• 関連の記事

「早期退職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「早期退職」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

24年上半期に早期・希望退職募集した企業は前年比1.5倍 対象人員は年間1万人超えの可能性
東京商工リサーチの調査で、2024年上半期に「早期・希望退職募集」を行った上場企業は36社と、前年同期(24社)と比べ1.5倍にも達したことが分かった。(2024/7/17)

デジタル人材の獲得競争激化 ジョブ型で初任給引き上げも 富士通は40万越え
生成AI(人工知能)やソフトウエア開発などデジタル分野の人材獲得競争が激化している。事業の拡大を見据え、仕事の内容や役割に応じて処遇する「ジョブ型」雇用を新卒にも導入して、初任給を引き上げる動きが拡大。富士通は高度な専門性を持つ学生に40万円を超える初任給を出す制度を導入する方針で、業界内の人材獲得競争にますます拍車がかかりそうだ。(2024/7/16)

退職者が選ぶ:
「すぐに辞めたけど良い会社」ランキング トップ20社の傾向は?
新入社員の退職代行サービスの利用増が話題となっている。超短期での退職が増えることは問題だが、自身にあった会社を「選ぶ」ことは大切なこと。3年未満に退職した人に、その会社を評価してもらったところ……。(2024/6/13)

早期離職につながる可能性も:
新卒の配属制度、50%超が「見直す必要アリ」 何を変えるべきか?
半数以上が「新入社員の配属について、制度を変えたり、従来のやり方を見直す必要を感じている」と回答しているが、行動に移せていない企業も少なくない。実際に取り組んでいる企業は、何を変えているのか?(2024/6/12)

SAPの第1四半期決算、クラウド事業が好調 成長の背景と見えてきた課題
SAPの2024年第1四半期のクラウド収益は成長を示し、顧客がクラウド移行やビジネスAI機能の実装を計画していることが分かる。しかし、課題も見えつつある。(2024/6/6)

なぜ日本の組織は「学び合わない」のか リスキリングを成功させる「コミュニティ・ラーニング」とは?
今、社員のリスキリングについて取り組む企業の中で、学び合い続ける組織をいかにつくれるかが重要課題として改めて議論されている。それぞれのキャリアに合わせて選択的・自律的な学習をいかに促進しても、多くの企業で「笛吹けども踊らず」状態が続いている。いくら研修プログラムの改定を続けても、学び続ける組織を開発できなくては、いつまでたっても一部の従業員のための施策にしかならない。(2024/5/31)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
非上場になった東芝はスパゲティ化した経営をモデルベースで立て直せるか
変更に変更を重ねてスパゲティ化したソフトウェアを1本ずつほどいて元に戻すより、一からモデルベースで開発した方がマシということでしょうか。(2024/5/30)

日本人はなぜこれほどまでに「学ばない」のか 背景にある7つのバイアス
学びの習慣があまりにも低い日本の就業者の心理をより詳細に分析すると、学びから遠ざかる「ラーニング・バイアス(偏った意識)」が7つ明らかになった。日本人はなぜこれほどまでに「学ばない」のか。(2024/5/30)

上場企業27社が「早期・希望退職」を募集 3年ぶりに1万人超えの可能性
上場企業の人員削減が加速している。東京商工リサーチによると、5月16日までに「早期・希望退職募集」が判明した上場企業は27社で、対象は4474人に達しており、すでに2023年(3161人)の年間実績を超えた。(2024/5/24)

労働市場の今とミライ:
新卒の早期退職、背景に「10年で180度変わった価値観」 辞めないOJTを探る
新入社員の早期退職が話題だ。そのきっかけの一つに「OJT」があるだろう。10年でガラッと変わった新卒の価値観を比較しながら、辞めないOJTについて考えていく。(2024/5/23)

製造マネジメントニュース:
東芝が再興計画を発表、繰り返してきた計画未達の悪循環から抜け出せるのか
東芝が、2024〜2026年度の新規中期計画となる「東芝再興計画」を発表。同社の構造的課題の根本的な解決に向け、2024年度中に固定費の削減を中心とする損益分岐点の引き下げで収益力を強化し、2025〜2026年度に中長期的な成長に向けた道筋を付ける。(2024/5/17)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「君はロールモデルになれない」 女性活躍のウラで見捨てられる、45歳以上の女性たち
企業での女性活躍が進められる裏で、男社会で戦ってきた中高年の女性社員の存在がなかったことにされている。中高年の女性たちは「永遠にベンチを温めるだけの存在」で「用済み」なのか?(2024/5/10)

黒字企業で早期・希望退職者の募集が増加、対象者は前年比で3倍超に 業種別の最多は?
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/5/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「65歳定年」義務化まであと1年……企業がとるべき対策とは?
いわゆる「65歳定年」導入の義務化が2025年4月に控えている。企業が取るべき対策は?(2024/4/19)

入社後の配属先が希望と異なる時、4人に1人が「入社辞退を検討する」 理由は「不安」
レバレジーズの調査で、入社後の配属先が希望と異なる場合、約4人に1人の学生が「入社辞退や早期退職を検討する」と答えたことが分かった。(2024/4/2)

「配属ガチャ」対策を進める企業が、一度立ち止まって考えるべきコト
「配属ガチャ」対策を進める企業が増えてきた。希望通りに働けることは良いことだが、配属ガチャ対策を進める企業は、今一度立ち止まって考えるべきコトがあるのではないかと、筆者は考える。(2024/4/1)

スピン経済の歩き方:
「イトーヨーカドー」はなぜ大量閉店に追い込まれたのか “撤退できぬ病”の可能性
なぜイトーヨーカドーは大量閉店に陥る事態になってしまったのか。同店がかかえる本質的な問題は……。(2024/3/20)

一筋縄ではいかない「SAPの方針転換」【前編】
大規模再編のSAP、AI強化の前に「クラウドERP」は売れているのか?
SAPの2023年通期決算は、全体の売上高が前年比6%増と好調だった。一方、同社はAI技術を成長分野に位置付け、再編を実施すると明言した。クラウドサービス型ERPを含めて、同社の事業はどのような状況にあるのか。(2024/3/18)

AI事業にどこまで本気か
SAPがクラウドERP“好調”でも「8000人再編」を強行する本当の理由
SAPが人工知能(AI)技術の事業を強化するため、約8000人の従業員を対象とした再編を進めている。直近の業績が好調な中で、同社が大規模な再編を強行する狙いは単純ではないとアナリストは指摘する。(2024/3/13)

社長就活が広がる:
「社長と学生」のマッチングサービス 利用者がじわじわ増えている理由
新卒採用の広報活動が解禁される3月に突入した。人材獲得の手法が多様化する中で、「社長と学生」のマッチングサービスがじわじわ広がりつつある。どういった内容かというと……。(2024/3/1)

B2Bマーケターのための「広報」入門【第6回】:
広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすことは、広報の大事な仕事の一つです。しかし、取材を受けても思い通りの記事が出ないことがあるのも事実。今回は、そのような状況を回避する方法を紹介します。(2024/2/29)

製造マネジメントニュース:
制御機器事業の立て直し急ぐオムロン、構造改革で国内外2000人の人員削減も
オムロンは国内外で計2000人の人員削減などを含む「構造改革プログラム『NEXT2025』」を発表した。(2024/2/27)

電子ブックレット:
ルネサスの10年間を振り返る〜「親離れ」で次なる成長段階へ〜
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2024年1月に、設立時の親会社との資本関係がほぼ消滅したルネサス エレクトロニクスの約10年間(2013〜2024年1月)を振り返る記事をまとめました。(2024/2/13)

60歳以上の転職者が希望する年収 2位は「500〜599万円」、1位は?
エン・ジャパンは、人材紹介サービスの転職コンサルタントを対象に「ミドルの就業継続意向」について調査を行った。60歳以上の転職希望者が希望する年収帯で最も比率が高かったのは「600〜699万円」だった。(2024/2/2)

「45歳以上の転職」成功者を襲う苦難──50代は早期退職すべき?【キャリア迷子に贈る2023年ヒット記事】
ビジネスパーソン個々人が自身のキャリアや働き方を見つめ、選び取ることの重要性が増しています。自身のキャリアに迷いを抱えるビジネスパーソンにこそ読んでほしい2023年のヒット記事を、ITmedia ビジネスオンライン編集部が厳選してお届けします。(2023/12/29)

磯部孝のアパレル最前線:
三陽商会「バーバリーショック」から復活? 7期ぶり黒字の裏側
三陽商会の2023年2月期連結業績は、売上高が582億円(会計基準変更前の前期は386億円)、営業損益が22億円の黒字(同10億円の赤字)、純損益が21億円の黒字(同6億6100万円の黒字)となった。本業のもうけ=営業損益が黒字になるのは7期ぶりで、「バーバリー」のライセンス事業を失って以来初となる。(2023/12/22)

「年功序列を辞めないと日本企業は破綻」 人事の専門家が語る“本当に”取り組むべきこと
人的資本の開示、ダイバーシティー、サステナブルなど、多くの人事トレンドがあるが、人事領域の専門家は「トレンドと企業の現状はかけ離れている」と語る。日本企業が本当に取り組むべきこととは。(2023/12/8)

MdN、イカロス出版、天夢人で希望退職募集 インプレスHD
インプレスホールディングスは、出版子会社であるエムディエヌコーポレーション、イカロス出版、天夢人でそれぞれ、希望退職を募集すると発表した。(2023/11/28)

「再現性」が肝:
リードの40%が商談化するインサイドセールス「BDR」の立ち上げ方 8STEPをじっくり解説
(2023/11/28)

早期転職にポジティブな印象:
新卒の4人に1人が「5年以内に退職」 何が嫌で辞めた?
レバレジーズが運営する「ハタラクティブ」による調査によると、直近5年間に新卒として入社した人のうち、26.2%が既に退職していることが明らかとなった。退職を考えるきっかけとなった理由とは。(2023/11/20)

早期退職経験者の95%以上が「後悔はない」 退職の理由TOP3は?
「早期退職」経験者の95%以上が「後悔はない」と回答したことが、ウェブココルの運営する転職メディア「キャリアクラス転職」による調査で明らかとなった。早期退職を決める理由とは。(2023/11/13)

50代なら早期退職には「手を挙げるべき」なのか? ベテラン層が狙われる理由を考える
勤め先で早期退職の募集が行われた際、労働者はどのような選択を取るのが賢明なのでしょうか。これを考えるには、企業が人材を採用・育成していく上での「後払い賃金」の存在が欠かせません。また、早期退職の募集は、なぜシニア層が対象なのでしょうか。2つの問題を考えていきます。(2023/10/10)

工場ニュース:
コロナ禍で急増した国内工場の閉鎖、ピークは去ったものの食料品関連が増加
東京商工リサーチは、上場メーカーの国内工場、製造拠点についての閉鎖/縮小調査の結果を公開した。その結果、2022年に国内工場や製造拠点の閉鎖、縮小を開示したのは28社で、前年の40社を下回る結果となった。2023年も8月末までで14社にとどまり、減少傾向が続いている。(2023/9/26)

労働市場の今とミライ:
ウワサの「サラリーマン増税」の真意 政府はなぜ、転職の活性化に期待するのか
政府税制調査会が検討を打ち出した、退職金増税を含むいわゆる「サラリーマン増税」が国民の不安を招き、大きな注目を集めた。政府はこうした増税案も含む「三位一体の労働市場改革」で、どんな社会を目指しているのか。その真意を人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2023/9/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
西武池袋ストライキから憂う「賃金が下がり続けた先進国」の未来
8月31日、そごう・西武の労働組合が、国内百貨店では61年ぶりのストライキを実施した。昔は珍しいものではなかったストライキが減りゆく間、日本はどのように変わってきたのか。そしてストライキとは何のためにあるのか。河合薫氏が解説します。(2023/9/8)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
早期退職=福利厚生!? 中高年社員の大リストラ時代に備えるべきこと
シャープが早期退職制度を拡大、管理職だけでなく、55歳以上であれば一般社員まで対象として早期退職を募ることが報道されました。「早期退職制度=キャリア支援の福利厚生」との説明もありましたが、その真意は何なのか。中高年社員の大リストラ時代、何を備えるべきなのか。河合薫氏が解説します。(2023/8/25)

小寺信良のIT大作戦:
この夏はペルチェでヒエヒエ 広がる「パーソナル冷房」の世界
筆者の仕事部屋には、エアコンがない。去年の夏に冷風扇を導入し、リビングのエアコンからの冷気を部屋内に引き込んでいる。これと「REON POCKET 4」のお世話になっている。さらに今年はもう1つ、ペルチェ素子を使った秘密兵器を導入して、さらに快適になった。(2023/8/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ビッグモーター”事件発覚”から1カ月 不正が起きない組織は作れるか?
ビッグモーターの”事件発覚”から1カ月。事件そのものはもちろん「不正が起きないためにはどうしたらいいのか?」という観点に注目が集まっている。不正が起きない組織を目指した改革の失敗事例や、心理的安全性に対する誤解など、一筋縄ではいかない組織改革について考察する。(2023/8/14)

Computer Weekly日本語版+セレクション
もう働きたくない「中高年エンジニア」の本音
企業は退職した「中高年エンジニア」の現役復帰に期待を寄せており、高額の報酬を支払う姿勢も見せている。一方の中高年エンジニアは、必ずしも復職に積極的ではない。なぜなのか。(2023/8/10)

わずか5年で時価総額3.5倍の秘密 日本企業でもGAFAから学べること
「DXを成功させるために何から着手すべきか?」――の悩みに目的の設定や人材育成、データ活用などのさまざまな観点から答える本連載。第4回となる本稿はデジタル時代に成功し成長している企業の共通点を探る。(2023/8/2)

女性活躍を阻む「管理職の罰ゲーム化」
(2023/8/1)

増える「45歳以上の転職」 成功者は、ある苦難に直面する
40代以降の中高年層の転職には、若い頃とは異なる特有の苦労が待っている。(2023/7/27)

働き方の見取り図:
「ダイバーシティ推進」のウラで「高齢者に早期退職」迫る企業のちぐはぐ
企業の多くが「ダイバーシティ推進」を掲げる一方で「パフォーマンス化している」「見せかけに過ぎない」――などと疑問視する声も多い。ダイバーシティ推進への疑念はなぜ生じるのか。(2023/7/24)

働き方の「今」を知る:
どうすれば就職氷河期を回避できた? 今も残る「元凶」
どうすれば就職氷河期を回避できたのか──歴史に「もしも」はないが、どのタイミングでどのような対策を取っていれば、不幸な世代を減らせたのだろうか。また、現在の日本社会にも通ずる「元凶」とは何か。新田龍氏が考察する。(2023/6/30)

働き方の「今」を知る:
結局、就職氷河期とは何だったのか? その背景と今に続く深い傷跡
政府が16日に閣議決定したした本年度の「骨太の方針」の内容をきっかけに、突如ネット上で「就職氷河期世代」が話題となった。結局、就職氷河期とは何だったのか。経済情勢と社会構造から読み解くその原因と、今に続く影響の大きさについて解説する。(2023/6/29)

「内定取り消された」投稿に反響 連合「取り消しは安易にできない」ツイートに脚光
「内定を取り消された」とする投稿がTwitterで注目を集めている。これに対し、日本労働組合総連合会の公式Twitterアカウントが「取り消しは安易にできない」と投稿し、話題となっている。(2023/6/23)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「なめられたくない」「マウントを取りたい」──なぜ、中高年の転職はこうも不器用なのか?
「かっぱ寿司」元社長が「はま寿司」から営業秘密を不正に持ち出した件で、「転職先で部下になめられたくなかった」「マウントを取りたかった」という動機が報道された。中高年での転職を検討する人にとって、この動機は他人事ではない。なぜ、中高年の転職はこうも不器用なのか──?(2023/6/9)

専門家に聞く:
苦境「クックパッド」、年内3度目の人員削減 背景に競合台頭とタイパ重視
料理レシピの投稿・検索サービス「クックパッド」運営元が110人の人員削減を発表。2月と3月の希望退職者の募集に続く、年内3度目の人員削減となる。(2023/6/8)

クックパッドがまた人員削減 今年3回目
クックパッドが人員削減を発表した。海外子会社を含むグループ全体で110人を削減するという。(2023/6/5)

時代が求める「50歳以上のITエンジニア」【後編】
本当はもう働きたくない「退職した50歳以上のエンジニア」の本音
豊富なスキルを持ちながら職に就いていない、50歳以上の中高年齢者を現役復帰させようとする動きがある。目指すのは人材不足の解消だ。勝手に期待を寄せられた、中高年齢者の意識はどうなのか。(2023/6/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。