• 関連の記事

「経済学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!経済学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で経済学関連の質問をチェック

関連キーワード

大谷翔平が「2桁勝利・本塁打」 日本ハムファイターズが「道新」ではなく「岩手日報」の号外を配布する理由
プロ野球球団「日本ハムファイターズ」が8月11日の札幌ドームでの主催試合で、全来場者に岩手県の地元紙「岩手日報」の号外を配布すると発表した。(2022/8/10)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(5):
投資初心者が見つけた“黄金の組み合わせ”
2022年初頭から、“投資初心者”として、投資の勉強をひたすら続けてきました。その初心者の私に最も適した投資の方法としてたどり着いたのが、インデックス投資です。ランダムウォーク分析×現代ポートフォリオ理論という“黄金の組み合わせ”から成るものです。(2022/7/28)

BBC、がんで余命宣告された22歳女性をお天気キャスターに起用 “死ぬまでにしたい100のこと”をかなえる
18歳で余命1年を宣告され、いま22歳に。(2022/7/28)

1万人が選ぶ:
2022年上半期ビジネス書ランキング 2位『1日1話、読めば心が熱くなる365人の生き方の教科書』、1位は?
新刊ビジネス書籍情報誌「TOPPOINT(トップポイント)」を発行するパーソナルブレーン(京都市)は「2022年上半期ビジネス書ランキング」を発表した。最も読者に支持されたビジネス書は『成しとげる力』だった。(2022/7/25)

経済面でも存在感:
数字で見る“大谷翔平効果” きょうMLBオールスターに「1番・DH」で先発出場
ロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手がMLBオールスターゲームに「1番・指名打者(DH)」で先発出場する。21年以来2年連続の出場。投打で全米から注目を集める大谷選手にまつわる数字を、経済の視点などから各所の発表を基にまとめた。(2022/7/20)

スピン経済の歩き方:
「中小企業淘汰論」はなぜ“炎上”しにくくなったのか 日本に残された時間
「中小企業は減らしたほうがいいよ」――。こうした「中小企業淘汰論」を掲げても、ネット上で炎上しにくくなっている。数年前であれば、すぐに燃えていたのに、なぜ話題になりにくくなったのか。背景にあるのは……。(2022/7/19)

全国約50社・2500店舗以上が参加:
投票すると「ラーメン替え玉1杯無料!」 “選挙割”を実施する企業はなぜ増えたのか?
7月10日投開票の参議院選挙に向けて、「選挙割」という活動に参加する企業・店舗が増えている。選挙割の仕掛け人で、主催団体の選挙割協会の佐藤章太郎代表理事に、活動開始の経緯や企業が参加する狙いなどを聞いた。(2022/7/8)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(4):
株価データベースを「Docker」で作ってみる
今回は、株価情報のデータベースを「Docker」で作ってみます。長いエンジニア生活で私が学んだこと――。それは、「自力で作らなかったものは、結局、自分の”モノ”にはならない」ということです。だからこそ、やってみるのです。(2022/6/29)

金利が上がれば価格は下落 日本の都心マンションもいまや「夜明け前」か
 ウクライナ戦争を主因とするエネルギー価格の高騰は、ほとんどすべての工業製品の製造コストを上昇させた。その結果、世界的なインフレを招いている。(2022/6/28)

シャオシャオとレイレイ、1歳に:
上野動物園の双子パンダ、308億円の経済効果 “ネコノミクス”超えなるか?
上野動物園で産まれた双子のジャイアントパンダ「シャオシャオ」「レイレイ」が6月23日、1歳を迎える。双子パンダがもたらす経済効果は試算によると300億円を超えるという。経済効果の大きい動物としてよく話題に上がる「ネコ」と比較してみたところ……。(2022/6/23)

初の調査:
「嫌がらせ」「雇い止め」 更年期不調で離職の実態
40代以降の「更年期」に現れる心身の不調が生活や仕事に及ぼす影響について、厚生労働省が初の実態調査に乗り出す。労働現場からは、つらい症状を周囲に相談できずに孤立したり、病状の理解が得られずに嫌がらせを受けたりした報告も相次ぐ。(2022/6/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
佐賀県の負担金は? ゲーム理論で導き出した「九州新幹線西九州ルート」
「九州新幹線西九州ルート」の新鳥栖〜武雄温泉間の着工の見通しが立たない。理由の1つが「佐賀県の負担金問題」だ。佐賀県は在来線で不満はなく、フル規格の費用負担は見合わない。経済学のゲーム理論によれば、3者が最も合意しやすい負担額は「佐賀県と国の負担減、長崎県の追加負担あり」と試算された。(2022/6/4)

ランサムウェアに狙われる医療機関 対抗策は【中編】
「医療機関へのランサムウェア攻撃」が患者にもたらす「重大」な被害とは?
セキュリティ専門家は、米国の大手医療グループUniversal Health Services(UHS)に対するランサムウェア被害を深刻な事態と認識している。その理由は。(2022/6/2)

流行が見える「メルカリ物価・数量指数」提供開始
メルカリ総合研究所と東京大学エコノミックコンサルティングが「メルカリ物価・数量指数」の提供を始めた。(2022/5/16)

特許ポートフォリオを分析:
TSMC、Samsung、Intel……チップメーカーの運命を示す特許動向
特許ポートフォリオの構築は、成功への道として試行錯誤が繰り返されているが、確実な成功を保証するわけではない。まずその特許の数が1つの目安となるが、 企業が出願し取得する特許の品質は、同じくらい重要である。では、どの半導体メーカーが賢明な特許ポートフォリオを構築し、どの半導体メーカーが単に目的のために特許ポートフォリオを蓄積しているだろうか。(2022/4/28)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
世界の秩序が変わり、冷静に判断する時
欧米の支援を受けるウクライナとロシアの衝突が続く中、これまで以上に中国の動向が注目されています。フィデリティ・インターナショナルのCIOが今後想定されるシナリオとグローバル経済の行方を解説します。(2022/4/7)

Q&A 総務・人事の相談所:
賃上げは毎年必要か? 「やるべき」と言い切れる、これだけの理由
中小企業でも賃上げは毎年必要でしょうか──。この質問に対し、人事評価専門のコンサルティング、神田氏の答えは「毎年行うことをお勧めします」。理由は大きく2つあるいいます。(2022/3/30)

弱々しかった今回の不動産バブル 平成バブルの勢いなく「おっかなびっくり」に終始
 東京都心で見られるマンション価格のバブル的な高騰は、2013年から始まった。いわゆるアベノミクスとほぼ軌を一にしている。(2022/2/28)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaはこうやって買う(前編) 試乗からグレード選択、充電設備、納車前の諸手続きまで
購入ガイド的な内容を前後編の2回に分けてお届けします。(2022/2/25)

スーパー猫の日:
「ネコノミクス」が日本を救う? 経済効果は約2兆円
2022年2月22日は「スーパー猫の日」といわれる。猫カフェや猫グッズなど関連需要で生まれる経済波及効果「ネコノミクス」は過去最高水準の2兆円近くになるとの試算も出ている。(2022/2/22)

Go AbekawaのGo Global!〜具 彰昡編(前):
オーディションに落ちたあの日、僕は夢を失った
アニメの声優に憧れて来日した韓国の青年。だが夢は破れ、天災で就職もままならず、コンビニやネットカフェでアルバイトをする日々が続く――。(2022/2/22)

Q&A 総務・人事の相談所:
「残業代」を稼ぐため、わざと残業? 社員を納得させる、残業の減らし方
社員の残業が多くて困っています。正直なところ、残業手当を目当てに行う「生活残業」ではないかと疑っています。何か解決策はないでしょうか。(2022/2/16)

今年こそ、旅するように働きたい!:
PR:サイバーエージェントのとあるワーケーション風景 群馬県の湯治文化が仕事にもたらす“効能”とは?
「観光地でテレワークをしながら休暇をとる」という、ワークとバケーションを組み合わせた造語「ワーケーション」。夢のような取り組みであるにもかかわらず、「本当に効果があるのか」「逆に生産性が落ちるのでは」という声が根強く、なかなか浸透するに至っていない。しかし、本当にそうなのだろうか。サイバーエージェントのワーケーションに密着し、その答えを探った。(2022/2/15)

スマートシティーの実現に貢献:
ソーシャルデジタルツインとは? 富士通が始めるシミュレーションは今までと何が違うのか
富士通と米カーネギーメロン大学は、ソーシャルデジタルツインの共同研究を開始する。行動経済学や行動科学といった人文社会科学と計算機科学を融合し、多様で複雑な社会課題を解決する施策を効率良く導く。(2022/2/9)

IDCが発表:
顧客獲得力向上のために投資すべきものとは? 「2022年のインテリジェンスの未来に関する予測」10項目【更新あり】
IDCは、インテリジェンスの未来に関する10項目の予測を発表した。企業がインテリジェンスに投資することで、財務や業績、製品やサービスの成果がどう変化するかが明らかになった。(2022/2/8)

導入事例:
日揮と横河、現場作業者の行動特性を可視化する実証実験
日揮ホールディングスと横河電機は、プラント建設作業者のモチベーション向上を目的に、行動特性を可視化する実証実験を実施した。好ましい行動特性を表した建設作業員に、監督者がトークンを付与するシステムを構築している。(2022/2/2)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第3回 自分に合った学びテーマを見つける6つの方法
ここで取り組んでほしいのは、学びの対象とする「気になる仕事」の目星を付けること。肩に力を入れ過ぎず、夢を膨らませるイメージでリラックスして考えてみよう。(2022/1/31)

スマホにメッセージ→人は実際に「混雑を回避」するのか JR東とNTTグループが「行動変容」の共同実験、山手線で実施
確かに、明確な回避手段とともにタイミングよく事前に知らせてくれたならば従っちゃうかもです。(2022/1/25)

コロナ禍でも増加:
パワーカップル世帯の動向 夫の年収1500万円以上でも妻の約6割は就労
近年、共働き世帯が増え、妻が夫並みに稼ぐ「パワーカップル」の存在感が増している。年収分布、世帯数の推移、夫の収入別に見た妻の就労状況はどうなっているのか。ニッセイ基礎研究所の久我尚子氏が解説する。(2022/1/23)

Q&A 総務・人事の相談所:
業績が苦しくても、ボーナスを絶対に支給すべき理由 どうやって実現?
「コロナの影響で売り上げが落ち込んでいて、次回賞与の支給を見送ろうと考えていますが、問題ないでしょうか」──この質問に、筆者は「法律的には問題はありませんが、経済的には問題があります」といいます。どういうことでしょうか?(2022/1/21)

ITエンジニアが選ぶ、おすすめビジネス書・技術書ベスト10 翔泳社が発表
翔泳社は、ITエンジニアおすすめのビジネス書と技術書、各10冊を発表した。特に投票数の多かった3冊については、2月17日に開催するプレゼン大会で大賞を選ぶ予定。(2022/1/19)

「COP」を通じて考える日本企業の脱炭素戦略(後編):
「COP26」以降の気候変動の潮流――その中で日本企業が強みを生かす方法とは?
気候変動に対する世界的な危機感の高まりから、その開催に大きな注目が集まった「COP26」。では今回の「COP26」、そしてそれ以前から続く世界の気候変動に関する大きな流れについて、日本企業は何に注視し、どのように事業戦略に落とし込んでいけばよいのだろうか。「COP」の概要や他国の取り組みをもとに、そのポイントを解説する。(2022/1/17)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(11):
「多様性の経済」という価値の軸を、中小製造業が進むべき方向性とは
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。最終回となる今回は、連載の主題でもある「中小製造業の生きる道」について見ていきます。(2022/1/17)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
M&A後の新会社で「ゼロから人事制度を作る」 両社が折り合わない時にプロが選ぶ方法とは
M&A後の統合会社で、人事制度をゼロから作ることになった場合。両社が折り合わないケースは決して少なくないが、そんな時、人事コンサルタントの筆者はある方法を取るという。(2022/1/14)

スピン経済の歩き方:
会社のトップが大好きな「戦国武将に学べ」が、パワハラ文化をつくったと感じるワケ
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートした。SNS上で「おもしろい」と話題になっているが、時代劇の中でも「戦国武将」に目がない人たちがいる。経営者だ。筆者の窪田氏は「武将に学べ系コンテンツ」と「パワハラ」に微妙な関係があると見ていて……。(2022/1/11)

年末のまとめ:
「旧態依然とした営業組織」を刷新する5つのキーワード 2021年の営業関連おすすめ記事10選
ITmedia ビジネスオンラインが2021年に掲載した、旧態依然の営業組織を刷新するために役立つ記事を、5つのキーワードに分けてご紹介します。(2021/12/28)

「COP」を通じて考える日本企業の脱炭素戦略(前編):
「COP26」の“前と後”を読み解く――日本企業が知っておきたい気候変動の潮流
気候変動に対する世界的な危機感の高まりから、その開催に大きな注目が集まった「COP26」。では今回の「COP26」、そしてそれ以前から続く世界の気候変動に関する大きな流れについて、日本企業は何に注視し、どのように事業戦略に落とし込んでいけばよいのだろうか。「COP」の概要や他国の取り組みをもとに、そのポイントを解説する。(2021/12/27)

製造マネジメント 年間ランキング2021:
半導体供給網はいつ落ち着くのか、品質不正問題にも注目が集まった2021年
MONOistの年末恒例企画である年間ランキングの発表企画。製造マネジメントフォーラムにおいて、閲覧数の多かった記事を順番に紹介していきます。(2021/12/24)

過去の失敗を繰り返さないため慎重に検討を:
「CHIPS for America Act」、無用の長物を生み出す恐れ
今後10年間で米国半導体業界を再生すべく、520億米ドルを投入する法案「CHIPS(Creating Helpful Incentives to Produce Semiconductors)for America Act」が、米国上院で可決された。現在はまだ、下院による承認を待っているところだが、ここで一度、この法案が、米国の国内製造への投資を奨励していく上で最も効果的な方法なのかどうか、じっくり検討すべきではないだろうか。(2021/12/21)

どのように転売ヤーにとっての魅力をなくすか:
不正転売について考えてみた
メルカリをはじめとする「二次流通業者」の存在感が大きくなっている。 しかし、残念ながら二次流通業と消費者との関わりポジティブな側面だけでなく、ネガティブな側面もある。その代表が「不正転売」だ。本レポートでは、メルカリとUSJの転売対策など、企業の事例を取り上げる。(2021/12/18)

製造マネジメントニュース :
「パナソニックに足りないのはスピード」CNS社CTOに就任した元MS榊原氏
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は2021年12月1日、同年11月1日に同社CTO兼イノベーションセンター所長および知財担当に就任した榊原彰氏に対するメディア懇談会を開催し、報道陣の取材に応じた。(2021/12/3)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
映画『アバター』の聖地も便乗、メタバースに群がるにわか専門家
フェイスブックが社名を「メタ(Meta)」に変更し、「メタバース」への関心が急速に高まっている。実際のところメタバースの定義さえ曖昧だが、「メタバース元年」の中国では「金を産みそうな未来技術」として言葉が一人歩きし、ひともうけを企むインフルエンサーや企業が湧き出て収拾がつかない状況だ。(2021/11/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自己流では勝てない。セオリーを学び、プロフェッショナルを目指せ
『世界の起業家が学んでいるMBA経営理論の必読書50冊を1冊にまとめてみた』に学ぶプロフェッショナルの戦い方。(2021/11/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
京王線“ジョーカー男”から相次ぐ「無敵の人」はなぜ生まれる? 経済的観点から読み解く
ハロウィンに現れた京王線の「ジョーカー男」事件から、電車を舞台としたいわゆる「無敵の人」の事件が後を絶たない。ここにきて罪を犯しても失うものがない「無敵の人」の犯行が大きな社会問題になりつつある。(2021/11/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
米国で仕事に戻りたくない人が続出。日本にも波及か?
米国ではコロナ危機からの景気回復が進んでいるが、一方で多くの人が仕事に戻りたがらないという現象が発生している。この現象は、日本にも……。(2021/10/27)

連載「情報戦を制す人事」:
注目の「人的資本経営」入門編 財務諸表には表れなくても、企業が向き合うべき理由
未だ多くの人にとっては「聞き覚えはあるけれど、理解度はあまり高くない」といった状況の「人的資本経営」。利益に必ずしも直結しなくても、今こそ経営・人事が連携して着手しなければならない理由とは?(2021/10/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
「今日の仕事は、楽しみですか」が炎上 なぜこの広告が世に出たのか
品川駅に表示された「今日の仕事は、楽しみですか。」という広告が炎上した。それにしても、なぜこの文言が世に出たのか。宣伝とブランディングを理解していなくて……。(2021/10/12)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【前編】:
元西友のプロマーケターがうなる、オーケーストアの差別化戦略
西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏と、東急ハンズ・メルカリなどでCIOを務めた長谷川秀樹氏が対談。富永氏が語る、オーケーストアを研究すべき理由と、小売りに求められる「差別化戦略」とは──?(2021/10/11)

スピン経済の歩き方:
経済事件を予言? ビジネスパーソンこそ『ゴルゴ13』を読むべき理由
すご腕スナイバー、ゴルゴ13ことデューク東郷の活躍を描く漫画『ゴルゴ13』の作者、さいとう・たかを氏がお亡くなりになった。政治家や官僚など幅広い層に支持されているわけだが、筆者の窪田氏は「ビジネスパーソンこそ読むべき」だという。どういう意味かというと……。(2021/10/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
立民「年収1000万円以下所得税ゼロ」 1番トクするのは高収入の独身ビジネスマン?
衆院選マニフェストの中でも目を引くのが、立憲民主党の掲げる「年収1000万円未満世帯の所得税免除措置」だ。立憲民主党の枝野代表は「経済を良くするには、分厚い中間層を取り戻し、あすの不安を小さくすることが大事」と発言しており、実現すれば家計の負担が減少すると巷でも歓迎する意見も散見される。(2021/10/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。