「普及型純木造ビル」で日本の街並みに木造建築物を復興する「Re:Treeプロジェクト」を始動する。国内で普及している木材や構法を用い、5階建て以下の木造ビルや木造マンション、木造商業ビルを展開し、SDGsを標ぼうする木造建築会社を目指す。(2024/1/30)

映画「バービー」を「ハリウッドの幼児化」と毒舌批判 オリバー・ストーンが過去の発言を謝罪「無知だった」
いまだ「言わされてる?」との邪推も。(2024/1/25)

100種類以上の冷凍スイーツ:
スイーツ無人販売所「24」わずか1年で75店に 運営して分かってきたことは?
スイーツ無人販売所「24」が、全国に続々と誕生している。2023年1月に開業し、24年1月現在は75店舗まで拡大。1年間の運営を通して、どんな課題が見えてきているのか。(2024/1/25)

DigiKey プレジデント Dave Doherty氏:
PR:2024年はさらなる飛躍の年に 市場低迷の中でも供給元開拓や在庫拡充を継続したDigiKey
2023年に創立50周年を迎えた米大手ディストリビューターのDigiKeyは、市場のダウンサイクルが本格化する中にあっても、新規サプライヤーの開拓と在庫の拡充を止めることなく、顧客数/出荷数拡大に積極的に取り組んできた。サプライチェーンの混乱にもさらなる基盤強化によって対応してきた同社は、2024年初頭から着実な成長の兆しを見ているという。今回、DigiKeyのプレジデントであるDave Doherty氏が2023年に実行した取り組みと2024年の事業戦略を語った。(2024/1/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「ちゃん系ラーメン」支持される? 背景に高齢化 こってり、がっつりだけではない新潮流
「ちゃん系ラーメン」と呼ばれるラーメン店が都内を中心に流行している。その背景にあるのは高齢化だと筆者は指摘する。ラーメンの潮流から最新の動向を読み解く。(2024/1/5)

自然豊かなエリア:
スノーピーク直営の「キャンプフィールド」米国で誕生、特徴は?
スノーピークの北米での事業展開を推進する子会社「スノーピークUSA」は、米国初となる直営キャンプフィールド「Snow Peak Long Beach Campfield」を2024年2月に開業する。(2023/12/29)

ザック・スナイダー、最新作は「スター・ウォーズ」の影響受けつつもずっと“大人向け” 「ルークの貞操を心配した観客だっていたはず」来日インタビュー
「スター・ウォーズ」はもちろん、「七人の侍」を含む黒澤明作品の影響を明言しています。(2023/12/22)

Mobile Monthly Top10:
“ホリエモン”ブランドのMVNOサービスが脚光を浴びる【2023年を振り返る(3月編)】
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。3月はエックスモバイルが堀江貴文氏(ホリエモン)とコラボレーションして開始したMVNOサービス「HORIE MOBILE(ホリエモバイル)」に関する記事が大きな注目を集めました。(2023/12/21)

セキュリティニュースアラート:
2024年は“生成AI”と“iPhone”に注意 Acronisがサイバーセキュリティ予測を公開
Acronisは同社のキーパーソンによる2024年のサイバーセキュリティ脅威予測を公開した。生成AIへの理解が進んだ結果、新たな問題が発生すると予測されている。(2023/12/19)

PR:企業間取引にカード決済の“波” JCBが仕掛ける法人カードの新潮流
(2024/1/15)

カギは「男性客」? しのぎを削る、やよい軒と大戸屋 その似て非なる戦略
近しい立ち位置の定食チェーンとして、国内に300店舗超を展開する「大戸屋」と「やよい軒」。両者の違いを細かく見ると、どんなことが分かってくるのか。(2023/12/13)

マック、KFCより人気 「日曜は働かない」米最強ファストフード店のビジネスとは?
米国には、日本で人気のKFCやマックが太刀打ちできないほど人気の最強ファストフード店があるという。日曜日は定休。それでも顧客満足度は全米1位。いったい、どんな企業なのか――。(2023/12/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。