• 関連の記事

「カスタマイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カスタマイズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
知らなかった。(2024/5/23)

国内製造業のPLM:
PR:なぜArasは国内PLM市場で支持されるのか カギは“製造業の強み”への深い理解
PLMベンダーのArasが徹底して注力してきたのは、オープンで業務に柔軟に合わせられるカスタマイズ性を備えたシステムの提供だ。製造業のパートナーとして長く伴走するためのPLM開発。根底にあるアイデアと、多様な企業に支持される理由をアラスジャパンの社長を務める久次昌彦氏に聞いた。(2024/5/23)

ロジクール、「Access コントローラー」カスタマイズ用の外付けボタンユニットセット
ロジクールは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント製のPlayStation 5用コントローラー「Access コントローラー」用となる拡張用ユニットを発表した。(2024/5/21)

ダイソー材料でできる「スタバごっこ」、衝撃のクオリティに110万再生! リアルすぎるフラペチーノに「売ってるやつ!?」「まねする!」
カスタマイズでアレンジも可能!(2024/5/16)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

主なアップデート内容を紹介:
「Visual Studio Code」バージョン1.88リリース タブのラベルカスタマイズやインラインチャットの改善など
MicrosoftはVisual Studio Codeのバージョン1.88を公開した。タブのラベルのカスタマイズやインラインチャットの改善などが実施された。本記事ではアップデートの主な内容を紹介する。(2024/4/25)

Sonosがスマートスピーカー用アプリを大幅リニューアル 各種サービスをホーム画面に集約 カスタマイズも可能に
Sonosが5月7日、自社のスマートスピーカー向けの「Sonosアプリ」を一新する。ホーム画面上で音楽配信サービスからプレイリストなどをカスタマイズして設定できるようになり、下から上へスワイプすればアプリ内を素早く操作できるという。(2024/4/23)

ASUS、ビジネスノートPC「ExpertBook B1」をカスタマイズ購入できる「ASUSのオーダーメイド」を開始
ASUS JAPANは、同社製ビジネスノートPCのカスタムオーダー購入が可能な専用サイト「ASUSのオーダーメイド」を開設した。(2024/4/15)

Keychron、メカニカルキーボード「Keychron Q1 Max」日本語配列モデルをMakuakeで提供開始
Keychronは、フルカスタマイズに対応したメカニカルキーボード「Keychron Q1 Max」の日本語配列モデルを発表した。(2024/4/12)

auの「Xperia 1 IV」「Xperia 5 IV」「Xperia 10 IV」がAndroid 14へアップデート
KDDIは、4月4日に「Xperia 1 IV」「Xperia 5 IV」「Xperia 10 IV」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/4/8)

LLMで変わる開発【後編】
“AIインフラ”でも論争になる「オンプレミス」対「クラウド」 どう選ぶべき?
自社データを用いてカスタマイズした「プライベートLLM」を運用する場合、ユーザー企業はインフラの構築や運用にどのように向き合えばいいのか。そのポイントを解説する。(2024/4/5)

カスタマイズ「マシマシ」になってない? 日本企業の“丸投げ体質”にガートナーが警告
「SIerなどに要望を伝えるだけのユーザー企業」「ユーザー企業の要望に従うだけのSIer」は多い。こうした丸投げ体質の企業に積み上がる負債とは。(2024/4/4)

LLMで変わる開発【中編】
「生成AIカスタマイズ」には何が必要? 独自LLMを作る“6つの準備リスト”
生成AIや大規模言語モデル(LLM)の導入や開発に着手するには、まず何から決めればいいのか。AI活用を検討する際に確認すべき6つの基本事項を解説する。(2024/3/29)

auの「TORQUE G06」がAndroid 14に シンプルホームや通知点滅も改善
KDDIは、3月27日に「TORQUE G06 KYG03」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/3/27)

組み込み開発ニュース:
NUC製品を継承した小型産業用PC「oNUC」を発売
岡谷エレクトロニクスは、Intel「NUC13 Pro」をベースとした、ASUSTeK Computerの小型PC「oNUC」の販売を開始した。産業分野での運用に特化するため、メモリなどの部材を独自に選定してカスタマイズしている。(2024/3/27)

ドコモの「Xperia 1 IV/10 IV/5 IV」「Xperia Ace III」がAndroid 14に
NTTドコモは、3月21日に「Xperia 1 IV」「Xperia 10 IV」「Xperia Ace III」「Xperia 5 IV」をAndroid 14へアップデートした。壁紙やロック画面などのカスタマイズをはじめ、Xperia独自のアップデートも行っている。(2024/3/25)

現場管理:
建設現場の労災未然防止にAI活用、東急建設がUNAIITのシステム導入
東急建設は、労働災害未然防止活動の強化を目的に、自社用にカスタマイズした労働災害事例検索システムと、対話AIを活用して過去の災害事例や作業のリスクを示す「災害GPT」を導入した。(2024/3/22)

米AMD、RyzenやRadeonで生成AIをローカル実行するハウツーガイドを公開
GPTベースのLLM(大規模言語モデル)を使ったAIチャットbotの実行、LLMをローカルでカスタマイズできる検索拡張生成(RAG)の導入、プログラミングにおけるコーディングアシスタントの実行という3つの手順を紹介している。(2024/3/21)

ソフトバンク、企業や自治体に「プライベート5G(専有型)」提供 より低遅延の5G環境を構築
ソフトバンクは企業や自治体などの敷地内へ専用の基地局などを設置し、ユーザーニーズに合わせてカスタマイズした5Gネットワーク環境を構築する「プライベート5G(専有型)」を提供開始した。(2024/3/13)

メカ設計ニュース:
フラグシップPCで第14世代「インテル Core プロセッサー」が選択可能に
エプソンダイレクトはフラグシップPCの「Endeavor Pro9200」「Endeavor DA9200」のカスタマイズメニューに、第14世代の「インテル Core プロセッサー」を追加した。(2024/3/8)

出汁や具材を選べる“カスタマイズできるお雑煮”専門店が「行ってみたい」と話題 そのアイデアはどのように生まれたか
「銀座もちふじ」の代表にお話を聞きました。(2024/3/3)

3Dプリンタを駆使した「グミ状のサプリ」 健康志向の日本市場を狙う
グミ状で、1粒で必要な成分が取れる英国発のサプリ「NOURISH3D」(ナリッシュ3D)。顧客1人ひとりのニーズに合わせてカスタマイズできる優れた利点を持つ。創業者兼CEOに、ベンチャー精神やアイデアの源泉を聞いた。(2024/3/1)

CAEニュース:
高度なユーザーエクスペリエンスを導入した「Ansys 2024 R1」発表
Ansysは、シミュレーションソフトウェアの最新版「Ansys 2024 R1」を発表した。カスタマイズ可能な新しいインタフェースを搭載し、アクセシビリティーとユーザーエクスペリエンスが向上している。(2024/2/29)

Marketing Dive:
バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと共にどのように話題のテクノロジーに傾倒したかを説明する。(2024/2/28)

Marketing Dive:
バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできるワッパーを売りにしてきたブランドの伝統を今風のやり方でスマートに実現するものだ。(2024/2/21)

「楽天カードアプリ」刷新 テーマカラーやアイコンを選択可能に
楽天カードは、2月に「楽天カードアプリ」を全面リニューアル。カラーやヘッダーのカスタマイズ機能、利用明細のメモ機能などを搭載する。iOS版は2月16日から段階的に公開し、Android版はiOS版公開完了後に公開する予定。(2024/2/19)

金属3Dプリンタ:
レーザーは8本搭載、サイズや光学系をカスタマイズ可能な大型金属3Dプリンタ
NTTデータザムテクノロジーズは、AMCM製の製造業向け大型金属3Dプリンタ「AMCM M 8K」を2024年内に販売開始する。ユーザーごとの用途に適した造形可能サイズや、光学系を自由にカスタマイズできる。(2024/2/14)

材料技術:
ミリ波帯とSub6帯で反射や吸収、透過ができる電波制御シートを開発
マルアイは、特定の周波数の電波を選択的に反射、吸収、透過できる電波制御シートを開発した。5Gで使用されるミリ波帯とSub6帯で、用途に合わせて対応する周波数をカスタマイズできる。(2024/2/9)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「Vim」が愛され続ける理由と、サンプルで学ぶ使い方
「Linux」の標準テキストエディタとして根強い人気のあるのが「Vim」だ。初心者にとってはなじみにくいVimを、使い勝手の良いツールにするためのコマンドやカスタマイズを学ぼう。(2024/2/8)

auの「Galaxy Z Flip4」「Galaxy Z Fold4」、Android 14へアップデート可能に
KDDIは、2月6日に「Galaxy Z Flip4」「Galaxy Z Fold4」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/2/6)

組み込み開発ニュース:
構成可能なロジックブロックや各種アナログ回路を内蔵するPICマイコン
Microchip Technology(マイクロチップ)は、組み込みアプリケーションにおけるカスタマイズ要求の拡大に対応するため、マイクロコントローラー「PIC16F13145」ファミリーを発売する。組み込み制御システムの速度と応答時間が最適化される。(2024/2/5)

スタバの新作フラペチーノ、一部店舗で販売できず トッピングが欠品
スターバックスコーヒージャパンは、1月31日から販売する「ルージュ オペラ フラペチーノ」「ルージュ ホワイト オペラ フラペチーノ」について、一部店舗で販売できない状況が発生する見込みだと発表した。金粉パウダーが欠品した店舗においては、通常55円 (店内価格)の有料カスタマイズアイテムを無料に変更する。(2024/1/31)

サードウェーブ、BTOパーツのカスタマイズをアプリで確認できる「GALLERIA CUSTOMIZE SIMULATOR」 直営9店舗で限定公開
サードウェーブは、PCパーツのBTOカスタマイズを確認できる「GALLERIA CUSTOMIZE SIMULATOR」を発表した。(2024/1/26)

キャンプギアみたいなワークツールがキングジムから登場! 好みに合わせてカスタマイズできて便利
デスクでも出先でも活躍しそう。(2024/1/21)

auの「Xperia 1 V」「Xperia 5 V」「Xperia 10 V」、Android 14へアップデート
KDDIは、1月17日に「Xperia 1 V」「Xperia 5 V」「Xperia 10 V」をAndroid 14へアップデート。テーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、の改善などの他、Xperia独自のサービスも利用できるようになる。(2024/1/19)

研究開発の最前線:
STT-MRAMの微細化技術を確立、AIや車載向けのカスタマイズが可能に
東北大学は、スピン移行トルク磁気抵抗メモリの極限微細化技術を確立した。磁気トンネル接合素子を数nm領域に微細化しながら、AIや車載など用途に合わせたカスタマイズが可能となる。(2024/1/19)

NAVITIMEの「トラックカーナビ」、Apple CarPlayに対応 大画面で目的地やルート検索結果が見やすく
トラック専用のナビゲーションアプリ「トラックカーナビ」が「Apple CarPlay」に対応した。提供元のナビタイムジャパンが1月17日に発表した。ユーザーからの要望を受け、大画面向けにカスタマイズしたUIでナビゲーション機能を利用可能にしたという。(2024/1/17)

数nm世代のSTT-MRAMに対応:
東北大学、用途に合わせMTJ素子特性をカスタマイズ
東北大学は、スピン移行トルク磁気抵抗メモリ(STT-MRAM)の記憶素子である磁気トンネル接合(MTJ)素子の特性を、用途に合わせてカスタマイズできる材料・構造技術を確立した。記録層に用いる材料の膜厚や積層回数を変えると、「高温でのデータ保持」はもとより「データの高速書き込み」にも対応できるという。(2024/1/17)

auの「Galaxy A53 5G」がAndroid 14へアップデート可能に
KDDIは、1月16日に「Galaxy A53 5G SCG15」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/1/16)

OpenAI、カスタム版ChatGPTを公開できる「GPT Store」をオープン
OpenAIは、カスタマイズされたChatGPTの公開を行える「GPT Store」をオープンした。(2024/1/15)

auの「Galaxy S22/S22 Ultra」、Android 14へアップデート
KDDIは、1月11日に「Galaxy S22 SCG13」「Galaxy S22 Ultra SCG14」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/1/12)

パナソニック コネクト、「カスタマイズレッツノート」用の新デザイン天板を提供開始
パナソニック コネクトは、Web直販専売ノートPC「カスタマイズレッツノート」用カスタマイズオプションとなる新デザイン天板の提供を開始した。(2024/1/12)

Androidの断片化を克服する【前編】
大人気の「Android」が“危ないモバイルOS”になるのはなぜ?
オープンソースであるAndroidは、さまざまなデバイスにカスタマイズされて導入される。こうした多様性はメリットであると同時に、リスクを招く要因にもなる。なぜなのか。(2024/1/12)

人工知能ニュース:
AWSが生成AIアシスタント「Amazon Q」発表
Amazon Web Servicesは、業務内容に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」を発表した。ユーザー企業のデータベースやコードなどから情報を得ることで、業務上の問題解決を迅速に支援する。(2024/1/5)

前編:
2024年、生成AIはどう進化する? 「カスタマイズ」「マルチモーダル化」から考える
ChatGPTの登場を発端に生成AIが一大トレンドとなったこの1年。ビジネスパーソンの仕事の仕方、仕事に対する考え方にも大きな影響をおよぼした。2023年生成AIを「ビジネス活用」の視点で振り返り、24年にはどう進化していくのかを予測した。(2023/12/29)

ゲーミングPCの購入は「BTOカスタマイズ」が多数派に GfK Japan調べ
GfK Japanは、ゲーミングPCを所有するユーザーを対象とした購入/使用実態に関するインターネット調査を実施した。(2023/12/22)

山市良のうぃんどうず日記(272):
Windowsをクリーンインストールしたら、すぐに済ませておきたい7つのこと
Windowsを中心とした記事の執筆という仕事柄、筆者はWindowsやWindows Serverのクリーンインストールをよく繰り返します。ちょっとした確認のためだけなら、関係のない既定の設定をいじることはないのですが、しばらく残しておきたいという場合は、自分が使いやすいように環境をカスタマイズします。そんなとき、筆者が必ず行う幾つかのことを紹介します。(2023/12/20)

最大4人泊まれる:
宿泊に特化した「トレーラーハウス」が登場、特徴は?
YADOKARIは、宿泊に特化したトレーラーハウス「LOTEL」の販売を開始した。セミカスタマイズが可能で、価格は1230万円から。(2023/12/18)

Linuxでの「Vim」の使い方【第4回】
「Vim」が根強く愛されるエディタである理由
「Vim」は初心者にとってはとっつきにくいテキストエディタだが、設定のカスタマイズや拡張機能の追加をすることで、使い勝手の良いツールになる。Vimが根強く使われるのはなぜなのか。利点を改めて考える。(2023/12/16)

林信行の「テクノロジーが変える未来への歩み」:
あらゆる障害に希望を与える「Access コントローラー」のカスタマイズ性――テクノロジーの発展を加速してきたインクルーシブな試み【SIE編】
テクノロジーが困っている人を助け、そして新たな発展へと結びつく――SIEが投入したPlayStation 5向けの「Access コントローラー」を林信行氏が試した。(2023/12/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。