• 関連の記事

「APU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Accelerated Processing Unit

古田雄介のアキバPick UP!:
第12世代Core iシリーズ追加モデル&Intel H670/B660/H610マザーが登場
2021年からヒットを続けている、第12世代Core iシリーズのラインアップが拡充された。下位チップセットを搭載したマザーも登場し、組み合わせの幅がグンと広がっている。(2022/1/11)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)

Lenovoが「Yoga」ノートPCの2022年モデルを披露 Intelの新型GPU「Arc A」搭載モデルも登場予定
Lenovoが、CES 2022に合わせて「Yoga」ブランドの新型ノートPCを発表した。一部モデルでは、Intelが間もなく正式発表する外部GPU「Intel Arc Aシリーズ」を搭載する構成も用意される予定だ。(2022/1/6)

CES 2022:
HPがゲーミングPCの新モデルを発売 「OMEN」ケースの“単品販売”も
HPが「OMEN」「Victus by HP」ブランドのゲーミングPCとゲーミング周辺機器の新モデルを発表した。目玉となる45LボディーのゲーミングデスクトップPCでは、ケース(と冷却機構のセット)を“単品”で販売するという。(2022/1/5)

CES 2022:
AMDがモバイル向け「Ryzen 6000シリーズ」APUを発表 外部GPUなしでRTを実現
AMDが、モバイル向けの新型APUを発表した。CPU部分は6nmプロセス化された「Zen 3+アーキテクチャ」、GPU部分は「RDNA 2アーキテクチャ」とすることとでパフォーマンス向上を図った他、各種バス/ポートの近代化も行っている。【更新】(2022/1/5)

CES 2022:
新デザインと新カラーを採用 Lenovoが新型Ryzenプロセッサ搭載の「ThinkPad Zシリーズ」を5月に発売
Lenovoが、ThinkPad Zシリーズを“復活”させる。新しいZシリーズは、AMDの最新APU「Ryzen PRO 6000シリーズ」を搭載し、より広いビジネスユーザーに訴求すべく、従来のThinkPadからデザインの一部を変更すると同時に、環境配慮も盛り込んでいる。(2022/1/5)

アキバ2021年まとめ【後編】:
2021年のアキバ自作街は「品薄」に悩んだ
アキバの2021年を巡る後編では、IntelとAMDのプラットフォーム覇権争いを中心に振り返りたい。グラフィックスカードや大容量HDDと同じく、こちらでも人気モデルの品薄ぶりが終始悩みの種となっていた。(2021/12/30)

Microsoft、DirectX 12にビデオエンコーディングの機能を追加
米Microsoftは12月8日、マルチメディア処理API群「DirectX 12」に、ビデオエンコーディングの機能を追加したことを明らかにした。これにより、開発者がGPUを活用したビデオエンコーディングアプリケーションを開発しやすくなった。(2021/12/10)

PR:サクサク動く高コスパのWindows 11対応ノートPCならこれ! 7万円弱から買える「IdeaPad Slim 550 14型」をチェック!
レノボ・ジャパンの「IdeaPad Slim 550 14型」は、最安値構成で税込み7万円を切る手頃な価格ながら、普段使いにおいて快適に使えるスペックを備えている。コストパフォーマンス重視でノートPCを選びたい人にとって“要チェック”なこのモデルの魅力を紹介しよう。(2021/11/30)

MINISFORUM、Ryzen 7 3750Hを搭載した手のひら大サイズのミニPC
リンクスインターナショナルは、MINISFORUM製となるRyzen APU採用ミニデスクトップPC「UM700L」の取り扱いを開始する。(2021/11/19)

携帯ゲーム機「Steam Deck」、発売を2カ月延期 原材料不足により
ゲーム配信サービス「Steam」を運営する米Valveは、携帯ゲーム端末「Steam Deck」の発売を2021年12月から、2022年2月に延期すると発表。理由は原材料不足によるためと説明する。(2021/11/11)

リアルタイムOS列伝(16):
センサーノード向けに振り切りまくったRTOS「Contiki」が「Contiki-NG」へ進化
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第16回は、センサーノード向けにいろいろと振り切りまくったRTOS「Contiki」とその進化版「Contiki-NG」を紹介する。(2021/10/28)

CHUWI、Ryzen 9採用ミニデスクトップPC「RZBOX」の予約販売を開始
CHUWI INNOVATIONは、Ryzen APUを標準搭載した小型デスクトップPC「RZBOX」の予約販売を開始した。(2021/10/21)

8万円弱から買える「VAIO FL15」は便利に使える? ベンチマークテストでチェック
VAIOが、ソニーからの独立以来初めてとなるAMDプロセッサ搭載ノートPCを発売した。家庭向けモデルへの本格再参入に向けた戦略モデルでもあるという。その実力をベンチマークテストを通してチェックしてみよう。(2021/10/19)

船も「CASE」:
自律運航船の遠隔監視・操船を担う「フリートオペレーションセンター」に潜入!
海事企業など国内30社が参画する「Designing the Future of Full Autonomous Ship プロジェクト」の「フリートオペレーションセンター」が、2021年9月2日に竣工した。自律運航船の航行を主に遠隔監視と遠隔操船で支援する陸上拠点で、複数の自律運航船を遠隔監視できる「統合表示ブロック」と個別に遠隔操船できる「非常対応ブロック」で構成される。また、自律運航船に搭載する舶用機器とシステムの運用試験を陸上で実施できる想環境も用意した。(2021/10/8)

「LIFEBOOK」「ESPRIMO」にWindows 11モデルが登場 “ハイリテラシーユーザー”向けも
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の個人向けPCにWindows 11プリインストールモデルが登場する。基本的には既存モデルのOSとOfficeスイートのバージョンをアップした格好だが、注目すべき新機能も搭載される。(2021/10/5)

「LAVIE」にWindows 11モデルが登場 お手頃モバイルも店頭販売
NECパーソナルコンピュータのスタンダードノートPCと液晶一体型デスクトップPCにWindows 11モデルが登場する。直販限定だった子ども向けノートPCをスペックアップした上で量販店でも販売する他、LAVIE Pro Mobileは直販限定でWindows 11モデルを展開する。(2021/10/5)

ASUS、APUを採用した2in1タイプの14型Chromebookなど2製品
ASUS JAPANは、プロセッサとしてAMD製APUを採用した2in1 Chromebook「ASUS Chromebook Flip CM1」など2製品を発表した。(2021/10/1)

手頃でも“VAIOらしさ”を Ryzen 3搭載の「VAIO FL15」登場 税込み8万円弱から
VAIOが、15.6型メインストリームノートPCを新たに投入する。AMDプロセッサを採用することで価格とパフォーマンスのバランスを取り、最小構成時の税込み価格は8万円を切った。(2021/9/28)

サードウェーブ、Zen 3世代APUを採用したスリムデスクトップPC
サードウェーブは、Ryzen 5000Gシリーズを標準搭載したスリム筐体採用デスクトップPC「Slim Regulus」シリーズ2製品を発表した。(2021/9/10)

コンパクトでハイパフォーマンス! ASRock「DeskMini X300」で「Ryzen 5000Gシリーズ」を使ってみた
ASRockの小型ベアボーンキットである「DeskMini X300」が、UEFI(BIOS)の更新によってRyzen 5000Gシリーズに対応した。早速組み合わせて使ってみよう。(2021/9/10)

日本HPがゲーミングノートPCの新モデルを発表 新ブランド「Victus(ヴィクタス)」も旗揚げ
日本HPがゲーミングノートPCの新モデルを発表した。これに合わせて、よりカジュアルなゲーミングブランドとして「Victus(ヴィクタス) by HP」も立ち上げる。(2021/9/9)

デタッチャブルChromebookも:
LenovoがWindows 11搭載の「Yoga Slim 7シリーズ」を発表 米国で10月から順次発売
Lenovoが、Windows 11をプリインストールする「Yoga Slim 7シリーズ」と、キーボード着脱式のChromebookの新モデルを10月に発売する。現時点では日本での展開は未定だ。(2021/9/8)

マウス、Ryzen 7を採用した税込み9万円台の15.6型スタンダードノート
マウスコンピューターは、Ryzen APUを標準搭載した15.6型スタンダードノートPC「mouse B5-R7」を発売する。(2021/8/31)

古田雄介のアキバPick UP!:
Zen 3世代のAPU「Ryzen 5000G」が登場!
現行最新世代のRyzen 5000シリーズと同じ、Zen 3アーキテクチャを採用したAPU「Ryzen 5000G」シリーズが登場。キーボードのベースキットや60cm長のPCIe 4.0ライザーカードなど、自作の幅を広げるアイテムも目立っている。(2021/8/9)

Zen 3ベースのAPU「Ryzen 5000Gシリーズ」が8月6日19時に販売解禁 価格は?
AMDの最新APUpRyzen 5000Gシリーズ」の一部が、8月6日19時から市販される。その特徴と価格について、改めてまとめた。(2021/8/6)

TSUKUMOからRyzen 5000 Gシリーズ搭載のコンパクトゲーミングPCが登場
ゲーミングPC「G-GEAR」から、最新のAMD製APU「Ryzen 5000 Gシリーズ」を搭載したコンパクトゲーミングPC「G-GEAR mini」の新モデル2機種が発売された。(2021/8/6)

「Kompanio 1300T」:
5GやWi-Fi 6に対応するタブレット向け6nm SoC
台湾MediaTekは2021年7月27日、タブレット向けSoC(System on Chip)「Kompanio 1300T」を発表した。TSMCの6nmプロセスで製造される。Kompanio 1300Tを用いることで、オンライン学習やビジネス、ストリーミングサービス、ゲーミング、機械学習をはじめとするAI(人工知能)アプリケーションなど幅広い用途に向けた、軽量のタブレットを開発できるとする。(2021/8/5)

8月6日19時発売! Zen 3採用APU「Ryzen 7 5700G」「Ryzen 5 5600G」の実力を先行レビュー
AMDがZen 3アーキテクチャを採用するAPU(GPU統合型CPU)を8月6日19時に発売する。その実力はいかほどのものか、先行してレビューする。(2021/8/3)

携帯ゲーム機「Steam Deck」はPCとして使える Windowsの導入も
「Steam」を運営する米Valveが15日(現地時間)に発表したゲーム端末「Steam Deck」は作業PCとしても使える。Windowsも導入できそう。(2021/7/16)

4K? ウルトラワイド?:
テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ
在宅ワークを中心としたテレワークで、会社にいるときと同じような生産性を維持するのには、環境整備が欠かせない。真っ先にお勧めしたいのがデュアルディスプレイの導入だが、そこに一工夫をかけるとさらに効果を高めることができる。(2021/7/15)

MWC Barcelona 2021:
13.3型メインストリーム「ThinkPad L13/L13 Yoga Gen 2」にAMDモデル登場
Lenovoのメインストリーム向け13.3型ThinkPadにAMDモデルが登場する。先行して登場したIntelモデルと比べると価格が手頃であることが特徴だ。(2021/6/23)

プラットフォームを問わず最大2倍のフレームレート AMDが超解像技術「FidelityFX Super Resolution」の提供を開始
AMDが、主にゲームでの利用を想定した超解像技術「FidelityFX Super Resolution」の提供を開始した。同社製GPU/APUだけではなく、NVIDIAの「GeForce GTX 10/16シリーズ」以上のGPUでも利用できることが特徴だ。(2021/6/23)

ASUS、デスクトップ向けRyzen APUを搭載したミニタワーPC
ASUS JAPANは、リビングなどでの利用にも向くRyzen APU搭載ミニタワー型デスクトップPC「ASUS U500MA」を発売する。(2021/6/18)

「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
ゲーム作りは数学。(2021/6/16)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
AMDのAPUとGPU、Teslaが「Model S」と「Model X」で採用
AMDは、Teslaが「Model S」と「Model X」の新モデルでRyzen APUとRDNA2アーキテクチャに基づくGPUを採用したと発表した。インフォテインメントシステムでAAAゲームを10テラフロップスでプレイできる。(2021/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
AMDが「Ryzen 5 5600G」「Ryzen 7 5700G」をボックス販売 米国では8月5日に発売
AMDがPCメーカー向けに出荷を開始したデスクトップPC向けRyzen 5000シリーズAPUのうち、2製品がパッケージ付きで市販されることになった。米国では8月5日に発売される予定だ。合わせて、企業向けの管理機能やセキュリティ機能を追加したデスクトップPC向けAPUも投入する。(2021/6/1)

MediaTek Dimensity 900:
5G対応スマホ向け6nmプロセスSoC
MediaTekは、6nmプロセスを用いた、5GおよびWi-Fi 6対応のミドルハイエンドスマートフォン向けSoC「Dimensity 900」を発表した。搭載機種を、2021年6月までに発売する予定だ。(2021/5/31)

Ryzen×Chrome OSの実力は? 「ThinkPad C13 Yoga Chromebook」をじっくりチェック
ThinkPadブランドのChromebookが、ようやく日本にもやってきた。しかも、AMDプロセッサ(RyzenまたはAthlon)搭載である。その実力はいかほどのものか、実機で試してみよう。(2021/5/25)

1億800万画素カメラにも対応:
MediaTek、ミドルハイエンドスマホ向け5G対応SoC
MediaTekは、5G(第5世代移動通信)対応のスマートフォン向けSoC「Dimensity 5G」シリーズとして、ミドル−ハイエンドモデルに向けた新製品「Dimensity 900」を発表した。(2021/5/17)

AMDが最新の「Radeon Software」を公開 インストールオプションを拡充 ゲームのアクセシビリティーを向上する機能も追加
AMDが、Radeon GPU向けの最新ソフトウェアを公開した。ユーザーからのフィードバックを受けて、インストールするソフトウェアを削減するオプションを追加した他、色覚障害を持つ人向けのアクセシビリティー機能など機能の追加/改善も行われている。(2021/4/20)

AMDがZen 3アーキテクチャ採用のデスクトップ向け新APU「Ryzen 5000G」シリーズを発表
AMDが、デスクトップ向け新型APU「Ryzen 5000G」シリーズを発表した。7nmプロセスのZen 3 CPUとRadeon Graphicsを統合していることが特徴だが、現時点ではOEM向けでの提供となる。(2021/4/14)

Dellが「Alienware m15」と「Dell G15」のRyzenモデルを発表 可変リフレッシュレート対応ディスプレイも順次発売
Dell Technologiesが、AMDのモバイル向けRyzen 5000プロセッサを搭載するゲーミングノートPCとVRR(可変リフレッシュレート)対応のゲーミングディスプレイを発表した。Alienwareブランドでは、実に約14年ぶりのAMDプロセッサ搭載ノートPCとなる。(2021/4/7)

【共感しかない】宇多田ヒカルの曲を聴いていると、ありもしない切ない思い出がよみがえってくる不思議
忘れられない人がいたような気がする。(2021/3/19)

企業向け管理/セキュリティ機能を強化 AMDがモバイル向け「Ryzen PRO 5000シリーズ」を発表
AMDのモバイル向けRyzen 5000シリーズに、企業向け管理/セキュリティ機能を強化したAPUが追加される。競合のIntelのvPro対応第11世代Coreプロセッサよりも省電力かつ高パフォーマンスであることをアピールしている。(2021/3/16)

総勢19モデル:
AMDがサーバ向けCPU「EPYC 7003シリーズ」を発表 Zen 3アーキテクチャでクロック当たりの性能を向上
AMDがZen 3アーキテクチャを採用したサーバ/データセンター向けCPUを発売する。クロック当たりの性能が向上したことで、実用パフォーマンスもより向上しているという。(2021/3/16)

Ryzen搭載の超小型デスクトップPC「Minisforum UM270」を試す
超小型PCといえばIntel NUCを思い浮かべるが、AMDプラットフォームでも同様のミニPCが続々と登場している。ここで紹介する「Minisforum UM270」もその1台だ。実力はどうなのか、チェックした。(2021/3/10)

PR:IntelとAMD、どっちがいい? 在宅ワークが快適になるドスパラのミニPCをお勧めする理由
テレワークや在宅ワークが定着しつつある中で、ノートPCとは異なる形で仕事やライフスタイルを快適にしてくれるミニPCがある。サードウェーブが運営するPCショップ「ドスパラ」のオリジナルモデルの魅力に迫る。(2021/2/22)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen搭載の超小型PC「Minisforum UM700&X400」がデビュー
Ryzen搭載の超小型PCや表と裏に3連のARGBファンを備えた簡易水冷キット、キロワット級のSFX-L電源にPCレスで使えるキャプチャユニットなど、先週はとがった特徴を持つパーツが複数登場している。(2021/2/8)

Minisforum、Ryzen APUを採用したミニPC「UM270」を正式発表 Makuakeで提供開始
中国BESSTAR TECHは、Minisforumブランド製のRyzen APU搭載ミニデスクトップPC「UM270」の販売を開始した。(2021/2/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。