「フレームワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フレームワーク」に関する情報が集まったページです。

クラウド/コンテナ/クロスプラットフォーム/DevOps/リモート開発:
PR:最新の開発トレンドに対応すべく強化された「Visual Studio 2022」で何が変わるのか?
Microsoftは2021年11月8日、統合開発環境(IDE)の最新版「Microsoft Visual Studio 2022」をリリースした。製品名に付く“年式”が変わるメジャーバージョンアップは、2019年4月リリースの「Visual Studio 2019」以来、約2年半ぶりとなる。最新版のVisual Studio 2022では何が変わったのか。そして、それは開発者や開発組織が直面している課題をどのようにして解決してくれるのだろうか。(2022/1/6)

最先端事例に学ぶ強い営業組織のつくり方:
PR:「売れる」営業を効率的に育成 今注目の「セールスイネーブルメント」とは?
各自が能動的に動く必要がある営業部門は、活動の可視化が難しい領域だ。各営業がどのような知識・スキルを持ち、それをどう生かして行動し、その結果具体的にどれくらいの成果につなげているのか。もともと見えづらかったものが、コロナ禍により「全く見えなくなった」と、頭を悩ませているマネジメント層、経営層は少なくないだろう。先行き不透明なこの先、営業部門はどう変革するべきなのか? 今話題のセールスイネーブルメントから解決策を探る。(2022/1/17)

AI・機械学習のツール&ライブラリ:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題【2022年】
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorchに対して検索トレンドや研究論文数、Kaggle実用数などでの比較を行う。総括として「どちらを使うべきか」について筆者なりの考察を加える。(2022/1/17)

海外医療技術トレンド(79):
注目される2022年上半期EU議長国フランスのデジタルヘルス戦略
前回は、欧州NIS指令2の最新動向を紹介したが、同時に欧州各国レベルでは、さまざまなデジタルヘルス・イノベーション施策が進行している。今回はフランスを取り上げる。(2022/1/14)

Microsoftが2022年最初の累積更新プログラムを配信 「緊急」の脆弱性に対処
Microsoftは2022年1月の累積更新プログラムを配信した。今回のアップデートでも深刻度が「緊急」(Critical)および「重要」(Important)に分類される複数の脆弱性に対処する。該当プロダクトを確認し、使用している場合には迅速にアップデートを適用したい。(2022/1/13)

Weekly Memo:
2022年、エンタープライズITの注目トレンドを読む――注目すべき3つとは
2022年のエンタープライズIT分野の注目トレンドは何か。筆者なりに3つの動きを挙げ、解説する。(2022/1/11)

メカ設計ニュース:
取り扱いソフトを簡単に利用開始できるGPUクラウドサービス
アスクは、同社で取り扱うソフトウェア製品を利用するための「GPUクラウドサービス」の提供を開始する。第1弾は、NVIDIAのプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」、ストリーミングソリューション「NVIDIA CloudXR」で提供する予定だ。(2022/1/11)

「ITIL」と「IT4IT」を比較【後編】
「ITIL」と「IT4IT」の相乗効果とは? 「どちらか」ではなく「どちらも」が吉
企業にシステム運用の最適な方法を示す「ITIL」と「IT4IT」。それぞれ違うアプローチを取っているからこそ、両方を組み合わせる意味がある。ITILとIT4IT活用のこつを探る。(2022/1/11)

Innovative Tech:
ジョジョのキャラクター風に顔写真を変換する「JoJoGAN」 1枚の画像からAIが学習
米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究チームは、入力した1枚の顔画像を漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラクター風に変換する機械学習フレームワークを開発した。「空条承太郎」など、作中のキャラクターに似せた顔に変換する。(2022/1/6)

山市良のうぃんどうず日記(222):
年末年始恒例、「2022年にサポートが終了する」Microsoft製品――Windows 10は? IEは?
毎年この時期になると、筆者の連載で必ず取り上げるのが、この先1年でサポートが終了するMicrosoft製品や技術に関する情報です。2022年も多くの製品でサポートが終了します。(2021/12/28)

Computer Weeklyリバイバル
自然言語処理AI「GPT-3」の可能性と限界
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2021/12/30)

小寺信良のIT大作戦:
働き方改革のはずが燃え尽きる――「テレワーク・バーンアウト」はなぜ起こる?
コロナ禍によってテレワークが日常となった今、燃え尽き症候群が大きな課題となっている。(2021/12/28)

「ITIL」と「IT4IT」を比較【前編】
いまさら聞けない「ITIL」「IT4IT」とは? 使い物になるのか
システム運用の最適な方法をまとめた「ITIL」と「IT4IT」がある。両者は何が違い、どちらを使えばいいのか。ITILとIT4ITの要点をまとめた。(2021/12/28)

Innovative Tech:
最も効率的な厨房のレイアウトを自動提案 各スタッフの能力や熟練度、公平さも考慮
米ジョージメイソン大学の研究チームは、飲食店の厨房やレストラン、スーパーマーケットでの最適なレイアウトを自動設計するフレームワークを開発した。(2021/12/27)

AI・機械学習の業界動向:
2022年の「AI/機械学習」はこうなる! 8大予測
2021年は、Transformerを中心に技術が発展し、日本語モデルの利用環境も整ってきた。また、ローコード/ノーコードをうたうAIサービスも登場した。2022年の「AI/機械学習」界わいはどう変わっていくのか? 幾つかの情報源を参考に、8個の予測を行う。(2021/12/27)

「COP」を通じて考える日本企業の脱炭素戦略(前編):
「COP26」の“前と後”を読み解く――日本企業が知っておきたい気候変動の潮流
気候変動に対する世界的な危機感の高まりから、その開催に大きな注目が集まった「COP26」。では今回の「COP26」、そしてそれ以前から続く世界の気候変動に関する大きな流れについて、日本企業は何に注視し、どのように事業戦略に落とし込んでいけばよいのだろうか。「COP」の概要や他国の取り組みをもとに、そのポイントを解説する。(2021/12/27)

「ニューノーマル×グローバル」に勝つ人事(4):
人事機能を改革せよ! グローバルで勝つための「組織体制」と「武器」
日本企業が、グローバルで成功を収めるにはどのような人事機能が求められるだろうか? 必要とされる「組織体制」と「武器」を解説する。(2021/12/24)

Rubyを知る【後編】
「Ruby」が“大人気言語”になり切れない原因は?
Webアプリケーション開発用のプログラミング言語として人気を博してきた「Ruby」には幾つかの短所がある。開発者にとってどのような点が問題なのか。(2021/12/24)

人工知能ニュース:
応用範囲を拡大、超低消費電力AI推論アクセラレーターIPの最新版を発表
LeapMindは、超低消費電力AI推論アクセラレーターIP「Efficiera」の最新版「Efficiera v2」を発表した。民生機器、産業機器、ロボットなどさまざまなエッジデバイスへディープラーニング機能を組み込める。(2021/12/20)

Innovative Tech:
トリミングではなく、写真を拡張して良い構図を提案 AIが適切な背景を自動合成
中国の南開大学とTencent AI Lab、韓国のXverseの研究チームは、写真内を切り抜くのではなく、広げる方法で被写体に合わせた構図にして出力する、深層学習を使った外向きクロッピング手法を開発した。(2021/12/20)

Amazon SageMaker Studio Lab入門:
無料でPython/機械学習できるAmazon SageMaker Studio Labとは? Colabと比較
メールアドレスだけで無料で使えるStudio Labは、同種のColabとどう違うのか。Studio Labプロジェクトランタイムのスペック(CPU/GPUや、実行時間、メモリ、ディスクサイズなど)や機能(ランタイムの保存と再開など)について説明する。(2021/12/20)

海外医療技術トレンド(78):
「欧州NIS指令2」で注目される医療機器メーカーのCSIRT/PSIRTの役割
本連載第33回で取り上げた「欧州NIS指令」だが、現在、改訂版の施行に向けた作業が急ピッチで進んでいる。(2021/12/17)

Rubyを知る【中編】
「Ruby on Rails」はなぜ開発者に愛されるのか
「Ruby」や「Ruby on Rails」を使ったアプリケーション開発にはさまざまなメリットがある。開発者は何に利点を見いだしてRubyを活用しているのか。(2021/12/17)

Microsoft、2021年最後の累積更新プログラムを配信 30以上の製品が対象
Microsoftは2021年12月の累積更新プログラムを配信した。今回の累積更新プログラムでは30を超える製品が対象となる。「緊急」(Critical)に分類される脆弱性もあるため、迅速にアップデートを適用してほしい。(2021/12/16)

.NET 6移行入門(1):
.NET 6統合の現状および概要と方向性
.NET 6の現状を把握し、具体的な移行方法を学ぶ連載。初回は、.NET 6の注目すべき新機能を中心に.NET 6の統合の現状および概要、方向性について。(2021/12/22)

Innovative Tech:
手書きスケッチがリアルな髪形に イラストから髪形を自動生成するAI、香港の研究チームらが開発
香港城市大学と香港中文大学、中国の浙江大学の研究チームは、プロではないユーザーがフリーハンドで描いたスケッチから、さまざまなヘアスタイルのフォトリアリスティックな髪の画像を自動生成する学習ベースのネットワークを開発した。(2021/12/15)

「動かすための修正」を削減
言語やフレームワークのバージョンアップ対応を自動化するOpenRewrite
開発者なら、言語やフレームワークのバージョンアップへの対応に追われた経験があるだろう。記述方法の変更や関数の追加・廃止といった仕様変更に伴うコード修正を自動化できるとしたらどうだろうか。(2021/12/15)

湯之上隆のナノフォーカス(45):
半導体製造装置と材料、日本のシェアはなぜ高い? 〜「日本人特有の気質」が生み出す競争力
半導体製造装置と材料の分野において、日本は非常に高いシェアを持っている。これはなぜなのか。欧米メーカーのシェアが高い分野と比較し、分析してみると、興味深い結果が得られた。(2021/12/14)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(1):
設計者なら一度はやってみたい形状最適化、お金をかけずにどこまでできる?
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。(2021/12/13)

Rubyを知る【前編】
いまさら聞けない「Ruby」の真実 何に役立つのか?
「Ruby」はWebアプリケーション開発で広く用いられているプログラミング言語だ。どのような特徴があるのか。概要を解説する。(2021/12/11)

安全なサプライチェーンを目指す:
MicrosoftとQualcomm、米国防総省のチップ設計に参加
MicrosoftとQualcomm Technologiesは、技術サプライチェーンを確保するとともに、米国のマイクロエレクトロニクスの技術力を強化することを目的とした、米国防総省のチッププロジェクトの第2フェーズを主導することになった。(2021/12/10)

Innovative Tech:
音楽からふりつけを自動生成 ポップスやジャズなどに合わせてキャラクターがダンス
中国の研究チームは、音楽からキャラクターの振り付けを自動生成するダンスモーション合成システムを開発。ポップスやヒップホップ、ロック、ジャズなど、さまざまな音楽スタイルのリズムに応じた動きを作り出す。(2021/12/9)

AWSがアナリティクスサービス向けの3つのサーバレスオプションを提供開始 あらゆる規模のデータ分析に対応
AWSがアナリティクスサービススイートに向けた3つの新しいサーバレスオプションの提供を開始した。サーバレスサービスのメリットとは何か。(2021/12/8)

研修とは“真逆”のアプローチ:
研修で不正は防げない!──「コンプラなんて他人事」の社員を変えるものとは
研修を実施し、社員のコンプラ意識を向上させる──多くの企業が実施しているコンプラ施策だが、これだけでは、不正を必ずしも防ぎきることはできない。社員を変える、研修とは“真逆のアプローチ”とは。(2021/12/8)

CASE時代の自動車セキュリティ:
PR:自動車セキュリティは包括的な対策が必須、車両からクラウドまでどうカバーするか
セキュリティは自動車業界にとって新たな課題の1つだが、ITやOT(制御技術)、IoT(モノのインターネット)などのフレームワークと共通した部分が多い。その知見を生かしながら車両からバックエンドまでを包括的にカバーするソリューションをどのように取り入れるべきか。(2021/12/7)

包括的なソリューションで導入も容易:
PR:IoT機器のセキュリティを爆上げ! 次世代の認証技術「FIDO」を載せる
セキュリティの強化や確保という大きな課題が依然として残るIoT機器。そこで注目したいのが、新しいオンライン認証技術「FIDO」だ。FIDO機能を追加すれば、IoT機器のセキュリティを一気に数段階上げることが可能だ。暗号関連技術を手掛ける台湾WiSECURE Technologiesは、FIDO認証器からサーバまで、包括的なFIDOソリューションを既にそろえている。(2021/12/7)

CASE時代の自動車セキュリティセミナー:
PR:セキュリティ対策を自動車の製品開発プロセスに取り込み、定着させるには
自動車業界のサイバーセキュリティ対応が義務化され、自動車メーカーだけでなくサプライヤーも含めた取り組みが急務となっている。ツールや外部組織、既存のフレームワークなどをうまく活用することが、製造業のセキュリティ戦略のカギを握る。(2021/12/6)

「JupyterLab」ベースのノートブック開発環境でAWSリソースを利用:
機械学習を学び、実験できる無料サービス「Amazon SageMaker Studio Lab」プレビュー版が発表
AWSはJupyterノートブックを使用して機械学習を学び、実験できる無料サービス「Amazon SageMaker Studio Lab」のプレビュー版を発表した。クレジットカード番号は不要であり、AWSアカウントすら必要ない。(2021/12/3)

製造ITニュース:
スーパーコンピュータを活用し、AI学習を容易に高速処理する技術を開発
富士通は、スーパーコンピュータを活用して、大規模なAI学習を簡単かつ高速に処理するソフトウェア技術を開発した。大規模な日本語AIモデルに適用して検証した結果、従来1個のGPUで数カ月要した演算を短時間で学習することに成功した。(2021/12/3)

ヘッドレスコマース vs. 従来型コマース【中編】
中小企業でも「ヘッドレスコマース」を諦めてはいけない理由とは?
ECに注力する企業の中で、顧客接点となるフロントシステムとバックエンドシステムを分離させる「ヘッドレスコマース」の考え方が浸透しつつある。大企業のみならず中小企業においてもこれが有効である理由とは。(2021/12/3)

Gartner Insights Pickup(235):
サイバーセキュリティプログラムの有効性を証明する4つの指標、「CARE」
「CARE」フレームワークを使って、組織のサイバーセキュリティプログラムの信頼性やディフェンシビリティを証明する指標を作成する。(2021/12/3)

AIで数学の新たな定理発見 英DeepMindと数学者がNatureに共同論文
新たな数学の定理の発見や、未証明の予想の解決にAIが役立つ──そんな研究結果を、囲碁AI「AlphaGo」などで知られる英DeepMindが発表した。(2021/12/2)

AWS、ブラウザで機械学習を学び試せる「SageMaker Studio Lab」を無料で提供
AWSが、機械学習の実行環境を提供する新サービス「SageMaker Studio Lab」を無料で提供する。オープンソースの「JupyterLab IDE」をベースにした新サービスで、PythonやR言語などに対応。Webブラウザから利用可能という。(2021/12/2)

バイアスを排除することの重要性
データの「偏見」を可視化するPythonライブラリの真の価値とは何か
機械学習に使うデータに年齢や人種、性別に関わるバイアスが含まれていると、AIは誤った推論を出力する。FairLensはこれらのバイアスを可視化し、公平性に寄与する。それによって得られる真の恩恵とは?(2021/12/2)

僕たちのKaggle挑戦記:
Kaggleで学ぶ、Optunaによるハイパーパラメーター自動チューニング
Kaggle公式「機械学習」入門/中級講座の次は、本稿で紹介する動画シリーズで学ぶのがオススメ。記事を前中後編に分け、中編ではOptunaを使ったハイパーパラメーターの自動チューニングを試した体験を共有します。(2021/12/1)

12月1日から:
スターバックス、皇居外苑にエコ店舗 廃棄物量を40%減らす
スターバックス コーヒー ジャパンは、「スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店」をグランドオープンすると発表した。環境負荷の低減を目的とした店舗運営や実証実験を行っていく。店内にはどんな工夫が施されているのだろうか。(2021/11/30)

リアルタイムOS列伝(17):
大学生まれのフル機能RTOS「RIOT-OS」は良くも悪くもビジネスと直結しない
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第17回は、欧州の大学の共同研究に出自を持つフル機能のRTOS「RIOT-OS」を紹介する。(2021/11/29)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(85):
そのアジャイル開発、品質管理は大丈夫? 無料の電子書籍で分かる、アジャイル開発におけるテストの考え方
人気過去連載を電子書籍化して無料でダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第85弾は連載『アジャイル開発における品質管理』です。多数のソフトウェアテスト現場を知る専門家が、少人数、短期間の開発を繰り返すアジャイル開発ではどのように品質を保証していくのかを解説します。(2021/11/29)

コロナ禍がもたらした変化:
なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本と他の市場で異なっていることが判明した。この格差をどう見るべきか。Tableauで日本のカントリーマネージャーを務める佐藤 豊氏が解説する。(2021/11/26)

石油依存からの脱却を図るサウジアラビア
サウジアラビアの基金管理団体が「OCI」を選んだ“政府機関ならでは”の理由
石油やガスへの経済的依存度を減らすために、サウジアラビアは観光産業開発に40億ドルの基金を投資する。同基金は財務や人事、調達といった業務を効率化させるために、OCIを採用した。その理由とは。(2021/11/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。