• 関連の記事

「空港」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「空港」に関する情報が集まったページです。

7月1日から関西限定:
史上初、東京では手に入らない「東京ばな奈」 ミニオンとコラボ
グレープストーンは『東京ばな奈ミニオン「見ぃつけたっ」 濃厚バナナカスタード味』を、7月1日から関西地域限定で主要駅・空港・百貨店・高速道路サービスエリアなどで販売する。(2022/6/23)

羽田空港にJR東のテレワーク用個室「STATION BOOTH」設置 ゲート間近で搭乗待ちもWeb会議可能
時間に追われる人へ。(2022/6/22)

イーロン・マスク氏のラスべガストンネルプロジェクト、当局が承認
イーロン・マスク氏のTBCが手掛けるラスベガス地下トンネルプロジェクト「Vegas Loop」の拡張を当局が承認した。約46.7キロにわたるトンネルをTesla車で移動できるようになる。空港からコンベンションセンターまでは10ドルで5分になる見込み。(2022/6/16)

行き先を知らないまま空港に来た少年へ、両親「今からスペインに行くよ!」 サプライズに大喜びする姿がかわいい【英】
これはうれしい!(2022/6/17)

成田空港に警備ロボット AI搭載、自律走行は国内初
人とロボットの力を合わせた警備体制を構築し、人手不足に対応しながら安全確保を目指す。(2022/6/14)

成田空港に警備ロボット AI搭載、自律走行は国内初
成田国際空港会社は、セコム製のセキュリティーロボット「cocobo」1台を成田空港第2ターミナル3階出発ロビーに導入した。混雑状況の検知ができるAIを搭載した自律走行型巡回監視ロボットを導入するのは日本で初めてという。(2022/6/14)

6月25日から:
はとバスが羽田空港を走る! まさかのコラボは社員考案
はとバスは、羽田空港の制限区域内を2階建てバスでドライブする「羽田空港ベストビュードライブ」を6月25日から運行する。羽田空港の制限区域内を、はとバスが走るのは創業以来初めて。2階建てバスの高さ3.8メートルの車窓から、駐機中の航空機や離着陸する航空機、さまざまな地上支援車両などを間近に見られるようにする。(2022/6/13)

FM:
AI画像解析サービスを佐賀国際空港旅客ビルの利用者数カウントに導入、オプティム
オプティムは、佐賀ターミナルビルが運営・管理する九州佐賀国際空港旅客ビルで、リアルタイムAI画像解析サービス「OPTiM AI Camera Enterprise」を用いて、利用者数をカウントする取り組みをスタートした。(2022/6/13)

成田空港をロボが警備 セコムの新型「cocobo」導入
成田空港にセコムの新型セキュリティロボット「cocobo」が導入。異常を検知すると、防災センターに通報する。(2022/6/7)

2023年4月以降順次廃止:
ANA、国内線の自動チェックイン機廃止へ 専用アプリに移行
ANAが国内線対象に提供中の自動チェックイン機を、2023年4月以降、順次廃止すると発表した。コロナ禍で非対面・非接触で搭乗手続きできる環境の構築が求められる中、空港での混雑防止が狙い。今後は専用アプリでの手続きに移行するという。(2022/5/24)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
この空港からあの空港まで行けたらいいのにな
さあ、想像してみましょう。(2022/5/11)

鹿児島空港にJALのエアバスA350型機が初飛来! 6月に富士山遊覧チャーターを実施
なんと「国際線ターミナル」から出発!(2022/5/7)

iPhone Tips:
iPhoneの「ウォレット」アプリで飛行機に搭乗する方法
iPhoneの「ウォレット」アプリには、搭乗券やチケット、ポイントカードなどを登録する機能もあります。その中でも非常に便利なのが飛行機の搭乗券を追加する機能。スマホ1台でカウンターでのチェックインをスルーして空港の保安検査場に直接向かうことができます。(2022/5/3)

モビリティサービス:
ホンダジェットのシェアリングと陸路の連携で移動を快適に、2022年夏から実証実験
ホンダは2022年4月27日、ビジネスジェット「ホンダジェット」を使ったモビリティサービスの実証を2022年夏に日本で開始すると発表した。地上のモビリティの移動とも連携させることで、空港間だけでなく出発地から目的地まで自由で快適な移動の実現を目指す。(2022/4/28)

「人と人とのふれあいは素晴らしい」 男の子とやさしい空港職員のつかの間のやりとりに心が温かくなる
忘れられない思い出になりそう。(2022/4/23)

リアーナとの子が誕生間近のエイサップ・ロッキー、空港で逮捕される
リアーナの故郷バルバドス旅行から一緒に帰ってくるところだったよう。(2022/4/21)

ハワイ在住の梨花、帰国で息子と別れ「凄く凄く寂しい」 空港での“ハグショット”に「もらい泣きします」と反響
2015年にハワイへ移住した梨花さん。(2022/4/20)

ICT:
建物内の磁場分布を利用した新たな屋内位置測位システム、大成建設
大成建設は、スマートデバイスの内蔵センサーと建物固有の磁場分布を活用することで、無線通信機器を設置することなく、屋内での所在位置を高い精度で特定する位置測位システムを開発した。新システムは、空港や商業施設の誘導案内、医療施設における患者の見守りなど、人の位置情報を可視化し、建物利用者の利便性や安全性を向上させられる。(2022/4/13)

羽田空港の“顔パス搭乗システム”で情報持ち出し事案発生 元従業員PCから約1000人分のデータ発見
羽田空港国際線で運用されている顔認証技術搭載の搭乗手続きシステムで、管理会社の元従業員による内部情報の持ち出し事案が発生した。元従業員が社内規定に反して個人PCに情報を放置していた。(2022/4/12)

奇跡の帰還だ! 森下悠里、空港でなくした指輪が無事手元へ 拾ってくれた職員には「お礼しなきゃ」
指からスルッと抜け落ちていたもよう。(2022/4/8)

JR東京駅・羽田空港などに展開:
ラーメン業界に黒船来航! 約90秒で「アツアツな本格ラーメン」を作る自販機がすごい
JR東京駅、羽田空港、首都高芝浦パーキングエリアで、ラーメン自販機「Yo-Kai Express」の設置が始まった。いったい、どんな自販機なのか? CEOが話す強みや戦略は?(2022/4/6)

「OCI」「Azure」でクラウド移行を進めるヒースロー空港
ヒースロー空港が「Oracle Cloud」と「Azure」を併用 どう使い分けているのか
英国のヒースロー空港は「Oracle Cloud Applications」「Microsoft Azure」という複数のクラウドサービスを併用している。どのようなサービスを、どのような目的で利用しているのか。元CIOに話を聞いた。(2022/4/4)

デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ(電子看板)広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。人工知能(AI)カメラで年齢層や性別を把握し、それに応じた情報発信が可能なデジタルサイネージも登場。こうした進化もあって、回復が加速し来年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。人が行き交う空港や駅での展開が活発化している。(2022/4/1)

Go AbekawaのGo Global!〜緊急特別編:
「私たちのことを話題にし続けて」 ウクライナのエンジニアが今、日本の皆さんに伝えたいこと
ウクライナのキエフでIT企業を営み、自身もITエンジニアであるCyril Samovskiy(キリル・サモフスキー)さん。爆破された空港を避け、渋滞する避難の車列を離れ、南へと向かったキリルさん一家は今どこで何をしているのか。キリルさんから日本の皆さんへのメッセージ動画付き。(2022/3/31)

リテール&ロジスティクス:
羽田空港付近でマルチユース対応の物流施設が着工、プロロジス
プロロジスは、東京都大田区で開発を進めている都市型賃貸用物流施設「プロロジスアーバン東京大田1」の起工式を2022年2月25日に開催した。(2022/3/4)

「HondaJet」世界中で200機以上が活躍 小型ジェット機カテゴリー販売トップを5年連続で達成
空港のすみっこでちょこんと待機しているのを見かける機会も多くなりました。(2022/2/25)

福岡県の「街の住みここち沿線ランキング」 3位「JR筑肥線」、2位「地下鉄空港線」、1位は?
大東建託は、福岡県の36沿線に居住する成人男女2万1358人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/2/10)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【後編】
クラウド推進の空港が明かす、脱オンプレミス困難な「空港特有のシステム」とは
ベルファスト・シティー空港は各種アプリケーションのクラウドサービス移行を進める一方で、一部のシステムはオンプレミスインフラに残さざるを得ないと判断している。そのシステムとは何か。移行が難しい理由とは。(2022/1/31)

Amazon、羽田空港に入国者向けロッカーを設置 隔離要請者が商品を受け取れる
 Amazonは1月13日、日本空港ビルディングと東京国際空港ターミナルと提携し、羽田空港第3ターミナルにAmazonロッカーを設置した。海外からの入国時に、宿泊施設での隔離を要請される人が、Amazonで注文した商品をロッカーを使って受け取ることが可能となる。(2022/1/17)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【前編】
クラウドにアプリ8割移行の空港が明かす「オンプレミスに残すアプリ」とは
英ベルファスト・シティー空港は、アプリケーションの大半をクラウドサービスで稼働させる見通しだ。ただし一部はオンプレミスインフラに残すという。同空港のIT幹部にクラウド移行の道筋を聞く。(2022/1/17)

羽田空港にAmazonロッカー新設 その“なるほど”な理由
Amazon.co.jpで購入した商品を受け取れるロッカーが羽田空港に登場。その理由は。(2022/1/13)

ピーチの“旅ガチャ”、機内でも販売 袋の中からカプセル取り出す超アナログスタイルに
ピーチ・アビエーションは17日、行き先の選べない「旅くじ」の機内販売を始めた。成田空港着の11路線、関西空港着の13路線の機内で販売する。(2021/12/17)

ロボット開発ニュース:
ロボットトラクターで空港の草刈りを自動化、ヤンマーが作業者不足の解消を支援
ヤンマーアグリジャパンは、鹿児島空港へロボットトラクター「YT488A」2台を納入した。有人トラクターに代わり、専用タブレットからの指示で空港内緑地部の草刈り作業と集草作業を自動化し、作業者不足を解消する。(2021/12/15)

地域の観光業再生に向けて:
ディズニー×アウトレット店舗 富士山静岡空港に初出店
富士山静岡空港内に、オンラインと実店舗が融合したショールーム型店舗「プレミアム・アウトレット サテライト フォー ディズニー コレクション」が期間限定でオープンする。期間は、12月10日〜2022年2月23日。地域の観光業再生に向けて、空港を活用する。(2021/12/10)

既存の喫煙所を改修:
フィリップ モリス、函館空港に「加熱式たばこ専用室」 日本初の“たばこの煙のない国際空港”に
フィリップ モリス ジャパン(PMJ)は、函館空港(北海道函館市)に「加熱式たばこ専用室」を開設し、運用を始めた。同空港の開港60周年記念の一環で、同空港内の既存の喫煙所を改修した。(2021/12/2)

再生紙を採用:
LCC「ピーチ」の機長が考案した「紙飛行機」 1100円で一般販売
ピーチ・アビエーションは、パイロットが考案した紙飛行機「HAPPY ORIGAMI AIRPLANE Fly Peach」の一般販売を開始した。11月17日からは関西空港第2ターミナル内の実店舗でも販売する。(2021/11/15)

直行シャトルバス:
沖縄観光、手荷物持たず那覇空港から一気に北谷町へ IT移動サービスプロジェクト
まちづくり支援などを行うユーデックは5日から、沖縄県北谷町を拠点とする観光客に、ITを使い多様な移動サービスを提供する「北谷観光MaaSプロジェクト」の実証実験を始めると発表した。利用客は……。(2021/11/5)

「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」:
空の“おもてなし”を地上で! ANAのエアバスA380レストラン、12月も開催
ANAグループは、成田空港に駐機中の旅客機、エアバスA380型機、「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を活用したイベントを12月に開催すると発表した。(2021/11/2)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
空港・カジノ・イベント会場──米アマゾン技術で“無人店舗”が急増中 一方、進出しづらい業界も
近年、増えている無人店舗。米国では「Amazon Go」の技術がさまざまな分野に進出している。どのような店舗でこの技術が使われているのか? こうした無人店舗が進出しやすい業界とそうでない業界の違いとは──?(2021/11/2)

ANAがヒアラブル端末を空港スタッフに導入、期待を超える体験を模索
コロナ禍で業績悪化に苦しむ航空業界だが、ANAではむしろDX推進のアクセルを踏み込んでいる。新しい成功モデルを模索する中、DXの取り組みが同社の体質を強くしているからだという。その一例が、空港スタッフへのヒアラブル端末の展開だ。(2021/11/1)

JALとANA、国内線チェックインシステムを共同利用へ 搭乗ゲート統一も
JALとANAが国内線空港で、チェックインシステム機器の共同利用へ。保安検査場のゲート、搭乗ゲートの改札機などを、両社が共同利用できるようにする。(2021/10/22)

リアルとネットの相乗効果:
旅客激減の羽田空港が、ECの売り上げを“1年で100倍”に キーワードは「デパ地下客」
コロナ禍で羽田空港の航空旅客数とともに、空港での商品売り上げも減少──。しかしECに注力し、1年間で月別最大5倍ほどアクセス数を伸ばした日本空港ビルデング。急成長の鍵は「デパ地下客」だった。(2021/10/22)

23年5月から:
JALとANA、国内線のチェックイン機などを共通化 コスト削減と利便性向上目指す
JALとANAは10月22日、国内線空港のチェックインシステム機器の共同利用に向けた取り組みを開始すると発表した。(2021/10/22)

JALはすでに廃止:
ANA、手荷物梱包用のビニール袋廃止へ 脱プラに向けた取り組み加速
ANAグループが空港で使用する手荷物梱包用のビニール袋の提供を10月31日で終了する。(2021/10/8)

トヨタ、約34万円の立ち乗り型EV発表 大型施設内の移動を想定、将来は公道も
トヨタ自動車は10月1日、立ち乗り3輪BEV「C+walk T」の販売を始めた。空港内やショッピングモールなど、広大な施設内での移動やシニアの歩行負担の軽減、アクティビティーツアーといった利用を想定しており、将来は公道での使用も見据える。(2021/10/4)

AI:
空港保安検査にAI技術、日立が南紀白浜エアポートで実証実験
日立製作所と南紀白浜エアポートは、南紀白浜空港での保安検査を支援するAI技術の実用化に向けた実証実験の実施に関する覚書を締結。空港の保安検査のさらなる高度化・効率化に取り組む。(2021/9/29)

地球儀にピンを刺すと現地時間が分かる世界時計 ワクワクするからくり機構に「商品化希望」「空港に置いてほしい」
商品化してほしい。(2021/8/27)

18台のセンサーカメラで商品と客をひも付け 羽田空港初の“無人決済みやげ店”に行ってみた
羽田空港第2ターミナル地下1階に18台のカメラなどを活用した無人決済店舗がオープンした。商品のバーコードを1つずつ読み込ませるといったセルフレジ特有の煩雑さとは無縁だ。(2021/8/27)

ANA FESTA GO:
ANAグループ、羽田に無人店舗を開店 有人店舗併設で取り込む新たなニーズとは
ANAグループのANA FESTAと、無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GOが、無人決済システムを活用した店舗「ANA FESTA GO 羽田B1 フロア店」を羽田空港に開店した。(2021/8/27)

「かっこいい」「イケモフがいる」 新千歳空港に現れた“獣人”のアートが圧倒的存在感で話題に
圧倒的な存在感……!(2021/8/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。