• 関連の記事

「コスト削減」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:CO2排出量やコストの削減を実現する、オンサイト型の太陽光発電サービスとは
脱炭素への取り組みが活発化する中、CO2排出量削減を目的に自家消費型の太陽光発電を検討する企業が増加している。特にコストメリットの大きい手法について解説するとともに、より少ない負担で導入可能なサービスについて紹介する。(2024/2/16)

ドローン+AIで橋梁を点検、労力やコストカットへ
衝突回避センサーを備えたドローンにロボットカメラを搭載し、撮影した画像を人工知能(AI)が解析してひび割れなどを見つける。狭い場所の点検も容易で、マンパワーに頼った従来の点検と比べ、約4割のコストカットにつながるという。(2024/2/2)

分かっていても徹底できないことはある:
PR:セキュリティ対策コスト削減の鍵は「点検作業の自動化」にある
働き方が多様化する中、エンドポイントを狙う攻撃は後を絶たない。セキュリティツールを導入する以外にもPC設定の見直し、OSアップデートなど対策はあるが、手動では限界がある。課題解決の鍵は「設定の点検自動化」にある。(2024/2/2)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(73):
住友商事が独自のポリシーで「電話基盤をダウンサイジング」、年間コストを90%削減
住友商事はMicrosoft 365によるグローバルなコラボレーション基盤を構築するとともに、独自の設計ポリシーで電話基盤を刷新し、働き方改革に適した利用環境と大幅なコスト削減を実現した。(2024/1/29)

関西電力株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:初期費用ゼロで脱炭素経営とコスト削減を推進、太陽光発電サービスの実力とは?
脱炭素経営の第一歩として太陽光発電設備を設置する企業が増加しているが、高額な初期費用や維持管理に伴う負担から、導入を断念するケースも多い。企業のこうした悩みを解消するサービスを紹介する。(2024/1/23)

アサヒグループHD・勝木敦志社長 毎年1億ドルコスト削減、DXなど投資加速
原材料や資材の調達をグループ全体で管理し、毎年1億ドルものコストダウンを進めてデジタル化や研究開発投資を積極化させる考えを示した。(2024/1/17)

“求められる運用部門”の要件、役割とは:
PR:国内従業員12万人が「お客さま」 NTTデータグループに聞く「運用変革の舞台裏」
デジタル主体の働き方が進む中、システム運用を支える情報システム部門にも提供価値の変革が迫られている。効率化やコスト削減だけではなく「事業に貢献する」ためには何が必要なのか。今求められるシステム運用の在り方をNTTデータグループの変革事例に探る。(2024/1/23)

AI活用で“電話予約対応”をどう変革した? ある和食チェーンの挑戦
和食・しゃぶしゃぶチェーン店「かごの屋」を運営するKRフードサービスが、ボトルネックになっていた電話予約対応業務の改善により、売上向上とコスト削減、業務負担減を成功させた。(2024/2/1)

セキュリティソリューション:
大手アパレルのバックアップ運用コスト削減術 Rubrik Security Cloudを導入
大手アパレルのCarharttはRubrik Security Cloudを導入してクラウドとオンプレミスでのデータ回復力を強化し、運用コストを50%以上削減した。(2024/1/12)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「自社のコスト削減」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/1/11)

米ナイキ、新興ブランド台頭で苦戦──20億ドルの「コスト削減計画」はどうなる?
米ナイキはOn(オン)やHOKA(ホカ)など新興スニーカーブランドに市場シェアを奪われ始めており、新鮮味のあるスタイルに投資する必要があると指摘されている。ナイキはどのような手を打つのか。20億ドルの「コスト削減計画」とその評価は?(2023/12/27)

私の削減率は93%です──「AWSコスト削減 天下一武道会」開催
クラウドのコスト削減に特化したイベント「AWSコスト削減 天下一武道会」が2024年2月1日に開催される。参加者が短いプレゼンテーションを行ういわゆる“LT会”(ライトニングトーク会)で、参加者・講演者の双方をIT勉強会の募集支援サービス「connpass」で募っている。(2023/12/25)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(72):
「5Gオフィス」実現の課題と、企業負担ゼロを原則とする電波対策のポイント
「5Gオフィス」とはオフィス内の有線LANや無線LANをなくして、スマートフォンもPCも全てキャリア5Gに接続したオフィスだ。最終的には企業ネットワークのほとんどをキャリア5Gに移行し、有線のネットワークをなくす。その方がコストを削減でき、拡張性やセキュリティも保ちやすいからだ。「5Gオフィス」の実現には、必要な場所で5Gの電波が使えるようにするため、携帯電話事業者による電波対策が不可欠だ。(2023/12/25)

生成AI、コスト削減「だけじゃない」活用メリットとは? マーケ担当111人に聞いた
昨今、多くの企業が業務のスムーズな進行を図るために生成AIの導入を進めてる。一方で、業務効率化以外に生成AIを活用するメリットとは。Macbee Planet(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2023/12/11)

複雑化したIT環境の統制
クラウド運用コスト削減の要 “マルチクラウドの最適化”を進める方法とは
テレワークの普及を背景に企業でクラウドサービスの採用が加速し、企業システムの構造は複雑化している。IT人材の不足が叫ばれる中で、NECの事例からクラウド運用を効率化するヒントを探る。(2023/12/5)

2023年度は「コストコントロール」を徹底
Googleが「データセンター機器の耐用年数」を見直した“なるほどの理由”
Googleは2023年度第3四半期の決算発表において、同年度に実施してきた一連のコスト削減策について説明した。データセンター機器の耐用年数を変更した理由と結果とは。(2023/11/28)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第3回】
ゲーム会社が明かす コスト削減じゃない「クラウド」の意外な効果とは?
シグナルトークはゲームやヘルスケアサービスの開発に「AWS」「GCP」などのクラウドサービスを利用している。同社が実際に活用する中で実感した、クラウドサービスの“意外なメリット”とは何なのか。(2023/12/13)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの「プラチナバンド」拡大計画が遅いワケ 背景にある“複雑な事情”
6月に導入した「Rakuten最強プラン」や各地域でのマーケティング強化、法人契約の拡大などにより、楽天モバイルが好調だ。KDDIとの新ローミング契約や、プラチナバンドである700MHz帯の獲得により、エリアの拡大にもめどが立ち始めている。一方で、同社はコスト削減の必要もあり、700MHz帯のエリア展開はやや消極的にも見える。(2023/11/11)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(70):
オムロンがSD-WANでグローバルネットを刷新、「見える化」と「コスト削減」を実現
オムロンがSD-WANによるグローバルネットワークの刷新を進め、2023年12月に導入が完了する予定だ。高機能なSD-WANの特徴や導入効果を見てみよう。(2023/10/30)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「自社のコスト削減」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/10/30)

Amazon決算、コスト削減奏功で純利益は244%増 AWSの成長は鈍化
Amazonの7〜9月期決算は、売上高は12.5%増、純利益は244%増と好調だった。AWSの売上高は12%増と成長率は鈍化している。(2023/10/27)

Meta決算、広告復調で増収大幅増益 「2024年はAIとメタバースを最優先」とザッカーバーグCEO
Metaの7〜9月期決算は、売上高は23%増、純利益は164%増と好調だった。主力の広告の復調と大規模なコスト削減が奏功した。(2023/10/26)

クラウドサービスの無駄遣いを防ぐ方法【第6回】
クラウドサービスが見る見るうちに安くなり得る“3つのこつ”
クラウドサービスのコストを削減するには、利用するクラウドサービスそのものを見直すことが役立つ。クラウドサービスの無駄遣いを防ぐために試す価値のある手段を紹介しよう。(2023/10/19)

「デジタルビジネスに直結するビジネス成果」も期待:
「生成AIの活用が進めばITインフラの複雑化、分散化が進むだろう」 IDC Japan
IDC Japanは、国内ITインフラ支出動向調査の分析結果を発表した。同社は「ITインフラ投資に期待するビジネス成果はコスト削減や事業拡大に加え、顧客満足度の向上やイノベーションの加速といったデジタルビジネスに直結する項目が重視されていることが分かった」としている。(2023/10/17)

AI活用で「デジタル発電所」 JERAが公開 運転の効率化やコスト削減に寄与
東京電力ホールディングスと中部電力が出資する発電会社「JERA」は10日、生成AIなどを活用して、発電所の効率的な運用を行う国内初の「デジタル発電所」の取り組みを公開した。(2023/10/11)

クラウドサービスの無駄遣いを防ぐ方法【第3回】
「勝手なクラウド契約」を“絶対に許してはいけない”のはなぜ?
クラウドサービスのコストを削減するにはまず、クラウドサービスを必要以上に契約する無駄遣いが生じていないかどうかを確認する必要がある。クラウドサービスの利用方法を見直し、無駄遣いを防ぐ方法を説明する。(2023/9/28)

Supply Chain Dive:
UPSが大幅な作業の効率化とコストカットを実現した方法とは
UPSはAIをはじめとするテクノロジーを活用し、荷物の需要動向に柔軟に対応している。(2023/9/27)

帳票やレポートをBIツールで開発する秘策
帳票・レポート実装のコスト削減と生産性向上を実現するノーコード開発とは?
帳票やレポートの作成業務やシステム実装は、さまざまな企業が抱える課題だ。レポート作成業務は時間を要し、システムへの帳票実装は想像以上の時間とコストが掛かる。このような課題を解決し、開発効率と生産性を高める方法とは。(2023/9/29)

CAPEXとOPEXが削減可能か検証
NC2 on AWSの検証から容易にDR環境を構成、コスト削減まで実現する方法を探る
自然災害などに備えたDRサイトは、ハイブリッドクラウド環境で構築する際にコストが懸念されるケースも多い。そこで、Nutanix Cloud Platformを活用したハイブリッドクラウド環境で、コストを抑えたDRサイトの構築が可能か検証した。(2023/10/17)

電気料金を年100万円削減したケースも:
PR:「空調」の省エネでエネルギーコストを削減 “快適さ”を損なわない対策とは?
いま、企業にはコスト削減や脱炭素への取り組みが求められている。そこで注目したいのが、電気料金の多くを占める「空調」の省エネだ。企業が手間をかけず、快適さを損なわずに既存設備を活用して省エネできる空調制御サービスを紹介する。(2023/9/8)

パネル設置から補助金申請までおまかせ:
PR:太陽光発電「初期投資ゼロ」で コスト削減と脱炭素を同時に実現
脱炭素社会の実現に向けて注目が集まる太陽光発電。企業にとっては電気料金の削減につながるというメリットへの期待も大きい。効果を高めるには太陽光パネルの設置場所や電気の使い方を工夫する必要がある。ポイントを関西電力に聞いた。(2023/9/8)

SDSの利点と落とし穴【第3回】
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)で陥りがちな“落とし穴”とは?
ストレージシステムのコスト削減や運用を効率化するツールとしてSDSに注目が集まっている。ただしSDSには落とし穴もある。注意点を紹介する。(2023/9/4)

大手電力会社のPPA事業にも採用:
PR:1台で必要な電力情報を一括取得! 「太陽光PPA」の低コスト化に寄与するPVメーターとは?
日本でも関心が高まっている太陽光発電の「PPAモデル」。PPA事業には発電量や消費量に基づく自家消費量などの各種データの取得が欠かせない。こうしたデータを一括で取得でき、PPA事業の機器やメンテナンスのコスト削減に寄与する新たなPVメーターに注目が集まっている。(2023/8/30)

家庭用蓄電池で電力調達コストを削減、オムロンが小売事業者向けサービス
オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は、主に小売電気事業者に向け、電力の調達コストの課題解決をサポートする電力調達コスト低減ソリューション「POWER JUGGLING」を2023年9月より提供開始すると発表した。(2023/8/31)

組み込み開発 インタビュー:
モデルベース開発でマイクログリッドをコスト削減、中堅中小製造業の脱炭素に向け
中堅自動車部品サプライヤーである武蔵精密工業は、モデルベース開発によってコスト削減を可能にしたマイクログリッドを自社で構築した。国内の中堅中小製造業が悩みを抱えるカーボンニュートラルへの対応に向けて外販も検討している。(2023/8/25)

エネルギー管理:
分散型IDでVPPの構築コストを削減、日本ガイシとリコーが実証へ
日本ガイシとリコーが分散型IDを活用して低コストで堅固なセキュリティを実現する独自のVPP(仮想発電所)システムの構築を開始。早期の事業化を目指し、2023年度内にシステムを構築し、2024年度から実フィールドでの検証を行うという。(2023/8/18)

スマートメンテナンス:
河川内橋梁工事で水位を選ばず施工可能なマルチユースガーダー工法
熊谷組、横河ブリッジ、オリエンタル白石は、河川区域内の橋梁工事において、従来の仮桟橋に代えて河川水位に応じた昇降可能な架設桁を用いて下部工および上部工を構築する工法「マルチユースガーダー工法」を開発した。工事時期を選ばず、後期の短縮やコスト削減も可能とする。(2023/8/18)

業務システムサーバ移行に“クラウド”という選択肢
「Windows Server」のクラウド移行で高い信頼性とコスト削減を同時に実現するには
「Windows Server 2012/2012 R2」延長サポートの終了が近づく中、ユーザー企業は対処方針の決定に迫られている。新OSへの移行を成功させる上で、見逃せないのがインフラの選択だ。適切なインフラをどう選ぶべきなのか。(2023/8/17)

楽天モバイルは789億円の赤字もコスト削減を徹底 三木谷氏「黒字化して国内ナンバーワンキャリアに」
楽天モバイルの2023年度第2四半期業績は、789億円の赤字。契約数は7月に入って491万に達し、解約率は低下している。2023年は「フェーズ2」に位置付けており、コストの最適化を図って黒字化を目指す。(2023/8/10)

NHSの「Microsoft 365」導入事例【後編】
NHSが病院向け「Microsoft 365」の一括購入で創出する“驚き”のコスト削減効果
NHS Englandは「Microsoft 365」サブスクリプションの5年契約を締結。これにより、傘下の医療機関はMicrosoft 365を利用できるようになる。NHS Englandが代表して契約の交渉に立った狙いは。(2023/8/7)

Supply Chain Dive:
データ分析でコスト削減 「インフレに負けない」サプライチェーン改善術
インフレの「終わり」が見えない中、企業にとってコストの見直しは喫緊の経営課題となっている。いかにデータを活用してコストを削減するか。(2023/8/4)

新ドープ法でLiCを安価に製造:
旭化成、LiCに関するライセンス活動を本格展開
旭化成は、リチウムイオンキャパシター(LiC)の設計と製造技術についてライセンス活動を本格的に始める。独自の新ドープ法により、LiCの容量や入出力性能が従来品に比べ向上。汎用的な部材や設備が利用できるため、製造コストを削減することも可能になるという。(2023/8/2)

施工:
低コスト設計を可能とする「異幅柱接合部工法」 ゼネコン9社で構造性能評価を取得
ゼネコン9社が開発した設計自由度の向上とコスト削減が見込める「異幅柱接合部工法」が、構造性能評価を取得した。(2023/7/28)

サーバコスト削減に新たな選択肢:
PR:組み込みライセンスコスト削減に切り札 CAL不要の特別なWindows Server IoT
組み込み機器でのWindows Serverの活用が広がっているが、サーバに接続するデバイス数が多いシステムではCALのコストや管理が課題になっている。サーバコスト削減の新たな選択肢となる、CAL不要の“特別な”Windows Server IoTとは?(2023/7/27)

ITインフラ管理を効率化して経費削減 Kyndryl Bridgeの導入実績を発表
「Kyndryl Bridge」は現在500社以上に導入され、2024年3月までにはさらに1000社以上のユーザーが加わる見込みだ。初期採用者はすでに年間で10億ドル以上の経費を節約したとされている。(2023/7/26)

AWSの2大コスト管理ツールを比較【後編】
「AWS Compute Optimizer」と「AWS Cost Explorer」の違い どう使い分ける?
AWSサービスのコスト削減に生かせる「AWS Compute Optimizer」と「AWS Cost Explorer」。それぞれの違いとは何なのか。両ツールを比較し、AWSをより安く使うための方法を解説する。(2023/7/20)

オープンソースが水をきれいにした?【中編】
インドのデジタル化事業で「コスト削減60%」 圧倒的メリットはなぜ生まれた?
インドのアーンドラ・プラデーシュ州は給水パイプラインのGISデータを収集することで、分析や維持管理などの工程で扱う情報をデジタルで管理可能にした。その際の課題は、地図情報をいかにデジタル化するかだった。(2023/7/18)

拡張性を保ちつつストレージ関連コストを30%削減 東芝グループはこれをどう実現したか
増え続けるデータとコストに企業は頭を悩ませている。そんな中、東芝グループはNTTが提供するサービスで30%のコスト削減を実現したという。(2023/7/13)

AWSの2大コスト管理ツールを比較【中編】
AWSの“異常に高過ぎ”なサービスが一目で分かる「AWS Cost Explorer」とは?
「AWS Cost Explorer」は、AWSサービスのコストを監視して分析するためのツールだ。主な機能と、AWSコストの削減に役立てるためのポイントを説明する。(2023/7/13)

オープンソースが水をきれいにした?【後編】
インド州政府が「地理情報の活用」で生んだ数字だけではない成果 何が可能に?
インドのアーンドラ・プラデーシュ州は給水パイプライン情報のデジタル化に成功した。モバイルアプリケーションやビッグデータ分析などにより、プロジェクト期間やコストを削減するなど、さまざまな成果を生み出した。(2023/7/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。