• 関連の記事

「フランチャイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フランチャイズ」に関する情報が集まったページです。

注文殺到のドミノピザ「Lサイズを買うとMサイズ2枚無料」が最終日
ドミノ・ピザ ジャパンは7月3日、実施中の「デリバリーLサイズピザを買うとMサイズピザ2枚無料!」キャンペーンの最終日を迎えた。(2022/7/3)

「ハリポタ」イベントがJ.K.ローリング絡みの質問を“無関係”と遮断→作者サイドのワーナーは対応を「完全に間違い」
“名前を言ってはいけないあの人”となってしまったJ.K.ローリング。(2022/7/1)

「エルヴィスって誰?」 プレスリーを知らない若者にムーラン・ルージュ監督最新作が刺さる理由 バズ・ラーマン来日インタビュー
パンデミック以降、フランチャイズ映画ばかりだったハリウッドに一石を投じる。(2022/7/1)

「セブン側への忖度判決」 敗訴の元FC店オーナー、怒りあらわ
コンビニ最大手「セブン−イレブン・ジャパン」本部が、24時間営業を打ち切った大阪府東大阪市の加盟店元オーナーとのフランチャイズ(FC)契約を解除したことの有効性を争った訴訟は23日、本部側との取引再開を望んだ元オーナー側の訴えを全面的に退け、元オーナー側に店の引き渡しと賠償を命じた。額は1億円を超えるとみられる。(2022/6/24)

複合型書店:
「TSUTAYA BOOKSTORE 常総インターチェンジ(仮称)」がオープン、概要は?
カルチュア・コンビニエンス・クラブと戸田建設はTSUTAYAフランチャイズ加盟に関する合意契約に締結し、「TSUTAYA BOOKSTORE 常総インターチェンジ(仮称)」を2023年春にオープンする。(2022/6/20)

AOKIグループ傘下:
ネットカフェの天下統一! 快活CLUBが、倒産相次ぐ業界で“独り勝ち”したワケ
インターネットカフェ業界が、ピンチに陥っている。かつて2000億円を超えていた市場規模は約1000億円にまで減少、倒産する企業も少なくない。そんな中、“独り勝ち”しているのが快活フロンティアが展開する「快活CLUB」だ。沈みゆく業界の中で、成長を続けられる秘訣はどこにあるのか。常務取締役、中川和幸さんに話を聞いた。(2022/6/18)

トゥーンクラッカーと協業:
楽天、デジタルコミックに参入 世界共通の縦スクロール型で配信へ
楽天グループは、トゥーンクラッカー(東京都渋谷区)との協業し、スマートフォン向けの縦スクロール型デジタルコミックに関する事業に参入する。縦スクロール型・フルカラーのオリジナル作品を企画・制作する他、国内外への配信や海外作品の調達・ローカライズも実施する。(2022/6/14)

トップ直撃:
「宿命付けられて生まれてきた」 アパグループの社長兼CEO
「『宿が命』と書いて宿命」と話すのは、アパホテルなど国内外でホテルチェーンを展開するアパグループの元谷一志社長兼CEO。幼いころから父で創業者の元谷外志雄会長の後継者として育てられ、経営者への道も宿命だと感じているという。創業51年の会社と同じ年に生まれた新CEOは、4月からの新たな経営体制で、「より良いホテル」へ進化を続けると意気込む。(2022/6/7)

BIM:
ライフデザイン・カバヤ、建設DXに向けBIM活用プロジェクトを本格始動
ライフデザイン・カバヤでは、2021年度より建設DXに向けたBIM導入・活用のプロジェクトを本格始動している。2024年度までのBIM体制の確立を目指し、まずはCLT建築及び非住宅での導入に注力、BIM導入・活用を通じて建設生産効率の向上による働き方改革を推進する。(2022/6/3)

数々のヒット商品:
1キロのプリンで分かる「業務スーパー」本当の強さ 比類なき成長続けられる理由とは
業務スーパーを展開している神戸物産が急成長している。強さの秘密はどこにあるのか。筆者は「商品改革」が特に優れていると指摘する。(2022/5/31)

プラマイデジタル:
AI桜鯛に養殖クラウド、進む「スマート養殖」 海・川がなくても可能な「陸上養殖」の時代が到来
漁業が強い日本だが、実は海面養殖に適した場所は限られている。それに対し閉鎖循環式の陸上養殖であれば、ICTを活用したスマート化が容易だ。(2022/5/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ハンバーガー店が増えすぎている!? 激戦区「渋谷」「吉祥寺」で見た“淘汰”の兆し
コロナ禍の影響で、ハンバーガー店への新規参入が相次いだ。競争が激化した結果、淘汰されるケースも。激戦区である渋谷と吉祥寺では何が起きているのか?(2022/5/25)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
マクドナルドのテークアウト/デリバリー成功の要因はどこにあった? 絶好調で時短協力金も辞退
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのは日本マクドナルドホールディングス、ハンバーガーチェーンのマクドナルドの国内展開をしている企業です。(2022/5/13)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
コメダ珈琲は、なぜコロナの悪影響をあまり受けなかったのか?
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。第3回目として取り上げるのはコメダホールディングスです。もちろんコメダコーヒーの運営をしている企業です。(2022/5/12)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
吉野家は、飽和する国内市場でなぜ郊外と女性に目をつけたのか?
今回取り上げるのは吉野家ホールディングスです。牛丼チェーンの吉野家を中心に展開していて、それ以外にも大きなチェーンでははなまるうどんもこの吉野家グループの企業です。最近は本業以外の部分でも話題になることが多い吉野家ですが、今回はそんな吉野家の現状と今後について考えていきましょう。(2022/5/11)

MVNOに聞く:
HISモバイルに聞く“290円プラン”誕生の背景 OCNに対抗して価格ナンバーワンを維持
5月中旬に新料金プランを導入するHISモバイルの目玉になっているが、1GBプランだ。通常だと550円(税込み)かかるが、1カ月のデータ使用量が100MB未満だった場合のみ、金額が290円まで下がる。290円という料金で狙うのが、フィーチャーフォンからの乗り換えを考えるユーザーだ。(2022/4/28)

餃子の王将、5月14日から値上げ 餃子など14種
餃子の王将を運営する王将フードサービスは4月27日、メニュー全体の約2割の商品を5月14日より税抜20〜30円値上げすると発表した。小麦や食用油をはじめとする原材料価格の高騰や、人件費、物流費の上昇が原因だとしている。(2022/4/27)

地上11階建て全177室:
大分県初の「アパホテル」誕生 別府の観光客需要を見込む
アパホテルが、4月18日、大分県初となる「アパホテル別府駅前」(大分県別府市)をオープンした。(2022/4/19)

不採算店を閉鎖:
スーツが売れない 紳士服大手はどんな手を打っているのか
新型コロナウイルス下での在宅勤務の広がりなどでスーツ需要が落ち込んでいる。仕事着のあり方が変わる中、業績低迷に歯止めがかからない紳士服大手は不採算店の閉鎖を進めるとともに、事業の多角化を急ぐ。(2022/4/9)

プライベートサウナ「ONEPERSON」:
最高額は90分7500円! ホテルみたいな接客と「個室」で勝負する“高級サウナ”の狙い
フィットネスジムを運営するKOHATAホールディングスが、完全個室・事前予約制のプライベートサウナブランド「ONEPERSON」を立ち上げ、1号店を東京・自由が丘に3月30日オープンする。そのこだわりは?(2022/3/25)

コストにこだわる米国フードチェーンがD&Iに巨額投資の裏事情
効率と原価を重視したオペレーションを強みとするフードチェーンが相次いでダイバーシティ、イクオリティ、インクルージョンへの投資を発表した。イメージ戦略やマーケティング施策だけでは説明し切れない大規模投資だ。(2022/3/14)

ワークマンのキャンプ用品、「WEB限定」なのに店舗でも売っている理由
低価格を武器にキャンプ用品に参入したワークマン。発売日には公式ショッピングサイトが一時つながりにくくなる人気ぶりだった。しかし「WEB限定」のはずの商品は店頭にも並んでいた。(2022/3/4)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
火鍋は赤字、麻辣湯はIPO!? コロナ禍でも猛烈拡大、中国外食チェーンの光と影
日本にも進出する中国の麻辣湯チェーン最大手「楊国福麻辣湯」が2月22日に香港証券取引所にIPOを申請した。一方、中国の火鍋チェーン最大手「海底撈火鍋」は、21年通期決算が大幅赤字転落の業績予想を発表。中国の外食チェーンは競争の激しさを背景に、コロナ禍でも怒涛の規模拡大と資金調達に動いている。(2022/3/3)

スピン経済の歩き方:
丸亀製麺は“讃岐うどん”の看板を下ろしたほうがいい、これだけの理由
またまた炎上した。丸亀製麺が讃岐うどんの本場・丸亀市と全く関係がないことである。このネタは何度も繰り返しているが、運営元のトリドールホールディングスはどのように考えているのだろうか。筆者の窪田氏は「讃岐うどんの看板を下ろしたほうがいい」という。なぜなら……。(2022/2/22)

狙いは:
アパホテルが福岡で存在感! コロナ禍に、なぜ積極出店?
福岡市中心部でアパホテルが積極出店を続け、存在感を増している。新型コロナウイルス禍にもかかわらず、昨年には6棟が開業し、フランチャイズ店を含め10棟となった。(2022/2/15)

全国で400校舎以上展開:
学習塾「武田塾」運営元の林尚弘社長、違法賭博発覚で辞任
学習塾「武田塾」を運営するA.verの林尚弘社長が同社の社長を辞任すると発表した。自身の違法賭博が発覚したため。林社長は同社社長に加え、武田塾の塾長職も辞任する方針を明らかにした。(2022/2/15)

スピン経済の歩き方:
なぜ群馬に“謎コンビニ”ができたのか ゼンショー「実験店舗」の正体
ゼンショーHDが群馬県内で展開しているコンビニ「さくらみくら便利店」が話題になっている。コンビニ業界は寡占化が進んでいるのに、このタイミングで参入して存在感を示すことができるのだろうか。(2022/2/15)

スピン経済の歩き方:
西武HDの「外資にホテル売却」が、“残念なニュース”でない理由
西武HDが、プリンスホテルなど30施設をシンガポールの政府系ファンドへ売却するという報道があった。これを受けて、ネットやSNSではネガティブな反応を示す人が多いが、本当に“残念なニュース”なのか。筆者の窪田氏は、逆の見方をしていて……。(2022/2/8)

ソニーがBungie買収で手に入れたかった「とあるノウハウ」 勢い増すゲーム企業の買収合戦
ソニーが米国のゲーム会社「Bungie」を36億ドル(約4140億円)買収すると発表した。過去のSIEによる買収の中でも最高額となる。本稿では、その背景について解説する。(2022/2/3)

申し込みは「西洋菓子舗 不二家」のみ:
不二家のペコちゃん、純金メダルに 創業111年記念で11.1万円 限定20点
2021年11月に創業111年を迎えたことを受け、不二家はマスコットキャラクター「ペコちゃん」の純金メダルを20点限定で販売する。2月1日から全国の「西洋菓子舗 不二家」店舗限定で購入予約の受け付けを始めた。価格は創業年数にちなんで11万1000円。(2022/2/1)

ソニー、「Halo」や「Destiny」のBungieを36億ドルで買収
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)はゲーム企業Bungieを36億ドルで買収すると発表した。「Halo」や「Destiny」で知られるスタジオだ。買収完了後、独立した子会社として存続し、開発ゲームがプレイステーション独占になることはないとしている。(2022/2/1)

PR:ノーコードツールでデジタル変革 DXを成功に導く「3つのステップ」とは?
(2022/2/1)

日本初導入「キャプション by Hyatt」:
ハイアット、東京・大阪に新ブランドホテル つながりと自己表現を求める“意識の高い消費者層”に対応
米・ハイアット ホテルズ コーポレーションは、新ブランドのホテル「キャプション by Hyatt」を2024年前半に大阪、25年に東京でそれぞれ開業すると発表した。(2022/1/31)

家電メーカー進化論:
金の買い取り業からマッサージ器で成功、型破りなドクターエアの経営とは?
近年、マッサージ家電が人気だ。マッサージガンや椅子やソファーに置くとマッサージチェアになるシートなど、使ったことがある人も多いだろう。これら新しいタイプのマッサージ機器をいち早く手掛け、市場を牽引しているのがドクターエアだ。同社の誕生の経緯や、型破りな経営、今後の展開について井上馨社長に聞いた。(2022/1/31)

ニトリの背中も見えてきた:
新生ハンズが地方に大量出店? 「王者」カインズの東急ハンズ買収から見える、意外な未来
業績不振に苦しんでいた東急ハンズを、ホームセンター業界の王者・カインズが買収する。ニトリの背中も見えてきた同社は、かつて時代のトレンドを生み出してきたハンズをどう変化させるのか。(2022/1/26)

倒産数との合計も過去最多更新:
2021年「喫茶店」廃業数、過去最多の100件 東京商工リサーチ
東京商工リサーチが2021年の「喫茶店」の休廃業・解散が初めて100件に達し、過去最多を記録したとする調査結果を発表した。前年度比26.5%の増加で、2000年の調査開始以降、最多だった2018年(84件)を大幅に上回ったという。(2022/1/24)

YouTuber経由の告発で発覚:
セブン-イレブン、賞味期限切れのおでん販売で謝罪 全店舗、一斉調査へ
セブン-イレブン・ジャパンが一部店舗で賞味期限切れのおでんを販売していたとして謝罪した。同社は所管の保健所に一連の経緯を報告した上で、販売個数など詳細について調査を進めている。現時点で健康被害は確認されていないという。(2022/1/7)

出店を加速:
ファミマが掲げる“無人1000店” 小型・無人化で開拓する新たな商圏とは?
コロナ禍の影響もあって注目を集めている無人決済店舗。その導入で1歩リードしているコンビニが、ファミリーマートだ。なぜファミマは導入を加速させているのか。担当者に聞いた。(2022/1/4)

中には100万円超も:
収入アップのため新たに取り組んだこと、1位は「副業」 増収額は?
コロナ禍で働き方が大きく変化する中、ビジネスパーソンは、収入や収入アップについてどのように考えているのだろうか。Daiが2123人を対象に調査した。(2021/12/28)

ディズニーの戦略に迫る【後編】:
ディズニー・マジックを生み出す方法 ウォルト・ディズニー・ジャパンのチョイ社長に聞くリーダーシップ論
ディズニープラスの新たな戦略とは何か。ITmedia ビジネスオンラインはウォルト・ディズニー・ジャパンのキャロル・チョイ社長に単独インタビューを実施。その狙いを聞いた。(2021/12/25)

ディズニーの戦略に迫る【前編】:
ウォルト・ディズニー・ジャパンのキャロル・チョイ社長が明かす動画配信サービス戦略 「Disney+」で日本アニメを配信する狙い
ディズニープラスの新たな戦略とは何か。ITmedia ビジネスオンラインはウォルト・ディズニー・ジャパンのキャロル・チョイ社長に単独インタビューを実施。その狙いを聞いた。前後編でお届けする。(2021/12/24)

新業態を開発:
居酒屋で苦戦するワタミが「寿司」に初参入 逆転の一手となるか?
ワタミは12月9日に、新ブランドとなる寿司と焼き鳥を主力とした「すしの和」1号店を東京都内にオープンする。コロナ禍で苦戦する居酒屋業態を、焼き肉や寿司を提供する店に変えていく。新しい試みは支持されるか。(2021/12/8)

日本最大のディズニーストア「ディズニーフラッグシップ東京」がいよいよオープン 限定商品いっぱいの店内に一足早く行ってみた
コンセプトは「想像の、その先へ」。(2021/12/4)

Restaurant Dive:
マックやKFCも 大手チェーンでドライブスルーのIT投資が過熱、その理由は
大手ファストフードチェーンの間で、ドライブスルー店舗の設備を拡大し、新たにIT技術を導入する動きが相次いでいる。その背景には、コロナ禍で消費者の行動やニーズそのものが後戻りしない勢いで変化する現実があるというが、一体何が起こっているのか。(2021/12/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コストコと並ぶロードサイドの“雄” 知る人ぞ知る鮮魚チェーン「角上魚類」が急成長している理由
関東を中心に22店を展開する鮮魚専門店の「角上魚類」。コロナ禍でも業績が伸び続け、1日に1万人もの顧客が訪れる店舗もある。強さの秘密を創業者に聞いた。(2021/11/30)

6歳未満の子どもに習わせていること1位は「水泳」 月謝の平均額は?
フランチャイズビジネス情報サイト「フランチャイズWEBリポート」を運営するDaiが、未就学児の「習い事」に関するアンケートを実施した。(2021/11/27)

HOTTERS24 高円寺店:
東京・高円寺に24時間営業の個室サウナ オープン前の店舗から見えた“こだわり”とは
東京・高円寺に12月1日、24時間営業の月額制男性専用プライベートサウナ、「HOTTERS24(ホッターズトゥエンティフォー)高円寺店」がオープンする。(2021/11/26)

保護者が通わせて良かった習い事1位は「水泳」 注目の「英会話教室」を抑え、男女ともに高い人気
体力がつく、学校の授業のためなどが大きな理由に。(2021/11/25)

2023年秋の開業予定:
横浜みなとみらいに2万人規模の音楽アリーナ 名称は「Kアリーナ横浜」に決定
ケン・コーポレーションが横浜みなとみらい21地区で進めている大規模複合開発について、同施設内に建設する音楽アリーナの名称を「Kアリーナ横浜」に決定したと発表した。(2021/11/17)

Kアリーナプロジェクトの一部:
ヒルトン、横浜みなとみらいに初進出/2023年秋開業予定
米・ヒルトンは11月16日、ケン・コーポレーションとその関連会社を通じて「ヒルトン横浜」のフランチャイズ契約を締結したと発表した。(2021/11/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。