• 関連の記事

「地球」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地球」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「うちらが撮った写真やん」 中国の宇宙開発企業がインターステラテクノロジズ撮影の“地球の写真”を無断使用? 構図までそっくり
インターステラテクノロジズが成層圏から撮影した地球の写真を、中国の宇宙開発企業が無断使用した可能性がある。稲川貴大代表が、自身のXアカウントで指摘した。(2024/6/13)

“地球で221年ぶり”、13年ゼミと17年ゼミの同時発生で1兆匹のセミが…… 渡米記録に「大人の自由研究レベル100」「生で見たら発狂しそう」
すごい(虫が苦手な人は閲覧注意です)。(2024/6/14)

22歳モデル、体重10キロ増を報告もファン驚き 「増えたように見えない」「10キロ増えてこの美しさですか」
地球上にかわいいが増した。いい言葉だ。(2024/6/11)

「野生に戻りやがって…」 愛・地球博のモリゾーとキッコロは今……? その“激変ぶり”に「泣ける」「懐かしい…」
元気そう!(2024/6/10)

SpaceXの巨大宇宙船「Starship」、帰還に初めて成功 4度目の打ち上げで
米SpaceXは6月6日(現地時間)、超大型宇宙船「Starship」の4回目の打ち上げを実施した。Starshipは、軌道投入したのち地球への再突入を実行。途中Starshipを覆う耐熱タイルが多数剥がれ、フラップも故障するなどのトラブルに見舞われたものの、無事着水に成功。「再利用できる超大型宇宙船」へ大きく前進した。(2024/6/7)

KDDI、2028年をめどに月−地球間通信を構築 宇宙共創プログラム「MUGENLABO UNIVERSE」も
KDDIは5月30日、共創プログラム「MUGENLABO UNIVERSE」を開始した。極限環境の宇宙を活用し、地球上の課題解決を目指すとしている。合わせて、月面におけるモバイル通信の構築などに関して発表した。(2024/5/30)

くそヤバいチョイス! 劇場アニメ「デデデデ」後章、浅野いにおが作詞手掛けたでんぱ組.inc「あした地球がこなごなになっても」が挿入歌に
後章のクライマックスシーンに! これはくそヤバチョイス!(2024/5/28)

「太陽が爆発した」 人類最後の日を手軽に体験できる方法が想像よりずっと地球滅亡っぽい
映画のクライマックスで見たやつだ。(2024/5/22)

「ほぼ宇宙だ」「幻想的」 日本人写真家が撮った“地球で一番高い場所”が絶景すぎる 言葉が出ない美しさに4万いいね
宇宙に一番近い場所。(2024/5/16)

太陽フレアを頻発してオーロラの原因となった黒点は「地球が横に30個並ぶ大きさ」──「ひので」観測に成功
JAXAは13日、太陽観測衛星「ひので」(SOLAR-B)が撮影した太陽黒点の画像4点を公開した。ここ数日の間に“Xクラス”の太陽フレアが発生し、世界各地でオーロラが観測される原因になった黒点だ。(2024/5/13)

月面ー地球間のデータ通信サービス提供へ ispace、26年にリレー衛星を2基打ち上げ
宇宙ベンチャーispace(東京都中央区)が、2基のリレー衛星を活用した新たなデータサービスを開始する。同社の米国法人であるispace technologies U.S.が提供するもので、2026年に予定している月面探査ミッション3において実施予定という。(2024/4/30)

「アースデイ」のGoogleロゴは地球の航空写真から集めた文字で
4月22日は「地球の日(アースデイ)」。Googleの検索ページのロゴが、地球上でアルファベットに見える航空写真を集めたものになった。(2024/4/22)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
“地球シミュレータ”JAMSTECの新「四次元仮想地球」に見るHPCの進化形 多様なニーズとセキュリティをどう両立? 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/4/16)

山岳トンネル工事:
トンネル工事の安全性を向上する「切羽予報」を開発 フジタ
フジタはと探査技術サービスを提供する地球科学総合研究所は、山岳トンネル工事の安全性向上を目的に、切羽の地質などの状態の変化を予測する「切羽予報」を開発した。毎日数回行う発破時の振動データをその都度取得し、切羽の性状変化をリアルタイムに予測して、天気予報のように関係者に共有する。(2024/4/8)

「地球駅OCAT」を襲った悲劇から20年 どう変身した?
JR難波駅は、地名にちなみ「湊町駅」と呼ばれていたが、関西国際空港の開港に伴い改名した。歴史を振り返ると……。(2024/4/4)

製造業IoT:
マイボトル利用の“面倒さ”を、電池レスIoTタグと自動洗浄機で変えられるか
サトーホールディングスは2024年3月26日、象印マホービン、総合地球環境学研究所と共同で、マイボトルの利用回数を可視化する実証実験を開始すると発表した。バッテリーレスで稼働するRFIDタグ「Wiliot IoTピクセル」と象印マホービンが開発した「マイボトル洗浄機」を組み合わせて可視化の仕組みを構築する。(2024/3/28)

『地球の歩き方』と『月刊ムー』のコラボ第2弾! 日本のミステリースポットを厳選して紹介
日本全国のミステリースポットも掲載!(2024/3/24)

熱い! 濃い! ド派手! 中国製SFブロックバスター映画「流転の地球 -太陽系脱出計画-」がすごい
中国SFコンテンツの到達点的作品です(2024/3/23)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(7):
【総まとめ】サステナブル設計に取り組むために必要なこと
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。最終回となる連載第7回では、これまでお届けしてきた内容の重要ポイントをおさらいする。(2024/3/21)

地球上最強の生物「クマムシ」は新宿歌舞伎町に生息するのか? 前代未聞の探索結果に「これはアツい」「歌舞伎町、過酷で草」
意外と身近なところにいるのがびっくり!(2024/3/19)

宇宙物理学、惑星科学、地球科学、太陽物理学、生物物理科学に対応:
IBMとNASA、科学分野の専門用語に対応する言語モデルを構築 Hugging Faceで公開
IBMとNASAは、宇宙物理学、惑星科学、地球科学、太陽物理学、生物物理科学に関する文献を学習させた言語モデルを、Hugging Faceで公開した。(2024/3/18)

「映画ドラえもん のび太の地球交響楽」レビュー 音楽へ向き合う真摯さと、決して小さくはない難点
ドラえもん映画史を更新するクライマックス。(2024/3/9)

2200円:
『地球の歩き方』から初の区域版「世田谷区」発売 グルメ情報は200件以上
地球の歩き方は2月29日、『地球の歩き方 世田谷区』を発売した。グルメを中心に、自然やアート、歴史など多彩なテーマで世田谷区の魅力や雑学を紹介する。(2024/3/1)

「APMネコバス」の乗り方は? 3月16日から愛・地球博記念公園で運行予定の「ネコバス」特設サイト開設
もふもふシートに座って「ジブリパーク」の外周通路を約10分かけて走行する。(2024/2/27)

「H3ロケット」で打ち上げられたキヤノン電子の衛星、初ショット公開 撮影は「PowerShot S110」
キヤノン電子は2月22日、超小型衛星「CE-SAT-IE」が初めて撮影した地球の写真を公開した。同衛星は、日本の次期主力ロケット「H3ロケット」試験機2号機に搭載され、2月17日に打ち上げられた。撮影は「PowerShot S110」(2024/2/26)

DXからSXへ 情シス部門の環境貢献とは?
2030年に向けて――情シス部門だからこそできるサステナビリティへの取り組み
地球温暖化の時代は終わり、地球沸騰の時代が訪れた――。2023年、国連はこのように警鐘を鳴らした。実は情報システム部門であっても地球環境に貢献し、企業価値を高める方法がある。何をすべきか。(2024/2/26)

『地球の歩き方 群馬』の制作が決定! 24年夏発売、群馬の魅力を深堀り
群馬県の全市町村を網羅するとしています。(2024/2/20)

Gartner Insights Pickup(338):
地球インテリジェンスが気候変動リスクの管理に果たす役割
地球インテリジェンスとは、地球に関するあらゆるデータを収集し、行動につながる情報に変えることを指す言葉だ。商業や環境問題への応用で、ますます重要になっている。ビジネス価値の高いユースケースとしては、環境モニタリングや気象予報、山火事の軽減などが挙げられる。(2024/2/16)

ソニー、人工衛星「EYE」による宇宙撮影体験の参加者募集を開始
ソニーグループは13日、超小型人工衛星「EYE(アイ)」を使って一般の人が宇宙から地球などを撮影できるサービス「宇宙撮影体験」の第1回参加者募集を始めた。(2024/2/13)

IPFSの宇宙での有用性を実証:
地球と軌道上でファイルを往復させる実験に成功 分散型コンテンツ配信システムが活躍
Filecoin Foundationは、宇宙通信用に設計された惑星間ファイルシステム(IPFS)プロトコルを使用して、地球から軌道上までファイルを往復させるミッションに成功した。本記事ではミッションの概要を紹介する。(2024/2/10)

もしも月が地球と衝突したなら…… “3000万再生”突破の海外CG作品がリアルすぎてゾッとする
牛さんが浮いてる……!(2024/2/3)

Innovative Tech:
“地球最強”クマムシが極限状態でも生き抜くメカニズムが判明 深い眠り「乾眠」を引き起こす仕組みとは
米ノースカロライナ大学チャペルヒル校と米マーシャル大学に所属する研究者らは、クマムシが過酷な環境下でも生き抜くメカニズムを解明した研究報告を発表した。(2024/1/25)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(6):
3Dプリンタ活用によるサステナブルなモノづくり事例
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第6回では、3Dプリンタ活用によるサステナブルなモノづくり事例について紹介する。(2024/1/22)

元司書みさきの同人誌レビューノート:
漫画家×絵描きのタッグが生み出す 地球のIFを描いた水生生物たちの擬人化マンガ『水棲のエデン』
ファンタジーな世界観に引き込まれます。(2024/1/21)

「ウルトラマンブレーザー」最終回も熱かった! 初めて地球人の言葉話す→ブレーザー光線のコンボにカタルシスが止まらない
俺も行く!(2024/1/20)

人工衛星「EYE」から地球を撮影してみた 思わぬ写真が撮れた
一般の人でも人工衛星「EYE」のカメラを使って宇宙から見た地球や遠い宇宙の写真を撮影できる。そんな夢のあるプロジェクトがついに始まった。(2024/1/18)

エッジコンピューティング:
軌道上衛星におけるエッジコンピューティングの実証に合意
Space CompassとMicrosoftは共同で、軌道上衛星のコンピューティング環境で動作するソフトウェアの開発と実証に取り組む。地球上の特定場所における船舶を、衛星からリアルタイムに検知するアプリケーションを開発する。(2023/12/26)

領海外でも「Starlink」を使えるように――総務省が船舶/航空機に搭載する衛星通信システムの審査基準を改正へ パブリックコメント募集
総務省が、船舶や航空機に搭載する非静止衛星通信システムの「携帯移動地球局」(移動局)の通信可能範囲を改定するための手続きを始めた。パブリックコメントの募集後、告示が改正されると日本の領海外でも「Starlink」や「OneWeb」での通信が可能となる。(2023/12/25)

【マンガ】地球滅亡の危機から20ページで結婚へ “テンポが良過ぎるSFラブコメ”が「発想が天才」「設定が面白い」と話題に
時間は止まっているのに、すごい速さでハッピーエンドに。(2023/12/23)

これが本当の“宇宙猫”? 米NASA、約3100万km先の宇宙の果てから“猫動画”の送信に成功
地球から約3100万km離れた宇宙の果てから、“猫動画”の送信に成功した──米NASAはそんな発表をした。(2023/12/19)

運用担当者だけでなく開発者も貢献するには:
地球環境に配慮する「グリーンコーディング」とは? 6つのベストプラクティスと始め方
TechTagetは「地球環境に配慮するコーディング」に関する記事を公開した。ソフトウェア開発者は、地球環境に配慮するさまざまなコーディング手法を使うことで、サステナビリティ(持続可能性)の取り組みをサポートすることができるという。(2023/12/19)

門出とおんたんだ! 映画「デデデデ」、特報でW主演の幾田りら&あののボイス初披露
地球がクソやばい!(2023/12/19)

真夜中ドラマ「地球の歩き方」、三吉彩花&森山未來&松本まりか&森山直太朗が出演決定
2024年1月13日スタートです。(2023/12/19)

「世界に1冊だけ」の写真集が作れる悪魔的推し活アイテム 聖飢魔II、地球デビュー35周年記念……魔暦26年3月まで販売
どの界隈のオタクからも羨望のまなざし!(2023/12/13)

ピザーラと桃鉄がコラボ! 特製スリーブやシール付きの「地球まるごとクォーター」が登場
12月11日から販売。(2023/12/10)

「ジョジョ」「ムー」コラボの『地球の歩き方』がエコバッグ&ポーチに! カプセルトイで登場
「世界のカレー図鑑」などもラインアップ。(2023/12/10)

“海外旅行のバイブル”『地球の歩き方』がまさかのドラマ化
韓国、タイ、サイパン、ニュージーランドを芸能人ライターがめぐるストーリー(2023/12/8)

「地球沸騰化」「ハルシネーション」「かわちい」 三省堂、「今年の新語2023」を発表
三省堂が「三省堂 辞書を編む人が選ぶ『今年の新語2023』」の選考結果を発表。大賞に選ばれたのは、アントニオ・グテーレス国連事務総長が発した「地球沸騰化」だった。(2023/12/7)

「ストレージはより重要な役割を担う」:
PR:サステナブルな社会を支えるストレージとは?
イノベーションの創出、セキュリティ、地球環境への配慮――激しく変化するビジネス環境において企業に求められるものは増えている。着実に、それでいて発展性のある取り組みを進めるために必要なのはどのようなICTインフラか。(2023/12/7)

「地球温暖化や気候変動を抑止する」 東電HDが手掛ける「TEPCO DX」とは
HPEは2024年にどのような取り組みを行うのか。東京電力ホールディングスにおけるGreenLakeの事例と併せて紹介する。(2023/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。