• 関連の記事

「JAL(日本航空)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「JAL(日本航空)」に関する情報が集まったページです。

初代から現在の11代目まで! JALが客室乗務員の歴代制服を公開、デザインや小物の違いに時代を感じる
昔の制服の着心地は?(2024/2/20)

羽田事故受け日航がペット同伴を検討 他社が慎重姿勢の理由は?
日本航空が、ペットの客室内への同伴搭乗を検討していることが16日、分かった。1月2日に羽田空港で発生した航空機の衝突事故で、貨物室に預けられたペット2匹が取り残されたことを受け、同伴搭乗を求める声を踏まえた。(2024/2/18)

セイコーウオッチ、JALとコラボ 限定モデル3種を日本国内のみで発売
セイコーウオッチは2月9日、JALとコラボした限定モデル3種を発売する。同モデルはJAL国際線就航70周年を記念したもので、日本国内のみで展開する。(2024/1/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
JAL新社長は「女性、元CA、元東亜」 異分子トップを生んだ過去の苦い経験
JALは1月17日、鳥取三津子専務が4月1日付で社長に昇格すると発表。「女性、元CA、元東亜」というまさに異分子なトップは、どうして生まれたのだろうか? 元CAで健康経営学者の河合薫氏が考察する。(2024/1/26)

JAL新社長に鳥取三津子氏 CA出身で初、女性としても初めて
日本航空(JAL)は17日、鳥取三津子取締役専務執行役員が社長に昇格する人事を発表した。4月1日付。赤坂祐二社長は代表権のある会長に就く。鳥取氏は客室乗務員(CA)出身で、CA出身者の社長就任は初。女性社長も初めてとなる。(2024/1/17)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
羽田事故は「システムで防げた」の暴論――”想定外の事態”は起こる、できることは?
羽田空港で起きたJAL機と海保機の衝突事故について、「ヒューマンエラー」の切り口から考察する。事故はいつだって複数の不幸な要因が重なった結果だ。どんなにハイテク化が進んでも、想定外の事態は起こり得る。では、企業はどのように向き合うべきなのか? 大事故を防ぐ「唯一の手立て」とは?(2024/1/12)

羽田事故背景に「過密ダイヤ」指摘も 世界3位の発着1分に1.5機
羽田空港で日本航空と海上保安庁の航空機が衝突した事故から9日で1週間がたった。8日には事故で閉鎖していた滑走路の運用も再開し、発着数も事故前の水準まで回復した。一方で……。(2024/1/9)

JALのクルーはどんな脱出訓練をしている? 「万一の事態が発生した場合でも……」
JAL広報部に対し、クルーたちは普段どのような脱出訓練を実施しているのか取材しました。(2024/1/9)

JALが予約航空券の変更、払い戻しに手数料無しで対応 羽田空港での事故を受けて
3月31日までの便が対象。(2024/1/3)

ドローン:
JALがKDDIのドローン子会社に出資「レベル3.5飛行が事業化を後押し」
JALとKDDIスマートドローンが、両社によるドローンの社会実装に向けた取り組みを加速することを目的に資本提携契約を締結。JALがKDDIスマートドローンの第三者割当増資により発行する株式を取得する。(2023/12/15)

数量限定:
JAL、機内に搭載していた「救命胴衣」を再利用 何になった?
JALブランドコミュニケーションは、機内搭載していたライフベスト(救命胴衣)を再利用したバッグ2種類を販売する。価格はトートバッグが1万3200円、ショルダーバッグが1万1000円。(2023/12/12)

操縦士のカバン、中には…… JAL現役パイロットの持ち物をチェック! フライトの必需品や個人的なおやつも
おやつはいくらまで?(2023/11/21)

決済やマイル機能を集約した「JALマイレージバンクアプリ」提供開始
JALは、11月7日に「JALマイレージバンクアプリ」をリリース。デジタル会員証を備え、マイルをためる/使うサービスへアクセスしやすくなる。「マイルチャージ」の最低必要マイル数も3000マイルから500マイルに引き下げた。(2023/11/7)

スマホ決済サービス「JAL Pay」が「Apple Pay」「QUICPay+」に対応
JALの提供するスマホ決済サービス「JAL Pay」が「Apple Pay」と「QUICPay+」に対応。11月7日にリリースした「JALマイレージバンクアプリ」の一環として行う。(2023/11/7)

JAL現役パイロットが1日のスケジュールを解説 「朝6時30分起床」「12時間のフライト中休憩は4時間」
朝から深夜まで大忙し。(2023/10/30)

CEATEC 2023:
日本航空電子の透明フィルムヒーター、車載タッチパネル向け技術の応用で実現
日本航空電子工業は、「CEATEC 2023」で、開発中の透明フィルムヒーターと既に販売している車載用タッチパネル用を披露した。(2023/10/19)

「相談を待っているだけでは駄目」:
導入で得られたのは「2つの効果」と「2つの教訓」 JALが模索する“事業部門を巻き込んだ業務アプリ開発の最適解”とは
ローコード/ノーコード開発ツールにメリットがあることは言うまでもないが、IT部門にとって気になるのが「導入しても活用できるのか、しっかりと定着するのか」といった点だ。導入しても、いつも同じ人が開発していたり(属人化)、業務に合わず使われなくなったり(陳腐化)するのでは意味がない。ではIT部門として、どういったアプローチを採るべきなのか。(2023/9/27)

JAL、国内航空券のタイムセール、28日から 羽田→伊丹で7700円など
JALは、9月28日から2回に分け、公式Webサイトで11月と12月に搭乗する国内航空券のタイムセールを実施する。それぞれ48時間限定となっている。(2023/9/26)

客室乗務員が言う「触手」ってどんな意味……? JALの現役CAによる“乗客は知らない専門用語解説”
なるほど〜!(2023/9/26)

「ミャクミャクJET」デザインに賛否 JAL「万博開催に向けたわくわく感表現」
JALが発表した「ミャクミャクJET」の強烈なデザインに賛否。(2023/9/19)

JALのCAさんが教える「海外旅行で気を付けること」に反響 「財布は小分けに」「飲み物の氷に注意」など参考になるアドバイスがたくさん
これを覚えて安全な旅行を。(2023/9/23)

JAL、万博の開催を記念した「ミャクミャクJET」 インパクトありすぎる機体が11月から運行へ
入場チケットの前売り販売開始時期に合わせて運行開始します。(2023/9/18)

「povo2.0」に期間限定トッピング登場 8月31日まで2万円で「120GB/365日」を購入可能 10月31日までJALマイルでトッピングを入手可能に
KDDIと沖縄セルラー電話の「povo2.0」において、期間限定のトッピングが登場する。8月31日まで、2万円で120GB/365日のデータトッピングを提供する他、10月31日まで「JALマイル」3000マイルで20GB/30日のトッピングを交換できる取り組みを実施する。(2023/8/1)

JAL、業務効率化に量子コンピュータ活用へ 整備計画の最適化に
日本航空が、量子コンピューティング技術を活用した運航整備計画の最適化システムを開発する。さまざまな要素を加味する必要がある運航整備計画の策定に量子コンピューティング技術を適用して効率化を図る。(2023/7/31)

JAL「キッズサマーキャンペーン」国内線利用の子どもを対象に 小児割引50%、先着1000枚“お子さまと行く旅クーポン”など
航空券「往復セイバー」の小児割引を拡大するなど、3つの割引特典を用意しました。(2023/6/25)

非日常を打ち出す:
フライトシミュレーターもある「JALの赤い部屋」 グランドニッコー東京台場に登場
ホテル「グランドニッコー東京台場」に、羽田空港国際線のJALファーストクラスラウンジをイメージした客室が登場。ベッドルームにはフライトシミュレーターを設ける。(2023/6/24)

なぜ? 「空の会社」が、足元のアイテム:
「空」でも「地上」でも履ける JAL系航空会社が「1足2万円」のスニーカーを発売したワケ
JAL系航空会社のZIPAIRが4月、ファッションデザイナーと共同開発した1足2万円のスニーカーを発売した。「空の会社」なのになぜ、靴なのか。そして、どんな靴なのか。(2023/6/3)

「6600円セール」とは別に:
JAL「2日間限定」のタイムセール実施 7月上旬の国内線を5月26〜27日に割引販売
日本航空(JAL)は5月26〜27日に、国内線のタイムセールを実施する。対象搭乗期間は7月1〜14日で、Web限定のセールとなる。(2023/5/23)

JAL「6600円セール」5月19〜20日に実施 6月後半の搭乗分を販売
日本航空(JAL)は5月19日〜20日、国内線の航空券を全国一律で6600円とするタイムセールの第5弾を実施する。6月15〜30日の発着分が対象となる。(2023/5/19)

旅行需要を喚起:
JAL「6600円セール」5月12〜13日に実施 6月15日までの搭乗分を販売
日本航空(JAL)は、国内線の航空券を全国一律で6600円とするタイムセールの第4〜5弾を実施する。対象は6月発着分となり、前後半に分けて販売する。(2023/5/12)

旅行需要を喚起:
JAL、国内線「一律6600円セール」第3弾 5月11〜31日の搭乗分を4月21〜22日に販売
日本航空(JAL)は、国内線の航空券を全国一律で6600円とするタイムセールの第3弾を4月21〜22日に実施する。対象は5月11〜31日の発着分で、国内外の旅行需要の喚起を目的とする「JALスマイルキャンペーン」の一環で実施する。(2023/4/20)

可用性の確保やクラウド化を踏まえた移行
JALグループが「PostgreSQL」ベースのDBMSを採用 重視した選定ポイントは?
JALグループのIT運用の中核を担うJALインフォテックは、システム刷新計画に取り組む中、最先端技術の活用を踏まえて「PostgreSQL」をベースにしたDBMSを選定した。選定ポイントやプロセスを担当者に聞いた。(2023/4/25)

リサイクルニュース:
廃食用油を航空燃料に、JALなど29の企業や団体が共同プロジェクト
JALグループは国内の資源循環による脱炭素社会の実現を目指す「FRY to FLY」プロジェクトに参画する。(2023/4/18)

記念撮影に娘さんへのお手紙も JAL客室乗務員の子連れファミリーへの対応がステキだと話題に
これは泣いちゃう。(2023/4/17)

JALの「6600円セール」第2弾 5月頭分の予約を4月7日から開始
JALの航空券が国内線片道6600円で購入できる「JALスマイルキャンペーン」に第2弾がやってくる。対象の搭乗期間は5月1日〜2日、8日〜10日の5日分で、予約は4月7日から8日までの2日間で実施する。(2023/4/3)

「仮想待合室」を用意:
JAL「国内線6600円セール」第2弾 5月搭乗分を4月7〜8日に販売
日本航空(JAL)は、国内線の航空券を全国一律で6600円とするタイムセールの第2弾を4月7〜8日にかけて行う。対象は5月1〜2日、8〜10日の発着分。回復する旅行需要の取り込みを狙う「JALスマイルキャンペーン」の一環として実施する。(2023/4/3)

待ち時間を表示:
復活のJAL「国内線6600円セール」、再発防止策を発表 サイト上に「仮想待合室」を用意
JALは、3月31日から再開を予定している「国内線航空券タイムセール」について、アクセスが集中した場合の対策を発表した。(2023/3/28)

JAL、中止した国内線6600円セールを31日から販売再開 「販売できるシステム環境が整った」
5・6月搭乗分については詳細が決まり次第案内するとしてます。(2023/3/27)

システム見直し:
JAL、中止した「国内線6600円」セールを復活 4月22〜28日の搭乗分
JALは3月31日と4月1日の2日間、国内の全路線を一律6600円で販売する、国内線航空券タイムセールを実施する。(2023/3/27)

JALの「6600円セール」、3月31日に再開決定 2日間限定で
国内線片道6600円で搭乗できるJALの「スマイルキャンペーン」。アクセス集中で一度中止が決まっていたキャンペーンだが、同社は3月31日から再開すると発表した。(2023/3/27)

JALの「6600円セール」復活へ、4月以降に“再チャレンジ” サイトダウンによる中止を経て
 想定以上のアクセス集中により中止となったJALの「JALスマイルキャンペーン」。それが4月以降に復活すると同社の定例会見で明らかになった。(2023/3/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
元JAL客室乗務員教官が大切にしている「本当に気がきく人」は、お客さまに何も言わせない
日頃からどれほどの意識を持って相手の表情や行動、周囲の状況を“観察”しているかによって、気づく力には差が出てしまうが、気づく力は磨くことができる。(2023/3/23)

「侍ジャパンの決勝、どうなった?」 9回表に離陸、航空会社の機内アナウンスが賞賛されたワケ
WBCで侍ジャパンが米国代表との激闘を制し、14年ぶり3度目の優勝を果たした。地上波などで結果を見届けた人もいる中、JAL系の航空会社が、上空で搭乗客に結果を伝えたとの投稿が話題になっている。どのような方法で伝えたのか。(2023/3/22)

材料技術:
塗膜に直接リブレット形状を施した航空機の飛行実証試験を実施
ニコン、日本航空、宇宙航空研究開発機構、オーウエルは、塗膜に直接リブレット形状を施した航空機による飛行実証試験を共同で実施した。飛行時の抵抗を軽減し、燃費を最大2%程度改善できる。(2023/3/16)

JALのスマホ決済「JAL Pay」、3月22日から
JALがスマートフォン決済サービス「JAL Pay」を、3月22日から提供開始する。第1弾として「JAL Global WALLET」がコード決済に対応する。JAL関連店舗だけでなくコンビニなどでも使える。(2023/3/15)

スマホ決済「JAL Pay」3月22日に開始 JAL Global WALLETでのコード決済に対応
JALは、3月22日からスマホ決済サービス「JAL Pay」を提供開始。まずは「JAL Global WALLET」がQRコード/バーコード決済に対応し、全国の空港店舗「BLUE SKY」やSmart Code対応店舗で順次利用できるようになる。(2023/3/15)

航空以外の事業にもシナジー:
スマホ決済「JAL Pay」開始 チャージから決済までスマホ完結
日本航空(JAL)は、スマートフォン決済サービス「JAL Pay」の提供を3月22日に開始する。第1弾として、グループ会社のJALペイメントが提供する「JAL Global WALLET」アプリにQRコード・バーコード機能を追加する。(2023/3/15)

JAL、18時間ぶりにサイト復旧 “6600円セール”中止も買えたチケットは「そのまま搭乗できます」
3月9日午前0時すぎからダウンしていたJALのWebサイトが、午後6時37分に復旧した。およそ18時間にわたって発生した障害だが、きっかけは同日から販売を開始した「JALスマイルキャンペーン」。開始直後からアクセスが集中していた。(2023/3/9)

JAL、Web限定のキャンペーンで一部電話予約できたのは「事実」 キャンペーン中止に謝罪コメント
JAL広報部に取材しました。(2023/3/9)

JAL、アクセス集中で「国内線6600円セール」中止 セール予約以外の客にも影響
JALは、3月9日0時から実施していた「JALスマイルキャンペーン」の国内線航空券タイムセールを中止すると発表した(2023/3/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。