• 関連の記事

「経済学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!経済学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で経済学関連の質問をチェック

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケ事例だけを学んでも“再現性”は高まらない 「筋の良い学習プロセス」を知る
幅が広く、ひとつひとつの奥が深いマーケティング、それをマスターするためにどのように学習すべきか。筋の良い学習プロセスを紹介します。(2024/2/28)

グッドパッチとUXの話をしようか:
ネコへの投資、子ども超え 増えるネコ消費に隠されたユーザー体験
2月22日はネコの日です。今回は愛猫家たちを虜(とりこ)にするサービスとそれらのユーザー体験を分析していきます。(2024/2/22)

データサイエンスのモデル入門【第1回】
ギャンブルが起源「データサイエンス」の基礎が分かる“4つの予測モデル”とは?
データ駆動型の意思決定がビジネスに欠かせなくなった。企業は予測モデルを構築してシミュレーションを重ねることで、深い洞察を得ることができる。代表的な4つのモデルについて、その起源や特徴を解説する。(2024/2/14)

電動化:
観光公害の解決から災害時の支援まで、日産が広げるEVのつながり
日産自動車は「ゼロ・エミッションフォーラム2024」を開催した。EVを中心とした脱炭素社会の実現に向けた取り組みについて語るフォーラムで、日産自動車と協力してカーボンニュートラル実現を目指す自治体や大学が登壇した。(2024/2/8)

設計者のためのインダストリアルデザイン入門(9):
デザイン思考は製造業を変えたのか? 開発現場から見たデザイン思考の功罪[後編]
製品開発に従事する設計者を対象に、インダストリアルデザインの活用メリットと実践的な活用方法を学ぶ連載。今回から“デザイン思考は製造業を変えたのか?”をテーマに取り上げる。[後編]では昨今のデザイン思考に対する批判の論点やデザイン思考の功績について解説する。(2024/2/5)

AIドリームチーム「Sakana.ai」が人材募集 AWS・GCPや日本産HPCインフラの利用経験があるエンジニアなど 設立者は元Googleトップ研究者ら
元米Googleの著名な研究者、リオン・ジョーンズ氏とデビッド・ハー氏らが東京で立ち上げたAI企業Sakana.ai(東京都港区)が、ITエンジニアやビジネスアナリストといった人材の募集を始めた(2024/1/18)

「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
ラジオのスタジオに顔を出すのが当面の目標。(2024/1/16)

16億円かけ新設「国際線ターミナル」が大苦戦 和歌山・南紀白浜空港の誤算
関西有数の観光地・和歌山県白浜町に立地する南紀白浜空港に国際線ターミナルが完成し、昨夏に運用が始まった。地方空港の中には増築などをせずに既存ターミナルで国際チャーター便に対応するところもあり、専門家からは必要性に疑問の声も上がっている。(2024/1/8)

すい臓がんステージ4公表の森永卓郎、“闘う経済アナリスト”な実息子とラジオ特番 主治医とのやりとり語る
ミニカー収集のせいで自宅の床が抜けた、という森永家エピソードも披露。(2023/12/27)

TechTarget発 世界のITニュース
東南アジア言語に特化した大規模言語モデルを提供開始、Alibaba 対応言語は?
Alibabaは、東南アジアのさまざまな言語を処理できる新しいLLM「SeaLLM」の提供を開始した。(2023/12/26)

生成AI時代の価値創造:
収益が指数関数的に急上昇する「AIぐるぐるモデル」とは?
AI時代の価値創造の方法では、収益は逓増する。規模が大きくなればなるほど、指数関数的にもうかるようになる。その仕組みとは?(2023/12/12)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
分業体制の罠 「スペシャリストという名の作業マシン」を量産する組織に未来はない
業務が高度化すると、生産性向上を狙って「分業」がよく行われます。しかし、それが従業員の「やりがい」や「働きがい」を減らし、最終的に離職率や競争力を悪化させている課題があります。この問題はどう解消すべきでしょうか?(2023/12/6)

広告に頼らない方法も解説:
ブランディング広告を止めると、1年後にどうなる? シミュレーションから見えてきた
ブランディング広告は、短期的な売り上げだけでなく、将来の売り上げにもつながる中長期的な効果を持つ。そんな特性を持つブランディング広告を止めるたら、1年後そのブランドはどうなっているのか? 実際にシミュレーションしてみたところ……。(2023/12/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
教養は、ビジネスパーソンの武器になる――世界のエリートが学んでいる教養書 必読100冊を1冊にまとめてみた
いまビジネスパーソンの間で、教養がブームだ。現代の複雑な問題は、すぐに学べるノウハウでは解決できず、問題の本質を洞察して解決するには幅広い教養が役立つからだ。(2023/11/30)

OpenAIの新取締役3人のプロフィール
OpenAIが発表した“初期段階”の取締役会のメンバー、アダム・ディアンジェロ氏、会長になるブレット・テイラー氏、ラリー・サマーズ氏のプロフィールを簡単に紹介する。(2023/11/24)

「従業員監視」の法規制を巡る議論【前編】
「従業員監視」は何が“危ない”のか? コネクテッドデバイスの利用実態にメス
英国政府はコネクテッドデバイスの利用実態に関する調査資料を公開。メリットに注目されがちなコネクテッドデバイスを、従業員監視に使う際の懸念点は。(2023/11/21)

Go AbekawaのGo Global!〜Jay Pegarido(前):
末は「神父」か「エアクラフトエンジニア」か
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はSansanの海外開発拠点、Sansan Global Development Centerにて取締役を務めるJay Pegarido(ジェイ・ペガリド)さんにお話を伺う。コンピュータとの出会いは決して早くなかったが、その出会いは文字通りジェイさんの運命を変えた。(2024/1/23)

全国平均1002円:
最低賃金1000円超で「失業者の増加」は真実か? 急激には悪化しない3つの理由
「最低賃金をアップさせると、倒産や人員の源泉により雇用機会が失われ失業者が増える」というのは経済学の世界では長くありました。10月に最低賃金が全国平均1002円になり、初めて1000円超を記録しました。今回の改定で失業者増になってしまう可能性はあるのか、考えてみましょう。(2023/11/6)

営業DXへの心理学的アプローチ(後編):
セールステックを導入したのに”宝の持ち腐れ”に? 多くの企業がハマる「落とし穴」
セールステックを定着させ、意思決定に活用できている企業は約3割にとどまっています。多額の予算を投じ導入したにもかかわらず、なぜ多くの企業で「宝の持ち腐れ」状態になってしまうのか。導入プロセスでハマる「落とし穴」と抜け出す方法を解説します。(2023/11/2)

営業DXへの心理学的アプローチ(前編):
セールステックを導入したのに逆に生産性が低下、なぜ? 実態と対策を解説
営業現場では「セールステックを導入したのに、逆に生産性が下がっている」という声をよく聞きます。なぜそのような事態が起こるのか、そのワケを読み解き、心理学的アプローチを考えてみましょう。(2023/10/24)

ビジネスの身近な「なぜ」を解明:
なぜ、深夜に「ネットで無駄な買い物」をしてしまうのか? 人間の知られざる心理
「確かに買ったが、なぜ必要なのか分からない……」という宅配便が届いた経験は誰にでもあるのではないだろうか。実はそういった「無駄な買い物」は夜に起こっていることが多いという。身近なビジネスの疑問を人間心理の観点から読み解いていこう。(2023/9/28)

ビジネスの身近な「なぜ」を解明:
「細長いボトル」VS.「幅のあるボトル」 どちらが高級と感じる? 知られざる人間の心理
「細長いボトル」と「幅のあるボトル」があるとする。中身はどちらも同じ水なのに、人間は無意識的に片方にだけ「高級感」を覚えるという。どちらに高級感を覚えるのかというと……(2023/9/27)

ビジネスの身近な「なぜ」を解明:
iPhoneの「りんごマーク」 なぜ、真ん中ではなく上に? 知られざる人間の心理
なぜiPhoneの「りんごマーク」は真ん中ではなく、少し上のほうにプリントされているのだろうか? そこにはブランドに対する納得感を生む工夫が施されていた。(2023/9/26)

GXは経済成長につながるか
デジタル技術でビジネスを変革する「DX」が定着したと思ったら、最近は「GX」という言葉をしばしば聞く。(2023/9/11)

仕事の在り方が変わる:
ChatGPTを会社経営にいかにして導入するか? 入山章栄教授が語る「知の探索」理論
早稲田大学ビジネススクール経営学博士・入山章栄教授が、生成系AIと人間それぞれが得意な仕事の分野、会社のリソースの振り分けを提言した。企業が生成AIを活用するためのヒントをお届けする。(2023/9/4)

「小売DXと仕掛学」前編:
パン店の試食客が2倍に ユニークな「仕掛け」が小売DXに必要なワケ
人々の好奇心をくすぐる工夫で行動変容を促す「仕掛け」を小売業と組み合わせると、どんな化学反応が起きるのだろうか――。仕掛学の第一人者、松村真宏・大阪大大学院教授と小売業のDXに詳しい郡司昇氏が対談した。(2023/9/1)

Go AbekawaのGo Global!〜Dolf Marvin(前):
「人を幸せにしたい」から、人事を目指し、エンジニアになった
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はエルテスでデータ分析のエンジニアとして働く、Dolf Marvin(ドルフ・マルビン)さんにお話を伺う。幼いころからとにかく人を支えたいという気持ちが強かったマルビンさんの夢は「人事部で働くこと」だった。(2023/8/7)

日本初の「5円キャッチャー」も登場! 東京都最大級のクレーンゲーム店「エブリデイ多摩ノ国」に行ってきた
オープン前の店舗を取材しました。(2023/7/8)

生成AIが「職務経歴書」作成 スカウト率40%増のビズリーチ新機能、試してみた結果は?
ビズリーチ(東京都渋谷区)は、米OpenAI社のGPTを利用した職務経歴書作成機能を搭載した。採用担当者やヘッドハンターとの最初の接点である職務経歴書の作成を効率化することで、本格的に活動できていない非アクティブユーザーの活発化を図る。(2023/7/6)

役員報酬「従業員の40倍」 賃金横ばいの30年で、なぜ格差は開いたか
過去30年間にわたり、多くの国内企業は給与の引き上げに消極的でした。その一方で役員報酬は上がっており、格差が拡大しています。「役員は自分に都合よく報酬を設定している」との疑いの声は、本当なのでしょうか。(2023/7/6)

輸出管理の世界を変えた「10・7」規制:
半導体をめぐる米中対立の「地経学」リスク
東京大学教授兼地経学研究所長の鈴木一人氏は2023年6月22日、半導体サプライチェーンに関するセミナーに登壇し、米国による先端半導体に関する輸出管理などの半導体をめぐる「地経学」リスクを語った。(2023/7/3)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(1):
経済構造の国際体系「SNA」ってなんだ? 初歩から学ぶ経済の仕組み!
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/6/26)

喫煙所に“吸い殻で投票できる灰皿” ポイ捨てを減らす取り組みを大正大学で実証実験
「サークルに、入っているor入っていない」など吸い殻で投票できます。(2023/6/23)

バックグラウンドのコード実行でLLMの回答を強化:
Googleの生成AI「Bard」の論理力と推論力が向上、「Googleスプレッドシート」に出力可能で何ができる?
Googleの生成AI「Bard」が数学的なタスク、コーディングの質問、文字列操作のプロンプト(指示)に対し、より正確に対応できるようになった。(2023/6/13)

グッドパッチとUXの話をしようか:
10年で市場規模が10倍に 「アナログレコード」復活の理由をUX観点から考える
サブスクサービスで音楽を聴くことが増えてきましたが、意外なことにここ10年で「アナログレコード」の市場は10倍に成長しています。なぜアナログレコードが人気なのでしょうか、その秘密をUXの観点から考えてみました。(2023/6/9)

洪水発生7日前から警告:
Google、AI活用の洪水予測プラットフォームを拡大 洪水発生の7日前に警告できる仕組みは?
Googleは、2022年11月に提供を開始したAI活用の洪水予測プラットフォーム「Flood Hub」を世界80カ国に拡大すると発表した。洪水のリスクにさらされる4億6000万人の人々に、洪水発生の7日前から早期予測を提供する。(2023/6/6)

頭脳労働者を脅かす「ChatGPT」【後編】
「ChatGPTに仕事が取られる」と不安で眠れない頭脳労働者が「ChatGPT」と共存する方法
人工知能技術の発展とともに自身の業務の先行きを考えて不安を覚える頭脳労働者もいる。だが、上手に付き合う方法はある。生成AIツールをどう使うべきなのか。どう使うべきではないのか。専門家に聞いた。(2023/6/2)

多様なIT人材登用の促進【前編】
スポーツ賭博会社とF1チームが「STEM人材の復職」を促す“根深い問題”
女性の復職を支援するため、スポーツベッティング事業者EntainとF1チームMcLaren Racingがプログラムを立ち上げた。具体的な支援の内容や両者が見据えるプログラムのゴールとは。(2023/5/31)

電子マネーをつい使いすぎてしまう…… そこで付けてほしい天才的な演出アイデアに「吹いた」「俺に必要なやつだ」
ご利用は計画的に。(2023/5/18)

世界・日本の7社を紹介:
金融テクノロジーで個人の「環境意識」は変わるのか? グリーンフィンテック企業の可能性と課題
環境に良い行動に繋げたいと考える消費者を、金融テクノロジーでサポートする「グリーンフィンテック」が注目を集めています。国内外の7社を例に、グリーンフィンテックの可能性と課題について考えてみます。(2023/5/9)

今日のリサーチ:
行動科学による社会課題解決型の行動促進で創出される市場規模は約11兆円強―― EYSC試算
行動経済学や心理学といった行動科学のアプローチで生活者の行動変容を促すことで、新たな市場が拡大していくようです。(2023/4/26)

ものづくり経営学の基本は「良い流れ」の現場力と「良い設計」の構想力である
日本において国際競争力の高い製造企業は、概して「多能工のチームワーク」に基づく統合型組織能力が高い。例えばトヨタ生産方式は約200の組織ルーティンにより顧客へ向かう「良い設計の良い流れ」を維持し向上させている。その基本形は、デジタル化時代においても変わることはない。この観点から、21世紀のものづくり経営学を論じる。(2023/4/19)

明るいサステナビリティ変革:
事業成長とサステナビリティの両立 目指す企業は何から取り組む?
サステナビリティの潮流が高まる中で、どう事業成長と両立させるかを悩んでいる企業も少なくないだろう。目指す企業は何から取り組むべきか、解説する。(2023/4/19)

「IT学位人気」が浮き彫りにするIT業界の現実【後編】
「女子がITの道を選ばない」問題だけじゃなかった“深刻なIT人材問題”はこれだ
「コンピューティング」が英国の学習者にとって魅力的な専攻になる一方、欧州におけるIT業界の人材獲得に関しては、いまだに“ある課題”が残る状況だ。それは何なのか。(2023/4/15)

「IT学位人気」が浮き彫りにするIT業界の現実【前編】
医学でも経済学でもなく「IT」が英国学生の“1番人気”になった納得の理由
英国の学習者の間で、IT分野に関する「コンピューティング」の学位取得を目指す動きが広がっている。背景には、よく耳にする"あの存在”がある。(2023/4/8)

明るいサステナビリティ変革:
「環境に優しいから」では動かない社員 やる気にさせる「科学的アプローチ」とは ?
従業員になかなかサステナビリティ変革への意識が浸透しないのはなぜか? 誤った方法でアプローチしている可能性があるかもしれない。従業員をやる気にさせる「科学的アプローチ」とは?(2023/3/31)

AIに相談だ!:
ChatGPTと就職面接の練習をしたら? 柔軟な対応力を鍛えて“お祈り”を回避できるかも
AIチャットbot「ChatGPT」「新しいBing」に、人間には答えにくい質問や、答えのない問い、ひっかけ問題を尋ねてみたらどんな反応を見せるのか。それぞれの反応からAIの可能性、テクノロジーの奥深さ、AIが人間に与える“示唆”を感じ取ってほしい。(2023/3/24)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
「謝罪会見トレーニング」は個人にも必要な時代になるか?
1週間の記事アクセス数を集計し、上位10記事を紹介する「Weekly Top10」。今回は2023年3月13日から19日までの7日間について紹介。(2023/3/24)

関西大学が試算:
劇的勝利で決勝進出の“侍ジャパン” WBC優勝時の経済効果はいくら?
WBCで野球の日本代表が、準決勝で劇的なサヨナラ勝ちを果たし、連覇を果たした2009年大会以来、14年ぶりの決勝進出を決めた。優勝をかけて米国代表との一戦に臨むが、優勝時の経済効果はいくらなのか。関西大学が試算した。(2023/3/21)

ダメ研修を淘汰:
なぜ研修をいくらやっても「実のあるもの」にならないのか?
なぜ研修をいくらやっても、「実のあるもの」にならないのでしょうか。そんなダメ研修を淘汰するための方法を解説します。(2023/3/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。