• 関連の記事

「Core i3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Core i3」に関する情報が集まったページです。

超小型デスクトップPCを外で使う!:
片手で持てる超小型デスクトップPC「MousePro-M600F4」を車内で使って分かったこと
「MousePro-M600」は、マウスコンピューターの法人向けデスクトップPCシリーズで、片手で楽に持てる超小型ボディーゆえ、デスクトップPCながら機動力は抜群だ。そのボディーを生かして、少々イレギュラーな使い方を試してみた。(2022/8/12)

ASUS、Chromebookの新機種2製品を発表
ASUS JAPANは、360度回転可能なタッチパネルディスプレイを搭載したChromebookの新モデル「ASUS Chromebook Flip CX5(CX5500)」「ASUS Chromebook Flip CM1(CM1400)」を発表した。(2022/8/10)

ドスパラ、全国11店舗で「パソコン組立教室」を開催 8月27日/28日
ドスパラは、PCの組み立てを学んでいける「パソコン組立教室」を一部ドスパラ店舗で開催する。(2022/8/2)

片手で持てる超小型デスクトップPC「MousePro-M600F4」をホテルで使って分かったこと
マウスコンピューターの法人向けデスクトップPC「MousePro-M600」シリーズは、片手で楽に持てる超小型ボディーが特徴だ。今回はそのボディーを生かし、出張先のホテルで使ってみた。(2022/7/25)

ASUS、Windows 11 Proを導入したビジネス向けスリムデスクトップ
ASUS JAPANは、法人向けとなるスリム筐体採用デスクトップPC「ASUS ExpertCenter D7 SFF D700SC」を発売する。(2022/7/22)

NECPC、スタンダード15.6型ノート「LAVIE N15」に第11世代Core採用の中位/下位新モデル
NECパーソナルコンピュータは、同社製15.6型ノートPC「LAVIE N15」シリーズに第11世代Coreプロセッサを採用した下位/中位新モデルを追加した。(2022/7/19)

コンガテック COM-HPC、COM Expressコンピュータオンモジュール:
第12世代Intel Coreプロセッサ搭載COM
コンガテックは、第12世代Intel Coreプロセッサを備えた、COM-HPCおよびCOM Expressコンピュータオンモジュール各7種を新たに発表した。P-CoreとE-Coreを組み合わせたインテルのハイブリッドアーキテクチャを採用している。(2022/7/12)

デル、第12世代Coreプロセッサを採用した15.6型ノート「Inspiron 15」新モデル
デル・テクノロジーズは、第12世代Coreプロセッサを標準採用した個人向け15.6型ノートPC「Inspiron 15」新モデルを発表した。(2022/7/11)

ASUS、第11世代Coreプロセッサを採用したミニデスクトップPC
ASUS JAPANは、手のひら大サイズの小型筐体を採用したミニデスクトップPC「ASUS Mini PC PN63-S1」シリーズを発表した。(2022/7/11)

サイコム、8Lサイズ筐体を採用した省スペースデスクトップ
サイコムは、拡張性にも配慮した省スペース設計のデスクトップPC「Radiant SDM3200B660」の販売を開始した。(2022/7/5)

13.3型の新型「VAIO S13」は第12世代Coreプロセッサを搭載 どれだけ“強く”なった?
VAIOの13.3型ノートPC「VAIO S13」に約5年ぶり(ビジネスモデルベースで考えると約1年ぶり)の新モデルが登場する。第12世代Coreプロセッサを搭載して“現代っ子”になった同機は、どんな仕上がりになったのだろうか。試作機を先んじてチェックする機会に恵まれたので、そのテスト結果を交えて見ていこう。(2022/7/5)

NECPCが直販限定の「LAVIE」を発表 超コンパクトなデスクトップPCなどを順次発売へ
NECパーソナルコンピュータが、直販限定のコンシューマーPCの新モデルを発表した。デスクトップ製品は7月5日から、ノート製品は7月13日から受注を開始する予定だ。(2022/7/5)

古田雄介のアキバPick UP!:
グラフィックスカードを内蔵できる小型ベアボーン「Desk Meet」がデビュー
ASRockの定番小型ベアボーン「Desk Mini」の兄弟シリーズとして、拡張性を高めた「Desk Meet」が店頭に登場した。また、ゲーミングNUCの新モデルやコンパクトなキーボード「Keychron K4」なども売り出されている。(2022/6/27)

Windows 11も10どちらも選べる!:
片手で持てる省スペースデスクトップPC「MousePro-M600F4」を試す
マウスコンピューターの法人向けPCで最もコンパクトなのが、「MousePro-M600」シリーズだ。標準でVESA取り付けキットが付属した片手で持てる省スペースデスクトップPCをチェックした。(2022/6/27)

最軽量は“約634g”を維持 13.3型モバイルノートPC「LIFEBOOK UH」に第12世代Coreプロセッサモデル登場
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の13.3型モバイルノートPCに、第12世代Coreプロセッサモデルが登場する。Tile(タイル)を使った紛失時の検索機能も搭載していることが特徴だ。なお、Ryzen 5000プロセッサモデルは既存モデルを継続販売する。(2022/6/14)

デル、13型ノート「Inspiron 13」のWeb直販取り扱いを開始
デル・テクノロジーズは、先行して小売店向けに提供を開始していた13型ノートPC「Inspiron 13」のWeb直販取り扱いを発表した。(2022/6/14)

直販モデルは64GBメモリ搭載可:
15.6型「LIFEBOOK AH」に新モデル CPUをパワーアップしてより快適に
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の15.6型ノートPCに新モデルが登場した。CPUを刷新してパフォーマンスを改善した他、プレミアムモデルの直販限定構成では最大64GBのメモリ搭載にも対応した。(2022/6/14)

最大12コアCPUを搭載可能:
モバイルノートPC「VAIO SX12」「VAIO SX14」に第12世代Coreプロセッサモデル登場 7月1日発売
VAIOのモバイルノートPC「VAIO SX12」「VAIO SX14」に第12世代Coreプロセッサモデルが登場する。オンライン限定の「ALL BLACK EDITION」は12コア20スレッドの「Core i7-1280P」を搭載可能で、モバイルながらもパワフルな構成も実現できる。(2022/6/14)

古田雄介の週末アキバ速報:
1.7万円で6コアの「Ryzen 5 4500」とシリーズ最安の「Ryzen 3 4100」が登場!
AMDから1万円台のCPU「Ryzen 5 4500」と「Ryzen 3 4100」が売り出された。円安の影響がじわじわと表に出てくる中で、どのような存在感を示すのだろうか。(2022/6/11)

個人向け15.6型dynabookに2022年夏モデル 6月17日から順次発売
Dynabookが、15.6型の個人向けノートPCのラインアップを刷新する。先行して発表された最上位モデルをベースにさまざまなスペックのモデルを横展開する他、エントリーモデルもCPUを強化してモデルチェンジする。(2022/6/9)

MSI、14型ビジネスノート「Modern 14」にCore i3搭載の下位モデル Amazon専売で税込み6万4800円前後
エムエスアイコンピュータージャパンは、14型ビジネスノートPC「Modern 14」の販売ラインアップにAmazon限定販売の新構成モデルを追加した。(2022/6/6)

ASUSが第12世代Intel CoreとRyzen 5000Hシリーズ搭載のミニPC「ExpertCenter PN64/PN52」を海外発表
台湾ASUSが、主にオフィスや商業施設をターゲットとしたExpertCenterシリーズのうち、「ExpertCenter PN64 MiniPC」と「ExpertCenter PN52 Mini PC」を発表した。日本での展開は現時点で未定だ。(2022/5/31)

第11世代Core採用:
サードウェーブ、使い勝手を重視した15.6型ノートPC「THIRDWAVE SA50xi」を発表
サードウェーブが、第11世代Coreプロセッサを採用した新しい15.6型ノートPC「THIRDWAVE SA50xi」を発売する。従来の15.6型モデルよりも広いユーザー層を想定したモデルで、テンキーにもなるタッチパッドを備えるなど利便性を高めたことが特徴だ。(2022/5/19)

ファーウェイ、スリム14型ノート「MateBook D 14」にCore i3採用の直販限定モデル 税込み7万4980円
華為技術日本は、同社製14型ノートPC「MateBook D 14」のラインアップにCore i3を搭載した直販限定モデルを追加した。(2022/5/19)

ASUS、第11世代Core採用のミニデスクトップPC「PB62」など3製品
ASUS JAPANは、第11世代Coreプロセッサを搭載したミニデスクトップPC「PB62」など計3製品を発表した。(2022/5/16)

TSUKUMO、Radeon RX 6400を搭載したエントリーゲーミングPCを販売開始 税込み10万4800円から
ヤマダデンキは、グラフィックスカードとしてRadeon RX 6400を標準搭載したエントリー構成のゲーミングデスクトップPC計2製品を発表した。(2022/5/13)

エイサー、法人向け15.6型ノート「TravelMate Vero」2製品を発売 PCRプラスチック素材を採用
日本エイサーは、法人市場向けとなる15.6型ノートPC「TravelMate Vero」シリーズ2製品を発売する。(2022/5/13)

大型連休の自由研究:
PCの快適さは増す? スリムデスクトップPCをグラボでパワーアップしてみた(実戦編)
約5年半前に発売されたスリムデスクトップPCをグラフィックスカードでパワーアップする――その計画を実行に移す時が来た。今回はAMD製GPUを搭載するグラフィックスカードを2枚用意し、実際に組み込んでテストしてみる。(2022/5/8)

大型連休の自由研究:
PCの快適さは増す? スリムデスクトップPCをグラボでパワーアップしてみた(検討編)
手持ちのPCをパワーアップしたい――方法はいろいろある。PCI Expressスロットを備えるスリムデスクトップPCを使っている場合は、GPU(グラフィックスカード)を増設するという選択肢を取ってみるのはどうだろうか。この記事では、スリムデスクトップPCに搭載できそうなグラフィックスカードを検討していく。(2022/4/29)

ASUS、スタンダード15.6型ノート「X515JA」「X515EA」にバリエーション構成6製品を追加
ASUS JAPANは、同社製スタンダード15.6型ノートPC「ASUS X515JA」「ASUS X515EA」シリーズの新モデル6製品を発表した。(2022/4/26)

CPUは一気に3世代進化:
「VAIO S15」に2022年夏モデル 第12世代Coreプロセッサ搭載で5月下旬発売
VAIOの15.6型ノートPC「VAIO S15」に、プラットフォームを刷新した新モデルが登場する。CPUは第9世代Coreプロセッサから第12世代Coreプロセッサとなり、メインメモリやSSDのスペックなども“底上げ”されている。(2022/4/26)

山市良のうぃんどうず日記(229):
Windows 11へのアップグレードの機会に、PCをリフレッシュしてみない?[前編]
わが家の子どもがこの春社会人になり、大学入学時に購入して、貸与していたノートPCが返却されました(当人が自費で購入し、購入を代行したWindows 11 PCとの入れ替えで)。このノートPCをリフレッシュして、再利用するまでの手順をレポートします。Windows 11非対応のPCですが、対応PCであることを想定した手順です。(2022/4/13)

「初心者向け=低価格」にひそむワナ 新生活シーズンで失敗しないPC選びのコツ
春の新生活シーズンは、PCが売れるタイミングでもある。一方、この時期には毎年必ず、PCの選び方についてSNSで議論が巻き起こる。PC選びには鉄則が存在する。(2022/4/8)

ASUS、11世代Coreプロセッサを搭載したスタンダード15.6型ノート
ASUS JAPANは、第11世代Coreプロセッサを標準搭載したスタンダード設計の15.6型ノートPC「ASUS X515EA」シリーズを発表した。(2022/4/5)

エプソンダイレクト、POSレジなどにも向くWindows 10 IoT搭載の10.1型タブレット
エプソンダイレクトは、OSとしてWindows 10 IoT Enterpriseを導入した業務向け10.1型タブレット端末「Endeavor JT50」を発表した。(2022/4/5)

デル、個人向けスタンダードノート「Inspiron」に第12世代Core搭載5製品を追加
デル・テクノロジーズは、第12世代Coreプロセッサを採用した個人向けノートPC「Inspiron」シリーズ新モデル5製品を発表した。(2022/4/1)

ドコモ、ブラウザから利用できるマルチデバイス型メタバース「XR World」提供開始
NTTドコモは、3月31日にマルチデバイス型メタバース「XR World」を提供開始。アプリや専用HMDは不要で、スマホ/タブレット/PCのWebブラウザから無料(一部除く)で利用できる。(2022/3/31)

デル、第12世代Coreプロセッサを採用した24型/27型液晶一体型デスクトップPC
デル・テクノロジーズは、狭額縁のスリム筐体を採用した24型/27型液晶ディスプレイ一体型デスクトップPCを発売した。(2022/3/25)

仕事がはかどる「Windows 11」の機能【後編】
Windows 11で「Android」アプリを動かす“夢”がついに現実へ
米国では「Windows 11」の2022年2月の累積更新プログラムで、「Android」アプリケーション実行機能のパブリックプレビュー版が利用できるようになった。どのような機能なのか。(2022/3/25)

古田雄介の週末アキバ速報:
「Intelと拮抗」「焼け石に水」「もう一声」――揺れる値下がりしたRyzenの評判
3月19日から“3連休”が始まる。それを控えた秋葉原のPCショップでは、期間限定のRyzen 5000シリーズの“値下げ”がいろいろな意味で影響を与えている。(2022/3/19)

デル、中小企業向け14型ノート「Vostro 3420」 第11世代Core採用
デル・テクノロジーズは、中小企業向けをうたった14型ノートPC「Vostro 3420ノートパソコン」の販売を開始した。(2022/3/18)

「FMV Chromebook 14F」にCeleronモデルが登場 3月25日に発売 直販価格は約6.6万円
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が2021年11月に発売した初のChromebookにCeleronモデルが追加される。CPUをCeleron 6305、ストレージを64GBのeMMCに、ディスプレイをタッチ非対応に変更することで手頃な価格を実現した。(2022/3/18)

エイサー、第11世代Core i3を採用したスタンダード15.6型ノート
日本エイサーは、15.6型液晶を備えたスタンダードノートPC「Aspire 3」の新モデルを発表した。(2022/3/16)

組み込み開発ニュース:
PFUがミドルレンジの組み込みコンピュータを投入、まずはヘルスケア市場から
PFUが組み込みコンピュータ製品の新シリーズとなる「GRシリーズ」を発表。FA分野などで広く用いられているハイエンドの組み込みコンピュータ「ARシリーズ」の機能を継承したミドルレンジの組み込みコンピュータとなる。GRシリーズの第1弾として、ヘルスケア市場向けに開発した小型スリムタイプの「GR8100モデル300N」の受注も始める。(2022/3/15)

第11世代Core+有機ELディスプレイ搭載 「HUAWEI MateBook E」の新モデルが日本上陸 税別9万円弱から
ファーウェイのタブレットPC「HUAWEI MateBook E」に新モデルが3月18日に発売される。同社のノートPC系製品としては初めて有機ELディスプレイを搭載しており、映像の美しさが大きな特徴だ。(2022/3/8)

PR:新年度/新生活に向けて高コスパであらゆるニーズを満たす「MousePro-NB210H」の魅力
マウスコンピューターのビジネス向けノートPC「MousePro-NB210H」は、シンプルかつスタンダードなモデルでさまざまな利用に適した1台だ。従来モデルからブラッシュアップされた部分を含め、細かくチェックした。(2022/3/8)

ASUS、フリップ機構を備えたCore i3搭載のタッチ対応14型ノート
ASUS JAPANは、第11世代Core i3プロセッサを採用した14型/15.6型ノートPC計3機種を発表した。(2022/3/7)

コスパ重視で仕事用PCをリプレース! 選んだ「Inspiron 14(5401)」を試して分かったこと
第12世代Coreプロセッサ搭載PCが徐々に登場する中で、5年前に購入した仕事用PCをリプレースすることになった。筆者が選んだのはコスパ重視のモデルだ。(2022/3/7)

ASRockが第12世代Coreを搭載した手のひらサイズのベアボーンを発表
台湾ASRockは、第12世代Core(Alder Lake-P)を搭載する小型ベアボーンキット「NUC 1200 BOX」シリーズを発表した。(2022/3/5)

デル、法人向けデスクトップ「OptiPlex 5000」に第12世代Core搭載の新モデル
デル・テクノロジーズは、法人向けデスクトップPC「OptiPlex 5000」シリーズの新モデルを発表した。(2022/3/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。