• 関連の記事

「開発環境」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「開発環境」に関する情報が集まったページです。

オープンソースツール「localllm」を利用:
Google、GPUを使わずCPUだけで生成AIアプリを開発する方法を解説
Google Cloudは、Google Cloudのフルマネージド開発環境「Cloud Workstation」や「クオンタイズドモデル(量子化されたモデル)」と、新しいオープンソースツール「localllm」を組み合わせることで、GPUを使わずに、LLM(大規模言語モデル)ベースのAIアプリケーションを開発する方法を公式ブログで紹介した。(2024/2/13)

イータス 代表取締役社長 水本文吾氏:
PR:「SDVといえばETAS」を目指す 包括的な開発環境の提案を強化
自動車業界で「電動車」や「自動運転車」の開発競争が本格化してきた。こうした中、ソフトウェアでクルマの機能を定義するSDV(Software Defined Vehicle)が新常識となりつつある。ETAS(イータス)は、SDV時代に対応するための包括的な開発環境を提案している。イータスの日本法人で代表取締役社長を務める水本文吾氏に、2024年の事業戦略などを聞いた。(2024/1/11)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(113):
新たなプログラミング言語を習得したい人にオススメ! プログラミング言語「Rust」の基礎をしっかり学べる無料の電子書籍
人気過去連載を電子書籍化し、無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第113弾はWindowsやAndroid OSの開発にも採用されたプログラミング言語「Rust」を対象に、言語の特徴や、開発環境の構築方法、記述方法をサンプルコードとともに紹介します。(2023/12/28)

車載ソフトウェア:
クラウドで迅速に、ルネサスがAzureベースの車載AIソフトウェア開発環境を提供
ルネサス エレクトロニクスは、クラウドで迅速に車載AIソフトウェアを開発、評価できる開発環境「AI Workbench」を発表した。2024年1月から、限定プレビュー版として提供を開始する。(2023/12/27)

車載AIシフトウェア開発を加速:
クラウドベースのソフト開発環境、ルネサスが構築
ルネサス エレクトロニクスは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」技術を活用して、車載AIソフトウェアの開発や評価が行える開発環境「AI Workbench」を構築、2024年1月より限定プレビュー版の提供を始める。(2023/12/21)

車載ソフトウェア:
デジタルコックピットのクラウドネイティブ車載ソフト開発環境をAWSで提供
パナソニックASアメリカのクラウドネイティブ車載ソフトウェア開発環境「Virtual SkipGen」が、AWSマーケットプレースで利用可能になった。ハードウェアとソフトウェアをそれぞれ独立して開発できる。(2023/12/18)

組み込み開発ニュース:
マスワークスがテスト/解析機能を拡充、故障注入の前倒しと動的テストが可能に
マスワークスのモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」は半年に1回のアップデートを行うことで知られている。2023年9月発表の「R2023b」ではテスト/解析関連の機能を大幅に拡充した。(2023/12/12)

製造ITニュース:
「S/4HANA」のデータ活用した生成AI開発にも対応、SAPが新ツール提供開始
SAPジャパンは2023年11月28日、生成AI(人工知能)アプリケーションの開発者を支援するツールなどを新たに発表した。アプリケーションの統合開発環境に、生成AIアシスタントによるアプリケーションの開発支援機能を搭載するなどした。(2023/12/11)

組み込み開発ニュース:
μT-Kernel 3.0のプログラミングコンテスト開催、1次審査合格で評価ボードを供与
トロンフォーラムは、リアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」を用いた「TRONプログラミングコンテスト」を開催する。アプリケーション、ミドルウェア、ツール/開発環境の3部門で実施し、1次審査合格者に評価ボードを無償で供与する。最優秀賞や特別賞を含めた賞金総額は500万円だ。(2023/12/5)

3D設計の未来(4):
3D CADベンダーが推進するクラウド対応で設計開発環境はどう変わる?
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第4回は、3D CADベンダー各社が推進するクラウド対応、プラットフォーム戦略によって設計開発環境はどう変わるのかを整理する。(2023/12/4)

「好みのIDEで良い体験をしてほしい」:
Oracle、Visual Studio CodeでJava開発環境を構築できる拡張機能を提供開始
Oracleは、Visual Studio CodeでJava開発を支援する拡張機能「Oracle Java Platform Extension for Visual Studio Code」の一般提供を開始した。(2023/11/7)

「最高の開発者体験」の実現に向けて:
PR:Spring Boot 2系のOSS版サポート終了を、モダンなアプリ開発環境を手に入れる“絶好のチャンス”とするための選択肢とは
JavaとSpring Bootの進化は止まらない。Spring Boot 2系のOSS版サポート終了を、モダンなアプリケーション開発・運用を加速する“絶好のチャンス”として生かすにはどうすればよいのか。その決断をするのは今だ。(2023/10/24)

「Neo4j」「LangChain」「Ollama」とともに発表:
Docker、生成AIアプリの開発環境構築を容易にする「GenAI Stack」を発表
Dockerは「GenAI Stack」を発表した。生成AIによるアプリケーション開発に必要な開発環境が、Dockerコンテナを通じて連携可能な状態で提供されるものだ。「GenAI Stack」の概要や入手方法などを紹介する。(2023/10/25)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(1):
RustでWebアプリの実装にチャレンジしてみよう【準備編】
Rustを使った「Webアプリ」の開発はどのようなものになるのでしょうか? 本連載のスタートとなる今回は、アプリ開発の下準備として、Rustの現状を踏まえた連載の目的を紹介し、Webアプリ開発環境の構築を通じて、Rustのプロジェクト管理の基本をおさらいします。(2023/10/20)

カシオの教育アプリに不正アクセス 個人情報など12万件超漏えいの可能性
カシオ計算機が、教育アプリ「ClassPad.net」ユーザーの個人情報12万件超が漏えいした可能性があると発表した。開発環境のデータベースが「システムの誤操作、及び、不十分な運用管理により、ネットワークセキュリティ設定の一部が解除状態だった」(同社)ことから、不正アクセスを受けたという。(2023/10/18)

ソニー・ホンダモビリティ、EVの開発環境を開示へ クリエーターと共創
ソニーグループとホンダが折半出資するソニー・ホンダモビリティは17日、開発中の電気自動車「AFEELA」について、ソフトウエアの開発者や映像・音楽のクリエーターなどに対して開発環境を開示する「共創プログラム」を導入すると発表した。(2023/10/18)

ソリューションエクスプローラやテストエクスプローラ、AI支援でC#開発体験が向上:
Microsoft、Visual Studio CodeでC#開発環境を構築できる「C# Dev Kit」拡張機能を提供開始
Microsoftは、Visual Studio Codeの拡張機能「C# Dev Kit」の一般提供を開始した。(2023/10/10)

組み込み開発ニュース:
AIツールと統合開発環境の統合で、エッジ向けAI開発の効率が向上
ルネサス エレクトロニクスは、リアルタイム解析ソフトウェア「Reality AI Tools」と統合開発環境「e2 studio」を統合した。組み込みやAIの情報をシームレスに共有できるほか、データ転送やプロジェクト連携も可能になった。(2023/10/2)

2024年9月までにリリース予定、Rust Foundationにも参画:
プログラミング言語「Rust」用の統合開発環境「RustRover」発表 JetBrains
JetBrainsはRust用スタンドアロン型IDE「RustRover」を発表した。早期アクセスプログラムを開始しており、2024年9月までにリリースする計画だ。(2023/9/19)

アナリストが解説:
ローコード/ノーコードはERP開発の「魔法のつえ」ではない
ERP業界にもローコード/ノーコード開発環境の波が押し寄せている。だが、市場リサーチャーはこれを「魔法のつえ」ではない、と指摘する。なぜだろうか。(2023/8/31)

組み込み開発ニュース:
ルネサスがマイコンとMPUの全ラインアップに対応するVS Code向け拡張機能を提供
ルネサス エレクトロニクスは、同社のマイコンおよびマイクロプロセッサの全ラインアップに対応する、Microsoft Visual Studio Code向けの拡張機能の提供を開始した。同社独自の統合開発環境「e2 studio」を補完する。(2023/8/22)

RPAは全社的なプロセス改革ツールに進化:
PR:RPAのリーディングカンパニーがWebブラウザでの開発環境を提供 市民開発を促進するカギとなるか
「RPAツールを社内で配布したが、使われていない」「自動化に取り組みたいが、環境の整備に時間がかかるため、踏み出せない」という悩みを抱える企業は多い。こうした中、Webブラウザでの開発・実行を可能にすることで、自動化のハードルを低くし、全社展開をスピーディーに進める製品がリリースされた。(2023/7/27)

Microsoftの「Dev Box」正式リリース 開発環境を丸ごとクラウドPC化して提供
米Microsoftが、開発環境をクラウドPCとして丸ごと仮想環境で用意し、デスクトップ仮想化経由で利用できる「Dev Box」の正式リリースを発表した。(2023/7/12)

実験的プラグインとして提供開始:
JetBrains、「Kotlin Notebook」を発表 Jupyter Notebook準拠でプロトタイピングに利用可能
JetBrainsは、統合開発環境(IDE)「IntelliJ IDEA」に対応した「Kotlin Notebook」の実験的バージョンを提供開始した。(2023/7/11)

IntelliSenseリストでの選択に応じてCopilotの予測候補が変化:
「Visual Studio」のAI支援機能が強化 「GitHub Copilot」のコード補完とIntelliSenseリストが連動
GitHubのAIペアプログラミングツール「GitHub Copilot」と、Microsoftの統合開発環境「Visual Studio」のAI支援機能の連携が強化された。(2023/6/14)

Jリーグはなぜテストデータを本番環境に出したのか 今後は“誰も不快にさせない”テストデータ作成へ
Jリーグの公式Webサイトで、誤った試合結果を表示する問題が発生した件で、Jリーグが、サイトの不具合修正の過程でテストデータを開発環境に取り込むはずが本番環境に取り込んでしまったと説明した。(2023/6/12)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(194):
アプリ開発環境をセルフサービスで素早く準備できる「Azure Deployment Environments」とは?――Microsoft Build 2023で発表
Microsoftは「Microsoft Build 2023」で、セルフサービスでアプリ開発環境を素早く準備できる「Azure Deployment Environments」の一般提供を発表しました。このサービスは、現在、東日本を含む一部のリージョンで利用可能です。(2023/6/1)

Microsoft Build 2023:
開発環境を丸ごとクラウドPC化する「Microsoft Dev Box」、7月に正式リリース
Microsoftが、「Microsoft Dev Box」を7月に正式リリースすると発表。開発環境やツールチェーンを、あらかじめ整備された仮想マシンとして用意することで、開発者がすぐに適切な開発環境を立ち上げられ、開発にフォーカスすることを実現するという。(2023/5/24)

安全で高速な開発環境にいつでもアクセスでき、カスタマイズも可能:
Google Cloud、クラウド開発環境「Cloud Workstations」正式リリース OSS版VS Codeも利用可能
Google Cloudは、クラウド上で完全に管理された安全な開発環境を提供する「Cloud Workstations」の一般提供を開始した。(2023/5/19)

頭脳放談:
第276回 何が「世界初」なの? NEDOのRISC-V向け包括的なソフト開発環境って
国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が「世界初、RISC-V向けの包括的なソフト開発環境の実現に成功」というプレスリリースを出した。何が「世界初」で「包括的」なのか? この発表が国内のRISC-V開発に与える影響は? 筆者が考察してみた。(2023/5/19)

Google Cloud、クラウドで開発環境を提供する「Cloud Workstations」正式リリース 東京リージョンでも利用可能に
Google Cloudが、開発環境一式をクラウド上のマネージドサービスとして提供する「Cloud Workstations」の正式リリースを発表。東京リージョン(asia-northeast1)でも利用可能になった。(2023/5/18)

組み込み開発ニュース:
RISC-V向けエッジコンピューティングの包括的なソフトウェア開発環境
イーソルは、エヌエスアイテクス、京都マイクロコンピュータ、OTSLと共同で、次世代プロセッサIP「RISC-V」向けの包括的なソフトウェア開発環境を開発した。(2023/5/18)

社会人エンジニア300人に聞いた:
習得したいプログラミング言語 3位「JavaScript」、2位「Java」、1位は?
ITエンジニアの転職支援エージェントを提供するレバテック(東京都渋谷区)は、社会人エンジニア300人を対象に「プログラミング言語・開発環境」に関する調査を実施した。(2023/5/12)

人工知能ニュース:
NVIDIAの最新AI開発環境を無償で試せる、マクニカの「AI TRY NOW PROGRAM」
マクニカ クラビス カンパニーは、最新のNVIDIAソフトウェアプラットフォームを自社への導入前に無償で検証できる「AI TRY NOW PROGRAM」を構築し、サービス提供を開始したと発表した。(2023/5/11)

イーソルら4社が強みを融合させ開発:
RISC-V向けの包括的なソフト開発環境を実現
イーソルは、エヌエスアイテクスや京都マイクロコンピュータおよび、OTSLと共同で、次世代プロセッサIP「RISC-V」向けの包括的なソフト開発環境を実現した。マルチコア対応高性能ランタイム環境(RTE)において、処理時間を平均で71%も短縮できるという。(2023/5/1)

「Amazon CodeCatalyst」が正式サービスに AWS上で開発環境一式、コードリポジトリからテンプレートコード、IDE、CI/CDパイプラインまでを丸ごと提供
(2023/4/26)

アイティメディア広告企画提供Webキャスト:
事例紹介:外注中心だった開発環境を内製化、解決策となったSASEの導入方法とは
エンジニアリング用途の開発環境が存在しなかった状態から、SASE実装により開発の内製化・効率化に成功したパーソルキャリア。エンジニアの開発効率を犠牲にすることなく、高度なセキュリティも備えた環境を、どのように構築したのか。(2023/4/26)

AWSチートシート:
【初心者向け】「Amazon CodeStar」で今日からできるCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デプロイ)
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回はAWSのCI/CDサービスの一つ「Amazon CodeStar」の概要、クラウド開発環境「AWS Cloud9」を使用したソースコードの修正からデプロイまでを紹介します。(2023/4/20)

組み込み開発ニュース:
MATLAB/Simulinkに動的テストの開発を支援する新製品を追加
MathWorksは、モデルべース開発環境「MATLAB/Simulink」製品ファミリーの最新版「Release 2023a(R2023a)」を発表した。(2023/4/13)

Google Cloud、仮想マシンの一時停止・再開が正式機能に 開発環境などでコスト抑制しやすく
Google Cloudで、仮想マシンの一時停止と再開を可能にする「サスペンド/レジューム」機能が正式版に。開発環境のコスト削減などに役立つという。(2023/3/27)

ローカル環境を汚さない構築ツール「Devbox」をクラウドですぐ使える「Devbox Cloud」β版公開 ローカルでのファイル編集がクラウドに自動同期
Linux環境上に独立した開発環境を簡単に構築できるオープンソースのツール「Devbox」のクラウド版「Devbox Cloud」がβテストを開始。テストの間は無料で、CPUが4Core(共有)、8GBメモリ、8GBのSSDのスペックの仮想マシンが使える。(2023/3/10)

新しいユーザー層を開拓する狙い:
マイコン用エッジAI開発環境、STがクラウド版を発表
STMicroelectronicsは、既存のオフライン版と並行して、機械学習開発環境「STM32Cube.AI」のクラウド版を発表した。同社は、クラウドアクセス可能なテスト用マイコンボードも提供するという。(2023/2/28)

クボタ、マツダ、SUBARUも採用:
PR:産業界に広がるゲームエンジン活用 デジタルツインでモノづくりのDXを推進
ゲームの統合開発環境として作られたゲームエンジンがDXのカギを握る“デジタルツイン”の実現に活用され始めている。ゲームエンジンが製造業にもたらすインパクトについて、シリコンスタジオに話を聞いた。(2023/2/20)

ローカル環境を汚さず、Dockerコンテナのオーバーヘッドもなし 開発環境を自在に構築できる「Devbox 0.2.0」登場
Jetpack Technologiesがローカル環境を汚さず、Dockerコンテナのオーバーヘッドもなく開発環境を自在に構築できる「Devbox 0.2.0」をオープンソースで構築中。(2022/12/23)

“使いやすさ”に特化した機能実装:
「Visual Studio 2022 17.4」の新しい生産性向上機能とは ログのタイムスタンプ、オーディオキューなどを実装
Microsoftは、統合開発環境(IDE)の最新版「Visual Studio 2022バージョン17.4」の新しい生産性向上機能を公式ブログで紹介した。出力ウィンドウのタイムスタンプ機能、選択テキストに一致する文字列の強調表示、マウスホイールによる水平スクロール、オーディオキューなどだ。(2022/12/12)

AWS上で開発環境一式、フレームワーク、初期コード、IDE、ビルド環境、CI/CDなど提供する「Amazon CodeCatalyst」発表
米AWSが、AWS上で開発チームのための環境一式を提供する「Amazon CodeCatalyst」を発表。クラウド上にチーム開発のために必要な環境一式を迅速に構築、提供するサービスという。(2022/12/2)

組み込み開発ニュース:
GUI付き産業機器の開発を容易にする、エッジAI処理向けNPU搭載CPUボード
アットマークテクノは、エッジAI処理向けのNPUを搭載したCPUボード「Armadillo-X2」を開発した。クロスプラットフォームのソフトウェア開発環境「Flutter」に対応し、GUI付き産業機器の開発を支援する。(2022/12/1)

AWSが「Docker Desktop」代替となり得る「Finch」をオープンソースで公開 ローカルマシンに仮想環境・ビルドツールなど一式を導入
米Amazon Web Servicesが、ローカルマシン上にLinuxコンテナのランタイム、ビルドツール、コマンドラインツールなど一式をインストールし、コンテナを用いた開発環境を開始できるソフトウェア「Finch」をオープンソースで公開。現時点ではIntelプロセッサもしくはAppleシリコン搭載のMacにのみ対応する。(2022/11/24)

顔認識などエッジAI処理に対応:
アットマークテクノ、NPU搭載CPUボードを開発
アットマークテクノは、高度なAI演算処理に対応するCPUボード「Armadillo-X2」を開発した。Armadillo-X2は小型で電力消費が小さく、Googleが開発したオープンソースのソフトウェア開発環境「Flutter(フラッター)」に標準対応している。(2022/11/18)

GPU利用可のCodespaces限定β版など多くの新機能も:
GitHubがクラウドホスト型開発環境「Codespaces」を月60時間まで無料提供、できることは?
GitHubは、「GitHub Free」および「GitHub Pro」プランの全ユーザー向けにクラウドホスト型開発環境「GitHub Codespaces」の一般提供を開始すると発表した。(2022/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。